購入後の中古戸建が傾いています

レス10
(トピ主1
お気に入り156

生活・身近な話題

ぼおず

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 築16年でしたね

    見落としてました、失礼。
    でもって、2000年施行の住宅品質管理促進法の6/1000という数値は基準に過ぎず、これを上回るから欠陥住宅である、と何らかのお墨付きや命令が出るものではありません。あくまで、何らかの構造的欠陥があるだろうとされる目安です。建築のタイミングもグレーゾーンですね。
    築16年ですと5年前の震災の影響があった地域なのかというあたりも考慮しないといけません。
    後、建物の耐用年数の相当期間が過ぎているため、残存期間分に対してしか損害は認められません。
    ぶっちゃけ、これによって購入者に生じた損害はいかほど、という話ですが、もし、売主と仲介業者が傾きを知っていて隠蔽していたと証明できれば、本来は価格を下げて売っていたはずなので割高な代金を支払わされた差額が損害ということになります。
    そして、修復工事にかかる費用と天秤にかけて、工事費のほうが高くつけば売主は返金して解約、手付金は倍返しということになります。工事したほうが安ければ売主負担で工事するでしょう。
    でも、これは話し合いだけで解決するとは到底考えられず、裁判になりますね。

    ユーザーID:7600638500

  • 6/1000以上なら瑕疵です。

    是非専門家をお探しの上きちんと話し合ってください。
    傾きの瑕疵については明確な基準があります。6/1000を超えると瑕疵になります。
    重大な欠陥時効を説明せずに売買は違法です。

    我が家は中古住宅ではありませんが、この事例に当てはまって全面的に住宅メーカーに適切な補修工事を行ってもらいました。

    ただし、時間との勝負というところがあります。
    また、専門家といってもかなり限られています。弁護士でも知識ない人が多いですし、こんなことを言うとなんですが、業界人どうしかかわり合いたくない専門家も多いんです。

    まず、欠陥住宅という項目でネットで検索してみてください。
    そちらでとりあえず相談して専門家を紹介してもらうといいでしょう。
    急いでください。

    ユーザーID:9857083720

  • 専門相談窓口へ

    住宅の欠陥問題は、建築士と弁護士が組んでコトに当たらないといけないので、難しい分野です。
    訴訟未満で解決するといいのですが…

    お住まいの市の消費生活センターで、住宅建築やリフォームの相談窓口教えてもらえます。
    とりあえず、電話で聞ける(信頼できる相談機関に)だけ聞く。
    資料持参で法律相談もしたほうがいいですが、弁護士会の普通の法律相談利用の場合は、「欠陥住宅に強い先生を」と、指定したほうがいい。

    裁判所に提訴は、かなりの時間と費用の覚悟がいります。
    弁護士会に付属するADR(裁判みたいに紛争調整する第三者機関)でも扱われると思います。
    法律相談やADRは、日弁連HPから調べることができます。

    ネットで調べるについては注意が必要です。
    信頼できる情報とそうでないことの差が大きい。
    知識が増えてくると、見分けがつくようになるのですが。

    ユーザーID:7372501226

  • 1/100だと難しい

    傾斜地に建つ木造住宅で1/100の傾きなら小さくはないですが経年での地盤の変動範囲になります。
    高層ビルの場合はこのかぎりではありませんが、戸建ての住宅なら重要な告知の隠蔽にはあたりません。
    解決策ですが、解約は難しいと思われますし裁判で争ってもかかる期間を考えると得策とは言えないと思います。
    建物の形や周囲の余地にもよりますが、ジャッキアップして傾きを直す工事が可能なら見積りを取ってみて、売主、仲介業者を交えて費用負担の割合を話し合うのが最も合理的な解決法になるでしょう。
    ちなみに、築年数が書かれていませんが、建って数年とかだと手抜き工事の可能性がありますが、20年を超えていると木造住宅の場合、一般的に建物の価値は実質ゼロとみなされますから、多少の補修工事を伴っても住めればラッキー程度に考えて不動産購入するのが基本です。

    ユーザーID:7600638500

  • 異数合計さんのレスにあるように

    瑕疵担保責任条項の「土地の瑕疵」に該当するかどうかでしょう。

    わからなければ専門家のところへ行きましょう。この場合は法律的な専門家も必要ですが、建築の専門家も必要です。

    トピ主さん、高い買い物になったかもしれませんね。

    ユーザーID:2121790399

  • トピ主です

    今日、第三者機関の調査をしてもらいました。
    結果として、10/1000の傾きが建物全体に同じ方向にあるという事、建てたときの地盤調査の書類を見てもらったところ、傾きのある方向の地盤が柔らかいのに、杭が短く、支えきれていないのではという事でした。施工会社に問題があったのではと。。
    実際、引っ越ししてまだ1週間ですが、キッチンなどに立つと、目が回る感覚があるのです。小さな子供がいるので、特に健康障害が出るのではないかと思うと、気が気じゃないです。
    購入前にやれば良かったのは百も承知です。本当に、ただ後悔しかありません。
    この状況で契約解除は難しいでしょうか?

    ユーザーID:2105817811

  • ホームインスペクター

    住宅診断士で検索してください。
    診断と交渉は別で、交渉は弁護士の仕事になります。
    いずれにせよ、素人がDIYで出来る事案ではありません。

    ユーザーID:8725704878

  • 何でいきなり訴訟?

     「売主を訴える」ところからスタートするトピ主様が怖いです。まず、瑕疵担保責任の範囲にあたるかどうか仲介業者に確認するのが先ですね。

     なんと言っても築16年なので、売主、仲介業者とも傾きを知っていた上で、経年劣化として、相応な値段を提示したのかもしれません。(相場に比べて、かなり安かったりしませんでしたか?)
     契約書を読んでお分かりかと思いますが、建物の瑕疵担保責任は「放っておくと倒壊」レベルでないと、なかなか。

     話し合いの場を設けるのは悪くないと思いますよ。ただ、工務店の「2cm傾いている」だけでは弱いです。専門家に依頼して「2cmの傾きが将来的に倒壊に繋がる」なり「生活が著しく困難」と証明していただかないと。お金はかかりますが、人生最大の買い物のためですから。
     

    ユーザーID:6014898246

  • 何mに対して2cmのズレですか?

    2cmのズレというのは、どことどこを比較したときのズレで、比較点の間は何m離れていますか?
    それと、2cmというのは高さのズレということで合っていますか?
    建物の傾きが大きいときは中に住む人に健康被害が生ずるとされていますが、どの程度健康被害が生ずる可能性があるかは床の傾斜角により異なります。
    6/1000を超える床の傾きがあれば、瑕疵を問える可能性が出てくるかと思います。

    ユーザーID:8546514740

  • 頑張って!

    購入前に第三者のプロの方に見てもらわないのに呆れた!

    私はマンション購入時に見て貰いましたよ。確かに依頼料高いですが、素人で完成してテンション高い私より冷静に部屋を見てくれました。
    細かいとこまでじっくり時間をかけて見てくれて満足しました。

    今からでも頑張って下さい。

    ユーザーID:5543492041

レス求!トピ一覧