親より先に逝くとき

レス44
(トピ主1
お気に入り590

心や体の悩み

キウイ

36歳、独身女性です。
先日、末期がんで余命8ヶ月と宣告されました。
今、抗がん剤で延命治療を行っています。

兄弟はなく、両親は健在ですが70代と高齢で
私の病状を聞いて大変ショックを受けていました。
私自身は、既に自分の運命と受け入れ、比較的心穏やかに過ごしていますが、
私がいなくなった後の両親がとても心配です。

今、自分が出来ることを探していますが、
子供を持ったことがないので、両親の気持ちがわかりかねます。
長くはない人生でしたが、とても充実して幸せな人生だったこと、
いつかまた会えるのだから、前向きに生きて欲しいことを
手紙で残すことを考えています。

私がいなくなった後、親が悲しむことは避けられませんが、
両親の心痛を少しでも和らげるために何をすればいいか教えてください。
(実際の経験談も頂ければ嬉しいです)

ユーザーID:4684013421

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 優しいですね

    体調はどうですか?無理してませんか?

    同じように癌だと告げられ、いま延命治療を行なっています。年齢も30代です。末期では無いのですが、あまりよくはありません。同じくシングルで一人っ子なので、身寄りが両親しかいないため、70代の親に病院に付き添ってもらってもらいました。申し訳なかったですが、自分が一番冷静でした。

    ご両親も心配ですが、いまの治療や抗がん剤で体がぼろぼろになっていませんか?私はぼろぼろになったので、友人には抗がん剤は進めないつもりです。副作用も後遺症もあります。色々手を出してみて下さい。少々値は張りますが、この際使っちゃいましょう。

    とても充実した人生だったと言えるキウイさんは素敵です。

    8ヶ月ということは、なおせる時間があるということです。

    優しいキウイさんのご両親はきっと前向きだと思います。今もいろんな方法を探して下さってると思いますよ。今出来ることは、わがままになって、少しでも良くなることを試してみましょ。

    ユーザーID:9829316073

  • 感謝の気持ちを伝えるだけでいいと思うけど

    トピ主さんはお若いからぴんと来ないかもしれませんが、高齢になってくると長生きすることにも前向きに生きることにもそれほど大きな意味は感じられなくなってきます。
    平均寿命から考えると余命10年?、でも5年かもしれないし1年かもしれない。
    そういう年齢です。
    医師に宣告はされなくても、今は大きな苦痛はなくても、トピ主さんと状況はそれほどかわらないのです。

    もし何か書くのであれば、余命1か月のとても大切で自分の死より先に失うことなど耐えられないような間柄の方からご自身が受け取る手紙を想像して書いてみてはいかがでしょうか。

    心安らかにお過ごしになられますようお祈り申し上げます。

    ユーザーID:9581190795

  • 残り少ない時間を大切にしてください

     私はトピ主さんの親の立場に当たるものです。

     2年と4カ月前に突然の事故で一人娘を亡くしました。やはりまだ独身でしたので、孫もいません。

     今でも娘が亡くなったことがどうしても信じられずに、どこかで生きていていつかひょっこり帰ってきてくれるんじゃないかとかそんなことばかり考えてしまいますし、娘のあとを追って逝きたいとかも思っていました。

     親にとっては逆縁って本当に辛くて悲しくて、どうしてこんなことになったんだろうと自分を責めてしまいます。私のせいで娘は亡くなったのではないかとかいろいろと堂々巡りをしています。

     大事なご両親を遺して先立つトピ主さんの心はご両親のことが心配でしょうが、それよりも残された時間をご両親と過ごす楽しい思い出がたくさん作れたらと思います。

     私は突然の事故で逝かれてしまったので、娘との最後の思い出は亡くなる10日前のお正月に「また帰ってくるからね」と明るく出て行った姿が最後になってしまい、とても後悔しましたから。あの時もっと引き留めていたらよかったのかと。こっちに帰ってくるように言えばよかったのかもと後悔ばかりが先に立ちます。

    ユーザーID:4840348411

  • 最後の最後まで「生きる」事だと思います

    私はトピ主さんより少し年上で、3年前の癌が再発して現在抗がん剤治療と代替療法を受けています。私は北米に住んでいるので、ドクターから余命を告げられる事もなく、自分から聞く事もせず(余命は自分で決めるものだと思っているので)、1日1日大切に生きています。

    母は早くに亡くなり、父は他州で元気に仕事もし、生活しています。母が存命中は親不孝だった分も父に親孝行しようと生きてきました。父の事は小さい頃から大好きで(思春期の頃を除いて)、今も大好きで尊敬する父です。父に再発の事と今後の予定を話すと(好きな仕事は続けられるだけ続け、やりたい事は今やり、お父さんにももっと会いたい)、「そうか、、、精一杯自分の思う様にやったらいいよ」と言ってくれました。父には、ありがとう、大好きだっていう事はことあるごとに言っています。いずれ手紙も書くつもりです。夫にもです。

    最後まで自分なりの生き方をして、「ああ、素敵な人生だった」と言えれば、ご両親の悲しみは少しは軽減するのではないでしょうか。感謝の気持ちは会うたび、電話で話たびに伝えたらどうでしょう。

    1日1日を大切に生きましょう。

    ユーザーID:1201067596

  • 希望をもって

    私はトピ主様の2倍近くの 人生生きて おります。 御心中 お察し申し上げます。 まず 言いたいのは 医師の伝える余命を100パーセント信じないで下さい。 夫は医師から余命1年と 言われましたが 2年経過しました。 私も子供がおります。私より先に 死ぬような事を 想像する事も あります。 本当に 苦しくなりますが 病気に限らず 不慮の事故等 誰が先に死ぬか 解りません。 トピ主様 残りの人生などと 思わず ご両親と共に 楽しく過ごして 下さい。 気休めにしか ならなかったら ごめんなさい。 トピ主様の優しさに 感激致しました。

    ユーザーID:5009288013

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • そのままの貴方で。

    お若いのに、あなたはとても、しっかりしていて、思いやりのある方なんだなあと思いました。

    確かに、残されるご両親の悲しみ、精神的な負担はあるでしょうね。

    私は独身で、逆に身内の家族を看取っりました。
    母は、若い頃亡くなっていて、次に独身の兄、その約一年ちょっと後に、父も亡くなりました。
    やはり、亡くなった父にとって、実の息子が先に亡くなることは、相当なダメージだったようです。一時期、精神状態も悪化して持病が悪くなり、還らぬ人となってしまいました。
    私もとても辛かったですが、、一番辛いのは見通しがほとんどない病気に侵されて、病と闘っていた家族だったと思います。

    残された者の悲しみは、計り知れないです。
    でも、逆に、もっといろいろしてあげられたんじゃなかったかと思うのも、残された者の率直な思いなんですよね。

    多分、ご両親も貴方にしてあげられることを模索してると思う。

    今のご両親を思う貴方のままで、いいのではないでしょうか?

    ご自分の治療の方が辛いと思うので、どうか自分自身の事を第一に考えてあげてください。

    ユーザーID:2934188577

  • 些細なことかもしれませんが・・

    連投すみません。

    参考になるかどうかわかりませんが・・

    身内を看取った私から思うと、・・
    今、ご両親は時々、あなたの入院先?もしくは治療先に、お見舞いに食べられる様な物や必要な物をを持ってきてくれ、あなたに色々気遣いをしてくれていると思います。
    そんなご両親に対して、気分が良い時は、「今日は気分が良い」とか、食べ物を食べておいしかったと感じたら、「美味しかった」と、笑顔で言ってあげてください。嬉しかったことがあったら、うれしいとかありがとう、こんな些細な言葉でもいいです。

    そんな何でもないことでも、看病したり心配でお見舞いに行っている家族にとっては、少し悲しさもありますが、ほっこりすることなんですよね。
    でも、つらい時は我慢せず、体の辛さも訴えてあげてくださいね。
    さりげなく感謝されることは、色々な心労で辛い立場のご両親にとっては活力になると思うんです。
    私は、そうでした。

    貴方が、少しでも毎日を無理せず過ごしていられているか、多分ご両親は心配していると思います。

    ユーザーID:2934188577

  • ありがとうございます

    トピ主のキウイです。

    チスパさんのレス読ませて頂きました。
    同じような境遇とのことで、心強く思います。
    チスパさんもお辛い状況なのに、体を気遣って下さり、暖かい思いやりに感謝します。

    実は私自身は緩和ケアのみでもと思いましたが、
    両親がまだ希望を持ってくれているため、抗がん剤治療を受けています。
    民間療法も、高額すぎなければ出来るだけ受けたいと思っています。
    あれをしてあげればよかった、という後悔を出来るだけ残さないように。

    自分のやりたいことを優先し、人並みに結婚したり子供を生んだり、
    親を喜ばせることは何一つしてこなかった上に、
    逆縁という親不孝をしてしまうことが唯一の心残りです。
    今ある時間を親と大事に過ごしたいと思います。

    チスパさんも、くれぐれも無理をなさらず、お体を大切にしてください。

    ユーザーID:4684013421

  • 何をすればいいのか・・・

    初めまして、キウイさん。
    心中お察しします。

    私も現在がん闘病中の38歳です。
    余命宣告はされていませんが、只今4回目の再発の疑いが出ており
    それなりの覚悟を日に日に持ち出しております。


    私には兄弟がおりますが、
    それでも両親より先に逝くことを考えると、
    申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

    また、既婚者ですので(子どもはいない)一人残してしまう主人のことを考えると心配です。


    何をすればいいのか・・・

    人が亡くなって思うこと。
    「もっと、こうしてあげればよかった。」
    「ああしてあげればよかった。」

    そう思わないようにしてあげてはどうでしょう。

    たとえば
    小さい子供の頃に戻ってわがままを言ってみる。とか、
    お母さんが作った○○が食べたい。とか。

    何でもいいんだと思います。
    キウイさんの願いを叶えてあげれた。と思うと、
    見取った側も”何もしてあげれなかった”という気持ちが減り
    少しは気持ちがマシになるのではないでしょうか。


    私自身、今はそうしたいと考えています。


    ですが、今も抗がん剤治療中とのこと。
    決して、ご無理はなさらないでくださいね。

    ユーザーID:9374947610

  • その優しさが

     親には、余計つらいのですが、貴女の性格だからしようがないですね。
     小生も娘を先立たせた親の1人として、何か申し上げられないかと、非力を顧みず、レスすることにしました。
     トピ文を拝見すると、トピ主さんは一人子で、ご両親は70代ということは、やや遅めの子供さんだったという事ですね。
     ご両親の悲しみ、つらさは、尋常でないと拝察します。それ故の貴女の気持ちも想像を超え、神々しささえ覚えます。
     ここで、どうでしょう。貴女は、思いっ切り我儘を言ってみませんか?ご両親は、それに最大限応える事で、やれる事はやったという諦観を得られるのではというように思いますが、甘いかもしれませね・・。

    ユーザーID:6393495693

  • うまれてきてくれただけで充分です

    トピ主さんと同じ歳、今年子どもができて母親となった立場からの意見です。
    的外れなところがあるかもしれませんが、参考になれば。

    末期ガンになったというショックは勿論の事、
    ご両親より先に天国に旅立つ未来が予測されることは、本当にお辛い事とお察しします。
    というのも、私は寛解していますが20代後半で卵巣に腫瘍が見つかり(境界悪性)、
    やはり両親より先に旅立つかもしれないということを悶々と考えていたからです。

    いま自分が親になってものすごい思うのは、
    「親孝行は産まれた瞬間に80%は完了しているのではないか」ということです。

    トピ主さんのご両親も、トピ主さんがこの世に生を受けた時にもう、
    80%くらいの幸せは貰ったと感じていると思います。80%以上かも。

    「幸せな人生だった」「産んでくれてありがとう」なんて言ってくれたり思ってくれたりしたら、
    もう200%以上の親孝行だと思いますよ。

    ユーザーID:8067185384

  • 隠し手紙と三匹の捨て猫

    我が家の娘は、癌で3年前に他界しました。

    ちょうど20歳の若さでした。
    娘は、他界する前に捨てらた猫を三匹飼って欲しい。
    過去・現在・未来の私(娘)だと思って可愛がって欲しいと、猫の事だけを何回も何回も頼まれましたので、猫の受渡会に行き子猫を三匹引き取り、娘だと思って可愛がっています。

    娘が、私の四十九日が終わってから読んで欲しいという手紙を読みましたら、

    手紙の内容に、『家の中に、たくさんのメッセージカードを隠したから探してみて!』と書かれてありました。

    テレビ台の下のメッセージカードには『パパとママの娘に生まれて嬉しかったよ』

    額縁の中から出てきたメッセージカードには『よく、この場所にきづいたわね?笑』

    とか、まるで娘が生きていて悪戯しているみたいで、主人と泣きながら、娘のメッセージカードを必死で探しました。

    3年たった今は、偶然出てくるメッセージカードに喜びを感じています。

    同じメッセージも何枚もありましたよ
    『パパママ見守っているから、長生きしてね』
    『あんまり早くきちゃったら、オコオコだよ』

    参考にして頂けたら幸いです

    ユーザーID:6528877274

  • 友達として

    イギリスに住んでいます。私のイタリア人のお友達はこの冬に癌で亡くなりました。彼女は癌になってから10年以上頑張りました。

    彼女が亡くなって、70代のご両親は、親切にいろいろ彼女の遺品を私にくれました。彼女の服を着て、毎日彼女や、彼女のご両親のことを考えています。イタリアに是非来てくださいというので、今年お墓参りをかねていく予定です。

    仲良しのお友達がいたら、ご両親に紹介してあげてください。

    頑張って長生きして下さい。医者の言うことは、当たらないことも多いです。

    ユーザーID:3143794613

  • レス

    大変な時にすみません。失礼を承知で申し上げますが、亡くなるのがわかっている場合は身辺整理することが一番両親は助かると思います。
    最近トピ主さんと同じく余命宣告された人が亡くなったのですが・・・家のことは何もしていない状態でした。保険のことも整理せず、通帳等の片付けもせず。

    結婚前提の未入籍の相手がいたのですが、その人にあてた保険等も一切なく、受け取り人にもなれず。(親族が目の色を変え、入籍してないのだから他人!とお金を一切渡さなかったらしいです。看護は全部押しつけたのに・・・)
    保険の受取人を変えるなり、遺言状を残すなり、色々あったんじゃない?と思うのですが。

    もちろん人それぞれに事情はあると思います。でも私は身内が亡くなったからわかるのですが、人が一人亡くなると「これどうしたらいいんだろう」と思うものが沢山出てきます。
    高齢の両親のために、なるべく身辺整理されるのが親孝行だと思います。

    ユーザーID:9234557915

  • 優しさに涙が出ました。

    大変な病気の中でも、ご両親の心配をされるなんて、本当に優しい方ですね。

    キウィさんがなるべく、痛い思いや苦しい思いをしませんように。
    治療が効きますように。
    心から祈っています。

    ユーザーID:4605425396

  • どなたか教えてください

    私は40代女性、既婚の子持ちですが、同じく延命のために抗がん剤治療を受けている者です。
    私自身は冷静に自分の状態を受け入れています。

    しかし70代の両親と主人は医者の説明を聞いていても全部が理解できていないようで頭真っ白になってしまっています。
    本人より周りの残される者の方が打撃が大きく見えます。

    毎回病院の付き添いは時間的余裕のある両親がしてくれています。まさか親より先に逝くとは考えてもいませんでした。
    親不孝をしてしまうことになりますが、少しでも親の心の負担を軽くしたいです。
    どういう方法があるでしょうか? 私も教えて頂きたいです。

    感謝の手紙、いいですね。自分の人生に満足していることも伝えたいと思います。今はできるだけ時間を作って両親のところにおしゃべりしに行ってます。何気ない1日の大切さをかみしめています。

    キウイ様は一人っ子という事ですのでご両親の心痛を想うと心苦しくなってしまいますが、やはり自分の人生が充実していて幸せだった事、ご両親それぞれの天寿が来た時に又会えるのだからそれまで元気でいて欲しい、と伝える事ぐらいしか私にもわかりません。

    ユーザーID:4202834114

  • ビデオレター

    あなたが旅立った後にも
    毎日あなたを見れるように、
    沢山のメッセージを
    残しておくと
    良いと思いますよ。

    ユーザーID:0580405383

  • 楽しい思い出は

    お辛いですね。体調はいかがでしょうか?抗がん剤はとても大変と聞きますが、効果があることをお祈りします。
    どの程度の体調なのかわからないのですが、できるなら、病院以外のところへご両親と一緒に行き、楽しい思い出をつくることはできないでしょうか?今は新緑も花もきれいな時期です。新緑や花は身体を再生する力もあると思います。近場で日帰りでも一泊旅行でも、体調の許す範囲で、ご両親と一緒に出かけることはできませんか?
    あるいは、独身で、ご両親に花嫁姿を見せていないのですから、ウェディングドレスを着て、三人で写真を撮るというのはどうでしょうか?
    ご両親が老後に困らない様に、充分な額のお金が残せたらいいのでしょうが、それよりも、癌を治すためにお金を使った方がご両親は喜ばれると思います。
    高齢になると介護はどうしても必要になります。介護はお金があれば誰かに頼むことはできるけれど、それだけでなく、誰かに気にかけてもらえると心丈夫と思います。いとこなり、両親も知っている友人なりに、時々でいいので電話してと頼んでおいて下さいね。年賀状も頼んで下さい。老後って寂しいものですから。
    どうかお大事に。

    ユーザーID:3261309593

  • 大事に・・

    39歳、抗がん治療中です。

    結婚はしていますが、子供はなく、
    告知を受けた時は、両親をどうしようどうしようとそればっかり。
    悲しませるのは避けられないけれども、
    立ち向かった姿を覚えて欲しいと思いました。

    私の未来も未定で、両親の立場でもないし
    ためになるアドバイスもできないけれども、
    私はサイトを見つけました。

    ガン患者さんの家族の立場のかたからの
    意見がきけるかもしれません。

    ユーザーID:9890453304

  • 私だったら

    私だったらどうするか考えました。
    小さい時から生死のこと考えることが多かったです。
    ご両親へのお手紙よいと思います。
    私だったら、「あっちに来るときは、私がいろいろ準備して待ってるから安心してきてね」と書くと思います。
    楽しかった思い出とか喧嘩のことなど思い出すままに書いて、「お父さんとお母さんが私の両親でよかった。私は幸せ者です」と書くと思います。
    とぴ主様は冷静なのでお出来になるのではと思うのですが、私だったら、医師や看護師さんなどに亡くなるときにどういう症状が出るのか、どこまで意識があるのか、話ができるのかなどを聞いておいて、両親にあらかじめ言っておいたほうがいいことは言っておくと思います。
    テレビで、病気で亡くなった小さな女の子が、家のあちらこちらに「I love you」等の家族へのメッセージを隠していて、亡くなってもう数年たつのにいまだに引き出しの中からメッセージカードが出てくるという話を聞いたことがあります。
    ご年配のご両親がこういう茶目っ気を受け入れられるかどうかはありますが、家族に思いを伝えるのにそういう方法もあるのだと思いました。
    キウイさんを心から応援しています。

    ユーザーID:9395512661

  • 悲しいですが

    トピ主さんこんにちは

    わたしは年代も状況もキウイさんと違い、的確なアドバイスかどうかわかりませんが
    1人息子を持つ親として言います。
    もし、私の子どもがそうなったときに
    本人が「とても充実して幸せな人生だった」と思っていることがわかれば
    かなり悲しさが減ると思います。

    これは私だけかもしれませんが苦しむ姿を見たり、もっと生きたい死にたくないという気持ちを感じたら
    すごく辛いと思うのです。
    なので、心穏やかに運命を受け入れているということを知る事が出来たら
    親も、辛くても自分たちもそう思わなければ、と思うでしょう。

    また、いままでの楽しかった思いでや、写真など多くあるのでしたら
    具体的に示してあげると、親としての後悔の念のようなものがもしあれば払拭できると思います。
    やはり、言葉だけより事実(あの時、あの場所、あのこと、等々)があると
    繰り替えし眺め返し読み返し納得する助けになると思います。


    どんなに長生きしても<とても充実して幸せな人生だった。と思えない人も多いでしょう。
    人の一生は長さだけではないことがわかります。
    ご両親もそれがわかってくれますように。
    お大事に。

    ユーザーID:3077746721

  • あなたの親ぐらいの年齢から。


    できる限り 無理なく普通にいつもどおり暮らしましょう。
    でも 泣きたいとき 怖い時は甘えて泣いていいんですよ。
    親から見れば 健気に強がっているのを見るほうが辛い時があります。

    涙ポロリじゃなくて エールを押しましたよ。

    ユーザーID:9776654330

  • 兄を失った妹です

    こんにちは。

    キウイさんの強さに感動しています。
    私は兄を失った妹です。もし少しでもご参考になればと思い投稿させていただきます。

    兄は30代前半で原発性の脳腫瘍が見つかり、手術が極めて困難な部分であるため手術を行ったとしても重大な後遺症が残る、手術をしなければ年内持たない、といわれていたのですが、全摘出手術が成功し、生活に影響のある後遺症を残さず社会復帰しました。退院後、非常にストレスの大きい職場を退職し、以前留学していた国へ家族とともに移住し、その地で職を得て人生を楽しんでいました。
    ガンは、5年再発しなければ警戒を弱めてよいと言われますが、7年後、兄の腫瘍は体の骨に転移し、その後あらゆる治療に挑戦したのですが1年半で他界しました。

    家族にガンが見つかるとその家族は一定の覚悟を持ちますが、やはり親へのダメージは強く、両親ともしばらくは体調を崩したり、一気に老け込んでしまったと記憶しています。

    続きます

    ユーザーID:0624200856

  • 兄を失った妹です_2

    それでも現在は両親も家族も以前と同様に明るく笑えるようになりました。その理由は下記のとおりです。
    1.兄が、生きている時間を充実して過ごしていた
    常にQuality of lifeのことを口にしており、昏睡に陥る直前まで、よく食べよく話していました。「
    2.最期まで生きる意欲を捨てなかった
    命の限り生きてくれたという事実は、兄の死を認めて受け入れる勇気を与えてくれました。
    3.兄の親しい方が、「○○(兄の名前)は幸せだったわよ」と声をかけてくれた。
    4.「いかに死ぬか」よりも「いかに生きるか」の方がはるかに重要だと気付いた
    若くして亡くなった兄のことを思うと、これまでの苦労が報われる前に亡くなってしまった無念さや、家族を残して旅立たなくてはいけない無念さなどが頭に浮かび、兄が不幸な人生を送ったと思うことが耐えられないくらい私には苦痛でした。
    人生が短かったという事実は悲しくて取り返しのつかないものだけど、一方で兄は人生を楽しんでいたし、最期まで生きようとしていた、そして生きている間は幸せだったと言ってくれる人がいたことから、やっと兄の死を認めて受け入れる勇気を持てました。
    続きます

    ユーザーID:0624200856

  • 兄を失った妹です_3

    長文申し訳ありませんでした

    今でも兄のことを思うと涙が流れます。恐らくこれは一生癒えることはないのだと思います。けれども、一度は命を失う覚悟をした兄が再発が分かった際に取った行動は、彼にとって、家族にとって、最善を尽くしたのだと信じています。

    キウイさんも、容体のいい時、悪い時があるとお察しします。
    薬やカウンセリングを利用し、どうか生きていらっしゃる時間を少しでも苦痛がなく、キウイさんらしく過ごしていただけたらと強くお祈りしています。

    ユーザーID:0624200856

  • 何といっていいか

    生命保険の仕事をしています。お客様を何人も見送りました。若くして逝かれた方もいらっしゃいます。ご遺族は勿論悲嘆に暮れるわけですが、しばらくして再訪すると殆どの方々は前向きにご自分の人生に取り組まれている印象です。なのでトピ主さんも既に後顧に憂いは無いはずです。どうかご自愛あって実り多く人生を全うされることを願ってやみません。

    ユーザーID:6749705315

  • 余命8ヶ月でも数年生きる人、少なからずいるぞ

    本当に両親のこと思うなら、生き抜いてみせねば。

    ユーザーID:7952173847

  • とにかく話をすることです

    あなたが生きている今すべきことは、とにかく今のあなたの心情と両親に話しておくことでしょう。そして、今のあなたの心情を過去を振り返ってみると、その時とは、違った眼差しで見えてくるはずです。そのことを話しておくと良いでしょう。そして、話をしにくい内容は手紙で書いておくと良いでしょう。

    ユーザーID:6845320558

  • 私なら・・・

    両親と懇意にして下さっている方々(親戚・ご近所・親友など)に、残された両親のことを、お願いするかな。

    お願いというのは金銭的なことではなく たまに声かけて欲しいとか精神的な部分のことです。元々懇意にしてくれている方々ならわかって下さるはずです。


    ご両親様との時間をたくさん作ってあげて。
    それは貴女の為でもあると思うの。

    出来るだけ楽しいことしましょう。
    私だったら頑張っていつも笑顔でいるかな・・・

    あとエンディングノート作ったほうがいいですね。
    旅立ったことを伝えてほしい人のリスト、大切にしていたものの譲渡先など
    あなたが旅立った後の喪失感をしばし忘れるほどの分量の用事をお願いするかな。

    私の従兄弟も先日若くして旅立ちました。
    友人も数名20代で。
    私も後から行くからねって。

    ご両親の心配は当然ですけれども、あなたのやりたいことも優先してくださいね。
    あなたが去った後に 【あの子は私たちの心配ばかりしていた】と思うことも悲しみの一つですから。

    ユーザーID:5820686852

  • お辛いですね

    子を持つ40代の母です。
    うまく言葉が見つかりませんが・・・。

    親にとって子を失うことほど辛いことはないと思います。
    それは子供がいくつでも同じだと思います。痛みが和らぐ方法などはないように思うのですが、せめてもの慰めとして、トピ主さんが幸せであったと教えてあげてください。
    80まで生きても幸せとは感じられない人も大勢いる中、その若さで充実した幸せな人生だったと言えるトピ主さんは素晴らしい方だと思います。

    大事な家族を失って考えることは、その人が幸せだったのだろうか、自分にもっとできることがあったのではないかという後悔ではないでしょうか。
    トピ主さんがどれほど素晴らしい人生を送ってきて、どれほど幸せを感じているのかをご両親に伝えて差し上げてほしいです。

    心穏やかに時間を過ごせるよう、お祈りしております。

    ユーザーID:0754241234

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧