現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

奨学金 周囲には内緒にして一括返済した方がいいですか?

さき
2016年7月10日 9:39
トピ主のレスのみ
レス数:30本
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(30)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です  ケロコ様
さき(トピ主)
2016年7月21日 18:00

レスありがとうございます。
私はケロコ様のレスを拝読し大変ご立派でまさにお手本にしたい方だと思っていましたので、私の長文レスをお読みになり再度レスが頂けて嬉しく思います。
長くなりますがお付き合い下さいませ。

個人の道徳観や倫理観、確かに仰ることに賛同は致します。
ただそれも程度問題と思っています。
拙宅の経済状況、娘の海外旅行の状況について真実を説明してもケロコ様はどうかわかりませんがここの多くの方からは曲解を含む解釈しかして頂けないと思いますので自業自得として釈明はいたしません。

ご質問の答えですがものすごく単純な動機が輻輳しています。
1 恩師から何の衒いもなく勧めて頂き条件に合致するので疑問を持たなかった
2 有意な人材育成のための税金なのでのちに社会貢献すれば許されると思った(しなければいけないと思った)
3 平均より多額の学業資金が必要な専門分野だった
4 親が貸した(貸せた)としたらずるずるになるかと思った
5 当時は今より余裕がなく、借りられれば楽だと思った
6 もともと親が100%出資する考え方ではなかった


続きます

ユーザーID:7403272943
トピ主です  ケロコ様  続き
さき(トピ主)
2016年7月21日 18:00

ケロコ様 続きです


責任感・義務感に関しては2、自立感に関して言えば6が大きいと思います。
他人様のご批判はどうあれ、貸与を受けたことで子はそれを継続認定して頂くための学業の励行(成績の保持)、親子共には将来に亘っての国家(政府ではなく日本国家)に対する責任感や義務感が一層強くなったことは事実です。
責められるべきの第一は4ですね。
これは親子の努力でどうとでもなることですし、仮にずるずるになっても学費ということで贈与税脱税対象にもなりませんので。

可能な限り正直に書きましたがこれでご質問の回答になっていますでしょうか?

ユーザーID:7403272943
トピ主です  なつこ様
さき(トピ主)
2016年7月21日 18:07

なつこさん

レスありがとうございます。

恐れ入りますが私のレス13の返済に対する考え方のどこをどう読めばそういうお言葉になるのでしょうか?

それにいくら当方がトピ立てしてご回答を求めた立場だとしても、事実に反したご批判と、更には屁理屈という言い方はいかがなものでしょうか。

皆様からレスを頂くことには感謝しておりますが謂れのないお言葉に甘んじることは致しかねます。


他の皆様方、お目汚し失礼いたしました。

ユーザーID:7403272943
トピ主です  ゼムクリップ様
さき(トピ主)
2016年7月21日 19:31

ゼムクリップ様

レスありがとうございます。
すみません、順番が前後してしまいました。

引用された箇所は私のものではないですがお礼かたがたご返信いたします。

貴文の前半部分はまことにもっともなことだと思います。
奨学金に限らず人間は他人より血税を多く使わせて頂くことはままあります。
本人がそれを意識し有難く思い、社会に貢献という形の恩返しを行うことは必要ですね。
その点において私の言及が不完全だったことは率直に認め反省いたします。

ただ後半部分は真面目に返済してさらにきちんと社会貢献している人間から見たら想定外の現実なので、頭で理解はできますがそれを自分に置き換えたり反省しろと言われたりしてもなかなか難しく感じるのではないでしょうか。
ゼムクリップさんが反省しろと仰ってるというわけではないですよ、あくまで一般論です。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 27 息子に学費を貸した母様 その他の皆様
さき(トピ主)
2016年7月22日 7:44

レスありがとうございます。

息子に学費を貸した母様へのご返信を兼ねてご批判いただく皆様にもまとめてのご返信とさせていただきます。
息子に学費を貸した母様、回答が汎用的になることをお許しください。

トピを立てる時ってプロの文筆家でもない限り誰しもが最初は漠然と自分本位の表現方法を用いて、アッこれが誤解を招いた、この書き方は間違っていたと気付き、改め、また他人様のご意見を拝読するうちに自分の考えが整理されてくるものではないのでしょうか?
あなた様はトピ立てに当たっては熟考に熟考を重ねて何の遺漏も言葉の選択の間違いも犯すべきではなく、最後の最後まで間違いを訂正することは許されないとお考えでしょうか?

当時の状況はトピ主レス7でご説明したつもりですがまだ足りませんか?
「当時捻出した金額に更に奨学金分を借りずに済ませられたかというと正確に正直に言えば余裕はないにしても何とかなったという程度です。」と書いていますがもちろんお読み頂いた上でのことですよね?
書き方が稚拙だったのでその点も含め、不要な現状記載をしてしまったこと併せて何度もお詫びや訂正も書いています。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 28 息子に学費を貸した母様 その他の皆様
さき(トピ主)
2016年7月22日 7:44

何度も書きますが貸与当時の私どもの経済状態の収入は基準限度内です。
これは勤務先から頂く証明書によるものなので不正の犯しようもありません。

次にローンはありませんでした、身分不相応な借金は嫌いですから。
でもそう書くとじゃあ奨学金も借金なのでは?と返されるでしょうが、私はこのトピで一定の方が仰る「良い借金、悪い借金」は区別して考えています。

次は貯蓄ですね。
これは7に書いたことがすべてです。
つまり幾ばくかの貯えはあり、それをすべて使えば何とかなったとは思います。
しかし不意の病や何らかのトラブルに備え少々は手元に置いておきたいのが人情ではないですか?

あの貯金を全て使えば全額出せたという記憶から「大学や院も学費・生活費、全部親負担も可能でした」と馬鹿正直に書きました。
それは私の説明能力の欠如で他人様には違うイメージを与えてしまったし、当初のトピ文に不備が多々あることも認めてお詫び説明を繰り返していますが訂正は一切お許し頂けないのでしょうか?

ユーザーID:7403272943
トピ主です 29 息子に学費を貸した母様 その他の皆様
さき(トピ主)
2016年7月22日 7:44

>トピ主さんはお嬢さんが大学に入学時、一種申請条件の年収額は満たしていたものの、
>学費、生活費、全部負担可能な資産がおありだったのですか?
>それとも、それらを出せる経済力ではなかったのが真実ですか?

上記を選択する場合1円の誤差も許されませんか?
アクシデントに備えるための貯金さえ使い果たせば何とかなった⇒前者
アクシデントに備えるための貯金すらない場合のみ⇒後者
こういうことなら私どもは前者です。
ただし余裕が有り余って全額出費に何の痛痒も感じないというのなら違います。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 30 息子に学費を貸した母様 その他の皆様
さき(トピ主)
2016年7月22日 7:44

ご批判を受けている海外旅行、これも欧米やリゾートを訪ねたというイメージしかないようですね、今となっては当たり前だとわかります。
でも何方かが書いて下さった激安海外ツァーだってあります。
裕福ではないけれど人並みの生活はできていたことが言いたかったのですが、そう書くとまた激安ツァーをわざわざ海外旅行と書くなんてみじめな自慢とか書かれるのでしょう。
激安とか国名を書くと失礼になる場合も考慮して一般用語を使いましたがそもそも海外と書くべきではなかったです。
ただ奨学金を希望する家庭は1人数万円の旅行も行ってはいけないとまではお考えではないですよね?

ユーザーID:7403272943
トピ主です 31 息子に学費を貸した母様 その他の皆様
さき(トピ主)
2016年7月22日 7:45

逆にあなた様に質問ですが、

>もし、トピ文の記述が真実ではないのなら、こういう掲示板で事実とは異なること、
>つまり嘘を書いて、その上でみなさんの意見を募るトピ主さんの姿勢を不誠実と感じ、
>嫌悪感を覚える人も少なくないと思います。

こういうことを書く方全員に質問なんですが、匿名掲示板で相談事に嘘を書いてご意見を募ってトピ主に何の得があるのでしょうか?
そこが私には何とも不思議で理解できません。
リアル世界なら自慢や虚言、それもしたい人もいらっしゃるでしょうが、掲示板だけのお付合いなのに何の必要がありますか?
私の主義主張に嫌悪感を感じることは結構、また不正を犯したのではという疑念も遺憾ですがありがち、ただ記載内容が虚偽と思われるのは驚きです。
ぜひご教示ください。


息子に学費を貸した母様
あなた様へのレスを利用して不特定多数のご批判に応える形式にしてしまったことを改めてお詫びいたします。
あなた様と多用してしまいましたが私としては不特定多数の方にも対するつもりであったことを申し添えます。
申し訳ありませんでした。

ユーザーID:7403272943
トピ主です 32 息子に学費を貸した母様 その他の皆様
さき(トピ主)
2016年7月22日 7:45

私はあまり他人様の言動の裏読みや悪意の解釈はしない(できない)凡庸で無頓着な人間で、周囲もそんな雰囲気でお付き合いも節度ありうまく行っていますが、こういうのが社会的愚者なのだと思い知りました。
もうご批判の多くが予想を超えていたので全ては「社会的愚者の自業自得」と書きました。
そして私の不徳は私の責任ですから状況の加筆修正も致しました。
その前のご批判はすべてありがたく甘んじてお受けいたします。

でも私なりに誠意を尽くした説明をろくに読まずに何度も同じことを思いつくままに、あるいは前後の文脈を無視して単なる一文を取り上げ意図的な悪意を持って書いて来られる方が少なからずいらっしゃいます。
それならトピを立てるな、甘えるなといわれるでしょうが、トピ立てとはそういうものなのでしょうか?
議論や発言は相手の言い分をすべて聞きいたうえで、また新たな状況は織り込んだうえでなされるものだと思っていましたがどうやらトピ主のレスをすべて読んで頂ける、賛否はともかく状況の刷新はなされると思うことが傲慢なのですね。

奨学金問題から飛んで良い勉強になりました。

ユーザーID:7403272943
 
最初へ 前へ 1 2 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(30)ほかのレスも表示

現在位置は
です