災害に先物買いはできませんか?

レス104
お気に入り111
トピ主のみ4

明日

話題

このトピのレス

レス数104

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大災害時の場合

    トピ主さんが書いたような状況下の場合、
    被災地内部の企業「も」被災している、
    被災地外部からはなかなか入れない、入っても動けない(東日本大震災のときは、陸路海路空路の全てがダメでした)
    という状況です。
    なので、

    「先物買いしてるから、契約してるから、所定の場所に約束した量、約束した時間内に届けてね」
    は、無理です。

    無料解放も、先に来た人たちがワーっと何でも持っていき、それこそ少しの人にしか行き渡らないでしょう。
    災害時には冷静な判断と、落ち着き、互いにの協力が必要です。(小さなころから避難訓練で繰り返し言われます)
    レジに並ぶお金を払うという行為で理性、他者とのバランスを失わないのだと思います。
    それすらできない状況なら避難所や待機といったことも、もはや意味ないとき・・・。

    数々の災害を教訓に、自治体同士で協定を組んだり、企業や個人での協力体制もできています。
    いろいろなアイデアや行動で、様々に災害に備えていますが、有事にはなかなか厳しいものです。

    ユーザーID:2481228681

  • 物資の開放よりもいかに届けるか?

    物資はあります。
    うまくお届けられないのが問題。

    ヘリコプターの運用が最大のキーになるのではないでしょうか?

    将来に備えるという視点であれば、避難所となることが想定される場所にはヘリポートの確保を街作りのポイントにする必要があるでしょう。
    県に数箇所は大型ヘリが降りられる場所を確保し、全小中高校には中小型のヘリが降りられるようにしておく。

    発災したら即時対応で大型ヘリが出動。拠点に物資を集積。
    小型ヘリで各地に分配。

    ヘリの増強も必要でしょう。
    大型ならトラックも運べるUH−47。
    速度の速いMV−22なども有効だと思います。
    中型ヘリは全天候型のUH−60を中心に、救難活動も兼ねながら輸送にも使う。
    小型ならOH−6など。

    普段の訓練は自衛隊の航空救難団で行い、発災と同時に自衛隊法外の組織に自動変更。
    機動的に動けるよう法的なバックアップも必要でしょう。
    (自衛隊は知事の出動要請が必要。もし自衛隊嫌いな知事なら初動が遅れる)
    今の8部隊、4輸送隊体制を倍増させ、国際救助隊という名で日本のみならず、世界を舞台に活躍してもらいたい。

    ユーザーID:5951862039

  • それはね

    トピ主の考えは何十年も前から検討されていることで、いまさらです。
    コンビニの開放はおすすめではありません。非常時は日常を演出することが最も大事になります。
    そもそも被災した翌日には自衛隊の物資が届き始めるので、あわてず備蓄していたものでしのげば良いのです。
    はっきり言って民間やボランティアより自衛隊の派遣の方がよっぽど役に立ちます。
    供給切れがありませんからね。
    かつての関東大震災の時の様に艦船で物資や人員をピストン輸送してくれるともっといいでしょうし、大型ヘリの導入を積極的に進言する方が有効でしょう。

    ユーザーID:3285897867

  • やっていますよ

    東北で被災しました。コンビニもスーパーも無償で全商品を避難所へ、地域の皆さんで協力して運びましたよ。
    ただ、周りからの支援物資は偏りが大きくて届かないのです。なんせ余震や倒壊、地面の割れや通行止め、情報の錯乱…めちゃくちゃなんですよ。
    銀行は通帳等なくても10万まで出してくれたし、市町村でもお金借りられましたよ。
    それとガソリンが不足していて支援物資取りに行くトラック優先で給油でした。でも足りないのです。

    ユーザーID:4374351443

  • 金さえあれば・・・?

    お金さえあれば、すべて解決できるとお考えでしょうか。
    それとも、物流やインフラの保障も込みの「先物買い」なのでしょうか。
    それは具体的には、どういう状態なんですか?
    例えば、ヘリコプターを随時チャーターできる状態ですか?
    それをコンビニの商品の金額に上乗せするのですか?

    トピ主さんは海外在住ということですが、
    トピ主さんの住む国ではそれは可能そうですか?

    ユーザーID:5436432354

  • そんな指定は不要です

    >外から持ち込まず足元にすでにあるものを即転用できる「先物買い」ができれば、被災してから手配・交渉しなくてもいい。

    それは「先物買い」ではありません。
    「災害時における、政府への商品売却契約」と言えますね。

    >お米屋さん、薬局、コンビ二、スーパー、などを「被災時放出契約店」にして置けば、お店も安心して「放出」できます。

    それだと、日本中すべての小売り店と契約しておかなくてはなりませんね。

    それができても問題は解決しませんよ。もしかして、今「売り惜しみ」が出ていると思っていませんか?
    現実には、売り惜しみはありません。すぐに必要な食料や飲料水などの、商品は売り切れてしまっているのです。
    たとえば、今のコンビニは、当日に仕入れ(配達)を何度も受けています。備蓄なんかほとんどしていないのです。スーパーだと多少の備蓄はあるでしょうが、それでも翌日には売り切れる程度です。トピ主さんの話は、そういう現実を見ない空論ですよ。

    ユーザーID:3336139929

  • 改善はされてますが

    阪神淡路大震災や幾多の震災や災害を経験し、物資の備蓄や供給は改善されてます。
    ですが熊本は山が多く、土砂崩れで地域が寸断され、物資を配給しようにもたどり着けないのが現状です。
    また東日本橋大震災などと比べて強い余震が多過ぎて、できない事も多いです。
    それでも政府も民間も、被災者自身も努力しています。
    今週末までにはかなり改善するでしょう。
    大変さを比べても仕方有りませんが、熊本は今の時期は屋外でも凍死の心配はなく、満足な量ではないけど食べ物もあります。携帯やWi-Fiが繋がる地域も多いです。

    批判だけなら誰でもできます。
    今、自分にできて被災地の迷惑にならない支援を考えた方が建設的ではないでしょうか。

    ユーザーID:1747650013

  • 現実を正当化してもいつも結果は同じ?

    日本を一つの体だと考えれば、熊本と大分県は身体の47中の2にあたるわけです。
    残りの45都道府県がテレビで2県の災難を「見」続けているわけです。
    何故か? 「流通がうまくいかないから」援助ができない・・・
    日本という国は災害国といっていい国です。 一年に一回はどこかで深刻な災害が起きる感じです。 
    そのたびに「流通がうまくいかないから」被災地の状況を「大変だ大変だ」でもなかなか援助物資がとどかない!と繰り返しているのです。

    1)物流が滞るからこそ、外から持ち込めるまでを足元の物資で支える工夫が必要ではないですか? 
    2)被災地の商店が手持ちの商品を無償放出するのは「美学」で格好いいですが、結局それらの会社の損失です。その損失は被災地域で生活する人達にのしかかるのです。
    前もってきちんと報酬契約をしておいて、緊急時の足元の物資供給が「即時」行えて、提供側にとって損失が出ないというのは、「2重の支援」になります。 

    日本人の美しい資質は皆で助け合う事、炊き出しをしたりして・・・ でも、水も米もなければ炊き出しはでいないですね。

    ユーザーID:4283499768

  • 放出って…

    誰に何をどれだけ「配る」のよ?って話。それを誰が決めるのか? 論外です。ドコに誰が住んでるのか明確な地方の田舎なら可能かもしれませんが、ある程度、人口の密集した地方都市では、もう不可能です。 それ以前に、地震で交通網が寸断されてるから、配送自体ができないんですけどね。          食料の配給さえ、配布する人員不足でできないのに、一体、何を言ってるのか…。

    ユーザーID:1948847773

  • 物資の運搬手段を考えたほうが良いような…

    現地のコンビニやスーパーの在庫にも限りがあるし、建物が潰れたら配りようがない気がします。
    それより続々と届く救援物資の運搬方法を考えたほうが良いんじゃないかな。
    例えば被災地に集まるマスコミのヘリコプター。
    取材で1回飛ばす毎に必ず水や物資を積んで、道路が寸断され孤立してしまっている避難所や病院にピンポイントで配送させるとか。
    もしくは各社で協定を結んで取材用のヘリの数を制限して、残りのヘリを運搬用に使うとか。
    取材した映像とかはもちろん各社で共有して、どう報道するかは各社の腕の見せどころって事で。
    報道用のヘリでは一度にたくさんは運べないだろうけど、道路が復旧するまでの繋ぎにはなると思うんですよね…
    ヘリなら飛行計画は申請してるだろうし、被災地の情報を持っている自治体や自衛隊と連携取ってやってみる価値はあるんじゃないかな。
    国や自治体も一丸となって頑張っているけど、やっぱり限界があるし、こういう時こそマスコミの機動力を見せて欲しい。
    何かと批判も浴びやすいマスコミのイメージアップにも繋がると思うんですけど、どうでしょう?

    ユーザーID:5606015811

  • そんなに在庫ないよ

    トピ主さんの考え方は、コンビニに大量の在庫があることが前提になっているようです。

    ただ、実際は、コンビニなどはほとんど在庫はありませんよ。
    コンビニのビジネスモデルは、極限まで在庫リスクを少なくし、それによって発生する品切れリスクをまめな物流によってカバーすることにより、成立しているのです。

    なので、災害などで物流が止まってしまうと、ほとんど災害対応としては役にたちません。
    トピ主さんが見たという販売シーンも、ああいった状況下では数時間ももたずに在庫切れになります。

    それと、災害なんていつどこで起こるかわかりませんので、トピ主プランを実行するためには、日本中のコンビニの商品(在庫)を常に政府が買い取っていないと成立しません。
    もちろん、莫大な費用がかかりますので、今の財政状況で、そんな無駄遣いができる訳もないですよ。

    ユーザーID:3993831367

  • 転用も何も

    外部からの物資が入らない3日目から7日目の為に
    契約店が物資を解放すればいい、という案ですよね?

    トピ主さんは、大災害時下を綺麗に考えすぎています。

    店の物なんて、災害直後に売り切れて「無い」です。
    在庫だってある限り放出します。
    それで、どうやって「足元にあるもので転用」するのでしょうか。

    何ももうないから、トピ主さんがテレビで見たように「〜が足りない」状況なんです。

    大災害に備えて契約店は在庫を持て、
    というなら、常にどれくらいの在庫を抱えなければならないのでしょうか。
    トピ主さんがあげているコンビニやお米屋さん、なんて場所的にも無理ですよ。

    それに無料開放なんてしたら、さらに物が消える時間が早まり、
    ワッと持って行かれるから少人数しか手にできません。

    ですから自治体が災害に備えて備蓄している、食糧や備品でしのぎ
    救援を待っているんです。
    それに被災しながらも各店、店内、屋外で頑張って提供もしていますよ。
    けして在庫を出し惜しみして抱えているわけではありません。

    ユーザーID:7697432429

  • どうだろう?

    >お米屋さん、薬局、コンビ二、スーパー、などを「被災時放出契約店」にして置けば、お店も安心して「放出」できます。
    >先物売買の契約にして置けば、被災地域のお店は在庫をただ寄付するのではなく公的資金に売れるのですから

    お米屋さん、薬局、コンビニ、スーパーなどが被災していたらどうするの?
    先物売買の契約したらいつ来るかわからない災害用に品物を確保しておかないといけませんよね?保管の費用の方がかかるのではないかと思いますが。
    それに混乱している中で、どれだけ放出したか確認はどうやってするのでしょう?
    支払はいつして貰えるのでしょう?
    災害が起こったら、やることがいっぱいあるのに、更に手間を増やすだけになるのでは?

    自治体は防災協定というのを結んでいて、災害時に無料で物資の提供をしてもらうように既になっています。

    ユーザーID:7578033799

  • 現実離れしています。

     一番の問題は「モノが動かせない」であって「モノが無い」わけではない。

     トピ主さん流に言えば空軍のヘリコプター部隊か何かで物資をパラシュート降下させればよいという考えなのでしょうが。

     落下地点から流通させる手段が足りないのです。

     平時の緊急備蓄はライフラインの復活を基準に行うのが望ましいのであって、その点行政が後手になっているというか過去に学んでいないというのは事実だと思います。

    ユーザーID:6732770341

  • それはちょっとどうなの

    >それを先物買いとして株商品にまでしてしまってはいけないのでしょうか?

    な〜んだ結局株で儲けようってハナシですか。

    投資対象となったら本来の目的ではなくならない?
    株商品まではやりすぎ。
    災害に遭った人に失礼でしょ。

    ユーザーID:5405067628

  • 物資より人を移動させたほうがいいような

    大きな災害の度に公民館や体育館に大勢の人、その元に多くの物資が届くなどやっています。でも不便な被災地に人を留め物資を移動させるより人を移動させたほうが理にかなうのではないかと思っています。全国各地の公民館に宿泊できるような部屋を作ったり客の少ない民宿などを被災者に割り当て少なくともライフラインが復旧するまでは被災地にとどまる被災者の数を減数させたほうがストレスや混乱は少なくなるのではないでしょうか。
    先物買いもいいですが被災地に物資を送るより被災地から人を移動させたほうがいいような気がします。

    ユーザーID:0876366681

  • 現実を無視して大風呂敷を広げている印象です

    >日本という国は災害国といっていい国です。 一年に一回はどこかで深刻な災害が起きる感じです。

    曖昧過ぎます。
    災害国の規定は何ですか?
    深刻な災害とは、具体的にどの程度の規模ですか?(死傷者、経済的損失等)
    未曾有の大災害でも、1年に1回程度なら、ほとんどの国が当てはまると思いますが。


    >物流が滞るからこそ、外から持ち込めるまでを足元の物資で支える工夫が必要ではないですか? 

    既にしています。
    単に未曾有の大災害を前提にした物資を準備出来ないだけです。
    第一、被災地にあると言う事は使えない状態になる可能性も高くなる。
    津波や浸水、火事等の物理的な破損に加え、販売者が被災して働けず、人手不足
    で配布不可(熊本地震でも実際に起こっている)


    >日本人の美しい資質は皆で助け合う事、炊き出しをしたりして・・・ でも、水も米もなければ炊き出しはでいないですね。

    どの人種、民族でも困った時は助け合っています。難民キャンプでさえ。
    別に日本人特有の資質ではありません。
    むしろ昔から常時教会で食料供給等を行っているキリスト教圏に比べたら、ボラ
    ンティア活動は盛んでありませんよ。

    ユーザーID:3037944322

  • だから流通業の勉強をして下さい

    あなたの案がダメ出しされた理由をちゃんと読んで下さいな。

    ひょっとしてお米はお米屋さんに大量に備蓄されていると思っているのですか?
    日本を何時代に離れて海外暮らしをしているのですかね?
    お米屋さんは売る分の数日分を持ってるだけです。

    日本人は美味しいお米が大好きですから、バッチリ温度・湿度が管理された巨大な倉庫で集中管理されています。精米したてが美味しいので、お米屋さんに出荷する直前に精米するんです。

    店舗を開放してお米の確保?
    そこに米は無い(少ししか)
    売った方がいいです。
    全量開放したら自活できる人まで被災者になっちゃいますよ。

    ユーザーID:6806584670

  • 海外を基準に考えているのだと思う

    私たちからすれば、

    「その『足元店』も被災しているのに、なぜそこから物を出せる
    (しかも一週間も)と思っているんだろう」

    と思うのですが、

    トピ主さんは、
    「地元店が売り惜しみ、出し惜しみしている」
    と思っているからではないですか?

    海外のように有事後の暴動を恐れて、物を売らず(開放)せずに
    店を閉めていると。

    それなら、日本ではこれまでの数度の大災害時でも暴動、略奪と言われる行為はありません。
    海外でも報道されていますが、開けられることができる店は開けて
    被災者が店に長時間でも並んで手に入れています。


    「日本では災害時に、

     災害地店舗も被災している中、災害直後にすでに開放できるものは開放している。
    一日もたてば店にはほぼ何もなくなる」

    をトピ主さんは知らないのだと思います。

    在庫を抱えればいいというかもしれませんが、
    物理面だけでも震災直後から7日目までを支える物資を常に抱えているなんて
    地元の足元店(コンビニ、米屋、薬局等)では不可能です。

    ユーザーID:3695452768

  • 有償無償関係ない

    トピ主さんの主張は、

    被災地の店舗(トピ主さん曰く、足元店)が、損失を怖れて、被災民に物を渡さない、
    だから予め、政府が先物契約をして店の損失を出さないようにすればいい

    ということですよね?

    それなら違います。
    損失を怖れて店が物を出していないのではなく、
    「既に店に物はない」状態なんです。

    日本では暴動や略奪がないので、
    災害直後でも開けることができる店は開けて「手持ちの商品」も「在庫」も解放するので、
    物がすぐになくってしまっているんです。

    出し惜しみしているわけではありません。
    なので先物契約とやらをしても、解放するのは今と同じなので、有償でも無償でも物はすぐに不足します。

    結果、被災地内部の物が足りなくなり、外部からの接触待ちとなります。

    その為に国や自治体、各企業があらゆる対策を講じていますが、
    山すら崩れる、数十メートルの津波が何県にもまたがって襲ってくる大災害下では、想定や「契約」通りには行きません。

    だから皆、助け合っているんです。

    ユーザーID:2481228681

  • それは公共の仕事。

    日本の自衛隊は優秀ですよ。
    全国から九州に即日配備に向かいましたよね?
    物流も物資も準備済みです。

    トピ主、なぜ民間の力を主軸にするのですか?
    被災時、原則として民間の人は逃げるのが鉄則です。
    あとは公共に委ねるのが日本人の風土や気質にも合っていると思います。
    もちろん、善意で行うことは有り難いことです。
    大手コンビニや自販機を扱う飲料メーカーは行ってます。
    それらは企業イメージの向上にも繋がり、その後の利用者増も見込めます。

    災害に対して出来ることを考えるのは素晴らしいと思います。
    ただ、自分の意見に固執するのはいただけません。

    ユーザーID:7101504319

  • うん、ですからね

    美学でも商売でも、足元の放出だけでは物資をまかなえないのですよ。
    どうしても被災地の外から持って来ないとすぐに底をついてしまいます。
    そうレスしている人も多いでしょう?

    で、被災地への交通網も寸断されているから思うように物資が運び込めない。
    復旧にはある程度の時間がどうしてもかかります。

    ヘリで空輸にしても、ヘリの数も限られているし、そこから避難所などへ運ぶには陸路がいる。
    仕分けする人手も絶対的に不足する。
    被災直後に物資が不足するのはやむを得ない事です。

    個人の防災意識を高め、啓発されているように普段から最低でも3日分の食糧、水、生活必需品を備蓄するのが一番簡単で確実な方法です。
    みんな大災害の直後は意識が高まるんだけど、喉元過ぎればになっちゃうんですよね。

    田舎だからという意見もありますが、私は被災地になった時にに一番物資が足りなくなるのは東京だと思っています。
    被災者の数が桁違いでしょうし、物資は外からの流入に頼っていますからね。
    東日本の時は交通に問題が無くても、店頭から消えた物が色々ありましたね。
    やっぱり一人ひとりの日頃の備えです。

    ユーザーID:0627527310

  • 体にたとえた意味が不明ですが。

    トピ主さんの発言を要約すると、
    炊出しができない地域があるとすれば、そこの地元の商店主が出し惜しみしていると、そう言いたいわけですか?

    ひとりひとりができることを考えようという姿勢は素晴らしいと思います(前回も書きました)。
    しかし、トピ主さんをはじめ、もしかして海外の人はそんな風に思っているんだろうか、と悲しくもなります。

    すでに多くの指摘があるとおりです。
    災害への対応は確実に向上しています。
    阪神淡路大震災を経験した身としては、自衛隊がすぐに動けることも、情報伝達手段が多岐にかつ高度になったことも、
    支えあう気持ちがひとりひとりにいきわたっていることも、すごい変化なんです。
    それでも追いつかないくらいの状況を引き起こすのが、災害なんです。

    トピ主さんが想定しているのは、せいぜい、事故 です。災害ではありません。

    契約という形をとれば、遂行できなければ契約不履行です。
    履行のためには安全確保が必須。
    災害のための人材確保も育成も設備投資も。
    そういったリスクやコストを無視しています。

    アイデアそのものを否定する気はありません。
    しかしあなたも人の意見を聞かなすぎです。

    ユーザーID:7685266091

  • 足元の物資ってそんなにあてにならないかも

    企業と自治体の物資輸送に関する協定は、すでに行われています。企業によっては店舗に自家発電装置も備えています。企業の物流拠点とそこそこの数の店舗があるような自治体では、それなりの効果があるかもしれません。

    ただし、小売店の在庫を当てにするのは現実的ではないと思います。

    田舎でも災害は起きます。田舎だと、そもそも小売店が壊滅的な状態にあり、普段から売れる量も知れているので「足元の物資」の量が少ない。

    また、都市部の災害の場合も、まず小売店が安全な構造物であり続けているかが不確かです。店員がどの程度出勤できるかも分かりません。誰でも歩いて小売店に行けるような道路状況かも分かりません。
    他の方がおっしゃるように在庫は大して持っていませんから、品切れが相次ぎ、被災者が必要なものを求めて右往左往することは変わらないと思います。
    政府が報酬を払う契約をするなら、放出した商品の総額がいくらになるのかの管理もしなければなりません。

    自治体なり町内会なりの単位、そして個人で1〜2週間分の食料・飲料や初動のための用具を備蓄する以外にないと思います。問題は、どこに・どのように備蓄すれば確実かです。

    ユーザーID:4593513344

  • 印象だけで言われても…

    昨年の災害といえば9月10日の鬼怒川決壊がまず真っ先に浮びます。豪雨により広域が浸水。取り残された人々を救出するライブ映像を固唾を呑んで見つめた方も多かったでしょう。

    2014年は御嶽山噴火。噴火において、戦後最悪の死者数を出しました。
    青空の広がる天気の良い日でした。若い方も多く犠牲になり、私もショックを受けた一人です。

    もちろん毎年台風は来ますし、地震の速報テロップは年に30回もみるでしょうか。
    トピ主さんのおっしゃる通り日本は災害大国だと思います。
    ですが、災害にも様々な種類があり、十把一絡げに「備蓄さえしていればいい」というものではありません。
    災害対策費も限られます。
    個人の寄付にしろ、先物?なるものにせよ、企業の投資にせよ、備蓄だけ力を入れても不十分です。
    地震一つとってみても、発生地区によって性格は様々です。
    津波被害が地震被害を上回るケースもあれば、大火事が発生するケースもある。今回の場合は震源地が山間部だったため、物流の混乱が起きています。

    ただ、政府が提唱するように個人レベルでの備蓄はもっと進められることを望みます。

    ユーザーID:0243957459

  • 現場を見ていないで空論を吐いても仕方がないですよ

    >そのたびに「流通がうまくいかないから」被災地の状況を「大変だ大変だ」でもなかなか援助物資がとどかない!と繰り返しているのです。

    それを改善するためには、現場に学ぶしかありません。想像だけで対策を練ることはできないのです。
    トピ主サンは、いったいどれくらいの災害現場を見ましたか。テレビじゃダメですよ。実際に歩いて、広い範囲を網羅して、自分の目で確かめてこそ、対策を考えられるのです。

    今回の輸送問題も、援助物資が来ているのにその集積所から、個々の被災地への配達が問題でした。今までの、地震や津波と状況が大きく異なっていました。過去の経験で役に立たなかったことは多いようです。しかし、今回の経験は次に生かされるでしょう。実際に目で、体で体験した人たちによってです。トピ主サンのように、遠くから報道で見ただけで浮かんだアイデアではなく。

    ユーザーID:3336139929

  • あの〜・・・

    失礼ですが、災害に遭われた経験があるのでしょうか?
    私は東日本の時に宮城にいました。
    >お米屋さん、薬局、コンビ二、スーパー、などを「被災時放出契約店」にして置けば、お店も安心して「放出」できます
    店も人も被災してるんですよ? 今回の地震のように余震が強ければ店に入って商品出すなんてできません。
    流通がうまくいかないのは道路事情もありますし、品物があってもそれを裁く人・車・そしてガソリンがないんです。

    >その損失は被災地域で生活する人達にのしかかるのです
    すいません、意味がわかりません。
    >水も米もなければ炊き出しはでいないですね
    足りないのはガスや鍋食器ということもあります。
    水と米だけではごはんは食べられません。
    NHKのニュースをご覧になってるそうですが、ニュースだけではわからないことは多いです。
    また、現地は混乱しているうえに通信ができないこともあり、情報が手に入りません。

    後、どなたかも書かれていましたが、ホテルを開放なんてできません。
    いつどんな余震がくるかわからないのですから。
    駐車場のような広い場所が安全なのです。

    ユーザーID:3752135242

  • あの〜・・・つづきです

    りんごさんのレスに同意します。
    >東日本大震災の際の教訓として
    「現地のニーズに合わない支援は返って被災地の負担と混乱を増やす」ということが分かってきました。
    「ニーズは刻一刻と変わる」ことも。
    今回は余震と呼ぶにはかなり大きな地震が九州各地で発生、
    家屋の倒壊、橋の崩落、土砂崩れがあちこちで起こっている状態です。
    道路が寸断される中、事態が動いているので追いつかないところが出てしまうのでしょう
    ただ、つらい経験の教訓を活かす努力は、できているのかなと感じます。

    震災経験のある自治体や会社が経験を生かした支援をしています。
    結果は同じ、なんてことはありません。

    ただ、個人の備蓄はしっかりしたほうがいいと思い、
    落ち着いたら防災用品などを見直します。

    ユーザーID:3752135242

  • ちょっと浅はかで他力本願だと思いますが

    「保存期間が長いもの、逆に賞味期限が1週間位で切れてしまうもの」について予め自治体とお話しして、「災害発生時点で在庫を速やかに報告する」「その場で(無料で)放出せよ/ないし自治体側で取りに行くので確保せよ」って契約し、代金は払うってのはありかもしれませんね。

    ただ行政にありがちな指示待ちで、上記の指示が即断できない場合に客が押し寄せたらどうするんだって話もありますが。
    「指示が即断で出ない場合は契約はなし」って一文入れとけばまあいけるかも。

    輸送はさ、いくら無責任だの手をこまねいてるだの言ったって、物理的に道路が壊れてりゃ行けないんだし、チェックして修復して安全確認するまでは通行禁止解除にならないんだし、民間に責任を問うてもダメですよ。

    寧ろ滑走路を必要とせず大量に物資を運べるものを接収なり協力依頼なりして、運ぶものを用意するしかないでしょ。
    で、これは行政でないと出来ない。

    一般市民に出来るベストの事は実は寄付です。

    ユーザーID:9302595345

  • トピ主は根本的なことを理解出来ていない

    スーパーにしろコンビニにしろ、営業可能な店は災害が起きた直後に水や食料品は在庫も含め、ほぼ全てが売り切れています。トピ主は何故か「災害後にコンビニやスーパーには水や食料品の在庫がある」ことになっているようですが、そこからして間違い。

    仮に今回のように深夜に災害があり、翌日営業できなかった場合。店には商品は残っていますが、状況に合わせて避難所に運び込むなどの対応は既に取られています。もちろん店舗が崩壊していなければ、の話ですが。

    トピ主が一番理解出来ていないのは、店舗が個人配給をする場合、「一人あたりの配給量」を誰が決めて、その用意を誰がして、更に「誰に・何人に渡すのか」を誰が判断するのか、ということ。店の経営者も職員も被災者であり、そんな時間や余裕がどこにあるんですか?早い者勝ちなら、僅かな人数にほんの数分で全て持って行かれます。いくら日本とはいえ、これでは暴動が起きて当然。

    ないものを勝手にある事にしたり、思慮浅く出来る訳のないことをするように要求しても、机上の空論に過ぎません。何より、その程度の発想を政府がしていない訳がない。不可能という結論が既に出ているんですよ。

    ユーザーID:9732324002

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧