海外で「これって差別?」と感じたことがある方いますか?

レス122
お気に入り493
トピ主のみ0

みか

口コミ

ニューヨークに住んでいます。

私は、これまでオーストラリア、台湾、タイに住んだことがあり
外資系企業は2社経験、客室乗務員として働いてきました。

結婚してNYに来たのですが、上記の国とこれまでの経験では感じなかった違和感をここでは感じます。
それは「差別されているかもしれない」と思う出来事にちょくちょく出会うことです。

とても小さなこと(スーパーでの買物レベルの話)なので、敢えて具体的内容は割愛しますが、このことについて気になって、インターネットを調べたり、友人に話を聞いてみたりしたら、海外旅行先や駐在先で様々な経験をされた方がいるものだなと驚くと同時に、
やはり、私が感じている違和感も勘違いではないような気がしてきました。

しかし「アジア人は底辺だ」とか「当然、今も差別は存在する」とか「しかたがない」とか
「自意識過剰では」とか「相手が気にするほど自分のことを気にしていない」という意見も散見され、もしかしたら本当に勘違いかもしれないとも思います。

ですから今回は、人種差別を訴えたいという意味で投稿させていただいたのではなく
日常レベルで、そういったことに気づいても、できるだけ気持ちよく過ごすためには、どうしていこうかなと思った次第です。

どういうことかというと、事実がどうであれ、それが結果的には勘違いであれ、「これはもしや差別では…」と感じたことがある方は多いのではないかと思っていて、
そのご経験をシェアしていただくと同時に、

しかし、それでも異文化の中で違いを認め合いながら生きていきたい者として、どんな姿勢や思考を保てば良いのか、
もっと砕いて言うと、「そんなのへっちゃら」とお考えの方は、どんなふうに自分を励まし(?)ておられるのか、

いろんなご意見や体験談をざっくばらんに皆さんと共有できればと思ったのです。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:0813799716

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数122

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • イギリスですがありますよ

    おそらくツーリスト・語学留学レベルの方の情報だと
    イギリスでも差別にあったとか出てこないと思うんですよね

    というのは、私がそう感じたお店は現地の人しかいかない、かつ車でないと
    いけないパブでした

    私と夫と一緒にて、オーダーをしたのですが
    店にいた女性は私たちを無視。
    私たちの横にいた白人男性も、彼らが先だから彼らのオーダーを先に。といってるのに
    無視。

    なんで??とおもったんですが
    後でわかりました。
    私がアジア人だからなんですね。
    噂には聞いていたけど、なるほどねー、こうくるか!と思いました。

    夫も私といて初めてそのような体験をしたので
    まさか妻がアジア人だからこんな対応とは思いもしなかったそうで
    単にオーダーをとった人がおかしな人だろ、くらいに思ってたそうなんですがです。

    まあ、プライドより喉の渇きと空腹のほうが強かったんで
    その場で理由がわかってもよそへはいかなかったと思います
    (パブの隣の大型点で買い物予定だったんですが、食べ物などはそこは売ってなかったんで)

    ユーザーID:0676319928

  • 有名な観光地に行ったとき

    フロント等の表の仕事は白人
    陰の仕事はアジア系
    そりゃもうはっきり分かれてました
    離島に行けば尚更です

    みんなフレンドリーで親切でしたが
    なんかこう「ああ」って思いました
    頭ではわかっていたけれど肌で感じたのは初めてでした

    私はこの先、観光でも無ければ海外に出る必要も無い身なので
    日本で温泉に浸かっている事に決めてます

    でもトピ主さんは語学にも困ることはなさそうだし
    ハイセンスな方とお見受けしました
    (デパートのブランドのお店にいる様な美人さんを想像してます)

    それでご質問の件ですが、やはり堂々と振る舞うのが一番かと
    そして心はマリーアントワネットのつもりでいたら良いと思います
    ムッとしたら「文句があるならベルサイユにいらっしゃい」と念じる

    「最近のアジアの人はちょっと違ってきたね」と歴史を塗り替えてくださいね

    ユーザーID:0726765256

  • 君子、危うきに近寄らず。だったかな?

    数カ国数都市滞在しましたが、場所によって居心地が悪いと感じることはよくあります。
    スーパーでも特定の人種にだけハローと言ったり、無愛想とか、順番抜かされたりとか。
    でも、全国民が差別主義ということは絶対にないので、たった一人でも自分の味方がいれば、頑張れると思っています。差別っていじめのようですが、外国は見て見ぬ振りはあまりなく、必ず声をかけてくれる人ががいます。
    そんな店員ばかりのスーパーには行きません。他にもいいスーパーはあるから。
    やっぱりそういう所は、まともな人は行きませんから、黙っていてもそのうち潰れてます。
    国も一緒ですよ。今の国は、近隣国で嫌な思いをしたという人がよく移住してきていますが、争いが嫌いな人が多くて平和です。類友が仲間を作り、町を作り、州を作り、国になっていくのかと思います。そして、いい人はそういう国は早々に見切りをつけて去ってます。

    ユーザーID:1417846747

  • どういう事でそう感じたのか書きたくないですか?

    ご自身はそう感じた差別的行為、
    それを書く事自体、
    屈辱な気持ちが伺えるトピです。

    客室乗務員らしいプライドを感じるトピですが、

    「あなたはどんな目に遭った?」
    「気にしない強さはどこから?」
    と言われてもなあと思います。

    ユーザーID:9526615928

  • 南部ジョージア州アトランタに住んでいます

    ここは保守的な考えの方が多いのでもしかしてこれは差別?というレベルではなく差別語をいきなり街中やスーパーで放って来る人もいます。子供が3人いますが、長男は日本人と言われても違和感のないアジア顔なので、彼の見た目で英語の先生に目をつけられたり、仲良くしてもらえないクラスメートがいたりしました。つまり白>黒>黄色という価値観がまだここには存在しているのです。ちなみに下の子2人は主人(白人)寄りの容姿なのでそういった問題はありません。私は買い物など出先でそういった言葉を耳にしても一切無視です、反応もしませんし振り向きもしません。異文化の違いを認め合いながら・・・という理想的な考えは素敵だな、とは思いますが実際「区別」ではなく「差別」と隣り合わせに生きていかなければならないのでそういった考えの人とは極力避けておつきあいしません。仲良くできているお友達や家族もやはり移民の方が多いです。歴史的な背景や環境によりますが、みかさんの地域の方がまだリベラルな方が多いのではと思います。頑張りましょうね。

    ユーザーID:8466400267

  • 差別と区別

     育った環境で同じ日本人であっても価値観や考え方って違います。
    同じアジア人でも、考えられない常識を持つ人種もいるわけで。

     個人的付き合いを続ける前提で会ったなら、
    何とかその人個人の性格や考え方を理解しようと努力し
    その人との距離を考えて、何とか付き合う。

     ですがレストランやスーパーなどの出会いでしたら、
    それまでその人が会って来たアジア人の擦り込みなどあり
    「差別」?と思えるような扱いにもなるでしょう。

     日本人が他の国に与えた印象。
    個人が持つ日本人の印象。個人が今まで会った日本人の印象。

     それはもう、諦めるしかないと考えてますが
    人としての礼を、あなた個人が忘れず相手と接すれば良いのではないか?
    そうして相手の持つ偏見を、少しでも和らげられたらステキだと思います。

    ユーザーID:6877841029

  • アメリカは今までで一番すごい国です

    オーストラリアに5年住んでいました。確かに、オーストラリアでも、ごく稀に差別?と感じることあったけど、アメリカに住みだしたら、オーストラリアで感じたことなんて全く大したことではなかったと思えるほど、アメリカの差別はすごいと感じます。特にアメリカの中でも、寒いエリア北部、中西部などは都市でも感じました。

    ミシガンに住んでました。よくシカゴにも行っていました。ミシガンでのアジア人に対する差別と人の保守的で閉鎖感(アメリカ人でない見た目の人。英語をネイティブとしていない人に対して)がすごくて、逃げるように、1年中太陽が注ぐ暑い州に引っ越しました。同じ国でこんなに違うのかと思うほど、ここは住みやすい場所です。

    細かい体験は割愛しますが、最近の大きい体験としては、2年ほど前ですが、義実家の訪問で、住んでいたミシガンの街に行きました。そこの街で1番の国際的な高級ホテルのレストランで、日本人の友人とディナーをした時に、ウェイトレスから物凄いバカにされた態度を取られました。あまりに頭に来たので、チップは少なめは当たり前。

    続く

    ユーザーID:1793851592

  • 続き

    自分の住む州に帰った時に、ここの友人に協力をしてもらいそのホテル本社のCEOレベルの株主のオフィスの秘書(探し当てた)に連絡をし、事情を説明したら、そういうことならここにクレームのメールを送ってくれと言ってくれたので、食事をしたホテルの支配人、飲食部署の統括マネージャーをccにいれ、ホテルをすっ飛ばしそのオーナー宛に直接メールをしました。そうしたらまー、支配人と統括マネージャーは慌てて私にお詫びの連絡をいれてきたので、事情を話しました。その後、ホテルの食事券が送られてきて、かなりそのレストランでは私のクレームが大事になり、徹底した教育がされたということがありました。一つ残念なのはそのウェイターの名前を覚えていなかったことです。

    私は差別をへっちゃらとは思っていません。私は基本やられたらそれ相応にやり返す姿勢を取っています(危ない人へは別)。アメリカ人相手にはこれくらい必要だなと思っています。でも、自分からもそういう差別をされそうな場所やそういう人がいそうな所は、行かないようにしたりと、出来るだけ避けています。そうやって自衛もしているので、今の都市では今のところ体験していないです。

    ユーザーID:1793851592

  • ありました。

    中東に住んでいたとき、時々ありました。
    差別された、というより彼らの優先順位の感覚により下にされた、という感じでしょうか。
    ここではアラブ系(自国民と近隣諸国)、欧米人の順で、アジアは出稼ぎ労働者という感じで下のほうに見られてました。
    日本人とわかれば対応は良くなりますが、ぱっと見たくらいでは区別つきません。

    スーパーで順番待ちをしていたところ、私をとばして後ろに並んでいた欧米人の対応をしようとしました。そのときはその欧米人の方が「このマダムが先よ」と言ってくれました。
    カフェでテイクアウト用のパンの焼きあがりを待っていたときは、後からきた自国民に先に渡そうとしている店員がいました。
    先にもっていこうとしたら言ってやろうと思ってましたが、別の店員さんが「このマダムが先だから」と言ってパンを守って(?)くれました。

    この場合は他の方が解決してくれましたが、そうでなかったら自分で言ったと思います。
    ただ、これくらいのことで大騒ぎするのもどうかな、と思うところもあります。
    小さいことであれば気にしないのがいいのかな〜。

    ユーザーID:3344327857

  • ヨーロッパ在住です。

    しょっちゅうありますが、たいていは教育・教養レベルの低い人達です。さすがにしばらくは結構モヤモヤすることは認めますが、次の日には忘れています。というか、親切な人のほうがはるかに多く、親切に触れて帳消しになります。

    ここは彼らの国で、私は彼らがいつも有色人種に気を遣っていることを気の毒に思っています。反撃してこないアジア人をターゲットに鬱憤を晴らしたい気持ちもなんとなくわかります。でも所詮、やはり弱い人達なのです。一人ではやりません。いつも二人以上か近くに「味方」がいるときで、私が一人のときです。

    ただ、一人だけ例外がありました。趣味のような仕事で去年と今年の2回たまたま遭遇したのですが、副主任のような地位の人で、去年は侵入者扱い、今年は理不尽は発言でした(相手はアジア人の顔の見分けがつかないのか気付いていない様子)。また会うかもしれませんので、彼より偉くなってやろうと思いました。

    ユーザーID:8851807820

  • 色々な経験

    東南アジア、ヨーロッパ、北米等々からの経験で、私の想像では日本人だらか差別されたことは一杯あります。 良い意味で特別扱いをされた時は気分がよいですが、反面,差別された時は腹が立ちます。しかし、差別する人は地域により多いところもあるし、殆ど差別を感じない地域もあります。

    差別を感じたら、だれも自分の意見や考えを持つ権利があるのだから、自分の生活に直接関係なければ差別する人は愚かな人間だと思って、友達や知人との話題にします。もし白人から差別されたら白人の友達や知に、中華系なら中華系の友達や知人、同人種の人たちに言いふらします。カナダは人種差別は違法ですから。 でも、どこに住んでもいやがらせを言ったり、やったりする人はいますよね。


    人種差別はどこでもあるようですが。人種差別をする人は一般に教育の低い人間のようです.

    ユーザーID:1952754313

  • 気のせいではない

    確実にあります。
    訴えられるので建前でしてないフリしてるだけ。
    トランプ支持の高さがその証拠。

    アメリカ、企業貢献が大きく好日な地区でしたが、
    プラチナカード出すと
    プラチナ?本人?
    サイン読めないから騙されても分からない、
    韓国人か中国人か日本人か見ても分からない!
    と目の前で言われるのは日常。
    アジア系だからだと思います。
    Tシャツにジーンズのせいだけではないです。

    イベントで子どもへのお菓子配り。
    公立機関で娘の番で打ち切られ、その後普通に再開。
    運転マナーの悪い車、謝罪モードで窓開けて‥
    アジア系女とみるや罵声浴びせて走り去ったり。
    公園でホロ酔いのおじさんに差別語呼ばわりも。
    殆どが白人男性、特におじさん。

    いまや人口比ではマイノリティの白人、
    なのに人種を問うと圧倒的にカケイジャンと答えるとか。
    白人優位の現実を物語っいると思います。
    気のせいではないです。

    ユーザーID:6030919058

  • 欧州在住です

    10年以上住んでますが、特に人種差別されたと感じたことはありません。変だと思ったら、ちゃんとその場で確認してますし。まあ住んでるのが比較的リベラルな場所ということもあると思います。NYに旅行した際は、"?"という扱いも受けましたが、これは白人の夫も一緒にいた時だったので人種差別と言うよりは観光客の扱いの問題だったと思います。

    私がムカついたのは日本国内での方が圧倒的に多いです。 女の私が言ってもダメだったことが白人の日本語が不自由な主人が言えばOKだったことが何度あったことか… ゴリ押しをしているわけではなく、規則上変えられませんと言われたことが変わるんです。 変えてもどこにも実害はないことです。それから逆に何か頼みごとをする時は主人にやらせることにしてます。

    日本では日本人ではないアジア人はさぞかし大変だろうと思います。

    ユーザーID:4901082730

  • とても興味深いトピです

    人種以外にもあらゆる差別は、世界中に溢れています。日本でも同じ。
    私は、自分の努力で変えられない事を差別するのは最低だと思うし、
    差別は自信のなさの表れだと思うとあまり気にならなくなりました。


    私は、4つの国々で暮らしました。
    1から3番目の国では、多分私が鈍感だったのか全く差別を感じたことがなかったので4番目のA国で嫌というほど差別を感じた時は、衝撃でした。
    同じ英語圏なのにこんなにも違うのかと。
    差別の内容は、書ききれないほどですが、私以外のアジア系も結構差別については、愚痴ってましたね。

    ある古いアメリカのsitcomの話を思い出しました。
    50'sの時代、主人公が黒人の友達が差別を受けているのに憤慨し、あの手この手でみんなを説得しようとしたり、仲間に入れようとしたりするのですが
    分かってくれる人たちもいたけれど結局幾人かは、どうしても異人種を受け入れられない。
    落胆している彼に向って父が「おまえはよくやったよ、でも、どんな時でも人を差別する人はいる。そして、それは変えられないんだ」
    と慰めます。
    そう、自分が信念を貫くしかないのです。

    ユーザーID:3144919182

  • 海外経験は旅行だけですが、

    イタリアのフィレンツェで、何回か市バスの乗車拒否に遭ったことがあります。
    バス停で待っていて、来たバスに乗車の意思を示しているのに無視され、停まらずに走り去られること数回。
    バスが満員なら停まらずに通過もわかるのですが、どう見ても中はガラガラ。
    イタリアは年に1回は訪れていて、バスの乗り方は心得ているつもりです。
    その内に、バス停で待っている乗客が私ひとりだったり、私と夫だけの時にだけ起こる現象だと気がつきました。

    他に地元の方らしき人や白人の観光客が一緒にバス停で待っている時には一度もそんな目に遭ったことはなく、
    さすがにニブイ私でも、ああ〜そういうことか…と気付かされました。

    ただ、私の場合は旅行だし、次のバスには乗れているので、
    不愉快な目に遭っても、しょうもない運転手に当たっちゃったな…と流すようにしています。

    自衛策としては、なるべく他にもバスを待っている人がいるバス停を使う…くらいですね。

    海外では、生まれ育った文化の違いから、ちょっとしたことで行き違いが生じることも多いですし、
    露骨な差別をするような人は相手にするだけ無駄、多少のことなら思い過ごしと捉えてます。

    ユーザーID:5331595759

  • ロンドンの店頭カタログ販売の店で

    私の前だった人は、キャッシャーに行ってからカタログを広げて、店員もニコニコと手伝っていました。 
    私は、伝票に既に品番を書いてキャッシャーに出したのですが、それが品切れだといわれて、代替品を探すべくカタログを手に取ったら、「そういう事は向こうでやってくれ」と言われて追い払われました。 
    前の人は、10分もそこで見せて貰えて、私は駄目なの? 
    多分、東洋人の風貌のせいだと、ぴんと来ました。 
    移民局でも、書類に間違いはないのに、半日またされたことがあります。 
    どちらも相手は肌色濃い目の人たちで、戦後の移民者、二代目か三代目と言う感じでした。後から来る人をいじめちゃ駄目よ!

    ユーザーID:6752039226

  • まず「差別」の定義を

    『とても小さなこと(スーパーでの買物レベルの話)なので、敢えて具体的内容は割愛します』

    …とお書きになっていますが、具体例が実は重要だと思います。トピ主さんは、例えば店員に無愛想にされたとか、無視されたとか、地下鉄で自分の横だけずっと空席だったなどの、誰にでも起こりうるようなことを「差別」の具体例としてお考えということでしょうか?

    人によっては、「○○人、国へ帰れ!」とどなられたとか、○○人と分かったとたんに賃貸住居への入居を拒否された、就職内定取り消された、商品・サービス拒否された、のような裁判に訴えられるようなことだけを「差別」と見做すこともあります。

    一方、「これって差別?」という程度の、地元人(白人)にも起こりうることは、単にマナーの悪さ、個人レベルのいやがらせであり、人種や国籍にもとづく「差別」ではないと見做す人もあり、私もその一人でしょうか。

    実は先日NYから住んでいる西欧に戻ったばかりなんですが、入国審査から滞在中もずっと、いやな思いをすることはゼロ!いろんな場所であらゆる人種・外見の見知らぬ人と楽しくおしゃべりがはずみ最高の旅となりました!

    ユーザーID:0990745763

  • いつまでも慣れない

    もう人生の半分以上、海外生活になりました。ここは欧州で、割と親日的だと思うことも多いですが、この間訪ねたパリであれ?と思うことに何度か遭遇しました。レストランで必ずトイレの横の席に案内されるんです。テラス席とかもガラガラなのに。そういう時は席を替えて欲しいと言い、ダメと言われたら「ではさようなら」と店を出ました。


    この手の差別に何十年経っても慣れることができません。サクっと流すことができず、毎回逆襲してしまいます。もっと大人になってさらっと嫌味を言ってやれるといいんですけどね。

    ユーザーID:6522092317

  • オーストラリアで

    シドニーだったと思いますが、10年位前に母と旅行しました。

    あるレストランに入ったところ、
    空いていたのに奥のトイレ横の席に通されました。
    入口近くの席だと眺めが良かったのですが。
    後から入る白人のお客さんはそちらに案内されてました。
    リザーブ席ではなかったです。

    その時は特に気に止めなかったのですが、
    職場の先輩がオーストラリアで同じような経験をしたのを聞いて、
    もしかして・・・と思いました。

    若い女性の店員さんでしたが、あるんですねー。

    ユーザーID:1295858048

  • アメリカ大陸ではないのですが

    北欧に留学で住んでいたことがあります。多文化主義で有名な国です。

    アジア人に対する差別は普通にあります。

    大学院では外国人が多いので気になりませんが、外にでて現地の市民の空間にいくと、やはり浮きます。ま、仕方ないですよね。

    でも、不愉快になったり、落ち込んだり、ごくごく自然な反応だと思います。

    周りの日本人たちは、「自分は差別されたことはない!」と言い切る人たちがなぜか多かったですが。

    彼女たちとご飯にいくと、私からみれば、軽んじられた対応を取られていると思う場面でも、気にしていない様子だったので、どうして気が付かないんだろう、と思っていました。

    もしかしたら、本当は気が付いていたかもしれないですね。

    あるいは、そんなこと気にしない、と思える強い精神の持ち主だったのかもしれませんね。

    でも公民権運動しかり、女性の選挙権しかり、これまで私たちの先人が闘ってきてくれたからこそ、今の私たちが享受できている自由や権利って多いと思います。

    闘うのは勇気がいるし、周りを敵に回すのは大変ですが、闘うべき時には凛として闘うべき、と思います。

    ユーザーID:7220291870

  • 山程ある

    いろんな国混ざってますが、
    ・(中国人と間違われて)道で罵声をあびせられる。
    ・(多分、中国人と間違われて)つばを吐かれる。
    ・白人の友達と食事中、私だけケーキの下に魚の骨を置かれる。
    ・カフェの窓際の席に座ったとたん、BGMが騒々しい音楽に変わる。(出て行けの合図)
    ・入国審査で中国人に混ざって長蛇の列で待つなか、白人が優先的に誘導される。
    ついでに、やたら年齢確認されるのも、容姿を対象とした差別だと思っています。


    アメリカの有名大学で、アジア人に人数制限があるのは有名な話ですしね。
    いままでトピ主さんがそういう経験がなかったのは、ラッキーなことだと思います。

    大抵の場合、中国人と間違われて起こるので、「当の中国人は相当つらいだろうな...」なんて考えてましたが、
    それでもドーンと落ち込みます。黙って我慢してました。
    上手に切り返せるなら、なにか言いたいですよね
    なんにもいいこと言えないですが、トピ主さんは一人じゃないということ、それから差別する人に目がいきがちですが、差別しない大勢の人がいることも忘れないでほしいです。

    ユーザーID:6162514030

  • これまでは運が良かったのでしょう

    こんにちは。米在です。

    アメリカは元々、保守の国です。
    そして今、外国人特に移民に対しては非常に敏感になっていると思います。
    テロ、難民の受け入れ、移民難民に仕事/生活の糧を奪われているという気持ち、それら含め様々な理由がありますが。
    例えば、ドナルド・トランプ氏が米大統領になるかもしれない、という現状を見ていただければ、その敏感度が一目瞭然かと思います。

    当方はNY(文面からははっきりしませんでしたが、New York Cityと推測します)市などとは比較にならない田舎暮らしですが、
    大規模都市でさえ、それを感じられるのでしたら、全体的に上記の状態になっていると思います。

    差別を感じるなんて日々ありますよ。
    でも気にしだすと、流せることも流せなくなります。

    土地になじむことは解決策の第一歩ですね。
    現地の雰囲気との差が小さくなる程、違和感の度合いもなくなっていきますよ。要は相手に差を感じさせないこと。
    発音、お化粧や服装等。
    あとは、仕事、学校(子供のを含む)などでの交友関係で信頼関係を築いていくと、気にならなくなります。
    気にしない/ならない態度が余裕を生んで、更に馴染み、好循環ですね。

    ユーザーID:3306318604

  • 差別は明らかにある

    この現実に抵抗せず受け入れること。有るものは有る。

    ユーザーID:7468444715

  • アメリカに四半世紀、良い時代になったものです

    私が30年前にニューヨークに一か月ほど住んでいた時は差別を感じませんでした。
    しかし、25年前に中西部の大きな都市に住んだ途端、あからさまな差別に毎日のように
    合いましたよ? 今の日本は昔に比べると、経済的にも認められているんです。
    たったの25年年前は、アジアの小国から何しに来た? パールハーバーを忘れないぞ!
    まぁ、ここに書けない事も色々言われましたね。

    そう言えば、ここの所、そう言う差別とは無縁ですね。
    結婚して子供がいると、学校の行事の手伝いや教会のボランティアで顔見知りばかり。
    もう、アメリカ人と思われています。日本国籍だというと、驚かれますよ!
    「何でアメリカの国籍を取ってないの!」だそうです。

    私の周りで差別された、という外国人は、得てして自国の友達ばかりとつるんで、
    言葉も覚えず、ボランティアもせず、自国のカルチャーから出てこない人が多いです。

    あと、差別された時は、差別した人にも悲しい過去があるんだろうと思うようにしています。
    言い返しても、仕方のない事ですから。

    ユーザーID:1802167307

  • 私が鈍感なのかも知れませんが。

    米国の西海岸と東海岸でも文化の違いがありますから、オーストラリア(の何処?)とNYCでは随分と文化の違いがあると思います。

    私は米国西海岸某都市から欧州某国首都に移り住みましたが、「米」と「欧」の文化の違いに、当初は戸惑ったものです。しかし、忙しく生きてきたので、トピ主さんが長々と書かれているようなことは、正直ほとんど考えた事はありませんでした。トピ主さん、暇すぎるのではありませんか?

    それにしても「(スーパーでの買物レベルの話)」って何かな?、ワイドショーレベルの好奇心がそそられます(笑)。すみません!

    ユーザーID:9980272737

  • 仕方ないと思うしかないかな

    欧米では正直、アジア人蔑視は根強いと思ってます。抗えないです。何故だかイギリス人は特に酷い。そんなものだと思うしかない。
    トピ主さん日本では裕福で、比較的他人から羨まれるほうに属していたと思われますが。そういう方だと余計に辛くかんじると思います。下に見られる事に免疫がないと。気の持ちよう、と自分を励ましても相手がそう見てるわけですから、如何せんどうしようもないですね…。経験として受け止め生かしていくしかないと私は思います。

    ユーザーID:8107999884

  • ありの〜ままに〜

    海外生活が人生の半分以上の47歳女性です。
    ニューヨークにも15年くらい住んでいました。私は、地球上から差別を根絶するのは「そもそも無理」という認識なので、差別的な行動や言葉を受けても気にしません。まあ、「むかつくよね〜」って話題にしますし、時には言い返したりもします。

    でも、ニューヨークで差別は感じなかったな。属するコミュニティにもよると思いますが、予想ではアッパークラスになるほど、差別を感じるのでは?私はアジア人男性と結婚して、日系企業に現地採用で勤めていたので、そういう中では、マンハッタンの中では差別を認識していませんでした。でも、NJ州で、あからさまに白人女子に馬鹿にされたことはあります。

    ユーザーID:8161103736

  • ありの〜ままに〜続き

    西洋の途上国でもよく馬鹿にされました。しかも、私を「中国人」とみなして馬鹿にするんです。
    こういっちゃなんですが、その国は経済でも国土でも産業でも(そして多分歴史でも)中国とは雲泥の差なんですが、それでもアジア人とみると馬鹿にするんですよね。

    でも、現地の人と公園なんかで話す機会があって日本人だというと、尊敬のまなざしで見られます。

    もう一度言いますが、差別は確実に存在しますし、なくすことは無理です。
    その意識をもった上で、日本人として恥ずかしくない行動をとっていればいいと思います。

    ユーザーID:8161103736

  • ありますよ!

    ドイツのクリスマスマーケットでは「ジャップ!」と言われたり、書いている価格より高く値段を言われたりしました。

    ドイツでは何となくですが、東洋人が嫌いな人が多いのかなと感じました。

    ウィーンではそういったことはなく、「ジャパニーズ!」と言って話しかけてくれる店員さんとか、町中で会う人も優しかった記憶があります。


    東洋人があまりいないヨーロッパの田舎に移住した人は、冬は雪を投げつけられたという話をテレビで見ました。

    友達はアメリカのロデオドライブに行った時、それはそれは差別されたそうです。

    私が読んだblogでは「欧米人と『娘の結婚相手に何を望む?』という話をしてて、彼らが答えた回答は『白人であること』」だったそう。(ほんとはもっと直接的な表現でしたが、柔らかいニュアンスに書き換えました)


    外国で暮らすと必ずついて回る問題だと思います。対処法は、「図太く、気にしない。良い人もいる」と思うことかなと思います。

    ユーザーID:2227677948

  • 旅行中の出来事

    海外に住んだことは無いですが、旅行が好きで年に何度か一人で出かけます。
    殆ど楽しく良い思い出ばかりなのですが、極稀に「これって差別かな?」と
    思うこともありました。

    最近では北アフリカのホテルで、昼間余りに暑いのでプールに入ろうと
    した時のこと。既に白人の複数の家族が入っていたので、
    私は端の方で静かに浸かろうとしたのですが、
    私が入った途端に先客がプールから一斉に上がって、部屋に戻ってしまいました。
    その時10数人はいたのかな、それが全員。流石にちょっと凹みました。

    後はヨーロッパのある国でアイスクリーム食べてたら
    差別的な言葉を投げつけられたり。
    それは地元民ではなく観光客の様でした。

    観光でしたら帰国して忘れてしまえば良いですが、海外在住となると
    中々そうもいかないかと思います。
    どこにでもそういう輩は居ると腹をくくって、逞しくお過ごし下さいね。

    ユーザーID:6547453082

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧