親の終活

レス11
(トピ主1
お気に入り69

家族・友人・人間関係

みさ

70代後半の田舎の両親、終活を全くしません。

それとなく親戚の連絡先をまとめたり、年賀状を見せてもらったり、取引銀行支店名を教えてもらっただけです。

そろそろ50代の皆さま、親御さんの終活何かお手伝いしてますか?

また、突然の事があった時にこうしたとか、こんな時が困ったという話を教えて下さい。

私自身は、地元を離れて30年、結婚式は何度か行ったけど地元でお葬式に出たのは30年以上前で地元の風習すらわからないありさまです…。

ユーザーID:8262807490

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 流行りとは言え・・・

    私が30代半ばで最後の肉親の母をある日突然の病で、死に目にも会えずに亡くしています。
    当然、後の片づけなど大変だったですが、銀行関係の通帳など大切なものは金庫にあるのだけは分っていたので、そんなに大変でも無く処理できました。
    終活など言われていない時代ですが、親が亡くなればそれなりに対処できますよ。

    残された子供の為に、きちんと片づけをしていて欲しいって事ですか。
    連絡する親戚名簿や大切な書類などが整理されてあれば、それで良いと思うのですが。

    残された遺品の思い出を片付けながら、天国の家族を想う時間もありだと私は思っています。

    田舎でも葬式はそれぞれの家庭のやり方で簡素化しているし、地域の習わしでやる方法をしなくても良いと思いますけど。

    私は60代後半一人暮らし母で、子供たちは都会に住んでいますが、私の葬式は市斎場(市の火葬場)内で低額で出来るので、そこでやる様に言ってあります。高額な金をかける必要は無いと言ってあります。

    ユーザーID:3354424930

  • あなたの終活

    親の終活ではなく、あなたの終活です。それはあなたの都合ですから、あなたが解決すべきことでしょう。

    ユーザーID:6764814179

  • 手伝いというか

    話は聞いてます。
    「葬式はどこでどうしたいの?」「預貯金の通帳はまとめといてね」「ざっくりでいいから遺言書書いといてね、どこに何があるかわからなくなるの嫌だから」実家に帰ったり親と話すときはこの辺言ってあります。
    ざっくりとですがやってくれてます。田舎じゃないので近所に気兼ねするような付き合い無、親戚も別になかよくつきあっているところがないためこじんまり家族葬やって実家は独身同居の姉と子供のいる弟で話し合って分ければいいと思ってます。私は嫁に出た身なので「相続は放棄する、代わりに葬式はお客様だから相談には乗るけど仕切りはしない」と兄弟に言ってあります。

    ユーザーID:5048953140

  • 口約束でおざなりになっている問題

    私も、人の子供として出来れば親に終活をして欲しいと思います。
    きっと、それは誰でもその方が面倒がないから望んでいるでしょう。

    でも、親としては、まだまだ生きる気なのに
    子供から終活の準備をしろと言うのは酷な気がしますよね。

    私は片親を失くしました。
    突然、余命宣告をされて、宣告後一か月足らずで亡くなりました。

    親が口だけで約束でしていたことで
    知人縁者から「口約束だから」と言われ
    とても悲しく辛い思いもしました。

    宣告後の一か月、親も苦しく辛かったと思います。
    それでも、子供としては、ちゃんと整理してから亡くなって欲しかった。

    そんな私ですが、就活するしないは親の意志を尊重します。
    親が口約束の相手を信じるのも親の意志です。

    でも、もし今、あの一か月間に戻れるなら、もっと打つ手はあったと思います。

    地元の風習なんて、その時、親戚に聞けばいいのです。
    知らないのは恥でも何でもないのですから。

    銀行の預金等の書面になっている物は
    必ず何かの痕跡(通知など)で残っているから何とかなります。

    ただ、口約束でおざなりになっている問題がないか
    それだけをご両親から聞き出しておいてください。

    ユーザーID:4591325393

  • それは無理でしょ

    終活なんて言葉も考えもごく最近のことですから、70代なら知らなくて当然。
    ましてや、そろそろ先が見えてしまう年になってから、そんなことは考えたくないでしょうね。
    トピ主さんはまだ50代だから、はるか先のこととして考えられるんですよ。

    どれほどの田舎かしりませんが、今時は葬儀場でお葬式をして火葬場に行くのが普通。
    特別なしきたりなど、気にしなくても充分対応できますよ。
    親族だけに連絡して、家族葬程度にしても問題ありませんし。

    今のペースで情報収集しつつ、備えていけばいいのでは?
    親自身に終活しろなんて言っちゃダメですよ。

    ユーザーID:5153131995

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 田舎も今は家族葬でしょう

    そもそも田舎の人は終活しないでしょう。それより先に来るのが通院や介護の問題です。
    田舎は子が同居してたり近所にいたりが多いし、地を出た事がないし同じ生計にいるので親も子もそれを当然と思っています。
    子が都会に出てしまって近所にいない家は、配偶者の世話や役所病院の手続きが自分で出来ないと親戚がやって当然とか、親戚はそう思ってなく遠く離れた実子に電話してやめてくれとか。
    とにかく80半ばになると車の運転ができないのでまずは田舎では死活問題です。
    そこに通勤や入院になったり、立てないと下の世話もあれば、年なので本人らが色んな事が出来なくなり申請や説明すら聞けないし、でも当人は誰だって病院や施設より自宅がいいというし、病院施設は順番待ち、結局最後は介護するものとされるものとの人間関係によります。こんな事は嫌だ、夫婦なので最後まで看てあげよう、こういう事に行き着きます。

    ユーザーID:5324130062

  • なんとかなりました

    義父は一人暮らしでしたが、自分が死ぬことは永遠にないと思っているような人でした。
    それとなく夫が尋ねても、いつも「その時になったら言う」という返答。
    恐れていた通り何も知らされないまま入院⇒意識混濁⇒死亡でした。
    入院中家宅捜索して通帳、印鑑のありかは分かりましたが、他に大切なものがあったのかどうかは分からずじまい。
    遺言書の類も見つかりませんでした。
    でもこれでよかったのではないかと思います。
    義父の気持ちは誰にもわからなかったことで、かえって粛々と手続きを進め、兄弟間での話し合いもスムーズにいきました。

    ユーザーID:0106880068

  • そうですね

    お墓はちゃんと決めといて欲しかったですねー
    一から考えるのって大変なんですよ。
    一応やってくれてれば、後々こちらの事情で変更もするけど
    全部お任せ状態ってかえって困る。

    ユーザーID:5992770944

  • レスありがとうございました。

    申し訳ありません。急な取り込みで何日か家をあけてまして、今、やっと頂いたレスを読んでいます。

    皆様、貴重なお話をお教えくださってありがとうございます。

    まとめてのレスで申し訳ありません

    口約束って言葉が気になりましたが

    土地が祖母名義になっていると口で言われて母がパニックになってましたが、30年以上前に父の名義になってました。

    口約束は

    父は『おときには、中学生時代からの友人の数人に必ず座ってもらいたい』って話くらいで…

    『おとき』は、たぶんお葬式の時に身内同様の席にて一連の儀式に立ち会って頂く意味合いらしいのですが、私も他の姉妹も???

    母は、胃ろうを作るのは絶対やめてって念を押されました。

    お墓は先祖代々のものを『墓じまい』して永代供養をするようにとのことなのでお寺さんと相談します。


    全身麻酔の手術が必要になったら、県内なら必ず、する人の家族プラス兄弟までも立ち会う風習とか…

    いろんなパズルのピースばかりです。

    自分の終活は独り者だし散骨希望なんですが、娘が『お墓参りができなくなるなんて絶対イヤ!』と断固拒否されて頭が痛いです

    ユーザーID:8262807490

  • お墓と葬儀社をどこにするか決めておくべきと思う。

    先祖代々のお墓があり、そこに入るつもりの人は別です。

    やはり、お墓の場所が決まっていると、残された人は楽だと思います。

    まだ、ご両親が健在とのことなので、ご両親で決めておいてほしいですね。

    墓地の場所と葬儀社をどこにするかが決まっていると、残された人がスムーズに事を運べると思います。

    連絡する人については、一人に知らせるとあっという間にみんなに伝わるので、特に気にしなくてもいいと思います。

    私達老夫婦は、夫婦の間では、終活に関するいろいろな話をしています。
    ただ、子供たちにその内容をあまり話していません。
    今最善と考えている事でも、時間が経つと考えが変わっていくことがたくさんあるので。
    今ある預金も不動産も、死ぬまで持っているかどうかわかりません。

    まだ、二人そろっていますので、片方が亡くなっても残りの者が後始末をするつもりなので、あえて子供に話さなくても大丈夫とも思っています。

    ユーザーID:8192549328

  • 介護

    胃ろう絶対やめてっていうのも困るんですよ。
    実際にどういう状態になるかわからないから。
    胃ろうだから口から食べられない状態だけど
    まだそれなりに体力ある場合もあるんです。
    枯れ木のように…と言う状態ならそのまま看取りもいいけれど
    寝たきりでもまだ意識はしっかりあって嚥下が出来ない場合は
    胃ろうしないってことは絶食せよ、餓死せよって事ですから。
    それできますか?
    言葉は上手く喋れなくなっても、問いかけにしっかりうなずいたり
    しっかり反応する人を餓死させられますかね。
    病状は人それぞれ、その時にならないとわからないことも多いんです。
    親の「なんとなく」」の希望って無責任ですよね。

    ユーザーID:1111889824

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧