• ホーム
  • ひと
  • 割合優秀な子供の勉強。どこまでいつまで親は介入しますか?

割合優秀な子供の勉強。どこまでいつまで親は介入しますか?

レス41
(トピ主1
お気に入り81

家族・友人・人間関係

母親

小学生の時は、兼業ママさんも頑張って宿題を見てあげたりしていますよね。

中学生になると、帰りが遅いときは塾のお迎えに行ったり。

子供が高校生になりました。相変わらず、塾のお迎えはやっています。

公立の県内トップ校。授業の進度が速いため、英語数学で落伍者が多発します。

私は元塾講師という仕事柄、つい勉強時間の確保が気になってしまいます。放置して置いた方が良いのかとも思って、あまり構わずにいたのですが、意外と保護者の方がお子さんの学習状況を把握していたので驚きました。

高校生活。やはり楽しいことが多い毎日で、家庭学習をするのは強い意志の力が必要。そこで親がある程度は「やれ」と言っていますか?

難関国立私立大学を射程距離に入れているご家庭の現状を教えてください。

ユーザーID:9325988792

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 過保護!

     私は超難関国立大学の出身ですが、中学以降、親に勉強のことで何か言われたことなどありませんよ。
     小学生ならともかく、中学、高校になれば自分でスケジュールを立てて勉強するものです。
     親に管理されながら勉強するようでは、先が思いやられますね。
     首尾よく大学に合格しても子供の勉強に介入して、今度は難関会社を目指すんですかね?

    ユーザーID:4626548341

  • 子どもを信じて言わない

    難関国立大理系在学中の娘の場合ですが。

    学区トップの公立高校でした。数学などは習熟度別クラスでしたので、下のクラスに落ちないように懸命にに家庭学習に取り組んでいました。塾へ行く余裕はなかったです。中学の頃も塾なしです。

    高校生活、楽しいことは確かに多いですが、テストでよい点を取ることが一番楽しい、と言ってました。それが進学校の良いところだと思います。

    子どもを信じていたので「やれ」と言ったことは一度もありません。
    小さい時から、言わずともやる子でした。とにかく負けず嫌いなので。むしろ「無理をするな」と声をかけることのほうが多かったです。それは今もですね。

    ユーザーID:0335550671

  • ノータッチ

    優秀な子供ですよね?
    うちの場合は子供が二人いて、二人とも主様同様、落伍者が多数出る進学校
    に通ってました。
    優秀な子のほうには親はノータッチでした。
    むしろ出来が今ひとつの子供の方には補習塾を探したり
    家庭教師をつけたりと親は奔走しました。

    優秀なほうは自分で学校の先生に
    志望校に応じた問題集とか勉強のしかたを相談していたので
    親は子供と先生の要望に応じてお金出す(問題集の代金とか夏期講習の費用とか)
    だけでよかったです。

    お子さんが優秀なら、自分で必要なことは見つけてきますから
    あまり心配しなくてもよいと思いますよ。

    ユーザーID:1266030640

  • うちの場合

    子供は小学校の時は全然勉強しなかったので、夫婦でガミガミ言ってました。

    中学に入ったら、子供は自分で勉強予定を立てて、勉強するようになりました(子供の不在時に部屋に入り、ノートやテストをチェック)
    成績も徐々にあがり、高校は県立トップ校に行けました。
    塾は中3からでした。塾の送迎をしたり、お弁当を作ったりはしましたが、勉強しろとは言わなかったです。

    高校では部活をしていないので、夕方5時に帰ってきます。友達と遊ぶ時は門限の8時までに帰ってきます。
    成績が下がれば高校は辞めてもらうと言ってある・本人は某国立大(合格圏)でやりたいことがあるらしく、時間を作って勉強しているようです(こっそりテストやノートのチェックはしています)

    ユーザーID:4809446588

  • 難関大学は自分の意志で

    塾講師の先生なら、難関大学に行くのにどれくらい勉強量が必要かご存知でしょう。
    人に言われて、そんなに勉強できますか?

    わが子も、子供の友人達も、難関大に合格した子は、自分で行きたい!と言い、頑張った子ばかりです。

    親御さんはむしろ睡眠時間は大丈夫かしら?ずいぶん疲れているようだけど?と、
    勉強以外を心配していました。

    親にできることは、環境を整えてあげることです。

    塾の送り迎えや、バランスのとれた食事、集中できる環境、受験のお宿の手配などが必要です。

    勉強しないお子さんには、自分の将来を具体的に描けるような話をして、行きたい大学を見つける手伝いをしてあげる方がいいと思います。

    ユーザーID:6304098999

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 物理をきっちり教えています

    高校生の子供は国立医学部志望です。
    得意な科目(数学・化学・地理・英語)は自分で勉強しています。
    少し苦手な科目(古文・漢文・現代文・英作文)は、塾に通っています。

    最も苦手な科目(物理)だけは、私が見ています。
    苦手だから、塾に行っても埋もれてしまいますから。
    親が勉強を見るなんて、という人もいますが、見る技量があるのに見ない
    という人の気持ちがわかりません。なぜ?

    ユーザーID:0568376583

  • HNどおり母子家庭でした

    母は大日本帝国時代に公立の旧制高女を卒業しました。当然ですが学習内容が違います。
    そして正社員として働いておりましたので家にいる時間は少ないのです。
    ですから私も小学校時代から年齢に応じて家事をするのは当たり前で勉強も自分でしました。
    超難関ではありませんが祖父母の介護と家事をしながら国立大学に入学しました。
    祖父母は障害者だったので学校に行っておりません。

    ユーザーID:2253683495

  • 勉強しろと私は言いました

    私は言いましたがそれが正解だとは思いません。
    言って自分が満足してただけの気がします。

    別の意味で本人の勉強の手伝いをしています。
    「これからの2時間日本語禁止」とかラインのやり取りは英語にするとか。
    もちろん英語と英会話は別である事は承知の上です。

    試験勉強においては、聞かれたときに勉強の仕方をアドバイスしました。

    勉強は興味好奇心の延長ですから、勉強させようとしてもしなかったです。生活の中に興味をもてる物がどれだけ見つけられるかの手伝いをすることくらいしか出来ないと思います。
    「何故、Augustというのか。何故31日まであるのか」と話の中で興味を持ちそれに関する本を読み、英語の読解に出題されたり。勉強は散歩していても部屋でごろごろしていてもできますので

    ユーザーID:4427716155

  • 中学から徐々に高校受験まで

    社会に出たときに急に手を離すのは無理ですよ。だから徐徐に親の介入を止めていくんです。
    私の考えでは基本、高校受験までですね。
    塾の送迎は女の子ならしてあげるべきですが、男の子で高校生なら不要かと。
    (条例違反にならない時間の場合)

    志望先も親の介入は高校までかな。
    お金を出すのが親なら、事前に条件などは伝えるべきですが、大学なんてすべて自力で行くお子さんもいるわけですから、本人に決めさせないと。

    勉強でも進路選びでも「自己責任」なんです、本当は。
    ぶっちゃけ、高校中退で社会人してから、卒業資格取って大学入学と学び直しも可能でしょ。
    若いうちになら結構やり直しは出来るんですよ。
    だから、失敗経験は若いうちにどんどんさせておくべきなんです。
    失敗経験がないまま社会に出たら、ミスしても対処を間違える大人になっちゃいますし、
    受け身のまま年取って、それから取り返すのも大変。

    失敗してもいい、それも経験だと親が手出しせず見守る姿勢、これを出来るだけ早いうちから子どもの前で示してみせる。
    そうすると、自分で何とかしなきゃヤバいと思う。
    賢い子なら失敗も最小限に留めるか、気付きも早いでしょう。

    ユーザーID:6554327232

  • 言っていません。

    私も夫も勉強については何も言いません。

    本人が計画を立て、自主的に勉強しています。

    学校では、一日に何時間勉強しなさい
    とかは言われているようです。

    うちは高校3年生で京都大学志望ですが、
    それに向かってしなければいけないことは
    学校で指導されているようです。

    塾には行っていませんので、
    学校の先生の言うとおりに勉強を進めていると思います。

    親があれこれ口を出しても、
    素直に聞ける年齢ではもうありませんからね。

    信頼している先生に言われることは
    素直に聞いて実行しているようです。


    模試の判定はCやDですが、
    結果が悪くても口出しはしていません。
    本人が一番よくわかっていますから。

    志望校を下げるなどの決定も本人が決めると思います。


    もちろん子どもから相談されれば
    一緒に考えていますけどね。


    お子さんの性格によりますが、
    うちの子は親にあれこれ言われるのが嫌なタイプですので。


    親は気持ちとお金のサポートをするのみかなって私は思います。

    ユーザーID:1213360377

  • 何も介入しませんでしたよ。

    子供二人が難関私立大学院まで行きましたが勉強に関することは小学校以降親は何もしませんでしたし勉強しろとも言いませんでした。
    食事時間や特別早い日の起床だったり塾調べだったりのお願いされたフォローはしましたが。
    子供の難関大学の友達は親からうるさく言われた子たちは少ないそうです、逆にうるさく言わなくても自分で勉強頑張れないような子は途中ドロップアウトしてしまうのかもしれません。
    現在は二人とも就職してますが親から干渉された子たちは就活でも苦戦している印象です。
    県立のトップ校は一浪が当たり前の環境ですが多くの子が次年度には結果を出してきます、本人折り込み済みなのです見守ってあげても良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:9942956069

  • 言っちゃう

    毎日言っちゃう〜。
    ちゃんと毎日勉強してるの知ってるけど、言っちゃう〜。
    取り組み方がゆるい感じがして。
    逆効果だろうけど、もう子どものほうが言わしておこう、と寛大になってる。

    ユーザーID:6384462522

  • 子供の意向を聞く。

    難関進学校の息子がまつたく勉強せず留年を免れるギリギリの成績だつたので大学、就職を含め本人の意向を聞きました。
    結果「就職の為マーチ以上は目指すが無駄につまらない受験勉強はしたくない」とのことだつたので親の考えとして浪人不可マーチ以上に限って学費を援助することを伝えあとは放っておきました。
    親として支援はするが本人の人生ですから何が幸せかは人それぞれですからね。
    結果国立はさすがに無理でしたが難関私立はどうにかなりました優秀な子たちは自我が強いので強制は効かないですしバカじゃないので最低ラインの計算は出来ていると思います。

    ユーザーID:9942956069

  • 長い目で見て

    お気持ちはわかります。
    口出ししてしまいたくなりますよね。親なら「ちゃんとやってるの?」くらいは言いたくなりますが、ここは我慢すべきです。
    最難関国立大学に子供が通っていますが、ずっと周囲の大人に管理されていた子たちは留年率が高いのです。そして、言い方は悪いのですが不人気学部・不人気学科にまわされます。
    つまり、ずっと受け身できた為、放置されると勉強の仕方が分からず徐々についていけなくなってしまうのです。
    一方、早い段階から自分で学習を進めてきた子は自分なりのペースやメソッドを持っているので大学でも成績が良いです。即ち自分の希望する研究室に入れます。

    親が口出ししなくなったら、さぼって勉強時間が減る可能性もあります。それに伴い成績も下がるかも知れません。が、それは一時的なもの。
    難関大を目指すお子さんなら「やばい!時間が足りない。」と勉強に対して色々工夫をし、集中力を持つでしょう。
    それが、大学入学後、更には社会に出てから役立つのです。

    ユーザーID:8070485084

  • 放置しています。

    >そこで親がある程度は「やれ」と言っていますか?

    言っていません。放置しています。ただし見守ってはいます。

    >意外と保護者の方がお子さんの学習状況を把握していたので驚きました。

    学習状況の把握とはどういうことでしょうか?

    私はテスト結果は見せてもらっています。

    ユーザーID:3625035461

  • 過保護、過保護というけれど

    こういうトピでありがちなレスに、本当に優秀な子供は自分から勉強するからノータッチで大丈夫、または親が勉強を管理するなんて過保護、または私も親に勉強しなさいとは言われなかったけれど旧帝大です、等々あります。

    けれど、都心か地方かの違いはありますが、少なくとも都内の進学校に通う中高生の親は100パーセント教育熱心です。

    私は都内国立大学に通う第一子、都内国立男子校に通う第二子、都内国立共学校に通う第三子の3人の子供を育てる母親です。

    夫は高収入ですが、かなりの激務で年の半分以上は海外です。

    第一子を妊娠した時に、夫と話し合って、私の何百万円かの年収よりも我が子に教育をつけてあげたほうが有益と判断して、私は自分のキャリアを捨てました。

    第三子が中学校に入学するまでは専業主婦でした。

    小学校受験も、中学校受験も、もちろん塾には行かせましたが、復習は私が一緒にやりました。

    中学生になると、反抗期もあり、自立していきますから一緒に勉強したりなど手は出しませんでしたが、目は離しませんでした。

    高校生になっても、何が得意で、何が不得意かは把握して、見守りました。

    ユーザーID:1697622904

  • 過保護、過保護というけれど2

    いわゆるママ友たちも、私と同じような方が多いです。

    小学校、中学校と公立で、勉強と言ったことも、塾にも行ったこともないですが、私の子供はいつの間にか旧帝大に入学しました、は夢物語です。

    要は小学生の間に勉強の習慣をつけること、中学生以降は自立して親の言うことは聞かなくなってくるので、中学校、高校の環境を親が考えて揃えてあげることが大切なのだと思います。

    また、親が勉強を教えられるなら、教えるべきだと思います。

    過保護でもなんでもありません。

    子供の将来がかかっているのですから。

    私は、末っ子の中学校入学を機に、今は英語の家庭教師をしています。

    色々なご家庭のお子さんを見ていますが、成績が不振なお子さんは、まず勉強の習慣がついていない子ばかりです。

    お子さんはどうやって勉強するかが分からず、親御さんは中学生になったら子供も自然と勉強するようになると考えていたのですが、とおっしゃる方ばかりです。

    お母さんがすべての小学生時代が鍵だと思います。

    ユーザーID:1697622904

  • レス、ありがとうございます。

    色々なご意見ありがとうございます。私が「こうしたい」というよりは、みなさんがどのような現状なのか知りたいのです。少し時代が違う方もいらっしゃいますが、できれば現在高校生か大学生あたりを育てていらっしゃる方からの、今の時代の状況を知りたいです。

    実は高校で講師もしていました。私の時代には存在しなかった記憶があるのですが、現在はほどんどの高校で授業参観があります。そしてかなりの数の保護者が見学にいらっしゃいます。授業の内容や学校の在り方にご意見を下さることも多いです。

    自分が高校生の保護者になり、保護者会での様子や子供からの話を見聞きし、時代は変わっているなあと思いまして。野放しな高校なので割合、親も放任主義が多いかと思ったのですが違いました。

    母親が高学歴になったのも影響があると思います。先日も某有名大学のオープンキャンパスで女生徒にアドバイスしていた母親は、とても専門知識が豊富なようでしたし。レスの中にもありましたが、高校レベルの学習内容を把握して十分指導できる親が多いから、口も出したくなってしまう、というところでしょうか。

    ユーザーID:9325988792

  • 言われなかったけど。

    私と弟どちらも首都圏私大に入りましたが、高校からは親に勉強しろと言われたことはなかったです。中学まではかなり言われましたが、それなりの進学校に入った時点で親も疲れたのかもしれません。そのかわり予備校にはお世話になりました。

    でも親と話はよくしました。勉強しろと言われるより、両親たち自身の大学生活を色々話してくれたので、それでモチベーションが上がったという気がします。

    ただ、今の子たちって、昔と比べると全体に競争心とか上昇志向があまりないというか「入れるところで」という傾向を感じるので、少し親がお尻を叩く必要があるケースもあるかもとは思います。

    ユーザーID:1746608074

  • ひと世代前の話ですが

    親から勉強しなさいと言われた記憶はほとんどありませんが、限られた記憶を辿ってみてもせいぜい小学校高学年くらいまでだったでしょうか
    電車に乗っての塾通いも小学校5年生から、日曜日だけしてましたが、送迎してもらったのは、全く初めての会場に行く時くらいで、あとはひとりで通ってました
    まあ、時代も変わっている面はあるんでしょうが。
    中学からは電車通学だったので当然塾への送迎なんてのもありませんでした
    私の兄弟は3人でしたが、みんなそんな感じでした
    3人とも中学から進学校に進み、大学もいわゆるトップ校と言われる部類に進んでいます
    公立トップ高校であれば、周りも結構能力ややる気のある方が多いのではないかと思います
    そういう中にいれば、自然と自分も頑張ろうと思うようになるのではないでしょうか
    勉強につまづいて悩んでいたり、学校に合わずにめげているみたいな状況であれば、ある程度ご家庭のサポートも必要でしょうが、そうでなければある程度自主性に任せた方が、もともとある程度優秀なお子さんには有効なんじゃないかと思います

    ユーザーID:5414263482

  • 子供の性格による

    東大京大ではありませんが旧帝大の医学部に長女が通っています。

    テレビなどダラダラ見ていたら”宿題はもうしたの?”ぐらいは娘が小学校の頃は言ったことはありますが、中学高校では何も言いませんでした。
    自分で予定を組み、結構遊びながらもイザ勉強となると集中してやっていたようです。将来は小学校の先生になるとずっと言っていたのが、高2の2学期に医学部入れそうだから医学部に行って良いかと聞かれました。
    学費を心配したようです。もともと地頭がよく、努力家なので何も心配せず長女の好きなように高校生活を送らせました。

    次女は来年受験です。この子も高1までは試験もよく出来て地頭も良いと思うのですが、努力が大嫌いな子。
    まじめに勉強しなくても成績が良かったためか、勉強をなめてきた次女は今となって焦っています。
    性格が長女とは全然ちがうのに、長女と同じようになると思いほっといたのが良くなかったと思っています。

    子供の性格によって、対応の仕方や勉強への親の介入は異なると思います。

    ユーザーID:0126172482

  • 関係者だからこそ塾の利用の仕方を考える

    なぜ進度が早いと落伍者が出るのか。そこに疑問を抱けると本質的問題に気付く。

    それは中学時代の勉強の仕方が教材や塾などに頼る部分多くなっているから。
    学校の進度が早ければどう対応するか、自分はどうするかを考える子が少ない。
    当然、地力で対応できる子もいるが、そうでない子は結構いるわけです。

    塾というものも学校外の勉強の一部と考えると目的・活用法のよって
    必要性が低く単に自立した学習の弊害になるだけの場合だってあるわけです。

    塾に通っているからこそ勉強しない子をトピ主さんは見てきたはずです。
    その逆に家でも頑張る子もいれば、塾という場を最大限に活用する子もいたはず。

    高校進学というのは今の教育環境では通塾を一度停止して
    自分の勉強スタイルをある程度確立する時期だと考えてます。

    そして塾の必要性、言い換えれば明確な通塾目的ができた時に通わせる。
    それ以外は親から手は差し伸べません。相談や質問などの門戸は常に開きます。
    教科指導にせよ、学習全般にせよ、進路にせよ可能な限り客観的に見ます。
    必要なら今の学習内容や受験事情を専門家側に近い目で調べます。

    ユーザーID:1264152156

  • 介入というか手伝っています。

    在米ですが、子供は地元でも指折りの進学校に通っています。
    子供の勉強を見ているか?と聞かれたら、「はい、みています」と答えます。

    塾に通っているのはOKで、親に手伝ってもらうのはNGというのは変です。
    当方、元私立進学高校の教師で、現在は大学で教えています。
    別に塾に通わせなくても、自分で教えられるので、塾への行き帰りの時間ももったいないし、私が数学は全面的に、その他の科目も必要ならチェックをいれます。

    子供が中学から高校に進学する頃は、かなり手を入れていましたが、最近(高2)は、「心配しなくてもちゃんとやっているから大丈夫。」との返事が返ってくるようになってきました。

    高校を卒業する迄は、保護者が子供の学習内容やその理解度を把握しておくことは大切なことだと思います。だって子供が自分で稼いで独立するようになる迄、親の責任・管轄下にいるわけなので、レールを脱線しないように進んでいけるようにいろいろな面でサポートしてあげるのは当然だと思っています。

    ユーザーID:0650432362

  • ゆう様に同意

    二度目です。

    ウチは公立中学から受験して国立高専、寮にいます。
    編入で旧帝大を狙ってます。親の口出しなし。本人が決めて報告してきました。

    高専は大学と同じで、60点未満は単位を落とします。
    塾は役には立ちません。進度や学ぶ内容が違いますから。
    本当に大学の授業と同じ感じ、か、それ以上にシビアかもしれません。
    数学は一年で高校のカリキュラムを終え、二年からは専門で使う数学に特化します。
    普通の進学高校のような決め細やかな進路指導や受験対策はありません。
    日々の授業も自ら勉強してついていかなければなりません。

    中学で受け身で勉強してたお子さんで、高専で勉強しているのに成績が取れない子がいます。
    ウチの子は中学から塾経験は殆んどなく、自ら工夫して定期テスト対策をしている子でした。
    今はそれが功を奏して、トップにいます。
    寮ということもあり、親は口出ししてません。

    受身で勉強しているような子が、大学や社会で成果を出せる人になれるでしょうか?
    もちろん素質があって、その時には難なく出来る子もいるでしょう。
    でもそういう子はきっと、受験期でも親が口出しせずとも出来る子なんじゃないですか。

    ユーザーID:6554327232

  • いつまで干渉するの?

     いつまで干渉するんでしょうか?
     私にはよく分かりません。

     大学に入ってまで親が勉強の段取りをしてあげるのでしょうか?

     会社に入ってまで親が仕事の段取りを指示してあげるのでしょうか?

     いつかは親が手を離さないといけません。子供はいつまでたっても自立しませんよ。

     私は仕事をしていますので(専門職)、会社の中で、

     某国立大学院卒(理系)の方が仕事の段取り悪く、それを見た高卒の上司にボロクソ、ミソクソに怒られていることあります。怒られている方は俗に言うエリート街道を歩いてきた人です。

     私から見ても仕事の段取り悪すぎっ!って感じありありと見えます。仕方ありませんよ、誰が見ても段取り悪いのですから。

     この人きっと、ずっと誰かにフォローされて大切に育てられたんだろうなって思います。

     ちなみに私は親に勉強しろ!とは言われたことは全くありません。塾も行ったことありません。大学入試はラジオ講座でやっていました。某有名私立大卒です。大学での成績もよかったです。それは自分で何でも道を切り開いたからと自負あります。

    ユーザーID:5893537696

  • 地頭は良いけれど

    中学の時は、授業中寝ていて、クラブのために行っていた息子。
    高校も、クラブの先輩が居るから、と、トップ校には行かず。
    結局、引退まで柔道ばかりの毎日で、塾にも行きませんでした。

    課題もあんまりやっていなかったような・・・

    「アンタな、いつか痛い目に遭うで」と言い続けましたが。

    受験勉強もせず、関関●立に合格。

    科目が多いのはめんどくさいから、と、国公立は受けず。

    こんな子に、年間80万・・・とやるせなかったのですが。
    法律にのめり込み、あれよあれよという間に、勉強の虫に。

    成績上位者3パーセントにも入り、もうすぐ奨学金の授与式があります。
    当然のように3回生で早期卒業→法科大学院に、進学の予定らしいです。

    さぞや優秀な弁護士になって、親孝行をしてくれるでしょう・・・(現実は厳しい)

    ま、私も好きなことで仕事をしていますし、息子も、そこまで法律が好きなら、やれるところまでやれば?って感じです。

    勉強しなさい!より「課題ぐらいはちゃんとやれば?」と言い続けましたが、全く聞かなかったです。

    ユーザーID:7579531548

  • 勉強は教えています

    中高生の息子達がいます。上は今高3です。

    二人とも今は塾なしなので、勉強はわからないところがあれば、私が教えています。なので、介入しているといえば介入しています。塾に通っていたらまた違うかもしれませんが、我が家の息子達は二人とも塾には不向きなので、今の形で落ち着いています。

    勉強って、やっぱり毎日の積み重ねが一番大事なので、その習慣づけは親の仕事かなと。塾や学校ではどうすることもできない所です。我が家は本人達がそれに気づいた時、二人とも塾はいらないというようになりました。

    本人が明確な目標を見つけたら、その後は必要とすることをサポートするのみですが、目標が見つかるまでは、親としては悩みが深いですね。入試はわかりやすい目標になるので、それを有効に活用することでしょうか。

    学力をつけるにはどうしたらいいのか、その方法を理解させること、そしてそのモチベーションを持たせて維持させることは、やはり親にしかできない事じゃないかと思います。長い年月がかかりますが、これは親の仕事でしょう。塾の先生がやる気スイッチを押してくれる、なんてことはないと思います。

    ユーザーID:7152703400

  • 放っておきます

    それほど優秀なお子さんたちなら、親が指示する必要はないと
    思います。

    私も数年前まで、大学受験生の指導にあたっていましたが、進学校の
    場合、学校の課題テスト、模試などが頻繁にあり、やるべきことが
    常に山積み状態でした。

    お子さんたち自身のペースでなさればいいと思います。

    というか、そのくらいの歳のお子さんって、親の指導など素直に聞きますか?

    高校生のうちの息子には、中学生の頃から教えたいことが山ほどありましたが、
    格闘の末、ほぼ拒絶されるので諦めました。

    ユーザーID:1609927484

  • 大学合格だけが目標なの?

    だとしたら、その子の能力次第で、親の干渉が無くても成功する子もいれば、親に尻を叩かれて合格する子もいます。
    が、社会で使える人間を目指すとしたら、ちょっと疑問です。
    現新入社員の息子は、首都圏難関進学校に通い、難関大学進学しましたが大学、就職までどちらも成功(分かりやすい言葉敢えて使わせていただきました)している子たちは、思ったほど多くはないですよ。

    ユーザーID:9942956069

  • 帰国子女さんの仰る通り

    うちの子も都内の一貫校に通っていますが、先生の問題の傾向、本人のアプローチの仕方、習熟度など親が把握しているのが当たり前です。
    今、どの範囲をやっているのか、子どもの弱点はどこか、知らない親はいないです。

    私は大学生になって初めて地方から上京してきた人たちに出会いました。
    私のように中学受験のために小学校生活のほとんどを通塾に費やし競争社会の中でやってきた者たちと、高校生になるまで塾知らずだった人たちと出身大学は同じなんですよね。

    地域性、あると思いました。
    そんなに小さい時から頑張らなくてもいいのだと、眼から鱗でした。

    (と言っても、地方の皆が皆、親が放置していても優秀かと聞けば、一部の優秀な人間だけが都市部の大学へ進学するそうで)

    教育面において親と子の関わり方の違いがあれど、結果を出せれば全て良しなのかなとも思います。
    過保護でも放置でも。

    帰国子女さんや私のような環境にいると放置はありえない状態ですが。

    思春期ということもあり、親に叱咤されて頑張れる子とやる気をなくす子、色々いると思います。

    人の成功例が我が子に繋がるかわかりませんし、各家庭で考えればいいのでは。

    ユーザーID:9791603499

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧