• ホーム
  • 働く
  • 仕事のミス・ドジの防ぎかたを伝授ください。

仕事のミス・ドジの防ぎかたを伝授ください。

レス15
(トピ主2
お気に入り68

キャリア・職場

颯莱

事務の仕事をはじめて、早くも半年が経とうとしてる頃です。

始めてから思ったのですが、私はすっごいミスが多いです。
ミスが多いしドジなんです。自分がこんなドジなんて思わなかったくらいです。
ミス、ドジ、無くそうと思って必死にメモとったり、メモ無いときは手の甲とかに書いて忘れないようにしたりもするんですけど上手くいきません。
メモとったのに忘れることもあります。
結構重大な事を忘れて大変なことになったこともあります。

営業さんに電話するときに、先輩に終わったら変わってと言われていたのにそれも忘れて切ったことも数知れず
立ったついでになにかを持ってこようとすれば絶対忘れます。
電話で聞いたことは一言一句メモしないと怖い....けどそんなに早くメモなんかとれなくて内容が曖昧になります。
聞き流してるつもりなんて無くて必死に聞き取ろうとしても右から左に流れるんです。

1日に3度は自分の足に躓いて転けそうになり、開けた扉を閉めたと思っていたら開けっぱなしだったり....

ミスからドジから数知れず。
こんなことを防ぐ方法等あれば、アドバイスをいただきたいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:6190888206

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 超分かります!!

    私も仕事を始めてから自分がほんとに嫌な位、凡ミスが多く忘れっぽいことに気付きました。何度も同じ間違い、入力間違いや検印忘れ、見落とし、期限忘れなどなど…やらかした事など数え切れません。事務の仕事も7年目になり、いまだに自分に嫌になることもありますが私がやっていたことはこんな感じです。

    ・どんな些細なことでも全部ポストイットに書いて貼る(先輩に電話かわるとかも書いて電話に貼る)
    ・絶対忘れてはいけないことはA4の紙に大きく書いて貼る
    ・電話で聞いてて曖昧になってしまったら先輩にお願いしてもう一度聞いてもらう
    ・時間がかかってもダブルチェック、トリプルチェックする
    ・それでもミスした、忘れたことは書き留めておく

    メモを取ることは実践されてると思いますが、それでも徹底的にメモを取ることです。一番信用出来ないのは自分です。

    でもよく先輩が言ってたのは、おっちょこちょいはなおらないけど素直でいてくれれば全然構わない。
    自分も大概そうだけど、みんな結構ミスや忘れはしてましたよ。でもやっぱりその人のキャラで周りの態度は全然違うなーと思いました。

    ユーザーID:2889044617

  • 指差喚呼

    ”指差喚呼”はどうですか?
    電車の運転手さんや車掌さんがやってるアレです。

    ゆびを差して声に出すのは恥ずかしいでしょうが、ミスをするよりはマシでしょ。

    ユーザーID:8800283356

  • 緊張感でいっぱいなんでしょうね

    ミスを犯し、そのミスを引きずるあまりまた同じ様なミスを犯す。そのミスが頭から離れない為に、今度はちょっとしたドジをしてしまう。緊張感のあまり悪循環の繰り返しをやらかしてしまう。本当に辛い事の連続でしょうね。 どうでしょう、ここは一つ仕事に少し時間がかかっても気をしずめて一つ一つゆっくりと確認しながら作業をしてみては。 人には、得意不得意があります、。一から覚えていくのも大変でしょうが、それも仕事のうちだと思い、慌てる必要なんてないんです。ゆっくりでもミスするよりはましだと思って、肩の力を抜いてやってみては。応援してますよ。

    ユーザーID:8995797260

  • 次にミスしたら人生終わるかもね

    ドジでミスの多い私、かわいい。テヘペロ。などという気持ちが1ミクロンでもあるなら、絶対なおりません。
    なぜなら、ミスをする前から自分がミスを許しているからです。

    次にミスしたら人生終わるくらいに本当に追い込まれていて、それでもなおミスするというなら、おそらく病気だと思うので、病院に行って相談しましょう。

    ユーザーID:1499344036

  • 気になりますね

    おいくつなのかわからないのですが、
    脳に何かの障害が発生している可能性もあると思います。
    一度、専門の機関を受診してみてはいかがですか?
    自分の足につまずくと言うのは非常に気になります。

    ユーザーID:4634978403

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 半分は能力 半分は工夫と習慣

    可愛いですね。
    "ミスのミス ミセスのミスと なぜ違う”

    一時記憶を司る海馬については不問として
    小さな工夫と習慣化することで乗りきりましょう。

    先輩の用件を先に済ませて頂く。

    立ったらついで仕事を先に済ませる。

    電話録音機能を使う。
    メモはキーワードだけ書き5分以内に清書する。
    あなたの文章なら
    ジム6
    TEL代
    立用忘
    TEL内容

    ドア閉忘
    アドバイス

    でした。
    これに沿って回答しています。

    転ばないよう動作を優雅に、つまりゆっくり丁寧に行う。

    ドアは
    荷物を片手にまとめ、
    開けたらドアノブから手を離さず閉める。

    尚、ミスやドジと何度も表現されますが
    ミスとはミステイクの略で失敗
    ドジとは鈍にして遅・・・つまり間の抜けた失敗ですね。
    回数を重ねなければほっこりと愛すべき行動でしょうね。

    仕事は一人秀でてしなくていいのです。
    全社員で協力して達成するものです。
    回りから「愛される」「寛容に許される」
    その才能は工夫や習慣では身に付きません 。
    あなたのお人柄です。
    応援しています。

    ユーザーID:3378459150

  • 電話は自分のペースに持ち込む

    電話における、私のメモの取り方

    相手「来週の火曜日に駅ビル8階にある居酒屋で15人で8時から飲み放題で予約して」

    という内容だったとします。
    その場合、私のメモは

    「来 火 駅8F 酒 15 8じ ほうだい」

    と書かれています。
    そして相手の話が終わったら復唱します。
    復唱しながらメモを補完します。復唱が終わる頃にメモは

    「来週火 駅8F 居酒屋 15人 8じから のみほうだい よやく」

    と元のメモに書き足されています。
    そうすると、復唱するときに間違いがあれば指摘されます。
    まだまだもっと長い伝言や指示の時は、相手のペースに合わせずに、短いペースでメモを取りながら復唱します。

    相手「来月15日の」
    私「はい、来週15日」(復唱しながら「来週15日」とメモ)
    相手「〇〇納品についてですが」
    私「はい、〇〇納品ですね」(復唱しながら「○○納品」とメモ)

    こんな感じ。

    ユーザーID:2850371877

  • 一つずつ

    私もミスが多く、反省の日々です。

    そんな私がやっている主な対策

    ・同じ種類の書類を何枚もチェックする場合は、1枚ずつチェックしない。同じチェックポイントを全枚数チェックする。10枚あるなら、まず1番目のポイントを10枚、2番目のポイントを10枚。そうする事で、視点を固定して、チェック漏れを防ぎ、集中を持続させます。

    ・ミスのパターンを知る。どんな時、どんなコンディションでミスが発生するか知る。

    ・他の人にチェックしてもらう。

    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:5612420937

  • とぴぬしです

    >事務系女子 さん

    分かってくれる方が居てとても安心しました....でも、安心なんかしちゃだめですよね!

    丁寧な解答ありがとうございます。
    ポストイット、じっせんしてみたいとおもいます。
    大きい紙に書いてはるのもいいですが、残念ながら貼るところがありません...
    せめてメモに赤ペンで囲っとく位しかできませんが、できるだけ大きく書くように実践してみます。

    ほんとに、自分が一番信用できません。
    極端な話、人に伝えるときに頭で「1」と伝えてるつもりなのに「3」と口に出してる...とかも、あります。
    それで、「ん?」と相手に言われて「あれ、私なんて言いました?」とか。
    頭で考えてることと行動が一致しないことがあって。
    若干、病気とかあるのかと思うこともありますが、確実に自分のドジなんですよね....


    >泥酔おやじ さま

    アドバイスありがとうございます。
    すごく静かな職場なので、口に出すのは恥ずかしい....なんて言ってられないですよね。
    指差し確認は実施してるのですが、小さくても口に出して頑張りたいとおもいます。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:6190888206

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • とぴぬしです。2

    >紋次郎 さん

    アドバイスありがとうございます。
    そうですね....わたしも気づいてます、焦って悪循環。
    落ち着こうと思うのに、焦ってミスをする。

    優しいお言葉ありがとうございます。泣きそうです...応援ありがとうございます、嬉しいです。
    紋次郎さんのお言葉思い出して、深呼吸して、ゆっくり肩の力をぬいて明日からも頑張ろうと思います。
    ありがとうございました。


    >ほろさん

    厳しい意見ありがとうございます。

    自分が可愛いなんて、これっぽっちも思ってるつもりはありません。
    だから、治そうと思ってこうしてアドバイスを頂いています。
    ただ、次ミスしたら死ぬ....までは思ってなかったかもしれません。
    明日からは必死に死ぬつもりで努力しようと思います。



    >ももや さん

    ご意見ありがとうございます。
    やっぱり....自分の足に躓くのって、おかしい...ですよね..。
    一応、年齢は21歳の、女です。
    こういう場合の専門機関となると、脳神経...とかになるのですかね?

    ユーザーID:6190888206

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • ほろさんのレスに完全同意

    自分の中に「私ってドジっ子〜」という甘えた気持があれば絶対治りません。

    まずは、「次ミスをしたら仕事を無くすかもしれない」という危機感を持つこと。
    同時に、「私はミスをしない」と自分に言い聞かせること。
    「またミスするかもしれない」ということばかり考えていると、それが次の失敗を引き起こすからです。

    それでもダメなら、専門家に相談した方がいいと思います。

    ユーザーID:3826889271

  • メモしたことで気が緩む

    メモしたことで、安心してませんか?
    だからメモしたことすら忘れてしまうのでは?
    手の甲やメモ帳など、あちこちにメモるのはやめましょう。

    1枚の紙に順番にメモを書いておくんです。
    できればノートのようなものがいいでしょう。
    電話のときや、人に指示されたときは、とりあえずどこかにメモ。
    すぐにそれを清書するんです。
    1ページにずらっとやるべきことを書く。
    大事なことはそこを見れば大丈夫、というメモを作るんです。
    毎日やっているような当たり前のことでも書くんです。
    そして終わったら線を引くとか、×をつけるとか、なんでもいいです。
    1つ1つ、やるべきことを終わらせているという満足感と安心感が得られます。
    わかりきっていることでもメモしておけば、見て確認することができるので習慣になります。
    そうすればイヤでもこれが終わったらあれをしなくちゃ、と頭と体で覚えます。

    それと、足につまずいてしまうのは筋力が落ちている可能性があるので運動しましょう。
    もしくは病気という可能性もあるので一度病院へ行きましょう。

    とにかくメモを必ず見るクセをつけましょう。

    ユーザーID:2928924877

  • 向いてない?

    どんなにミスやドジが多くても、全部自分でフォローできればいくらやってもいいんですよ。

    電話を代わってと言われて切ってしまったのならあなたがかけ直せばいいし、伝言聞き間違ったならあなたが先方に再度聞いて確認すればいいんです。

    やりっぱなしでとっちらかすのが一番ダメ。
    誰かがフォローしてくれるだろうと思うのがもっとダメ!

    ミスのフォローを全部自分でやるようにすれば要領は分かってくると思いますけどね。

    それと、
    メモを取るのは感心ですが、メモることで安心してしまうんでしょうね。
    行動を先送りにするために(忘れないように)メモするわけですから、メモする時間があるなら忘れないうちにすぐ行動すれば済むと思うんですけどね。

    後回しにしようとするから、メモを取らなければならないわけで。

    単純に自分のために記録するメモなら、手や付箋紙にではなくきちんとノートにメモしましょう。

    ユーザーID:3135563774

  • 良い緊張感と悪い緊張感

    どんな手法であってもこの緊張感というものが重要なのは間違いない。

    緊張感が欠けているなら、当然のように意識外の部分で失敗をします。
    緊張感を持っていても失敗を恐れる「悪い緊張感」は身体を委縮させるだけ。
    (あがり症などがこの典型)

    では良い緊張感というものは何かというと集中のオン・オフを短時間に繰り返せること。
    集中と緩和をコントロールできることです。

    この緩和というのも熟睡中のように全て力を抜くとかではありません。
    警戒レベルを下げても周囲にアンテナを張っているようなアイドリング状態です。
    おしゃべり中に電話の呼び出しが鳴ったかと言うタイミングで
    顔つき・姿勢・行動などが瞬時に仕事モードに切り替えられるようなもの。

    良い緊張=良い集中状態というのは、意識のバランスです。
    メインに7〜8割程度でも残りを周囲に向けておく感じ。
    例えるなら自動車の優良運転のようなものです。

    視野狭窄にならず、意識分散しない適度な集中。
    このことを仕事中ではなく、日常生活の中で養えるのが一番じゃないかな?
    例えば瞑想とかヨガとかね…
    (私の場合は珠算経験で集中力を養ったと思います)

    ユーザーID:9952792543

  • ミスとドジを分けて考えましょう

    仕事で困るのはミスの方なので、この際ドジは一旦おいときましょう。

    メモの件はう〜んさんに同意です。
    メモ帳を一冊決めて、必ずそれにメモをする。
    終わったら×で消す。(私もしています。)
    ×で消えていなければ、まだしていないという事です。ね!簡単に忘れも防げるでしょ?

    トピ文では主に電話応対とメモの事が書かれていましたけど事務仕事はどうなんですか?
    入ってまだ半年なら、ダブルチェックしてもらった方がいいと思いますけどね。
    自分だけで完結するのと他人の目で見るのとでは全然違いますよ。
    上司に頼んでみたらいかがでしょうか?
    (上司がダブルチェックする訳じゃありませんからね!念のため)

    立ったついでについでに何かしようとするのは、トピ主さんの場合は諦めた方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:2933431723

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧