• ホーム
  • 話題
  • 日本は産業用人型ロボット生産を国有化してすべてリース制に!

日本は産業用人型ロボット生産を国有化してすべてリース制に!

レス39
(トピ主1
お気に入り26

生活・身近な話題

明日

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 国営にするんですか?

    国営化した途端に高コストになった上にイノベーションがなくなり、何の競争力もないロボットしか作れなくなります。投入した莫大な資金が全部無駄になります。

    残念ですが、無理ですね。

    ユーザーID:0992620706

  • いやー

    リースにして囲い込んでも貸し出すってことはさ。
    特許どこ吹く風の某国がコピーして安く販売すると思うんだよね。

    ユーザーID:9186497519

  • そして安い中国製品に席巻され倒産

    日本だけでやってもだめです。

    人口多すぎです。
    ロボット化できるところはして、仕事からあぶれる分の人口は減らす。
    少子化バンザイです。
    全世界で10億人もいれば十分でしょう。
    日本は3千万人程度であれば、国土内で自給自足できますから、日本で耕作に適さない食材だけを輸入すればいい。
    日本は江戸時代に3千万人で安定していました。

    無理な工業生産と無理な耕作面積拡大で、宇宙船地球号を随分痛めつけました。
    世界人口10億人程度であれば、地球に与える負荷は小さく、且つ、人類の絶滅を危惧するような個体数でもないでしょう。

    ロボットが仕えるべきは人間である以上、ロボットがロボットのために働くくとは無いのですから、人間全ての仕事を奪ったと仮定すれば、人間の仕事は生きることだけに限定されます。
    だから絶滅しない程度の個体数を維持し、ベースとなる地球を破壊しないことだけに気を使えば良くなります。

    ユーザーID:7637970520

  • いろいろ疑問が、、

    アイデアを出し合うというのはとても良いことだと思うのですが、なんでも「国に」って、それこそ時代に逆行しているような気がします。
    研究開発に補助を出すのは良いとしても、生産まで国営工場でやってリース業も役人さんがやるのですか?国鉄とか郵便局を民営化したのと真逆な方向性ですけど。

    国がロボット開発・生産をして、できたものをリース化するとどうしてコストが削減されのかというあたりも、根拠が書かれていないのでよく理解できませんでした。

    税金を使うためには、とても煩雑な手続きや、それが本当に「適切」に使われたかの検証も必要になりますから、スピード第一の最先端分野に国がそこまで全面的に関与することのメリットってあるのでしょうか?人的資源にしてもスティーブ・ジョブズさんのような人を許容して任せるという組織なら良いかもですけどね。

    むしろ研究開発したり、それを商売にうまく使っていける人材開発にこそ、国にはお金を使ってもらいたい気がしました。餅は餅屋って言いますから、餅屋を育成し活用する方に、国には頑張ってもらいたいな。

    ユーザーID:4525822101

  • コストは血税?

    国がお金を持っているのではありません。
    国の予算は税金と借金です。

    国営企業の行く末がロクなものじゃないって知らないんですか?
    電電公社・国鉄・専売公社・・・

    労働環境は常に不変。。なものではありません。
    経済の仕組みが崩壊するんですか?

    井戸水が塩水だった江戸では水売りが。
    遠くからきれいな水を運んで売る。
    徳川家康の水道工事事業が完成するといなくなったそうです。

    設備投資・メンテ費用こそ必要ですが人件費のかからないロボット。
    需要のない雇用現場から人間が追い出される。
    トピ主さまの言う通り。

    では人間でなければならない仕事場へお引越し。
    第三次産業への転換などはかなり昔から言われていましたね。
    開発・設計など頭を使うお仕事。
    営業職・接客業。
    保育士・介護士・医療職。
    キカイなどにはコナセない職人技・職人芸。

    国が事業をしようと思い立つとロクなもんじゃありません。
    年金運用事業の二の舞を見たくありません。

    ユーザーID:9594165199

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 産業用ロボットが人型である必然性無し

    産業用ロボットが人型である必然性はまったくありません。
    この点でトピ主の計画は破綻しています。

    ユーザーID:7033334234

  • 規制に産業ではろくなことがないので

    そうですか。
    それでは私は、優秀なロボット開発者を高給で引き抜き・・・または、海外でよりすばらしいロボットを開発して、企業に販売します。

    国のリース戦略はバレバレなので、その行動をしっかり読んで、国からのリース料を一括払いするよりも少し高めの価格をつけて、国よりはるかに早いスピードで商品の更新やメンテナンスを行います。メンテナンス料金も、新型も有料です。産業に応じたすばらしい機能と愛嬌のあるロボットにします。

    国からのリースなんて!

    ユーザーID:9007688221

  • 正体はクラウド

    人工知能(AI)の正体はクラウドコンピューティングです。人型をして、受け答えをしているのは見掛けだけで、リースもなにもあったものではありません。そのうち、プロバイダ料金を払ってインターネットを使うイメージで、誰でも安価に使えるようになるようです。

    ユーザーID:9040549931

  • すでにあるものは?

    「2眼2またはそれ以上の数の腕を持つ」ものを人型ロボットと定義するなら、現在世界中の工場で組み立てロボットとして使用されているもののかなりの数は、人型ロボットに定義されると思います。
    すでに世界中にあって、世界各国が作って、輸出競争をしているものを、「いや日本は売らないんだ。リースしかしないんだ」とか面倒なことを言い出したら、みんな日本製を使わなくなるだけじゃないでしょうか?

    まして、よくダンピング訴訟があるくらい、競争のために海外では商品を安く提供することも一般的にあるのに、高くして、わざわざ売れなくして、その商売にはなんの利益があるんでしょう?

    ユーザーID:0186474208

  • AIはまだ難しいんじゃない?

    トピ主の考えているロボットは、仕事に特化したものじゃなくて、汎用性の高いロボットなの?人間と同じ物作っても効率悪いよ。

    30年くらいでできるAIってどんなもの?
    ベルトコンベアで流れてくる赤いものと青いものを判別できる程度のもの?
    それとも人間と変わらない思考ができるもの?
    人間と同じなら、意地悪されたら人を憎む?殴ってもいいと思うのかな?
    人の善悪は判断できるのかな?人が嬉しいか悲しいか判断できる?

    リースされたロボットを自分の代わりに例えば保育士の仕事につけてみる。
    子供が喧嘩したらどちらが悪いか判断できる?子供を叱ることができる?子供の体の具合が悪そうだと判断できる?そして適切に対処できる?

    何もクリエイティブな仕事じゃなくても人間はすごい量の判断を下しています。AIにこの判断はまだまだ難しいと思うけどね。

    逆にロボットに適している作業も当然あります。トピ主の考えている「仕事」はどんなものなのでしょう?

    ユーザーID:0813416820

  • 別に国有化しなくても

    国有化省いたら、今のパソコン、産業用重機や大型車、介護介助マシン類と、全く同じです。
    人間は、ロボットの設計開発とマイナー改造、メンテに対応した部分の仕事をすることになるでしょう。

    ロボットのための仕事はメンテぐらいですが、人間のための仕事は多種多様です。

    ユーザーID:7632775598

  • ヒト型なんて考えるから迷い道に入り込むのです。

    あらゆる分野で産業の機械化、省力化(人力)はすでに進んでいます。
    ヒト型にするメリットがないのでむき出しの機械のままなだけです。
    あえて機械化に逆らっているのは趣味の世界だけですよ。
    家庭内だって同じです。
    掃除機、洗濯機、乾燥機、食器洗い乾燥機。
    全部人間の代わりですよ。
    自家用車やトラックも。
    バイクも自転車も同様の機能です。
    楽に移動するための機械が、
    車やバイクではなく、
    ヒト型ロボットが背負ってくれるというの馬鹿らしいでしょ?

    ユーザーID:6049216956

  • 21世紀型共産主義ですか?

    ちゃんと働かないロボットで溢れそう。

    ユーザーID:7960775815

  • 賛成です

    資本主義社会の下では資本家がロボットを占有して一人勝ちになる危険性があります。

    ロボットに関する全てを国の管理下に置くべきで、リースという形はなかなか良いアイデアだと思います。

    ロボットは人に奉仕するものという基本原則のもと、ロボットから得られる収益を人に分配する機構を作らないと大変なことになると思います。

    ただAIのように目に見えないロボット技術は把握が難しくうまくいくかどうかはわかりません。

    ユーザーID:4713519867

  • 生産手段の国有化

    ロボットの国有化、面白いですね。ロボットが近い将来、重要な生産手段になるという見通しからおっしゃってるわけですね。

    ところで生産手段の国有化は、かつて多くの社会主義国がやろうとしたことで、発想は共通するところがありますね。

    あいにく、私有財産と競争の否定で、結局そういう国の殆どは、社会(共産)主義の放棄か、事実上の独裁制か、いずれにしろ、もともとの理念からかけ離れた社会体制へと移行してしまいました。

    たとえば、公的資金では競争力のある開発はできないと思うのですが、どうでしょうか。 

    ユーザーID:3289875486

  • 国際法違反

    国が生産手段となるロボットを市場価格を下回る価格でリースしたり販売すると、WTOの補助金協定上、それは補助金に当たります。補助金のおかげで安くなった産品が国内市場で売れたり輸出されたりして他のWTO協定国が不利益を被ると、最終的には他の協定国は日本からの輸出限定で関税を上げたりその他の経済制裁を課せるようになります。いくら効率的に生産できるようになっても、経済制裁のせいで外国でモノが売れなくなっては意味がありませんね。

    ユーザーID:1548395063

  • 危険だと思う

    例えば パソコン業界。

    私が学生時代の時の 最新のパソコンは、
    8ビット プロセッサ。数MHz。
    それが 今や、 64ビット 数GHz。

    糸電話 と スマホ 程の 雲泥の差。

    しかも 凄まじい速さで、新製品が 市場に投入される。
    ( 実は 私も 当事者です )

    もしかすると、ロボットも 同じ道を 歩むかも。
    その年の 最新式 も 2年後は スクラップ同様。。

    だとすると リース方式は 不利でしょ。
    在庫は 数年で ガラクタです。

    そういえば、
    映画 『ターミネータ 』も
    1 → 2 → 3 っと 凄い進化でしたね(笑)。

    ユーザーID:1665871574

  • ロボットに仕事を盗られるの?

    トピ主の言っているロボットがどんなものか説明しないと話がわかりません。
    アトムのような自分で考えて行動できる2足歩行のものの事でしょうか?
    人間と同等の仕事ができるような?自我があるのですか?

    >「人間にはどのような仕事が残されるのか?」とか、

    AIがどんな仕事ができるかがまだはっきりしないのでまだ議論されないのでしょう。もうちょっとめどが立ってからですね。

    >「ロボット自身には収入が無いので消費もしない事によって現在の経済の仕組みが破綻してしまう事はどうするのか?」

    ロボットってすでに生産業の中に入っています。工場がロボットを買って自動車とかを生産する。
    今までと変わりません。破綻しますかね?

    もし経済が崩壊するのなら、リースにして国が労働力を管理しても崩壊することには変わりないのでは?リースにしたら何がいいのかよくわかりません。

    ユーザーID:0813416820

  • 無駄なものがどんどん減っていく

    主の言う人形ロボットって、何をするロボットをイメージしているのですか。
    アニメやゲームの世界の事ですか。
    そもそも工場のラインは全てロボットだし、景気の目安報道でよく使われる「工作機械の販売の伸び」というのは、俗に言うFAロボットです。
    そこに働く人はロボットにできない事をしているわけですが、それもロボット化が進んでいます。工場の人員削減・閉鎖なんてロボット化が進んだ最たるものです。
    ホワイトカラーのロボットは増えるでしょう。そもそもホワイトカラーワークは能力よりも権利で成り立っているし、組織そのものが管理されているので、部長も課長も既に生きたロボットですよね。ならば、本物に置き換えられるのも時間の問題です。
    例えば、40以降で能力が低下している人、成果が出ない人、営業だっていりませんから。精神論で残っている無駄なものがどんどん置き換わっていくでしょう。

    ユーザーID:4075516085

  • 一部の人間が利権と甘い汁を得るだけ

    国って事は政治家や議員に任せるって事?

    それに二足歩行の人型ロボットなんて非実用の趣味や娯楽目的が殆どですよ。工場の生産ロボットから、家庭の掃除機に至るまで、ある程度のプログラミングとセンサーによる検知で有意な動作をする機械はすべからくロボットです。むしろそういった非人間型のロボットこそ大多数ですし、生産の要ですよ。そこを間違えるとそもそもの議論が始まりません。

    ユーザーID:2543733420

  • 既にそうなっている。

    まず、ロボットがヒト型である必要はない。

    >しかも、AI(人工知能)とロボットが人間の仕事を奪うのはこれから先10−30年くらいの間に5割以上というような推測が出ているのを読みました。

    30年前と比べたら、ICTやロボット(ヒト型ではない)の発達で、仕事の5割くらいは既に置き換わっています。
    30年前の世界と今の世界、どちらが住み易くなっているでしょうか?

    まあ、産業革命以降「最近の社会は機械に頼って人の温もりがなくなった」と言われ続けていますが、人は決して昔の「温もりのある生活」に戻ろうとしません。それはなぜでしょうね?

    ユーザーID:6716203252

  • 国有化反対、リース反対、AIはすでに進んでいる

    国有化には絶対反対です。
    理由は3つ、「高コスト」「サービスの悪化」「経営判断が遅くなる」からです。

    ロボットなど、発展が見込める産業に国(官僚)が口を出すと良いことは有りません。
    国際競争力と言う面でも、一番大事な素早い経営判断も絶対に無理です。

    どうしても国を参加させたいなら、ベンチャー企業への金銭的支援ぐらいかな。
    もっと良いのは、AIやロボット産業に新規参入する企業には大規模な減税が効果あり。

    それと産業用ロボットの多くは、人型ではなく多腕だったり強力だったりと適材適所です。
    サービス系の内容なら、フォログラムと音声ガイドで十分な事もあります。

    リースにすると、大きな改造などに制限がかかり大変不便です。
    費用は掛かりますが、購入して大改造したり長く大事に使いたい人もいるでしょう。

    AIはすでに新聞記事を書いたり、犯罪警戒地域の予測分野で導入されています。in USA
    将棋や囲碁でもAIが圧勝していますから、マニュアル化出来るものは任せましょう。

    AIもロボットも、ここ10年が勝負でしょう。
    企画者と技術者の育成が急務です。

    ユーザーID:0857862529

  • 意味不明

    ロボットなんて今でも工場で溢れてますよ。

    「人型(2眼2またはそれ以上の数の腕を持つ)ロボット」の形にする意味もありません。

    そもそも、AIの分野では日本は完全に遅れを取っていて、挽回できるかすら怪しい状況です。

    トピ主の思いつきを実行すれば、技術面では他国におよばず、コスト面は割高、ますます競争力は落ち、日本の没落を招いていくだけでしょう。

    ユーザーID:5690584650

  • トピ主です。 追加のコメント

    ロボットの台頭は避けがたく、新な産業革命にとどまらず、人間社会全体に大変な変化をもたらすであろうと想像します。 
    拒めば衰退、受け入れれば社会崩壊。 放っておけばどうにかなるものではないと考えるのです。 

    ロボットは核発電所やロケット、飛行機産業などに並ぶ安全保障に関わる「道具」だと考えうると思います。

    ところで、リースという方法が導入されている意外な道具が他にあります。
    それはアメリカの映画撮影用のカメラです。 
    高画質ビデオ時代が訪れるまで大予算の映画の撮影はほぼこのカメラが独占していました。 
    そしてこのカメラは世界ではリース式なのです。
    大変高度な技術と精密性が要求される道具ですから「メンテ」が大変なんですね。
    でもおそらく理由は「それだけでは」ないと思います。 
    20世紀、メディアを握るということは権力を掌るという事でした。

    ロボットはある意味で「種子島銃」のような存在になりえる。
    平和に、その恩恵をどうコントロールしどう分配してゆくかという「導入期」に主導権を国家ではなく国際富豪者が握れば、
    それは国家という政治単位の崩壊の始まりを意味するのではないでしょうか?

    ユーザーID:8118533190

  • だから前提がおかしいのですが・・・

    えーっと、トピ主はレスを読まない人ですか?

    ユーザーID:4153311944

  • モノが違う

    >リースという方法が導入されている意外な道具が他にあります。
    >それはアメリカの映画撮影用のカメラです。 

    大手製作会社であれば自社で所有も出来るでしょうが、そうであっても技術革新が早い昨今では「今、最新最高性能の機材」を揃えたところでいつまでも使えるわけじゃない。

    機材のための設備投資は興行収益で賄わなければならない。

    ましてや中小の製作会社では?

    自動車工場のロボットと決定的に違う点は、映画撮影用のカメラは「その映画1本を撮れば用済み」という点。もちろん次回作にも使えるとはいえ、その稼働率、設備費、その回収効率はまったく違うのでは?こういうモノこそリースが有効なのではないでしょうか。

    大量生産の現場で1度プログラムされれば365日24時間フル稼働する事も視野に入れる生産ロボットと、期間限定で人間の感性を作風に仕上げるための機材を同列に論じるのは無理がありすぎます。

    ユーザーID:7772836267

  • どこかの国がすぐにコピー商品を作る

    リース料が自国(または自社)で開発するより安上がりなら、どこの国でもすんなりリース料を払うでしょう。

    しかし手前で開発したほうが得だと思えば、最初に一回だけリースして、秘密裏に分解するか、もっともらしい理由をつけて壊して、中身をじっくり分析するでしょう。
    割高なリース料を永遠に払い続けるくらいなら、自分とこで作ろうと考える人間はどこにでもいると思いますね。

    研究(?)する側に熱意があれば、いずれどうにかしてコピーしますよ。
    職人芸的な緻密さは真似できなくても、大筋での設計が真似できれば、劣化コピーは作れるでしょう。

    そして数年後に性能は劣るが値段の安いコピー商品的な産業ロボットが世界中に出回ることでしょう。
    それはリースじゃなく買い取りで売られるでしょう。
    そしてリースの顧客はどんどん減っていき、だぶつく在庫を抱えて日本経済は破たんすることになるでしょう。

    アメリカで開発されたパソコンが世界中に広まったのと理屈は同じでしょう。
    普通に民間企業がロボット開発して特許押さえて世界に売って、法人税を納めるほうが日本のためになるような気がしますね。

    ユーザーID:5447206201

  • 今と何が違うの?

    >20世紀、メディアを握るということは権力を掌るという事でした。

    メディアを握ることはカメラのシェアを取ることではないですよね。

    同様にロボットのシェアを取ることが世界経済を握ることではないと思いますが?

    トピ主の考え方はフォーカスがずれている印象です。

    他がまねできないロボット技術を保有しているならばあるいは世界経済を握れるのかもしれませんが、、、
    公金を投入して今のAIとは全く違う画期的なブレイクスルーを起こし、技術を独占するとしたいのでしょうけど、こういう技術は独占できますかね?


    で、結局トピ主の言うロボットとは今のロボットとは違うのでしょうか?
    今のロボットだって労働力として導入されていますが、それが理由で経済崩壊しないですよね?

    >ロボットは核発電所やロケット、飛行機産業などに並ぶ安全保障に関わる「道具」だと考えうると思います。

    という事はロボットの兵器利用と言う意味ですか?

    ユーザーID:7966392988

  • ヒト型ロボットは、究極のロボットですよ。

    たぶん、ロボット文明は人類の有り様を変えざるを得なくなると思っていま
    す。特に、資本主義社会でロボットを資本に持ってしまえば、実質的な人類
    の支配システムが構築可能でしょう。

    それと、ヒト型ロボットは産業社会全体の構造で考えれば、これ以上の効率
    化したシステムはあり得ません。ヒト型ロボットの必要がないとか、FAはヒ
    ト型ではないなどとおっしゃっている方々が少なくないみたいですけど、現
    代の工場ロボットは、その施設毎に特殊化したシステムを構築しなけれなな
    らず、また費用がマチマチですね。移動させるのも容易ではないですしね。

    でも、ヒト型ロボットなら、人間同様にプログラムだけを替えれば全ての作
    業使役に使えるのです。これほど、効率的なものってないんです。ヒト型で
    あれば、人間と施設や行動様式が同じで済むので、特殊な方法論ややり方な
    どを考える必要もないし、しかも人間がやってきた事は原則、すべて置き換
    え可能です。ヒト型ロボットであれば、自動運転ならぬ運転行為をさせれば
    済みます。特殊な自動運転システムなど開発する必要もない。ヒト型ロボッ
    トはこういうものです。

    ユーザーID:6080905115

  • なぜ人型にこだわるのか・・・

    >「人型(2眼2またはそれ以上の数の腕を持つ)ロボット」はその生産を半国有・国営化して、さらに、それらロボットは販売はせず、すべてリースとする。

    それでは、私は「人型ではない(モノアイで猿のように器用な複数の“足”を持つ)ロボット」を安く作って儲けることにします(笑)

    ユーザーID:7344454330

  • リースに拘る必要が?

    > 解決策は全く聞こえてきません。

    そもそもの話がどれだけ煮詰められたものかと言えば
    漠然とした不安・疑問の域を超えていないのだから、
    まだ現実的な解決策を求められる時期ではないだけでは?

    > リースという方法が導入されている意外な道具が他にあります。
    > それはアメリカの映画撮影用のカメラです。

    どこに意外性があるのでしょう?
    業務機材調達の目的は所有ではなく使用です。

    民間企業では経費を均一化する意味もありますが、
    パソコンや営業車両など高額なものはリース(レンタル)が一般的です。

    そもそもリースの収益を社会保障にと言っている時点で、
    現状の民間より悪いコスト体質になることは自明です。

    トピ主の案は天下り先を増やし、
    競争力を低下させる以上の効果はないと思います。

    ユーザーID:9970347994

  • ロボットだけが急に進化するのではない

    >でも、ヒト型ロボットなら、人間同様にプログラムだけを替えれば全ての作業使役に使えるのです。

    ヒト型ロボットのテクノロジーが実現した未来社会で、その他のインフラが人間の肉体労働を前提としているとは考えにくいですね。

    例えば、トラックにロボットが座って運転する状況って、有り得ないでしょう。その前に、まずトラックにAIが搭載されて自動運転になるはずです。そうなると、ハンドルやらシートは必要ないからトラックの形態自体が変化します。軍事技術の世界では、既にそうなってますね。ヒト型ロボットの歩兵を作るのではなく、航空機を無人化して(人間の肉体を介在せずに)先制攻撃する方向に進化しています。

    今だって、黒電話のダイヤルをロボットアームが回して電話してませんよね?スマートフォンという新しいツールができて、人がタッチパネルに触れることで通信しています。将来的においてもロボットがスマホのタッチパネルを押すのではなく、人の意思でダイレクトに操作する方向で、スマホではない新しいテクノロジー機器が生まれていることでしょう。

    ユーザーID:4153311944

  • もしかしたらトピ主様の言うことが正しいかもしれない

    今の経済理論でいうと経済への国家の介入はあまり良くないと言われてますし、トピ主様の言うことはWTOとかで問題になると思いますが21世紀の新しい社会のあり方かもしれないのです。

    ユーザーID:6274602386

  • ヒト型ロボットに何をさせる?

    >ヒト型ロボットのテクノロジーが実現した未来社会で、その他のインフラが人
    間の肉体労働を前提としているとは考えにくいですね。

    人間のアナログ操作系をワザワザロボットが操作するというのもアリだと思いま
    すよ。お料理が自動で作りだされる装置だとか、AIを搭載した掃除機よりも、箒
    と塵取り使って掃除をするロボットの方が楽しいかもしれないです。

    ですが、そういうことを言っているのではなく、ロボットが高度に発達した電子
    頭脳を持つようになれば、自立した電子頭脳をもったロボットが直に操作系にコ
    ネクトした方が利便性が高いと思うのです。
    トラックに専用のAIを搭載するよりも、ロボット自体の電子頭脳でトラックをコ
    ントロールする仕組みを作った方が効率的だと私は、思うんです。そうなれば、
    ロボットの『居場所』は必要だったとしても、専用のAIは殆ど無くす事ができる
    筈です。さまざなセンサーの情報などは、ロボット自体が解析したり、ロボット
    自体に多くのセンサー機能を持たせて、操作系のソレノイドなりアクチュエータ
    ーなりを動作させればよいでしょう。まあ、まだまだ先の話ではあるのですけど。。

    ユーザーID:6080905115

  • やるなら民間で。

    いままで国家が主体になってやった事業で、ろくなことがなかったでしょう。
    民間でやらないとダメですよ民間で。

    あと、トピ主さんはちょっと疑心暗鬼が過ぎますね。
    私はもうちょっと人間を信用してもいいと思ってます。
    人間って意外とそんなにバカじゃないですよ。

    トピ主さんが危惧しているような可能性がもし実際に起こりうるとしたら、その時にはちゃんと自浄作用が働いて、最悪の事態だけは回避できるはずです。
    そうじゃないと、人間なんていままでとっくに滅びていたでしょうね。

    ユーザーID:6219721487

  • リースにはこだわりませんが

    ロボットは収入も無いし、消費もしないのですがそれによって職を追われた人も消費しないと生きていかれません。

    他の業界が極端に求人難ということも無いですし、そこだけ労働力が供給過多になれば条件も悪くなりますよね。

    ロボットはそんな彼らの分まで稼げないとトータルとしてはマイナスの存在なのかも。労働という市場のパイを狭めるのが宿命のようについてまわるのでしょうから。

    リースも一つの方法かもしれませんが、失業対策など社会が支払うコストも織り込んだ価格設定であって欲しいものですね。

    ユーザーID:1437376039

  • 産業的には汎用性は不要

    >でも、ヒト型ロボットなら、人間同様にプログラムだけを替えれば全ての作
    > 業使役に使えるのです。これほど、効率的なものってないんです。

    トピ主の考えているのはこれなんでしょうね。
    現在工場のラインとかに入っている人間の代わりに入れる存在。既存のインフラから人間だけをロボットに置き換えるって方法ですよね。人間並みのロボットが今すぐ現れるならその方法でもいいかもしれません。
    でもキャプテンさんの言うとおり、インフラの方を置き換える方が先だと思いますよ。
    人間のやることはなんでもできちゃうAIと車の運転だけをする専用のAIは値段も違うでしょうね。安くて専門的なロボットを使っている国に高いリース料の人型ロボットが必要かな?

    だからトピ主にあなたの考えているロボットってどんなものですか?って聞いているのですけどね。
    工業用ロボットの話なんかしてませんよ。汎用人型ロボットの事ですよ。と言うならば工業用ロボットについてのレスは的外れかもしれない。でも、トピ主が最初に言っている今後30年で進化するロボットは人間並みにはならないと思う。
    だから、前提がおかしいって話になる。

    ユーザーID:0813416820

  • 人型ロボットが有り得るとすれば…

    >箒と塵取り使って掃除をするロボットの方が楽しいかもしれないです。

    確かに人型ロボットが必要とされるとしたら、このような分野くらいでしょう。
    要するに「趣味の世界」においてのみです。
    効率性を重視する産業分野ではロボットが人型である必要は全くありません。

    >自立した電子頭脳をもったロボットが直に操作系にコネクトした方が利便性が高いと思うのです。

    自立した電子頭脳(AI)をクラウドに配置して様々な機械を直接操作した方が利便性が高いと思います。
    (機械の操作に「人型ロボット」を介在させる意味が分からない)

    ところで、この手の話ではよく介護ロボットの話も出ますが、介護される人って別に他人に介護してもらうことが目的ではないですよね。究極的には「自分の意思で体を動かせる」ことが最高に幸せな状態のはず。ですから、自立型ロボットのテクノロジーが実現するほどの社会なら、ロボットに介護してもらうのではなく、自分の体を自分の意思で動かす方向にテクノロジーは進化するはずです。人工神経、人工筋肉、人工骨格…etc

    ただ、脳の機能をAIで補うようになったら…それは、ある意味「人型ロボット」なのか???

    ユーザーID:4153311944

  • 人型ロボットにするのは

    人間相手の仕事の場合じゃないでしょうか。
    受け付け、介護、看護、役者、、、
    感情移入しやすいように動作、しぐさ、表情をコントロールする必要があります。
    まあ、ピカピカ光る目がついていればそれでもいいかもしれませんが。

    不気味の谷を越えるのはまだまだ難しいと思いますけど。

    ユーザーID:0813416820

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧