海外で「これって差別?」と感じたことがある方いますか?

レス122
お気に入り499
トピ主のみ0

みか

口コミ

このトピのレス

レス数122

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ふ〜んさんの意見が素晴らしいです。

    私ではなく従兄に聞いた話ですが
    仕事でとある国に行った時すれ違いざまに痰を吐かれ
    「○○○○○(日本人の蔑称)」と言われたそうです。

    更に同じ国の商店で買物の際、割引品をレジに持って行くと元値で会計され
    「日本人に対しては割引は適応されません」と言われたそうです。
    支払うことはいいとして「外国人に対しては」でなく「日本人に対しては」
    と言われたことに驚いたそう。

    先の戦争等で色々あったし現在の政府も大概だから日本を嫌う国があるのは仕方ない。
    更にもっと広い枠で括ると私達はアジア人。アジア人に対する偏見・差別も少なくない。
    ふ〜んさんの意見にあるように、
    日本人・アジア人への偏見を払拭できるくらい、恥ずかしい振る舞いをせず礼を尽くせる人間になりたい。

    そして日本人も多様な国の人に偏見を持ち、一括りにして馬鹿にしたり悪口を言うことがある
    そのことを忘れてはいけませんね。
    「あの国でああいう事件が多い」「こういう気質が多い」ことを知識として知るのは必要ですが
    決してそれを相手を判断する基準にせず、一人の人間同士として関わり、自分の目で判断できるようでありたい。

    ユーザーID:2008621868

  • 日本での経験

    日本人家庭ですが、たびたびの海外駐在もあり、日本で子供を
    インターに通わせていたことがあります。そこの「とある北米
    国籍」の校長に、屈辱的なことを言われ、怒りを通り越して、
    あっけにとられたことがありました。
    キレイに言うと「たとえ英語が堪能でも、アジア人はインターに
    来るな。」って感じです。アジア人の親(特にお母さん)は、
    嫌なことを言われた人が多かったと聞いています。

    ユーザーID:0939158147

  • 私は鈍感です。

    >「そんなのへっちゃら」とお考えの方は、どんなふうに自分を励まし(?)ておられるのか、


    スイスのチューリッヒに7年住んでいて、現地人の夫と二人の未就学児がいます。
    差別らしい差別は受けた事がありません。
    スーパーに行けばニッコリ挨拶してくれますし、ドアは開けてくれるし、道行く人は子供に微笑みかけてくれます。
    7年の生活の中で挨拶を無視されたとか、歩いてたら「ニーハオニーハオ」と言われた事はありますが、どちらも差別とは思わず、ただ「虫の居所が悪かったのかな?」とか「同じアジア人だから間違えたのかな?」と思っただけです。
    差別に結びつけて考えた事が無いので、自分を励ます必要がそもそもありません。

    たぶん居住年数がまだ短いのと、私自身が鈍感なんだと思います。
    それに他者の行動に興味がない…というか頓着してません。
    恐らく今までも差別された事があったかもしれないけれど気が付かない(笑)
    子供が就学する年齢になって、ママさん達と交流するようになったら色々あるのかもしれません。
    子供が不利益を被る事はしっかり抗議し、そこまででもない事はスルーして,これからも海外生活を楽しみたいと思います。

    ユーザーID:9779791533

  • 差別を受けたことがない人

    「海外で差別なんて受けたことがない!」という人は、
    よほど美人で日本人離れした体格で、アジア人だとは思われないのでしょう。

    私の周りでも「差別を受けたことがない」という女性がいますが、
    ハーフではないのに彫りが深い派手な顔立ちで、身長170cm近くあり、
    日本人同士でも「この人は現地人?」と戸惑うような雰囲気です。

    外見って大事ですね。

    ユーザーID:4137122127

  • ステレオタイプによる弱いものイジメが主流なのかも

    日本人が海外(欧米ですが)でうける悪い待遇、というのは主として絶対に文句を言ったり言い返してこないいや、そもそも英語すらしゃべれない、というステレオ・タイプのせいが多いのではないか、と思っています。要はうっぷん晴らしをしても仕返しが来ない、と見込んで意地悪をされるケースが多いのではと思います。卑怯ですよね。

    英語がよく理解できる(アクセント、語彙も含めて)相手ならば、まともな英語を話すことで不愉快な思いはほとんど回避可能だと思います。

    あと日本人の場合よくあるのが、Please、thank you を言えない(いわない)がためにそれこそ相手側の方がなんて失礼な奴だ!と誤解しそれゆえ待遇が悪くなるケースです。

    大陸ヨーロッパではお店の人にもまず挨拶(こんにちは)をするのが習慣でして、黙ってぬ〜っと入っていき、店員の視線を避け、商品を触りまくる…これは不気味な不審者の行動なんです。よって不審者待遇を受けることになり、それを差別、と思うケースも多いのかもしれません。

    個人的に差別で印象に残っているのは日本人の客室乗務員の日本人女性に対するサービスの悪さですね。

    ユーザーID:1323247817

  • ついでに、親しい外国人の身近で起こった事。(日本版)

    二回目レスです。

    日本の英語教室では、英語圏出身の有色人(特にアジア人)の先生よりも、明らかにネイティブじゃない白人の先生のほうが重宝されたり、生徒からの指名が多い傾向がある。

    研究機関において、日本人やアジア人は残業が当たり前なのに、同等の役職者や能力の欧米人には同じことを要求しない。

    日本の観光名所で。学校で外国人に英語で話しかける課題を抱えた学生陣は、白人相手に集中して質問をする。同じグループの有色人は無視される。

    ここ数年以内。身内(新婦側)と警察官の結婚式に、家族で親しくしている中東人を式に呼ぼうとしたら、中東人は警察にとって印象が悪いからダメだと新郎職場からケチが付く。欧米人3人の招待は何も言われない。因みに中東人の友人は、日本居住歴20年以上、日本人配偶者との子供あり、日本で起業もしている。

    東欧系欧米人(色黒)と東京の繁華街を歩行中や、南アジア人が空港まで見送りに来てくれた時、私がそばを離れていた時に、外国人達が尋問に遭う。

    東南アジア系北米人の女性(専門職従事者、見かけもバリキャリ)が、日本観光中に男性に How much? と聞かれた。

    ユーザーID:9390834785

  • ある

    去年パリで、とある有名なカフェに行ったら2階に通された。
    一階は羽振りのよさそうな白人ばかりで映画みたいだったのに、
    二階はアジア人と身なりのよくない外国人ばかりで
    腹がたった。

    21世紀だよ?
    と思った。

    そこのお向かいのこれまた有名カフェは逆。
    とってもやさしく気持ちよい時間をすごせました。

    ユーザーID:6010367880

  • ないです

    私は、これまでオーストラリア、台湾に住みましたが、
    (アメリカにも1か月ほど滞在)

    差別は感じたことがなく、むしろ日本人ということで

    得した? 親切にされたことのほうが多いです。

    ただ 豪州で知り合った日本人のなかには差別体験もあるようで

    人によって感じ方が違うのではないかと思います。

    アジア人のなかでも日本人は信用が高く、行儀がいいせいか

    ホームステイなどの受け入れでも人気があるようです。

    ユーザーID:9626966028

  • 不動産屋

    結婚して二人の住まいを借りるとき 私(日本人・学校教員)が前面で交渉すると とても丁寧に対応してくれます。
    トントン拍子に手続きが進み 書類に、居住予定者の氏名を記入する段に。
     私(漢字四文字の一般的な日本人名) 主人欧米とアラブ系系ハーフ(カタカナ名前)を書き始めると「この話はなかったことに。」と。永住権を持ち安定した仕事についていても。

    この部屋はこのあと 友人の白人系フリーターがあっさり借りました。
    あ、これ日本の中の話です。

    ユーザーID:9648845828

  • 何度もあります

    アメリカで友達とレストランに入った時、席が沢山空いているのに入り口近くの通路の隣に案内された。

    メキシコに旅行に行った時、ツアーに参加したらアメリカ人、カナダ人の方が旅費が安かった。

    アメリカのスーパーで買い物をしている時たびたび店員と間違えられ商品の場所を聞かれた。

    ユーザーID:8323312155

  • みんな偉いですね

    私も欧州であります。差別ってこんなに傷つくんだと思って、日本で生きることが一番だと思いました。海外生活で差別されながら生きて行くなんて私は辛すぎてできません。

    だいたいが中国人に間違えられました。
    日本人だというと、とても喜ばれたこともあります。その時はしみじみ
    これまでの名も知らぬ日本人の方の誠実さに感謝したこともあります。

    私はスイスの鉄道で激しい差別を受けました。あんな小さいスイスの鉄道で。我慢していましたが、ヤジとクスクス笑いがひどく、最後は私は泣きながら立ち上がって抗議しました。相手は白人男グループとその家族でしたね。相手はびっくりしていました。

    ユーザーID:0864666288

  • そうかな?

    フランスとイギリスに住んで10年以上たちます。
    どちらも都市部です。フランスのほうが長いです。

    旅行も含めて差別にあったことはありません。
    1度あったかな。
    外国人に優しくしてくれる、日本人で女性だから得していることが圧倒的に多いです。

    レスを読んでいて「これは差別だ」「え? それ差別って言い切る?」「うーん、微妙・・・」と、3種類ありました。

    日本からやってきたお友達と、普段いかない観光客向けの場所に行くと、必ずと言っていいほど不愉快な目にあいます。観光客商売ズレしている人って、アジア人(特に日本人)は大人しいと思っているので、後回しとか、だますとか、他のお客に受けたうっぷんをぶつけてはらすとかあると思います。あとは話が通じなさそうでめんどくさい。

    現地の言葉を、あいさつだけでも話そうとするのは大事だと思います。
    あと、目を無理やり合わせてでもにっこりする、あいさつするというのが重要です。「敵ではない」と見せないといけないんです。日本人は黙ってて笑顔もあいさつもないので、あった瞬間、感じが悪いと思われたり、敵認定されることはあると思います。

    ユーザーID:3263239014

  • 差別ですか

    タダの嫌がらせなのか、その人の態度が悪いのか人種差別なのか旅行では分かり難いですね。

    ただ、その旅行先の国のドラマ、ニュース司会者、リポーター、白人ばかりでした。黒人やヒスパニックが多い国なのですが、たとえドラマで出演しても使用人等の役柄ばかりで、こういうのを差別というのだと教えられました。

    おもむろに白人専用、黒人やヒスパニック専用と書いていない限り自分がマナーや習慣、その国の文化、何かから外れていて相手が気分を害していると考え対応しています。

    ユーザーID:1227073204

  • 言葉は大事

    皆さんの経験をびびりながら読んでいます。
    そういえば無視されそうになったこともあったな、と思い出しました。

    ちょっと質問しようと受付に近づいたら、あわてて
    他の欧米人の方を先に相手しようとしていましたが、
    私がどうにか通じる英語で話しかけたら、
    途端に愛想がよくなって、親切にしてくれました。

    通関の人もすごく不愛想だったけど、私がイギリスで買い込んだ小説に
    しおりをはさんで明らかに読んでいる最中なのを見たら
    「あなたはこれが好きなのね」と突然明るくなったり。

    当時は欧米をぶらぶらしている若いアジア人ってたぶん日本人で、
    日本人の英語の下手さはたぶん有名で、
    アジア人が近づいてきただけで差別とはいかなくても
    「うはっ、めんどくさいのがきた」って気持ちはたぶんあったんだと思います。

    あと、中東に行ったときにその国で買った小さい辞書を持っていたら、
    クールなホテルマンがそれをみて突然破顔。
    「えー、この国の辞書もってるの? あいさつわかる?」って感じに。

    こっちからある程度、いろいろ表現するのも必要なんだな、って思いました。

    ユーザーID:5952397580

  • あります

    1990年代に米国北西部に留学していましたが、バス停で待っていたらバスに素通りされた事があります。運営元に電話をしたら拙い英語だったせいか「英語を流暢に話せるようになってから電話してこい」と言われました。
    ほとんどのホストファミリーは問題なかったですが、米国で二軒目のホストが料理が毎晩ピザやラザニアで体を壊した私が他の家へ移ると言ったら「我が家に金が入ってこなくなるだろ!」と激怒され、「だから日本人は嫌だったんだ!」と蔑称で言われました。
    私の友達は米国人のクラスメートに歯並びを笑われ、バンパイアと陰で笑われていたらしいです。
    私を怒鳴った人はマスターdegreeを持っていました。
    差別してくる人には学歴とか関係ないなと思いました。

    ユーザーID:5843887093

  • 韓国人の男の子

    ドイツにかれこれ30年以上も住んでいます。
    住み始めたころに知り合った優しい日本人の男の子。
    いろいろドイツの官庁が複雑で手伝ってあげることにしました。
    じゃ、パスポート見せて、と彼のアパートに行ったときに
    もごもごもご・・・時間はかかるし???
    長い待ち時間の後に、酷く困惑して悲しそうな表情で白状(?)しました。

    <実は、僕は日本人ではなくて韓国人なんです>

    その時、私は日本人であることが恥ずかしかった。
    心から申し訳なかった。
    穴があったら入りたいのは私のほうだった。
    完璧に日本語を話せる人が単に親が韓国人であるだけで
    日本でどんなに差別を受けたか、その結果パスポートさえも
    できれば隠し通したかった彼。
    彼には日本人の彼女もいるけど
    その両親に大反対されていると。韓国人だから。

    日本から外国にでた人は
    外国での差別され、される立場が初めて肌で経験して大人(?)になります。
    でも、日本にいる人たちにも考えてほしい。
    日本に住んでいる他のアジアの国籍の人たちを差別しないでほしい!

    ユーザーID:2779706986

  • 差別意識が強い弱いは場所による

    ここへ引越してきたとたん、ものすごい(と私は感じた)差別にあいました。それもアメリカ生活20年にしてです。今まではそこそこ感じてはいたものの、それほど酷いとは感じなかった私も、ここではもうしょっぱなから透明人間扱いでした。一緒にいる家族は長年この町に住んでるせいか、どこでも愛嬌良く迎えてもらえるのに、特にスーパーのレジなどではほんとお金も払わなくて、素通りできるかもと思ったぐらい、レジの人の意識の中にわたしはいないみたいな態度でした。仕方がないので支払いはしますが、その受け取り方もすごい、まるで手品師がそこからお金を出したので、それを受け取りました、みたいな、、、何と言えば解ってもらえるでしょうか、空気中からお金が出てきたので受け取ったみたいな、そんな風でしたよ。

    まだまだあるけど、色々沢山こんな事を経験しながら10年経ちました。徐々にそんな感じも薄れ、でも今でもたまに感じますが、それなりに住んでいます。

    慣れといえば慣れる事でしょうが、こんな腹だたしい事に慣れたい人は誰もいませんよね。

    ユーザーID:1089084829

  • アメリカではアジア系は永遠に外国人

    表記のように、アメリカではアジア系は永遠に外国人という概念・セオリーがあります。Perpetual foreigner syndrome/stereotypesと言います。

    具体的に説明すると、下記のような会話になります。

    非アジア系アメリカ人「あなた、どこの出身?」
    アジア系アメリカ人「私、コロラドの出身。」
    非アジア系アメリカ人「そうじゃなくって、あなたのご両親はどこの出身なの?」
    アジア系アメリカ人「両親は、カリフォルニアの出身だよ。」
    非アジア系アメリカ人「違うの違う。だから、あなたのおじいさんおばあさんの出身はどこ?」
    アジア系アメリカ人、「祖父母は日本の出身だよ。」
    非アジア系アメリカ人「あーやっぱり。そうだと思った。あなた日本人なんだね。」

    と、このような事です。

    アメリカではアジア系の住人は、よそ者に見られる分、差別・区別の対象になる事も考えられます。

    前の投稿には文字数の関係で書けませんでしたが、私にも恥ずかしながら、暗闇である特徴を持った人を見たら、ビクッと身を固くするなどありますから、人の事ばかりも言ってられません。自分もまだまだ学ぶ事だらけです。

    ユーザーID:2700577207

  • ニューヨークに住んでいます

    こんにちは、みかさん。ニューヨーク在住のアップルと申します。

    私は国際結婚でアメリカ人の旦那とニューヨークには約12年住んでいます。

    ですが、アジア人だからと差別を感じたことは一度もありません。
    また、私の経験でしかわかりませんが、ニューヨークは愛想のない人が多いだけでは・・・と思います。
    例えば、スーパーなどのお店で品物を購入しますよね、でもレジのお姉さんやオバさんは「サンキュー」の一言も無し。
    もう少し自分の仕事にプライド持てよ〜とか思っちゃいますけどね。
    私も機嫌が良くないときなどは先に「どういたしまして」って厭味とか言っちゃいますけど。

    だからと言ってみんながみんな愛想が悪いわけじゃないです。
    優しい方々もたくさんいらっしゃいますし。

    でもね、日本の方ってとても礼儀正しい方が多いのでアメリカの方のちょっとした事で傷ついてしまうのかもしれません。
    繊細なんだと思います。
    でも繊細であることって私は良いことだと思います。
    なんだかこっちに住んでいるといろんなことにガサツになってしまっているような気がします。

    ああ、いやだ。

    ユーザーID:5050134499

  • 今日ドラッグストアで思い当たることがありました。

    レジで私の前に韓国人女性が二人並んでいて、挨拶もお礼もなしでした。
    在住国では、
    日本人も含め、挨拶とお礼を言えない極東アジア人をよく見かけます。
    ヨーロッパでは
    「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」を言えない人は教養のない人間に分類されます。
    現地語が話せなくても「ハロー」「サンキュー」「グッバイ」と言うだけで対応は違います。
    欧米人旅行者は必ず挨拶していますが(肌の色にかかわらず)、
    極東アジア人旅行者は挨拶しない人のほうが多いように思います。
    日本の有名人がパリの高級ブティックや高級レストランで差別されたと聞くと、
    入店時に敬意をこめて挨拶したのかなあと思います。
    偉そうに無言で入店できる「お客様は神様」の日本とは違い、
    挨拶すらできない人間には(いくら札束を持っていても)
    ブティックやレストランに相応の品格がないということになります。
    私は庶民で高級レストランには行ったことがありませんが、
    トイレの近くに案内されたことはありません。
    そもそも庶民が行くレストランではトイレの近くにテーブルがないような気もしますが、
    謙虚に挨拶とお礼を言うからでしょうか。

    ユーザーID:8851807820

  • 差別は色々体験してますが

    アメリカで10年くらい前の体験ですが、移民局へグリーンカードの更新した時のことです。予約時間に10分遅れ、私だけが まず行って予約があるのだが、と言ったら若いお兄ちゃんの警備員に帰れ帰れの手振りをされ、仕方なく車で待っている夫に事を告げたら、、、いや〜おこちゃって、遠くに住んでいて二時間かけて来たんだ!と抗議に行ってくれ、すんなり入れましたのよ。抗議が白人だったからだな〜と思いました次第。。。

    ユーザーID:2754249442

  • 純じゃぱさんに同感です

    見た目の差別を減らしたいのなら、堂々として、金持ちに見える格好と振る舞いで減らせます。
    これは私が実践(在米です)していることです。本当に減りますよー。
    それ相応の車に乗り、ブランドのカバンや服、ハイヒールなどを履いて、そして堂々としていると差別を感じること、まーないです。

    ユーザーID:1793851592

  • マイクロ・アグレッション

    あからさまな差別ではないけれど、
    無意識なだけにタチが悪い差別的言動を「マイクロ・アグレッション」というそうです。

    留学に力を入れている大学で送り出し側の仕事をしていました。
    20歳やそこらで初めて外国に住み、初めて「ガイコクジン」となった学生さんたちは、
    このマイクロ・アグレッションにけっこう傷つけられています。

    「ニーハオ!」「日本人なのに○○語が上手だね」「日本人はおとなしいね」逆に「君は日本人らしくなくていいね」留学先でできた彼の家に連れていってもらう時「うちの親は理解があるから(相手がアジア人でも)大丈夫だよ」

    私が渡航した時は30越えてたので図太く、
    こういう微細な差別はあまり気にしませんでした。
    でも、日々日本にいる外国籍または外国風の外見をしている方は
    そういう差別に直面しているということも、
    「ガイコクジン」になる経験を経て初めて気づきました。

    「私、英語話せないから」(英語圏出身じゃないのに、日本語話せるのに)
    「お箸上手ですね」(海外でナイフとフォーク使えてすごいですねって言われたらどう思うの)

    などなど。

    自分も気を付けようと思いました。

    ユーザーID:2967367942

  • 危うきに近寄らず

    欧州圏に在住18年、現地の国家資格を取得して働いています。
    イヤな思いは日常茶飯事です。からかわれる程度なら実害はありませんが、買物でラッピングを頼んだら中身を安物に摩り替えられてたり、敢えて破損品を売られたこともありました。抗議しても「知らない」とシラを切ったり逆切れされたり。せっかく予約したコンサートも「なぜアジア人のくせに良い席にいるのか! 他の人に譲れ」と言われるなど、イヤな思いもしました。

    スーパーやドラッグストアなど日用品店は仕方ないとしても、それ以外の店は極力行きません。特に電気製品は、ネットオーダーすれば日本人だとは分からないから便利です。
    レストランで傷んだものや使い回しの料理なんて出されたら大変なので、一切外食しません。そのおかげで料理が上手くなりました。
    無駄なお金を使わなくなったという点ではメリットがあるかも。

    ユーザーID:8552409583

  • オーストラリア人夫の場合(日本在住)

    日本が海外にあたる夫の場合です。(50代、白人)
    東京にいるときはあまり差別の記憶がないのですが、それでも、

    電車に乗ると、結構混んでいるのに彼の隣だけ空いてる、
    自転車に乗っているときに警官に合うと必ず職質、というか、自転車の持ち主を調べられる

    そんなのはしょっちゅうでした。ちなみに、電車のケースでは、その空いているスペースに座るのは女性の方が多かったようです。

    今住んでいるのはかなり田舎です。
    とくにおじいさんおばあさんの遠慮のないじろじろした目線にはうんざりするようです。

    たぶん、この方たちは、差別をしている感覚はないでしょうね。
    私も知らないうちにしているかもしれないので、気を付けようと思います。

    ユーザーID:9919333933

  • アメリカでは

    在米22年ほどになります。初めの頃は差別されていることにすら気が付きませんでしたね。日本と比べればサービス悪いなあ、という印象です。
    あとあと考えると、あれ?差別されてたのかな?と思いますが。

    アメリカでは東洋人は皆一緒くたにされて見られ、初めはぶっきらぼうに「お前、中国人か?」と聞かれるのでおどおどしながら「いや、日本人ですが」と答えると態度が一変して親切になります。
    過去の日本人達が頑張ってきた恩恵をありがたく感じる次第です。
    一番びっくりしたのはマイアミで海水浴に行った時、白人と黒人でビーチがはっきり分かれていた事ですね。

    ユーザーID:7242004339

  • あるよ〜

     南米のある国の中規模都市を歩いていて、前からやってくる白人が色濃く出ているオバアサンに「チーーーイ!」と言われました。鼻に皴を寄せてほんとイヤな感じ! その国では東洋人全体に対する呼称または侮蔑が「中国人」を表す「チーノ」「チーナ(女性)」なのです。侮蔑的要素は前述のイヤな表情で加減します。オバアサンは「チー」しか言ってない、ナまで言ってないと言い逃れするつもりでしょうが、聞こえましたよちゃんと!

     幸い私の方が背が高くて綺麗でこざっぱりした服装だったので(自分で言うか?)、すれ違う時は頭を下に傾けず眉を上げて睫毛を立て(中指立てるわけにはいきませんものね)視線だけをジローリと送ってやりました。フフン。

     でも、心残りは・・・私その時イマイチな靴はいてたので・・・石畳の道でしたから・・・あのオバアサンは「ちょっと!ダサい靴で私の庭である街を歩くんじゃないわよ東洋女!」って思ったのかもしれない。そう思うと今でも複雑な気分。

    ユーザーID:0488861745

  • 一番酷かったのは……合羽橋だった

    25年前、アメリカで、すれ違った若者に「ジャップ」と遠巻きに。ほう、これが差別というものか、と感激?した。

    最近行ったパリで。セルフレジを英語表示で使用している最中、お店の人が勝手にフランス語表示のボタンを押され知らん顔された。

    3年前のハノイの客がいない仏レストラン。ウェイトレスが暴言連発。妊娠中とのことで他のスタッフも容認。これは差別じゃなくてただの○○でした。

    私はいつも、差別ではなく、その人のレベルだと思ってやりすごしています。


    そこにいないかのような扱いを受けたのは、15年前の東京の合羽橋だけ。

    角の大きなお店。カウンターの人がお会計してくれない。2m位離れていて、呼んでも聞こえないふり。人はたくさんいるけど、絶対にこちらを見ずに下向いて作業中。
    後から来たご婦人には寄っていってお会計しようとしたが、「この人達が先なので先にお会計してあげてください」と言われてもしない。そのご婦人もあきれて不愉快満開にされていました。

    1時間位ねばったらしてくれました。5種類×各100個を購入してもコレです。
    合羽橋の差別が一番ひどかったな。

    ユーザーID:9931230670

  • もちろん

    イギリス。微妙に、しかし確実にある。

    よほどめぐまれた立場での滞在なら別かもしれませんが、
    日本人が動いていて感じないでいられるとは思えないですね。

    もちろん差別しないひとはしないし、そういうひともたくさんいます。
    たとえば、仕事関係では、相手にわかるような迂闊な差別するひとはいない。

    こういうと、特にイギリスの場合、それはそれで階級差別じゃないかと言われそうですが、
    まさしく「スーパーでの買い物レベル」での差別が多いというのが実感です。

    ユーザーID:1047358648

  • 無視という名の差別

    米国在住です。いわゆる「差別」の経験もありますが、最近私が一番気になる差別は「無視」です。

    子供の幼稚園で、ポットラックパーティがあった時、テーブルが完全に白人と非白人に分かれました。
    白人のグループは非白人の親たちを一切無視。一言も口も聞かず、白人同士で盛んにおしゃべりし「社交」していました。
    これも差別、偏見だと思うんですが、「無視」は差別と言いにくい。たまたま話さなかっただけなどと言い訳されたらそれ以上何も言えないからです。

    現在閑静な住宅街に住んでて、周囲はすべて白人です。両隣とは仲良くしていて、行き来したりしていますが、お向かいの1件に完全に存在を無視されています。
    庭先であっても、顔合わせても絶対目を合わせない、挨拶もしません。私たちは目に入ってないか、存在しないかのように振る舞うのです。
    隣の家の住人が犬の散歩に出かけると、態度が全く違い「〇〇!元気?ワンちゃんも元気ね!!」などと手のひらを返したように社交的な態度なのです。
    せめて挨拶くらいすればいいのに。

    ユーザーID:9928080860

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧