現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

離婚して以来小6の息子の様子がおかしい…妥協案を考えました

恵子
2016年6月26日 21:54

先日、こちらの「離婚して以来小6の息子の様子がおかしい」というトピックを作成させていただきました。
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2016/0615/766152.htm
その際、私達母子を多くの方々が心配、叱責し、様々なアドバイスをしてくださったため、ご報告をさせていただきます。
あれから息子の様子は落ち着き、給食や外食時は問題なく食べ、私が用意した食事も少しずつ口にするようになりました。
まだ私との関係はギクシャクしており、以前のように学校での出来事や他愛の無いことを話したり、一緒に食事やおやつを作ったりということは無くなってしまいましたが、こちらは時間薬だと思っています。
皆さんの言葉通り、息子はもう小さな子供ではなく、親離れの時期なのだろう、と納得しています。
また、以前「息子の私への誤解を解きたい」と書いたことに語弊があったようです。
誤解とは、「息子が、私が悪意を持って離婚理由を事前に話さずにいたと思っている(実際は、悪意ではなく息子への行き過ぎた思いやりでした)」というつもりでした。
そして、私が「新夫達が私に厳しく、息子を甘やかしている」と書いたことにお叱りを頂き、目の覚める思いでした。
当時、私は「息子は傷付いており、私からの大きく深い愛情を必要としている」と考えていたため、新夫と新娘が息子を甘やかしていることで私の役目を奪われてしまったような気分になっていました。
「本来ならば私が息子を甘やかし、代わりに新夫と新娘が息子に厳しくするべきなのに分かっていない。また息子の事に必死になっている私に冷たく当たる新夫と新娘のそれは物事がうまくいかない八つ当たりだ」という勝手な考えでした。今はそれをとても恥ずかしく思い、反省しています。当時の息子には甘やかしてくれる大人が無限に必要だったのだと理解しています。

続きます。

ユーザーID:5903132344  


お気に入り登録数:3021
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:40本
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(40)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
続き1
恵子(トピ主)
2016年6月26日 23:41

あれから何度も私達で話し合いを重ね、それぞれの気持ちを確認し合いました。
もちろん、離婚の話し合いで息子が除け者にされ、拗ねてしまったことを反省し、息子を子供と思わず、1人の大人として話し合いに参加させました。
以前、まだ再婚していない相手を新夫と呼ぶのは不適切であるとのご指摘を頂きましたので、新夫ではなく同居男性、と改めさせて頂きます。
私と元夫と息子、私と同居男性と息子、元夫と同居男性と息子、など面子を変え、何度も繰り返し話し合いをし、意見をまとめました。

ユーザーID:5903132344
続き2
恵子(トピ主)
2016年6月26日 23:42

私の意見
・(息子へ)必要な時に真実を話さず誤魔化してしまったことを非常に反省している。二度とこのようなことはせず、また子供だからと除け者にしたりはしない。仲直りをし、これまでのように一緒に仲良く暮らしていきたい。ここでのレスで皆さんから叱られ、自分の考えがとても甘いことを思い知らされた。学んだことを生かしていきたい。
・(同居男性・娘さんへ)同じく、全てを話しておらず申し訳ない。しかし、私が同居男性を男性としてだけではなく、1人の人間としてとても信頼しており、再婚して共に人生を歩みたいこと、同居男性の娘さんを本当の娘として受け入れるつもりであることは信じて欲しい。同居男性は前妻さんと10年以上前に別れていますが、前妻さんは当時心を病んでおり、娘さんに対してもネグレクト気味だったそうなので、私が支えになってあげたい。
・(元夫へ)息子への説明を信頼して任されたのに裏切ってしまって申し訳ない。これからも息子と電話や面会をすることになるだろうが、もしも仕事が忙しく負担になるならすぐに言って欲しい。離婚後も息子が世話になってしまって申し訳ないが、息子を最優先に考え、希望を叶えてやって欲しい。

ユーザーID:5903132344
続き3
恵子(トピ主)
2016年6月26日 23:45

元夫の意見
・きちんと自分で息子に自分達の離婚の話をすべきだった。自分から離婚の話をしたら、どうしても元妻のことを悪く言ってしまいそうで、本来は聡明な息子がそれに煽られて冷静な判断が出来なくなったり、両親を軽蔑して精神的に孤独にさせてしまうことが怖かった。本当に息子に申し訳ないことをした。
・今回の事で元妻をしつこく責める気は無い。しかし本当に息子と暮らしたいなら、母親として生きなければならないことを忘れないように。
・本音を言えば、無理矢理にでも親権をこちらへ移したい。息子と一緒に暮らせるならば、出来ることは何でもする。家事を手伝ってもらったり、1人で父の帰りを待たなければならなかったりと、父子家庭で苦労をかけるだろうが、一緒に暮らすことを考えて欲しい。
・同居男性と娘さんが息子の味方にあり、力になってくれていることにとても感謝している。もしも息子が今後も新家族と住むなら、息子の様子をこの2人から聞かせて欲しい。
・息子が新家族と暮らすことを選んでも、以前言った通り、決して息子に腹を立てたり嫌ったりはしない。これからもずっと父親でいたい。何かあれば一番に頼って欲しい。

ユーザーID:5903132344
続き4
恵子(トピ主)
2016年6月26日 23:46

同居男性・娘さんの意見
・新しい父親と姉だからというわけでも、娘さんが児童心理学を学んでいるから教材にしたいというわけでもなく、息子のことを心配している。息子が立ち直れるように協力をしたい。
・再婚の件は、今このタイミングで話すことではない。どちらにせよ、しばらく様子を見たい。だからと言って、私と息子を追い出すようなことはしない。息子には今、サポートの出来る人間が身近に必要。
・息子が元夫のところへ行きたいというのなら応援するし、今後も手伝いをさせて欲しい。
・再婚の件は置いておき、それとは別の問題で、それが息子の助けになるなら息子と養子縁組をするという考えすらあるが、さすがにそれは極端だし息子の意志や希望に反することだと思うので、強く勧めることはしない。

これらを全て聞いた息子に、正直な意見を聞きました。

ユーザーID:5903132344
続き5
恵子(トピ主)
2016年6月26日 23:49

・今まで父よりも母が好きだと思っていたが、今は逆転した。
・父の元で暮らすことは出来ない。理由は転校をしたくないから。実は拒食というのは偽りで、拒食の様子を見た一番仲の良い男子児童が息子を心配して放課後家に連れて行き、何度か食事をさせてもらっていた。親友の母親にまで心配され、おいしそうな食事を目の前に出されてどうしても我慢が出来ず食べてしまった。しかし、親友もその母も絶対に誰にも内緒にすると言うので、教師にも自分の母にもばれないんだと安心して食事が出来た。また、体育の授業の前には体力がいるからと、親友がこっそりとお菓子を持ってきて教師に隠れて授業前に食べさせてくれた(これは、校則違反に当たるので後に注意をしました。担任教師は息子達のそういった行動に全く気付かず、完全拒食だと思い込んで私に電話してきたようです)。転校し、この親友と離れることはどうしても嫌だ。
・この一ヶ月近くの間、同居男性と娘さんが本当に心から自分のことを心配してくれているのを感じた。自分の父親は元夫だけであり、いきなり新しい父親と姉として見ることは難しいが、彼らにそばにいてもらいたい気持ちがある。

ユーザーID:5903132344
続き6
恵子(トピ主)
2016年6月26日 23:50

・父との面会、電話はこれからも自由にさせて欲しい。行き方さえ教えてもらえれば、電車で1人で行くことも出来る(これは、不安なので元夫が迎えに来るか、同居男性か娘さんが送迎することになります)。
・父と自由に会えるという条件なら、これからゆっくり母と新家族に慣れていきたい。父と暮らすことも考えたが、学校から帰宅して夕食を作って待っている母がいる生活に慣れてしまっていた自分は寂しさに耐えられないと思う。自分と暮らすことによる父への負担(家事や学校の関係など)を考えると、自分にとっても負担。父のことがそれでも大好きだということは変わらない。世界で一番大好き。

遠回りをしてしまいましたが、無事に何より重要である息子が望み、全員が納得する元の鞘に納まることになりました。
皆さんの私への叱咤激励が無ければ、私は本当に息子に意地を張らせ続け、仲直りが出来なかったかもしれません。
拒食の息子に食事を与えてくださった息子の親友のお母さんにも電話をして泣きながらお礼を言い、あちらももらい泣きをされていました。

ユーザーID:5903132344
続き7(最後)
恵子(トピ主)
2016年6月26日 23:51

息子の拒食(嘘でしたが)の間、もちろん私も食欲が激減していたため、ようやく家族全員で食事が出来ることがとても嬉しいです。私も「いいダイエットになった、ありがとう」などと冗談を言えるほどになりました。
また、息子はまだ元夫の姓を名乗りたいようなのですが、どの道再婚すれば同居男性の姓に変わるため、今はそれを許してあげようと思います。
私を「(私の旧姓)さん」と呼ぶのは治りましたが、まだ照れが残るのか以前のようにお母さんとは呼べないようで、そのため自分からは話しかけてきません。しかしすぐには叱らず、これからゆっくりと説得していきます。
こんなにも息子のことを思っている方々がいてくださるんだと教えるために、皆さんのレスをプリントアウトして息子に渡したりもしました。
感想を教えてほしいと言ったのですが、残念ながら何も答えてくれず、息子の代わりに私から皆さんにお礼を言わせて頂きます。
本当にありがとうございました。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月28日 16:16

私は息子のことを表面上だけでなく心から愛していますが、確かに正直に言うと、息子を愛しているという姿を同居男性とその娘さんに見てもらいたいという気持ちが強くあります。
私が息子を突き放すような姿勢を取れば、彼らは息子を私から引き離して元夫の元へ行かせようとしていたでしょうから、少し躍起になっていました。
「息子は母親の愛情だけではなく、反省と誠実さも必要としている」というレスをいただき、確かにその通りだと気付かされました。
息子を愛しているということをきちんと伝えるだけではなく、これからも真っ直ぐに息子に向き合い、意見を言い合うようにしていきます。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月28日 16:30

私にカウンセリングを勧めてくださるレスがありましたが、実は今回、元夫からも同じように言われていました。
その際は、いきなり病院に行くことは皆に、特に息子に心配をかけたくないから気が進まない、と答えてしまったのですが、少し考えてみようと思います。
また、前回のトピックで、いくら児童心理学を学んでいるとはいえ、まだ大学生の娘さんはカウンセラーとしては荷が重いし力が足りないだろう、というレスもいただいたため、息子も一緒に受けられるいいカウンセラーさんを探してみます。
私に憤りを感じられている方が多いことで、とても反省しています。また、それでもいただけるアドバイスがとても嬉しいです。ありがとうございます。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月28日 16:50

私の浮気がこの騒動の根源にあることは理解し、とても反省しています。
私が異性に相談事をするようにしているのは、そうすると全く違う視点や考え方からの意見をが聞け、視野が広がるから、という理由であり、もちろん恋愛に発展させるためではありません。
親離れの時期が自然と来たのではなく、私のせいで強制的に離れざるを得なくなった、というご意見に心が痛みます。
息子は1歳になる前に、私の都合で断乳をしたのですが、三日三晩私の母乳を求めて泣き叫び、疲れてぐったりと横たわる息子を見て涙したことを思い出しました。
数日ぶりに息子が笑い、ようやく断乳が完了した時にはとても安心しましたが、同時に私の都合で強引に成長させてしまったことに罪悪感を感じました。
どうかこれからは、息子が私の都合に振り回されず、子供らしくゆっくり成長していってくれるよう願うばかりです。

また、私がずれている、鈍感だとご指摘いただいてお恥ずかしい限りです。
友人達には昔から同じように言われ、そこも私の個性だと褒めてもらっていたのですが、今回ばかりはとても反省しています。しっかりと第三者の意見を聞き、視野を広げていきたいと思います。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月28日 18:00

私がここまで鈍感なのは、私のこれまでの環境に問題があったのでは、とご指摘をいただきましたが、私のこれまでの人生はごく普通の、なんの変哲も無いものだったと思います。節々で人並みに悩み事があったりはしましたが、両親の揃った家庭で、特別裕福でも貧乏でもなく、兄弟がおらず、寂しい思いをすることもありつつ、周りから愛されて育ちました。
私が両親から愛されたように、私も息子を愛しながら育ててきたので、この騒動を通しても、私の息子への愛が変わらないことはしっかりと伝えていきます。

息子との健全な親子関係も結べなくては、同居男性と夫婦関係を結んだり、娘さんと関係が結べるわけがない、というお言葉が耳に痛いです。仰る通りだと思います。
まずは息子との関係を焦らず、ゆっくりと改善させていき、それから再婚について、しっかりと話をしたいと思います。

今晩は息子の好きな煮込みハンバーグを作ったので、家族団欒を楽しみたいと思います。
息子が再び私の料理を口にしてくれることが嬉しく、食べている姿を見ると、涙が出てくるほどです。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月28日 21:53

「息子を甘やかしてくれる大人が必要だった」と書いたことに関して、「甘やかす」という言葉は今回の息子に関して不適切な言葉と気付かせていただきました。ご指摘をいただきありがとうございます。
私達は決して息子を甘やかしていわけではなく、愛情を持って真摯に息子と向き合っていた、という表現が適切ですね。
また、私が新しい家族と住み始めることに関し、息子はきっと私と寂しく2人暮らしを始めるよりも喜ぶだろう、と考えていたのでしょう、とご指摘をいただきましたが、お恥ずかしながらその通りです。
離婚前、私達は特別裕福というわけではありませんでしたが、私が専業主婦でやっていけるほどの余裕があり、息子に衣食住不自由の無い生活をさせてきました。
誕生日やクリスマスのプレゼントなどは1人っ子であることもあり特別に奮発していましたし、参加しているスポーツ少年団に気持ちよく打ち込めるよう様々なサポートをしていました。
息子にはこれからもそんな生活を変わらずさせてあげたいと思いましたし、1人っ子は残念だと度々こぼしていたので、優しいお姉さんが出来れば喜ぶだろうと単純に考えていました。お恥ずかしいことです。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月29日 5:37

自己保身や自己弁護をする限りは息子との和解などありえない、というお言葉に背筋が寒くなりました。
私は息子に一生懸命、私がどれほど息子のことを思って行動をしているか、と説明をしていたのですが、それは息子の理解を得るには逆効果であるということですね。
これからはそういった回りくどい言い方をやめ、私がどれほど無条件に息子を愛しているかを説明してあげるようにします。

また、皆さんにお叱りいただいて気付いたのですが、前回、せっかく息子を外食に連れ出そうとしてくれた娘さんに「ファストフードはやめてほしい」と場違いな発言をしたことを、今はとても恥じています。
私は息子の健康を考えて、ジャンクフードの類を与えない主義で、また大学生の女の子はそういった物を好むだろうという偏見があったため、つい失礼な言い方をしてしまいました。
息子が喜んでくれることが最優先なので、月に1度くらいはファストフードの日を作ってもいい、と娘さんに言ってあります。
また、当時娘さんが息子を連れて行った先は、近所にあるチェーンのレストランだったそうです。
とても良識のある娘さんで、彼女が息子の姉となってくれる事を幸せに思います。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月29日 13:00

顔アイコンは不適切、とご指摘を頂いたので、アイコン無しで返信させていただきます。
ご指摘を頂き、「妥協案」や「時間薬」といった言葉が適切でないことを自覚しました。
前者は決して「私が息子に妥協してあげる」という意味で使ったわけではなく、「皆が納得する案をそれぞれで考え出した」といったニュアンスのつもりでした。
もちろん、最終的には息子の意志を最優先にしましたし、これからもそうするつもりです。
また、息子は繊細なので、急にというわけにはいかないが、時間が経てばまた仲良しの母子(思春期なので、あまりベッタリでも困ってしまいますが)に戻れるだろう、と呑気に考えていました。
時間薬ではなく、私が薬になってやらなければならないことを忘れないようにします。

「批判されているのに、幸せな母親だと酔っている」というお言葉、否定が出来ません。
もちろん皆さんの私への厳しいレスを読んで、私がどれほど弱く情けない母親なのかを自覚し、涙しています。
しかし同時に、皆さんにとっては顔も知らない他人の息子をこんなに心配していただいていることが嬉しく、そちらの気持ちの方が前面に出てしまっているのかもしれません。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月29日 13:17

私の言葉が表面的すぎる、当事者と自分の息子のことなのにまるで他人事のように感じる、とのことですが、離婚前に浮気について話し合いをした際にも、元夫に同じようなことを指摘されました。
昨晩、母子でカウンセリングを受けてみようと思っている旨を元夫にメールしたところ、私のそういった部分も相談するように、と指示を受けました。
私は精神的に脆い部分があるのですが、周りからは能天気だと誤解されることが多く、その原因が分かるかもしれません。
たくさんのアドバイスを頂いてとても助かっています。

離婚後、母子家庭で頑張られた、という方のレスをとても感心しながら読ませて頂きました。
とても勇気の要るご決断だったと思います。
私はお恥ずかしながら職歴がほとんどなく、大学時代に個人経営の小さな喫茶店でのんびりとアルバイトをしていたくらいでした。
働く背中を見せて受け入れて貰う、というお言葉は、とても私では思いつかないものでした。
それが私へのプラスになるかは分かりませんが、この先何があってもいいように、パートを探してみることを考えます。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月29日 16:02

私が、"息子にとってこれが一番いいに違いない"という形や思い込みに囚われて、息子の本当の気持ちを聞けていない、というご意見に、目の覚める思いでした。
確かに、私は息子にこれをしてあげよう、これなら喜ぶだろう、と試行錯誤しつつ行動を起こすだけで、息子に直接、何をして欲しいか、と聞いたことはあまりありませんでした。
まず、もうすぐ息子が学校から帰ってくるはずですので、先回りして予想するのではなく、晩ごはんは何が食べたいかを聞いてみます。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月29日 17:16

ご指摘をいただいて自覚しましたが、娘さんにファストフードはやめてほしいとお願いしたことも、息子に学校にお菓子を持ってくるのはいけないことだと注意をしたことは、母親として最低限言わなければならないことだから、という意思からであり、わざわざここに書いたのは、皆さんに、私がそれでも母親としての自覚があるのだと思って欲しかったからでした。
しかし、やはり、それらもとても場違いな発言だったのだと理解しました。
息子の親友のお母さんに、これからはお菓子を持ってこさせるのをやめて欲しいと言ってしまったので、今夜お詫びのお電話をかけたいと思います。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月29日 21:31

私は本当は息子にとっての聖母でなければならなかった、息子が私を母と呼ばなくなったのは照れではなく拒絶である、というご指摘にドキリとしました。
また、そもそも原因である私の不倫について息子に謝るべき、というアドバイスも含め、改めて息子と話し合いました。
息子に対して、不倫という生々しい言葉を使うのはとても勇気のいることでしたが、もう誤魔化しをしないという約束の元、包み隠さず「あなたの大好きなお父さんを裏切り、不倫をしてしまって本当に申し訳なかった」と正式に謝罪をしました。
それに対し、息子はしばらく黙り込んでいましたが、どうして不倫をしたのか、と聞き返してきたので、寂しかったから、と正直に答えたところ、息子が少しずつ自分の考えを話してくれました。

・元夫は確かに仕事に一生懸命な人だったかもしれないが、自分が起きている間には家に帰ってきていたし、日曜日に自分のスポーツ少年団の試合に来てくれたり、一緒に遊びに出かけることも多かった。友達の父親は毎日友達が寝た後に帰って来たり、日曜日は1人で出掛けてしまったりするらしいと聞いた。少なくとも自分は寂しいと感じたことはなかった。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月29日 21:33

・例えそれで喧嘩になるとしても、不満があればまずそれを伝えるべきだと思う。自分はそうしてきた。お母さんは何故お父さんとそれをしなかったのか。
・自分には、離婚をすると聞かされる直前まで、両親はとても仲が良いように見えていた。それが見せかけだけだったことを見抜けず悔しい(見抜けなかったのはあなたの責任じゃない、とすぐに言いました)。
・この先一生、再びお母さんと呼ぶつもりがないわけではない。ただ、離婚前のように戻ることは出来ない。
・(あなたは素敵な女の子と結婚してね、と私が言ったことに対し)僕は結婚しないと思う。

私は息子と2人きりで話したい、と言ったのですが、同居男性の娘さんがどうしても同席したいと言ったためそばにおり、途中から涙をこらえられなくなってしまった息子の肩を撫でてくれて嬉しく思いました。
私も息子の強い意思のこもった言葉を聞いているうちに涙が出てきました。
ようやく、息子の本当の気持ちを少しだけ聞き出せたような気がします。
的確なアドバイスを皆さんからいただけて本当にありがたいです。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月29日 21:35

私が目の前にある結果の良し悪ししか判断出来ない、というご指摘をいただきお恥ずかしいです。
思えば、息子が目の前で床に転がって泣き叫んだ時も、もう中学生になるのにそのような行動は恥ずかしいこと、と叱ることしか出来ませんでした。
何故もう大きな息子がそのような行動をしてしまうほどに悲しんだのか、という原因に目を向けなければならなかったのですね。
これからは、そこに気をつけて行きたいと思います。

私は息子だけでなく同居男性と、特にその娘さんをも深く傷付けたということは、決して忘れないようにします。
娘さんの実母さんは、まだ幼かった娘さんの世話や家事を放棄し、暴言を浴びせることも多かったそうです。
母親というものはそういうものではないのだということを、ぐだぐたと言い訳はせず、行動で示したいと思います。
0どころか、マイナスからのスタートになってしまいましたが、これからしっかりと汚名返上に努めたいと思います。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月29日 21:37

息子の親友は、息子に比べると少し内気で大人しいですが、本当に優しい子で、そのお母さんもとても親切な方です。今回のことは本当に感謝しており、これからも息子と仲良くしていって欲しいと思っています。
また、あちらのお母さんへお電話をした際は、離婚について息子と喧嘩をし、ストライキで拒食になってしまった、と説明してあるので、不倫云々などプライベートな部分に関しては説明をしていません。
例えそれを説明したとして、あちらのお母さんもその息子さんも、悪意を持って皆に広めるような方ではないので、うちの息子が虐められるような心配も無いと思います。

息子の姓について、私の許すか許さないかの問題ではないというところに気付かされました。
失言が多く、お恥ずかしいです。息子の意見を聞き、それに寄り添えるように話をしていきたいと思います。

ダイエット云々の冗談は、場を和ませようとして言ったもので、同居男性と娘さんもそれで少し笑ってくれました。
しかし、そういった言動が、私がお気楽だ、脳天気だと思わせてしまうのだと思います。申し訳ありません。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月29日 21:42

再婚についての話は、今のところ私からは振らないように、と言われていますので、保留の状態です。
ただ、引っ越し早々このような騒動を起こしてしまったため、やはり再婚の話は取りやめる、と言われても仕方の無いことだと思っております。
もちろん、息子に責任をなすり付けたりはしません。
見捨てられて母子家庭になり、苦労をかけるとしても、私が絶対に息子を守っていきます。

息子に「お母さんと呼ばなくてもいいよ」と言ってあげる、というアイディアは目から鱗でした。
私から言うと角が立つかもしれませんので、息子は特に同居男性の娘さんとよく話をしている様子なので娘さんから言ってもらおうと思います。
息子には、母親である私に気を遣って過ごすような生活はして欲しくありません。
息子が私を旧姓で呼ぶことで気が楽になるなら、私はそれで納得しようと思います。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月30日 0:03

皆が皆の意見を聞き、話し合い、出た結論がこのまま4人で暮らしていく、というものだったため、元(引っ越し当初)の鞘に戻った、と単純に考えて書いてしまいました。
息子がその生活を選んだのは友達と離れたくなく、元夫の生活を思い、同居男性とその娘さんを信頼してのことであるということを絶対に忘れないようにします。
確かに、息子は、ここで生活する理由の中で私について何も触れませんでした。
まだ私に対して怒りがあるからだろうと思っていましたが、そうではなく私が不必要だからだ、というレスを見てようやく気付きました。
同居男性とその娘さんも、私と息子との生活を望んでくれたのだと思っていましたが、私と息子、ではなく息子のことを考えてのことなのですね。
言い訳になってしまうかもしれませんが、ここでご指摘頂くことは本当に私1人では思いもつかないようなことばかりです。
一般的に考えても、私と息子の個人的な関係を考えても、息子にはどうしても私が必要だと信じ込んでいました。
今夜、もう一度全てのレスを読み直して、よく考えてみます。
私に対する不快さや憤りを持ちながらもレスしていただいて本当にありがとうございます。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月30日 13:24

もしもこのトピックが私が作成したものではなく、またそれを不倫をする前の私がふと見つけて読んだものだったら、と想像しながら前回と今回のトピックと全てのレスを読み直しました。
その結果、私の発言や行動はとても自分勝手で見当違い、常識外れな物ばかりだと自覚しました。
しかし私はこの瞬間まで、それらがおかしいものだとは全く疑わずにおりました。
何故かは分かりませんが、突然頭から冷水をかけられて目を覚ましたような感覚で、とても混乱しています。
一睡もしない状態で朝食を用意していたのですが、起きてきた息子が「大丈夫?」と声をかけてきました。
目ざとい子なので、私の様子がおかしいことに何となく気付いたのだと思います。
息子が私を心配してくれたことが嬉しく、その場では「大丈夫、ありがとう」と答えました。
しかしその嬉しい出来事を是非こちらに書いておこう、と思いたった瞬間、ただそれだけで息子に許されたんだなどと思うな、と忠告されることが予測出来ました。
私の変化に気付き、心配をしてくれるということは、やはり息子は私のことが大切で必要なのだ、と無意識に考えていました。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月30日 15:00

顔も知らない私と息子のためにこんなにたくさんの方々がレスを下さっている、例えとても厳しいご意見でも目を逸らさずに受け取って反省し、参考にしよう、と考えていました。
皆が納得し、一つの家族になりつつあるのだから、今回の件でこじれてしまった分はこれからゆっくり全員で歩み寄っていけばいい、と信じていました。
しかし、皆さんがレスを下さったのは息子だけのため、息子と元夫、同居男性とその娘さんは納得したのではなく、妥協してくれたのだとようやく理解しました。
心のどこかでまだ、それでも私の事を思ってレスしてくださった方もいるはずだし、私も原因とはいえ、様々な努力をしたのだし、と考えてしまう自分がおり、戦っています。
今夜、息子達全員にもう一度謝罪をしてみようと思います。
頭の中で何度も繰り返し練習をしているのですが、どうしても気付けば言い訳や自己弁護を始めてしまいます。
今まではそれが自己弁護ではなく、私の当然の主張、単なる正直な気持ちだと思い込んでいたからだと思います。
うまくいくかは分かりませんが、謝罪以外の言葉をなるべく口に出さないように、ということを念頭に置いてみます。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月30日 15:59

複数の方々が私のことを「相談女」だとレスされており、私が以前、相談事は異性にするように心がけている、と言ったことを単に揶揄されているのかと思ったのですが、気になってインターネットで検索をしたところ、あえて異性に相談をする女性のことをそう呼ぶのだそうです。
私は意図的に既婚者の男性や恋人のいる男性を選んで相談するわけではないため、私とは少し違った部分もあるのですが、同性の友人が少ない、自分の努力を認めてもらいたがる、責任転嫁をする、等々お恥ずかしながら自分に当てはまる特徴がたくさんありました。
私が今まで常識だ、皆もこうなんだと思ってきたことや、当たり前のようにやってきたことがどんどんと崩れ落ちていくようで、今はまだ冷静でいられません。
とにかく、息子達が帰宅次第すぐに話をしてみます。元夫にも今夜電話をかけようと思います。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月30日 17:23

前回のトピックと全てのレスをプリントアウトして息子に見せたのは、息子は励まされるだろうとばかり思ってやったことですが、再びお叱りを頂き気付かされました。
今日の昼間、元夫に、こちらで皆さんに相談をしたこととそのURL、それをプリントアウトしたことを息子に見せたという旨をメールで送ったのですが、先ほどわざわざ電話がかかってきて、第一声で「君はアホじゃないのか」と罵られました。
今回は、息子へのメッセージを書いて頂いた方のレスだけを息子に見せてあげたいと思います。
私のやることなすことで、皆さんを不快にさせてしまって本当に申し訳ありません。
どれもこれも、本当に悪気の無くやってきたことでした。
私が何故、皆さんのおっしゃる通り、少しずれた考えを持ってしまい、さらにそれを疑わずに行動に移してしまうのか、自分でも分かりません。
息子は賢い子ですから、ひょっとしたら私のそういった部分に気付いていて、それでも母だからと黙っていてくれたのかもしれません。
私があまりに食事というものに執着しているというご指摘がありましたが、否定出来ません。とにかく今は夕食作りに集中し、皆の帰宅を待ちます。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月30日 21:40

夕食後にもう一度皆に謝罪をしようと考えていたのですが、それよりも先に息子が私に話しかけてきて、様子がおかしいが、もしも昨夜の自分との話し合いが原因ならごめんなさい、と謝られてしまいました。
それをきっかけに、息子、同居男性とその娘さんに以上のことを伝えました。

・何故かは分からないが、突然目が覚めたかのように、自分がこれまでやって来たことのおかしさに気付いた。今まで良い、正しい、当然だと思ってしてきたことがすべてひっくり返ったような感覚。
・自己弁護をしてばかりであること、自分の感覚が一般とかなりずれていること、他人の気持ちや本音を読み取ったりするのがとても苦手なことにも気付いた。
・今は私も再婚については何も考えられないし、言う資格も無いのだと理解した。息子の気持ちを最優先にすると約束する。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年6月30日 21:41

同居男性はそれに対し、突然人が変わったようにそんなことを言われて驚いている、少し時間が欲しい、という旨を告げ、娘さんと息子もそれに同意していました。
その後、元夫にも謝罪をしたいと思い、電話をかけて日曜日にそちらへ行きたい、と告げたのですが、どうせ最もらしい言い訳をひたすら並べるんだろう、息子も来るなら大歓迎だが君1人を家へ上げる気は無い、と拒絶されてしまいました。
同じ部屋にいて、様子を察したらしい同居男性が電話を代わってくれ、そのまま部屋を出て行ったため内容は分かりませんが、何か説得をしてくれたらしく、日曜日に元夫が私達の家を訪れることになりました。
これが最後のチャンスと思い、もう一度きちんと謝罪をしたいと思います。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 5:57

前回のトピックの時から、これだけ多くのご意見、助言、忠告を繰り返しいただいていたのに、読み返せば読み返すほど、私がそれらの全てを全く履き違えて解釈していることを実感させられます。本当に申し訳ありませんでした。
私はこれまで、誰にどれほど厳しい言葉を言われようと、この人は私のためにこんなに真剣に怒ってくれている、と感動するばかりで、その言葉を正面から受け取ったことが無いのだと気付きました。
複数の人から、あなたは時に泣くことこそあれど、何を言われても怒らない、温厚な人だね、どんな言葉もポジティブに受け止めることの出来る人だ、と言われたことがあります。
私はその時にそれを単純に褒め言葉だと捉えましたし、特に普段から意識することもなくそのまま生きてきました。
実態は、長所でも何でもなく、そうすることで自分への厳しい目や批判から逃れてきただけだったのだと思います。
恐らく、今この時点でも、皆さんから頂いたレスの全てを正しく理解したわけではないと思います。
自分が今このように思っていることも、一般的に見て正しいのか、それともやはり間違った解釈をしているのか判断がつきません。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 13:37

今朝、娘さんが家を出る前に「カウンセリングは、適当に探すよりも信頼出来る所を紹介してもらう方がいいと思うので、大学の教授にどこか紹介してもらえないか聞いてみます」と言ってきてくれたのですが、「少しずつ自分の悪い所に気付けているからカウンセリングは行かなくても平気だと思う、私のためにわざわざありがとう」と答えてしまいました。
娘さんはそのまま何も言わず大学へ行ってしまい、本当に優しくていい子だ、あの子が息子の姉になってくれればとても幸せなのに、と感動していたところ、今更「またやってしまった」と気付きました。
何故その場ですぐに「カウンセリングは私のためではなく、私の周りにいる全員のため」であること、そして「私が少し自分が一般的な考え方を出来ないことに気付き始めたからといって、もう大丈夫だ、と信じてしまうのは思い上がり」であることに気付けないのか、本当に分かりません。
すぐに娘さんに「今朝はごめんなさい、やはりカウンセリングを紹介してもらえるようにお願いして欲しい」とメールをしたら「言われなくてもそうしてます」と返って来て安心しましたが、とても恥ずかしいです。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 13:53

発達障害やアスペルガー症候群ではないか、とご指摘を頂き、ありがとうございます。
これまでもちろんそういった単語は耳にしてきましたし、もしも息子がそのようなハンデを持って生まれてきたらどうしよう、などと考えたことはありますが、まさか自分自身にそういった疑いがあるとは夢にも思いませんでした。
一刻も早くカウンセリングへ行って、原因を知り、改善へ向けて努力を始めます。
もう、息子を愛しているから、息子のためを思って、などの言い訳となる言葉は一切使いません。
表面的に見えてしまうかもしれませんが、今の私は「○○の言葉を禁止する」という自戒の仕方でしか、自分の失言を止められないような気がします。
今も頭の中で、今まで少し間違ったことをしてきたかもしれないけど、皆のおかげでようやく気付くことが出来たのだし、謝罪はしたのだし、これで全てがうまくいくだろう、と自分を安心させようとする考えが浮かんできてしまうのを振り払う、といったことを繰り返しています。馬鹿に思えるでしょうが、そうせずにはいられません。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 14:00

日曜日に私が息子、元夫、同居男性と娘さんに告げたいことをここに書かせていただきます。
もしもまた、見当違いな点があれば教えて頂きたいと思っています。

・自分にカウンセリングが絶対必要であることを自覚し、一刻も早く、そして真面目に継続して受けることを約束する。
・自己弁護や言い訳を一切しないようにする。注意はするが、もし無意識に始めてしまったら指摘してほしい。
・息子を愛している気持ちに嘘偽りは無いと信じているが、その気持ちを押し付けたり、それを理由に無茶を言うことはやめる。
・理由は言い訳をつけず、もう一度心から謝罪をする。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 14:06

・これからの家族の形について。元夫に、学区内に引っ越してきてもらえないかお願いする(元々、学区内では元夫の職場からかなり遠く、息子の小学校入学を機に職場の近くに引っ越そうという話があったのですが、私がここの周囲の環境を気に入って反対し、そのまま住み続けていたため、元夫は今は1人で職場の近くに住んでいます)。息子が学校から帰って寂しくないよう、お手伝いさんを雇う。私は、遠方に住んでいる両親に頼み、同居をさせてもらいながらカウンセリングを受け、パートを探し、金銭面で息子の手助けをする。同居男性と娘さんには、これだけ振り回してしまった後で申し訳ないが、これからも2人暮らしを続けてもらう。

本心では、息子と離れることなど考えたくないし、想像するとおかしくなってしまいそうなほど嫌です。しかし、今の私がそれを言える立場ではないと絶対に忘れないようにします。例え多くなくても、金銭面での援助も息子への愛の証なんだと自分に言い聞かせます。
本音を言えば、日曜日が来てしまうのがとても辛いです。今のまま、知らないふりをして、現状維持を続けたいと思ってしまいます。しかし、自分を強く保って頑張って伝えてみます。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 14:18

もうすぐレスの受付が終了する、と表示されていますので、急いで書かせて頂きます。
前回から引き続き、たくさんのレスを頂いて本当にありがとうございました。
日曜日、それ以降はもうレス受付が終了していてここにはご報告が書けないかもしれませんが、以前の私に戻らないよう、再び周囲の人間を傷つけないよう、精一杯努力していきたいと思います。
息子だけではなく、同居男性の娘さんもとても大きな被害者だというご指摘、ごもっともだと思います。
それならば、やはり私が何とかして励まし、母として、身近な女性として支えになってあげなければ、という考えが一番に浮かび、それをそのままキーボードで打ち込み、慌てて消すという有様です。
私はカウンセリングによって改善されるのかもしれないし、変わらないのかもしれないし、改善したとしても一生治らないのかもしれません。
とにかく今は油断をせずに自分を律することに集中しながら、慎重に生きていきます。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 14:58

私の育った家庭が機能不全家族だったのでは、というご指摘を頂き、機能不全家族というものについて調べてみました。
私に思い当たる限りでは、私と私の両親に当てはまる部分は無いと感じたのですが、私自身の感覚を私が信じることは出来ないので、何とも言えません。
しかし、私がこのままでいて、また息子、同居男性とその娘さんとの生活を続けていけば、その機能不全家族になる可能性が高いことは分かりました。
そのような家庭で育った子供には特定の役割があり、優等生に育ったり、逆に問題児に育ったり、自分がいないものとして振る舞うようになったりする等々、もしも息子がそうなってしまったらと考えるとぞっとするものばかりでした。
息子には絶対にそのように育ってほしくありません。やはり、私は息子から離れるべきなのだ、という冷静な判断と、でも私もそれを自覚して気を付けていれば今からでも大丈夫なのでは、という甘い気持ちが戦っています。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 16:48

先ほど学校から帰ってきた息子に、普段通りに接しようと心掛けていたのですが、やはり何か様子がおかしいと察したらしく「夕食のことは気にしなくていいから、しんどいなら休んだら」と話しかけてくれ、我慢出来ずに日曜日に皆に言おうと思っていたことを、全て息子だけに先に話してしまいました。
息子はかなり驚いた顔をしていましたが、少しずつ返事をしてくれました。

・自分のためだけに元夫に再び職場から遠い自分の学区内に引っ越してもらうことはわがままを通すようで気分が良くないし、母以外の見知らぬお手伝いさんが夕食を作って帰りを待っていてくれることに意味は無い。ただ、自分はもう幼稚園児ではないし、男だしマザコンではないから、そこまでそれに拘っているわけではない。
・子供っぽいかもしれないが、別居するとなると、私の料理が食べられなくなってしまうのが惜しい。自分の好き嫌いを全て把握し、自分好みに作れるのは、私だけだと思う。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 16:53

・実は以前から、私がどこかずれた返事をし、自分の言いたいことが伝わらないことには気付いていた(例えば「スポーツ少年団(サッカー)の練習試合の時に、友人がわざと自分にぶつかってきた」と話した時に、私は「怪我をしなくて良かった。普段から頑張っているからだね」と喜んだそうです)。しかしそこはすでに諦めており、自分の愚痴を真っ直ぐに受け取り一緒に怒ってくれる父と、ポジティブな方向に考えを変えてくれる母、と認識してそれぞれ受け止めていた。
実際に、「親友が昼休みに本を読んでいるのを、周りの児童が、こいつはオタクだ、と言ってからかう(息子は昼休みは外遊びをするので別行動です)」という愚痴を言った時に「本を読むのは楽しいよね。あなたも読んでみたら」と言われて試しにその通りにしてみたら、一時期昼休みに本を読むのがクラスのブームになったこともある。
・まだ私に対する怒りがあり、許すことは出来ない。正直に言って呆れているし、軽蔑もしているし、親友の母親が自分の母親だったら良かったのに、と思ったことがあるし、実際に親友の母親に向かって直接そう言ってしまった。だからと言って、嫌いになったわけではない。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 16:58

自分が傷付いているはずなのに、私のフォローをしてくれている息子に申し訳なく、その気持ちが嬉しく、しかし何を言ったらいいか分からず、口を開いたらまた見当違いのことを言ってしまう恐れがあったので、「ありがとう」とだけ答え、息子は自室に行きました。
自分が情けないです。
私がいい母親をやっていると思ってこれたのは、息子がそんな私でも母親だからと受け止めてきてくれていたからでした。何故気付かなかったのか、恥ずかしくてたまりません。

ユーザーID:5903132344
返信
恵子(トピ主)
2016年7月1日 21:13

自分への戒めという目的も含めて、ここに書かせて頂きます。
皆さんから、そして家族からの批判をまともに受け止めることをせず、自分に都合の良いように見当違いの解釈をしてきたことを本当に申し訳無く思っています。
今後、私は自分を無条件で信じずに、常に客観的に見られように努力します。
私は大丈夫だから、と過信せず、カウンセリングにも通い続けます。
私は息子にも、元夫にも、同居男性とその娘さんにも、私が「私は突然自分のこれまでの間違いに気付いた」と言っても信じてもらえないと思います。
私はそれだけ息子達をひどく傷付け、また気付くのが遅かったのだということだと分かりました。
誠心誠意謝罪をし、同じ過ちを繰り返さないようカウンセリングに専念します。
まだ、両親には離婚のことも含めて何も話していません。すべて打ち明けて、少しの間世話になろうと思います。
批判のレスも、お優しいレスもすべて含めて、私に対する不快感を覚えながらも、それでもレスを下さった方々に心からお礼を申し上げます。

ユーザーID:5903132344
 
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(40)ほかのレスも表示

現在位置は
です