田舎暮らし希望

レス117
(トピ主6
お気に入り228

旅行・国内外の地域情報

りんご

60歳になったら、田舎暮らしをしようと主人と話をしています。
海や山や川といった自然が近くにあるところで、のんぴりと老後を過ごそうと思っています。釣りをはじめとするアウトドアは大好きですし、野菜作り、花を育てるなども好きですし、インドアの趣味もあります。料理も好きだし、人並みの社交性も大丈夫。
大きな病気にさえならなければ田舎暮らしは楽しいんじゃないかなと思っております。が、現実的には色々と問題もあるんだろうなとも想像しています。
同じような夢をお持ちの方、いらっしゃいますか?
また実際に田舎暮らしを楽しんでいらっしゃる方、
挫折した方、お話をうかがいたいです。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:3461005556

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数117

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お二人とも運転できるのかな

    出来たとしても益々老いて行きます。 もし旦那しか運転出来ないと 亡くなられた時とかは買い物はどうされるんですか?老いたら便利な処の方がいいですよ。。田舎は仲間に入りにくいですよ。もうグループ出来上がってますから 貴方はどこまで行っても よそものですよ・・それと冠婚葬祭の付き合いがたいへんです。

    ユーザーID:5119958041

  • 田舎暮らしは自然との戦い

    自治会の入会、役員をお願いされる。都会の自治会と違い、役員とは昔から続く村の行事や世話役、それが毎年役所の関係係りに登録されその任務が村人の生活とも密接に関わっているので責任を負います。特に老人福祉と田畑関係。
    断れるけど田舎ってのは相互扶助の世界なので、入ってないと誰も助けてくれないと思います。ゲリラ豪雨なとで山崩れ、倒木、氾濫で交通遮断もあります。

    川釣りは河川の管理組合や河川所有者の許可がないと勝手に釣れないのでは

    野菜作りですが、農家の人の田畑と隣接していると使ってる農薬や水質など気を使う。例えばあなたの畑の野菜に虫が付き、となりの畑で出荷野菜を作ってたら。

    草刈は舗場整備の関係で義務付けられているところが多い。草刈するには草刈機がいります、とても危険ですし、刈ってるとマムシや蜂がでてきます。
    獣害対策の鹿や猪の柵、これも補助金があり村との関係となります。

    >大きな病気にさえならなければ

    大病しなくても通院の病気の方が多いのです。
    病院までの距離、その病院の設備で対応できるのか
    とくにガンなどは遠くても大病院に行く人が多いです。

    ユーザーID:1965236368

  • ほどほどの田舎ならOK

    こういうトピは都会VS田舎になりがちですが、そんな極端な比較をしなくても日本には「ほどほどの田舎」がいくらでもあるんです。

    私は都心部に育って農家の嫁になりましたが、来たばかりのころは歩ける範囲に何もないのがショックでした。
    運転できるうちはいいけど年取ったらどうしようとか考えてました。

    あれから20ウン年。
    時代も自分の考え方も変わりました。
    住めば都。
    近くに商店がないということは余計な出費が少なくて済むということです。
    実家にいたことは徒歩数分以内に商店街があったので財布が緩みっぱなしでした。

    年取って足腰が弱っても今ならシニアカーもあるしコンビニが銀行や市役所の代わりになる。
    ネットスーパーもある。
    ほどほどの田舎ならなんとかなるものです。

    畑仕事だって家庭菜園程度ならちょっと郊外に行けばできます。
    1、2キロ以内に駅があって、駅前にちょっとした商店がある程度の田舎なら十分暮らせます。

    ユーザーID:7137553074

  • おすすめしません

    私は逆です。今、田舎に住んでますが、年をとったら都会に引っ越したいです。というか、引っ越さざるを得ません

    田舎は若くて体力があるからこそ暮らせるものです

    バスや電車が少ないので、車の運転ができなくなったら、暮らしていけません
    。車ナシで病院もスーパーも行けませんから。また、それらがあっても、都会と比べてお店の選択肢も少ないし、商品も全く充実してないし、病院にも、名医もいませんし、医療機器もありません。緊急の病気になったら、やばいです

    あと、趣味の会とか、教室みたいなものも、少なく、限られてます。

    田舎は不便で寂しいところです。たまに息抜きに自然に触れ合うぐらいが良いですよ

    ユーザーID:5446247856

  • 後期高齢者に田舎暮らしは厳しいですよ

    両親が引退したときに同じことを言ってましたが、家族でいろいろ話し合った結果、土地鑑がある地方都市の郊外という線で落ち着きました。

    それから20年ほどたって、万一のことを考える年齢になった今、娘の私は両親の選択に感謝しています。

    後期高齢者ドライバーが問題を起こしています。実父も物損事故(物損でよかった)を起こすまで返上を嫌がっていました。幸い、公共交通機関がそこそこあるので、なんとか移動手段は確保できていますが、車しか移動手段がないので、返上したくてもできないという場所があります。

    両親ともに家庭菜園が趣味で、コメも作っているので、食料自給率も高いのですが、それでも不意の出費が多いのが老人世帯です。医療費、および通院費用はどう見込んでいらっしゃいますか。気候が厳しい場合、自宅の修繕費は結構かかります。

    トピ主さんご夫婦が田舎暮らしを10年ほどした後、もう一回引っ越すというなら、トピのプランはお勧めですが、終の棲家をお考えなら再考をお勧めします。今日できていることが来年はできなくなるのが老いです。その時に自己責任しか選択肢がないのは厳しすぎます。

    ユーザーID:2944217653

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 借りて暮らしてみるのはいかがでしょう。

     夫がそのような考えでした。お願いしたのは、田舎に住んでもいいが絶対に購入しないこと、でした。候補地をいろいろ回ったようです。
     私が今住んでいる家を手放していくのは反対だったので、立ち消えになりました。その代わりにここから30分ほどのところに畑のできる土地を買いました。子供たちはそれでもいずれ使わなくなったときにどうするかを心配しています。

     今、お住まいのところはどの程度の都会ですか?田舎とはどの程度のところを想像していますか?それによってまた違ってくることでしょう。
     今は、まだ畑ができるほど体も動くことでしょう。しかし、確実に老いてきます。やはりご本人が経験することがいいと思います。まずは、貸してくれるところを探して始められたらいかがですか?経験をしないうちに諦めたら、あの時に田舎暮らしをしていればと悔やむかもしれません。

    ユーザーID:2683650086

  • すばらしい

    そんなに難しいことではありません
    ただクルマは必要です、
    買い物、病院、用事など

    自治体によっては空き家を無料提供するところや
    改築助成金やお試し期間など設けるところもあり
    過疎化をストップすべき
    てぐすね引いて(笑)待ってますので

    まずはネットなどで調べてください。

    ユーザーID:4625920130

  • 健康なら楽しい生活が送れます

    だた車が必需品で、結構金がかかります。夫婦二人とも運転免許が必要です。

    野菜作りは経験者でないと無理です。
    素人が何を作ってもイノシシや鹿や猿に餌を与えているようなもんです。

    それに子供が寄りつかなくなります。

    後期高齢者になって介護付き老人ホームに入れるだけの金は必ず遺しておくこと。

    間違っても都会の家を売って田舎に家を買うようなことはしない。いままでの貯蓄が水の泡です。

    ユーザーID:3813643265

  • 田舎者としては

    稼がなくなって負担がかかる様になってから
    田舎に来られても困ると思いますけど。

    稼ぐ時は都会に税金落としてる訳でしょ。

    なんだかなあ。

    ユーザーID:2949229134

  • ほどほどの地方都市とかは?

    田舎と言ってもいろいろありますが…。

    郊外に毛の生えた程度の田舎なら、大きな病気などでいざという時、
    都市部の病院に行くこともできるでしょうが、それ以上の本格的な
    田舎暮らしはおやめになった方がいいと思います。

    どんなに自然が綺麗でも、それはリフレッシュに行くからいいのでは
    ありませんか?

    なので、車を少し走らせたら田舎の景色を満喫できるくらいの
    小都市ぐらいに住むのがちょうどいいかと思うのですが。

    本気の田舎暮らしは体力が要りますよ。例えば草とり1つとっても
    そうです。すぐ近くに農地があったら除草剤をばら撒くわけにはいきませんし。

    お子さんはいらっしゃらないのでしょうか?
    私が子供なら、絶対に反対します。

    本当の田舎と都会の間にはものすごいカルチャーギャップがあります。

    とりあえず、帰る場所は確保した上で、一定期間試しに住んでから
    お決めになった方がいいと思います。

    ユーザーID:9390865250

  • 聞いた話ですみませんが

    お世話になっているペンションのオーナーさんなどからお話を伺うと、田舎暮らしを考えるときはやってみたいことばかり思い浮かべるが、やらなければいけないこともある。田舎暮らしができなくなったらどうするか、これも大事。
    これを考えずに移住し、数年後やむを得ず都会に戻ることになる方は一定数いるそうです。一番の問題は健康と経済力、これにつきると。
    移住大歓迎ですが、せっかく楽しみにされているのなら、そのあたりを少しでも考えて準備しておくとよいそうです。

    ユーザーID:5201966153

  • よくリサーチして下さい

    まず、虫とか蛇は大丈夫ですか。うちは東京まで一時間で出れる場所ですが、山際なので普通に虫や蛇が出ます。そういうものを受け付けない人だと田舎暮らしは厳しそうです。

    妻の実家が隣が100メートルくらい離れた、かなりの田舎ですが、基本的に新しく人が入って来ることはないので、妻の配偶者である私は受け入れてもらえますが、そうでなく全くの新入りだと溶け込むには大変そうです。

    買い物には困ります。町に一軒だけスーパーがありますが、4キロくらい離れていて、スーパー以外はほぼ完全にシャッター通りで、衣料品や電化製品を買いに行こうと思ったら、20キロ以内にお店はありません。コンビニもありません。不便を絵に描いたような場所です。

    住もうと思う場所を事前によくリサーチして見て下さい。

    ユーザーID:5285747431

  • 車の運転が好きなら。

    田舎在住です。
    田舎の概念は、まず車社会だと思います。
    車の運転が好き。一人行動OKタイプの人でないと生活できません。
    ご夫婦が移住される予定でも両方運転ができないと駄目です。
    免許があるが、ペーパードライバーなら練習しておく事が大事。
    田舎は、とにかく虫が多いですし、野生動物もいます。
    小町でゴキブリが一人で退治できないとかありますが論外です。
    生活の中でムカデや蜘蛛、蛇とか出たりするので退治しないと、
    生活できないと思うのです。
    自然が多いということは、生き物のと共存できる神経も必要です。
    すぐに移住せず、何度も足を運んで生活できそうかどうか確認してから、
    移住されたらいかがですか?
    私は、雪が降る地域ではないので、雪害には詳しくありませんが、
    雪の降る地域だと雪の時期にしっかり勉強しとかないと大変だと思います。

    慣れれば、田舎生活は楽しいです。
    慣れるまでが大変です。
    暇なじいさんやばあさんの干渉やらがあるからね。

    ユーザーID:3286008352

  • 田舎にも人はいます

    田舎暮らしでも場所により全然違います。
    ペンションや別荘街の場合は、かかる公共料金は事前によく調べておく事。
    主はゲームの「ぼくの夏休み」みたいなイメージかもしれませんが、実際住むといろいろ制約があり住み難いものです。それと老人ばかり。
    田舎は職が不安定や生活保護、若い人はバイトだったりも多いです。
    そこに悠々自適で生活できますか。

    ユーザーID:2215459894

  • 田舎は子供世帯優遇である

    村には自治会があり、毎年、年末年始の行事お祭りなど親睦会と称し、少子高齢化を防ぐ為に子供達を呼び込み、お菓子や商品を配ったり、定期的に講師を招き、親子教室を開いたり…これら全て村会費(町会費)で賄い、金額が都会と比べて、べらぼうに高い。

    お互い様と割り切れる人にはそれなりに楽しく、村人との繋がりもあるけど、片やゴミ当番の大変さ(都会のような甘い事は許されない)はハンパないし、回ってきた役を拒否すると悪口を言われ、仲間外れにされる。

    ご近所の葬式は仕事を休んで行くのは常識、溝掃除、草取りなどは不参加は皆無、頂いた農作物のお礼(品物)を忘れると大変な事に、迷惑でも「頂く事」が付き合いと割り切る事。

    従って結論は、秘密主義の人、引きこもりがちの人、人付き合いが嫌いで自宅へ呼ぶなどはしたくない人はやめた方がいいです。

    TVに出る田舎暮らしを楽しんでいる方々は、それなりに努力されての結果です。要は、こちらから積極的に働きかけなければ、誰も向こうからは来てくれないと言う事です。

    ユーザーID:3059613150

  • 田舎暮らし楽しんでます

    老後は他人と関わりを持たず、ストレスの無い生活環境を求め田舎暮らしを始めました。
    海から20キロの山あいの高台、土地500坪、建坪48坪の平屋。

    隣の家は200メートル離れ生活音は皆無。自治会には入会せずとも会えば笑顔で挨拶してくれる。
    街まで18キロ、買い物には不自由しないし、有名な大病院もあるし不安なし。

    田舎は交通量が少ないので、80歳まで運転可能か。
    朝は外で花に囲まれ朝食を頂きます。私は一人暮らしですが、夫婦で生活していたら「天国」ですね。
    60歳から20年間も極楽生活が可能なんですよ。
    私69歳、男ターシャ・チューダー目指して庭造りに精を出しております。

    毎日忙しく動く事が健康につながります。

    りんごさ〜ん 田舎暮らしは健康寿命を延ばしてくれますよ〜。

    ユーザーID:2599042422

  • 友人の話

    私の友人(60代後半)は、地方都市の農村部から町側に引っ越すそうです。
    とても環境はいいところですが、農村部に残る習慣がイヤでイヤでたまらなくなったそうです。

    そこでは、春と秋に行われる祭りのための準備を話し合う会合がしょっちゅう行われていて、集会の後は男性は酒盛り、女性はその宴会の準備に追われるそうです。
    とにかく、準備には全員集合が原則。
    出席できない場合は、それなりの理由をリーダーたちに説明して納得してもらう必要があるそうです。
    また、友人は農村部に住んではいますが農家ではなく、あとから引っ越してきたいわゆる他所者で、数十年たっても他所者扱いされ、それでも宴会の準備などには駆り出されるそうです。

    友人は「あと数年でその土地の区長の番が周ってくるから、それまでには引っ越す」と言ってます。
    私はその場所から1kmも離れていない町側の住宅地に住んでいたのですが、まさかその違いでそんな苦労しているとは気付きませんでした。

    地方都市に住むのは賛成ですが、土地選びには気をつけてくださいね。

    ユーザーID:5383690119

  • 住むなら放置できないので、田舎のほうが管理が大変

    賃貸で別荘がわりに使うとしても、山間部だと落雷からの火災や進入の危険性、特にハクビシン等が入り込み、汚くなるので、出るときに原状回復に高い費用を取られる場合もあります。
    買ってしまうと買い手が無いので、結局、建物を潰す事になり、解体で200万、後はずっと税金だけ払い続けることに。
    動物って野里に人が少なくなると出てくるのです。鹿なんてもう、牛みたいなのもいるし、怖いですよー。

    ユーザーID:4043650407

  • クラインガルテン

    滞在型市民農園というのがあって、お試し別荘生活ができます
    やりたいこと、場所の絞り込みから始めてみたらいかが?

    ユーザーID:0325236498

  • なんちゃって田舎

    本式の田舎はさすがに無理だと思いますが、郊外の隣位の「なんちゃって田舎」位ならOKじゃないですか?
    東京だって高尾のほうなら楽しく田舎っぽい生活が出来ます。
    神奈川・千葉や埼玉にもそれなりの大きな街の周辺にだってそういう場所いくらでもありますし。
    本気の田舎って、私の夫の実家みたいな山奥ですよ。
    20年住んでも新入りで、60代でも若手住人。
    毎日毎日草むしりで家はじめじめしてます。
    どこに行くのも不便。
    楽しみたいだけなんだから田舎気分が味わえるくらいのところいっぱいあるじゃないですか。

    ユーザーID:2645290487

  • 二ヶ月くらい体験してから

    >60歳になったら、田舎暮らしをしようと主人と話をしています
    定年退職後の生活を考えてるのでしょうか。
    定年退職すると話すことが激減します。
    人と会って話す、電話が来る、メールが来ることが無くなる。一日に一言も話さないこともある。

    今の住まいから離れると近隣に知人が居ない。田舎は、人と会うことが極端に少ない。
    買い物に行っても、店の数も品物も少ない。欲しいものが見当たらない。
    それを何度か体験してから、田舎に住むことを判断したほうが良いです。
    トピ文を読む限り、トピ主家族には田舎暮らしは無理。考えが甘い。素人の夢物語。

    >アウトドアは大好きですし
    今の家に帰れますから、遊びです。

    >野菜作り、花を育てるなども好きですし
    今の家で、どの程度できてますか。
    田舎の畑は広いですよ。
    花を育てても、それを喜んで見てくれる人は居ません。

    >人並みの社交性も大丈夫
    近所に人は居ませんよ。
    買い物に行かないと他人を見ない。

    >大きな病気にさえならなければ
    病気する年代です。

    ユーザーID:6124535054

  • 数年住んだことがあります

    土地柄は運次第のところもあると思います。

    ただ、地元の人から見て「ちゃらちゃら」しているように見えないよう気を付けることは必要かと思います。

    結構あるんですよ。

    服装でもそれまで通りスカートをはいていたら「ここらのモンはみなズボン」とか。

    別に強制ではないですけど、ちょっと違うことをしたら目立ちます。

    少ない人数の中なのでよその家のことも大抵は知られています。

    それは長所でもあり短所でもあり、です。

    悪気があるわけではなく、そういう情報も共有して何かあったときは助け合わなければなりませんから

    自然とそうなるのかもしれません。

    いろんな付き合いを楽しめる方なら大丈夫かもしれませんね。

    ユーザーID:7202942285

  • 田舎といってもいろいろありますが・・・

    海や山や川が近くあって、庭で色々な野菜を自分で育てるぐらいなら、中〜小規模の地方都市の郊外で充分でしょう。100坪ぐらいの土地を買ったところで1000万以下です。もう少し外へ出ればその金額で200坪以上買えます。

    それ以上ヘンピな田舎へ行ってしまったら、夫婦ともに元気な60代は何も問題ないとして、70代・80代・90代となるにしたがって、色々な問題が出て来ると思いますよ。あるテレビ番組でやっていましたが、田舎に住んでいてアチコチ悪くなった高齢者が単に買物や病院や郵便局に行くのにどれだけ大変か!人の助けなしでは生きていけません。

    歳をとったら、自力で歩いて行ける範囲内にスーパーとか銀行とか病院とか・・・がそろっていた方がいいと思いますよ。ちなみに私は60代はじめに伊豆に移住し一戸建に住み始めたのですが、なにしろ生活するには何かと不自由で今は都市部に戻ってきました。

    今は自宅から海や山や川なら車で30分以内で行けますし、利便性を確保した都市部に住みながら時々はそういった所へ出かけワイルドな生活を楽しんでいます。ワイルドな生活はレジャーとしては楽しいですが、日常生活としては難儀です。

    ユーザーID:3620385162

  • 一時的になら

    車の運転が出来る間は、どうにかなるかもしれませんね。
    やはり車は生活必需品でしょうから。
    80を越えて運転するのはおそらく無理だし、まわりの迷惑ですから
    その頃にはまた都会へ戻る方法を考えた方がいいかもしれません。

    私の友人は田舎暮らしにあこがれて、30代で移住しました。
    それから30年、楽しい暮らしでしたが、そろそろ引っ越しを考えているようです。
    60を過ぎたら、雪道の運転は怖いこと。
    病院等に行くのも、車で小一時間離れた街まででなければならないし、
    毎日の生活も、買い物一つ徒歩では行けないので、老後は不安だそうです。

    実際、定年後に田舎へ越してきて、結局数年で戻っていく人も多いようですし。

    ユーザーID:4804930118

  • しばらく住んでみては

    人が減っているので、古民家プロジェクトなど色々と工夫して人を呼ぼうとしている地方もあります。

    今の家を手放すのはもう少し後にして、数年の期間を決めて田舎に住んでみる、
    または年に何回か長期滞在のようなことをしてみて、地域に馴染んでから本当の移住を決めるというのはどうですか。

    テレビでは夢のようにうまく行っているケースしか出しませんしね。
    希望に満ちて移住しても、気が済んだらあっさり引き払ってしまう人は多いのですよ。
    結局自分で体験して、合うかどうか考えるしかないと思います。

    ユーザーID:6959371874

  • 価値観の相違

    TVなどで、田舎暮らしを始めると、近隣の方が集まって、歓迎パーティや親切な(お節介)
    な人が、頻繁に訪ねてくるというパターンがありますが、実際には、かなり、警戒されます。

    トピ主さんや御主人の職業も関係します。上場企業とか公務員とか、世間的にはアッパークラス
    の人には、田舎の経済的弱者や低レベルな話に、全て対応できますか?
    どうしても、今までの経歴が出てしまします。

    何代の続く地域の仲間に入ることは、想像以上に難しいです。
    また、意外に、お金が必要です。プロパンは高い。車は必需品、維持費、税金、修理
    、何年か事に、まとまったお金が必要です。

    健康不安の多いにあります。
    田舎住まいの私は、むしろ、生活基盤は、都市部で少し郊外で、公共交通機関は発達している地域に
    住み、趣味ととして、田舎で、畑、釣り、アウトドア、、、をします。

    老いては、都市部ですね。

    ユーザーID:5876261231

  • 田舎暮らし経験しました

    海外ですが、30代後半で田舎に土地を買って念願のログハウスを建てました。 

    春は花が咲き、山は新緑、夏には蛍、蛙の合唱。秋は紅葉。冬には何とも美しい雪景色。 夜は満点の星空が美しく、満月の夜は神秘的な青い光。いつも街灯で明るい都会では気づかなかった月の光の美しさ。 田舎ならではの自然を満喫しました。

    その9年後、夫の仕事の都合で引っ越しをすることになりました。田舎生活に後ろ髪をひかれながら。

    今は郊外に住んでいます。 もうすぐ50代になりますが、これからは便利な場所の方がいいかなあと思い始めました。 引っ越す前は、ちょっとした用事で町へ出るにも車で最低30分。 今では車で10分以内に病院やスーパーもあり便利さを実感しています。 今思うと、若い時だったからこそ田舎での暮らしが楽しめたのかなと思います。 雪が降ったりした時は雪かきが大変でしたし。 田舎暮らしは体力が必要です。 

    あと日本だと、土地によっては近所付き合いがとても大変だと、田舎出身の母が言っていました。

    田舎暮らし、試してみるなら、体力のあるうちがいいと思います。   

    ユーザーID:5232193637

  • 都会に住処を確保しておいた方が良い

    元気なうちは楽しいでしょう。
    でも片方が認知症にかかったり、要介護になった途端、「田舎」故の苦労が襲い掛かります。

    公共交通機関で全て済ませられる、徒歩圏内で生活に困らない都会の住処を確保しておいた方が良いと思います。

    ユーザーID:3303578919

  • 年をとったら便利な都会へ

    私は 超田舎で生まれ育ち 高校を卒業して東京に就職しました

    田舎の長女で仕方なく田舎に帰り結婚しましたが 信号もコンビニもない
    田舎はイヤで 隣町に住んでいます
    ここも 車がないと仕事にも買い物にも病院に行けません

    年をとって運転出来なくなったら どこにも行けないんです
    大きな病院も かなり遠くです

    やはり年をとったら 車に乗らなくてもすむ都会に住まないとダメです

    と 私は 思います

    田舎なんてたまに行くからいいんです
    元気で動けるうちはいいけど 福祉も充実してないし 年をとったら住むところではありません

    ユーザーID:6768548570

  • 田舎で生まれ育ったなら

    元々田舎で生まれ育ち、田舎生活がどういうものか分かっているならいいと思います。
    でも、ある程度の物が手に入り、病院を自分で選べる環境に慣れきっているとしたら、田舎は難しいですよ。

    「大きな病気さえしなければ」って、小さな病気だって大変ですからね。首都圏の片田舎ですら、「診療所が一軒。薬局には薬が揃っていない。簡単な検査でも大学病院まで車で1時間。歯医者はおじいちゃん先生1人」…なんてザラです。

    ユーザーID:0944525292

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧