こどもの可愛い生き物飼い

レス17
(トピ主0
お気に入り19

妊娠・出産・育児

にゃ太郎

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 心優しいトピですね。

    先ず最初に、
    トピの主旨から逸れたレスに
    なりますが‥
    ご勘弁くださいね。

    何の生き物にしても
    子供が興味を抱き眺め
    一生懸命に世話をしながら
    可愛がる姿って、
    本当にいいですよねえ。

    そのような体験を重ね通じて
    生命の大切さ並びに、
    生き物や他者に対する優しさ
    慈しみなどを学び成長してゆく事はとっても大切ですよね。

    そして、子供のその姿を
    温かく見守り後押しするのも
    大人の役目と思いますね。

    トピを読ませていただいて
    とっても心穏やかな想いに
    包まれましたよ。
    並びに何人かの方々のレスにも同じ想いを抱きましたね。
    ありがとうございます。

    >「大きくなるまで育てて海に返してあげる!」
    >こどもが小さな生き物を可愛がる様子はとても可愛いものですよね。

    本当にいいですね。

    ユーザーID:5254064940

  • 可愛いトピですね

    カニちゃんはまだ元気ですか?

    うちは5歳の娘と保育園で拾ってきたカタツムリを飼っています。すぐに飽きるかと思ったのですが、
    放してやろうとすると嫌がり、そろそろ一年。小ぶりの子供カタツムリだったのが
    大きく立派な成虫になりつつあります。殻だけじゃなく胴体もぶっとくなりました。
    レタスは大好きだけどキャベツはイマイチ、卵の殻をカリカリ食べ、眠くなったら中で一休み。
    たまにしばらく出てこないとすわ死んだか!と心配になりますが、ニューと出て来るとほっとします。

    タダの虫ですが、死んだら娘より私が泣きそうです。マンションなのでお墓どうしよう。

    ユーザーID:5510985572

  • カナヘビ

    今はもう高2になってしまった息子が小学校低学年の頃。生き物が大好きで、カナヘビを捕まえるのに夢中になり学校に遅刻する程。
    飼育ケースで飼っては死なせてしまうので、飼うのを禁止。2日飼ったら逃がす、という約束にして置いたら…
    毎日学校帰りにカナヘビを帽子に入れて連れ帰り、庭に離していました。
    庭をカナヘビで一杯にしたかったようです。やっぱり若干見かけることが多くなったので、それなりに庭で繁殖したのでしょうね。春になると庭を見ては「今日カナヘビ見たよ。もうそういう季節なんだね〜」などと言っていました。
    中学になっても、久しぶりに会ったよそのお母さんが「そういえば○君、虫好きだったよねぇ」と言えば「今も持ってるよ」と中学の制服のポケットからコクワガタを出して見せるような子です。先日もこっそり机の下でイモリを飼っていたので、くれた友達に返させました。
    今は金魚とドジョウ(川で捕ってきた。東京です)を飼っています。あとカブト幼虫、熱帯魚生き残り。飽きっぽいので飼うのは下手です。

    ユーザーID:1985471019

  • 我が家のルール

    子供が小学生の時、我が家には生き物を飼うルールがありました。

    低学年のうちは「1週間だけ飼うこと」
    ザリガニを採ってきて1週間、カブトムシを採ってきて1週間。
    1週間だけ世話をして、採った場所に返します。

    中・高学年は「相手がいたら命をまっとうするまで飼う」
    メスしかいないクワガタやカブトムシのためにオスを探す、
    探せなかったときは逃がす、つがいになっって、
    つがいが命を全うしたら、卵や幼虫を世話する。
    30匹のカブトムシを成虫に育てたこともあります。
    また、クワガタは越冬するので、継続して世話します。

    今は、子供たちは社会人と大学生ですが、
    金魚やメダカ・エビの繁殖で我が家のベランダはコンテナだらけです(汗)

    小さな生き物は命が短いので、どこまでその命にかかわるのか、
    年齢に応じて考えながら、世話をしました。

    ユーザーID:2623172708

  • かぶとむし

    アサリの中のカニって食べられたやつじゃないんですねー!勉強になりました。

    トピ文読んで思い出したことは、私の子供のことじゃないんですが。

    我が家の猫が死んで、動物専門の火葬場で焼いてもらう間を待っていました。
    その火葬場はペット墓苑も兼ねていて、といっても町中の施設で、いわゆるロッカー式で
    壁一面にボックス形状の区切りがあってそれぞれの中にペットのかわいい名前を書いたお位牌と、
    お参りに来た飼い主からのものであろうお供えなんかがありました。
    小さい空間とはいえそれぞれにお花やおもちゃなど愛情こもったお供え。

    その中に、お供えの水もお花も真新しいよく手入れされたボックスのお位牌の名前が、
    「かぶとむし」

    火葬してお位牌まで作るほど可愛がられていたカブトムシ、
    でも名前は「かぶとむし」のままだったのねと、
    愛猫をなくした悲しみをしばし忘れて笑顔になったものでした。

    ユーザーID:1104436682

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • やご 伊勢エビ

    やごは小学生男子の母に待ち受ける宿命ですね 笑
    プール開きの前に7割がた家に持って帰ります 笑
    可哀想だから捨てる訳にもいかず・・・
    釣り具屋にいって、糸ミミズ?を買って育てました。
    糸みみずは結構きつかったです。。冷蔵庫に入れないといけないし。。

    あとは伊勢海老
    ご馳走という意味で生きたまま送られてきましたが、子供たちが飼いたいと言い出し。。
    でも結局美味しいお味噌汁になってくれましたが。。

    色々あって楽しいですよね

    ユーザーID:0366450505

  • かにさんのおうち

    そのカニはアサリの中で共生しているカニで
    アサリが食べようとしてたわけではないんですよ。
    貝がアサリのおうちだったんです。
    貝の飼育は難しいので、またアサリを戻すことはしないほうがいいです。

    家で塩水での飼育は難しいと思いますが、長生きできたらいいですね。
    人工海水の元を使ったり、水替えをしてやればうまくいくかもしれません。

    ユーザーID:3901680261

  • 可愛いですね〜

    うちはシジミを熱帯魚の水槽に入れてます

    結構長生きしてますよ

    大人ですがレスしました

    ユーザーID:8749597722

  • 家の子供は

    飼ってはないのですが。次男は小さな蟻が好きです。見つけると虫取あみを持ってくるので蟻さんイタイイタイになるから見てるだけにしようねと声をかけます。たまに少し大き目の?蟻も見ますがあまり興味はないようです。

    ユーザーID:0217720511

  • 横ですが

    蟹はアサリに食われていたわけではない。

    アサリに寄生していたんです。

    ユーザーID:1996516364

  • それはピンノというカニ

    アサリに食べられたのではなく、住み着いているのですよ。
    小さいカニなのでアサリの殻がお家なのです。

    自由に出入り出来るそうですが オスの4倍ほどもあるメスは大きくなりすぎると出られなくなる事もあるそうです。

    昔読んだブログに、幼稚園娘さんが 遠足で‘おんぶバッタ’を捕まえた翌日
    「お母さん! すごい! 1匹しか捕まえなかったのに 2匹になっている」
    と大喜び。 おんぶの姿が1匹に見えていたらしく、あまりの喜び方に秋深く、天命を全うするまで一緒にお世話をしたという話がありました。

    子どもの感覚って面白いし可愛いですよね。
    長くは生きられないと思いますが、心のやさしい娘さんのためにも生きてほしいなぁ。

    ユーザーID:6315082990

  • 二枚貝に寄生する蟹2

    海水水槽があれば楽しみが広がるとは思うんですけれどねえ。

    友人はお中元だかお歳暮だかにもらった活オマールエビを室内水槽で飼育していましたね。
    異様な光景でしたけど(笑)

    もう一人は魚屋で売っていた活沢ガニを飼ってます。
    水槽に岩場とか作ったりして・・



    勉強になる良い機会ですから その蟹の名前調べたり生態調べたりすると
    良いですよ。

    ユーザーID:1222502151

  • 二枚貝に寄生する蟹1

    なので貝に食べられていたわけじゃないかと。

    アサリの餌は植物性プランクトン、動物性プランクトン、魚の糞や海中の中にある有機物などですから。

    それと飼育は難しいです。
    塩を入れた水では長生きしません。
    人工海水じゃないとダメでしょう(海水魚を扱っているショップで手に入ります)


    うちは屋外睡蓮鉢(水生用土に水草植えていてメダカがいます)に
    シジミを飼ってます。
    長生きな個体は 4年くらいいると思います。

    小さいシジミが今では小ぶりのハマグリ程度まで巨大化してます。

    スーパーのシジミでも 汽水域のシジミでは死んでしまいます。
    睡蓮鉢は淡水なので・・
    産地を調べながら 5個くらいずつ鉢に投下しています。

    水質浄化にも役立ちますから一石二鳥です。

    何時もは潜っていますが水管が∞の形をしていて よく観察すると見つかります。


    私も以前北海道の大きなツブガイに、一つだけヤドカリが済んでいたのを発見。
    可哀想でしたが我が家の室内水槽は淡水・・・海水水槽の立ち上げも考えましたがメンテが大変そうなのでやりませんでした。

    ユーザーID:1222502151

  • カクレガニです。

    それはアサリに食べられたのではなく、アサリに寄生する習性のあるカニです。
    ちなみにアサリのエサとは、プランクトンです。

    ユーザーID:4955464972

  • トピズレなんですが・・・

    そのカニは、2枚貝に寄生する種類のカニだと思います。
    そうであれば、残念ながら、大きく育てて海にかえすことはできません。

    でも、そのカニを見たとき、疑問がわきませんでしたか?
    なぜアサリの中にいたのか。
    どうやったら育てられるのか。
    そんなときにはお子さんと一緒に百科事典やネットで、カニについて調べてみてはどうでしょう。

    今はインターネットで簡単に情報が得られますが、こういう実体験での感動が、お子さんが新しい世界をのぞき、知的好奇心を育むための大きなチャンスだと思います。

    理系人の戯言でした。

    ちなみに我が子は、スズメガの幼虫やらクモやらトカゲやカエルなど、生きたおみやげをいろいろ持って帰って来てくれました。飼っていれば何となく愛着もわきましたが、全体的にはあまりかわいくありませんでした(残念)。

    ユーザーID:0465467122

  • 冷たくてゴメンね

    そのカニはアサリに食べられたのではありません。
    カニに寄生しているのです。
    一度アサリに寄生すると、貝の中でしか生きていけないそうです。
    (長生きできるならそれはそれで素晴らしいですが)
    「アサリの中のカニ」で検索して下さい。

    ユーザーID:2055066670

  • アサリはカニを食べません

    確か貝に寄生する小さいカニです。貝の中に入っていれば外敵から安全ですからね。ですから消化もされません。

    小さい生き物からは外れますが、昔我が家で柳川鍋用の生きたどじょうを魚屋で購入したことがあります。ボールに入れていたら、それを見つけた小学生の娘達が「食べるの可哀そう!飼いた〜い」の大合唱。どじょう救命討議が開かれ3匹ほど金魚の水槽で飼うことで折り合いをつけ、残りはお鍋になりました。どじょう君たちは娘たちのやる餌を食べ、それからおよそ2年生きていました。

    ユーザーID:5820761654

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧