• ホーム
  • 話題
  • 高齢者の準備不足?生活保護世帯の半分が高齢者

高齢者の準備不足?生活保護世帯の半分が高齢者

レス136
(トピ主1
お気に入り498

生活・身近な話題

なぜ?

高齢世帯の生活保護、なぜ急増しているのでしょうか。
しっかり貯蓄を準備してもそうなってしまったのでしょうか?
これからも生活保護費が増え続けるのでしょうか?

生活保護世帯が急増中で、その半分が高齢者世帯だそうです。
今100歳とか90歳の方なら、年金制度が確立していなかったせいかもしれません。
戦争の影響もあったのかもしれません。

でも70歳代なら高度成長期に仕事をして、退職金もしっかり。
バブル期の給与水準は高かったはず。
もちろん、不幸にも病気で働けないまま65歳を迎えた方もいるでしょう。
地価が上がって住宅ローンが高かったせいで貯蓄ができなかったのでしょうか?

これから65歳以上の方が増えると生活保護もどんどん増えるらしいですが、
出生率を上げるために、優秀な大学生に給付制の奨学金を出そうとか、
国立大学の授業料を無料に・・・とか言っても、
結局、生活保護の高齢者対策の方が優先になってしまうのでしょうか。

今の20歳代、30歳代の若者は、入社の時から、
「将来に備えて年金をあてにせず自助努力をしましょう」と教育されています。
年収も100万単位で下がっています。あまりにも不公平で切ないです。

高齢世帯の生活保護、なぜ急増しているのでしょうか。
しっかり自助努力して準備してもそうなってしまったのでしょうか?
それとも努力しなかったのでしょうか、警告が足りなかったのでしょうか。

ユーザーID:2875489653

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数136

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 長寿は想定外。

    憲法に規定される「健康で文化的な最低限度の生活」を全うするためには、己れの寿命を線引きして、逆算的に見積りしなければならないということです。

    ユーザーID:8767478172

  • 私は子供のころから

    父親に お金が無いのは首が無いのと同じと言われて大きくなり 預金は給料貰ったら先にしんどいほどしました。おかげさまで うん千万あります。年金もあり何とか行けそうです。身内に預金もしてこなかったのがいます。其のお替り物がおおいですわ。無駄使いすぎたと思います。

    ユーザーID:2163418586

  • じゃあ、生活保護の半数は現役世代ってこと?

    驚く所は高齢者の割合ですか?
    トピ主さん、ずれてませんか?

    私は高齢者が生活保護貰うのは老化により「働けない」「雇ってもらえない」からだと思ってました。
    だから割合からして多数を占めるのは当然だと。

    国民年金は支給開始年令が引き上げられたせいで、生保額より少ない人が大勢いますし、バブル崩壊やリーマンショックで職や資産を失った人もいます。

    でも、若ければ、たとえリストラに遭っても仕事は何かしらあるはず。
    今は売り手市場ですし。
    高齢ではない世代が生保受給の半数を占めてることの方が、大きな社会問題だと思います。
    働けるはずの世代がどうしてそんなに生保受給が多いんでしょうか?

    働いても収入が少ないから?
    そんなに病気で働けない人が多いの?
    そんなわけないよね。
    不正受給だって取り締まりが厳しくなってるし、若い世代だけが不正しているわけではないだろうし。
    やっぱり、頑張って働いても収入が少ない人が多いってことなんだよね。

    本当に格差は驚くほど拡大してるんだね。

    ユーザーID:0908447805

  • 現代の若い人でも

    現代の若い人でも、高齢者になったら同じように生活保護を申請する人は多いと思います。
    家庭の教育とか、時代とか、性格とか健康とか
    色々な理由が昔も今もあると思います。
    ただ、個人的には、現代の高齢者受給者は高度成長期といういい時代を経験してるので、
    「何とかなるさ」の考え方で今まで来てしまったのかな?と思います。
    あとは「金なんて」とお金をばかにする考え方の人もいますね。
    で、気がついたら貧乏になってた。
    なんか貧乏になると貧乏に慣れちゃいません?
    高齢者だともう稼ぎようがないから、余計に諦めるしかないのかも。
    あと、昔ほど受給が恥ずかしいことでなくなった、も一因ですかね?
    主さんいい疑問ですね。私も考えちゃいました。

    ユーザーID:7342608050

  • 年金と子供をあてにしていた

    高齢の親は子供が面倒みる。
    年金で暮らしていける。

    ↑のようなことを想定してじゅうぶんな貯金がなかったのでは。

    将来下流老人になるのが分かっていたら、さすがに貯金したかと思います。

    高齢になっても働けるかたは働くしかないのでは。日本が破たんしてしまいます。

    ユーザーID:2914812767

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 努力不足と無知でしょうか

    よそ様の家計はわかりませんが、私の祖父母(80〜90代)と両親(60代)は現役時代に貯金に励み退職金にも手をつけず年金で日々の暮らしを賄えてます。

    預貯金を考えると生活保護のお世話にはならず済むと思います。

    このような人の方が多数だとは思います。


    しかし中には将来を考えず「何とかなるさ」と貯金などせず好き勝手に使い老後破綻な人達もいるのでは。


    「昔は年金だけで豊かに生活できると言われていた時代だった」としても貯金をせず使い切る精神が理解出来ません。


    今老後に生活保護を受ける人達は仮に現役時代に年金制度が危うい状態だったとしても結局貯金など出来ない人達なんだと思います。

    ユーザーID:0850855910

  • 今の70歳前後は難しい

    簡単に言うと、人生が予定通りに進まなかったせいでしょうね。

    今の70歳前後の方々は、40代〜50代くらいにバブル崩壊が来た世代です。
    この人たちの父親とか先輩は、退職金と年金で普通に生活できていたので、今ほど老後資金を貯めるということに神経質になっていなかったでしょう。

    自分もそんな感じだろうと思っていたら、経済の急変。リストラされた人、退職金が出なくなった人など、人生設計が崩れた人がそれこそ何百万人といても不思議ではありません。

    オイルショックなども何度も乗り越えてきていたので、今回も何とかなると思っておそらくそんなすぐに生活スタイルを変えることはできなかったでしょうし、子どもにすぐ大学をやめろと言うわけにもいかないでしょう。
    あれやこれやの積み重ねで、生活保護に至る人が多くなったとしても、その人たちを「準備不足」の一言で責めるのは酷なような気がします。

    そもそも、バブル期は給与水準は高かったですが、生活費も高かったので、べつに一般庶民の生活に余裕があった時代というわけでもありませんでした。ここしばらくは、そういう人生設計の狂った人が老後を迎える時代でしょうね。

    ユーザーID:9048731080

  • 同居しなくなったから

    高齢者世帯の生活保護が多くなったと言っても、全体からみれば少ないですよね。

    働いているときに、恵まれて年金をちゃんと支払っていた人達は、生活保護を貰っている人は少ないと思いますよ。

    90代以上の世帯の人たちの場合には、長男は親世帯と同居していることが多く、
    家を含め、そのまま遺産相続をしている人が多かったと思います。

    次男以下は、自分たちの力で家などを持つ必要があり、また子供の教育に、お金を使う必要もあったでしょう。

    ましてや、ちゃんとした会社員や公務員は恵まれていても、自営業や日雇い労働者など恵まれない人達は、国民年金も収めてない場合もあったでしょう。
    まだ、国民年金が強制的ではなかったため。

    また、当時の大学進学率は20%と少なく、高卒や中卒も多く、給料や生涯収入、退職金の差も大きく、子育てが終わってもなかなか貯蓄できない人もいたでしょうね。

    どの時代にも、現在でも、格差はありますよね。

    でも、少子化の今の時代には、将来を担う子供たちの教育に手厚くしてほしいと思っている団塊世代です。

    ユーザーID:0015175603

  • 自営業?

    皆がサラリーマンではありません。

    自営業 職種により自営業は浮き沈みが大きく準備不足な方が多いように思います。
    偏見かもしれませんが。

    ユーザーID:6670019015

  • そもそも

    高齢者そのものの割合が高いので。
    諸条件を考慮すれば、他の世代に比べて心がけが悪い人が多い
    ということはないでしょう。

    国民年金だと生活できる金額ではなかったりしますので
    差分が結局生活保護で補填されたりします。
    もともと暮らしていくのに精一杯だった人が、
    働かずに暮らせる準備をしておくのはできないわけです。

    ところで、私がもう20年ほども前に就職活動をしていたときに、
    どこかの企業で聞かされた話では
    「若者の失業は、そこまで社会不安を招かない。親のすねをかじれば生きられる。
     大黒柱の失業は、一家が路頭に迷い、社会不安と治安の悪化を招く」
    というので、一理あるかもなあと思ったのを覚えてます。

    もちろん、社会不安にならなければよいというものではないので、
    実家を頼れる若者の失業はOKというわけではありませんが
    単に「不公平だから、自助努力を怠った高齢者は切り捨てよう」ってなると
    生きていくために、そういう方々の一部が泥棒や詐欺師にもなったり、
    あるいは穏便に路傍で餓死などされてもやはり困るので
    生活保護レベルの保障は、社会のための必要経費だと思います

    ユーザーID:1840997857

  • 専業主婦は出来ない 怖くて!

    女性の方が寿命が長いこともありますが、貧困高齢者の多くが女性ですよね。

    夫に先立たれて、遺族年金と基礎年金だけになり、生活がギリギリになる人が多い。現実です。


    いまの高齢者より、現役世代は受給年金額がかなり減るはずで、半分かそれ以下になる可能性もある。
    ちゃんと貯金していても、病気になり治療費で貯金が底をつく事も多いそうです。

    専業主婦(無職)の人は、そのリスクがより高くなります。
    現に、いま数字で表れてますから。

    いまの高齢者は、専業主婦が当たり前の時代だから仕方ないのかも。

    これからは、恐ろしくて無職ではいられません。。。
    よっぽどの資産家ならともかく。

    ユーザーID:7757380703

  • 子供や親族に面倒看る義務はあるんですよ。

    確か、生保って簡単におりなかったんじゃないですか?

    家族が責任から逃げるから生保なんじゃない?

    進学でも自分だけいい思いをして、
    介護もしたフリして、いいとこ取り、
    恩返しもせず、理屈で言い負かし、
    そういう人もいるんでは?

    人は、
    自分が軽蔑する種類の人と思わぬ接点があるもの、
    裏を切られて、
    トピ主さんにも降りかかりますよ。

    ユーザーID:4807223440

  • 私の親の場合は・・

    父は生きていれば70代後半でしたが・・・、父は母子家庭で育ち、長男でした。なので、中卒で仕事に出ていましたので、低学歴から退職金が貰えるような会社に勤めることはできませんでした。それに、長男という事で大正生まれの親を養っていましたので(昔は長男が見るのが当たり前の田舎です)、自分たちの生活費はギリギリでしたよ。殆んど貯蓄はできなかったようです。そういうこともあり、準備不足・・と言われてしまうと切なくもなりますね。

    母は、70代半ばですが父子家庭で育ち兄弟も多かったので、やはり生活は大変だったと思います。
    就職しても、父と結婚後、しばらくは専業主婦でした(それが当たり前の世代)ので、慎ましい暮らしでした。

    ただ、厚生年金は加入していましたので、老後はそれで何とかなっていますが、70代はそんなに給与水準の高い人ばかりではなかったと思います。

    ユーザーID:6456509275

  • 教育費だったりして

    現在ほど、誰でも簡単に奨学金を借りていなかったような気がします。

    ユーザーID:4447862859

  • 原因までしっかり調べて

    確かに、高齢者の受給は年々増加してますね。
    でも、高齢者自体が増加しているので、まあ、当然かと。
    トピ主さんの文章だと、単純に生活費としての貯蓄が足らなくなって保護が開始されたパターンしか考えてないみたいですね。
    私が福祉学部で勉強した時、開始の原因の1位は、
    予期せぬ病気、怪我による、生活費の圧迫でした。
    つまり、健康で順調なら必要なかったと。

    現役時代に病気になって、働けなくなった。
    なんとか家族で貯金とパートなどで繋いだが、高齢になって貯蓄も使い果たし、パートも不可能。
    それで保護申請した。
    または事故で大怪我して、手術やリハビリなどで医療費がかさみ、同時に働けないのでお金が出て行く一方。
    40代の息子が鬱で生活費やら通院費やら全部みなければならなくなった例もあります。

    最新のデータはわかりませんが、保険に入っていても普段と同じ生活ができなくなった家庭の支出は予想外に大きいのです。
    もちろん、単に浪費が原因の世帯もあるでしょう。
    でも、突然ライフプランになかった不幸に見舞われたため、という原因があるのも知っておいてください。

    ユーザーID:1064386152

  • 変化が激しすぎた?

    >今の20歳代、30歳代の若者は、入社の時から、
    「将来に備えて年金をあてにせず自助努力をしましょう」と教育されています。
    年収も100万単位で下がっています。あまりにも不公平で切ないです。

    将来に備えて年金をあてにせず・・・これって、もうすぐ60代にはいる私たちだって、教育されなくても、年金だけでは生活できないと自覚していましたよ。
    学校を出てから、国民年金も厚生年金も中断なく納めていますよ。

    途中から、第3号が出てきて、払わなくなった人もいますが。昔は専業主婦も納めていました。

    年収は私が新卒のときはそんなにもらっていません。途中、バブルで多くもらえた人もいたけど、そういう会社で働いてないなら、恩恵ないし。

    準備不足というか、今の高齢者の若い頃は、同居が結構あって、高齢者の年金で食費分を子世帯に出せば、一緒に暮らせたから、そう思って子育てしたら・・・って思っている高齢者の方も多いのでは。こんなに世の中が変わるとは・・・と。

    でも、半分が、老後の資金はちゃんと準備してあるのだから、アリとキリギリスの割合が半々いるということなんでしょうかね。

    ユーザーID:8540044167

  • 端的に回答します

    その世代、預金金利も高い反面、地代のほかに住宅ローンの金利もばか高かったのです。入る金額も出る金額も大きかった。そしてあなたが高額という退職金が出て、資金運用時うたわれた高額な退職金運用プランは、預かり期間に予定金利が下がり、手取り利息は月15万予定が実質5万代です。

    またその年代が今に至るまでの一番の違いはインターネットによる情報の平均化です。

    30年前、NTTの株が公開され高騰した時期、証券会社は県庁所在地にしかなく、運用には営業マンを伝う方法でした。その後インターネットが一般的になり、株取引に地方格差がなくなり、利益が分散化されるのです。

    インターネットのない、その世代が、知識もなく時代の流れについていけると思いますか?あなたは若い世代でしょうか?

    誰が今の世の中を予測できたか。

    今の20歳代、30歳代の若者は、入社の時から、
    「将来に備えて年金をあてにせず自助努力をしましょう」と教育されています。

    この言葉も先人のおかげで気づかされ、一般化したのです。あなたがおっしゃるように、先が見えたらリーマンショックも金融自由化もなかったでしょうね。

    ユーザーID:6814417434

  • 団塊の世代

     今の70才ぐらいの方々って、第一次ベビーブームの人たちでしょう、つまりは、団塊の世代とか言われていた方々。
     準備をしていた人も多いだろうけど、全体数が多いのも原因だと思います。全体数が多いから、生活保護を受けるのがその数割だとしても、急増状態になるんです。つまりは、そこが過ぎれば少しはマシになるでしょう。
     あと10年20年のガマンってところですかねぇ。

    ユーザーID:1299903680

  • 昔の想定と違うからじゃない?

    昔は子は結婚しても親と同居し、親がリタイアすれば同居の子が養っていました。
    今は子は結婚すれば別世帯、親は親で生活しなければいけませんよね。
    子世帯に援助を求めても、子世帯も収入が少なくて自分達の生活で精一杯で援助どころではない。
    そうなれば、親は生活保護に頼るしかないです。

    今、90歳以上の人は年金以外に、戦争に行っていれば恩給があるみたいですけどね。
    戦争に行っていた夫が亡くなれば、妻がそれを受け取れるとか。
    だから、この世代は年金収入+アルファがあるから結構収入があると思いますけど。

    ところで、高齢者世帯の生活保護が多いというニュースは聞きましたが、国はどういう高齢者か分析しているのでしょうか?
    会社員で厚生年金の人であれば年金もありますが、自営業で国民年金しかかけていなくて年金が少なくて生活できない人もいるかもしれません。
    もしくは、そもそも年金を掛けていない人もいるかもしれません。
    高齢者の中でもどういう人たちが生活保護を必要になるのかをきちんと分析して、まだ年金払っている世代に伝えるべきだと思います。

    ユーザーID:3161177410

  • 想定外だった

    義父が若年性認知症になりました。まだ60代前半です。仕事をしています。本人は70くらいまでは仕事をする気でいました。

    義母は亡くなっているため、火事や徘徊が心配で、施設を探しました。

    もう少し安いところもありますが、施設家賃、食事代、雑費で月15万円です。介護度があがると月20万円ほど必要です。その他、おむつなどの雑費も増えてくるでしょう。


    義父の年金はどれくらいもらえるかわかりませんが、10万円位かな。と思います。

    そうすると毎月10万円不足します。

    まだ介護認定も受けていませんが、
    この先障害者手帳、生活保護の申請になるでしょう。


    何もなければ家賃と生活費で10万円。不足分は貯金からで生活できたと思います。

    想定が甘かったと言われればそれまでですが、こんなに早くとは想定外でした。

    ユーザーID:4158814722

  • 年金が減ってきているせいじゃないかな。

    バブル期はどんどんお給料も上がって退職金も貰えてたのが不況になり給料は減らされボーナスカットで退職金も目減り・・・
    人生設計が狂った結果でしょうね。

    自助努力が足りなかったのもあるとは思いますが政府の失策もあると思います。
    昔は老後は年金で食べていける感じでしたからね。
    今、100歳とかの人は掛け金を払っていなくても多額に貰えています。
    一旦貰い始めた年金は下がる事はほとんどありません。
    同じ年金生活といっても雲泥の差になっているのですよ。
    以前は医療費無料とか無料パスとか恩恵も多数でしたよね。
    それらが無くなり年金も減らされ年金だけでは生活できないと自覚した時点では年収が下がっていて生活に追われる状態になっていた人も多いと思いますよ。

    主人が60代前半ですが10歳上の世代の人とは貰える退職金も年金も天と地です。
    若かりし頃からこのようなデフレになると分かっていたらもっと節約した事と思いますが。
    もちろん生活保護を受ける予定はありませんしそこそこの預金はありますが余裕のある生活はおくれそうもありません。

    年金格差も貧富の差もどんどん広がるのでは?

    ユーザーID:9686452627

  • 私も知りたい

    私が住む地区は高齢者への福祉が充実してるということで他から引っ越してくる人もいるくらいです。
    県営住宅に無料で住み、無料でバスに乗り、マッサージ代わりに整形外科に朝から大挙して行っています。
    捻挫で松葉杖ついてる息子が座るところなくて立ってる始末です。
    そんな方達が無料の福祉を享受する一方、財政が厳しいと中学は未だに給食が導入されず、保育園も不足してます。

    なんかおかしいですよね、きちんと選挙に行かない若い世代もいけないのかもしれませんが。
    働いて税金納めるのがバカバカしくなります。

    ユーザーID:6356868968

  • 時代が変わっちゃったからね

    今の高齢者の多くは、自分の親の面倒を見たんですよ。
    同居して、介護もして最後まで看取る。
    それが当たり前の時代だったから、自分たちもそうしてもらえると思ったんですね。
    でも、時代は変わった。
    今は子どもが親の面倒を見る時代ではありません。
    収入も低くなって、親の生活まで責任持てないんですよ、自分の事で精一杯。

    さらに働く女性が増えたので、嫁が義父母の面倒を見るということも出来なくなった。
    夫婦共働きで、どうやって介護できると思いますか?

    今の高齢者は、一番かわいそうな世代ではあります。
    それでも堅実な人は、ちゃんと老後資金も貯めて、子どもに残すことも出来ています。
    見通しの甘かった人が、時代の波に乗れずに貧困に陥っているのでしょうね。

    若い人たちもかわいそうです。
    でもさ、20代の人達は選挙に行かないでしょ?
    高齢者の方が選挙に行く人が多いのだから、自分たちに有利な政策が通るんです。
    18歳から投票出来るようになりますから、自分たちの将来の為に選挙に行ってもらいたいですね。

    選挙権を行使しないで、文句を言っても意味がないんですよ。

    ユーザーID:1749360755

  • 実家依存の若者は?

    退職金がっぽり年金いっぱいは一部のサラリーマンの話でしょう?
    うちの職場はパートタイマーさんやバイトが多いのですが、20代30代のフリーターゴロゴロいますよ。みんな実家の40代〜60代の親に食べさせてもらってます。親の年金だのみのニートも少なくないですよね?
    どの世代もそういった方がでてくるだけです。

    ユーザーID:2884244007

  • 核家族化でしょう

    昔はイエの絆で同居の子や孫が終生面倒を見ていたから行政が介入する必要がなかった。

    今は老親のみの独居生活で放置状態。これじゃ、行政の負担が増えて当然です。

    核家族化どころか、これからは非婚、離婚、非出産が進んでますます社会に依存する人たちが
    増えると思いますよ。

    そういう自分たちの生活を謳歌して子育ての苦労から逃げている人たちには
    老後の準備はちゃんとしておけ、と言いたいです。

    ユーザーID:1126610537

  • 30超えたら転職しない事かな

    一番の理由は先の事が予見できないからでしょう。
    それは生活保護の人だけではありません。

    バブルで高所得でもその時はずっと続くと思うからそれなりなりに使いますよね。
    団塊の人も定年までいけた人は子供や家にお金をかけていたり、貯蓄できない所得で暮らしてきて60になって仕事が無くなった、無理して働けなくなった、こういう方もたくさんいるでしょう。

    40後半、50代は転職で来ている人が多いのでもっと増えるような気がします。
    一ついえることは、継続は力なり。ずっと同じ会社で来た人は私の知人らを見ても何とかなっています。30数年努めた実績など買われることなどありませんが、所得と生活環境に変化がない=無駄がないからです。
    転職は所得のリセットと転居を伴うので貯金が出来ません。転職は20代までで、30超えてやるとローリングストーン、50代で実感するでしょう。

    出生率上げても見合う産業がないともっと疲弊します。先進国がどこも世界的な構造不況で失業も増えてますが、富の集中というより科学技術の発展による人的労力の縮小と物の生産がアジアとBRICSに完全シフトしているので当然です。

    ユーザーID:1426953654

  • 準備不足!と言うか何も考えてこなかった。

     もちろん、客観的に見てやむを得ない事情で生活保護になった高齢者もいるとは思いますが、大部分は先のことなど何も考えず年金掛け金も払ってこなかった、いい加減な人間だと思います。
     そして、生活保護になっても不必要に医療費を使うなど無責任な行動を続けているんです。
     また、所得をごまかして不正に生活保護を受けている人間すらいます。
     なお、100歳、90歳ぐらいの人は、軍人・軍属恩給など年金よりはるかに有利な制度の恩恵を受けている人もいます。
     高齢化で年金問題のみが取りざたされていますが、今の若者の行動を見ていると
    生活保護制度も今後の大きな問題になると思います。 

    ユーザーID:7284300505

  • 単純に国民年金が減ってるからじゃない?

    どう考えても、生活保護を受けるのは、バブルの恩恵を受けたような高額年金受給者じゃないですよ
    定職につかない人や、年金に入ってない世帯は、どんなに好景気でも健康や個人的事情で、必ず存在するし
    ましてや今は国民年金に入っていた真面目な働き者だった人も、年金支給額の低下に悩んでいるのが現状でしょう?


    例えば、A市の高齢者世帯の生活保護の支給基準額が「夫婦の収入10万以下で、その他資産も無い」だとして

    あるご夫婦
    収入が国民年金だけで、仮に受給額が月7万として、貯金が1000万
    生活費月額12万、医療費交際費等の臨時出費が年に30万とすると
    12x12+30=174万が年間の出費で
    一方、収入は7x12=84万

    毎年90万ずつ貯金が減り、12年後には貯金がゼロになり
    年金だけの7万の収入だと生活保護の支給基準額以下の収入に到達し
    生活保護世帯に…


    全部の世帯に年金を高額支給して、貯金を増やす世帯を作るよりも
    年金は減らして、本当に生活費に困る世帯に生活保護としてお金をわたすというやり方なんじゃない?
    その方が社会に出回るお金が増えるので、景気回復にも、国庫にも優しいという考えかも?

    ユーザーID:7615792060

  • そうね

    生活保護の受給等について詳しいことはわからないけれど、
    現在の国の予算配分に問題あるのは確かだね。

    一項目ずつ細かいこと言ったらキリがないんだけど、
    年老いてく人間のための予算が大部分で若い人のための投資がわずか。
    企業で言ったら将来のための投資が少なすぎて行く末が目に見えてるね

    ユーザーID:3805349207

  • なんだかんだ言って

    大企業でなくてもサラリーマンで勤め上げたならそこそこ年金があるはずなので生活保護になる確率は低いですよね。
    私の知り合いにも何人かいますが、全員元自営業者か建設作業員ですね。
    死ぬまで働くからいいんだ、年金も税金も払わねーなんて言ってた人たちです。
    それでも医療の進歩で80過ぎまで生きられる。
    景気がいい時代は日雇い労働者でも十分食べていけたのですよ。だけど酒やたばこギャンブルやり放題。そりゃ生活保護になります。
    好き勝手生きてきたから家族にも見放されてる。

    もちろん例外もいただろうけど。バブル時代に適当に生きていけたから老後に備えるなんてしてこなかったんでしょう。

    私の親も無年金だったので散々仕送り等でたかられました。最悪です。

    ユーザーID:0793527426

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧