現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

夫が子供に手を挙げました

クレマチス
2016年5月21日 3:33

トピを開いて下さり有難うございます。

先日別のトピ(言ってはいけない一言だったでしょうか http://okm.yomiuri.co.jp/t/2016/0426/760010.htm)で相談させてもらったクレマチスです。
その節は、大変お世話になりました。
キレる夫の相談をさせて頂きましたが、キレるには私の多くの非があり、夫は不器用だけれども実のあるイイ男だと多くの皆さんに太鼓判を押して頂きました。

そんな夫が、昨晩またキレました。
その事で、何度も申し訳ないのですがまた皆さまのご意見をお聞かせ下さい。
今回私は、情けないですが子どもを連れて実家に帰ろうと思っております。
以下、昨夜の出来事です。

夫が熱いお味噌汁を飲もうとしている時に、近くにいた6歳の娘の手がたまたま夫の腕?に当たってしまった様。
幸いお味噌汁がこぼれる事はなかったのですが、瞬間的に夫はぶちキレ、娘の胸(首のやや少し下)を思いっ切り平手打ちしました。

急に殴られて訳がわからず泣き叫ぶ娘、あまりに一瞬の出来事で訳がわからず固まる私。

尋常じゃない力加減(娘の体が一瞬浮きました)にただ事ではないと娘を抱き寄せると、
今ぶたれたばかりの所に夫の手形がくっきりと赤く腫れあがり、一本一本の指の形がわかる位の酷いミミズ腫れが・・
見た瞬間にこれは・・と思う程の状態だったので、すぐに保冷剤で冷やし、その間も痛い痛いと泣き叫び続ける娘を抱っこでなだめました。

なだめながらもますます腫れは酷くなり、「病院に行かなきゃいけない位腫れてきてるよ」と私が言った瞬間に・・
「なにを大げさに騒いでる!!まずはごめんなさいやろがぁっ!!」
鬼の形相で、思いっ切りお椀を投げつけてきました(続きます)

ユーザーID:3622863138  


お気に入り登録数:2307
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:7本
トピ主のみ(7)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です、ありがとうございます5
クレマチス(トピ主)
2016年6月1日 2:41

ここまで大事(おおごと)になり、今は警察や児童相談所、行政にも入って頂いている状態です。
夫は厳重注意のみで逮捕はされていません。

彼は警察の夜以降は落ち着きを取り戻しているようですが、今は別居状態です(彼が出ていっています)。
彼は今後はカウンセリングを受けながら家族としてやり直すチャンスを望んでいるようですが、今ここに書きながら思い出すだけでおかしくなりそうです。

こんな状態にも関わらず、子どもは『パパ帰ってきたらいいのに』なんて言ったり、パパなんて大っ嫌い!!と泣いたりとても不安定です。
今、私はおかしくなりそうですが、でも子どもの前では笑顔で全身全霊で子どものフォローするので精いっぱいの毎日です。
この子たちは何があっても必ず幸せにします。
泣いている暇なんてないのに、一人になると涙が止まりません。
もう子供にはこれ以上何にも背負わせたくありません。

すみません、まとまりません。
まだ締めませんが、こんな状況ですのなかなかレスできないかもしれません。

ごめんさい。ありがとうございます。

ユーザーID:3622863138
トピ主です、ありがとうございます4
クレマチス(トピ主)
2016年6月1日 2:39

逃げる私。追う夫。
後部座席に子どもたちが乗っているのに関わらず、激高した夫のバイクはぶつかるのではという程に私の車に接近したり、走行中なのに無理に前に割り込んできました。
町中でカーチェイスのようになり、私はパニックに陥り、運転しながら咄嗟に110番し、近くの警察の駐車場に駆け込みました。

その一部始終を、子どもは『どうしよう、どうしよう、パパが逮捕されちゃう・・・パパ可哀想・・・』がくがくブルブル震えながら、
泣きながら、指をくわえながら正気を失いそうになり一部始終を見てしまいました。
私は、私がこの先一生償っても償いきれないほどの傷を子どもの心に刻んでしまいました。

警察を出てから以降は、(警察の指示で)夫の知らない私の知人宅を転々としたり、とにかく子供を守らなければの一心のみで必死でした。
でも現実が遥かに私の許容量を一気に超えていて、胸のえぐられるような毎日をなんとき生きてきました。
記憶が若干喪失しています。

ユーザーID:3622863138
トピ主です、ありがとうございます3
クレマチス(トピ主)
2016年6月1日 2:39

彼は私を引き留めようとしましたが、私には彼の思考の全てが狂気の沙汰に思え、今回だけはどうしても譲れなかった。

どんな理由であれ、下手したら死んでしまっていたかもしれないのに?
しかも本当には悪いと思っていない?
今回みたいに子どもが不意に失敗してしまうケースなんてこの先ゴマンとあるでしょうに、その度に暴力をふるうのが仕方ないなんてあり得ない。

だから彼は引き留めたけれど、私はもう一度実家へ帰った。
それが悲劇の始まりでした。

翌々日、実家にいる私の元に一通のメールが届きました。内容は、
「今お前が実家に頼れるのは俺の努力のお蔭、お前は卑怯で学習能力のない馬鹿、大人の問題で子どもを振り回すな、俺から子どもを取り上げるな、今から実家に向かう。すべてお前の親に話す。」

先日の話の内容もあり、この段階で夫は私の中で恐怖と狂気以外の何者でもなくなっていたので、怖くなり、
子ども達を大急ぎで車に乗せて母には『とにかくこの場所が危ないから!』とだけ告げてとりあえず移動しようと今まさに実家から右折で走り出ようとした瞬間・・
左方向にバイクが見えました。夫でした。

ユーザーID:3622863138
トピ主です、ありがとうございます2
クレマチス(トピ主)
2016年6月1日 2:38

この出来事の翌日(21日)、私は子ども二人を引き連れて実家へ帰りました。
私にとっては一番恐れていた、大変な事が起こってしまったと、子どもを守る為の必死の行動でした。

しかし、黙って実家に帰った事が彼の逆鱗に触れ、翌22日の夜に話をしにくるようにと無理やり夫に呼びだされました。
そこで夫と話した結果わかったこと、それは今回の事を夫はちっとも深刻な事態にはとらえていないという驚愕の事態でした。
手を挙げることは良くないことだがこれは虐待などである訳もなく、関西人がちょっと冗談半分で突っ込みを入れる程度と同じレベル。
クレマチスはいちいち騒ぎすぎで、器が小さい。
自分はそこまで深刻に感じていないけれど、クレマチスの価値観に合わせてやるから出ていくなら俺が出ていく。
もう終わりにしよう。家族がいないなら生きていても仕方ない。でもこうなったのも、クレマチスが許してくれないからだ(ここで涙ぐむ)
・・・最後に子どもに触っていい?(隣の部屋に寝かせていた1才の横でしばし添い寝する夫)・・10分後、
「ごめん。悪かった。やっぱり子どもと離れられへん」

ユーザーID:3622863138
トピ主です、皆さまありがとうございます1
クレマチス(トピ主)
2016年6月1日 2:37

長い間レスできずに。すみませんでした、トピ主です。
今、心身が衰弱しながら、この文章を書いています。
自分が今ちょっとおかしいので、文章がおかしかったら申し訳ありません。
この一週間いろいろありすぎて、何から書いたらよいか混乱してわかりません。

当時の(ぶつかった)状況ですが、食事をしていたのは遅くに帰宅した夫1人のみです。
私と子ども達はちょうどお風呂から出てきた所で、私はテレビを見ながら下の子にパジャマを着せていました。、
夫はその近くでテレビを見ながら食事をしていました。
上の6才の子も自分でパジャマを着ていましたが、途中でチャンネルをかえようと?不意にリモコンに手を伸ばした所、
リモコンは夫の手の近くにあったので少し当たってしまった様です。

娘は上半身裸の状態で叩かれたので、瞬間バチンっと物凄い音がしました。
みるみる腫れあがる手跡、泣き叫ぶ娘、傍らで1才も全て見ている・・
情けないですがパニックに陥り、「どうしようこんなに腫れてる病院にいかなくちゃ・・」とつぶやいた瞬間(彼に向けて言ったセリフではありません)にお椀が飛んできました。

ユーザーID:3622863138
トピ主、続きです2
クレマチス(トピ主)
2016年5月21日 12:43

以前のトピにもあった通り彼は

●義両親の大反対を押し切って、長男なのにわざわざ転職までして遠方(県外)の私の実家近くに新居を構えてくれた
●私の誕生日には、子どもの面倒を一日ひきうけ、好きなお店で楽しんでおいでとお金をくれる

・・ような優しい人である一方で、

●キレると別人のようになってしまう

・・人でもあります。

高速道路で後ろのトラックにあおられたとキレ、子ども乗っているのに関わらず無謀な運転(急ブレーキ、無茶な幅寄せ)をすることもあります。

子どもが生まれる前には、夫婦喧嘩がエスカレートして馬乗りになって全身を殴られたことも一度だけあります。
私にも非はあったし、次にやったら離婚する約束でこの時は許しました。

それが昨日、理由はどうであれ娘に手をあげた。
しかも、割れたお椀も転がったままの部屋で、直後にテレビ見てずっと笑っていられる神経がもはや理解できません。

今まで10年間許し続けた事の数々は間違いだったのでしょうか?

皆さまが私の立場ならば、どうしますか?

ユーザーID:3622863138
トピ主、続きです
クレマチス(トピ主)
2016年5月21日 12:32

幸いお椀は空でしたが、私たちの足元で木っ端みじんに割れました。お茶碗でなく漆器塗りの汁椀が・・。
更に怒りの収まらぬ夫は「うろちょろしやがって!!熱い汁ぶっかけたろか!!!」と泣いている子どもを物凄い剣幕でにらみつけました。

私は、これ以上は子どもに見せられないと思い、とっさに寝室に子ども達を連れていきました。
泣き続ける2人をなだめ、寝かしつけている間、夫がテレビを見て笑っている声がずっと聞こえました。
割れたお椀もそのままに・・。

思えば、去年も同じような事がありました。
夫とじゃれあっていた娘の足が、たまたま夫の目にあたってしまい、瞬間的に彼は娘の腰を平手でぶん殴りました。
夫はキレると、もうどうしようもないのです。

冷静に考えれば、故意でないとはいえ、熱いものを持っている人にぶつかった娘に非はあります。
でも、だからって吹っ飛ぶ程の力で殴るのはだめですよね・・。

『パパにごめんねしよう』って、その場で娘に諭せたら更にお椀が飛んでくる事はなかったと思いますが、
目の前で娘が吹っ飛ぶのを見たら、とても冷静ではいられませんでした。

ユーザーID:3622863138
 
トピ主のみ(7)ほかのレスも表示

現在位置は
です