生活・身近な話題

余震のとらえ方

レス14
お気に入り14

体験者

話題

熊本大地震のニュース映像に愕然としています。

私はH15.7.26に起きた北部連続地震で被災しています。未明に6弱の地震があり、ラジオで状況確認、その時、今後、震度4程度の余震が考えられると伝えていました。が、朝に6強の本震。幸い、未明の地震で早起きして被害確認中だったので、事無きを得ました。中高年世代にとって、余震とは本震よりも弱いと思っているので
余震ではなく「さらに強い地震に警戒して下さい」などの言い方に変えた方が良いと思っています。熊本の地震でさらにその思いが強くなったので、トピを立てました。尽力されている気象庁の方々の批判ではありません。

また、3.11の避難生活で下着の替えがなかったのが辛かったです。防災持ち出し袋に加えるといいと思います。

3.11は津波被害でしたが、熊本のように連続して強い地震はなかったので、恐怖心を思うと…。

3.11で大きな支援をいただきました。今度は微力ながら、何かの役にたてたらと考えています。
焦らないよう、必要以上我慢しないで、必ず応援隊が行くから。

ユーザーID:1439418826

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数14

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスします

    >3.11は津波被害でしたが、熊本のように連続して強い地震はなかったので、恐怖心を思うと…

    二日前に強い地震がありました。
    また、本震後、
    強い地震が頻繁に起き、皆、怖い思いをして暫く過ごしていました。
    震災を体験した岩手、宮城、福島の住民だったら
    皆、体験して知っていることです。

    熊本の皆様はあと1,2ヶ月は安心してはなりません。
    命を守るために用心して過ごして下さい。

    ユーザーID:6318927523

  • ゆりかえし

    本震、余震は続きます。
    いつもいる野鳥がいない、まだ戻ってない。
    ゆりかえし余震はあります。
    熊本が本震だったのだろうか?

    ユーザーID:6044840775

  • 余震か本震かは、後からの定義付けに過ぎません。

    熊本の14日、15日に続けて起きた大きな地震は、15日の分が14日より大きかったから15日を本震と定義付けたに過ぎません。
    つまり、それだけ大きな地震が来るかどうか予測することは不可能ということです。

    今回の地震で、よっぽど頑丈な、もしくは耐震・免震構造じゃ無い限り、地震後はしばらくは屋内に入らないことが重要だと思いました。

    地震予知とはとても難しいもの、だから、日頃の備えで自己責任で身を守るしかありません。

    ユーザーID:9000079289

  • 一点だけ

    >3.11は津波被害でしたが、熊本のように連続して強い地震はなかったので


    けっこう強い地震の連続だったような気がしてるのですが…。
    マグニチュードはわかりませんが、震度4、5クラスの地震は毎日多発していたような。

    私は宮城ですが、本震の2日前に震度5強があり、本震、4月7日に6強の最大余震と記憶しています。

    なので、今回の熊本もだんだんとおさまってくるのではと思っています。
    ただかなり強い地震でしたので、今後一年くらいは余震が続き大変だろうと思います。
    東日本もそうでしたので。
    今回だけ揺れ方がおかしいとか、そんなことはないと思っています。
    必ず落ち着いてくるはずだと。

    ユーザーID:7469595932

  • 中高年ですが、知ってますよ?

    私は中高年ですが、本震より強い余震が
    くる可能性がある、のは知ってます。

    震度4程度の余震、が震度6の本震だったと
    文句を言っても仕方ないですよ。
    それに、余震か本震かなんて なかなか
    わからないと思います。
    それに、地域が震度4とか表示されても
    そんなじゃない、結構揺れたななんて
    思うこともあります。

    そして、東北の地震の際も
    震度6にはならなかったけど
    強い余震は何度もありましたよ?

    ユーザーID:4816902495

  • 非常に興味深いトピだと思います

    東京に生まれ育ち50と数年。子どもの頃から「数年中に関東大震災クラスの地震が来る」と言われて覚悟して過ごしてきました。
    その為か東日本大震災の時は落ち着いて行動できました。しかしそれでも地震ドランカーになりました。東京でもドランカーになるほどの連発余震でした。震源地近くはもっと頻発で強かった事が想像できます。
    テレビ等の報道では今後も続くであろう強い地震への警戒を呼びかけていました。
    ただ津波被害と原発事故の報道の方が衝撃的で、トピ主さまには記憶に残ってないのではないかと思います。

    余震であれ前揺れであれ本震であれ、地震はいきなりやってきます。
    思い込みをしている人には、正しい報道をしても自分のことじゃないと理解していたら、何も効果ありません。

    数多い報道よりも意識の方が大事だと思います。

    ユーザーID:6759074422

  • あったよ

    >連続して強い地震はなかったので、
    あったよ。

    2011年3月23日 18時55分頃 福島県浜通り M4.7 5強

    2011年3月23日 7時36分頃 福島県浜通り M5.8 5強

    2011年3月23日 7時12分頃 福島県浜通り M6.0 5強

    2011年3月19日 18時56分頃 茨城県北部 M6.1 5強

    2011年3月12日 5時42分頃 新潟県中越地方 M5.3 6弱

    2011年3月12日 4時32分頃 新潟県中越地方 M5.8 6弱

    2011年3月12日 3時59分頃 新潟県中越地方 M6.6 6強

    2011年3月11日 17時41分頃 福島県沖 M5.8 5強

    2011年3月11日 16時29分頃 三陸沖 M6.6 5強

    2011年3月11日 15時15分頃 茨城県沖 M7.4 6弱

    2011年3月11日 14時46分頃 三陸沖 M7.9 7

    ユーザーID:9541693830

  • うーん

    九州の方々に平穏が早く訪れる事を心からお祈りします。


    3.11の時、東京でも感じられる余震がたくさんありました。震源に近い東北の方々はどれほど怖かったのだろうかと思います。
    余震と言う名前にこだわらず、起きている事象に注目しましょう。

    ユーザーID:8324530141

  • トピ主です

    不適切な発言があったこと、申し訳なく思います。また、3.11後、強い地震がなかったと表現したことに間違いと指摘を受けました。そうですね、強い余震はありましたね。

    私は、宮城県沖地震、北部連続地震、東日本大震災と経験しています。どれも
    本当に大きな揺れでした。中でも連続地震の揺れ方の凄まじさが一番恐怖でした。
    震源が浅いと、本当にドーン!なんです、強烈なのです。あくまでも私の住んでいた地域での事ですが。局地的な地震でしたが激甚災害認定されました。その体験から熊本の方々は、そんな揺れを何度も受けているのかと思ったら、どれだけの恐怖だろうか…ということでした。

    3.11後、避難所、仮設とお世話になり、やっと昨年新居に移ることが出来ました。

    東日本大震災は今後起きると言われた宮城県沖地震と異なると言う事なので、しっかり意識して備えていきたいです。

    被災された方々、救助に当たっておられる方々の体調、心配です。
    何とか収まって!!

    ユーザーID:1439418826

  • どれが本震でどれが前震か余震かは結果論

    だから余り意味は無い。

    これらは地震学者の領分だからゆっくり研究してもらうしかないけど、一般市民にはあまり意味は無いよね。

    大きな地震があったら暫くは大きな地震が続くと注意するしかないよ。

    ただトピ主さんは被災者で余震に対する情報が得られなかった事とやはり精神的な心労で記憶に残らなかっただけだと思います。むしろ被災者ではなくテレビなどで情報を得られた首都圏の住民の方が余震を覚えているのかも。

    でも確かに今回の熊本地震は大規模群発地震のような様相で、震源が移動するなど特異な点が多いよね。

    小規模だけど四国や和歌山などでも地震があり、まるで構造線に沿って移動してるのではと恐怖を感じるのも事実です。

    いずれにせよある程度に群発地震が治らないとボランティアも行き難いし、二次被害は避けるべきなので今の時点では国がメインになりますね。

    なんとかゴールデンウィーク前に地震が治り、交通網が最低限復旧することを祈ります。

    ユーザーID:2398749016

  • 今やっている、

    朝の情報番組で、地震学者(コメンテーター?)が

    ”余震”

    という言葉は良くない、別の言葉に変えるべきだと言ってました。
    余震だと、本震より弱くなると思う人が多い。

    との事です。

    実際、今回の熊本震災では”前震”って言う言葉は初めて聞きました。

    ユーザーID:7498959011

  • わかります!

    大きな地震が来て
    「まだ余震が続くから気をつけて」
    と言われたら、単純に前のよりも小さい地震が続くのだと思いますよね。

    結果としてもっと大きいのが後から来て
    「あれが本震」
    と言われても、現実的には心の準備ができないと思います。

    「余震は続く」と言う言い方ではなく
    「地震は何度も来る」と言う意識を持ち易い言い名に変える方が良いです。

    ユーザーID:0056850069

  • こんな文明になっても

    予想できないから
    テレビで終息したというより
    今後も お気をつけくださいの方が批判受けないよねと思ってました
    主人の実家がある為 九州住んでるけど

    海なし 平地の広がる田んぼしかない自分の実家の県が、なーんにもないけど
    どれだけ安全か実感します
    帰りたいな

    ユーザーID:8952579320

  • いい

    本題の言い方の問題ね。
    今のままでいいのでは。

    >余震とは本震よりも弱いと思っているので
    一般的にはそうでしょう。単に地震は一回じゃないよという意味でしょ。
    勝手に自分の経験を一般化してるだけでしょ。
    まあ、可能性の問題ね、世の中に零のことなんてあまりないよ。

    >「さらに強い地震に警戒して下さい」
    それでもいいけど、被災者に恐怖を与えるし単なる言葉刈になるのでは。

    トピ主さんの地震の理解は最大震度だけみたいだけど、問題なのは自分の場所の揺れ方(震度)だよ。
    今回だって、東北地方太平洋沖地震だって、震源の位置によって各地の震度は違うよね(最大震度に直接関係なく)。

    日本国の被害状況を考えるなら最大震度は意味があるけど、自分の所に関してはあまり関係ないでしょう。
    外から見るのと内から見るのの違いね。

    ユーザーID:9541693830

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧