未破裂脳動脈瘤について

レス18
(トピ主4
お気に入り55

心や体の悩み

2年前に、MRI検査で脳動脈瘤が見つかりました。大きさは4.7ミリで経過観察中です。

症状はありませんでしたが、知人が脳出血で倒れ救急搬送の末、半身に麻痺が残った方がいたので、念の為に検査したのですが……。

今年、違う病院で精度の高いMRI検査を受けた結果、脳動脈瘤の大きさは5.2ミリで、精神的にかなりのストレスになっていた私は、手術の選択をしようと思っています。場所的に開頭ではなく、カテーテル手術によるプラチナコイルを使う方法です。

先生の説明では、5ミリでも、10ミリでも動脈瘤が破裂する可能性は1/100だそうです…、100人に1人、一万人に100人の確率です。

正直なところ、まだ心は少し揺れています。今回の決断をした私に、経験者の方からお言葉や、アドバイスを頂けると勇気がでます。

よろしくお願いします、読んで頂きありがとうございました。

ユーザーID:1285152517

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 経験者ではありませんが。

    随分前のことですが、私の実母(39歳)は高血圧(降圧剤服用)があり、脳動脈瘤によるくも膜下出血で亡くなりました。

    今では高度な医療技術を受けることは出来ますが、どんな治療にも低確率ではありますがリスクはつきものです。
    もし、トピ主さんが『コイル塞栓術』を受けられるのでしたら、成功を祈っています。

    脳動脈瘤は、遺伝的要因と環境要因があり、家族や家系内にこの病気の人がいたら発症リスクは高いと言われています。

    私は、かかりつけ医の紹介状を持って、MRIを受けました。もちろん、保険扱いでした。
    結果、脳動脈に奇形などはありませんでしたが、10年に一度検査が必要らしいです。

    脳動脈瘤の人が家族や家系内にいたら、是非MRI検査をお勧めします。

    ユーザーID:8185080317

  • 主治医を信頼して

    大変ですね。
    病気にかかって仕方なしに、ではなく、今は元気なのに予防のために手術を受けなければならないなんて、頭では理解できても気持ちがついていきませんよね。

    私は経験者ではないのですが、経験した患者さんとその主治医の先生の談話を見つけました。
    手術は成功して、元気に仕事に復帰されたようですよ。

    信頼できる主治医をみつけて、納得いくまで説明を受けたら、あとはエイヤッと飛び込むしかないのではないでしょうか。
    手術が終わったら、また書き込みをして下さいね。
    応援しています。

    ユーザーID:0036786139

  • 勇気を出して

    トピ主様は、2年前に脳動脈瘤が見つかり、ステント装置するか、お心が揺れているのですね。

    2年前とのことですが、私の家人は見つかってすぐに装置を決意しました。原因は不明です。若いので珍しい症例と言われました。私もインフォームドコンセントで同席しましたが、詳しい書面資料と丁寧で親切なご説明を受けて、生きるうえで装置せざるを得ないと思いました。家人も、生きていくためにもがんばろう!と前向きに挑みました。

    装置から5年経過しましたが、家人は服用と定期的検査を受けながら、同じ職場で同じ仕事をしています。健康診断は異常なしです。もともと血圧やほかの健康状態は問題ないのですが、先日の定期診断でも、担当医にプラークがたまっていなくて珍しいねと言われました。これは食生活のたまもの?だと私は内心誇らしい気持ちです。

    ご存じと思いますが、装置するとバイアスピリンの服用が一生必要になります。服薬で肝臓への負担は少なからず出ます。また、どうしてもプラークがたまりやすいので、食生活には十分気を付けるべきです。

    なお、実施される場合は、実績がある医療機関で装置することを強くお勧めします。

    ユーザーID:9265625840

  • よくお調べ下さい

    手術後の経過は人それぞれです
    以前テレビで手術した人の術後を特集していて強烈な印象が残っています
    自然に破裂した以上の後遺症でした
    心配はとても分かりますが、術前によくよくお調べになって下さい

    ユーザーID:5557430026

  • これが困る

    未破裂動脈瘤はエビデンスがあまりない領域のはずです。
    なのでどう考えていいかわからないので私は脳ドック(MRAの)を受けないことにしてます。

    ユーザーID:7510814249

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 5.7ミリでした。

    昨年9月にカテーテルでの手術を受けました。
    会社の健康診断で初めて受けた脳ドック、思わぬ結果に驚き、専門医へ行くと私の場合も開頭は難しく、血管内治療を勧められ覚悟を決めました。何しろ親兄妹親戚にこの病気を持った者はおらず、破裂したらくも膜下=重い障害又は死、暗い気持ちが先行していたことだけはよく覚えています。手術をする前に血管の性質を調べる為のプレ入院があります。今はスタッフがチーム医療で一人の患者に対応することを心がけているので最初の不安はだんだん薄れていき担当医師とも何回も話をするうちに信頼関係も出来上がりました。そうですね、その病院が抱える患者数にもよると思いますが、最初に見て頂いてから半年くらいで手術となりました。開頭手術に比べたら、患者としては全く楽なものです。カテーテル治療を担当する医師は大変でしょうけど。全身麻酔だし、終わった直後も痛くも痒くもありません。入院期間は1週間ほど、まるで何事も無かったかのように今は本当に元気に暮らしています。3ヶ月に1度アフターケアにいきMRI検査を受けています。高血圧に気をつけて、沢山食べて体力だけはつけておきましょう。

    ユーザーID:4800504423

  • 私も見つかりました

    1年前何気に受けたMRIで動脈瘤がみつかりました。
    2mmで半年ごとに検査します。
    知らなければ普通に過ごせたのに。
    でも知らないで破裂したらと
    毎日思い悩んでいました。
    こんな思いをするなら手術したい
    って思いましたよ。
    このストレスは結構きついです。
    トピ主さん手術の選択は
    きっと正しかったですよ。

    ユーザーID:4475992772

  • 私の場合

     私も以前、脳動脈瘤の診断を受けました。
     貴女と同じく、破裂するかどうかは分からないが、もし、破裂すれば命に関わるとの説明を受けました。
     予防手術に関しては、どの手術法を選んでもかなり危険度の高い手術になり、医師である妻によると歩いて入院した人が(半身不随になって)車いすで退院も珍しくないとのことでした。
     結局、私の場合は、専門病院で再検査の結果、動脈のねじれが動脈瘤のように写っていただけということで、当然、手術もしていません。
     10年以上も前のことなので、その後、手術方法も進歩していると思うので、迷っているなら、専門医のセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。

    ユーザーID:4423102962

  • 知人の話

    知人のお母様が、脳に動脈瘤があると言われて取り除く手術をしました。

    普通に生活をしておられた方で、万に一つの可能性で激しい運動などをして動脈瘤が破裂したら大変なことになると言われて、手術を決意されたそうですが、結果、寝たきり状態、普通に話すこともできなくなってしまいました。

    それを聞いて、脳などは難しいところだから、そのままでは死ぬかもしれないと言われた場合は一か八かで手術を決意するけれど、今のところは普通に生活できている状態なら、絶対に手術などはしないでおこうと心に決めました。

    よくよく調べられてから、決められた方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:7001695890

  • 母ですが

    2013年の12月始めに未破裂脳動脈瘤の『コイル塞栓術』を行いました。
    手術当日までは何ともなかったのに術後は足の穿刺部からの出血が止まらず血圧も下がり輸血をしました。

    手術した当日脳梗塞、心不全を起こして1週間の入院予定が47日になりました。
    最初の1週間は気管挿管して人工呼吸器で意識はありませんでした。

    退院後は要介護2になりました。

    手足が不自由になり昨年12月には転んで大腿骨骨折してしまいました。
    大腿骨骨折は人工骨挿入の手術をしましたが3か月入院して今は家の中はつかまってなんとか歩ける状態ですが。
    外出は車、外での移動は車いすです。

    動脈りゅうが破裂するかは神様にしかわからないことなので何とも言えませんが私は予防的な手術で母がこんな状態になるとは思いませんでした。
    医者に言わせると「極めてまれな想定外のことが起きてしまいました・・」
    医者にとっては通り過ぎてしまう想定外ですが母や同居してる私たち夫婦にとっては永遠の想定外になってしまいました。

    トピ主さんは信頼できるお医者様をみつけて納得いくまで説明を求めて決断してください。

    ユーザーID:1019651938

  • 母ですが・・補足です

    昨日レスしましたが母が2013年の12月初めの未破裂脳動脈瘤をコイルでうめる手術後に脳梗塞、心不全をお越し手足が不自由になったと書きました。
    昨年12月に大腿骨骨折して手術をしたと書きましたが脳動脈瘤の手術と大腿骨骨折は無関係です。
    でも手足が不自由にならなければ家の中で転ぶこともなかったんだろうなあ・・・・そう思うときもいまはあります。

    母が未破裂動脈瘤の手術後に極めて稀な想定外の状況になり今にいたりますが(要介護2)
    その時に病室には母と同じような手術をして1週間で退院予定の方も母と同じような状況になっていました。
    医者からは「極めてまれな状況」と説明されたそうです。
    その患者さんの娘さんと「極めてまれ」が同時期にふたりもおこるんだ・・って話したのを思い出しました。
    症例数の多い病院だったからでしょうか・・

    トピ主さんいっぱい悩んで納得のいく結論を出してください。

    おせっかいなこと2度にわたりレスしてしまいすみません。

    ユーザーID:1019651938

  • ジタバタしてます……。

    レスありがとうございます。
    ご意見やアドバイス、貴重な体験談を何度も読み返しています。

    不安と恐怖感から吐き気もありますが一昨日、
    居間に自身を鼓舞するために張り紙をしました。

     負けてたまるか
     絶対に成功する
     前進あるのみ。

    励ましの言葉をくださった皆様、またエールを押してくれた方々、深くお礼申し上げます。
    手術は年内中に考えています、良い結果の報告が出来る事を切に願っています。

    ユーザーID:1285152517

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です

    もやし様
    お母様の辛く厳しい現実、心が痛みます。少しでも回復されることを願わずにはいられません。また、心よりのアドバイスに深く感謝いたします。

    今の私自身の状況を考えた時に性格上、消極的選択は座して死を待つ事に近く思えてしまうのです。何が正解かは、まさに神のみぞ知る なのでしょうね。

    皆様のご意見や励ましは、再度わたし自身を冷静になって見つめ直すきっかけとなりました。
    医療機関の選択を含め、悔いのないよう行動したいと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:1285152517

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 落ち着かないですね。

    男性69歳。昨年9月に脳ドックで、内徑動脈と左中大脳動脈に5ミリと7ミリの無症状未破裂脳動脈瘤が計2個見つかりました。放っておくとストレスが溜まるので、手術を決意して居住地の富山でセカンドオピニオンを受け、術例の多い札幌の脳外科専門病院2つでサード、フォースオピニオンを受けました。1つの病院を除いて直ちに手術をした方がいいとの医師の意見でした。11月に札幌の専門病院で開頭クリッピング術を受けて10日間入院しました。現在4か月です。富山で定期的に検査を受けていますが、ほぼ根治しているようです。自覚的にはなにも問題ありません。一番の課題は信頼できる医師にかかることです。外科医はいわば職人です。職人の手業の質は、絶対量が決めます。私の主治医はクリッピンクでは千例近く持っておられました。いろんな病院を当たった方がベターだと思います。

    ユーザーID:2842862922

  • トピ主です 3

    ピン吉様
    大変な手術を受けたのですね、根治して本当に良かったです。

    来月、600キロ離れた他県の病院で、3人目の医師に診てもらう事になりました。後悔したくないので出来ることは全てする決意です。
    アドバイスありがとうございます、とても励まされます。

    ユーザーID:1285152517

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 可能性(確率)について

    脳動脈瘤ではないのですが。
    昨年、なんとなく身体に異変を感じ、脳神経外科に行って
    MRI検査したところ、2cmの脳梗塞が見つかり、即入院しました。
    幸いにも目立った後遺症はなく、その後の血液検査も全く異常なく
    1年以内に5%といわれる再発も大丈夫だろうと思っていたのですが。

    9ヶ月後、再びなんとなく身体に異変を感じ、主治医に相談したら
    念のためMRI検査してみましょうということになり、結果、
    同じ場所に再発していました…。今回は5mmなので、入院はせず
    薬を増やして様子をみているところです。

    しっかりバランスのとれた食生活を心がけ、睡眠もしっかりとって
    忘れずに服薬し、お酒も飲まず、規則正しい生活を送っていたつもりが
    まさかの5%に入ってしまい、ただただ驚きました。
    ただ、二度も早期発見できたことはありがたいと感謝しています。

    ますます不安を煽ってしまっていたらごめんなさい。
    ただ、数字だけ見ると低いと思える可能性(確率)も、
    意外に自分にふりかかってくることがあるということをお伝えしたくて。
    良い医師に巡り会って、良い結果が得られるようお祈りしています。

    ユーザーID:2571571656

  • トピ主です、ご報告

     おやおや様、ハムサンド様、みっしぇる様、未完成様、とおりすがり様、大丈夫様、50歳代
    歳、おっさん様、のの様、もやし様、ピン吉様、桃様。

     レスをいただきました皆様に、ご報告申し上げます。関東在住の私は、関西地方の某大学病院脳神経外科医の先生と、1回目の電話で幸運にも話をする機会を得ました。5月に関東地方の病院で外来診察を受ける事になり、全てのデータを見てもらい問診の末、希望が叶い先生の手術を受ける決断をしました。

     6月のカテーテル検査入院を経て、手術を受けました。4時間に及ぶ手術でしたが、無事にステント設置及びコイル塞栓術は成功しました。予後もありますので油断は出来ませんが、レスにて応援して頂いた皆様に、感謝の気持ちを添えてご報告させていただきます。

    ありがとうございました。  桜

    ユーザーID:1285152517

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • よかったですね!

    うれしいご報告を拝見することができてよかったです。
    文章を拝読させていただいて「もしかしたら母と同じ病院?」そんな気がしてきました。
    某国道に隣接した病院でしたらおそらく同じ病院だと思います。
    これ以上詳しくは病院名はかけませんが・・・
    6月に母も検査してるのですれ違っていたかも!
    勝手な想像ですが・・・

    桜さんのような方がほとんどなのですよね・・・
    そうでなければ予防の手術の意味はないのですから・・・
    良かったですね!

    たまたま母は運が悪かった・・・
    母は6月の介護認定の更新で要介護度があがり要介護2から要介護3になってしまい私の人生までもが2013年12月の手術以来変わってしまいましたがこれも宿命として受け止め頑張っていきます。

    ユーザーID:1019651938

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧