叱られ慣れていない人

レス33
(トピ主1
お気に入り171

趣味・教育・教養

ぺん

よく『子供の頃に叱られた経験のない人は、社会に出てから打たれ弱い人間になる』なんて言われますよね。

でもシズカちゃんや出木杉くんのように誰もが認める優等生で、叱る必要がなくて褒められる事しかなかった人でも
社会に出たら やっぱり打たれ弱いと思いますか?

実はうちの一人娘(中学生)もそんなタイプで、今まで先生や周囲の人から個別で叱られた経験がありません。
1歳頃から やっていい事と悪い事の区別も付いていて、わざわざ叱られるような行動を取らなかったので、
親の私でも殆ど叱って来ませんでした。
(叱られるから やらないのではなく、悪い事をする事自体が気持ち悪くて出来ない真面目なタイプです)

でも今後もし誰かにきつく叱られる事があれば、叱られ慣れている子より打たれ弱いかも・・と心配にはなります。

似たようなお子さんをお持ちの方や、ご自分が優等生だった方、
大人になってからの様子を教えて頂きたいと思います。

ユーザーID:9613946864

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 世渡り

     世渡り上手な子は、打たれ弱くないですよ。
     そこに行く前に対処するから。


     相手に対して、迷惑を掛けないようにしようとか、怒られないように気をつけよう。いい子でいようとか、相手を基準に考えて自分が薄い子は、社会に出て打たれた時、相手の憂さ晴らしであったりした場合など、何で打たれたか分からないから弱くなるんですよ。

    ユーザーID:5798857728

  • 社会は理不尽なことだらけ

    我が家の娘たちも、どちらかと言えば、叱られることなく、うまく立ち回るタイプだと思います。

    2人とも小学生のときには、地域のキックベースボールチームに入っていました。

    中学生になった長女に「キックやってて良かった?」と聞いたら、
    「うん、怒られることに慣れた」と答えたので笑っちゃいました。
    たしかに、コーチはよく怒鳴ってたっけ。

    次女はその後、中学校でバスケ部に入っていました。かなり厳しい部活でした。
    顧問の男性教師は非常に熱心に指導してくださいましたが、気分に任せての言動も多く、
    次女も似たようなことを言っていました。

    2人とも高校まで運動系の部活で頑張りました。アルバイトもさせました。
    努力と友情と涙と笑い。
    ときには理不尽な指導者や店長、先輩・後輩との上下関係。
    程度問題ではありますが、若いうちに多種多様な方々とお会いし、いろいろな経験を
    積ませておくことは、娘たちの今後の人生の糧になったのではないかと思っています。

    ユーザーID:5707620608

  • 一生叱られない人はいない

    優等生かどうかは関係ありません。

    でも、
    叱られてポッキリ簡単に折れる人、
    叱られてビックリする位伸びる人、
    社会には、間違いなく両方います。

    そこに過去の叱られ体験の多寡との
    因果関係があるかは、わかりません。


    もし私に優等生の子供がいたら、
    行動すべき時に行動しなかった時には、
    叱り(諭し)ます。

    ユーザーID:0654209440

  • 多く自己弁護する人になります

    私自身は怒られ慣れていて、子供もいません。
    ですが、怒られ慣れていない人は何人か見てきました。
    やはり、女性に多い印象です。

    基本的に優等生で、何をやらせてもそこそこ問題なくできる。
    容姿も普通に人並みにかわいらしい。親からもかわいがられ
    大切にされているのが見て取れる、そんな人ですね。

    こういう人が社会に出ると、どうなるかというと。
    怒られるというか、改善事項を指摘されたりした時に
    「はい、わかりました。そうします」
    と素直に言えない人が多いと思います。ではどう返答するかというと
    「それはこれこれで、、、こうだから、そうしたんです。」
    みたいに、まず自己弁護から返答が始まります。自分は正しい考えに
    基づいて正しく行動した、だから悪くない、と言わんばかりです。
    怒られたと思って傷ついた自分をまず守り、怒られるようなことは
    していないし、説得すれば理解されるはず、と思うようです。

    でも、指摘している側からすると、怒っているのでもなく
    より向上してくれるよう、フィードバックしているのに
    なぜ素直に聞き入れないのか、と場合によっては苛立ちも感じます。

    ユーザーID:7885320813

  • 多く自己弁護する人になります2

    続きです。

    本人、悪気があってやっているわけでもないしそれどころか
    正しいこと、良いことと思ってやっているわけだから
    なおのこと、指摘を受け入れるのができないようです。

    社会に出ると、正しいとか、よいとかの価値基準が自分の中に
    元々あるのとは別の基準である場合があるので、人の話を
    素直に聞いて受け入れられる人と、それができない人では
    やはり、評価も違ってくると思います。

    自己弁護をする前に
    「失礼しました。」「ご指摘ありがとうございます」が言えて
    一見お叱りの言葉に聞こえる先方からのフィードバックを
    先方が納得するまで、うんうんと十分聞いた上で内容も理解して
    「実は、これこれと考えていたのですが、そうではなく
    教えていただいたやり方のほうが良いですね。今後そうします」
    と言える人ならよいのですが、なかなかそうはならないです。

    こういう人は、大人になってもこのままです、
    基本的に真面目で、能力も低いわけではないため、
    一部の人にだけ多大な迷惑をかけつつも、表面上のレベルでは
    優秀な人、で通っていくことが多いようにも思います。

    ユーザーID:7885320813

  • 裏で意地悪されたり、学校をやめたり

    一人目。
    真面目だからなのか、
    対人関係で「自分が悪い」という自己反省がないんですよ。
    自分は正しい、
    というか、
    そもそも叱られることはしないわけだから、
    「自分のすること=正論であり善」という深層的な学習がある。
    独善的なとこが目にあまり、
    注意したら恨まれて裏で意地悪されました。

    二人目。
    実習で単純ミスをした優等生、
    次の日から来なくなって三ヶ月の休学後、退学しました。
    私は実習グループが違ったしその人とも友達ではなかったので、
    噂から分析するに、
    優等生が単純ミスをしたことに、
    「猿も木から落ちるんだな」みたいな冗談でふっと笑いが起きたらしく、
    緊張する実習の場が和んだ、という雰囲気だったらしいんですよそのときは。
    でもその優等生には屈辱だったんですね。

    意地悪になるか、
    打たれ弱くなるか、
    そういう感じはします。

    姑息な大人にならないように育ててくださいな。

    ユーザーID:8914187240

  • 自己肯定感が大切

    私は子供の頃から親や教師にしかられてばかりの人生でしたが、全く打たれ強くないです。
    アラフォーですが、今でも強く非難されると泣きそうになります。

    やはり、自己肯定感の低さが原因だと思います。
    自分に自信がないから、批判されると落ち込んでしまうんです。

    出木杉君タイプは自己肯定感が高いから、少し叱られたぐらいではへこたれないのではないでしょうか。

    子供時代に出木杉君や静ちゃんタイプだった男女の幼馴染がいますが、二人とも医師になり、力強く、打たれ強く生きていますよ。

    ユーザーID:9325064866

  • 今壁にぶち当たっています。

    私の大学生の子が、今その状態です。幼稚園から高校
    まで私学で大学は最難関国立です。でも公立で体育会系クラブを頑張って内申点も良く公立トップ高校から入ってきた先輩や同級生と違い私立の温室育ちの我が子は
    中高一貫校で緩い部活で、塾優先でしたので先輩の叱責や同級生と合わせられず部活をやめてしまいました。
    バイトもできない子が卒業して社会人になったら通用するでしょうか。子育てに失敗しました。不安です。

    ユーザーID:4007885098

  • 打たれ弱い。

    うちの夫、子供時代ヤンチャで
    父母によく叱られていたそうです。
    その都度逃げていたらしく
    今も少し注意しただけで逃げてしまうし
    真剣に叱るとションボリして
    後が面倒な事になる、大変打たれ弱い人です。
    叱る叱らないの問題ではなく
    どう上手く対処するかの問題に思えます。

    ユーザーID:8444841158

  • 教えておく

    多分、将来も波風を経てずに済む人かもしれませんが、

    もしかしたら、何処かで爆発する時が有るかもしれません。
    娘さんに、無理してないか聞いてみるのはどうでしょう?

    又将来、良識がある人に対しても、学校や職場で
    理不尽な言い掛かり等を言う人と遭遇することが有ると
    教えておくのも大切だと思います。

    私の友人にも似た人が数人いますが、
    アトピー等のアレルギー、
    蔭では弱い立場の人には優しい言葉でも傲慢な態度
    のどちらかになっています。

    ユーザーID:6594529473

  • 育て方次第?

     私も恥ずかしながら優等生で、子どもの頃からほとんど叱られたことはありません。また、無理をしない性格なので、できる範囲のことしかしていないから、叱られるシチュエーションにもならないのかもしれません。
     そんな私が大学1年のとき、先輩からこっぴどく叱られたことがあります。その時のことははっきりと覚えていますが、私は感動したんですよね。叱られて、びっくりして泣いてしまったんですけど、女の子のことを叱るなんて自分も嫌だろうに、こんなにきちんと叱ってくれたことに感動していました。それで、その先輩が大好きになってしまって(恋とは違いますが)、何があってもついていくぞと思いました。また、サークルのほかの先輩や友人が、なんとかフォローしようとしてくれるのもうれしかったです。そういう気づかいを受ける経験もなかったのですから。
     一度叱られてしまうと、その次からは冷静に考えられるようになって、むしろ打たれ強いほうだと思います。謝ったほうがいい場合、謝らないほうがいい場合。相手が正しい場合。理不尽で不当な場合。分類して対処しているつもりです。叱られることも悪いことばかりじゃないと思っているからです。

    ユーザーID:1171619987

  • 人によるんじゃないの?

    叱られ慣れて馬の耳に念仏状態の人は沢山いますよ
    「また怒られちゃったー えへへー」みたいな
    慣れるのがいいかどうかは人によると思うけど

    ユーザーID:2765814672

  • うちの娘

    ゆとり世代って言うのでしょうか。
    オバさんの感覚からすれば、この世代って全体的に「打たれ弱い」気がしてしまいます。

    うちの娘もいわゆる「正義感の強い優等生」でした。
    本当に小さな頃から、悪い事をしない子で、当然、叱りつける必要もありませんでした。
    私自身、子どもの心がわかっていなくて
    今から思えばですが、小学1年の時、給食当番でご飯の盛り付けをした時に
    担任から「汚い」と言われたのが、最初の挫折経験だったようです。
    でも、その時私は、1年生の子どもが一生懸命、当番をしているのに
    「汚い」と言った女教師に対して、異常に腹が立って、家で激しくその先生を罵ってしまいました。
    それが元でかわかりませんが、それ以降 娘は学校での事は何も言わなくなりました。
    なので、私は実際に娘が叱られたりする場面があったかどうかも知りませんでした。
    高校大学就職と、とんとん拍子ですすみました。
    何をやっても手際が良く、完璧でした。
    でも結局、それが娘を追い詰めました。
    誰も娘を責める人はいなかったのに、娘は常に自分を責めて結局、心を壊しました。

    どこかで挫折経験をしておくべきだったのでは?と感じます。

    ユーザーID:8319434147

  • 打たれ弱いです・・

    お嬢さんのように「悪いことをする事自体が気持ち悪くて出来ない」タイプの優等生は大丈夫だと思います。自己が確立されているタイプですよね。

    私の場合は、「怒られる」「嫌われる」「評価が下がる」ということの「恐怖」が前提にあった優等生なので、ルールに外れたことはしてこなかったですし、親にもあまり反抗はしていません。会社に入っても、「叱られる・注意される」ことに対して非常に警戒するために、準備を怠らず、周りの迷惑にならないように配慮し、常に上司には報告連絡をしていますので、失敗は少なく、その結果「叱られる」ことはほとんどありません。
    こういった人間は自己評価が低く、所謂「打たれ弱い」ですね。

    お嬢さんの場合、私のような打たれ弱さはないので、失敗や注意に対しても前向きに善処できることと思います。ただ、それまでの自分の価値観を覆されるような出来事があった時に、それを受け入れられる(もしくはさらっと流せる)かどうかだと思います。

    世の中にはいろんな考え方、価値観の人が居る。正しいことが通用しない場合もある・・ということをお嬢さんに教えてあげてください。

    ユーザーID:2913902262

  • 社会人でしたが泣いちゃいました

    世渡り上手いタイプです

    工場併設の事務所で働いていた頃、
    報連相が上手く出来ていなくて(私のミス)
    現場のおじさんに怒鳴られたことがあります

    泣いちゃいました

    30歳を超えていたのですが、叱られたのたぶん初めてです

    それからはもちろん報連相を徹底しましたし、
    相手の顔色をみて対応できるようになりました

    さらに要領よく世を渡っております

    ユーザーID:3337039632

  • 価値観を広げる

    きっとそのようなお子さんは、勉強面などでも優秀ではありませんか? 大人っぽい思考で考えられる子なのでしょう。
    真面目なお子さんの気になるところは「失敗を恐れる」こと、「きちんとしている自分にプライドを持っている」など。
    将来懸念されることは、より上のステージに行った時にプライドが傷ついたり(こんなはずじゃない)、失敗を恐れて冒険をしなくなったり、失敗を指摘されただけで、ひどく自己評価をさげてしまったり(私なんて価値がない)、他人の弱さを認めない(努力をしないあなたが悪いと一刀両断してしまうなど)ことかな、と思います。

    いろいろな人の行動についてお子さんがどのように思っているのか話をして、正論しか言わないようだったら、世の中それだけじゃないよ、という話をすることくらいでしょうか。あとはどこかで小さい挫折をすることもあると思います。その挫折は必要なことだと思いますが、大きい挫折で取り返しのつかないことにならないよう、失敗しても他がある、という価値観はつけたほうがいいかもしれません。

    ユーザーID:1554744539

  • 価値観を広げる 補足

    私自身はもともと自由を好むのですが、年の近い兄妹が優等生だったのもあり、小学校はわりと優等生タイプを演じていました。
    高校も先を考えて優等生が集まるような進学校に進みましたが、やはり雰囲気も合わず、学力も最下層だったときに学校を辞めたいと思いました。このときは、「私としたことが、情けない」と思いましたよ。
    それが私のプチ挫折ですね。中退は本気で考えましたが、結局はいろいろあって開き直り、勉強をして成績も立ち直りましたが、ここで大きく価値観は変わりました。→このとき親に中退を真っ向から反対するようなことを言われなかったのは、その先を前向きに考えられるきっかけになったとおもいます。
    「ちっぽけな自分」で、それでいい、と思えた時にとても吹っ切れました。
    そして進学後も自分の好きな道へ王道から大きく外れて進むことができましたが、充実しています。

    ユーザーID:1554744539

  • 挫折の経験=頑張る練習が必要

    「打たれる」っていうのは、叱られるようなこと=明らかに自分に非があることだけではなくて、生きていれば、いろいろある「辛いこと」だと思います。辛い時、そこで次にどんな行動をとるか、が大事なんですよ。


    打たれ弱いってのは、辛いこと、困難にぶつかった時にそのまま崩れてしまうことでしょう。簡単に、昔風に言えば「根性がない」ってこと。いろいろな経験が少ない人は失敗も少ないし、そこから学ぶことも少ないです。頑張ろうとしないことが問題では?打たれてそのままでは次がないです。次を考えられれば良いかと思います。

    ユーザーID:8787440052

  • 理不尽への

    理不尽への対応力はどうでしょうか?

    日々の生活の中で自分の思い通りにならない事ってあると思います。
    コントロールできないもの、コントロールしたつもりで抜けていた等。
    そういう時の気の持ちようは重要だと思います。

    ユーザーID:3684063510

  • 面白い着眼点ですね

    そもそも「打たれ弱い」ってどういうことだろう、と考えました。
    誰かに叱られたり否定された時に過度に落ち込んでしまう人。
    自分に自信が無いから叱られた内容より、叱られたこと自体の方に意識がいってしまう未熟な人なのかなと思いました。

    私にも身内にいますよ、優等生タイプで叱る必要のない人が。
    そういう人は真面目で努力家ですから、それなりの環境に進みます。
    そこで時には失敗や至らない点もあるのでしょうが、そういう環境ですから静かに忠告されるぐらいで済む。
    雷の如く叱責されたり口汚く罵倒されたりは無さそうです。
    そして本人も自分の過失が理解できるから、素直に非を認め反省して無駄に落ち込んだりはしない。
    叱られたことより失敗を次に活かそうという前向きな方向に捉えていく。
    本当に根っからの優等生は、自分の意志や主義が確立していてそれが自信につながっているので
    打たれ弱くはならないんじゃないかと。

    だから必ずしも叱られ慣れていないから打たれ弱い、ということはないと私は思うのです。

    ユーザーID:0471943025

  • 職場の話ですが…

    先日、こんなことはありました。
    工事の若手の作業員さんが上司に怒鳴られたそうです。
    それは少し離れていた場所に居たこと、怒鳴って緊急に止めないと大怪我をする場面でした。
    そのあとに何故こうなったのかを説明したらしいのですが、怒鳴られた事がショックで鬱になってしまいました。
    たった一回です。
    辞めたときの発言が「親にも怒鳴られたことはなかった」でした。
    成績優秀、品行方正な優等生だったそうですよ。

    ただ、まだまだ小学生(でしたよね?)。
    就職するまでに部活もするでしょう、バイトもするでしょう、世間には理不尽に怒る人が沢山居ます。
    大人しい優等生と見るや否や言い掛かりをつける人も居ます。
    私は小柄でおとなしく見えたのか夕方から酔っぱらっている人に良く因縁をつけられました、一睨みして逃げましたけど。
    きっとこれからですよ!

    ユーザーID:6549026969

  • 叱られなれていないというか

    挫折を知らない方が打たれ弱い気がします。

    叱られない=挫折を知らない、わけではないから、大丈夫かなと思います。

    叱られなれてない子は、なんとなく叱られないまま生活していくから、それはそれで問題ないかと。

    頑張ったけど報われない、うまくいかない、自分の努力だけではどうしようもできないこともある、という挫折感を知らない子になっていなければ大丈夫かなと思います。

    ユーザーID:5438741320

  • その通り。

    私は三人姉妹の次女で、非常に要領よく育ちました。
    上が叱られてるのを見て「ふむふむ、あれをやると叱られるんだ」、
    下が叱られてるのを見て「バカだなあ、あんな事やったら叱られるに決まってるし」と学習。
    叱られる事を回避する術に長けていて、あまり叱られることなく成長しました。

    その要領の良さは社会に出ても役立ちましたが、やはり失敗ゼロというわけはなく、
    社会人になって、厳しい先輩にガツンと叱られた時言われました。
    「あまり叱られた事ないでしょ。目が泳いでるよ」と。

    そうなんです。叱られ経験値が低いので、感情的に叱られると動揺してしまいます。
    でも、何とかなります。ある程度は慣れてくるので。
    そして、社会に出ても要領の良さが役に立つので、そんなに怒られません。

    しかし心の準備はしておいた方がいいかもしれません。
    確かに叱られ慣れてる子より最初はダメージが大きいです。

    ユーザーID:7956326563

  • 優等生だった50代です

    子ども時代は優等生。
    勉強もスポーツもでき、品行方正だったため叱られたことはありませんでした。
    中高では生徒会役員で、先生方からの信頼も厚く、志望校へすんなり進学。

    叱られたことのない子ども時代から、就職先(世界有数の大企業)へ。

    入社後、事業所で数十人一斉に受けた新入社員研修でも優秀な成果をおさめ、褒められたまま配属先へ。

    配属先でも、こんな理解がよく仕事を任せられる新人は初めてだと評価され、叱られることはありませんでした。

    その後、結婚して第二子出産を機にフリーで独立しました。
    独立後、数社できたお得意先からも頼りにされ、叱られることはありませんでした。

    ちなみに、夫にも尊敬されているので叱られるなんてことはありません。
    夫の両親とも「よくできた嫁」と言われ、うまくやっています。

    私が打たれ弱いかと言われれば、絶対弱いと思います。
    叱られたことがないので、わかりませんが弱いでしょう。

    でも根本から優等生中の優等生で実力がある人間なら、私のように叱られない人生を送れると思いますよ。

    ユーザーID:1538695070

  • うーん個性な気がします

    私(アラサー)はトピ主さんの御嬢さんのような子どもでした。うちの夫もそう。
    優等生で比較的おとなしく、怒られるようなことはしないタイプ。

    私は自他ともに認めるほど打たれ弱いです。嫌なことがあるとこの世の終わりのような感じになるし、小さなことでもウジウジウジウジ。身体症状に出たことも何度もあります(就寝中の動悸、下痢嘔吐、パニック障害、食事を摂れなくなり体重が短期間に15キロ減る)。

    夫も優等生でずっとエリート街道でした。学校でも習い事でもいつも一番で褒められていたそうです。でも、ちょっとおっとりしているせいか、夫と一緒にいると夫が他人から怒られることがあるのです。けっこうキツイ言葉を言われたりしているのですが、夫はケロっとしていて、平気そう。夫に、「あなた今日怒られたね」と言っても、夫は驚いて、「えっ、俺怒られたの??いつ??」という感じ。

    夫は感情の起伏もほとんどなく、いつも淡々飄々としています。
    そういう子なら、大人になっても打たれ強いのではないかと思います。
    私は感情の起伏も大きく、神経質で動揺しやすいです。こういうタイプは怪しいかな、と思います。

    ユーザーID:6605571496

  • 打たれ弱いと思います

    社会に出てから打たれるのは、悪いことをしたからではありません。
    仕事の要領が悪いとか、気が利かないとか、必ずしも失敗とはいえないことでも指導を受けます。
    その前に本人が「なんで私はこんなに仕事が出来ないんだろう」と落ち込むかもしれません。

    真面目なタイプほど、社会と学校では評価の尺度が全然違うことに打ちのめされます。
    でもそれは、仕方がないのではないでしょうか。
    自分で学び、乗り越えるしかありません。

    これは私の経験ですので、お子さんがそうとは限りません。
    「諦めない」「謙虚に」を心がけ、頑張るしかないと思います。

    ユーザーID:6677431144

  • 弱いと思います

    私の姉が、そこそこの優等生で、挫折なく18になり
    自動車学校の卒業検定に不合格という人生初めての挫折で涙涙。
    大変でした。

    遅刻した時も大騒ぎでしたよ。

    挫折って必要なんだなーって思いました。
    ちなみに私は中学受験を失敗していますので
    自動車学校の検定不合格なんて屁でもなかったです。

    ユーザーID:4890889352

  • いい子。いい子。どうでもいい子?

    幼い頃から一度も叱責された事や挫折の経験が無く、成人してから初めて体験するとおかしくなる人が多いです。

    叱責や挫折の経験が無い人は打たれ弱いというよりも
    ・"叱責を受けた"事だけでパニックになり
     何について怒られているのかが解らない
    ・自分が悪い(劣っている)事を認められない
    ・問題点を指摘されると自己弁護に終始する
    ・謝れない・謝り方がわからない
    ・反省がない(と周囲に思われる事が多い)
    ・一度の叱責で完全にやる気を無くし自棄になる
    ・失敗の挽回(改善)の仕方がわからない
    ・怒られている・劣っている他人を馬鹿にする
    ・他者への尊敬が無い(自分が優れていると思っている)
    ・上手に他者を叱れない

    10年位前から「親父にもぶたれたことないのに」ではないですが、今まで一回も怒られた事がありませんと言う新人さんが結構います。
    人格形成期に受ける叱責・挫折の経験は、失敗しても謝罪しそこから努力して挽回する事で再度周囲に認められるという事を学習する機会なので若いうちにそのような場が無かったのは可哀そうだと思っています。
    そしてその本人も育ったご家庭も普通ではないと対応には気を付けています。

    ユーザーID:7822027725

  • 私見

    私は割と先生受けのいい優等生で、親からも叱られたことはなかったです。

    でも「悪いことをしたから叱られる」のは学校の間だけなんですよ。社会に出ると「おれ(わたし)の気に入らないことをしたから叱る」ってあります。

    これはショックでした。その時、叱られ慣れている子なら、叱り手の気に入るように振る舞うことに抵抗がないわけですが、「叱られるのは悪いことした時だけ」が身についていると「会社や社会のルール、良識通りにやっているのに、気に入らないと言う理由だけで叱られる。それを相手が気に入るように表現方法だけ変えてやる」ってことに慣れないんです。

    それをどうしても嫌って抵抗する子、嫌だけど受け入れて辛くなる子、意外にすぐなじんでどうでもよくなる子、それは人によるので、叱られ慣れていないからうまくいかないと言うことはないと思います。

    ユーザーID:5717928615

  • 叱る叱らないというより

    成長すると、本人の問題ではなく
    理不尽なことが増えますよね。

    学校でも教師の機嫌で
    優等生なのにとばっちりで怒鳴られたり
    贔屓する生徒に加算するため成績を下げられた
    優等生もいました。
    友人関係も、自分が悪いわけでないのに
    巻込まれて嫌な思いをしたり。

    そうした経験の中で、いじけたり相手を批難するだけじゃなく
    前向きな姿勢や挫けない気持ちを得た子たちは
    そうそう挫折した感じはありません。

    でもそこで現実逃避するようなタイプの子は
    社会にしっぺ返しされる事が多い気がします。

    学習能力については、東大に塾無ストレートで入るような人たちが
    「東(京)大に入ったら以外と自分が平凡だと気づいた」と
    言い出すのをたくさん見ましたから
    よほどの秀才でない限り、挫折は知るのでは?

    お嬢さんみたいな子の場合
    自分から事を起こすというより
    巻き込まれ型で理不尽な思いをした時こそ
    打たれ強くなってゆけるチャンスだと思います。

    ユーザーID:2907577223

レス求!トピ一覧