転職エージェントを使うメリット

レス5
(トピ主0
お気に入り28

キャリア・職場

働くオバさん

今の職場に転職して5年目のオバさんです。
正確に言えば、資格職なので職種は変わってません。職場を変えただけです。
今迄何度か職場を変えましたが、いずれもハローワークや求人誌で情報を得て、自分で応募して面接を受けて採用されてきました。

しかし、最近応募してくる方は皆転職エージェントを介してきます。
エージェントから履歴書が送られてきて、面接にもついてきます。


こうなると気になります。エージェントを介した方が得なのか?と。
給料とか自分の希望する所まであげるよう交渉してもらえるのでしょうか?

数社落ちて焦っており、向こうの言うがままの条件で入ってしまった今の職場なので、履歴書に書かれている皆さんの希望年収を見ると、自分の浅はかさを思い知らされます。
こんな交渉をしてくれるのなら、次は利用してみたいです。

他にもメリットはあるのでしょうか?
反対にデメリットは?採用が決まればいくらか企業がエージェントに支払うと聞いてますが、個人側にもお金がかかるのでしょうか?

世間知らずのオバさんに、ご教示お願い致します。

ユーザーID:7315159036

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 応募者は無料

    企業間で支払いが発生しますが、
    個人(応募者)はすべて無料で利用できます。

    応募や面接のスケジュールを全て組んでもらえるので、結構楽です。
    1回提出書類を作成しておけば、エージェント側が提出してくれるので、
    何回も履歴書を書く手間もありません。

    エージェント側である程度の審査はしていますので、
    変な会社にあたる可能性は低くなると思います。
    (ないとは言えません。商売の世界なので)

    デメリットとしては、内定が出た時にちょっと断りにくい…
    くらいでしょうか。
    エージェント側も契約を成立させると百万円単位でお金が入るので、
    必死ですからね…。

    求人紹介のメールに都度返信することも、多少は面倒かな…。
    (こちらの希望から外れた求人を送ってきたりするので)

    あとは、ハローワークよりも選考→面接→内定までに
    時間がかかることくらいでしょうか。


    ただ、私は利用経験がありますが、
    デメリットはあまり感じたことがありません。

    応募者の立場は弱いです。
    「間に誰かをはさむこと」これは本当に大事です。
    前回の転職活動で痛感しています。

    ユーザーID:2317113123

  • 自己負担はありません

    転職エージェントを使う場合に応募する側は自己負担がありません。会社の方はかなりの金額を払っているようです。
    転職エージェントを使うメリットとしては、未公開の求人に応募できたり、自分が採用されやすい企業を紹介してくれたり、履歴書をその都度作成しなくてもいいこと、採用試験でテストがあるかどうかなどの情報がもらえることなどがあります。

    転職エージェントを使った場合、学歴などは信用照会していることもあるようです。中には広告の掲載くらいのレベルで企業から受け取った広告を全部掲載しているだけのところもあります。最大手の転職エージェントが圧倒的に就職率が高く、他は採用するつもりのない空求人が多いようですが、探す場合は情報が多い方がいいと思うので併用するといいと思います。

    ユーザーID:9514178373

  • 今は転職エージェント利用は主流ですね

    >エージェントを介した方が得なのか?と。
    >給料とか自分の希望する所まであげるよう交渉してもらえるのでしょうか?
    給料は交渉してもらえます。その他の金銭面、時間面の条件交渉などは行ってくれます。「言いにくいことを言える」というのはメリットでしょう。

    >他にもメリットはあるのでしょうか?
    まずは自分で希望条件を言っておけばそれに合致する求人をどんどん送ってくれるという点です。自分で検索する手間が省けます。
    あとは書類作成や面接の日程の調整などもコンサルタントの人がやってくれます。これも事務負担が減ります。

    >反対にデメリットは?
    デメリットは、コンサルタントによっては自分が紹介しやすいところや、内定がとりやすいところを優先してくる場合があるということでしょうか。お金は個人にはかかりません。企業がエージェントに払います。

    ユーザーID:4389334881

  • 応募者も有料の場合もあります。

    職種によるし、マーケットの状況にもよります。
    最近、労働市場の需要が高まってきているので有料は減ったと思いますが、
    供給過剰の場合には求職者がなにがしかの登録料を支払わなくてはならないところもあります。
    また、LinkedInというSNSを使っていますが、詳細な求職情報や企業情報を入手するには有料会員になる必要があります。
    求人情報がどれくらい希少価値か、求職者がどれくらい貴重か、によって当然、有償、無償の条件は変わります。
    エージェントを使うと、ポジションが高ければ高いほど、希少な人材を探してくる、ということで成功報酬は高くなります。
    ただし、紹介した人が一年以内に辞めてしまったら報酬なし、という場合もあります。
    紹介料を払いたくない企業は、経験者を求める場合、社員に一時金を出して、人材紹介を頼む場合もあります。
    無職になったとき、エージェントを通さないで就職したこともありますが、給与水準はエージェントを通した場合より低かったですね。
    トピ主さんは資格職とのことですので、その資格のネットワークを利用して情報を得ることもできるのではないでしょうか。

    ユーザーID:8914344111

  • 利用したことがあります

    エージェントは企業に紹介した人が採用になり入社すると、その人の給料の3カ月分くらいが報酬(手数料)として企業から支払われます。
    月給20万なら60万、けっこうな額なのでエージェントは必至です。
    企業としても採用活動は手間とお金がかかるので、成果報酬型のエージェントは手間を削減できるのでメリットがあり
    WinWinWinのサービスとなってます。

    しかし、デメリットがないかというとそうでもないと思ってます。
    エージェントの担当者の力量に左右されたり、ある程度年齢がいくと
    「あなたに紹介できる求人はありません」と悲しい対応になることもあります。
    また希望通りの求人を紹介されないこともあるし、
    私は最終的にエージェントを通さず自力で応募したところに決めました。

    ユーザーID:4503654081

  • キャリア・職場ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧