死期の迫った老猫の延命介護

レス37
(トピ主4
お気に入り127

生活・身近な話題

シルバーキャット

もう十数年飼っている老猫がものを食べなくなってしまい、かかりつけの病院で診ていただいたら、膵臓や腎臓が悪くなっていて心臓も雑音があるし、何もしなければあと一ヶ月と言われました。それから強制給餌やら自宅輸液などの介護生活が始まり約一ヶ月になります。今は以前より痩せましたがまだガリガリというほどでなく、箱座りしていたら一見普通にも見えます。が、もう一日20-30kcalぐらいしかとれてないので体力がなくなり、トイレに行くときなどもよろよろして全体に生気がないです。この調子では、いずれ寝たきりになるのも遠くないでしょう。歳と身体の状態から、獣医師さんとは「猫が猫らしく生きられる時間が苦痛な時間より多いうちは、少しでも楽になるように緩和してあげましょう、無理な延命はやめましょう」という方針で合意しています。脱水は輸液で対応しますが、最近、量を減らしても身体が水分を吸収できずむくんでしまうことがあります。食べるのをますます嫌がるようになり、かといって放っておけず半ば強制的に食べさせるのですが、抵抗も弱弱しくなり口に入れても飲み込むことをやめてしまうようになった今、これは猫のためになってるのかと辛い気持ちです。無理な延命はやめよう、と思っていても、もうどこからどこまでが「無理な延命」なのかわからなくなってきました。鳴くこともせず一日をじっとうずくまったまま過ごしている猫を見ていると、息をしてそこにいてくれるだけでいいと思うのですが、本人的にもう生きるのが辛いだけになったら、麻酔で安楽死という選択もありだと思っています。(もし自分がそんな状態になったら、楽に死なせて欲しいという考えなので)
この猫が初めてのペットで、まだペットを看取った経験がありません。経験のある方に、こういうときの心構えや今後の経過予想など、なんでもいいのでアドバイスをいただけたらありがたいです。

ユーザーID:6678292338

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 動物はしゃべれないから

    動物はしゃべれないから難しいですよね。

    治療自体が苦痛になっている可能性もあります。
    いままで愛情をもってきちんと飼ってきたのであれば、安楽死を選択しても必ず安らかに天国に召されるはずです。
    選択肢は飼い主にあると思いますがそこまでしてあげたのなら何を選択しても正しい選択といえると思います。

    ユーザーID:6717892178

  • つらいですね

    老犬を見送ったことがあります。

    最期は牛乳に浸して柔らかくしたパンしか食べられませんでしたし、散歩も行きたがりましたが、体を支えて少し歩くだけしかできませんでした。

    無理やり食べさせず、食べるものを少し食べさせ、辛そうならそれを取り除くことがけ考えたらどうでしょうか。

    動物は安楽死は望みません。安楽死は人間の都合と思います。
    可哀相だから、辛そうだからと、どんな理由を付けても、自ら死を望むのは人間だけです。

    でも、苦しさと痛みしか無い状態なら安楽死も有なのかもしれません。
    以前、象に踏まれて瀕死の子ライオンの頭を、母ライオンが口に咥えて窒息死させていたのをテレビで見たことがあります。自然界でも長引く苦痛だけの場合は、安楽死を望むのかもしれませんね。

    でも出来れば安楽死ではなく、最期まで寄り添ってあげて欲しいな。

    ユーザーID:9059058605

  • 安楽死はやめませんか?

    私も昨年、20才の猫を看取りました。
    愛猫がだんだんと衰えて行く様を見るのは辛かったです。
    獣医師から言われたのは「食欲があるのは生きたがっている証」でした。
    なので、食欲がある間は、ビタミン点滴で水分を毎日入れていました。
    それでも栄養がすべてまかなえるわけではないので、衰えてはいきます。
    ただ、獣医師によると苦しがってはいないとのことでしたので、
    愛猫の生命力にまかせて全力でサポートする道を選びました。
    長くないと分かっていたので、
    結果、おむつがえも、注射器で食べ物を注入するのも、
    全然苦にならず、かわいくてかわいくて。
    最後の最後まで看取る事ができて本当によかった…。
    たくさん泣きましたし、今でも泣けてきますが、
    後悔はしていません。

    鳴いて苦しがっているなら別ですが
    あのまま安楽死をさせていたら、
    どこかに罪悪感と後悔が残る事になったと思います。

    そう長くはない命です。最後まで看取ってあげましょう。
    そして、あなたの記憶に愛猫の勇姿を刻んでください。
    猫ちゃんのためにも、自分のためにも。

    ユーザーID:3572422187

  • うちは犬でしたが

    人間でも、亡くなる前はだんだん食欲がなくなり、水もうけつけなくなり、
    「枯れるようになくなる」のが一番本人には楽な亡くなりかただと読んだことがあります。

    体が衰弱したら、患っている病気の力も一緒に衰えるそうです。
    分かる気がしませんか?体から栄養をとれなくなるから、病気も弱るのです。

    下手に栄養補給したら、体は弱っているのに、病気は吹き返す・・・バランスが悪くて体にはしんどい。

    私はそう解釈しているので、水もうけつけなくなるというのは、悲しいけど、そのまま静かに苦しまずに死んでいける兆しなのだと思います。

    我が家の犬ですが、可愛そうなので安楽死も考えたのですが、
    最後まで生きて、私たちのそばに来ようと立ち上がる姿を見たら、安楽死にしなくて良かった、と思いました。

    ユーザーID:7206644732

  • 私は犬の介護中です。

    我が家の犬は17才。

    脳腫瘍らしく、痙攣が度々起こり、そのたびに衰弱してます。

    私の区切りとしては、ご飯を食べなくなる時です。
    今、良く食べるので、本人は生きたいととらえています。
    水も食事も人の手が必要な状態ですが。


    でも最後の決断は出来ないでしょう。あまりにつらそうな時、我が手で楽にしてやりたいと思う事もありますが、無理です。

    私のかかり付けの獣医師さん自体が、安楽死は否定的です。

    トピ主さんもお疲れがでないよう、上手に介護してください。

    ユーザーID:0073802430

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ガンバッテー!

    あなたが、ネコちゃんのためにやってることは、
    あなたの自身のためにも、ネコちゃんのためにも、
    最後の時を迎えるまで、頑張った方がいいですよ。
    費用や時間を費やしていることでしょう。
    でもね、あなたが、今、やめたら、あなたが一番悲しい
    思いをする。後悔をする。
    最後は、泣いても笑顔で、見送ろう。

    今、ネコちゃんとあなたは、一緒に最期を闘ってるんだなと、
    私は、思います。

    そこまで、できる人も限られたひとかもしれない。
    ネコちゃん、よかったね。
    トピ主の家の子で。

    ユーザーID:2537177762

  • まさに我が家のおばあちゃん猫も同じような状態です。

    猫ちゃんの介護、お疲れ様です。色々と考えて頑張っていらっしゃいますね。言葉を話せない動物にとって何が幸せなのか・・・どうしてあげればいいのか悩んでしまいますが、長年一緒に過ごしてきたので簡単には諦めきれないですよね。

    我が家のおばあちゃん猫も18才で、今年に入ってからだんだんと痩せてきてここ1週間は水以外なめる程度にしか食事を摂らず、今は骨と皮のようになっています。
    一回だけ病院に行き、血液検査と捕液をしてもらいました。内臓の値は悪くないけれど食べていないので低血糖などがあり、心雑音が少しありました。
    昔から猫を多頭飼いしており看取るのは初めてではないのですが、今まさに命の灯火が消えそうになっている子のために何をすればいいのか・・・毎回悩みます。
    悩んで私が出した答えですが、なるべく自然に任せようと思いました。
    猫の好きなようにさせて食べたくないなら食べなくてもいい、病院に行く時は辛そう苦しそうな時だけにしようと。
    今はほとんどをお気に入りの場所で寝て過ごし、水が飲みたい甘えたい時は寄ってきてくれるのでなでたり洗面台の上に乗せてあげたりします。 

    ユーザーID:4485572461

  • 実家の犬も近い状態です。

    14歳雑種です、
    ここ半月位で食べる量も無に近い状態で散歩に行っても途中で抱っこです。
    先日私が帰ると私を気遣い少しは食べ散歩も足取りもしっかり歩きましたが、
    今日の電話では私が見る前の状態に戻ったと言います。
    母が1人で看ていますが嫌いな病院には連れて行かず本人の好きな様にさせる積りです、
    食べず散歩をする犬を思うと涙が出ますが嫌がるのを無理にすると可哀想ですし。
    動物の話ではありませんが人間でも物を受け付けなくなって枯れて行く様に亡くなると読みました、
    点滴等をすると体が受け付けなくて苦しいだけだと。
    楽にして欲しいと言うのは人間だけの思考だと思います。
    食べたくても食べられないのか分かりませんけど今も通常通りに彼女は頑張って生きています。
    数年前に死んだ文鳥もいました11歳で老衰です。
    若い時の様に飛べなくなり私達の事も忘れる事もあって「頑張れ!」と言ってましたが、
    彼は生きる事に既に頑張ってたんですよね。
    頑張ってるのに頑張れって酷だと思い知らされました。
    ですから犬にはどうにか食べて欲しいそれだけですけど…。
    余り参考にはならないですね。

    ユーザーID:9201994662

  • 2年前に見送りました

    瀕死で保護したんですが老猫。
    ガリガリだったのが太って来たら悪性リンパ腫。
    獣医師たくさんまわりセカンドオピニオン聞きましたが どこも手術は無理と。

    一人の獣医師は何も治療はしない。

    もう一人の獣医師は 治療は出来ないが痛みや不快感の緩和は出来る。
    餓死で急激に弱って死ぬより 穏やかに死を迎えられるように水分の点滴とチューブでの餌やりは 少しでも続けたほうが良いと。

    後者を選びました。

    最初のうちは食べてくれたのですが だんだん嫌がるようになって強制給餌するのが辛くて泣いたこともありました。泣きたいのは猫だろうに。
    顔をそむけてガリガリなのに抵抗するんです・・それほど食べることがきついのかと。餌を気管支に入らない程度の緩めにしてゆっくりあげたりしていました。

    ただその後のホットタオルの顔拭きは大好きで ぽわ〜んとしてもっとやってって。
    (濡れた薄いタオルをレンジでチンして絞る その後振って温度を適度に下げる)

    ただ水分の点滴は体が楽になるようで 抵抗しませんでした。
    トイレは近くに置いてあげてください、最終的にはケージに連結しました。

    最期まで自分でトイレに行く子でした

    ユーザーID:0362666523

  • 辛いでしょうが、、

    私も見送った経験がありますが、うちの猫は病院に
    連れて行くだけでもすごいストレスになるようだったので
    もう最期が近いと判断した時は、水とトイレを色々な場所に
    用意して、あまり動かなくてもいいようにしました。

    そして、できるだけ外出を控えて、猫のじゃまにならないように
    見守っていました。

    別れは辛いものですが、ある意味で飼い主としての
    責任を果たせたということでもあります。
    それがひとつの慰めになりました。

    私はあの世を信じているので、いつか又会えると思っています。

    ユーザーID:4301199943

  • 7桁の猫医療費とペットロス経験者ですが

    実際ペットを看取った事はありませんが、コメントお許しください。

    野生でしたら狩りができなくなったら死にますよね。  このまま死なせてあげたらどうですか?  猫は災難をじっと耐えて無くなるのを待つ動物ですが、その災難は、じっと待ってもトピさんの猫には無くなりません。  狩りをする事はもうできないのです。    

    因みに私の愛猫の内の1匹は、獣医師さんに再発の際は家で安楽死させて貰う事になってます。  うちで死なせてあげたいのでね。    

    きつい事を言ってごめんなさい。  でもね、猫は猫でしかない、それ以上でも以下でもない、そして、人間は生きなくてはならないのです。  

    トピさんとトピさんの猫が安らかになるように。  

       

    ユーザーID:4391414287

  • 主さん落ち着いて

    食べられないのは病気じゃなくて老衰でしょ。穏やかに逝く準備だよ。悲しいけど寂しいけど、猫ちゃんを看取ってあげるのも愛だよ。

    「強制的に食べさせる」のは拷問じゃない?好き嫌い言って食べないんじゃなくて、体が受け付けないんだよ。胃腸で腐るだけだよ。

    主さんのやっていることが「無理な延命」なんだから、もうやめようね。

    食べない。これは自然の摂理。弱っていくけど衰弱死じゃないから。猫ちゃんは安らかなときを迎えるすべを知ってるんだよ。だから主さんは何もしないのが大切。

    うちのニャンコも老衰で、眠ってばかりだったよ。でも、ときどき目をあけて思念を送ってきたんだ。いいこいいこして〜とか、抱っこして〜とか。

    それで充分しあわせだったみたい。いい顔してたもん。

    主さんがそばにいるだけで、安心できるんだと思うよ。見守ってあげてね。

    ユーザーID:5275700195

  • 愛猫

    こんにちは。
    トピ主様のお気持ち お察しいたします。
    私も去年1月に、15年連れ添ってきた愛猫を亡くしました。腎臓と糖尿を患っており、2週間に1回の通院と3日に1回の自宅での補液、毎日のインスリン注射。特に補液に関しては、用意をしているとどこかに逃げてしまい、それを捕まえて無理やり太い針を背中に刺していました。
    途中から、これはこの子が望んでいる事なんだろうか。私達のエゴなんじゃないか。といつも考えていましたが、かといってこの治療を止めてしまうとこの子は死んでしまう。悩みました。
    ある日、出掛けていて帰宅したら愛猫は息を引き取っていました。母は「もうあんな痛い思いはしたくない。私達が居る時に倒れたらまた病院に連れていかれる。だから誰もおらん時に亡くなったんやに。」と言われました。胸が張り裂けそうでした。

    ごめんなさい。
    トピ主様の希望する回答になっていなくて申し訳ないのですが、気持ちが痛いほど解り、レスせずにはいられませんでした。

    トピ主様の愛情は、猫ちゃんにはちゃんと伝わっていると思います。どうか、気をしっかり、ますますの愛情を注いであげてください。

    ユーザーID:6177664542

  • つい最近看取りました。

    我が家の一番長老だった15歳のおじいさん猫を2週間前に看取りました。
    腎不全が進んでしまい、トイレの失敗が増えてきたので、おむつをあてていました。
    食事はペースト状のフードを口元まで持っていってあげると自分で食べていました。水も自力で歩いて水飲み場に行って飲んでいました。食事以外の時間はほとんどうとうと居眠りをしていたような状態でした。かかりつけの獣医師さんに相談したら「うとうと眠っているというのは苦痛を感じていない証拠。このコは抱っこが大好きだったんなら、時間の許す限り抱っこしてあげて」と言われ、そのようにしました。私が抱っこしている腕の中で旅立っていきました。
    亡くなる数日前から抱っこの時間が増えたので、猫も心穏やかに過ごせたと思っています。トピ主様も可能ならば抱っこの時間を増やしてみて下さい。トピ主様自身はもちろん、猫ちゃんも安心してくれると思います。

    ユーザーID:3549567668

  • レスありがとうございます

    トピ主です。レスを下さった皆様ありがとうございます。それぞれに思いを綴っていただけたこと、感謝しています。

    最初の投稿後すぐ、食べ物は一切受け付けなくなりました。かろうじて、水だけは自分で飲んでいましたが、昨日からそれもできなくなり、シリンジで少しずつ口の中に入れると、まだ少しだけ飲んでくれます。歩き方もいよいよおぼつかなくなり、トイレのあとでバタッと倒れこんだりするので、支えなければなりません。
    むくみが取れず、利尿剤の効きも悪いので、輸液はやめました。心臓がやっぱり悪いようです。獣医師さんからは、もう今後は何があるかわからないので、心の準備を、と言われました。

    まだ意思の疎通ができる(目線や動きでなんとなくして欲しいことがわかる)し、見た目に差し迫って苦しそうではない(呼吸などの状態)ので、安楽死は考えてません。最期、もがき苦しんだりして逝かせるのは可哀想だと思いますが、その時どんなふうになるかは誰にもわからないと獣医師さんに言われてしまいました。

    ユーザーID:6678292338

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 側にいてあげて下さい。

    初めての看取りということで、胸が張り裂けそうなくらい
    辛い日々をお過ごしかと思います。(自分もそうでした)

    トピ文から猫ちゃんにやれることは十分にやってらっしゃると思います。
    治る病気やケガなら強制給餌も良いと思いますが、そうでないなら
    猫ちゃんがイヤイヤをするようになったら、無理にしなくても良いと思います。

    人間も動物も、生きている限り、いつか終わりを迎えます。
    ご飯を食べなかったから亡くなるのではなく、旅立つ準備をしているから
    食べ物を受け付けなくなるのだと思います。
    ただ、食べたい衝動が出て来るかもしれませんので、スープ系のもの
    置いておいてみて下さい。
    (頭では食べたいと食欲が出ても、実際は口に出来ないと思いますが)

    旅立ちの準備に入っている様であれば、「側にいるからね、心配しなくても
    大丈夫だよ。一緒に暮らせて、こうして介護出来て幸せだよ」
    等いっぱい声を掛けて撫でてあげて下さい。

    ユーザーID:1924758881

  • 側にいてあげて下さい。続き

    激痛が出て来る様でしたら、モルヒネで緩和するとかの選択肢もあります。

    >鳴くこともせず一日をじっとうずくまったまま、、、息をしてそこにいてくれる
    だけでいいと思うのですが

    そうです、これで良いんですよ。
    あとは側にいて、優しく撫でて、頑張ってる猫ちゃんを褒めてあげて
    感謝やお礼の気持ちを伝えて、そして猫ちゃんに自分のタイミングで
    旅立たせてあげて下さい。

    猫ちゃんが旅立つその時が来るまで、いっぱい二人の思い出作って下さい。
    この時間が持てるのはある意味幸せなことだと思います。

    ユーザーID:1924758881

  • うちも看取りました

    私も実家で20歳の猫を看取りました。

    全身に癌がひろがり、
    最後は手術もできなくなりました。

    獣医師さんも精一杯みてくれましたが
    もう何もできなくなり、
    傷口の手当てなどの
    対処療法だけをお願いしました。
    特に輸液などで栄養はとりませんでした。

    トイレに行く力もなくなり、
    猫用のオムツに。
    キャットフードも食べなくなり、
    ミルクやお水を側に置いていましたが
    段々動かなくなり一日中自分のかごの中で
    じっと眠るようになりました。

    毎日朝起きたら息をしているか
    仕事から帰ってきたら生きているか、
    気にしてばかりでした。

    ある日、買い物から帰ってきた母が
    部屋の隅で静かに息を引き取った
    猫を見つけました。

    猫は死期を悟ると家から逃げると
    聞いていましたがこんなになっても
    かごから出て姿を隠そうと頑張ったのかと
    家族で泣きました。

    大切な家族とのお別れは
    つらいかと思いますが
    ずっと面倒をみてくれる飼い主さんに出会えた
    トピ主さんの猫は幸せだと思いますよ。

    トピ主さんが納得の行く
    送り方ができますように。

    ユーザーID:2864144814

  • 我が家の看取り

    猫ちゃんはお元気でしょうか。
    介護、お疲れ様です。
    参考になればとレスします。
    数年前に17歳間近の猫を亡くしました。
    そして今16歳の寝たきりの犬を介護してます。

    当時から痩せていた猫は、ある日突然キャットフードを食べなくなりました。
    動物病院では血液検査の結果も悪く、もう長くないと言われました。
    私はショックを受けその場で泣いてしまい、何とか助けてもらえないかと先生に頼み込みました。

    その日から日中は猫を病院に入院させ、点滴や鼻チューブから栄養を補給してもらい、夕方迎えに行きました。
    一週間その生活が続き、最終猫はグッタリ動けなくなり、意識も朦朧として、最期は夜中に私が撫でる中、亡くなりました。

    私は奇跡を信じ必死の介護をしたつもりでしたが、大きく後悔しました。
    弱った猫に随分無理をさせてしまったと。
    動物は急性の病気でない限り、食べなくなったら先は短いので、家で家族と一緒に穏やかで安らかな毎日を過ごすのが一番だと思いました。

    現在寝たきりの犬には、主人と毎日スキンシップを取って世話をし、最期まで家で看取るつもりです。

    ユーザーID:1485046661

  • 大丈夫

    お役に立てるアドバイスはなく心苦しいのですが、私も昨年、10歳超の猫と数か月の闘病生活の末、別れたので、お気持ちはわかります…。
    言葉が通じないから最期に辛い思いだけが残っていないよう、ただ今、幸せであって欲しいなぁと願うだけですが、どの選択も間違いではないのだと思います。
    私は、信頼できる先生に診て頂けたおかげで、治療に関しては悔いがないのが救いとなっています。
    どうか、トピ主さんに悔いが残りませんよう、辛いですが大切にお過ごしください。
    どの道も正しいと思います。

    ユーザーID:1193859433

  • 失禁対策

    トイレに行けなくなって、寝たままおしっこ出ちゃう様になったら
    寝床にペットシーツを何枚も重ねて寝せて下さい。

    で、おしっこ出たら濡れたペットシーツだけをスッと抜き取ります。
    トピ主さんにも体力のない猫ちゃんにも負担が少なくて済みます。

    ユーザーID:1924758881

  • お辛いですね。

    このトピを見つけた時に、私も同じことで悩んでいました。私の場合は、老犬ですが。
    昨日の夜、うちの犬は逝ってしまいました。12歳になる直前のゴールデンレトリーバーでした。

    うちの犬は、年末から原因不明で胸水と腹水が溜まり、一ヶ月に一度は水を抜かなければいけませんでした。場所は、いつもバラバラで、お腹の時もあれば肺と心臓の間だったり。レントゲンもエコーも血液検査も抜き取った液体の検査までしましたが、はっきりとした原因はわかりませんでした。おまけに甲状腺機能障害もあったし、腎臓も悪くなっていたようです。寿命ですよね。最後は、私の後をついて歩いて、倒れて死んでしまいました。家族みんなが家にいた日曜日に。最後の食事は、その朝のローストビーフ一切れでした。

    以前に老猫も見送ったことがありますが、動物は、自分で食べ物を口にできなくなったら、もう終わりだとお思います。安楽死を選ぶ前に、点滴と無理な食事を止めてもいいのではないですか? トピ主さんの猫さんは、そのまま放っておいてあげる時期が来たのだと思います。もう自然に任せていいと思いますよ。ただ、去って行く老猫さんを見守ってあげてください。

    ユーザーID:0319894680

  • 猫たちにも明日はない

    >もうどこからどこまでが「無理な延命」なのかわからなくなってきました。

    人間には「知性」があります。明日という認識があるのです。だから、明日のために今日を我慢できる。
    動物には、明日のために今日を我慢するという「思想」がありません。明日のために、苦い薬を飲むという気持ちもありません。
    延命治療は期待されていないのです。
    人間は、延命治療を受けてでもやり残したことをやりたいという「心」がある場合があります。あくまで「場合」です。皆が皆、そういうものを」背負っているわけではありません。

    私は、やるべきこと、やりたいことをほぼやり終えました。もし、延命治療の選択を迫られたら、不要と答えます。

    犬や猫に、延命治療の必要性を問うても仕方のないことです。自然のままに、最期を迎えさせてあげるのが一番じゃないでしょうか!!

    ユーザーID:6944149285

  • 3年前看取りました

    愛して愛して止まない大事な猫でした。

    当時は、野良猫じゃないんだから出来る限りの事をするのが
    自分のすべき事だと信じてました。

    が、今は弱っていく猫に苦しい強制給餌をしてしまった後悔が大きいです。

    「苦しくない事」を1番に考えてあげて欲しいです。

    ユーザーID:1720105163

  • 嫌がることはしない

    うちにも余命を宣告された猫がいます。
    獣医師さんの見立てよりずっと頑張ってくれていますが、悲しい日が来るのもそう遠くないとわかっています。

    食べなくなったときにどうしたらいいのか…
    私は、猫が嫌がることはしない、それだけを心に決めて頑張ろうと思っています。

    一緒に暮らした可愛い家族の最期は本当に辛いですね。
    でも辛いけど、最期まで見届けるのが愛情ですよね。
    どんな選択をしても、トピ主さんの愛情は猫ちゃんに伝わっていると思いますよ。

    ユーザーID:9297521993

  • そばに居てあげてって言う人が居るけれど

    私はそれをやって後悔している。
    猫って人に気を遣うから。
    撫でないでそっと遠くから見守ってあげたら良かったのにって後から思った。
    辛くてじっとしているときに触られるのは人間だって嫌だと思うから。
    声をかけられても辛いときもあると思うから。

    猫によるけれども。

    トピ主様の猫がどれくらい人間好きかはわからないけれど、人間のそばを離れないような人間好きの猫でなかったら、猫は隠れて死ぬ子が多いから、ダンボールを横にしたりとかして隠れられるような場所を作ってあげて欲しいと思う。
    そういうところに入ると安心すると思う。

    にくきゅうさんのように、腕の中で抱っこして眠ってくれるような猫なら、そのほうが幸せだと思うけれど。

    ユーザーID:7809272800

  • 最期まで看取りました

    昨年我が家の愛猫を家族全員で看取りました。
    水は飲みたいという意志は最期の日まであり、シリンジで飲ませてあげた後、数時間後に亡くなりました。
    トピ主さんと同じく強制給餌をしたり、点滴をしたり…何が正しいのかパニック状態になってしまいました。
    そんなダメダメ飼い主だったからか(泣)、しんどそうにしている愛猫に『いつも一緒にいるからね。もう十分頑張ったよ。ありがとう』と言った後『うにゃ』とかわいい声で返事をして旅立ちました。
    飼い主さんの思いは十分届いていますよ。
    お辛い状況だとは思いますが、良い子だねと寄り添ってあげて下さい。。。

    ユーザーID:0794881985

  • レスくださったみなさんありがとうございます

    かつてペットを見送った方、今まさに介護中の方、共感もご意見もアドバイスもみな私には有難いです、私だけが通る道じゃない、そう思うだけで救われます。

    猫はもう水を少し飲むだけなので弱り、まともに歩けません。私がついて支えます。一日に何度か水を飲み、少しおしっこして、寝たり蹲っています。突然呼吸が乱れ、お迎えが!?と緊張することもあります。が、今のところまだ生きて、日向ぼっこなどしてもらっています。

    しんどそうでも自力で何でもしようとします。お水も、トイレも。息が上がって倒れこんで苦しいはずなのに、休んで息が整うと平気な素振りをしています。一緒の布団で寝たがったり、時々目線で何か伝えてくることはあっても、弱音を吐く様子はありません。子猫のときから自分で何でも解決しようとする子でした。あと一か月と宣告されて私が泣いていると、呆れたようにそっぽを向いていました。本人の前でグズグズ泣くなんて不甲斐ない飼い主でごめんね、と思いました。

    もうこうなったらお医者さんも何もできません。私も、見守っているだけ。私よりも猫のほうが強いように思えます。だから私も目をそむけないでいられるのかも…

    ユーザーID:6678292338

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 一歩手前です

    我が家の老猫も、腹水であとちょっとです。獣医師さんでは利尿薬とビタミンB12を処方してもらいました。まだ、餌は辛うじて食べます。うちは、点滴はしない方針で、食べたり飲んだりできなくなった時が最期と考えています。人間は仕事でたくさん診ていますが、猫は初めて。寝ている時間は増えてきました(ほとんど寝ています)が、家の居心地のいい場所を猫ベッドだらけにしています。クスリだけは、シリンジで口の中に無理矢理投与です。心構えはまだできません。

    ユーザーID:3375504961

  • 安楽死はやめて!

    安楽死、ありじゃないと思います。
    なぜ安楽死させるの?
    ご自分が楽になりたいからだけでしょう?

    ご飯を食べないなら輸液だけで良いと思います。
    強制給餌はストレスになるからやめてあげてください。
    猫は嗅覚で食べ物を見分けるから匂いの強いものなら興味を示すかもしれません。
    いろいろ試しましたか?
    スモークチキンやスモークサーモン、バター、生クリーム
    ゆでたてのチキンを細かく裂いたもの、焼きたてのサーモン、市販の猫用のお魚スープ。
    体に悪いとかもう考えなくていいです。
    とにかく興味を示すものを見つけてあげてください。

    ダメなら輸液だけでして見守りましょう。
    むくみは気になるかと思いますが、輸液をやめればすぐに逝ってしまいますから。

    それほど苦しみはないと思いますよ、猫さん本人は。
    トピ主さんは弱っていく猫さんに何もしてあげられず苦しい思いはするかと思いますが
    動物を飼うことは必ず「看取り」がついてくるということです。
    覚悟を決めて最後まできちんと見守ってあげてください。

    ユーザーID:3814748874

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧