人はなぜ献血するのか。私はよくする。

レス78
お気に入り84
トピ主のみ0

めだか

話題

このトピのレス

レス数78

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 金銭的な協力はできないが・・・

    海外在住で献血によく行きます。私の住む国では、献血しても血液検査はありません。
    それでも、献血センターには常にドナーが来ていますよ。

    私は日本に住んでいる頃からよく献血に行っていました。
    「こんな程度のことが誰かの役に立つのなら」と思ったのがきっかけで、血液検査までしてもらえるのを知ってからは定期的に通っていました。
    成分献血だと結構長時間になるので、読書の時間を確保できる側面もありました。

    献血するのが習慣になっているので、移住後も以前と変わらずに通っています。ここまでくると、もう、献血する理由なんか考えなくなります。習慣ですから。

    ユーザーID:2354679666

  • うしろめたく思う必要はありません

    献血は、必要な人がいるからする、それだけです。
    トピ主さんがうしろめたく思う必要はまったくありません。
    私も、かつてはしょっちゅう献血をしていました。
    理由は、こんな私が世のため人のために役立つことは献血しかないから、
    というのは表向きで、
    実際は血が余っているからでした。
    (健康診断を受けると、鉄分やヘモグロビンが正常値を大きく上回っていた)
    現在は、癌の治療中で薬を飲んでいるため、
    献血できません。
    鉄分やヘモグロビンは相変わらず有り余っているのに…。
    献血できるトピ主さんがうらやましいです。
    これからも、気にせず心おきなく献血してください。

    ユーザーID:2409973100

  • メリットの方が大きい

    でなければやりませんよ(笑)

    私の考えるメリットは二つ。

    一つは無料の血液検査。

    もう一つは貴重な休日に順番を待って、安いジュ−ス一本の為に社会貢献をしているという優越感です。

    ユーザーID:1961254095

  • 献血をして救われた話

    10年くらい前から献血に行き始めました。

    当時、家庭では、暴君の父と弟そして共依存の母に振り回され、職場では、同僚の執拗で巧妙なマウンティングに遭い、仕事もなかなか上手くいかず、精神的にかなり追い詰められていました。
    そんな時に献血と出会いました。

    献血って、ドナー側はそんなに大変な労力をかけるわけじゃありません。
    針の痛みにさえ耐えれば、あとは空調の効いた部屋で寝っころがってテレビみて、終わったら好きなだけ飲み物とお菓子。マンガも雑誌も読み放題。
    なのに、ものすごく感謝されて、尊重されるんです。一円も使わないのに、すごく丁重に処遇されるんです。

    当時の私にとって、これは衝撃的なくらい嬉しく、必要な時間でした。

    また、あらゆることに自信喪失していた私は、たとえ血液だけでも自分の何かを誇れるということに励まされました。

    今は環境を変えたのでそんなに切迫した気持ちではありませんが、当時のお礼のつもりで献血は続けています。
    いつも丁寧に接して下さる職員の方達には心から感謝しています。

    ドナー側も献血によって救われることがある、というお話でした。

    ユーザーID:3856295541

  • ありがとうと言いたい。

    もう亡くなった私の父が輸血を何度か受けました。
    結果的にはその後しばらくして父は亡くなりましたが、治療を受けている時にはそれのおかげで回復したようでした。
    私は見ていてその時輸血のパワーを感じました。とても有り難いとも思いました。
    私もいつか誰かの為に献血をしたいと思っていますが、貧血などがあってまだやる機会はありません。
    心からお礼を申し上げたいです。

    ユーザーID:0803979055

  • うしろめたいと思っても…

    どうか献血は続けてください。

    僕が行く理由は、少しでも助かる人が居るから。
    そして、巡り巡って自分に別のかたちで必ず返ってくるからです。
    ある意味欲張りなんです(笑)

    ユーザーID:7277275223

  • 私の場合

    献血は大学生の頃から行けるときは行くというスタイルで続けて、もう少しで70回になりそうな感じです。
    (基本は成分献血、全血が足りないと献血ルームの方に要請されれば、全血400mlにします。)

    献血する理由は2つあります。
    困っている方のお役に少しでも立ちたいというのと、検査結果をいただけるというのが大きいです。

    自分の健康チェックにも活用しています。

    骨髄バンクドナーよりはハードルが低いかと思いますが、人によってはとんでもないことらしいので、できる人がやれば良いのでは?と考えています。
    (人間ドックの採血すらイヤなのによくやると言われたことも)

    何はともあれ、困っている方のお役に立てているのだから、良いのではないかと思います。

    ユーザーID:3752087069

  • 献血ルームによって差が大きいですよね

    ttさん。
    私の行く献血ルームは、飲み物はドリンクバーのような感じで、アイスもホットも飲み放題です。
    お菓子は色々あり、ドーナツなどもあります。
    さらに、曜日によってハンドマッサージや手相占い、タロット占いを無料でやってくれます。
    本もたくさんあり、ゆったりとした待合室にはリラクゼーション音楽が流れ、さながらサロンのようです。
    でも同じ都内でも本当に飲み物くらいしかなく、狭い待合室の所もあるし、献血ルームによって差があるな〜と思いますよね。

    ソラマチに入った献血ルームをサイトでみたらとても綺麗で居心地が良さそうなので、今度行ってみようと思っています。

    献血の意義を考えるとそんなのは関係無いと言われそうですが、やはりせっかくやるならこちらも楽しみがある方が良いですもんね。

    お近くの献血ルームをサイトで検索してみたらいかがでしょうか?

    ユーザーID:0879447778

  • 30年前ですが、結婚前に数十回しました。

    通勤途中に繁華街を通ってったんですが、その繁華街によく献血車がとまっていたから。
    人の役に立つから、とあんまり深く考えていませんでした。

    当時はオレンジジュース1本貰えただけでしたね。
    今は色々もらったり、漫画読み放題とか?
    今は持病があるんで献血出来ませんが、今の恩恵?も受けてみたいので、献血が出来る身体ならまたしてみたいですね。

    ユーザーID:2983178159

  • そんな待遇を?!何が違うの?!

    みなさんのレスを読んでびっくりしました!
    献血をするとそんな至れり尽くせりしてくれるんですか?!

    私の献血歴は20回ほどですが
    いつも紙パックの果汁のないジュースをひとつ
    手渡されるだけですよ
    銘柄を見たこともない紙パックのお茶と
    どちらかを選べた時には、豪華になったなと感じたものです。

    昔の話じゃありません、この10年の間です。
    なんだか損をした気分になってきました。笑

    献血車だからですか?
    献血ルームとかを探していけば良いのですか?
    地域性でしょうか。

    ユーザーID:2153137168

  • 立派な社会貢献ですし、いいじゃないですか。

    成功率が低かろうと、血をくれる人が来なくて困っている中で何度でもチャレンジしてそのうち何度か血を提供できれば立派な社会貢献ですよ。
    因みに無料の血液検査目的で何が悪いんですか(昔の私です)。
    私は血液検査の結果が見られるし、血液を必要としてくれる人は私の血を受け取れる、まさにWin-Winの関係ですよ。
    但し、トピを見ている人へのお願いですが、HIV検査目的だけは絶対やめてくださいね!
    献血後の検査で明らかになっても原則通知しないはずですし、保健所で無料・匿名でやってくれるはずなので!

    私の知人二名程は献血のあと貧血を起こして二度と献血に行きませんでしたけど。
    何度も行っているトピ主さまは立派だと思います。
    因みに私は現在は服薬中なので献血ができません…無念です。
    あの黄金の盃を貰いたかったです…!

    ユーザーID:1743922291

  • 身内がお世話になった

    身内が他人様の献血のお世話になりました

    というのもありますが、血液検査してもらえるし
    ジュース貰えるし(笑)
    何よりも、私のデメリットが思いつかないので

    ユーザーID:1817296249

  • 昔のヨーロッパでは瀉血ってやってたよね

    うちの爺さんの話しでは「肩こりには蛭」だったそうだ

    どっちも効果の程は解らないけど
    無駄に血を流す時代より、今の方がずっと良いよね

    医学の進歩って素晴らしい!

    ユーザーID:1702180854

  • 数年前までしてました

    献血回数21回
    スタンプカード+血液カードから
    献血回数とか全て記載されたペラペラのカードになったらなぜか献血回数が73回に

    そして後日、とある病気が潜伏してだけど今は陰性です
    ですがこれからは献血はご遠慮下さい
    的なお手紙が届き
    それ以来行ってないです

    だけど私は開腹手術した事あって色々血液検査したけどそんな結果は出たことない

    で、献血行きたいけどなんとなく行けなくなりました

    因みに以前、行ってた理由は
    自分の血が誰かの役にたつのが嬉しいからと
    血を抜くと体調がよくなるからです

    ユーザーID:9556965630

  • 私は、献血が大嫌いです

    針を刺されると痛いし、血を抜かれていると思うとぞっとします。それでも、これまでに10回献血しました。理由は、自分が手術を受けるときには、他人様が嫌な思いをして提供してくださった血を使わせてもらうことになるからです。自分は痛いからいやだ。でも、いざという時は、助けてほしい。そんな卑怯者にはなりたくありません。

    ユーザーID:2896543779

  • 感謝の気持ち

    私が幼いころ、母親が大きな手術を受けました。その際、6名の方から血液を
    いただいたと、後になって聞きました。

    献血ができる年齢になってから、せめてもの恩返しと思い、献血を続けています。
    自分自身のノルマとして、6名の方の倍、12回はやろうと決意しました。実際
    この30年で合計50回くらいは献血をしたので、まぁいいかなと思っています。

    完全に単なる自己満足ではありますが、母親を救ってもらった感謝の気持ちです。

    ユーザーID:2601779027

  • ありがとうございます

    学生時代、献血ルームでボランティアをしておりました。
    私自身も何回か成分献血を。
    出産のときに出血が多く、輸血をしました。
    献血があるから、私は生きることができました。
    子どもと一緒にいれることができました。
    輸血をすると、もう献血することはできません。
    だから、献血をしてくださる方には感謝です。

    ユーザーID:1359450024

  • もっと自分本位な理由

    人の役に立つから...という善意の気持ちから
    献血できればすてきですが
    私はもっと、自分本位な理由かな。

    古いものを捨てて新しいものを満たす方が
    気持ちいい気がする

    200mlでも400mlでも体重が減る

    もちろん、無料でお菓子が食べたい

    暇つぶしというか、お金をかけずにレジャー感覚

    非日常感でリフレッシュ


    そんな感じかな。

    でも残念な事に、もう10年以上も献血できません。
    血液の比重が足りなくて。


    献血できないのに、お菓子をバリバリ食べる事もできず
    (食べていいですよとは言ってくれますが)
    なんの目的も果たせません。


    見かけるたびにチャレンジするのですが
    ダメです。もういいかげん、諦めようかな。

    ユーザーID:4171013851

  • 私の場合

    亡くなった父が、晩年、病気で血がうまく作れなくなり、毎週のように輸血してもらっていました。
    その輸血姿を初めてみたとき、「父がもらっているこの血は、世の中の人たちの善意なんだ」と胸が熱くなり、それ以来、私も、お礼の気持ちを込めて献血するようになりました。
    人はなぜ献血するのか。
    その解答は、やっぱり、世の中にちょっとだけでも貢献しようと思うからじゃないでしょうか。

    ユーザーID:8917688923

  • オレンジジュースが飲みたいから

    単純にそれだけ
    献血したところで絶対使われるわけでもないし

    ユーザーID:6705825646

  • 父が病気だったから

    父が病気で輸血を必要としたのは1度だけですが、病気の人の大変さは少しは分かります。

    私の血が役に立つなら、お手伝いしたいという理由です。

    ユーザーID:0954769902

  • 楽しいから

    50歳女性です。私は単純に血を抜くのが楽しいから。血液検査の結果も楽しみです。
    閉経してから、ヘモグロビン値が大いに改善して、毎回400ml献血できてます。
    献血って、受付の職員さん、看護師さん、問診のお医者さん、献血ルームに献血車と、すごいコストがかかってますよね。
    こんなに高コストならいっそ、人工的に作れないもんなのって、献血しながら看護師さんに聞いたら、夢のまた夢らしいです。
    必ず人の役に立つことって、滅多にないことです。
    理由や動機はともかく、気が向いたら献血すればよろしいかと。

    ユーザーID:9355478789

  • 快適空間で至れり尽くせりの接待、記録への挑戦

    50代男性、昨日153回目の献血してきました。
    高校時代から年に数回程度の献血していました。
    100回献血で市長から感謝状を戴きました。
    最近は記録挑戦のため、月1回ペースになっています。
    私はマラソンが好きなので鍛錬のために自宅から35km離れた献血ルームまで歩いて行き(激しい運動は検査結果に悪影響を及ぼし採血不可となるため)採血後、は走って帰ります。
    献血ルームは、ドリンクバーつきお菓子食べ放題、マンガありマッサージチェアーあり、お土産あり、健康診断あり、無料で至れり尽くせりの接待を受けれます。
    こんな快適なところほかにありません、普段から血液検査しているから、職場の健康診断に一喜一憂する必要もありません。
    いいことだらけです。
    余談ですが、15年くらい前に「激しい運動が身体に与える影響」を調べるためにある医師が100kmマラソン参加選手数名の血液検査をしました。
    完走後検査結果はみな「瀕死の重傷レベル」の酷い値だったそうです。
    以前私も、フルマラソン・100kmマラソン直後の献血を断られました。
    目標は300回超献血です。

    ユーザーID:0946491791

  • 立派です

    後ろめたい気持ちになることなんてないですよ
    だいたい待合室にいる方はご同類なんだし、受付の人は感謝しかないんじゃないですか?

    私は注射が嫌いなのに加えて貧血持ちなので献血をしたことはありません
    献血されてる方を見るとこちらの方が申し訳なく思ってますよ

    >人はなぜ献血をするのでしょうか?
    それはもう人それぞれでしょう
    献血が趣味の方・中でできる飲食が目的の方・自分や家族が輸血でお世話になったからそのお返しという方もいるでしょう
    どんな目的でもいいじゃないですか
    大事なのは血液を提供したという結果だけです

    ユーザーID:3726547613

  • 献血好きです

    トピ主さん考え過ぎですよ。
    受付で「この人なんの為に献血するんだろう?」なんて
    誰も思いませんよ。
    思うとしたら、トピ主さん以外の全員もそう思われてます(笑)
    だから気にする必要なし。

    私も社会的には役立っていません。
    消費することで経済をちょっと回している程度です。

    だから献血というのは極めてわかりやすく、
    はっきりと「役立っているぞ、私」になります。
    いいじゃないですか、それで。

    骨髄ドナー登録もしてます。
    お呼びがかからないまま定年を迎えそうですが、
    それならそれでいいか、と。

    無料で血液検査が受けられて、
    ジュース飲み放題、マンガも読めて、
    しかも感謝されます。
    いいことだらけじゃないですか。

    ユーザーID:9986150079

  • 主さん偉いですねー

    献血歴6年ほどの30代半ば女性です。

    私は30歳の時腹腔鏡手術を受けることになりました。
    そこで輸血同意書なるものにサインする時に、
    「自分は一回も誰にも血をあげたことがないのにこんなに簡単にもらうのか?」
    と驚き、今まで全く無関心だったことに気づきました。
    点滴などで針を刺すことには慣れていたのですが、身近に話を聞いたことが
    なかったので自分から調べたりすることがなかった。
    手術が無事終わり、出血はわずか5CCで済み自己血の輸血もされなかったので
    術後1月ほどで初めて献血ルームへ行きました。驚かれましたが…

    自分は体重が足りないので成分献血しかできませんでした。
    でも調べてみると抗がん剤の材料にもなっているようなので
    母がお世話になったので私も役に立ちたいと思いました。

    私はこの2つと、いつも血が濃いからか一発合格なので
    続けていくモチベーションになっています。
    私みたいにきっかけがなく、痛い思いをするのに定期的に通うトピ主さん、
    謙遜してらっしゃるけど偉いです。

    ユーザーID:7690217025

  • もうすぐ100回です!

    超簡単にできるボランティアなので趣味にしています。
    私は体重が軽いので、全血だと200mlしか提供できないので、成分献血専門です。
    全血よりだいぶ時間がかかりますが、2週間に1回献血可能ですし、そこはボランティア精神全開です。
    予約すれば1時間ちょっとですので、献血ルームがある駅近くに用事があって時間がとれるときは、予約を入れています。
    私も血液の比重が低く、お断りされることがあるので、献血前の1週間は体調管理に気を使います。
    成分献血をしていると、四六時中、体調管理していることになるので、自分にとってもいいことです。
    情けは人の為ならずですね。
    動機なんてどうでもいいんです。トピ主さんもお気軽に!

    ユーザーID:7492754877

  • 大人の儀式と好奇心

    私の場合、選挙と一緒で、献血も大人への一歩というイメージがあったのでやりました。
    あと単なる好奇心。
    お菓子やジュースにもつられて。(私の行く所はかなり豪華!)

    と言っても私も毎度最初の検査で断られ、実際に献血できたのは実は一回だけなのですけど。
    でも嬉しかったなぁ。

    mimiさん
    >医学的根拠のない、単なる私の予測ですが。

    いえいえ、医学的根拠ありますよ〜。
    仰るとおり、男性は女性と違い定期的に出血することがないので、時々少し出血(献血)して血液を作る能力を高めるほうが良いと、医学博士のエッセイで読んだことがあります。

    ユーザーID:1824647078

  • きっかけは、体重を減らしたい

    出産してから体重が増加傾向になり、なんとか食い止めたいと思った時に
    目に入ったのが献血の文字。
    そうだ!献血すれば400g体重が減る!
    と、こんな単純で安易な発想がきっかけで、
    今では記念の杯をいただく以上の回数はしています。

    今続けているのは、血液型がAB型だから。
    少ない人数の分、1回でも多くお役に立てたらいいな、とシンプルな考えからです。

    トピ主さん、あなたは立派な社会貢献していますよ。

    ユーザーID:5869863108

  • 理由はそれぞれ。

    夫婦で献血大好きです。

    私は、10年近く貧血で献血が出来ず、サプリメントを飲み続け、貧血が改善された事が嬉しくて、ここ3〜4年は成分献血を、年5〜6回するようにしています。

    主人も、献血100回だったかで、記念品をいただく程、献血をしていましたが、数年前大病をしてから、献血が出来なくなり、主人の代わりに、私がなるべく献血するようにしています。

    何故、献血をするのかと言うと、献血は1番身近なボランティアだからです。
    普段、ボランティア活動をしたくても、何にどう参加したら良いか分かりません。
    なので、ちょっと時間が出来た時、フラッと献血センターに行って献血します。

    後、私は主婦ですので、血液検査を受ける機会がありませんが、後日送られてくる検査結果を見るのも、健康チェックするのに役立っています。

    献血センターに行けば、飲み物は飲み放題ですし、コインでお菓子を選んだりと、お金を使わず楽しめるのも、魅力の一つです。

    主様も、色々考えずに、献血に参加して下さい。
    私の周りには、献血をした事がない人が多く、正直ビックリです。

    もっと世間の方々が、献血に参加して欲しいですね。

    ユーザーID:1254205707

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧