• ホーム
  • 話題
  • 高齢者の準備不足?生活保護世帯の半分が高齢者

高齢者の準備不足?生活保護世帯の半分が高齢者

レス136
(トピ主1
お気に入り498

生活・身近な話題

なぜ?

レス

レス数136

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • アリとキリギリス

    アリとキリギリスをネットでググってみると...

    【パターン1】
    冬になって、おなかの空いたキリギリスがアリを訪ねました。
    「お腹がすいて死にそうだ、食べ物をもらいたい」と言いました。
    するとアリは「あなたは、なぜ夏の間食べ物を集めておかなかったんです?」と聞きました。
    キリギリスは「暇がなかったんです。歌ばかり歌っていましたから」と、涙を流します。
    すると、アリは笑いながら言いました。「夏の間に歌っていたのなら、冬の間は踊りなさい」

    こうして、哀れなキリギリスは飢え死にしてしまうのです・・・

    【パターン2】
    アリはキリギリスを救います!!
    「さあ、遠慮なく食べてください。元気になって、ことしの夏も楽しい歌を聞かせてもらいたいね・・・・キリギリスは、うれし涙をポロポロこぼしました。」

    アリが食べ物を分けてあげる代わりにキリギリスがバイオリンを演奏するという結末


    現代の「アリとキリギリス」の教訓はこうです。

    「困ってる人を助けてあげる優しい人になりましょう」



    ふざけるな-------!!

    ユーザーID:4255894885

  • 時代と年金制度のせいもあるでしょう

    会社員は天引、半額会社負担、妻は不要、支払い漏れなし。
    2階建て部分の厚生年金、3階用の退職金も。
    しかし、自営その他は全額自己負担。
    しかも振込用紙で毎月振込。
    経済的に辛いと未納。

    病気や結婚で容易にリストラ。
    結婚・退職・就職毎に手続きが必要。
    機会増加は手続き漏れ増加。
    専業主婦メインの時代。
    改姓始め、夫付帯の手続きで妻は夫以上に漏れ多発。
    パート非正規は掛けても貰えない、
    零細中小企業は天引しながら掛金使い込み。
    掛けてたつもりで会社に騙されたケースも多数。

    手続き自体が手書き書類。
    役所処理の字体が違えば駄目、書類の紛失も多々。
    転職で会社名や時期が合致しなければ駄目。
    70代の母は転職10回以上。
    希少姓なので多分母の年金、と役所側から連絡。
    それでも認知症で企業名・時期が答えられず幾つか貰えず。
    宙ぶらりん年金は多い。

    年金出来て数十年。
    同居近居の子に支えられ、蓄え使いながら当時平均寿命から想定。
    まさか要介護平均10年以上の介護費医療費負担なんて。
    借金を恥じた世代、学費も親の面倒も。
    共に想定外の長期化、核家族化。
    自己責任だけではないと思う。

    ユーザーID:5286854117

  • 過渡期の世代

    既出ですが時代が変わったのです。
    夫70歳、私65歳。30年位前でしょうか、団塊世代とは親の面倒を見る最後の世代で子供に面倒見てもらえない最初の世代だと聞き、なるほどと心に留めました。
    夫は長男として親兄弟の面倒を見るのが当たり前と言われその通りにしてきました。子供3人は大卒・奨学金なし。我ながら貯金できたのが不思議です。
    昔なら一人前の子供3人を持つ私達夫婦は楽隠居の筈ですが、いまだに何かと援助しています。評論家の言葉通りになりました。

    今、不自由なく暮らせているのは、比較的早くから過渡期であると認識してきた事と運が良かったのにつきます。
    バブル云々も、浮かれるより翻弄された人のほうが多いと思います。
    給料が多少上がってもそれ以上に物価が上がり、不動産は天井知らず。当時は金利も高く、無理をして家を買い、あっという間に1/3になった人、その後の不況でローン破産した人もいます。

    ちなみにうちの義父は生きていれば100歳ですが、当時は稀な厚生年金受給者で結構な額の年金を頂いていましたが全て自分の小遣い、生活費は長男(夫)が負担して当たりと威張ってました。今となってはちょっと羨ましい。

    ユーザーID:9337011800

  • マクロ的には。

    年収の高い層から低い層を示した年収ピラミッドを想像してみて下さい。(ピラミッドというより壷型というほうがより正確ですが。)最下層は常に一定数存在します。その方々は将来に備えたくても、そんな余裕がないのです。

    最下層に属する人の数が増えたことが原因です。(最下層が厚くなった。)

    中間層から生活保護へと行く例は無いとは言えないまでも、例外でしょう。

    その要因として、円高による生産現場のシフト、IT導入による事務生産性の向上等によって、新しい産業では吸収されなかった多くの人々が自分達の属していた層からはじき出され、玉突きのように最下層が厚くなっていったのです。

    ユーザーID:6724111099

  • 人口構成と延命 専業主婦の多さ

    高齢者がこれだけ増えれば
    各所にかかる福祉費がぐっと高齢者シフトするのは
    当然だと思います。

    また高齢者であれば、必然的に病気や障害の率も増えて
    労働人口層より遥かに、貧困のリスクが高い物です。

    と、言ってもそれだけではなく
    やはり寿命が延び、延命治療の割合がとても増えたことも
    日本独特の事情になると思います。
    ヨーロッパなどと違い、日本の場合は
    本人が食事を摂らなくなっても
    管で強制的に栄養を入れて、肺炎等で死ぬまで
    いつまでも生かしておきますので
    治療費も馬鹿になりませんし、どこまで生きるか予測も出来ません。

    そして高度経済成長が終わり
    経済の後退期に入ったこと、また高齢者(労働人口でない)が
    人口比で一番多いため
    下の世代に面倒を見てもらうことも難しくなりました。

    また年金も、夫婦二人ならばカツカツでも
    一人先立ってしまった場合
    特に専業主婦の女性が残された場合は、
    支給額がぐっと少なくなるため、貧困化し易いと思います。

    ユーザーID:2466264494

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • レスします。

    高齢者のナマポ受給が昔より増えた理由、まずは以下の2つでしょう。
    1 寿命が延びて高齢者=稼げない人が増えた。
    間違いなく最大の理由です。60で退職して90まで働かずに、一応の医療介護を受けながら生活するのに必要な貯金っていくらになるか、ちょっと計算してご覧なさい。その金額、本当にあなたに貯められる?
    2 老親の生活費を出さない子供が増えた
    子世代、つまりトピ主前後の世代に稼げない連中が余りにも多くなってしまったのです。恩知らずでなくたって、金がないんだから老親は養えない。

    そもそも、ロスジェネ以降の世代は、生涯非正規の人が爆発的に増え、生涯賃金が上の世代の半分以下になった連中が過半数に近いのです。この人たちはどんなにうるさく教師に言われようとも貯金なんかできません。
    つまりトピ主世代こそ高齢ナマポの比率が最大になるんです。覚悟しなさいね。

    ユーザーID:4151873964

  • よくわかっていなかったのでは?

    今の高齢者の親世代の頃には国民年金の制度もなかったし、年金で暮らすというイメージが持てない人も少なくなかったのではないかなと思います。
    昔は今と違って簡単にいろんな情報を得ることなんてできなかったし、新聞をきちんと読んで理解するだけの教育を受けられなかった人も少なくないし。

    まずはそういう人たちと、もう一つは単に先を読んで備えようとしなかったキリギリスタイプの人たちが主なのかなと思いました。

    バブルの時に、かなり大きな企業でも先を読まないで投資に失敗して倒産したようなところって幾つも思いつきますから、個人レベルでもそういうことは多々あったのではないでしょうか?

    ユーザーID:3907624628

  • ふらふらしててもなんとかなった時代のキリギリス

    転職しようが何しようが仕事がホイホイあって給料もそこそこあって・・それが当たり前。と思ったら突然世界が変わった(仕事がなくなった、給料が安くなった)

    私は地方の女子短大で就職氷河期にまともにぶつかったんですけど、去年まで山のようにきていた求人が1社。だけ。「どうしたらいいのか・・」「こんなことは今までなかった・・」「まさか・・」とオロオロするだけの教員が印象的でしたね
    その割に自力で探すしかないのに最終面接まで(5次とか)勝ち残って講義を休みたい旨を相談すると「同一講義を複数回休むことは許可できない(卒業単位を与えられない)」とか言うしね
    親も子供の就職先がないことにこの世の終わりか?ぐらいに錯乱するし(氷河期という言葉もなかった)
    なんだこの大人達は?と同期学生と話してました

    たぶん「その日暮らしでも「自分が」働く気になればそこそこの待遇と給料がすぐ手に入る」が常識だったのでは?
    で、手に入らないけど自分の知ってる世界観は崩せないからどんどん転がって落ちていくんです
    義父なんて婿に泣きついて仕事斡旋してもらい「安い!キツイ!あほか!」とキレて辞めてましたから

    ユーザーID:8715426739

  • 想定外に

    自分の親の介護が長く、金銭的にも負担してるのもあるでしょう。

    また自分の子供世代の教育費にも大分使っていますよね。依存されてる方々も多いと思います。

    親にも子供にもお金がかかる世代だと思います。

    持ってる人は沢山持ってるとは思いますが。

    ユーザーID:8397415362

  • 切り口を変えれば別の見方も出てくるよ

    都道府県別に生活保護受給者を見れば・・・

    東京(23区)神奈川(横浜)北海道(札幌)愛知(名古屋)大阪(大阪)兵庫(神戸)福岡(福岡)
    この7都道府県だけで120万人です。
    ここに東京通勤圏を加えると140万人に達し、全体の7割になります。

    都会の収入は地方に比べてブッチギリで高いです。
    都会の人は、、、
    しっかり自助努力して準備してもそうなってしまったのでしょうか?
    それとも努力しなかったのでしょうか、警告が足りなかったのでしょうか。
    若い頃から都会で面白おかしく過したキリギリスなんでしょうか?
    インフラ未整備の地方に道路をと思っても、インフラの整った地域に住む、生活保護の都会人が優先されてしまうのでしょうか?

    年齢で切れば世代間ギャップが見える。
    都道府県で切れば地域間ギャップが見える。
    そして若者にスポットをあてれば80万人のニートが浮き上がってきます。
    今の年寄り達は子への援助がすごかった。
    そして援助をもらった世代の子供はニートが80万人。
    この若者達が年寄りの資産を食い潰したのかもしれませんが真実は藪の中。

    ユーザーID:1792355178

  • 全員ではないでしょうが・・・

    準備不足でも無知でもないと思いますよ。

    私は厚生年金に無理やり加入させられていますが、年金はもらえるでしょうが、支給開始年生の引き揚げ、減額は確実でしょう。

    少ない年金をもらうより生活保護の方が上ですから、賢く知恵があり、用意周到、根性の座っている人は、マイホームを持たず、車を持たず、計算しつくし、若い頃からお金を使い切り謳歌し、老後も安泰でしょう。今後はますます計画的に生活保護を申請する人が増えると思いますよ。

    なので提案します。60才までは既存の生活保護金額を踏襲、61才以降の生活保護支給額は国民年金額が上限。これが不公平なく、一番いいと思います。

    ユーザーID:2388330663

  • 病院勤務ですが

    都内の病院と郊外の病院と二ヶ所で働いています。
    都内の方は、生活保護は若い人に多い印象です。それも自堕落な人、メンタルに病のある方。
    性格にクセがあるかな。


    精神科に入院している人は生活保護率が高いです。権利だけは主張する。

    郊外の病院では、生活保護は80代の方が多い。
    高齢で働けなくなって、貯金もなくて、家族も面倒を見られない人が多い。真面目な人が多いです。

    若い人に生活保護を許可するのはおかしいと思います。
    37歳の男性で、糖尿病で通院している人の、働けないという書類を書いてくれと本人に頼まれ、嫌々書きました。
    役所から、追加書類が来て、働けない理由を採血などのデータを記入して、詳細に書けと。なので、働こうと思えば可能だと書きました。

    実際に可能だと思います。
    楽してお金が入ってくる味を覚えた人間は働きませんよ。

    そんなやつらに税金を使うのがもったいない。

    ユーザーID:7233925120

  • レスします

    どうしても、国民年金だけでは老後やっていけませんし、そもそも、そういう層は現役時代も生活だけでいっぱいいっぱいで貯金する余力がなかったのです。

    中にはキリギリスのような方もいてそういう人がクローズアップされてますけど大半はアリのように地道にコツコツ働いてもそうなるんですよ

    日本の社会保障システムの不備なので、個人の力ではいかんともしがたいですね

    ユーザーID:1155345944

  • 世代的に

    専業主婦の方が多いのかもしれませんね。
    共働きと比べたら、年金も少ないでしょうし、昔と違い同居して子供が親を養う世帯も減ってますし。

    ユーザーID:3584227377

  • 私の周りでは

    「建設作業員をやってたが不況で仕事が減り、しかも病気になってしまった」って人が生活保護受けてます。

    あと生活保護は受けてないけど、貯金が全くない夫婦も知ってます。完全にキリギリスです。

    ユーザーID:2688911387

  • 同居すれば問題は減ると思う

    でも今は親は親、で割り切る人が多いので。
    お恥ずかしいですが、うちは母と暮らしているので大丈夫です。
    母がいなくなったら、どうなるのかな?と思います。
    父の借金返して、一生懸命働いたんですけどね。

    生活保護などは受けずに、頑張りたいとは思っています。
    が、どうなるかはわからないです。
    母がなぜぽんぽん、お金使えるのかわかりません。
    私がいるからなにかあったら、大丈夫と思うだけで。
    自分がいなくなった後の私のこと、何も考えてくれてないからでしょう。
    なんだかとても疲れました。

    ユーザーID:1690224279

  • 経済環境が激変したから。怠けたからではない。

    年金は60歳以上でもらえる予定で
    とうぜん定年まで働いて退職金もたっぷりもらう予定

    ・・・それが、不況が長引き定年前にリストラされ、退職金も減らされて・・・

    これじゃあ対応できなくなっても仕方ない。

    ユーザーID:5456257570

  • う〜ん

    昭和40年頃の大卒初任給が2万位。
    当時の100万と今の100万では貨幣価値が違うでしょ。

    ユーザーID:3358383365

  • 不自然な医療の進歩…っていうのもある気がする

    医療にかかる分をもう少し年金やその他に充てられればいいのになあ、と思います。

    高齢化社会っていうのも、普通に考えて「寿命長すぎ」ですよ。
    何もしないで元気っていうのならまだしも、どう考えてももう寿命っていう人も不自然に生きすぎというか…

    加えて、批判覚悟で書きますが、病気の治し方もそろそろ不自然の領域に入ってきていますよ。
    「それ、そこまでして治さなくても」っていうの…けっこうある気がします。
    若年層や新生児、その前も。
    もっと自然に任せていかないと、技術は無料では進歩しないし享受もできませんから…
    夢の医療、なんてのは夢だからワクワクするのであって、現実になったらもう世の中終わりだと思いますよ。

    ユーザーID:9815761123

  • 30代や40代は消費ざかり、仕事に忙殺されてますから

    30代40代って家を買う時期でもあり、人並みに遊びにだって行きたいし老後老後といってお金も使わず毎日暮らしいる人なんていません。
    それはどんな所得層でも同じで年齢や所得に見合った遊びや生活をしているはずです。
    何より日本人は仕事が忙しく仕事だけで毎日クタクタなのに、そんな老後の事なんて脳裏にないから。
    家だって皆がローンで買うから買うわけですよね。皆が大学行かせるから行かせるわけです。買えない人、進学させれない人も同じくお金があるだけ使うんです。
    貯金もしないとね、と言いながら貯金は後回しで家や車や旅行や進学が優先なのは当然の事で、残ったら貯金ですから。
    今の老人の生活保護の原因は、貯蓄がなく働けなくなったからです。そしてこれからもっと増える予備軍だって理由は同じです。
    大事なのは40代、ここからはしっかり貯金していかないとだめです。

    私が一番危惧しているのは、今の40,50代の持家有りで貯金1000万以下で正規を退職した人。少なくとも80までは病気できないと思います。
    それと子供の結婚、生涯で考えるとしない方がいい暮らしが出来る確率が高いです。

    ユーザーID:1440897093

  • 長引く不景気は個人の責任に帰すべきか?

    若い人には老後に備えて貯金しろ!て言われてるんだ?
    収入と支出のバランスの話なら聞いたことがある。

    若い頃の貯金は結婚・住宅購入・教育費を含む子育て費用に全部消えます。
    老後資金の貯蓄は子育てを終えた50代から始まるのが庶民。

    じゃあ今の70代の老人が子育てを終えたころは、日本の経済状況はどうっだったのだろうか?
    バブル全盛のころ、子供が大学生。
    スネに噛り付く。そうしないと世間体が悪い。
    大学を卒業する頃にはバブル崩壊。
    老後資金を貯めなきゃいけない時期に、日本経済はリストラの嵐。
    それ以前はリストラなんて言葉すらなかった。
    子供の就職は厳しく家から出ていかない。
    続く不況。リーマンショックが追い討ち。
    バブル前は好況不況の波が数年おきでしたが、まさかの15年越えの不況。
    こんな中で十分な貯金ができない層が出てきても、何も不思議はない。
    資本主義である以上、負け組は必ず発生する。

    長引く不況の結果を個人の責任で片付けて良いのでしょうか?
    老人が悪いというのであれば、新卒で就職できないのは若者が悪いと言っているようなものです。

    ユーザーID:1792355178

  • 悲しい社会ですね

    生活保護=キリギリスというのは絶対ではないですね。
    シッカリ貯蓄していたにもかかわらず詐欺にあうとか、自然災害にあうとか、家族が大病をして貯蓄を使ってしまったなど、気の毒な事情の方もおられるはず。全てをキリギリスと断定するのは如何なものかと思います。
    若い世代が「私はシッカリお金を貯めてます!生活保護を受けるような人は怠け者!キリギリス!国に助けを求めるな!」と言うのは若さからくる物知らずか、ただ傲慢な根性なのか分かりませんが見苦しいです。
    既に日本は貧乏になっています。外国に経済援助をする位なら国民の為に使って欲しいです。生活保護の方も違う方もせっせとお金を使って経済を回す方が良いと思います。それと税金の無駄使いを止める事が先です。
    また若い世代の引きこもりやニートも問題です。ちゃんと働いて納税して欲しい。社会復帰の為の受け皿やシステムも必要ですね。

    ユーザーID:3360454615

  • ここの新聞さんの

    「老後破産」を読んで下さい(ヨイショではありません)。
    個人の問題ではなく、残念な政治が続いていることが原因です。
    これから、生涯未婚者が急増する事により、さらに厳しくなります。

    ユーザーID:4353965135

  • 年金で食えるという誤解

    年金は老後の重要な収入ですが、それだけで生活はできないと考えて資金を用意すべきです。年金だけでは生活できないのに、できると誤解して、備えていないからでしょう。
    その反対に、年金で生活できるのに、できないと誤解している場合もあります。

    高度成長期は賃金は毎年上がるものであり、住宅ローンもそんな前提で設定したケースがほとんどで、それがデフレになり破産の原因になっているともいえます。

    読売新聞のサイトに老後破産の特集がたくさんの事例とともに紹介されています。準備しても想定外の支出で行き詰まることが多いようです。トピ主さんも読んでみては?

    by 63歳 男

    ユーザーID:5209674925

  • 時代と年金制度のせいもあるでしょう・2

    補足します。
    昔は手続き毎に新番号の年金。
    転職等の数だけ別口の定期預金が出来たようなもの。
    会社名・時期・期間の申請が合えば支給。
    役所の手書きが崩し字だったりすれば別字の他人のもの扱い。
    しかも25年に1回でも未納なら1円も貰えない。
    掛けても貰えなかった人がどれだけいるか。
    そもそも40年、満期掛けても6万一寸。
    実際の支給平均は5万台。
    あなた暮らせますか?
    厚生年金も賃金連動、低収入なら低額。
    低収入なら退職金も預金も低額。
    真面目に掛けてても安泰な訳ではない。
    女性は離婚で無年金か国民年金のみに。
    制度が多くの無年金・貧困老人を生んだ反省から
    通し番号の1人1年金、学生期間の延滞、
    婚姻期間の年金分割等が認められるように改善された。
    若い皆さんが年金教育受けるのもそのお陰。
    怠け、散財してなったのではなく、
    大半は制度の不備のせいかも。

    半数が非正規の今、
    老後大量の保護費受給の予想。
    無年金者と、貰えないなら払わない未納を減らす為、
    受給資格を25年以上から10年以上に短縮計画。
    財源は今回先送りされた消費税増税分だったのに。
    先送りのツケは大きいと思う。

    ユーザーID:8915875802

  • 半分は高齢者ではない

    高齢者の保護数は、超高齢化社会で人口比率を考慮するなら増えて当然かと。

    それよりも半分が高齢者でないことの方が、より不自然だと私も思います。
    半数は多すぎます。

    ユーザーID:9418306917

  • 判断能力と断る能力低下による、老後費用の損失

    小遣いせびるダメ孫が多かったり、金銭的援助を求めるダメ子世代が身内にいて貯金が難しかったり、急増する高齢者狙いの悪徳詐欺集団に騙されてしまった人もいると思います。

    ユーザーID:1467521838

  • 身内に

    欲しいものがあればバンバン買う人がいました。今妻が入院 難儀していますよー

    私はH3年だったかな 1000万定額預金して 10年後1700万受け取りました。

    1年で70万と考えたら パート代になります。

    おかげさまで 貯金も何とか貯まり 年金とで暮らせそうです。

    ユーザーID:2163418586

  • 生活保護に問題あり

    生活保護費が年金より高額というのは絶対ダメですね。
    あと医療費も無料は絶対にダメです。

    生活保護世帯の半分が高齢者 については逆に残り半分の現役世代は何やっているのとも思います。

    世代間ギャップについては、近い所で急に変わってしまうと理不尽を感じますが、1世代違うと仕方ないと思えます。

    70代の両親は年金を多くいただいていますが、おかげで私は助かっています。
    だって両親の年金が大幅カットされたら私が支援することになり、老後の貯金ができなくなり将来生活保護のなりかねませんから。

    ユーザーID:6045101190

  • 予想外の社会の変化

    先ずは長寿:私の若かった頃の年金受給期間は10年〜15年間位だったのが医療の発達に伴い今では20年〜30年が普通、年金額は多くなりましたがその後年金改革で調整(減額)されているようです。

    日本で大きな年金改革があった頃ある国の政治家は<年金は安全>を政治キャンペーンに掲げポスターが街角に氾濫していました。其のころ彼も長寿とか出生率低下は予想していなかったのでしょう。(その後も度々改革が進行中ですが)

    世界の国々を見ていると社会福祉、人権などが声高に叫ばれ資本主義の勝利から再び社会主義の傾向に<弱者を支援>、支援の方法が政治家の無知で思慮深いものでないので所謂<働く者は馬鹿>という傾向になってからでは遅い、倫理観の違いでしょうか。

    ユーザーID:4637505719

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧