災害に先物買いはできませんか?

レス104
お気に入り111
トピ主のみ4

明日

話題

このトピのレス

レス数104

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91104 / 104
  • ダメだこりゃ

    地図くらい見ようね?
    >ヘルメットも中継車も準備していて避難場所まで即時到着してる
    NHKをはじめ、地元民放局は街の中心部である熊本市中央区にあるんです。
    近くの避難所へならとりあえずは行ける。
    九州は台風銀座と呼ばれており、災害中継には慣れているので中継の準備ができているのはあたりまえ。それが仕事。
    TV局が行けるから流通は止まっていないと言いたいのでしょうけど、中央区から中継車数台動かすのと、郊外の倉庫からトラックで大量に配送するのでは意味が違います。
    TV局は行ける所にいけば中継できるってことです。

    >需要何日分を在庫しているのでしょうか?
    「固定客」の需要で言えば1日分ですよ。
    生鮮食料品の在庫回転率は100で、在庫は1日分を意味します。
    米も含めてです。
    >毎日全てを完売している店は見た事がありません
    欠品を出さないように小まめに補充されているだけで、在庫がたっぷりあるのとは別の話。
    「販売可能地域」の人が一斉に来店すれば、数時間で売り切れです。

    あなたは本当に小売のことは何も知らないド素人なんですね?
    「半可通」にすらなっていません。

    ユーザーID:2955734085

  • なぜこうも理解力が低いのか・・・

    >まさか「1日分」ではないでしょう? 

    まさかも何も、避難勧告が出て地元消費者ほぼ全員の食糧を賄おうとすれば、1日分あればいい方です。毎日全てを完売している店がないのは、日に何度かセンターから商品を配送し、その都度店頭に陳列しているから。

    今回の震災のように配送も電気も止まった場合、日配品や生鮮食品はあっという間に賞味期限切れ。それ以前に店舗倒壊で商品を取り出すことも出来ない状況すらあります。まさか本気で在庫を全部「無償」で放出したら損額が大きいから、店が出し渋っているとでも思っているのですか?

    今現在、避難生活者は10万人。しかも被害が大きいのは山間部の、とても都会とは言えない地域。元々店が少ない地域で10万人にいきわたる2〜3日分の食糧在庫を保持した場合、どれだけ莫大な在庫を抱え、その為のコストがかかるか理解出来ていますか?毎日消費よりはるかに多い廃棄が発生します。

    トピ主は、自分以外のレスを読んでいますか?なぜこうも話が噛み合わないのか、全く理解出来ません。自分が無知であることを認められず、自分の提案だけが正しいとでも勘違いしていませんか。あなたは何も分かっていないのです。

    ユーザーID:6036257776

  • もっとも効果的な先物買い

    バッタマンさんや鴨南蛮大好きさんの案が一番現実的で有効だと思います。

    ヘリの運用が一番効果的です。
    普段の訓練は自衛隊で、地震が発生したら別組織に。。。というのもいい。
    防災庁を作り、その所管に自動組み入れも現実的です。

    警察ヘリ、消防ヘリ、自衛隊ヘリを傾斜投入しても人命救助が優先されるから輸送にまで行き届いていなかったのが現実。
    快速かつ航続距離の長い輸送機であるMV−22の大量投入は絶対条件でしょう。
    UH47が1往復する間に、MV−22は計算上は2往復できます。
    そのうえで「いずも」の拡大版を採用。
    わずか248mの全長のいずもをを300m以上にまで拡大し、搭載ヘリも30機くらいに増やせます。
    避難民用の部屋を作ってもいい。
    なにもおフランスの空母じゃなくても、造船大国日本で十分対応できるでしょう。
    熊本には300mを越えても大丈夫な造船所がある。
    経済復興のためにも熊本で造船するんです。
    日本列島を24時間以内でカバーしようと思えば、最低三隻は必要でしょうね。

    あくまで自衛隊に訓練を委託しているだけの防災庁の船というのがミソですね。

    ユーザーID:9152389306

  • コンビニは在庫を抱えない

    トピ主さん、海外生活が長いのかな。

    アメリカとかのガソリンスタンドみたいなところがどうしているかわからないけど、日本のコンビニの仕組みを理解されてないです。
    コンビニって在庫あまり抱えないんですよ、そういうシステムなの。
    お店の形状もよくみてみて。倉庫なんてついてないでしょ?せいぜいドリンクの冷蔵庫の裏にドリンクの段ボールが積んであるくらいなんですよ。

    そして、コンビニはすでに今ある在庫を放出してましたよ。

    私の住んでいる地域は地震の影響のないところでしたが、夫が災害派遣として本震の翌日に熊本入りしました。支援物資もたくさんはあったようです、でも、それをそれぞれに届ける手段が不足していたといっていました。

    トラックで支援物資運ぶのにも道が割れてて遠回り、渋滞、いつもなら1時間程度の距離を4時間かけて進んで、荷物をおろすのに、また何時間も並んでるんですよ。

    まぁ、素朴な疑問を持つのはいいんじゃないですか。
    でも報道をうのみにしないことですよ。テレビなんて都合良く脚色しますから。

    トピ主さんの情報収集が偏っている印象です。海外にいたら仕方ないかもですけど。

    ユーザーID:6162506526

  • 足元の物資はいずこへ?

    単に行政の要望する物資を外部で調達し被災地へ有償で納品しただけだと思うのですが、
    「外から持ち込めるまでを足元の物資で支える工夫」はどうなったのでしょうか?
    トピ主さんが納得していただけたのは結構なことですが、大きな誤解をしていますよ。

    ユーザーID:8092632016

  • いい加減されたらいかがですか

    トピ主の四番目のレスまで拝読しました。
    最初は、ご自分で何も調べもせず自説だけを展開するトピ主にハラハラしながらも、日本の事を心配してくださってる心はあるのだと思っていました。
    四番目のトピ主のレスには怒りを通り越して憐れさを感じます。これだけ皆さんが丁寧に説明されているレスに対してそんな人を食ったような物の言い方はないですよ。
    ここに返信されている中にも今回のを含め過去の震災を乗り越えていらっしゃる方がたくさん見受けられます。
    その方を嘲笑うような言動は人として許せないです。
    トピ主はもう何も言わない方が世のためです。

    ユーザーID:5635484848

  • 調理

    在庫の話ね、このトピでは本質じゃないけど。
    >「1日分」ではないでしょう? (毎日全てを完売している店は見た事がありません。) 
    一日分くらいでしょう。トピ主さんのお国では違うでしょうけど。

    ちょっと考えれば明白だけど、荒く推計すると。
    例えば客は店に毎日来ないよね。4日に一度だとして。
    災害時には店に来る客みんなが一度に来るよね、で4日分が一日で売れる。
    日本では配送はほぼ毎日来てるよ、ここで必要な生鮮品、日配品はね。少なくとも2,3日に一回は来るよ。
    保存食品なんて売れないから全住民分の在庫はない。
    で、一日で在庫はなくなる。
    災害時はもっとひどいだろうけど。

    スーパーの在庫品って食べるには調理がいるって知ってる?
    重要なのは、電気、ガス、水道、等がないこと。大量に調理する道具もない。
    お米があってもごはんにはできないよ。生鮮食品は腐るよ。

    >炊き出しで出来たおにぎりを貰うために
    もしかして、トピ主さんはスーパーは炊き立てのごはん3日分在庫してるとか思っていない。

    ユーザーID:1236694784

  • 日本国民全てが三日分の備蓄を必須としていればいいのに

    先物買いとかいちいち国やら県やらが契約を結ぶよりも、各家庭が最低限3日分の食料と、各勤務先にも3日分を備蓄していればいいんですよ。たとえ、一軒二軒がダメでも、ご近所で分ければある程度は耐えられる。今の日本は数日たてば何とかいろんな食材やら水やらを配布することは可能です。それこそ、水は、雨水タンクを持っていれば、ある程度は耐えられる。公園にはマンホールトイレ用の施設も準備されつつあるし。

    加えて、最近は、各自治会(町内会)が防災用品を備蓄していますし、それを配布する手段さえあれば、何とかこなせる【はず】

    何しろ、いろんな災害が突然やってくる日本、各自が事前にできることを準備することを【強制】できないもんかな?と思います。

    ところで、トピ主さんは、日本を離れてどの位になるのでしょうか?阪神淡路大震災・東北の地震等々、いろんな天変地異がありましたが、そのうち、どれかを実際に経験されたことはありますか?

    あまりにも、上から目線と言うか、今、それをここで言う?と言う、発言が多すぎます。

    ユーザーID:6063504770

  • ちょっと考えればわかること

    >まさか「1日分」ではないでしょう? 

    そもそも、在庫を多く持っていたとしてもその店が震災にあえば在庫の意味がありません。
    常温で保存できない食料は震災にあえば破棄するしかありません。
    日持ちのする物はある程度の在庫はあるかもしれませんが、基本的には在庫を抱えないように毎日仕入れています。
    コンビニなんて特にそうです、朝と夜にトラックが来ます。

    普段は週1〜2しか買い物しない人でも、こういう事態になれば買います。
    普段の何倍もの人が押し寄せるわけですから、そりゃ在庫を全部出しても一気になくなります。
    ちょっと考えればわかることじゃないですか?

    どうして物資がなかなか届かないのか、現状ではいったいどういう仕組みになっているのか、
    海外にいてわからないのなら、なぜそれをネットで調べたり、質問しないんでしょう。
    いきなり的外れな意見を書くまえに、まずは知ることからはじめたらどうですか?
    あなたが日本のことを心配しているのはわかりますが、読んでいて腹立たしくなるんですよ。
    なぜだかわかります?
    何もわかっていないのに、えらそうに意見されるからですよ。

    ユーザーID:9211507824

  • できる事はやっている

    過去の経験を活かして、出来ることはやっている

    そんなの当たり前です。どの自治体だってやってるし、会社だって、学校だってやってます。それでも、災害時にはさまざまな課題が出てくるものです。被災者となれば不自由もあるし、大変な思いもするのです。

    今回の地震についても、今後のために何が備えとして必要なのか、そのためにさまざまな報道がなされているし、それについて日本中で対策を考えているのです。

    地震そのものなのか、津波なのか、土砂災害なのか、氾濫なのか。災害が起こる時や場所によって、必要なものは異なります。あちらの災害現場では達成できたことが、こちらの災害現場では活かせないなんてこともあります。それらを全部ひっくるめて、もっとできることはないかと考えているのだと思います。

    工夫がない、訳がないでしょう?

    ユーザーID:9631192647

  • 「先物買い」の話はどこへいった?

    なんか妙に納得したようなレスをしてるけどさ、供給契約は先物買いじゃないんだよ?
    在庫を常備してくれるわけじゃないんだよ?

    供給契約をしている有名コンビにチェーンは確かに震災翌日は千個程度のおにぎりと水を熊本県庁に納入しています。
    でも二日目には僅かおにぎり160個にまで落ち込んでいます。
    力の限り働く対策本部の職員の分も賄えたかどうかの量です。
    これが何を意味しているのか?
    初日で在庫がなくなったということです。
    二日目の160個は初日の積み残し程度の話でしょう。
    そして三日目。
    急に5万個まで増えています。
    つまり3日目にしてようやく遠くの工場から到着したということです。
    しかもこの三日間は熊本県庁へのみの供給です。

    何をしたり顔で納得してるのですか?
    あなたの言う先物買いとは縁もゆかりもない単純な供給契約です。

    外国にいると自己主張をしないとやっていけない事は知っています。
    でもここは日本の、しかも非常事態の日本の話。
    その辺りをわきまえないと、とても不愉快極まりない表現が多く含まれていますよ?

    ユーザーID:3718256676

  • 全てのことは一度行われている、という歌詞があります。

    物流が滞るのが怪しからんから常に多く仕入れておけと仰っておられる。
    貴方は「鯨一頭丸ごと冷蔵庫に入れるには?」という無理難題に
    「冷蔵庫の扉を開く→鯨を入れ→扉を閉じる」と答えるているのと同じ。

    物流というのは「経路」があってこそ成立します。
    今回は道路が方々で寸断され、「経路」に問題が生じたわけです。TVで報道されたかと。

    日本でも旧帝の教授が「阿蘇にいる馬で運べばいい」と呟きました。
    阿蘇にいる200頭の馬は食用。荷役訓練をされてなければ、使役馬が居ても操れる人がいないと使えず、
    使役馬の水や食料も必要では?と、一般人に突っ込まれ、相手を馬鹿呼ばわりして大炎上。

    深く考えもせず粗のある問題提起をして、間違いを認められないのは貴方も同様。
    何故ここまで叩かれるのかは、TVよりも目の前の便利な箱で被災者の呟きをご覧あれ。

    系統立てて思考ができないのに政府は工夫がない等笑止千万。
    個人が支援を待つ間の分の備蓄をする。TVや新聞を鵜呑みにせず、きちんと対策の打てる政権を選ぶ。
    本当に阪神や東北での事をご存じないんですね。貴方って幸せですよ。
    皮肉ってわかりますか?

    ユーザーID:3847931688

  • イタリアにそんなフネがありますな

    >あくまで自衛隊に訓練を委託しているだけの防災庁の船というのがミソですね。

    内務省の予算で建造された空母のような飛行甲板を持つ揚陸艦。
    平時や戦時の運用は海軍だけど、災害が発生したら内務省指揮下で災害救援にあたる事になってます。
    わが国だと、内閣府が予算を出してヘリコプタ搭載護衛艦または輸送艦を建造するみたいな話ですかね。
    南極観測船「しらせ」が文部科学省の予算で建造され、海上自衛隊が運用(海自では「砕氷艦」と呼称)している事からまったくあり得ない話ではないかな。

    >熊本には300mを越えても大丈夫な造船所がある。
    >経済復興のためにも熊本で造船するんです。

    ああしたフネを作る技術はわが国でも限られた造船所しか有していないので、それはちょっと…。

    ユーザーID:5196360754

  • 完全にヨコで、しかも質問で申し訳ありません。

    ヘリコプター搭載護衛艦を災害用に配備という案を興味深く読ませて頂きました。

    例えば防災省なり防災庁なりに防災用の船を配備しておくという事になった場合、なにも「いずも」などのような防衛能力を持たせる必要はあるのでしょうか?

    「しらせ」が南極観測に特化した砕氷船であるように、防災に特化した船でもいいのでは?と思うのです。
    高度な防空能力なんて必要ないし、武装も不要ですよね?
    ヘリが多数いききするので、高度な管制能力は必要でしょう。

    ひたすらヘリコプター用の広い甲板と、物資格納用の深い船腹。
    そして被災民収容の広い居住区。
    (個人的には子供と保護者1名・身体障害者など避難所で列に並ぶことの難しい人々をいち早く保護する)
    さらに病院機能。

    要は戦闘状態で被弾することまでは考えなくて良い丈夫な箱舟程度をイメージしています。
    あとはいち早く駆けつけるための強力なエンジン。

    設計は他所でするにしても、「ひゅうが」を作った会社は熊本県長洲町に造船所を持っていますから、雇用確保や経済復興の観点から、熊本で防災船を作れませんかね?

    ユーザーID:5951862039

先頭へ 前へ
91104 / 104

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧