• ホーム
  • 話題
  • よくご存じな方、教えて下さい(日本の借金)

よくご存じな方、教えて下さい(日本の借金)

レス55
(トピ主0
お気に入り61

生活・身近な話題

ミヨコ

現在、日本の借金は約1100兆円あると言われていますが、本当にそんなにも
あるのでしょうか?
ある有識者によると、約250兆円位(GDPの50%)と言う人もおられます。
算出するファクターの違いにもよるのだと思いますが、本当の所はどうなの
でしょうか?

ユーザーID:1944684493

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数55

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いくら借りてるかよりも「誰から借りてるか」が大事

    借金が多くて破綻する国は、外部から借りている。
    でも日本は国民から借りている。

    つまり家庭で言ったらお父さんお母さんが子どもに借りているのと一緒ですよね。

    その辺がよくわかっていないと金額の大きさで愕然としてしまうのでしょう。

    ユーザーID:7689231090

  • 日本の借金

    あるみたいですよ。昔から。
    高校の授業でそれを習って、孫の世代まで残したくないとか教師が言っていたのを覚えてます

    年々増えているとも聞きました。

    ユーザーID:7941998037

  • ファクターにもよりますが

    日本銀行の300兆円をひいた800兆円と私は考えます。

    ユーザーID:5390092140

  • 不思議ですよね

    資産を処分すれば、なくなる程度の借金ですのに。
    いまやらなくてもいいようなことにせっせとお金出せるのに。

    ユーザーID:2965174685

  • 政府の負債は1000兆円強ですが・・・・

    例えば、年収500万円の人が、息子に学費として1000万円貸していて、
    同時に、同居している親から2000万円の借金をしているとする。
    妻から見れば、彼が借金で苦しむリスクどのくらいでしょう?
    他人から見れば、彼の信用リスクはどのくらいでしょう?

    誰からの借金か。資産をどの程度、換金出る資産と見るか。
    それによって評価が違ってきます。

    ユーザーID:0691880586

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • レスします

    ・日本の借金の定義は今一つ曖昧ですが、国と地方を合わせると、1,000兆円を超えます。100兆円どころではありませんよ。

    ・普通国債だけでも、約800兆円あります。日本の世帯数は約5,000万世帯ですから、概算で1世帯当たり2,000万円の借金がある事になります。

    ・因みに、GDP比では200%を超える水準です。

    ・一方、日本の個人金融資産は約1,700兆円あり、国債等を国内で消化できる事(実際には海外勢が約10%保有)、日本国全体では最大の純債権国で経常収支も黒字である事等により、破綻せずに済んでいると思われます。

    ・上記のような事はネットでも簡単に調べられますよ。

    ユーザーID:5732681409

  • 借金

    > 日本の借金は約1100兆円あると言われています

    国債発行額がそれくらいです。



    > ある有識者によると、約250兆円位(GDPの50%)と言う人もおられます。

    市場に出ている国債の額から、資産を引くと、それくらいです。



    なんでもかんでも「借金」と言うから話が分からなくなるんですよ。
    経済用語にも、経営用語にも、簿記・会計用語にも『借金』なんて言葉はありません。

    ユーザーID:4591013753

  • 現在の借金を清算する方法は

    通常のやり方では出来ません。

    キッカケは何になるか分かりませんが、ハイパーインフレを起こして貨幣価値を変動させて清算するしかないのです。

    世界の歴代王朝も経済が疲弊すると、この手を使っています。

    ユーザーID:1359825365

  • 単なる表現の違いです

    借金はあるけど、貯金もある・・・
    と言うのが、正解です。
    国は色んな資産を持ってますらね。
    しかもそれを運用してますし、利益があります。

    他の国から見ると、途方も無い借金額で格下ランク付けされていますが、
    保有資産も途方も無い額があるので、誰も困っていないんです。

    お金を回す役割をしているから、こういう事になるのでしょうね。

    ユーザーID:0389695034

  • わかりやすいのは借金時計です

    ネットで財部誠一で検索してください。

    日本の借金が表示されていて利払いのためか数日で1兆円が増えていきます。

    マイナス金利で借金の減少を期待したのですが、増加スピードは残念ながら以前とあまり違いません。

    ユーザーID:9822813974

  • 詳しい方ではないが

     誰も本当の事は分かっていないという前提で、出て来ました。
     国家財政の事はそれこそ政治家の必修課題ですから、彼らの学習に期待するしかありません。一般国民がどれだけ心配して、対案を考えても、それを反映できるのは国会議員しかありませんから。
     国家の負債と共に、国家の資産をどう把握するかによって見解が異なるようです。
     小生は、嘉悦大学の高橋洋一教授の見解が最も腑に落ちると思っています。特に彼の政府貨幣発行論には共感を覚えます。
     借金が無いのは多分最も望ましいでしょうが、国家は通貨発行権限を有しており、家計や企業会計とは異なる価値体系が成り立ちうるようで、なかなか理解が困難なので、中央政界関係者の賢慮に期待するしかないように思います。

    ユーザーID:9896289340

  • 国の借金は実際には減っている

    現在日銀は保有国債を毎年50兆円ずつ拡大する方針で、大量の国債を買い取っている。
    日銀に保有されている国債は国の借金とはいえないので、最近は実質上国の借金はどんどん減っている状態です。
    これを財政ファイナンスだとして危惧する見方もありますが、デフレ傾向の状態で行うのであれば問題ないのかもしれません。

    ユーザーID:0484312405

  • 私も250兆円位だと思います

    言われている1100兆円の80%は日本国民への借金です。

    やはり250兆円が賞味の借金ってとこでしょう。

    消費税を上げようとする財務省の謀りごとです。

    ユーザーID:1405915915

  • 正しい

    >算出するファクターの違いにもよるのだと思いますが、
    >本当の所はどうなの でしょうか?

    算出するファクターによってすべて正しいです。

    目的によって、前提(ファクター)が違います。その目的に合わない前提で算出すれば間違いになります。

    国の借金と言わず、世の中すべてそうですよね。
    お金は使わなければ、ただの紙切れです。

    ユーザーID:7984195825

  • 本当はもっと多い

    >日本の借金は約1100兆円あると言われていますが、本当にそんなにもあるのでしょうか?

    国債や借入金などで1044兆あります。

    地方自治体の借金である地方債が140兆以上あります。

    なので合計で約1200兆ですね。

    ユーザーID:6820046167

  • 国の借金額は実際には増えている

    >現在日銀は保有国債を毎年50兆円ずつ拡大する方針で、大量の国債を買い取っている。
    >日銀に保有されている国債は国の借金とはいえないので、最近は実質上国の借金はどんどん減っている状態です。

    日銀と国は別モノなので、国債はまぎれもなく国の借金です。

    「大量の国債を買い取っている」というのも、「国債の日銀引き受け」を財政法5条で禁じられているので、裏ワザとして「市中から買い上げ」ています。と言っても、国債が発行され、銀行が引き受け、直後に日銀が買い上げるという、5条という禁じ手を子供だましの手口で破って買っているのです。猫だましよりちょっと複雑な手口なので、騙される人は多い(笑)。
    何故、法が日銀引き受けを禁じるのかわかりますか。市中にお金がじゃぶじゃぶ供給されるのですから、インフレになるのは目に見えていますよね。つまり、国民の懐のカネの価値を下げ、国債の借金価値も並行して下げ、そういう形で「国の実質上の借金はどんどん減っている状態(額面はどんどん増えているが)」を作り出そうとしているのです。

    ユーザーID:6820046167

  • そのくらいある

    1100兆円とは、国債の発行残高でしょうか。この他、地方債もあるはずです。
    国民の貯蓄が1600〜1700兆円あるとされ、バランスは取れているとか、資産はあるとか言いますが、橋や道路は資産には違いないけど、売りたくても売れないでしょう。単に価値を比較すればという話です。
    国は、徴税できるお金を印刷できますから、借金あろうが大丈夫です。問題なのは、何かと負担増を嫌う国民性ではないかと思うのです。

    ユーザーID:4951951779

  • えっ!踏み倒していいの?

    >言われている1100兆円の80%は日本国民への借金です。

    そうか。国民への借金は踏み倒してもいいんだ。
    そうすれば、

    >やはり250兆円が賞味の借金ってとこでしょう。

    それだけ踏み倒して使えば、賞味し甲斐があるねぇ。

    私にゃ、国民への借金も、正味の借金と見えるが!!
    まあ、国民の皆様が、踏み倒されていいと思っているなら、仕方ないか!

    ちなみに、私は、既に対応済みなので、どっちでもいいけどさ(笑)。

    ユーザーID:4799378157

  • 今日のニュースの注目ポイントは「値上げ続々」ですよ

    利子は激安なのに、いろんなものが、続々と値上げをしていますね。
    皆さんの給料は上がってますか?

    それが続けば、皆さんの貯金の価値や、間接的に保有している国債(皆さんご利用の金融機関、特に郵貯がたくさん保有してます)の価値も徐々に下がっていきます。

    >デフレ傾向の状態で行うのであれば問題ない

    とか能天気におっしゃる方もいますが、デフレの後はインフレに決まってます。
    そろそろ、円安にもなるでしょうから、そうなれば輸入品が続々値上がりしますよ。

    国債の価値は下がるから、そのうち、国は楽になりますね。「めでたしめでたし」となればいいのですが!!くどいようですが、給料は上がりそうですか?

    ユーザーID:4799378157

  • 国民への借金?私は貸してませんよ

    国債・地方債ともに、個人向けなんて、1%とかその程度ですが…

    日本の国債の大部分は「銀行」が買っています。
    銀行はお金を貸すのが商売ですから、全額返されたら、またすぐそのお金をどこかに貸さねばなりません。
    銀行は、満期がきたら同じ額の国債を買い直すだけです。

    したがって、実質的にお金を返す必要はありません。
    ということで、『返さなくても良い』という理屈が成り立つんですよ。


    国債を持っているのが海外政府だったら、新しい国債に付け替えされずに、本当に現金を返すことになります。
    (ギリシアが、まさにそんな状態)

    ユーザーID:4591013753

  • 私は貸し手

    国債とは「国庫債券」の略で、国が発行する債券となります。債券というのは要するに借金のことで、国債を発行することで、国債の買い手からお金を借りています。

    銀行に預金すると、銀行が国債を購入します。間接的に国債を買っていることになります。

    しかし、預金した場合、国債の利子のほとんどは銀行のものになって、預金者がもらえるものが少ないので、直接、国債を買っています。償還になったら現金で受け取ります。

    マイナス金利で個人向け国債が売れているのだとか聞きます。

    ユーザーID:4951951779

  • 話にならない話

    >銀行は、満期がきたら同じ額の国債を買い直すだけです。
    >したがって、実質的にお金を返す必要はありません。
    >ということで、『返さなくても良い』という理屈が成り立つんですよ。

    こういうナンセンスな話が出てきたら、まともな会話はできません。

    「『返さなくても良い』という理屈が成り立つ」ならば、国は「税の徴収」を必要としません。
    必要な予算は、全て「国債発行」でまかなえばよいはずです。年金だって、健康保険だって、お金を徴収せず国債でまかなえばいいはずです。だって「返さなくていい」んでしょ?
    しかし、古今東西、それを実現した国は存在しない。

    >国債を持っているのが海外政府だったら、新しい国債に付け替えされずに、本当に現金を返すことになります。

    返さずに踏み倒した国がどれだけたくさんあるか、検索してみればわかります。現金を返してなんかいない国が何と多いことか!

    ユーザーID:4799378157

  • は?

    > 「『返さなくても良い』という理屈が成り立つ」ならば、国は「税の徴収」を必要としません。
    > 必要な予算は、全て「国債発行」でまかなえばよいはずです。年金だって、健康保険だって、お金を徴収せず国債でまかなえばいいはずです。だって「返さなくていい」んでしょ?

    新規で発行した国債全て買い手が付くわけではない、というだけの話でしょう?

    「返さなくて良い」が、何故、「新規でいくらでも出せる」ことになってしまうのですか?
    ナンセンスどころか、論理が繋がっていません。

    ユーザーID:4591013753

  • 知ったからどうなの?

    借金は1人あたり約900万円ぐらいあるのでは?

    900万×日本の人口

    今日生まれた赤ちゃんから日本一長寿の方まで

    震災等で多くのお金が必要で投入が必要な事もあります

    国債買っている人だって金利だけではなく

    国の為に使って頂きたく余裕がある人が買っていると思います

    国債=国への寄付金  と考えている人が多い日本社会

    国債分を引けば、借金が多い国とは思いませんが

    国債分を入れたら借金大国の日本に違いはないと思います。

    まあ・・・日本人は助け合いの精神が多数いるから

    多数の方が国債を買っていると思います。

    借金が多い事をアピールするより

    国債購入者に感謝する事ですね。

    ユーザーID:1949589495

  • 続けば問題があるが、今のところは大丈夫。

    多くのかたの意見を聞いていると、よく分かっていない人が多いようです。
    まず国の借金ではなく、政府の借金です。そして政府が国民から借りている状態なので、マスコミの「国民1人あたりの〜」という表現は間違っています。

    なぜそういう表現を使うのかは、財務省が税金を上げると出世する仕組みなので、税金を上げたがっているわけです。また経団連に入ってる企業の多くは輸出をしていますが、輸出企業は消費税が上がった方が政府から還付金が貰えるため、儲けのために上げたがります。政治家は官僚や経団連の言いなりになっているわけですね。

    話を戻します。約1000兆円の借金がありますが、日本にはそれ以上1500〜2000兆円の資産があります。また日本は海外にお金を貸していますが、そういった対外純資産は世界一です。
    借金は通貨発行権のある日銀がお金を刷って買い取れば棒引きできます。これをするとインフレになりますが、今はデフレなのでもっとやるべきでしょう。インフレになったら増税や自由貿易でそれを弱めることができます。経済とはそうやって調整できるものなのです。

    少なくとも今は大丈夫です。日本の金利の低さがその証拠です!

    ユーザーID:4897642457

  • 続き

    文字数制限があるため、連投失礼します。先ほどの補足です。

    まず借金が多く破綻の可能性が強い場合は、その国のお金の金利が高くなります。当たり前です。しかし日本はこれだけ借金があるのに、金利は安すぎです。日本円も買われまくってむしろ円高で困るくらいです。市場(マーケット)は正直です。金利が低いということは、それだけ安全な国と思って間違いありません。

    もちろん、このまま政府が何もせずにしていいわけでもありません。今はまだ国民が資産を持っていますから良いですが、これが続き国民をアテに出来ずに海外に頼るようになると破綻の危険がでてきます。ですから今のところは大丈夫だし、政府がきちんと対応すれば何の問題ないのですが、適切な対応をしないと困ることになります。

    ユーザーID:4897642457

  • ナンセンス!

    日本という国に1000兆円の借金はありません。政府に1000兆円の借金があるのです。よく国民一人当たりに800万円の借金があると言われていますが、それは完全に間違っています。

    なぜなら、簿記を少し勉強した人ならすぐにわかる事ですが、バランスシートには貸方と借方があって、政府が1000兆円の借金があるのなら、それを貸している人が必ずいます。貸しているのは日本の国民ですから、日本の国民は一人当たり800万円の債権(=資産)を持っている事になります。借金ではありません。

    家族内で長男のお金を父親のポケットに一時的に移しても家族トータルは同じで、その家族が負債を抱えているわけではありません。子供に預金がいっぱいあって父親がそれを借りている状態です。日本国政府は自国の通貨建(円)で借金をしていまから、いつでも自前でその通貨を発行して返済する事ができます。

    日本が本当に危なければ、誰もお金を貸す人がいなくなって国債の金利は跳ね上がるはずですが、ご存知のように日本の国債の金利は滅茶苦茶低いです。
    日本が危ない!危ない!とマスコミあおられ、その気になっている人は経済がわからない人だと思います。

    ユーザーID:5014006578

  • 素人ですが

    国債は借金じゃない
    家族内で貸し借りしてるもの
    という理屈がよく分かりません。

    国民の資産合計と国債の発行額がトントンだから大丈夫と言う意見も聞きますが、
    それはいざとなれば国民の資産を差し押さえればいいから大丈夫
    と言ってるように聞こえるのですが、違うのですか?

    私の印象では、家族間では無く親戚から借りてる状態に見えます。
    銀行やサラ金に借金してるわけじゃないけど、お金持ちのおじさんにお金を借りている。
    このお金は絶対に返さないといけないが、
    親戚のよしみで前のお金返してないけどまた貸してくれる、みたいな状態のように見えます。

    いずれおじさんもお金を返せと言ってくるでしょう。

    ユーザーID:9492019680

  • 何か変、おかしい

    クマさん

    ご高説ですが、ちょっと変ですよ。

    財務省は政府の一部なのではありませんか?資金調達のために国債を発行して、返済するために増税する。これなら一貫していてわかります。

    輸出産業が消費税を払わないで相当額を受け取っているのは、あまり知られていませんが、そういうことはありますね。T社なんかすごい額になりますが、消費税の仕組みから言って当然の話なのではないでしょうか?

    経済はコントロールできる。本当ですか?できるなら今頃、まれにみる好景気になっているはずだと思いませんか?

    対外債権はたくさん持っていますが、米国債は売れませんよ。それをしようとすると総理大臣の首が飛びます。

    ユーザーID:4951951779

  • 国と政府は違うって?

    >日本国政府は自国の通貨建(円)で借金をしていまから、いつでも自前でその通貨を発行して返済する事ができます。

    ではなぜ国債などというものを発行するのかわかりません。最初から通貨を発行してしまえば、利子などという余計なものを払う必要はなくなります。
    インフレになるからという理由づけ以外でなぜなのでしょう。

    長男だっていつまでも貸してはいられず、親父返せよというときがくるのでは?

    ユーザーID:4951951779

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧