現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

奨学金 周囲には内緒にして一括返済した方がいいですか?

さき
2016年7月10日 9:39

夫63歳、妻60歳の夫婦です。
小町で見聞する奨学金に対する皆さんの考え方が私どもと違うので、自分たちは間違っていたのかと思って、ご意見をお聞きしたくなりました。

借りたのは娘、以下状況です
*現在30歳独身、親とは別居
*都内大学・大学院卒業 現在、国家公務員
*無利子奨学金借り入れ6年間 現在返済額 月額約15,000円
*本人貯蓄額 約500万円


親について
*現在年金と不動産所得その他年収2人合計約1,000万円
*持ち屋 築8年 ローンなし
*金融資産 約10,000万円 他に不動産等もあり 収入で暮らせているので今後は恐らく減らないと思います。
*生命保険 終身で夫々3,000万円ほど
*その他借入金はなし



娘は大学入学まで世間並みの節約以外の学費やお小遣い、海外旅行など、すべて親負担で、あまり不自由はさせていません。
学業のためもあり、アルバイトは経験なし、その代り、大学時代も一定以上の遊興費は使わず、地味目でした。
大学や院も学費・生活費、全部親負担も可能でしたが、娘と話し合って、自力で行きたいと敢えての自己負担でということで無利子に合格したこともあり、借りました。
現在、もちろん延滞などはなし、本人の貯金で一括返済も可能ですが、頑張った時代を忘れないためと毎月返済にしています。

親は学業資金を十分に出せたし、相続資産も保険の受取額含め、インフレを勘案しても、少なくはないと思います。

つまり、純粋に本人の矜持と努力で利用したつもりだったので、奨学金を借りたことを恥とは思っておらず、むしろ誇り、また万一結婚となっても、本人や親に十分な返済能力があるので問題ないと思っていました
ところが、小町では、親があまりにも批判されるので驚いています。

これなら、親も娘も奨学金を利用したことは周囲には伏せて、一括返済するべきでしょうか?

ユーザーID:7403272943  


お気に入り登録数:282
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:30本
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(30)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主  補足です
さき(トピ主)
2016年7月11日 6:47

私どもは「修学に掛かる費用はすべてが親の資産ではなく本人の尽力も必要」と考えています。
なので学資の足しにアルバイトをすることは尊いことだと思います。
ただ学部や履修する専門分野によってはその時間が捻出できないこともあり、その場合、本人の資金獲得の選択肢は公的機関や親からの借金になってしまうと思います。

日本学生支援機構のHPには「奨学金は、学生が自立して学ぶことを支援するために学生本人に貸与されるもの」とあるように親の経済力にかかわらず自力で修学をしたい人間が利用できるものだと思っていました。
もちろん6年間の就学期間をすべて奨学金で賄えるはずはないので入学金・学費・生活費その他すべての費用で概算ですが総額1,000万円以上は親が負担しています。

ただあまりにも親への批判が多いので私どもの奨学金に対するそもそもの考え方が間違っているのか、世間とかけ離れているのか、また奨学金の残債は「借金持ち」とみなされ公言(わざわざは言わないが隠すことでもないと思っていた)は憚られることなら隠すべきなのか、それならいろいろと考えを改めなくてはならないのでお伺いする次第です。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 4 (表示なし2件を含め4件目)
さき(トピ主)
2016年7月14日 18:03

レスを下さっている皆さま、ありがとうございます。
現在【7月13日17:08のなおたん様】まで真摯に読ませて頂いております。

ただいま自宅に戻りましたのでトピ主表示が出るかと思います。

まず私事で前回2回分のトピ主レスにトピ主表示が出ない事態になったことを改めてお詫びいたします。
事情をご理解いただくために申し訳ありませんが【7月13日6:01と6:35】のトピ主表示の出ていないレス2本を読んでいただけませんでしょうか。

事情については恐らくお察しかと思いますが近親者の病気急変です。
とりあえず持ちこたえておりますので私はいったん自宅に戻ることができました。
これ以降はパスワードがわかりますのでトピ主表示の出るレスをさせていただけます。

ただ上記2件をただ読んで下さいと言うのも横着で失礼な話だと思いますので、私の言葉足らずで誤解を招いたことへの補足【6:35】に付きましては次のレスで再掲と加筆をさせていただきます。

またそれ以上のお返事について、勝手ながら3日前急遽出掛けて処理が山積ですのでもう少しお時間を下さい

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 5 (表示なし2件を含め5件目)
さき(トピ主)
2016年7月14日 18:03

(7/13の再掲と加筆)

当初のトピ本文で言葉足らずだったために誤解を招いた点がありますので補足させて下さい。

◎奨学金利用申請は12年前で当時も利用中も私どもの年収は今よりずっと少なく、日本学生支援機構の条件に合致していました。
 現在の年収や資産に付いては数年前に相続したものによる割合が多いです。

◎一括返済するとしたらもちろん娘本人の貯金からで親が出すということはありません。
返済は毎月であれ一括であれ、あくまで娘の責任において行わなければ修学の自立というそもそもの趣旨に背くと考えております。
 また現在の本人貯金額は返済残額を充分に上回っております。

現在の私どもの経済状況を記載したのは娘に負担にはなっていないことなどをお伝えしたいがためでしたが余計なことだったと反省しています。
また子の収入や貯金などプライベートなことを親が知っているのは奨学金の趣旨や今後の方針などを含めその他のこともオープンに話し合っているからとご理解下さい。

ご指摘頂いたご批判や問題点は全て真摯に受け止め、必ずご返信しますのでよろしくお願いします。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 6 お礼
さき(トピ主)
2016年7月20日 22:59

皆さま 多数のレスを頂きどうもありがとうございます。
トピ主としてレスを返そうとするうちにまた新しいご意見を頂き、新たに考え、ということを繰り返し、レスの書き直しを重ねているうちに日が空いたことをまずはお詫び申し上げます。
今思うことを課題毎にまとめたところ文字数制限のせいでトピ主レス数が多くなり長くなりますがお付き合いください。

当初のトピ文の私の書き方の拙さのせいで実態とかなり齟齬のある状況を想定されたご意見が多いのですが、そのせいで逆に議論が広がり幅広いご意見が頂けました。
最初のトピ文を読み直すと自分でも信念のない情けない質問だったと恥ずかしいですが、様々なご意見を拝読するうちにおかげさまで自分の疑問や思いがフォーカスしてきました。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 7 拙文のお詫び
さき(トピ主)
2016年7月20日 23:00

私どもへのご批判として最も多かったのは「奨学金借入の必要がなかったのに借りたこと」だと思います。
これは私が当時の状況ではなく不要な現在の状況を書いたからでご批判は自業自得です。

今更何を言っても後出しと言われるでしょうが、まずは債務者である娘の身に万一のことがあっても日本学生支援機構にご迷惑を掛けないこと、将来にわたり娘に経済的に負担を掛けないことがお伝えしたかったのです。
自慢だとか過去からそうだったとか、更に財テクのためとか不正申告とかまで書かれましたがこれは全く身に覚えがなく困惑しておりますが一切は自業自得ですね。

「親は学業資金を十分に出せた」という表現も、よくよく思い返してみて当時の収入と生活レベルで捻出した金額に更に奨学金分を借りずに済ませられたかというと正確に正直に言えば余裕はないにしても何とかなったという程度です。
もっと言葉を吟味すべきでした。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 8  修学時の生活費を含めた学業資金に対する考え
さき(トピ主)
2016年7月20日 23:00

現在の資産状況は先年の親の遺産相続によるものですが、親の生前に私は親から、娘は私どもからの資金を全額あてにするという発想は今も昔もありません。
たとえ親が裕福でもそれはあくまで親の資産で自分の生計は自分で何とかしたい、学業なら今やほぼ全入ながらアルバイト禁止(禁止じゃない高校もあるかと思いますが)の高校までは教育費を含む生活費全額が親負担、しかしそれ以上の修学はある程度は自力でと今でも思っています。
それがアルバイトか奨学金だったかの違いで、娘もアルバイトをする時間的余裕があればそうしたことと思います。

ですから経済的に充分足りているのに借りたのが良くないというご批判は至極当然でなるほどとは思いますが、もし私に経済的余裕がもっとあってもきっと全額は出さず何らの方法は考えたと思います。
この辺りは生活費・教育費全て100%親負担が正しい、或はそうしたいとお考えの方とは相容れません。

アルバイトは時間的に不可、奨学金は収入制限で不可なら最終的には多くの方からのご指摘のように裕福な親から子への貸し付けしかないですね。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 9 奨学金に対する考え
さき(トピ主)
2016年7月20日 23:00

でも安易に貸与を受けた一部の元学生が滞納したり結婚相手に平気で負担させるという事実が恥であり、自分の債務と認識しきちんと返済を行っている人達は決して恥ではないと評価の棲み分けがなされていることは安心できました。
ただやはり奨学金の種類やシステムに無理解で偏見を持たれている方がごく一部いらっしゃるのも予想した通りでした。


次は余裕があるのなら親が貸せば良かったというご批判についてです。

私達親子は親が債権者となるより国を含む公けのお金を拝借している方が責任感・義務感・自立感が大きいと判断しました。
もちろん前レスに書いたように当時に今くらいの余裕があればまた別の判断をした可能性はありますが。

奨学金はもちろん責任が伴う債務であり返済しないとは露ほども想定していなかったので機構の国庫補助金・交付金等でお世話になるのは利息相当分・事務手続等諸費用分で、合計してもご批判を承知で言えば血税に巨額にご迷惑を掛けるとも思っていませんでしたし、昔も今後も健全な納税で国家に報いるつもりです。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 10 次点に廻すこと
さき(トピ主)
2016年7月20日 23:00

また次点の学生に廻せばというご意見について、その考え方は「足るのに借りた」ご批判と相通じるようですが、この点は収入基準を満たした上での合否判定の成績は本人の努力と結果によるものなのでいささかの違和感を感じます。

これは例えていうなら子育て中の収入累計と申請時の基準内収入額が同額のA・B2家族がいたとして、Aは節約に励んで貯蓄を残し、片やBは贅沢はしないまでも世間並みの余暇を楽しむ生活を送り貯蓄に余裕はない、貸与合否の成績判定はAの子>Bの子、という場合にAはBに譲るべきと判断するのと同じではないですか。

基準を満たしている以上は同列同等であり、経済状況は親の、成績は子の努力の結果で、正当な方法で決定したものを他人に譲れと言うのはいささか傲岸不遜ではないですか?

そこを「娘の道楽」「親のエゴ」とまで書かれるならこれはもはや価値観の違いであり優劣や正誤ではないと思います。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 11 「誇り」について
さき(トピ主)
2016年7月20日 23:01

娘の通う学校は国家公務員を多く輩出するいわゆる高偏差値大学で、学内で優秀な成績を保てたことは正直に言って私は内心誇りと思っています。
その上でずっと継続貸与を受ける成績が維持できたことと、自力で道を切り拓きたいという考え方、一部の学生さんのような服飾や遊興などの贅沢とは距離を置き学業に励んだ6年間に対し親として単純にそう思いました。
平たく言えばよくこんなにまともに育ってくれた、頑張ってくれたということです。

しかしこれはいかに匿名掲示板とはいえ他人様に対し書くべきことではないですね。
おまけに前後の文脈が拙く、まるで奨学金のみを誇りと断定するかのようでした。

800文字制限に迫る中、文末が性急で雑な表現になってしまいましたが、いくら私が社会的愚者、親馬鹿であったとしても奨学金を借りること自体が誇りだなどとは努々思っておりません。
この2点は反省しお詫びいたします。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 12 社会に対して
さき(トピ主)
2016年7月20日 23:01

社会に恩返しをとのご提案に対してですが、これも信じてもらえないかもしれませんが匿名掲示板で嘘を言っても仕方ないという前提で申し上げますと、某子供救済目的の基金を応援し定期的に送金しています。

これは奨学金の感謝の気持ちと直結したわけではないですが、今の生活があること、そして娘がまともな社会人に育ったこと、ひいては奨学金がその大きな要素であったことも相俟っています。

ただし決して自慢でも私の言い訳でもなく、私の所業に嫌悪感を感じていらっしゃる方の不快感を少しでも取り除くために書きました。
私自身、不快に感ずることは苦痛で、原因が取り除かれると清涼感を感じますので、いらぬお世話ですが。

しかし少しでも余裕があればお互い様というのは当たり前のことなので、わざわざ書くなとこれさえ新たに不快に感じられるならお詫び申し上げます。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 13 返済方法について
さき(トピ主)
2016年7月20日 23:01

返済方法について、娘本人に打診したところ、一括繰上か毎月かは今となってはどちらでもいいそうです。
因みに残債は200万ほどです。

いきなりの打診の理由を娘に訊かれてトピ文に記した私の気持ちを説明したらブレブレだし世間が狭いと言われました、どうやら娘の周囲の考え方はまた違うようです。

ただ機構のシステムをあらためて精査して一括返済が自分の予想以上に後進や機構に役立つことが判明したら一括で返すことにするそうです。
返済方法を意識して改めて考えたこと、その点はトピ立ての意義がありました。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 14 ご心配頂いた結婚問題について
さき(トピ主)
2016年7月20日 23:02

娘は今は仕事に精一杯で結婚は考えていませんがそのような事態になっても奨学金貸与を受けたことは相手にもご両親にも一切隠さない、他にもマイナス要素があればプラス要素よりもむしろ進んで言うそうです。

奨学金はプラスでもないがマイナス要素とも思っていないとのこと。
その時点で完済かどうかは別として結婚前の資産はお互いにプラスもマイナスも自分のもの、結婚に際して相応の資金が準備できなければ結婚する資格はないので差引マイナスはありえない。

相手本人の利用の有無はともかくとして真面目な奨学金にさえ無理解な男性とはまずご縁にならない、ご両親は奨学金に対する好悪の感情は別として他者の価値観を認めようとせず頭ごなしに否定されるならそれだけのこと、自分は今結婚に際して個人として特に有意なマイナス要素はないと思うが、さすがにこれは相手にもご両親にも受入れられないだろうというものがあれば結婚しないので関係ないそうです。
何故そんなバカバカしいことを訊くのかと不審がられました。

そしてこの考え方には私も同意です。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 15
さき(トピ主)
2016年7月20日 23:03

現時点で書けるのはここまでです。

初めてトピ立てして予想外に多くのレスを頂き、全否定が悲しかったり、誤解がもどかしかったり、同意が嬉しかったり、しかし様々な百人百様の考え方を拝読できたことは大変為になり、還暦にして新たに学んだ気持ちです。
中でも厳しいご意見には特に真摯に考えさせられました。
また娘のことを褒めて下さった方々どうもありがとうございます。

正直に思いの丈を記した今回のトピ主レス10件にもまた多大なご批判を頂くかもと心中は穏やかではありませんが、どのようなご意見も受け止めなければと思っております。
ただ記載した事実に反するご指摘、500万くらい返せ、とか他人に吹聴するなとか、の類に関してはいくら返信を頂く身とはいえど心穏やかではないことを申し添えます。

また、これまで頂いたご意見を充分に反芻し、新たに頂戴するものも熟読し、私なりの考えを書かせて頂きますので引続きよろしくお願いいたします。

ユーザーID:7403272943
トピ主です  皆々様、 夏様
さき(トピ主)
2016年7月21日 17:37

皆様、長いレスを読んで頂いた後も引続きレスを下さいましてありがとうございます。
できるだけきちんとご返信したいと思います。



夏様

レスありがとうございます。
返済に関してはレス13に示した通り今後もあくまで娘本人の考えですので返すつもりがないと決めているわけではないですよ。

またご指摘の、娘が質素な学生生活を送ったこと、まともに育ったことは奨学金に対する責任感があったせいかもしれませんが、奨学金を借りることなく立派に成人し社会に貢献されている方はたくさんいらっしゃり、それこそ立派で素晴らしいことなのは当然すぎる事実です。

それを否定などしていないし、奨学金を借りた者のみが真面目でまともだなどとは一言も言っていませんが何故失礼になるのでしょうか?

ユーザーID:7403272943
トピ主です 50代男様
さき(トピ主)
2016年7月21日 17:40

50代男様

レスありがとうございます。
一口に「世間」といっても様々でその属性ひいては座標軸により「世論」も形を変えることを改めて認識いたしました。

小町は最近知り、女性中心ですが参加層のレンジが幅広いと感じ、また編集部の検閲を受けることで書きなぐりの掲示板より役立つと思い投稿いたしました。

どんな階層のご意見もないがしろにすべきではないですが、仰るように母集団が第一線で働く人々ばかりで構成されたものならまた違った傾向になったのかもしれません。
でもこちらでも社会の荒波にもまれた尊敬すべき方々のご意見も伺えて大変勉強になりました。

当初の質問時は赤心よりのものでしたが様々なご意見を拝読するうちに、またあらためて家族と話し合ううちに、私自身が情けない迷路に陥っていたのだと認識することができました。
ご心配、アドバイス頂きありがとうございます。

ユーザーID:7403272943
トピ主です  貧せずとも鈍す様
さき(トピ主)
2016年7月21日 17:43

貧せずとも鈍す様

レスありがとうございます。
そうですね、イデオロギーでもシンプルに表現すれば右左対極が存在するように物事には絶対的な真実というのはないのでしょうね。
それぞれが自分の正しいと思う道を、社会に背くことなく生きていくしかないと思います。
そういう意味では「棲み分け」というのは大切かつ必要なことですね。

ただ私は自分と180度価値観が違ってもそれが違法でない限り納得はせずとも理解に努め、徒に嫌悪感を抱く、あるいはそれを公言し揶揄するような表現を用いたりする人間にはなりたくないと思っています。

しかしながらこう書くこと自体同じ土俵かとの反省もあります。

ユーザーID:7403272943
トピ主です  めるめる様
さき(トピ主)
2016年7月21日 17:44

めるめる様

レスありがとうございます。

温かいご意見をどうもありがとうございます。
面映ゆく思います。
恐らくめるめるさんのご両親は私が、めるめるさんは娘が、お手本にしたいような方なのだと思います。
幸い娘の職場の方々は多様な価値観に許容性があり、また同じような経歴・思考方法の方が多いようなのでありがたいことだと思っています

ユーザーID:7403272943
トピ主です  匿名様
さき(トピ主)
2016年7月21日 17:45

匿名様

レスありがとうございます。
基本的にレス14に記載した娘の思考方法と同じ方なのだと拝察いたします。
そもそも論で考えればクリアできていれば何の問題もない、匿名様の仰る通りだと思います。
もちろん私でも子の結婚相手が返済見込みの怪しい借金持ちなら心穏やかでいられません。

ユーザーID:7403272943
あすか様
さき(トピ主)
2016年7月21日 17:47

あすか様

レスありがとうございます。

私は素直に学費が出せる経済力ではなかったと言えますよ、それが真実ですから。
マウンティングなんて思ってもおりません。

そして奨学金借りなくても自立している人がいるのは当たり前です。
私、ご指摘のようなこと、どこで言ってますか?

また高卒で働かれた方が大卒より平均4年も早く自立されることは立派で崇高なことです。
でものちの自立や社会貢献のために更に学ぼうとすることと対比して考える問題ではなくはないですか?
高卒だろうが大卒だろうが、在学中に奨学金の貸与を受けようが受けまいが、社会に貢献する人もできない人も入り乱れていますよ。
前提条件の整わないカテゴライズは無意味だと思います。

ユーザーID:7403272943
トピ主です シークヮーサー様 あきれた様
さき(トピ主)
2016年7月21日 17:49

シークヮーサー様

レスありがとうございます。
ご指摘の批判内容については多数の皆さんから賛否両論出ていて、私が長文レスで経緯の説明をしていますのでご参照ください。
その上でまた新たなご批判を頂きましたらと思います。



あきれた様

レスありがとうございます。
ご指摘の内容はトピ主レス11に心情とお詫びを記載しております。
お読みいただいた上での重ねてのご批判なら真摯に拝受いたします。

ユーザーID:7403272943
 
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(30)ほかのレスも表示

現在位置は
です