校正のバイト

レス20
(トピ主1
お気に入り42

キャリア・職場

あいみ

トピを開いていただきありがとうございます。

今回、大学生になり、将来は校正の仕事に就きたい
と考えております。
高校では国語は一番でした。
大学も国語で有名な所で国文学科です。
大学生活で、何をしたらその道に進みやすいか?
また、初めてバイトをするのですが、校正のバイト
は大学生や初心者は使っていただけるのかを知りたい
と思いトピをたてました。
全くの無知な為、皆さんの情報をお願いします。

ユーザーID:2310331178

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大学生じゃないけれど。

    とっくの昔に学校は卒業している者の意見ですので、
    参考程度にしてください。


    あんまり、大学生のバイトで校正って聞いたことがないんです。
    私は18年ほどの派遣生活のうち10年以上校正・校閲で食べてますが、
    正直、若い人ではちょっと、という気持ちです。
    最近の例でいうと、チラシにお年玉の熨斗を載せる紙面で、
    デザイナーが結び切りにしてきたんですね。
    チェックした私が「お年玉の熨斗は蝶結びやで」と指摘しても、
    アラサーのスタッフ数名は、「なんでダメなん?」「どう違うん?」…

    このように、常識力を問われることがあるので、
    おおむね30代〜の方が校正の仕事しています。
    ある印刷会社では、有名新聞のOBの方を複数雇っていました。


    ただ、私が今行っている派遣先は、ユーザーが高校生対象なのです。
    なので、彼らが読んでわかる文をチェックする大学生のバイトさんが数名いはります。
    当然といえば当然ですが、みなさん頭いいです 笑
    おそらく彼らは「コネ」「ツテ」入社じゃないですかね。
    ゼミの先生から「僕の知ってる会社で、こんなバイトがあるんだけど」的な。

    ユーザーID:5169467747

  • やってたよ

    大学4年の時、
    大手通信添削会社の、高校生向け小論文教材の校正バイトしてた。私は全くの初心者。
    教材は毎月出るから、毎月仕事が送られて来た。赤ペン先生よりはかなり割のいい仕事だった。
    大学(国立大国語国文ね)の研究室の先輩がそこに正社員就職して、当時、小論教材作成の仕事してて、そこから下りてきた話だった。
    一般に募集はかけてなかったなあ。

    でも、ちゃんと就職するなら、校正「だけ」する仕事って無いと思うよ。
    編集の仕事してる人が校正「も」するのが普通じゃない?
    それか、外注するか。

    ユーザーID:0996885699

  • 「編集の仕事」の間違いじゃないですか?

    校正の専門職ってほとんど存在しないんじゃないでしょうか。
    校正というのは作業の一過程であって、原稿を書いた人が自分で校正して、担当編集者や営業が校正して、営業が校正して、デザイナーが校正して、のような。
    仕事によっては一過程で専門の人に校正をお願いする事がありますが、その人が常に校正の仕事で食べてる専門家かといえばそうでもないし。

    また、仕事によっては入稿直前の校正の責任を任される専門の部署がある会社もあるようですが(友人が働いています)、正直大学国文学科卒レベルの学力が必要なわけではなく、どちらかというと経験や責任感(その友人は様々な媒体のデザイナー、印刷オペレーターを長く続けていたので)を認められてで任されているという感じです。

    強いて言えば編集の仕事が一番近いんじゃないでしょうか。
    校正作業も含まれるし、それよりもっとやりがいがあると思いますが。

    ユーザーID:2121833264

  • 校閲でなくて?

    校正って文字や修正が原稿通りかどうかを確認するって意味ですよね。
    一文字一文字、あるいは修正しなければならない所が修正してあるかを確認することです。
    ひどく単純ですが責任は重大です。永遠にそれをやりたいという方がいることにびっくりです。

    校閲の場合は、漢字・文章がそれで正しいのか、事実に相反してはいないのか、社規にしたがって文章や構成がなされているのか、もしなされていない場合、リライトしてこういう文章にしなさいと修正指示を出す。客観的な視点で注意深く目を配らせなければなりません。編集に近いですね。
    まぁこれをしたいというなら分からなくはないですが。

    とりあえず文章通り校正だけの仕事をしたいなら、印刷屋、出版社どこにでも雇ってくれそうな場所はあるかと思います。ただ単純なので大学まで卒業してそこに行かれるのは勿体ないかなぁ思います。

    ユーザーID:4927135066

  • 社会人経験者が多いと思う

    10年くらい前にバイトで校正やったことがありますが、
    それ以前に編集、ライターで社会人経験がありました。
    校正だけの勉強はやったことがありません。

    バイト仲間も、出版関係か印刷関係の経験者だったように記憶しています。
    フリーランスのライターやデザイナーの人が副業でやっていたりもしました。
    バイト感覚でいいなら、こういった方法でできると思います。
    (出版社や印刷会社の制作部門などで働きました)

    正社員として目指すとなると、経費削減の昨今、
    なかなか校正専門の部署をもっている会社は
    少なくなっていると思います。全くみないわけではないですが。

    あと、校正といっても大まかにいうと
    「指定や見本刷りと同じにできているか確認する」作業と、
    「文章の間違いや内容の誤りをみつける」作業があると思います。(校閲ともいう)

    トピ主さんの専門からいうと校閲が希望だろうと推測するので、
    できるだけ大手の出版社に就職して
    そういう部署を目ざすのが王道かと思います。

    ユーザーID:9911591262

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 単一言語だけ?

    英語混じりの日本語、日本語混じりの英語、というような分厚い著作物をこなせる自信がおありでしたら・・・。私は年寄りですが、どちらも苦にしません。単一言語だけで食っていけるのかな。

    それと、出版社の社長の言うには、校正は著者責任だとか。ところが、著者は校正なんてする気がないようです。100ページで数百カ所のミスなんてザラですよ。みんな、ただでやってあげて、著者と仲良くなりました。

    ユーザーID:6789743041

  • 校正だけの仕事ってあったかなぁ

    うちの会社(出版・編集プロダクション)は、
    校正も編集の仕事なんだけど、
    それだけの仕事なんてあったかなぁ。
    よっぽど大手の出版社さんならあるのかな?
    ちょっとわからんけど。

    校正の仕事って言うけど、一日にそう何本も校正ばっかりやれるほど
    本を出す会社ってものすごく限られてくるよね。

    ユーザーID:1603030395

  • 学生さんなら、「編集アシスタント」から

    出版関係の仕事をしていますが、
    校正専門の人というと、中高年が多い印象です。
    今はネットがあるとはいえ、知識や雑学の蓄積も意味があるので、
    知識のある人が強いです。

    学生さんなら、どこかの編集部の「編集アシスタント」などの
    バイトを始めるのが早いかと思います。
    パソコンやら電話番やら荷物持ちやら雑用やら、他の仕事もあるだろうけど、
    校正がやりたいのだとアピールして、少しずつでもやらせてもらいましょう。

    私自身はそういった編集アシスタントからそのままフリーター、
    フリーランス等できてしまっているので普通の就職活動には詳しくないけど、
    就活でもそういったバイト経験は役に立つのではないでしょうか。

    ユーザーID:4949987264

  • ショットの仕事ならあるかもしれませんが

    以前、情報誌を作る編集プロダクションでライターをしていました。
    毎週、校了の一日前に「校正さん」と呼ばれる10名ほどの集団が会社に来て、すべてのページをチェックしていました。
    その集団のなかに大学生っぽい風貌の若者もいましたが、どのように集められた集団なのかはわかりません。
    週に一度しか来ないので、継続的な仕事という感じでもなく。
    その集団のトップには、推定60代半ばの男性がいて、彼が知識のリーダーといった感じでした。

    そもそも「校正」は「執筆」できることが前提じゃないかな、と思います。
    失礼ながらトピ主さんのトピ文は、大学生にしては稚拙だなと感じました。
    (「今回」って具体的になにを指しているのか?とか…「国語は一番」って、小学生みたいだなと)

    校正というのは、膨大な知識を要します。
    あと、細かいですが、校正を目指すような方なら「バイト」とは書かず「アルバイト」と書くかな、と思います。
    そこになにも感じないようでしたら、校正にはあまり向かないかもしれませんね。

    ユーザーID:0964679667

  • とりあえず編集のバイトになるのがいいと思う。

    主さんがおっしゃるのは、専門職としての校正、おもに校閲ということですよね?
    職業として存在はしていますよ。
    私は大手出版社→フリーの編集歴20年です。

    ただし、いまどき、よほどの有名大手出版社や新聞社でない限り、
    専業の校閲職を置いている会社はないのも事実です。

    本の部数が減り続ける中、単行本や文庫でも、校閲は外注の所がほとんど。
    外注先はフリーの個人事業主もあれば、編集プロダクションのような校閲会社もありますが、
    その多くは編集OB。
    イメージとしては、出版社勤務から家庭の事情等で退職、
    自分のぺースで仕事をしたいから、校閲の勉強をしてぼちぼち…みたいな感じでしょうか。
    中年以上の方が多いです。
    というか20年以上業界にいて、中年以上の校閲にしか会ったことがないかな。

    なので、とりあえずなにはともあれ、編集の経験をしてみるのが良いのではないかと思います。
    その中で、現在の校閲という職業の在り方もわかると思います。

    大会社の専門校閲でも、ハードな現場編集からのリタイヤの意味も込めての配属というのが普通なので、
    まずは編集職を視野に入れるべきかと思いますよ。

    ユーザーID:0312081394

  • あのね。

    まず目の前の箱でもスマホでもいいから、google先生に聞いてみよう。
    校正ってどんな仕事なのか。どんな就業形態なのか。食っていけるのか。
    校正に必要な知識や技術にどんなものがあるか。

    丁寧に解説してくれているサイトがいくつかあるから、とりあえずそこをひととおり読んでね。
    それでもわからないことがあったら、ここで聞くのもいいけど、そのサイトの人(または会社)に問い合わせてみるのがいちばん確実で正確だと思う。

    調べ物が苦になるようではできない仕事だよ。
    知らなかったから間違えたでは済まないのでね。

    ユーザーID:4037552956

  • 大概は、社内の編集で回し読み。で、外注に出した時は…

    元新聞社の校閲部にいらしたような経歴の方で、
    目の当たりにした先輩によれば、「まさしく神のように迅速かつ正確であった」そうです。。


    >高校では国語は一番でした。

    ↑ 新聞/出版/広告… の編集/制作で新卒採用を受ける人は、まあそういう人だらけです。

    >大学も国語で有名な所で国文学科です。

    ↑ それは… そんなにセリングポイントにはなりません。
    出版系の採用試験には、必ず「東大も慶応もいる」ので。。

    出版社・・正採用になって編集部見渡しても、「大学はMARCHだけど、文学部ではない」人の方が多いぐらいだった。
    (発行してるもののジャンルが文芸だと、違うのかもだけど…)


    結論:
    校正にこだわらず、とりあえず、漫画雑誌でもファッション誌でも何でも、バイト募集している所に採用してもらって、末端の仕事から覚えて行くのがいいですよ。

    ユーザーID:8824053600

  • 校正?校閲?

    皆さんが書かれているとおりなので違いは省略させていただきますね。

    私は広告会社でディレクターをしており、校正は大切な仕事のひとつです。(残念ながらご縁をいただけませんでしたが)新聞社や出版社に就職できていれば、校閲をしていたかもしれませんね。

    広告会社も新聞社も出版社も狭き門です。まず筆記試験が超難関です…が、勉強すれば何とかなります。難しいのは面接です。コミュニケーション力とバイタリティがあるユニークな子が好まれます。トピを読む限り、トピ主さんが面接をクリアできるとは思えません。

    正社員をめざすのであれば、人間力を磨きましょう。農業や漁業のバイトとか。ボランティアとか。海外の大学で日本文学を学ぶとか。建設のバイトとか。キャバクラの黒服とか。色々な経験をしてみてください。

    どうしても今バイトしたいなら、募集しているところはたくさんありますよ。ただし、その経験は入社試験では加味されませんのでご注意ください。小さい会社であれば、働きが認められて正社員に登用されることもあります。

    ユーザーID:6461045477

  • 校正の人は別の仕事と兼ねてましたよ

    営業とか編集とか。

    私はデザイン担当でしたが、誤字脱字、変な言い回しがないか
    彼ら彼女らが眼を血走らせ校正していましたね。
    特にお堅い行政の印刷物などは。刷り直しになったら大事ので。

    昔は通信教育の広告で校正の項目ありましたね。
    実際どういう所で働かれていたのでしょう。

    書物とかなら専門の人がいるのかなあ。

    それでも図鑑や辞書でも訂正の挟み込みはいってたり。大変だ。

    ユーザーID:5905131733

  • バイト(パート?)を使った事はある

    私が直接頼んだ訳ではないですが。
    デザイン・書籍関係の事務所で昔頼んでいました。
    初心者ではなく30〜40代くらいの経験者でした。
    1枚いくらとか、1時間でいくらで頼んでいたと思います。
    しかし、『責任は重い』ですよ。
    私は校正専門ではありませんが、仕事の関係で時々した事があります。
    印刷が上がるまでものすごいストレスです(いくら何人もで見直しても間違いがある時はあるのです)。
    間違いがあった時には『自分の目の節穴加減』にものすごく落ち込みます。
    私に直接関係ない仕事ですが、一度レストランメニューでフランス語表記部分に間違いが見つかって「責任はどこに?」という話になりました。
    大量に刷る印刷物で見落としが見つかったらと考えると胸が痛くなります。
    あと、性格が少々悪くなりますかね(なんといっても他人の間違いを見つける仕事なので:笑)。
    校閲の仕事になると、私などではマダマダ(ヘタするとプロに一言言うみたいな事になるので)。
    編集部等で経験を積まないと僭越な事はしにくいです。

    ユーザーID:0267158967

  • 名門出版社に「伝説の校正者」あり!

    校正だけのシゴトなんてあったかなー?とおっしゃる方が多いですね。でもね、存在しますよ。

    名門の大出版社には必ず、「生ける国語辞典・漢和辞典」な伝説的校正者がいます。そういう人の技を経験した編集者や作家は大物になりやすいです。

    ウェブ出版作家や零細編集プロダクションが大成しない大きな理由の一つに、「いい校正者がいない」があります。

    トピ主さんのような方こそ、明日の出版業界を支える人です。ぜひ、名門出版社でパイトして、名門出社に就職し、校正の世界を支えてください。絶対に零細編プロにだらだら関わったりしちゃダメですよ!

    ユーザーID:3855033972

  • すみません、訂正です。

    「国文科ではない人の方が多かった」です。

    編集部半分「英文科の人」だった記憶。

    雑誌の海外版も出してて、そちらは当然「全員英文科卒」だったんですが、
    通常の編集部も、過半数が英文科だったんです。

    ユーザーID:8824053600

  • 若い方、大歓迎!

    校正者になって20年以上経ちます。この業界は平均年齢が高く、若い志望者が少ないので個人的に「ぜひぜひ、いらっしゃい! 大歓迎です」という気持ちです。

    ただやりがいという面では、何かを創り出すわけではなく、変化や起伏に富んだ仕事…というものではないので、一般的な若い方(若くなくてもポテンシャルの高い方)はあまり好まないと思われる仕事です。でも主さんは自ら志望しているのでその辺は問題ないでしょうし、向いていると思います。

    出版社に入らなくても、東京には校正者だけの集団で運営されている会社がいくつかあるので、そちらを当たってみるのがいいと思います。ここで詳しくは書きませんが、調べればわかると思います。前述しましたが若い人の少ない業界なので、若い志望者は貴重だし歓迎されると思いますよ。やる気があって国語的な素養もあれば、小さな仕事から始めてそのうち一人立ちできるような校正者になるのは難しくないと思います。

    校正会社であれ出版社であれ、入る際は試験があると思うのでそこで落とされると厳しいとは思いますが…。ぜひ頑張って、高齢化著しいこの業界を担う人材になってください。応援しています!

    ユーザーID:5647611027

  • 調べ物が好きな人の方が向いてる

    たぶんイメージしてる校正と実際の校正はだいぶ違うと思います。ネットで求人を探せばあると思いますが、チラシの校正などが多いのではないかと。

    国語が得意で文章を読むのが好きなのでしょうが、校正は文章表現そのものには関われませんし、より良い文章に書き直す権限はありません。自分の国語力を発揮する仕事ではないです。
    また、内容に関わる校正は「校閲」といい、事実関係が合っているか調べたりすることです。専門書ならその分野の学部を出た人の方が重宝されます。私は新聞社で校閲をやっていましたが、たとえば「著者の経歴は◯大学×学部卒となっているが、著者が在籍していた年度には×学部はまだ△学部という名称だった」等ということをその大学のHPで延々と検索していました。国語よりも調べ物が好きな人の方が向いてます。「こんな些細なことどうでもいいやん…」と思ったら終わりです。

    昔は名物校正者もいたと思いますが、それは出版が全盛期でアナログ作業だった頃の話だと思います。今はコミニュケーション能力がありフットワークの軽い編集者が校正もこなす、くらいではないでしょうか。

    ユーザーID:2102412923

  • トビ主です。

    IDが消えてしまいトビ主表示出来なかったら
    すみません。

    皆様、色々なご意見ありがとうございます。
    とても参考になりました。
    もう少し調べてみて、今、何をしなければ
    ならないか考えて見たいと思います。

    ユーザーID:2310331178

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧