• ホーム
  • 学ぶ
  • 書店がなくなってストレスがたまっています

書店がなくなってストレスがたまっています

レス25
(トピ主0
お気に入り30

趣味・教育・教養

おばさん

最近、近所の書店が閉店したのでネットで本を購入しています。
電子書籍の時代ですが、今でも紙の本でないと愛せません。
特別用がなくても書店に行くのが大好きでした。
図書館もありますが書店ほど魅力を感じません。
書店がなくなりストレスがたまっております。

ユーザーID:6467510903

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 時代の流れ

    紙の本が売れなくなって出版社印刷会社取次書店がバタバタ倒産してます。

    紙の本はゼロにはなりませんが

    ある程度まで落ちたら後は横ばい状態になると思います。

    自転車やバイクしかなかった世界に車が現れたのと同じです。

    車が便利だから自転車バイクが無くなるかというと

    自転車は自転車のよさがあるしバイクはバイクのよさがあるから

    なくならないのです。

    紙の本や新聞の長所は特別な機械がなくても見れる読める

    どこにでも持ち歩ける よけいなCMがないので集中できるという所です。

    今後ネットと紙はバランス取れるところで落ち着くでしょう。

    ユーザーID:3869317506

  • 書店で買って下さい

    オンライン書店が大人気のアメリカに住んでいます。本は定価販売でなくてもいいので、アマゾンではどこよりも安く本を買うことができます。そのため書店が閉店したりチェーンの書店が倒産したりしています。

    私の住んでいる地域には以前はチェーン店、個人経営の書店が合わせて6軒ありましたがここ数年で全て閉店してしまいました。残っているのは古本屋さん1軒と、半額の本を売るチェーン店1軒です。半額の書店は訳あり(ダメージあり、売れ残り、改定前の版)の本を売っているため、ランダムな品揃えで分野ごとのベストセラーなどは置いてません。1時間運転しないと、新刊のある普通の書店がないのです。
    私は完全に書店難民です。

    日本でも地元の書店から本を買わないと、だんだん書店の数が減っていくと思います。寂しいですね。

    なるべく書店で買ってほしいな。。。

    ユーザーID:8900355498

  • わかるーっ!

    というか、私自身が本に関わる仕事(販売ではない)をしているので、書店が減ったのはほんとに悲しいです。
    最近は大型商業施設でも書店が入ってないところもたまに見かけるし…

    そんなわけで皆さん!本屋さんに行って下さい!
    あと、新品を買って下さい!
    古本を買って頂いても著者や版元には還元されないので…新しい作品をこれからも読みたいならぜひ新品を!
    本が好きなら、ぜひ、書店で新品が買える本は新品で買って下さいー!!

    ユーザーID:7512272996

  • 私もです!

    駅前の本屋さんが月末で閉店です。

    家から10分程なので、散歩がてらよく行きましたし、電車を使った帰りには必ず立ち寄っていました。

    閉店となれば、一番近い本屋さんは車で5分くらいのところ・・

    歩いて行ける所がなくなるんですよね・・

    辛いのであまり考えない様にしていますが、あ〜これからどうしよう。

    ユーザーID:6268108100

  • 遠出は出来る?

    週一くらいで、遠出して大型書店に出向く。
    そこで目一杯、溜まったストレスの解消をする。

    まんま、私の行動なんだけどね。

    ユーザーID:2595046836

  • 私も同じです。

    近くに書店があったのにずいぶん前になくなり、図書館に通っています。
    月に1冊、購入リクエストができます。
    それで読みたい本を読んだりします。
    でも、近くに書店があればと思います。

    ユーザーID:6818681291

  • 同感です・・・

    仕事柄、多くの書店との付き合いがありますので、疎遠感はないのですが、近くの個人書店が辞めてからは、一番近い大学の書店にいくはめになっています。もちろんこの書店も懇意ですので、楽しく拝見しているのですが。
    図書館ね、ちょっと気分が違いますね。書店はなんか好奇心が満たされる感じ。図書館は調べものに使っていたので、どちらかといえば仕事感覚かなあ。

    ユーザーID:7732708858

  • それは残念ですね。お気持ちすごく解ります

    自宅から徒歩1分に大型書店があり家を構えた大きな理由です

    私はテスト期間中、子育て中、介護の最中でも1ページだけでも読まないと一日が終わりませんでした
    社会人時代に残業でフラフラになって帰宅中でも車内で読んで居ました
    職種も本に纏わる仕事でした

    自宅トイレや浴槽内でも読みます
    外出先でも数分の空き時間があれば本を読むので必ずバッグの中に本が入っています

    電子書籍も購入しますが独特の紙の匂いが無いと満足度が随分落ちます
    次はどんな展開が待っているのだろうとページを捲るときのわくわく感は一向に減りません

    私は衣食住に興味が無く読書が唯一の趣味です
    現在時間に余裕が出来、往復2時間かかりますが古本屋巡りが可能になり本当に嬉しいです
    毎回かなりの額を購入するので昼食は食べません
    外食代を払うなら本1冊余分に購入した方がいいからです

    私の場合、新刊本を数冊続けて読むとお気に入りの本を更にまた読むのでお気に入り本がかなり痛みます
    なのでお気に入り本は読む専用と本棚に置いておくのを二冊購入しています

    ユーザーID:7650294617

  • 同感!

    自分で本代を節約しておきながら、書店が亡くなっていくのを嘆くのはおかしいと思いながら、同感です。

    私も書店なら、何時間いても飽きません。むしろ、至福の時です。

    最近は本はほとんど図書館で予約して読んでいます。なので、新刊が手に入るのは半年後とかになります。昔なら発行日前に購入していたのに。

    たまに書店に行ったら大変。あれも欲しい、これも欲しい、軽く1万円を越えそうになり、選びきれません。そして、泣く泣く、2、3冊でとどめています。

    ぶらっと書棚を見て、こういう本もあるんだ・・・というのは、ネットではできませんものね。
    ページをめくって、意外な出会いがあり、やめられませんよね。

    ホント、書店なくなってほしくないですね。

    ユーザーID:0357625942

  • 書店はエンターテインメント

    タイトルのようなことを、私が敬愛してやまない作家さんが申しておりました。

    図書館も魅力的ですが(しかも無料)、ラインナップの広さでは書店に敵わない。気に入った物は購入して所有物にできるあの特別感は書店でしか味わえない。

    でも書店さんももう少し頑張って欲しいと思えたエピソードが。
    店頭になかったので取り寄せて欲しいと頼んだ時「1週間以上かかりますよ。〇〇(某有名ネット)の方が早いかと……。」
    店員さんはサービスの一環として提案したのかもしれませんが、内心叫びました。
    「お客が本屋で買おうとしてるの止めるなんて何考えてるの!購入確実の客を逃すなよ。そんなことしてたら潰れるでしょ!」
    応対してくれたのはおそらくバイト君。
    お願いだからもう少し貪欲であっておくれよ書店さん。貢献できるよう頑張るから……と今もなるべく書店で購入しております。
    ※因みに「遅くても構わないから取り寄せて。」と某書籍は書店で購入しました。

    ユーザーID:3695641747

  • 本は不便になりました

    大昔、近所の書店が閉店してから、本難民になりました。

    幸い駅前に中型書店があったので、そこを使っていました。
    ところが店舗改装で売り場面積が縮小され、
    好みの本を置いてくれなくなりました。

    ネットで買うと、期待外れが多いです。

    今は、偶々神保町へ行く用事ができたので、
    好みの書店で買っています。
    ただまとめ買いをすると重いです。
    改札までエスカレーターもないですし。

    今の販売制度である限り、書店は減っていきますね。

    一般図書館は嫌いです。
    どうでもよい本ばかりですから。

    ユーザーID:7338184727

  • 環境意識を持つ

    電子書籍は便利だけど、それだけでは無くて紙の様に木を切り倒さなくて済みます。

    どちらも全く同じ条件の選択肢が2つあるのに、自分の好きな紙の本を売る店がなくなったと思わず、電子書籍を選択する事で地球の環境を守るという意識を持てば、少しは気持ちも変わって来るのでは。

    ユーザーID:8671453697

  • ポテトサラダさま、すごい!

    春先に久しぶりに娯楽小説系(国内、海外)を大人買いしてしまいました。30冊程度でしょうか。書店に並ぶ表紙と帯文に惹かれ。(実はまだ半分も読んでない)
    書斎は作り付けの書棚を増設して、特にお気に入りの本や通常使う資料を並べています。中でもお気に入りの本は表紙のまま、飾っているといった方が良いかもしれません。
    今は電子書籍がどんどん進化していますね。でもどうもあの紙の肌触り、めくるときのときめき感、戻ったり進んだり、付箋を付けたり・・・紙の資料でないと頭に定着しません。
    確かに図書館も利用しますが、やはり自分の本じゃないと、調べものだけで、愛着はないですし、楽しむ感じじゃないです。
    書店はどこも大変なようです。書店利益は大手で25%、中小は10%程度で、返品の利かない在庫(岩波など)が売れ残り経営を圧迫しています。アマゾン利用客も増え、ネット商品がシェアを埋め尽くし、経営難です。ぜひ、書店まで足を延ばしてください。

    ユーザーID:7732708858

  • 本屋さんていう文化

    うん。うん。  って喜べないことですね。

    特別用がなくても本屋さんに行くのが大好きでした。
    図書館もありますが書店ほど魅力を感じません。

    そうなのよ〜

    これって理屈じゃあないからねっ!!

    何でも効率重視で大阪フィルや文楽にまで効率を求める橋下さんとか松井さんには分からないかなあ。

    ユーザーID:7048191801

  • 書店があっても本が…

    メガ書店でない一介の書店では
    雑誌ばかりで参考書や実用書や専門書の品揃えが乏しくなりましたよね〜。

    写真や字を見て決めたい時もあるのですが、ネットだとまだまだ勢いで買わねばならぬことが多いです。

    経営側からすれば無理もないことですが寂しいことです。

    ユーザーID:0003832935

  • 同感です

    本屋さんに一泊したいくらい好き。私にとってはパラダイスです。
    あれこれと手に取って読んでみて「今日はこれにしよう!」
    と決めてレジへ向かうときのトキメキは、何物にも代えがたい。
    うちの近所の本屋さんも次々と閉店して寂しい限りです。

    紙って、いいですよね。
    紙の匂い、感触、ページをめくる時の音、たまりません。

    ユーザーID:3568756819

  • 私もです!のジョアさんへ。

    >駅前の本屋さんが月末で閉店です。
     家から10分程なので、散歩がてらよく行きましたし、
     電車を使った帰りには必ず立ち寄っていました。

    わたしのうちからの最寄り駅前の本屋さんもです。20年とのことです。

    もしかして同じ町かしら。

    たしかに、最近は実用書とコミック中心の品揃えになって 文芸書コーナーは片隅にあるだけになりました,でもこの本屋さんがあるのとないのでは大違い。

    本屋さんをちょっと覗くのが楽しかったのに。

    又吉さんの本も つい手に取って ぱらぱら見て買ってしまいました。

    こういうことは 本屋さんでないと ないことですね。

    ユーザーID:1703429177

  • 本屋さんなんてあちこちにあるでしょう

    私も本屋さん好きです。
    紙の本も好きです。

    小さい書店は淘汰されて少なくなってしまいましたが、大型書店やチェーン店なんかはあちこちにありますでしょう?

    日本中から本屋さんが消えたかのようなトピでちょっと笑ってしまいました。
    いや、悪い意味じゃないですよ。
    大げささが可愛くてほほえましかったのです。

    ユーザーID:9210596576

  • 書店で働いていました。

    こんにちは。
    町の本屋さん、厳しいですよね。

    わたしは書店で働いていたのですが、3月末に閉店となり現在失業中です。
    正社員ではなくても書店で働きたくて、パート、アルバイトでしたが、何軒かで20数年お仕事させてもらっていました。
    夫はまた書店の仕事を見つけるまでゆっくりしたらいいじゃない?と言ってくれていますが、通えそうな範囲にはもう「本屋さん」といえるお店がないのです…。

    いちばん困っているのが『自分の欲しい本を確実に買う』ことが難しくなってしまったことです。
    電子書籍だったらすぐに読めるのでしょうが『情報を読む権利を買う』ものなので、手元に本が残らないことが寂しいのです。

    お客様がお探しでタイトル不明の本を断片的なキーワードから見つけ出すのがとてもやりがいがあって、大好きな仕事でした。
    また、できたらうれしいのですが。

    ユーザーID:1239238597

  • 本屋さんなんてどこにでも

    ありそうでないです。ワクワクする本屋さんは。

    駅中の本屋、入る気にもならないです。

    一つは品揃え。
    もう一つは人が多くて狭苦しい(小さな本屋さんが狭いのとはちがう意味)。
    もう一つはその人たちが全体的にせっかせかしてるとこ。

    大型書店でも差があります。

    わたしはとにかく
     人が多くて狭苦しい その人たちが全体的にせっかせかしてる
    そういうトコには本屋さんでも行きません。

    意外とブック◯フがいい感じです。

    ほほえましく思って下さい!

    さいごに

        駅前にひとつはほしい本屋さん

    ユーザーID:8627351513

  • できることは何か…

    私も書店が好きです。
    出版不況、書店減少を防ぐために、読者ができることは何なのでしょうか。

    絶版になった本を読みたい時や急いでいる時は、図書館やネットは大変有難いです。
    近くに本屋が無い人や体の不自由な人にもネットは便利だと思います。

    リアル書店だけでなく書店業界そのものを続けていくためにはどうすれば良いのでしょう。
    少しでも多く本を買うことなのでしょうか。

    ユーザーID:4611212890

  • 出版業界の問題とは別で

    私は都内に住んでいるので本屋が次々となくなっていく環境が分かりにくい。
    (確かに都内でもJなどの大型店舗が閉店したりしましたが)

    トピ主さんは新刊をダメなのか、
    それとも特定の方だけが購入するような書物がほしいのか…

    1つの代案は出版業界を更に追い込むことにも成りかねないことなのですが
    古本屋はないのでしょうか?(大手のB.O.など)

    正直な話として、もし大型の古本屋があるなら行く価値はあると思いますよ。
    お目当てが無くても当たり前、あったら儲けものの宝探し感覚で店内を回れますから。

    人によって手垢のついた本が嫌と言う人もいるので何とも言えませんが、
    私は寄れるときに古本屋によって本を探すのが好きです。
    そしてどうしても手に入れたいものだけ、書店やネットで購入しています。

    ユーザーID:1308292519

  • できるだけ小さな書店を応援するようにしています。

    本屋さんには、「出会い」があるんです。
    数年前神戸を訪れた時、駅前のアーケード街で美術や歴史関係の充実した大きな本屋さんを見つけました。喜んで見回っていたら、なんとその月の終わりで閉店ということでした。
    階段の横の壁面に大きな海図などが何枚も壁に貼ってあったりして、いかにも港町の書店という感じでした。百年前の日本郵船の欧州航路の珍しい絵葉書を必要以上に買い、海図をあしらった本屋さんのしおりをいただいて、別れを惜しみました。

    電子書籍の件ですが、数年前にコンシューマーレポートで紙の本と比べてどちらが環境に「まし」かについての比較論を読みました。
    そこでは紙に軍配が上がっていました。電子書籍機器は長くても20年しかもたない上、電力を消費します。しかし、紙の本は百年以上もつためです。

    実家のある小さな駅の前に、小さな古い本屋さんがあります。先日文房具を買いに立ち寄ったら、こんなポスターが貼ってありました。英国かどこかヨーロッパのどこかでは書籍には消費税がかからないことになっている。国民が読書によって教養を深めることが重要だから、と。

    ユーザーID:2171228444

  • 分かります!

    私もネットで購入するようになりました。

    中学の頃、電車通学するようになって以来、
    乗り換え駅や最寄駅で本屋に寄るのが日課でした。
    自分好みの本はかなりの確率で見分けられるようになったと思います。

    しかし、
    今は本屋が少なくなりましたね。
    あってもコミックばっかり。
    絶対に潰れないと思っていた本屋が潰れると悲しいですね。

    最近は専らネットで購入するようになりました。
    日本の通販サイトは立ち読みできる本が非常に少ないと思います。
    ですので、失敗してもダメージが少なくて済むように
    中古本を中心に購入するようになりました。
    送料込みで100円安ければ迷わず中古です。
    欲しいものリストに登録しておいて、中古が流通するのを待つことも。
    場合によっては年単位で待ちます。
    単価が安いので以前よりも購入するようになりました。

    しかし、
    全く新しいジャンルの本に出会えるのは間違いなく本屋ですね。
    一旦本屋に入ると数時間は出られなくなる強烈なブラックホールです。
    ますます気楽には入れなくなりました。
    でもたまには入りたい。
    困った存在です。

    ユーザーID:1763819788

  • 同感

    ストレスたまりますね。出版業界も頑張っているのでしょうが、結局、売れないということのようですね。購買層が減少している? そういえば、この頃の学生はさっぱりを本を読まない、もちろん、買わないようです。図書館が繁盛しているか、どうもこれも怪しいようです。ネットの場合は、どうなのでしょうね。全体として限られた購買層が、ネットに移っているだけのよう。全く暗い気持ちになります。この社会は、どうなるのでしょう? 面白い本がたくさんあるのに。 

    ユーザーID:5911261239

レス求!トピ一覧