食育の難しさ

レス40
(トピ主2
お気に入り53

生活・身近な話題

あい

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 季節のものを食べます

    私は週に一度、近郊の農協の産直市場へ買い物に行きます
    露地物の季節は2週間くらい(前後を入れてもせいぜい1カ月)なので、季節の物が安くなったら買って、食べ続けます
    同じ材料で、切り方を変え、調理法を変え、組み合わせる素材を変え、調味料を変え、食べ尽くします
    魚介類も季節があります
    牛肉も季節があります(売れない時期は同じ値段でワンランク上)
    専業主婦の間に、店頭で注意深く観察し、自分なりの季節感を身につけることが大事だと思います
    都心でも可能だと思います

    ユーザーID:9515949095

  • 裏山椎のココロだ

    >実家では農家出身の母が色んな野菜料理も食べさせてくれました。

    私も農家の育ちですが、料理なんて言う程のものは食べてませんね。野菜ばっかり食べていた記憶はあります。

    >父の家のルーツは漁師なので、いつも一緒に釣りに行って、新鮮な釣りたての色々な魚を食べていました。潮干狩りもよく行ったし、ウニやナマコなども

    親が貧乏だったので肉魚の類はあまり食べてません。
    釣りは魚を買うよりはるかに高ものにつきます。経済的に余裕となった30代から始めましたが、サバ数匹にだってかかるコストは1万円を軽く超えますね(実は坊主が多い)。

    >海に遊びにいったついでにとったその場でたべたりとか、そんな生活が普通でした。

    いい子供時代でしたね。

    >好き嫌いもないし、高級な和食の店などに行って、食べられないものは全くないです。

    子供の頃には存在すら知りませんでした。今は余裕で何でも食べられますよ。

    >でも、野菜って本当に高いですよね。

    野菜が高いとはぜんぜん感じません。それなりの手間とコストがかかっているのがわかっていますので。子供の頃のように、家ではほとんど野菜ばっかり食べてます(笑)。

    ユーザーID:5496517381

  • 食費はケチれない

    4人家族ですが、食費は月5万円くらいです。
    結構やりくりしている方だと思います。

    まずは栄養面の勉強をした方がいいです。
    食育は「好き嫌い」だけの問題ではなく
    ウニやナマコは食べられても食べられなくても問題ないと思いますが
    成長には、この栄養が大きく欠けてはいけないってあるでしょう。
    この食材なら、安く手に入るとか
    この組み合わせなら、吸収率が高くなるとか
    そういうことを学んで、節約に役立てればいいと思います。

    ご自宅で野菜を育ててはいかがですか?
    魚介も、たまには旬のものを出したり
    レジャーで釣りや潮干狩りに連れていってあげては?

    食材が高級じゃなくてもいいと思いますが
    私はだしは都度都度とっているし、他も旨味を大事に作っています。
    慣れればお金をかけずにできますよ。

    ユーザーID:5143808244

  • 食育はママの笑顔かな

    私も主様と同じような、自然の中で育った者です。
    ちょっと時代が20年ほど古いでしょうか。
    私も子ども達に美味しい食べものを与えたい、子ども達だけではなく、魚嫌いの主人にもおいしい魚を食べさせてあげたいと思います。
    だけど、それは都市部では無理でしょう。
    だったら、もう考え方を変えるしかないと思います。
    とれたての食材を求めるのは無理なので、私が子供の頃に味わった食卓の雰囲気を子ども達に与えたいと思っています。
    食育って、改めて構えないで、「美味しく、楽しく食べる」之に尽きると思います。
    ママが美味しいねって笑顔で食べれば、お子様達も「美味しい」ってなると思いますよ。
    楽しい食卓を囲んだ経験が、美味しいものを美味しく食べる力をつけるでしょう。
    好き嫌いはね、ちょっとは許してあげて下さい。
    食育なんて、そんな言葉に惑わされないで!
    笑顔が大切です。

    ユーザーID:0301278662

  • 野菜って安い

    祖母から農産物を送ってもらっていました。食育は、野菜や魚が新鮮で安い土地に移住してきたのでクリアです。野菜、高いですかね。先日、肉や魚を買わずに野菜だけ購入したら、カゴいっぱい買って、こんな低価格なんだと感激しました。地物の旬の野菜をメインに買っています。地場の魚も安いです。ちなみに私自身は鮮度の悪い魚と添加物の多い食品が食べられません。ウナギも苦手です。ウナギ食べられないと恥ずかしいでしょうかね。ウナギ屋も苦手ですが、自分が作れない料理は外食で体験してもいいかなと思います。

    ユーザーID:3184408545

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 気負わず自然に。

    食育しなきゃ!って気負っても難しいけど、適度に節約、
    季節に合わせて季節のものを取り入れてメリハリを。
    こんな感じでいいんじゃないですか?

    我が家はスーパーで買う以外にJAの直売所や道の駅で地場産野菜をよく使います。
    週末のお出かけついでにね。
    そら豆だって、500円も出せばいっぱい買えちゃいますよ。
    今の季節は私の大好きなエンドウ豆で豆ご飯炊きまくりです。
    たけのこの季節には面倒でも一度は買います。
    春が来たーって感じがするから。

    気負わずゆる〜っと季節感じていればいいんじゃないですか?

    ユーザーID:8422921992

  • 面倒臭い

    あんまり拘り過ぎると重たいです。
    親だけが必死になって、滑稽に見えます。
    全てオーガニックで過ごすつもりですか?
    肉、魚、ファストフード、何でも与えた方が良いです。
    そりゃ毎日ファストフードや惣菜は良くないですが、状況に合わせて食べさせます。


    それに親がどれだけ頑張っても、中学生になれば友達優先になって、親の知らないところで外食しますから。
    家で頑張って作っても無駄です。。

    ユーザーID:1398741874

  • デパ地下やアンテナショップが案外穴場

    めずらしい野菜や高級な食材は、近所のスーパーよりも百貨店の食料品売り場が逆に安かったりします。
    品質に拘りがあるので、夕方になるとタイムセールや値下げをして売り切ってしまおうとするので、仕事帰りに寄ると思わぬ掘り出し物があったりします。
    都市部在住なら、自治体のアンテナショップや期間限定の物産展などやっていませんか?
    そういう所では、地元の新鮮な食材を多くの人に試してもらえるよう、割安な値段で売っていたりします。
    珍しい食材の場合、デパ地下やアンテナショップだと、調理の仕方もアドバイスしてもらえるので、チャレンジしやすいのもポイント高いです。

    ユーザーID:8410677629

  • 普通でいいと思います

    しかしそれと好き嫌いはまた別の話ではないでしょうをか。
    私の思う都市部の普通の食生活とは
    スーパーで売っている食材を使ってできるものですが
    普段は安いものを、高価な食材は時々、ほんとに高級なものはイベント時のみ
    そんな風でいいと思います。

    また、高いお野菜は少量の副菜に。
    普段は豚こま、胸肉、鯖など安いものが多くなるでしょうが
    スーパーに毎日行けばその日安くなっているものが必ずあるので
    普段のお値段より安くなった時に牛肉など買ったり。

    全ての食材を同じ頻度で食卓に出さなくてもいいと思うのです。
    経済的なこともありますからそれが当たり前だと思います。

    自分自身のことを言えば、ウニもナマコもほとんど食べたことがありません。
    でもウニやナマコはもう嗜好品の範疇だと思います。
    好きな人だけが食べればいい。
    その手のものって、良い品でないと癖があって嫌いになってしまったりして
    かえって食育には逆効果だったりもして。
    (私にとってのウニはそんな感じです)

    ユーザーID:8200375560

  • 30年ぶりに思い出した単語

     トピ主さんの場合『食育』という言葉より『エンゲル係数』を調べたほうがよいです。

     所得のうち現在食費の占める割合を出して平均等やよその家庭と¥と比較する事をお勧めします。

     お子さんが生まれたら『エンジェル係数(造語)』も必要になりますので対応できるのでしょうか??

    ユーザーID:8992581080

  • もっと大まかに

    大別すればいいんですよ。

    レンコンは高いかもしれないけれど、牛蒡は値段が安定していますよね。
    ほうれん草はお高めな時期でも、小松菜は安値安定ですよね?
    地域にも拠るかも知れませんが、一時期高かったキュウリがお手軽な値段に落ち着いていたり・・・。
    ブロッコリーやアスパラなども、時期によって値段がかわりますよね。

    いま妊娠中ということですが、母体が「アレ嫌、これ嫌!」としておらず、出てきたものを何でも食べるのが大事。

    母体の思考は胎児に伝わると私は思っております。
    >エビ、イカ、タコ貝類、その他の地場の魚などは値がはります。

    日常的には食べられなくても「食べたい」という欲求はありますでしょう?
    そして「一切購入できない」程困窮しているわけではなく「日常的には購入できない」だけですよね?
    というか、イカとかタコってそんなにお高いですか?
    沢山食べなくても、少しでも取り入れられたらOKですよ。
    (そもそもそんなに大量に食べるものではない!)

    根菜
    葉物野菜
    肉か魚

    ザクっと3つに大別して、時期に応じて安くなる旬のものを選ぶようになされば?

    ユーザーID:7894439538

  • 季節の物を食べる。

    基本は季節の物を食べると言う事でしょうが、
    私は乾物も使います。

    これからご出産という事ですので、色々と先の事を考えて
    心配されているようですが、幼稚園や学校の給食も大変立派な食育です。

    それと食育の中に入るかどうかわかりませんが、
    やたら安い物だったり明らかに農薬たっぷりの物などは
    むしろ食べないと教える方が良いと思います。

    食べ方のマナーやどうやってこの食材が作られて来たかを
    教えるのも食育ですよね。お子さんが生まれたらベランダで一緒にトマトなど
    育てて見るのも楽しい事でしょうね。


    あんまり心配せず、季節の物をいろんな調理法で料理して
    美味しく食べる事の方が今のトピ主様には大切です。

    乾物はお使いですか?切干大根や干ししいたけなどです。
    スーパーでは今いろんな干し野菜がありますよ。野菜の
    お値段が高いときだけでなく日常的に使うと料理の幅も広がるし
    お買い物に行けない時も便利。冷蔵庫のなかった時代の人達の
    智恵です。有難く利用しましょう。

    ユーザーID:3792156423

  • 好き嫌いさせない為には

    私は東京生まれ東京育ちで両親も祖父母も東京です。つまり田舎がない、農家や漁業の親戚もいないので、トピ主さんの経験されたような豊かな食育はされていません。

    母は手作りのご飯を作ってくれていましたが、野菜は少なめでした。私が野菜嫌いだったのと関係するかわかりませんが、子供の頃は少食で野菜嫌いでした。

    が、親もそんなに好き嫌いを責められた事もなく、給食残すの禁止の先生にも当たらなかったせいか、大人になった今好き嫌いがありません。むしろ何でも食べるし、好きじゃないもの自体が殆ど無いです。これは親や先生方に強制されなかったお陰だと確信しています。

    何故なら、食べるまで残されてた友達は未だにその食材が食べられなかったり、親から食べるよう強制されて今も食べる気がしない、という人の話をよく聞くからです。

    子供の味覚は大人より敏感なので、匂いや味がどうしてもダメな時もあります。あまり焦らず、楽しんで食事されるのが一番だと思いますよ。

    ユーザーID:7174889275

  • 高級な和食の店に行くことはないので、構いません

    うちの子ども(成人)もウニやナマコは食べられません。でもそういうものを食する機会がないので、構わないと思っています。
    我が家は地方なので、農水畜産物はわりと安く手に入ります。ミョウガは買いませんが、それで特に困ったこともありません。
    スーパーで手に入るオーソドックスな生鮮食品を美味しく料理していれば、それなりに舌が肥えて、それなりに高級な店でも食べられるようになります。食材の豊かさではなく、食体験の豊かさがあれば、味はわかるようになります。
    トピ主さんはあんまり新鮮な食材ばかり食べてきたから、アレンジが苦手なのではありませんか。我が家はズッキーニを見たことはありませんが、適当に野菜をアレンジしてラタトゥイユはよく作ります。

    ユーザーID:0818355752

  • あのね


    食べ物そのものだけじゃなくて、
    食事をする環境など、すべてひっくるめて「食育」というんです。

    まずは、トピ主様がリラックスすることです。
    今、お腹の中で栄養を摂っている最中のお子さんに
    母親のストレスは良い環境とはいえません。
    それでなくても、出産を初めて迎えるのですから、
    少なからず、いつもと違う心持ちなのがあたりまえですから。

    トピ主様は、恐らく食の環境に恵まれ過ぎていたのでしょうけれど、
    皆が皆、そのような環境で育たないと立派に成長してないですか?
    そんなことはないでしょう?
    お子さんにアレルギーがある方もたくさんいらっしゃいます。
    親がどんなに頑張っても、生理的に特定の食材が食べられない子も
    たくさんいます。
    もちろん、そういう環境に引っ越すことだって、
    選択肢のひとつにありますよ。

    大抵の親が妊娠中も産んでからも、野菜の大切さを専門家から
    説かれます。
    でも、そこまで神経質になってしまっては、
    せっかく身体に入った野菜の栄養分も、
    ストレスによって変化してしまうかもしれません。

    身の丈に合った工夫を、日常の生活の中でしていけばよいのです。

    ユーザーID:2135368870

  • 2歳の子供が居ます。

    子供が居ると、夫婦二人より食費はかなり上がります。
    うちはまだ小さいので、肉は食べませんが、その代わり魚、野菜を食べさせます。
    毎回同じものを出しても飽きて食べないので、いろいろ作ろうと思うと、本当に高くつきます。私も野菜が好きなのですが、トピ主さんのおっしゃるように野菜は高いですね。
    あと、季節の果物を食べさせたいと思って結構買います。
    でも私達の分までは買えません。
    好き嫌いに関して言えば、私自身、好き嫌いが多いので、嫌いなものを食べさせないと、子供まで食べられなくなるので、出していこうとは思っています。

    ユーザーID:4420393150

  • 高級な店?

    本当に、子供を産むとお金がかかりますよね。
    私は生協やオイシックスで野菜を買っています。
    高いですけど仕方ありません。

    主さんが食べてきたものが何なのかわからないので何とも言えませんが、主さん宅では高級な和食料理屋で出るような食事が食卓に並んでいたのですか?
    それなら、都会とか田舎とか関係なく「主さん宅がレアケース」だと思います。

    私はもう30代ですが、高級なお店に行くと食べた事のないもの、見たことのない料理がよく有ります。
    でも、もちろん食べますよ。

    初めてのものは食べられない。
    なんて幼稚な大人は少数では?

    それに、高級な店は普通では手に入らないような珍しいもの、高いものを提供しようと頑張っているところが多いと思うのです。
    高級な店のものでも子供の頃から食べてきたから大丈夫。
    とわざわざ言う主さんが不思議というか、ちょっと話しを盛るタイプなのかな?と思いました。

    ユーザーID:6745218497

  • すみません。冷ややかに見てます

    >みなさんは、食育について、どう考えてらっしゃいますか。

    暇と金があるから、そんなことに手間をかけていられるんだなと冷ややかな目で見ています。
    食育がどうのという話は「私はヒマです」と言っているように私には聞こえます。
    とれたて野菜、魚は子供にとっては普通のものでしかなく、
    食材のすばらしさに感激できるのは、お金の重要さを知った大人だけです。

    ユーザーID:8773818458

  • ん?食育と価格は別のものですよね

    色々なお品を食べさせたいのなら、食費をしっかり確保する事ですよね。

    我が家は、食費が足りないとか、炭水化物ばっかりのメニューにならない様に、大目に予算確保。
    その予算の範囲内ならOKって形にして、偏らないメニューを心がけ、外食や名産品や地方の食のお取り寄せもしてますし。

    産地や漁港近くでないとってモノがあるのは事実ですが、今だったら取りよせも可能でしょう。

    毎日高級国産牛って形でもなければ、そんなに食費は嵩まないと思いますけどねぇ。

    3人家族で7〜9万が予算でした(余ったら繰り越してちょっといいもの食べたり)
    子は独立したので、今は5,6万って感じかなぁ。(どっちも外食別)

    確かに昔とは違いますが、逆に昔に食べれなかった海外産チーズや生ハムとか(これは一例)エスニックや新しい食文化の昔には無かったメニューが増えたのもありますよね。

    普通に季節感も取り入れて色々出してたら、嫌いとかってならないと私は思うんですか、私と主様の普通が違うのかなって感じました。

    確かに野菜類は高い気もしますが、昔の価格が記憶に残ってるせい?割り切ってますよ。

    健康かお金かと考えたら健康ですから。

    ユーザーID:2429312168

  • 実家に帰ればいいのに

    言い訳はいくらでもあります。

    お金がないからわが子の成績が悪い。
    海外に住んでいるからわが子は日本語ができない。
    学校の学区が悪いからわが子も不良になった。
    祖父母が甘やかすからわが子はわがままになった。

    などなど。

    “孟母三遷”という言葉をご存知ですか?
    私は子供が生まれてからは子供優先に生活環境を考えてきました。

    あなたがトピ文のように思うなら実家に帰ればいい。
    もしくは子供が生まれてからは長期でどんどん田舎へ行っておいしい物を食べさせればいいんじゃないですか?

    あとお子さん生まれてからはアレルギーテストも忘れずに。
    世の中には好き嫌いではなく、アレルギーで食べられない人もたくさんいます。
    海鮮も野菜も果物もあらゆる物に反応する可能性があります。

    ユーザーID:6924245286

  • まあ何でも色々食べたがいい

    実家は瀬戸内の小さな良港の隣の隣の町で、
    そこで直接買い付けてる魚屋さんまで、自転車で片道7キロほど走って母が買ってきたシャコとか、クズ値で大量に買える小さいケッケとか、
    そういうのは旨かったです。
    シャコは、ワシャワシャ動いてるのを大きい寸胴で大量に塩ゆでして、湯気モウモウのを自分らで剥いて食べる。

    うちの子らはシャコむけないし、チビケッケをせせって食べたりできないでしょう。
    今は中部地方在住でそういうのは食べさせてないから。
    でもこっちはこっちで面白そうな生き物がいるからそれにチャレンジすればいい。

    野菜も、大都市は大都市で変わったものが次々出てくるじゃないですか。外国由来の面白そうなの。
    そういうのをチョコチョコ使ってみたり。
    色々試す姿勢でいれば子供も結構チャレンジャーになりますよ。

    ウチの主人は、義母が使わなかった食材は食べないの。
    ズッキーニを「実家で出たことないから」って食べなかったり。
    義実家は使い慣れた食材以外はなかなか手を出さないんだな。
    「高校の時(バブル頃)に初めてベーコンを食べた」とか言ってたし。
    そういう姿勢だと子も食に保守的になるかなと思います。

    ユーザーID:5174629812

  • うらやましいです

    トピ主さんは良いものを召し上がってきたんですね。うらやましい。そういうのがホントに豊かな食生活って言うんですね。
    都会でトピ主さんがなさってこられたような食生活をしようと思ったら、えらいお金がかかってしまいますよね。

    私は街育ちなので、トピ主さんががっかりなさるような食材ばかり食べてるかも。たまに夫の職場の方のご実家が農家とか、家庭菜園をなさっているとかで、野菜の頂き物をすると、本当に美味しくてありがたいです。

    もしご実家から送って頂けそうなものがあったら、お願いしたり、生協をうまく使ってみては?あとは、先にも書きましたが、市民農園とかベランダ農園。大した量はとれませんが、子供と一緒にやると、なかなか楽しいです。スーパーやデパ地下の生鮮食品売り場も、時間や売り出しなどをうまく使うと、結構良いものがそんなに高くなく買えることもあります。

    都会では、食育って力が入ると、ゲンナリしてしまうことが多いので、私は栄養のバランスを考えて食べる、食べ物がどうやってこの食卓まで来たか知る、ムダにしないように、ちゃんと料理するということを子供に教えるよう心がけています。

    最後に…無事のご出産をお祈りします!

    ユーザーID:4333795366

  • 3年間は何を食べていたの?

    結婚して3年とありますが食事はどういったものを食べていたんですか?
    野菜も魚介もびっくりするほど高くはないと思います。
    例えばレンコンを買っても何回かに分けて調理しませんか?
    胸肉しか食べられないって…唖然です。
    あまりお料理しないみたいですね。
    ちなみに高い素材は頻繁には食卓にのぼらないのが普通です。
    普段は安い素材を使ってみなさん調理していますよ。

    ユーザーID:1293483620

  • 大袈裟ですね

    コープとかで、旬の野菜を組み合わせて届けてくれるサービスありますよ。
    決してお高いものではないし、全国の農協のお野菜やお魚なんかを、毎週カタログで簡単に選べますよ。足りないものを近所のスーパーで買えば?
    コープだけでなく、流通やネット通販が発達してる現代では、トピ主さんが恐れているような大袈裟な話ではないような…?

    ユーザーID:7880502034

  • 大袈裟ですね

    コープとかで、旬の野菜を組み合わせて届けてくれるサービスありますよ。
    決してお高いものではないし、全国の農協のお野菜やお魚なんかを、毎週カタログで選べますよ。足りないものを近所のスーパーで買えば?
    流通や通販が発達してる現代では、トピ主さんが恐れているような大袈裟な話ではないような…?

    ユーザーID:7880502034

  • どうなんでしょうね

    私も妊娠中に同じ事ようなことを思ったことがあって、子供には色々な野菜を食べてもらいたいと思ったんですけど、
    実際は離乳食で頑張っても幼児食を頑張っても子供は野菜嫌いです。

    私も野菜が好きになったのは大人になってからで、子供の頃は食べられないものはないけど実は嫌いという感じでしたし…
    我が子もそうなるのかな?
    野菜嫌いのまま大人になるの?
    私はまだまだ工夫が足りない?
    私の料理が悪い?
    とか悩みだらけですよ。

    別に野菜が高いとか安いの問題じゃなくなってますね。

    野菜が高いなら、少しでも家庭菜園のようなことをして子供とそだてて収穫してみたらどうでしょうか?
    野菜に愛着が湧いて食べられるかも知れません。
    野菜嫌いの我が子に悩み、今考えてることなんですけどね。

    ユーザーID:7077828625

  • ケチですか?

    そりゃ生産地で原材料がタダ同然に取引(近所の人がくれたり)
    と比べたら高いでしょうが、
    逆に言えば、ある程度はカネで解決するのです。
    何でもお買いなさい。

    え?カネを出したくない?
    それはケチというんですよ。
    本当にカネがないなら貧乏だし。

    ユーザーID:4327420115

  • 経験者じゃないと、ニュアンスが伝わらない?

    二回目ですが
    高級食材とか、野菜が高い、とか。
    地方と首都圏では全く違う国と言っても良いくらい値段が違います。
    トピ主様とは地域は違いますが、私が食べていたのは
    「うに」「あわび」「クロマグロ」「天然うなぎ」「寒ブリ」「アラ」
    その他もろもろ、季節の魚介類。
    野菜もとれたての地場野菜。
    それが、抜群の鮮度で安価、いただきものとして食卓にあがります。
    いわしの刺身などは、高級料亭では出ないでしょう、漁師でないと味わえない極上の味です。
    食育って、美味しいものを食べるだけではないでしょう?
    価格じゃないよ、ママの手料理は、なんでも美味しいの。
    大丈夫ですよ、あなたのお腹で育った赤ちゃんだから。
    うちの子供は一人は何でもたべますが、もう一人はかなりな偏食です。
    でも、好きな物だけ食べて12歳になりました。
    「美味しかったよ」「ごちそうさま」
    ちゃんと言ってくれるから、それで満足。
    子供も満足。
    色々望むとお互いに辛くなります。
    出来る事から、すこしずつ頑張りましょう。

    ユーザーID:0301278662

  • ちょっと過敏に考えすぎてないかな

    何も考えないのは良くないけど、頭で考えすぎて身動きとれなくなるのも問題。

    一番大事なのは、食材を美味しく調理して出来るだけ何でも食べられるようにすること。
    そして品目の話をするならば、物理的な価格の絶対値と個々の品目の価格変動を一緒にせず
    バランス感覚で考えるようにすることです。

    物理的な価格の絶対値というのは、1日の食費を○円以内に収めるという考え方。
    この考えに固執するとトピ主さんのように鶏胸肉しか買えないとなる。
    でも、1週間で○円×7の予算とすれば、残り物を使って買い物0円の日ができても
    不思議じゃない。その分で何か日頃より良いものを食べる日を作ることも可能です。

    でも物理的な食費で窮するのであれば、それは家計の収入や支出バランスの問題です。
    これを食育問題にしてはいけない。家計の見直しや収入増加という別の解決策が必要。

    旬というのも価格に反映されますが、『旬のはしり』避ければ価格もこなれてます。

    また食育というのは食べさせるだけではありません。参加させるのも食育です。
    絹さやの筋取りなど参加させれば興味ももつ。
    毎日食卓に上げられないならイベント化するのも食育です。

    ユーザーID:3954478329

  • トピ主です、レスが遅くなり失礼しました

    たくさんのレス、ありがとうございます。
    読んでいて思いましたが、確かに笑顔で食事を取れるような環境があるほうが
    大事ですね。私も子供の頃はミートソースが嫌いでしたが、親はそれを
    無理に食べさせようとはしなかったし、10歳くらいになれば普通に食べられる
    ようになりました。

    旬のものを食べるというのは意識しています。冬は茄子とか高いので
    全く買っていませんでしたが、最近はよく買っています。
    旬のものは美味しいですよね。

    食費を気にしているのは、結婚当初と比較すると月の食費を5000円ほど削ったのと
    対して円安の影響で食料品価格はものによっては1.5ー2倍くらいになっているからです。
    家の自炊の食費で3万円に設定していますが、すると1日千円の予算になるので
    (家で食べるのは私が1日3食、主人は夜だけなので合計4食分)
    一回分で二百円とかなってしまう食材は食材費に占めるウエイトが大きいなあ、と。

    確かに私が子供時代食べていたものは今の生活では食べられませんが
    先日はズッキーニを初めて買って、ラタトゥイユを作ってみましたし
    今の時代の今の環境だから食べられるものを楽しむのが正解ですね。

    ユーザーID:0885887993

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧