着物。何から知れば?

レス17
(トピ主2
お気に入り62

美容・ファッション・ダイエット

でんでん

アラフォーです
昨年だったでしょうか、【結婚時に着物を誂えて貰ったけど着ていない。準備もできない】というようなトピがありました
私も似たようなものだったので気になり読んでみました
そこで初めて虫干しを知り(恥)、色々検索している内に興味を持ったので着付けを習うことにしました
お太鼓はできる、というところまできてとりあえず着付け教室は終わりにしました
このままだと忘れそうなのでリサイクルショップで着物と帯を買い、たまに練習しています

現在、家でなら何となく着れているかな、と言う状態です

件のトピではお出掛けに着ている方が結構いらっしゃるようでした
私もたまには・・・と思ったのですが。
さて、どんな着物にどんな帯を合わせるの?
素材とか色とか模様の組み合わせもあるし、格などもあるのよね?
半襟との組み合わせもあったりするの?季節によって何かあるのかな?
絽?紬?小紋?いつどこに何を着て行けば?どんなバッグを持てばいいの?etc.
色々な事を全く分かっていないことに気付きました

着付け教室は本当に着付けだけを習い、自分で着る事以外に知ったのは着物の部位の名称と自身のサイズぐらいです
子どもがおらず何かの儀式や行事で着ることは無いでしょうから、街着としての着物のあれこれがわかればありがたいのですが
どういうことを知れば、自分で選んで買えるようになるでしょうか?

結婚時に持たせて貰ったものは留袖と喪服と道行コートで街着にはならないので
リサイクルショップで数点買ってみようかと思いますが、多少わかって目的を持って買いに行けたらと思っています

何でも構いません、お薦めの本やサイトなどでも結構です
これから着物を着てみようと思う私に、着物や帯、着物を着る際の準備あれこれを教えていただけませんでしょうか
よろしくお願いします

ユーザーID:2405163187

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 普段着と云う事で

    着物好きになって貰いたいな〜。
    普段着&街着として、染めの小紋ならフレンチのレストランやホテルでも心配無い。

    先染めの物は(紬と呼ばれるもの)普段着でたいがいの所には行けるけど、洋服で言うならジーンズあたりとざっくり覚えると良いかも。

    合わせる帯で応用範囲はひろ〜くなります。
    あんがい洋服より縛りは緩い筈なんですが、ねばならぬの人達のお陰でとても面倒に思える物になってしまい残念です。

    リサイクルショップも出来れば着物専門の所にまずは行って、そこで相談してみるのをお勧めします。


    式典の着物は恥をかく事も有りますが、街着はかなり自由なので自信をもって着ていいですよ。

    進めてくれるお店の人の感性が自分と合ってる所を探すのもポイントです。
    洋服だってどの店でも良い訳ではないですよね。
    知らないからと言って好きでも無い物を、そう言うものかもなんて従わなくて良いのです。
    結構知らずに販売員してる人も居ますからね。(強気の人は用注意です)

    まずは自分が良いなと思うものを選んで、お店の人に聞いてみる所から頑張ってみて。

    ユーザーID:2370542423

  • 街着なら

    小紋、紬ですね。
    正絹、綿、麻、ポリエステル、ウールなどあります。
    予算やお好みでどうぞ。
    ウールは冬用です。

    合わせる帯の格は名古屋帯になります。

    帯の柄の取り合わせは自由ですが、あさが来たのお手伝いさんの友近(ウメ?)や、眉山はつが着ているような普段着用の麻や綿の紬に、正絹で金糸や銀糸の入った帯を合わせると、格がかけ離れすぎていて滑稽なので、バランスはある程度考えましょう。

    季節の柄があるものは、その季節に使います。例えば紅葉なら9月から11月だし、間違っても春や盛夏には使いません。
    年中使える柄も沢山あります。

    帯締めは、太い平紐に金糸銀糸といった正装用のでなければ、何でも大丈夫ですよ。
    小紋や紬に合わせるのですから、普通の帯締めから、丸紐、細い平紐、色々楽しめます。

    単や絽、紗を着る夏は、夏用の帯締めと帯上げがあるので、それを使って下さい。
    帯も夏用の絽の帯があり、7月、8月は絽の帯が良いです。9月も使って構いません。

    続きます。

    ユーザーID:2203640677

  • ブログ

    「着物ブログ」「ふだん着物」などで検索すると
    ブログランキングサイトがでできます。
    その中のたくさんのブログを読むことをおすすめします。

    伝統を重んじる年配の方から、自由な感覚で洋服感覚で着ている方、どっぷりアンティークを着こなす若者たちまで様々な着物好きさんたちの着物生活がみられます。

    おすすめのリサイクルショップなどの情報もたっぷり得られるはずです。

    着物、堅苦しくなく気楽に楽しみましょうね。

    ユーザーID:1392450251

  • 続きです

    絽、紗は盛夏用です。7月8月限定。
    地域によりますが、北海道なら一年中袷でも可。
    東北なら、10月〜5月まで袷、6月は単、7月、8月は単もしくは絽、紗、9月は単。
    温暖な東海では、10月〜4月まで袷、5、6月は単、7〜8月は単か絽、紗、9月は単です。

    街歩きやランチなら、小紋で可。素材も好きなもので良いでしょう。
    夜のディナーなら、庶民向けの店なら上記と同じでよいですが、
    ちょっと格式高いお店に行くなら、正絹の小紋か、訪問着格の紬に袋帯、付け下げに袋帯でも良いですし、
    男性もスーツで、ホテルの高級レストランなどに行くなら、訪問着に袋帯でも良いです。

    ランチでも、ちょっとしたパーティーや、高級レストランに行くなら、ディナーの時のように格式高い着物を選ぶと良いでしょう。

    ユーザーID:2203640677

  • 2回目です

    小物について

    半襟は自分で付ける事が出来ますか?(やってみる気が有りますか?)
    仕立て屋さんが付けた物はお金を頂く為と、クリーニングに耐える為に必要以上に細かくついてます。自分で付けると半襟で遊ぶ事も出来るし、なにより洗えるので気持良いと思います。ざっくり大きく押さえてる様な針目で大丈夫。
    たとえばスカーフ、手ぬぐい、はぎれ などを使ってみる事もできます。

    まず恐がらずに出かけて下さいね。じろじろ見る人が居てもそれは素敵だな〜だと思いますので気にせずに。

    どこかであなたとすれ違ってたら楽しいのにな。

    ユーザーID:2370542423

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • 加賀

    加賀友禅、本加賀、これが1番です。
    江戸小紋、これも素敵です。
    この2種類だけでいいです。
    茶道、華道、香道、習われるといいです。
    着物のある世界です。
    華やかにいきましょう。
    私の趣味です。

    ユーザーID:7819044217

  • 初心者向けの本はたくさんあります

    タイトル通りです。図書館にもたくさんあります。それらしい本を2〜3冊読めば大体はわかると思います。
    街着といってもただ目的もなしにぶらぶらするのか、レストランで食事するのか観劇に行くのか等でも違いますね。
    無難なのはまず小紋を一枚。それに合わせた帯。そんなところから始められては?
    小紋も季節のはっきりした柄 (桜のみとか) は避けた方が良いですね。私は江戸小紋が好きですがお好みで。
    小紋も柄や染織技法によっては格が違ってくるので、その辺はお店でよく訊ねた方が良いですよ。

    私は基本紬しか着ないのですが、着物を着る方は柔らかもの(染め)を好む方、固い着物(織り)を好む方が分かれる気がします。
    その人が着るシーンにもよるでしょうが。でもやっぱりビギナーは小紋が無難だと思いますね。
    小物はまず着物と帯を揃えてから考えれば良いです。カジュアルならバッグも洋服と同じもので大丈夫です。ケリーやバーキンが合うっていいますね(私は持ってません)。
    半衿も暖かい季節は塩瀬、単衣なら楊柳、寒い時期は縮緬がお薦めですが、今はそこまで拘って着る方は少ないでしょう。
    私は端切れなどでよく自作してます。

    ユーザーID:5273031259

  • リサイクルショップの前に

    老舗の呉服店、デパートの呉服売り場に出向き、勉強して下さい。見るだけですが、とか、教えて下さいと言えば、無理に押し付けません。絹物は重さで測りますが、仕立ててしまい裏付きだとよく分かりません。着物・反物を手触り、目で知る事です。何度も足を運び、質の良し悪しを理解して下さい。習うにはプロが一番です。リサイクルショップは上級者が購入するところだと思います。帯が安いと思っても、見た目では分かりません、何度も締めてへたって居ると、初心者には思いどおりに成りません。着物には、生地もですが、柄にも季節が有ります。主さんは、小紋・紬等と思いますが、これが結構幅が有ります。ベテランの販売員を見付けて教えて貰うことです。バーゲン場は、素人の販売員も居ますので参考には成りません。本は数え切れない程有ります。毎月出版されているのものもあります、高いのでこれは古本屋で、主さんの用途に合わせて購入した方が良いと思います。小物は、正装以外は代用出来ます。着物を購入する時は、焦らず先ず目を肥やす事、触感目視が大切です。良い店を選び足を運ぶこと、良い店は嫌な顔をしません。私は20代初めから随分と、お世話になりました。

    ユーザーID:9892904236

  • 一般的なルール解説本

    街着もしっかり解説が載っている本というと、大久保信子さんの『着物の事典』が分かりやすいかもしれません。フォーマルとカジュアル、あわせるお襦袢、履物、小物まで説明があります。長着もお襦袢も半衿も帯揚も衣更えがありますが、そのあたりの一般的なルールもちゃんとまとまっていますので、いまお持ちの疑問は大体解決できるのではないかと思います。

    街着としての着物を選ぶには、どこに誰とどんな目的で出かけるときに着たいのかをイメージなさってはいかがでしょう。たとえばひとくちに小紋といっても、改まった印象を与えるよそ行きから面白柄の普段着まで、本当にいろいろですので。その上で、着物雑誌を沢山ご覧になったり、着物雑誌に載っているような通販サイトで「この着物のお勧め着用シーン」をチェックされると、イメージがつかめると思います。

    ちなみに、私の場合は、ちょいとご近所までなら機械織の久留米絣に八重山みんさー、年始のご挨拶なら飛び柄のよそ行き小紋におめでたい柄の名古屋帯、デパートならお洒落めの紬に八寸帯…というような着分けをしています。

    ユーザーID:1601648144

  • 七緒

    ようこそ〜!!

    着物好きとしてウェルカムな気持ちです。

    一番手っ取り早く、情報もたっぷりでおススメなのが「七緒」という雑誌です。
    バックナンバー入手可能ですから、検索して見てください。
    「着物ことはじめ」や「下着・補正について」など基礎的な事を特集している号が見つかると思います。写真や図解も綺麗でわかりやすいですよ。

    季節や特集内容によって、紬が欲しくなったり、小紋が欲しくなったりします。
    いろいろな着物の色や柄を見て「和装」自体に目が慣れてくると、自分が好きなものと、自分に似合うものの差が縮まってきて、自分が好きで似合う着物を選べるようになります。

    そういった意味では、馴染みの呉服屋さんを持つのがベストですが、敷居が高いとか高価なものを断りきれず買わされたとかいろいろあるので、まずは雑誌がよろしいかと。

    あと、林真理子さんの着物に関するエッセイも、情報としてなかなか楽しいです。着物にエルメスのバッグを合わせるとか、所作の失敗談など勉強になります。

    ユーザーID:6980333491

  • 七緒

    普段着の着物ということでしたら、小紋か紬、帯は名古屋帯がいいでしょう。
    半襟などは白が無難ですが、お好みで。

    また、6月と9月は単衣(裏地無)、8月、9月が絽、10月〜3月が袷になります。
    帯、や半襟や帯締め等の小物もこれに準じて変わります。

    最初は袷から一通りそろえられるのがいいのではないでしょうか?
    模様に関しては、お花はその花が咲く季節の少し前に着ると覚えておけばいいと思います。(梅なら1月〜2月、桜なら2月〜4月上旬など)
    幾何学模様など季節を選ばないものはいつ来てもいいと思います。

    日常に着物を着るということに関しては七緒という本がお勧めです。
    紹介されている着物も小紋が多いですし、
    手入れや収納なども普段着を意識されている感じです。

    ユーザーID:0951584006

  • 街着なら

    紬か小紋でしょうね。
    平成23年版の「決定版 着付けと帯結びの基本」を持っています。
    後半に、着物の格とシーン、季節の色、仕立ての別の表が掲載されています。

    結婚する時に箪笥一棹持参しました。その際、母に基本的なことは教えてもらったのですが、その後も祖母のお下がりなどで着物は増え続け…
    自分でも小物を買う時はありますが、着物は洗える、夏向きの物を数枚買いました。着物に合わせた寸法で襦袢を作り、その寸法がそれぞれに違うので袖丈のマッチングが大変なのです。

    ちょっとした食事会、観劇などなら、紬か小紋がいいと思います。
    私が自分で買った着物は、いつも行く美容室で勧められた古着屋さんなのですが、新品もB反も扱っており、気軽になんでも相談できる感じで、購入しやすかったです。当日、着物を着て行ったら、着付けのアドバイスもしてくれました。いいところが見つかるといいですね。

    ユーザーID:7264918874

  • 二回目失礼

    かぼすさん同様、雑誌は

    【 七 緒 】 ですね。

    ユーザーID:1392450251

  • 七緒 着物ブログ

    ただの着物好きなアラフォー既婚女性会社員です。
    着物は週末のみ、外出先は都心中心です。

    雑誌「七緒」がお勧めです。
    バックナンバー含め、読んでみて下さい。
    市立図書館になければ、県内の図書館から取り寄せることもできます。
    「きくちいま」さん「大久保信子」さんのふだん着物の本もおすすめです。

    ネット検索で着物ブログなどと検索
    実に多くの色々なブログがあり、読みごたえがあります。

    「街着」に絞って買うことです。
    (準礼装・盛装は買わない)

    紬の着物は「洋服で言うならジーンズあたり」と言う人もいますが、平成の今の日本の冠婚葬祭以外の外出着としてはスーツ相当です。
    正絹の小紋はドレッシーなワンピース。
    紬も小紋もTPO無しの場では、どこに着ていっても大丈夫です。

    「洋服で言うならジーンズあたり」は、デニム着物、木綿着物、ウール着物が相当し、ジーンズのようなカジュアルファッションでしたら、自宅で洗え、とてもお勧めです。
    私含め洋服になれた人は「家で自分で洗えるかどうか」を基準に選ぶとお手入れの経費が掛からず気楽です。

    ユーザーID:4448307244

  • トピ主です

    トピ主です、着物アドバイス本当にありがとうございます!
    職場の近くに呉服屋さんが数軒、着物のリサイクルショップも数軒あります
    呉服屋さんをちらちらと覗いてみるのですが、「見ているだけ」では通用しない押しの強さをお持ちで・・・
    教えて頂けるようなお店(勿論その内買うことも前提になるでしょうが)があればなぁと思っていたので
    こちらで頂いたレスはどれもありがたい情報ばかりでした

    今までは着る事よりも、「ルールを知らなくちゃいけないんだろうな」と思い、
    主に呉服屋さんなどのアドバイスページなどをお気に入りに入れて読んでいました
    ですが、こちらで頂いたレスは日常的な説明をしてくださる方が多く、とても分かりやすく
    また自分が何が知りたいか、を調べるヒントになりました
    季節での違いや洋服に例えたレスなども、件の呉服屋さんのページなどよりも分りやすく楽しく読ませていただきました
    着こなしのblogや本や雑誌などなど色々見てみようと思います


    早速『七緒』を区内の図書館で検索
    バックナンバーが豊富にあるようでしたので予約し、お薦め頂いた本を購入するべく注文しました
    どちらも届くのが楽しみです

    ユーザーID:2405163187

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主です

    ねこ様に教えて頂いた『着物の事典』が届きました
    生地の違い、格の違い、シーンごとの組み合わせや季節の説明etc.
    沢山のことが系統立てて掲載されており、私は何が欲しいのか、とか、何が必要なのか、などがすごくわかりやすかったです
    漠然と【着物と帯】と一括りに思っていたのが、この事典を見て更に具体的な違いを知ることが出来ましたし、
    こちらのレスで教えて頂いたこともはっきり分かると言いますか、具体的にわかるような気がしました


    『七緒』は図書館で予約しましたので週末借りる予定です、楽しみ!

    ユーザーID:2405163187

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • お役に立ててよかったです

    本のご紹介がお役に立てたようで、よかったです。

    私は「七緒」も買いますが、「きものサロン」や「美しいキモノ」も買います。そして、「素敵だな」とか「○○の機会にこういう感じで着たらよさそう」と思ったコーディネートを切り抜いてノートに貼っています。着物を着る回数が増えた頃から続けていますが、自分の好みの傾向が把握できて買い物の役に立ちますし、好みの変化も分かって面白いですよ。

    呉服商を前身とするデパートの直営売り場は良心的で売り方も上品ですが、そういうデパートがお住まいのエリアになければ、ゆくゆくはリサイクル店なり個人経営の呉服屋さんなりで、頼りになるお店を見つけたほうがいいかもしれません。

    とはいえ、呉服屋さんの場合は初めてのお店でいきなり着物を買うのは色々危険なので、しばらくは足袋とか衿芯とか腰紐とか小物を買いに行って、飾ってある商品のセンスや接客の様子を観察するといいと思います。
    私の経験では、いいお店は利益の薄い小物だけ買っても丁寧に対応してくださるし、住所・氏名を書かせたりしないことが多いです。

    ユーザーID:3428665250

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧