生活・身近な話題

癌だったけど8年以上元気です、の実例教えてください

レス11
お気に入り45

カラン

話題

51歳主婦、人間ドックのマーカー高値で精密検査になりました。検査結果を見る限りどこにも異常がないように見えるため、どう調べるかをもう一度受診して決めます。
もともと悲観的な性格なので、悪いことばっかり考えてしまい困っています。体力ももとから全然ない人間なので、治療に耐えられるとも思えなくて。
まだ原因もわかっていないのにね。我ながら情けないことこのうえなし。

で、ただいま闘病中ではなく、もう治ってます!という実例があったらいただけないでしょうか。
芸能人の話なんかだと訃報ばっかりですが、訃報や重病しかニュースにならないわけで、ほんとはそうじゃなく治っている人だってたくさんいるはずですよね。

ちなみに子どもたちはまだ小学生ですが、それを考えると余計プレッシャーで気分が悪くなりそうな弱虫です。
でも実は若い頃の夢があり、それがようやく形になろうというところまでこぎつけていて、いま病気になるなんて冗談じゃない!ほんとに冗談じゃありません。

実は去年の検診でもひっかかり、胃から腸から全部調べました。そしたらどこも異常なし、しかもマーカー値がどういうわけだか正常値にもどっていて。死ぬかと思ったのに。
でもそれがきっかけで、あまり仲良くなかった夫と親密な関係にもどることができたんです。人生の目標も再認識し夢の実現に頑張って過ごしました。
で、以前に比べてストレスもずっとへったので、まさかまたひっかかるなんて。
しかも以前よりかなり悪化の数値。あれで安心せず、半年後にもう一度検査してたほうがよかった? 何かもう少しやりようがあった?

ドックの先生は、とりあえず去年精密検査してなかった肺についてやったらどうかと(レントゲンは問題なしなんだけど)。なんですか、肺って・・・。
愚痴ってすみません。よろしくお願いいたします!

ユーザーID:9495773724

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 舅が

    舅が肺ガン(片肺切除)で8年以上経ちます。

    その間の舌ガンも発見され手術しました。

    でも再発もなく、今は抗がん剤も服用していません。

    ユーザーID:2758320754

  • 元気ではなかったけど、父はガンになってから30年生きました。

    父は去年他界しました。
    最初にガンが見つかってから29年後でした。

    よく生きたと思います。仕事は続けており8年前に定年退職をしました。

    入退院を繰り返しており、元気ではありませんでしたが、
    海外への旅行もしましたし、孫も見れたし、少し早かったけど人並みの生活はできたと思います。

    ガンになったからといって悲観的になることはありません。
    運が良ければ、現在51歳なら29年生きれば80歳。人生の寿命としては普通だと思います。

    ユーザーID:1567503815

  • 働いているのですか?それともお国のお世話に頼っている?

    私の父親も癌だと言われたときがあります。でも、手術の出来ない年齢・体の状況でしたのでしませんでした。それから10年以上は全く問題なく生きてくれました。

    亡くなった原因は老衰(もともと脳卒中)で、胃に穴をあけ管から食事を取り出して2年ほどでなくなりました。
    栄養失調でしょうね。


    トピヌシさんは手術はしたのですか。
    がんの影だけ見つかって体が丈夫なら、消えることは大いにあると思いますよ。私の父親がそれでしたから。がんでも手術しなくて済んでいる癌なら今の時代は治らない病気ではないし、大病でもありません。

    どうにかすると癌よりは脳卒中のほうがたちが悪いし、癌より腰痛のほうがモロに症状があって、辛いことがあります。

    今はまだ知られていないけど、癌だから悪いという先入観で見る人がいますが、どうい癌なのか(白い、影が映っただけで手術もしてない。ほんの少し入院して治療した程度なら軽いことが多い。)

    怖いのは、末期だとか、手術した場合の癌が常時注意しておかないといけないというぐらいです。今の時代なら。いい薬が出来よるから。

    ユーザーID:5972333519

  • 60代の夫が、この夏で術後8年を迎えます

    2008年夏に結腸癌を患い、手術しました。

    ステージとしては1期。
    腫瘍が僅かに筋層まで浸潤しているレベルで、転移可能性は10%というものでしたが、
    他に抗がん剤等の治療もなく過ごし、現在すこぶる元気です。
    本当にオペのみで終わったため、まるで癌ではなく、もっと単純な病気のようだねと家族で笑っていたほどでした。

    その後がんを含めて他の病気に罹る事もなく、すでに過去の思い出となっている感じです。
    転移率0%の0期ではなかったにも拘らずのこの経過は、本当にラッキーだったと本人も家族も感謝しています。

    ユーザーID:2483632971

  • 腫瘍マーカー

    私も以前腫瘍マーカーの数値が異常に高くて、癌を疑われましたが癌ではなく違う病気でした。

    それからその数値を下げるためではなく、体質改善の漢方を飲み始めて7日で一気に
    数値が下がり医者が首をかしげていました。
    腫瘍マーカーの数値が例え高くても癌とは限らないことを 初めて知りました。

    とりあえず主さんは肺の検査はしてみてください。

    ユーザーID:7290168155

  • せっかくネットが使えるんだから

    知識もないまま、漠然と自分の不安をあおっても良いことないですよ


    ネットで「OOがん、5年生存率」と入れて引いてみてください
    (ありとあらゆるガンを入れてみて)

    5年生存できれば、その後もほとんど再発せず
    寿命まで生きられるそうです


    多分、主さんが驚くほど高確率で
    皆さんがガンを治療後も、生き延びているのがお分かりになると思います


    だいじょうぶです

    ユーザーID:1925537405

  • 夫ですが、今年で8年です。

    お気持ち分かります。御心配ですね。
    トピを拝読すると、1年前の検診では検査しても異常なかった・夢がようやく形になりそう・との事、夫と同じです。

    夫も検査で異常無しの1年後に、大腸と直腸に3個の大きな癌が見つかりステージ3bと言われました。
    経営する会社の事業転換の為、多額の借入れを起こして新事業に着手した直後でした。
    一瞬目の前が真っ暗になりましたが、茫然としている暇もなく告知の翌日から仕事や家庭内のことを話し合い、家族一丸となって乗り切りました。
    5年後に寛解と言われ、今は1年に一度検査をしています。

    振り返ると、夫の場合は運も良かったのでしょうが、何より性格だと思います。
    家族以外にも社員や取引先等に責任があるので自分は死ねない。言われた事は何でもする。だから直して下さいと言い、見事に言葉通り実行しました。
    同病の方で病気の事を隅々まで調べてご自身の数値に一喜一憂される方もおられましたが、夫は悪くなれば医師から適正な指示がある、余計な心配はストレスの元と言い切りました。

    ユーザーID:9156143561

  • 8年目 〜続きです

    術後、人工肛門になったのですが、大抵の人が落ち込んでしまうのに、こんなに前向きな患者さんは初めてと言われるほどでした。
    夫曰く、生きる為に人工肛門になったのに死にたいと言うほど落ち込むのはおかしい。落ち込む時間があれば今後いかに快適に暮らせるか考えるのがスジ。
    なので、入院中から仕事や趣味を続ける準備を進めておりました。ポジティブを通り越してアグレッシブな患者だったと思います。

    非常に楽天的な患者ではありましたが、何も考えていない筈はなく辛かったと思います。1年間の継続治療中にも2.3度は弱音を言った事はあります。
    が、それでも、なってしまった病気を思い患っても治るわけではないと言う「開き直りと思い切りの良さ」と人生楽しまねば嘘の「楽天思考」。
    加えて、医師の言う事は必ず守る「意志の強さ」、この三つが上手く噛み合わさって今生かせて貰っていると思います。

    うちの場合はかなり深刻な状態でしたが、トピ主さんはまだこれから精密検査。
    今から思い悩むなと言っても無理でしょうが、必要以上に病気に捉われてはいけません。

    何ともなければ良いですね。祈っております。

    ユーザーID:9156143561

  • 知人に

    部位も本当にがんなのかもわからず不安でらっしゃるでしょうね。
    知人に余命半年と言われながらも10年以上生きている方がいます。
    その方は、自覚症状があって自分はどこかがおかしいと思い、病院を総合病院から大学病院まで7病院回ったそうです。最初の6病院では検査をしても異常は見られずなんともないと言われたそうです。でも絶対どこかおかしいからと行った7病院目で腎臓がんが判明しました。
    でも医師から言われた言葉は「手術してもしなくても余命半年です。どうしますか?」というもので、知人は手術しても余命が変わらないなら何もせずに家で過ごそうと思ったそうです。それを聞いた娘さん(看護師さん)が、あと一つ○○病院で診察を受けて欲しいと何度も何度も言うので、娘がそんなに言うならと受診したそうです。手術したら調子が良くなり、それからもう10年以上経ったところで私は知り合いました。ボランティアをなさっていました。
    こんなこともあったということで・・・。

    ユーザーID:8608922698

  • 術後9年です。

    人間ドックの結果、腫瘍マーカー値が高いそうで、心配ですね。
    私は自身で体調不良を感じて受診・検査の結果、大腸ガンと診断され、
    9年前に大腸(直腸)ガンの切除手術を受けました。
    ステージ3aでした。術後1年間、再発率を下げるための抗がん剤を服用しました。
    直腸を切除したのでトイレが大変でした(笑)。また術後何年かは腫瘍マーカーが異常値を
    示たりしてPET検査を受けたりもしましたが、結果として再発はなく、術後6年で完治と
    診断され現在に至っています(現在68歳)。
    主さんの場合はマーカーの種類が違うかもしれませんが、私(大腸ガン)の場合、
    CEAとCA19−9と言う2つの腫瘍マーカーの検査を受けていました。
    肺の検査を勧められたのは、万一、ガンの場合は、肺や肝臓に転移し易いから、かも知れませんね。
    (素人が適当なことを言ってすみません。)
    いずれにしても早急に専門医に診て頂いて下さい。

    ユーザーID:3909248747

  • ありがとうございました

    皆さまのレス、大切に読ませていただきました。
    ありがとうございました!

    テレビを見ても週刊誌の見出しを見ても、とにかく訃報やら重病やらばかり目について。
    自分の知り合いでもない芸能人がなんだか隣人のような近さに思えて、怖くてトピたててしまいました。
    不安をあおるような宣伝文句、やめてもらいたいです、ほんとに。闘病のつらさを見出しにして何が楽しいんでしょうか(涙)。

    でもこちらのレス読んで気を取り直しました。感謝です。おかげで前向きになれました!

    ユーザーID:9495773724

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧