• ホーム
  • 話題
  • 「全国大学生」の「自宅通学の割合と奨学金」

「全国大学生」の「自宅通学の割合と奨学金」

レス97
(トピ主12
お気に入り101

生活・身近な話題

霧の朝

昨日テレビで興味深い番組を観ました。「全国大学生の自宅通学の割合」

皆さまはどの位だと思いますか?

私は20パーセントくらいだと思っていましたが、何と55パーセント。

この結果を観て本当に驚きました。なにせ、私の子および親戚では自宅通学は0パーセントですから。

田舎故地元に国公立大・有名私大がありませんので、当然自宅外通学となります。子供3人いれば3人とも自宅外通学となります。

例えば私立理系に進んだ場合授業料だけで4年間600万円、大学院2年間300万円・・計・900万円×3人=2700万円
アパート代・生活費・・月10万円仕送り・・年間120万×6年×3人=2160万

上記だけで4860万・・他に本代・引っ越し代・入学字納入金等を含めますと5000万円を超えます。

今まで奨学金を巡るトピで「18年あったのだから子の学費を貯められたはず」というレスが多く、もやもやしていました。
「自宅通学なら可」でも「自宅外通学」では奨学金利用も致仕方がない現実という気がします。

「奨学金制度」は学びたくても経済的に貧しく学べない子にとっては福音です。

ユーザーID:2347966684

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数97

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そんなものかも

    首都圏に住んでいるので
    公立中学の同級生100人ぐらいで自宅外の大学へ通っているのは
    うちの子ももうひとりだけです
    ふたりとも国立大理系です
    国立大しか選択肢がない子で多浪している子もいます

    そりゃあね、私大も受けたいのはわかりますよ
    でも家から通える私大がなかったら
    国立大を受けるのは鉄則だと思いますよ
    うちは生活費がやすいところなので仕送りは月家賃込みで7万です
    奨学金は利用していません


    奨学金利用は別にわるくない
    どんな家庭もそれを用意できるとは思わないですから
    ただ金額と、卒業後の展望でしょう
    私大理系で4000万かかるとかそれを選ぶ価値があるのかまず
    立ち止まって考えるべきでは?

    学ぶのは通信制大学でも
    夜間大学もある
    働きながら好きな文系の講座に聴講生として通って論文を書いて認められた人も
    いますよ


    奨学金は福音、かもしれないけれど
    落とし穴でもあると思います

    ユーザーID:1685293726

  • 事情は人それぞれですよね。

    自宅から通える、通えないの差は大きいですよね。

    国立大に行けばよいという人もいますけど、地元にないと生活費が別にかかるし、仮に地元にあっても高い能力の子供だと地元の国立大では物足りないって場合もありますしね。理系だとバイト出来ないほど忙しい学部もありますし。二重生活のような環境になるので、ある程度の家庭収入があっても自宅外だと大変だと思います。

    私個人として、奨学金は有りだと思っています。うちも地元に国立大がないので勉強を頑張って国立大に行けても生活費がかかります。そうなれば奨学金を借りるかもしれません。ただ、私は子供に大学に行って欲しいと思っているので、もし奨学金を借りたら卒業後は親である自分が返して行きたいと思っています。子供にお金がかからなくなるのでその分を返済に回せたらと思っています。あくまで私個人の考えですけどね。

    ユーザーID:9381695393

  • 大学だけが学びの場ではない

    大学へ行くことだけが学びであると考えれば、大学へ行かないと学べないという発想になるのでしょう。これでは人生が偏差値に支配されるかのようです。

    何のために学ぶのかと言えば、大人になって生きて行くためでしょう。そのためには、大学だけではなく、人生の色々な選択肢の中から、自分の「分」に応じた学び(知育・徳育・体育)を視野に入れることです。

    少なくとも親が住んでいる場所では、親が生きることが出来ているのです。その生き方を否定すれば選択肢は狭まり、お金がかかる方法に進んでしまうだけです。親自身が自分の生き方に満足できていないから、子は親の生き方を受け取れなくなるのでしょう。

    奨学金制度を云々するよりも、親自身の生き方を先に問うべきではないでしょうか。そこから、子供は自分の進路を、覚悟を持って決めることが出来るのです。そうすれば奨学金も覚悟を持って借りることが出来るというものです。

    ユーザーID:3904905618

  • 奨学金と呼ぶ、大金の借金

    >「奨学金制度」は学びたくても経済的に貧しく学べない子にとっては福音です。
    しかし、借金です。
    経済的に貧しく学べない子にとって、この借金は重すぎます。

    最近「奨学金の返済が1千万円あります」のトピを見て、返済できるわけ無いだろう、と思ったのです。
    きちんと就職しても、年収3百万円程度で暮らして、1千万円の借金は地獄です。

    私は学生時代に思っていました。
    ・優秀な人材で、選ばれた人が奨学金をもらえる
    ・おれは奨学金もらえないのは仕方がない
    ・親父は収入が良いから奨学金はもらえない
    ところが奨学金は貰えるのでなく、借りるのですね。最近まで知らなかったことです。
    20歳前後の若い人、奨学金と呼ぶ大金の借金は避けて欲しい。
    お金がないなら大学に行けない。これは仕方がない。

    ユーザーID:6349529799

  • 一概には言えない。

    例えば農業や酪農、旅館の経営など、代々その土地で受け継いできたものがある人にとっては確かに厳しいでしょう。簡単に稼業を手放すのは簡単にできないでしょうし。

    でも、中には家賃の安さや子供の為にと自然の多い環境を選んで引越しする世帯もありますよね。そういう人たちが「大学生になって一人暮らしをさせるのは大変」というのは違うのでは。離婚して子連れで田舎に出戻ってきて、厳しいというのも違うのでは。

    すべてのケースをひとくくりにはできないです。

    ユーザーID:1932722567

  • 18年のその前に・・

    だからこそ、「3人目は欲しいけど経済的にちょっと無理」とか「ひとりっこで精いっぱい」と子作りをあきらめる人も大勢いるのですよ。
    計画的な貯金の前に、計画的な家族計画が必要だったということですね。
    子供にある程度の借金を背負わす覚悟なら、欲しいだけの人数産んでもやっていけるのかもしれませんね。
    少子化になるはずです。多くの人が、子供には満足に教育を受けさせたいと思っているので。

    ユーザーID:5568387862

  • 地方国立も自宅通学外が少数派です…

    地方国立は、全国都道府県に最低1大学ずつあったと思いますが…
    当然、県庁所在地か地方の中核都市にあるので、その県の人工の多くは大学通学圏です。車通学の条件は付きますが。
    逆を言うと、都市部でない辺境地域に一族全員お住まいだとそういうこともあると思いますが、トピ主さんのような通学環境の親子は生憎少数派です。

    あと、子供3人全員進学も不自然です。大学進学率は60%以下ですし、全員理系に行くわけでなく、文系でも法律、経済、教育分野といった実務系進学がそれなりにあります。
    平均的に計算するなら、理系1人私立、文系1人、高卒ないし専門卒1人ですよ。
    だから、貯められたはず、という主張もそれなりに見当外れではないと思いますよ。国立の学寮入れたらもっと安いし。

    ユーザーID:6093398899

  • 東京の私立理系ならそんなものでしょう

    だから国立大を目指せば良いのです。
    どの県にも国公立大学はあるだろうし、地元でも下宿なら別の県の国公立大学でも構わないでしょう。

    それだけで授業料は半額以下になります。

    アパート代も都内より地方の方が安いです。

    それに国立なら本当に貧しければ授業料全額半額免除もあります。これこそ真の給付型奨学金でしょう。

    奨学金を借りざるを得ないとしても、額を減らす方法は考えたほうが、後々楽になりますよ。

    ただし私立に比べて受験科目が多いから満遍なく勉強ができる必要はありますね。

    ユーザーID:3336683104

  • 子供が選べばいいこと

    >今まで奨学金を巡るトピで「18年あったのだから子の学費を貯められたはず」というレスが多く、もやもやしていました。

    私は学費を貯められたはず派です。

    >「自宅通学なら可」でも「自宅外通学」では奨学金利用も致仕方がない現実という気がします

    そうだと思います。

    自宅通学にするか、自宅外にするかは子供自身に決めさせたらいいだけのこと。
    私も地方に住んでいました。
    親から自宅通学じゃなかったら学費は出さないといわれたので、じゃ、自宅通学で、と答えた子供です。

    2時間くらいかけて通っていました。

    あとはレベルの問題ですが、奨学金を借りてまで行きたい大学があれば借りていけばいいじゃないですか。優秀なんでしょうから、就職すれば短期間で返せると思いますよ。そういう覚悟でいきたいというのですから。

    トピ主さんの場合は奨学金の本来の使い方だと思います。

    今わが子は自宅から通える大学がたくさんあります。

    親が都会に住んでいたらなぁと思うことはありますけどね。

    ユーザーID:4837753447

  • おっしゃることわかります

    小町で議論されるのは首都圏の事情ですよね。
    私も子どもが3人いて、地方に住んでいます。違うのは自宅から通える国立があったということです。(大学とは限らない)
    どんなに頑張っても5000万円貯めるのは夢物語です。所得制限にひっかかって、奨学金も借りられなかったので、国立に行くか地元の短大に行くかと迫って(全員娘なので)、何とか全員地元の国立に行ってもらいました。
    子どもたちのお友達はほとんど奨学金を借りて、県外の国立大学に行きました。高校3年になったらすぐ、奨学金の予約をするように、学校から指導がありましたよ。

    ユーザーID:7630008923

  • 私立理系は贅沢。

    >例えば私立理系に進んだ場合授業料だけで4年間600万円、
    >大学院2年間300万円・・計・900万円×3人=2700万円
    >アパート代・生活費・・月10万円仕送り・・年間120万×6年×3人=2160万
    経済的に貧しく学べない子・・の割には贅沢しすぎでは?
    理系なら私立ではなく国公立を目指せば良いし、私立なら文系限定かな。
    親が一般的なサラリーマンだったら、多少の経済観念のある子は最初から
    私立理系なんて狙わないですよ。

    下の子は上の子の住むアパートから通える大学へ行けばアパート代は
    節約できます。
    国立大に行きましたけど、貧しい子は大学の寮・兄弟で住む・仲良しの友達と
    ルームシェアするなどして大学に通っていましたよ。

    引っ越しも自分で箱詰めすれば、往復10万でおつりがきますよ。
    業者に丸投げすると片道30万かかることもあるらしいですが。

    ユーザーID:1082200592

  • 地方から都会に出ると倍かかる

    私もつい最近まで大学生の半数が奨学金とは知りませんでした。
    よく考えれば、地方は所得水準が年々低くなり自力の大学進学は困難です。所得が低い知人の子も100キロを通っていたのもいれば、お金がある知人は、高校から子供と母親だけ都市圏に移り住み都会の学校に行かせているのもいます。
    都市圏在住者は自宅ばかりで、就職しても自宅からです。

    地方在住者は地元で家を建てても建築費もローンも都会と同じだけかかり、子の進学や就職で結局家賃負担や奨学金負担をすることになり倍のお金がかかります。
    都会に出て家を建て家族を持ったものは、田舎在住と比べ土地購入負担分と大学費が余計にかかっていますが、子の家賃が要らないし仕事も企業も多く所得も高く就職活動も電車賃だけで済みコストがかからないのです。

    もし子が仕事辞めて働く先が無ければアパート引き払って親元地元に戻るしかなくなります。だから地方は親元地元でバイトする人も多く何処の家も大家族ガ多いです。

    ユーザーID:1634079389

  • 見てました

    どの地域にお住まいかがわかりませんが、0%ってすごいですね。


    平成26年度の日本学生支援機構の概要によると
    参考として、大学学部(昼間)の自宅通学率
    国立 31.3%
    公立 39.4%
    私立 63.3%


    別の資料によると大学のうち私立は76.7%なので、
    だいたいその位になるようですね。

    トピ主さんの例の3人とも理系で院で自宅外で。というのは
    かなりのレアケースになると思います。


    20年程前に関西の大学に通ってましたが、
    自宅から通っている人多かったですよ。
    半分よりもっと多かったです。


    海外では給付型も多いそうなので、
    日本でも給付型の奨学金が増えるといいですね。

    うちのアホ一人息子は入れるところあるかしら・・・

    ユーザーID:3635946483

  • 貯めましたが…

    自分が通った大学の学費が、いまや当時の3〜4倍になってます。
    完全な想定外でしたよ。

    学資保険は子供が小さい時に始めますよね。
    その時は学費はこのぐらいで十分と思っていました。
    それなのに子供の成長より、
    学費が上がるスピードの方がずっと速いんですから。

    貯められるなんて、
    簡単なことを言わないでほしいです。

    子供二人、私大に行かせようと思ったら、
    サラリーマンの給料では無理です。
    どう計算して、節約しても、
    住宅ローンの支払い、老後の蓄えなんて
    同時にできないですよ。

    ユーザーID:0561013997

  • おっしゃる通り

    田舎でのびのび子育てという選択肢を引っ越してまで選ぼう
    または、地方の地元に帰って(帰らざるを得ないのではなく)暮らそうと思う人って
    子供達の大学教育まできちんと考慮してるのかなと心配に思います。

    小さい頃はそれもいいかもしれませんが
    後々のことを考えると、とても決心がつきません。
    人それぞれだとは重々承知ですが、うちの場合は。

    たとえ、大学が無償化になっても(あるいは給付奨学金、授業料無料の特待生)
    家賃生活費等は相当額だと思います。

    ユーザーID:8774243898

  • 同意しますが、付け加えます

     付け加えたいのは、その金額をかけて進学するだけの価値のある子供か?大学か?ということです。価値があるというと語弊がありますが、勉学だけが子どもの価値ではないと思うからです。職人や技能者になる資質のほうがあるのに、無駄に大学に行ってませんか?それで借金作って、学力という同じ土俵で一流大学の学生としのぎを削って、何の得があるというのでしょうか?
     その辺を親も子も考えてほしいものです。私は職人を必要とする企業の経営者ですが、職人として大卒は使えねえ!と思っています。私の会社では、管理職や経営陣にわずかの大卒で十分なので。

    ユーザーID:3816513668

  • 地方は大学進学率自体低いですよね

    自宅通学多いですね、私もトピを読んで驚きました。
    うちの近所には、ぎりぎりで通学可能な大学が公立一つ、私立一つでした。
    でも私立は新設1期目でした。あとは私立女子短大があったのかな。

    こんな感じなので、大学進学者の数も少ないし、大学進学するに
    一人暮らしは必須。もしくは地元の専門学校に進学する人も
    多かったです。

    そんな事情もあり、私は地元へは帰らず、大都市部に住むことを
    選びました。家から通える範囲に国公立、私学の大学がたくさんあるし
    子供にはなるべく家から通える国公立に進学してほしい、親が準備する
    貯金で学費、生活費を賄えない環境に進学する場合は、奨学金を借りて
    ほしい、と伝えるつもりです。子供一人の高等教育費用だけで一千万円以上を
    親が準備しておくべきとは、今の雇用環境、経済環境で誰も言えないと思います。
    大学の学費だけは、なんとかして準備しておきたいとは思っています。

    ユーザーID:0702877217

  • ちょっとズレますが

    うちは4人とも院卒、全員海外なんでざっと2億円は使いました。
    しかし現地の学生は学費無料、とはいきませんが学費生活費とも奨学金が借りられ、卒後の給料によって返済を待ってもらえ(収入なしや低収入ならいつまでも返済義務なし)、返していくとしても月数千円程度です。

    うちはもちろん覚悟の上で行かせましたが、日本も奨学金返済がそれくらいゆるければいいんですけど。
    そして私の周りの日本の大学に通う外国人留学生は、月10万円(だいたい15万円くらいが多い)を超える返済不要の奨学金をもらっている学生ばかりです。
    なので彼らは仕送り0円、バイトもチョコっとだけで勉強に集中しながら無事卒業でき、卒後も借金は付いてきません。

    そういうの海外でもやってよー!
    と思いつつ、日本って外国人には「おもてなし?」でお金もジャンジャン使っちゃうのに、国内でがんばってる学生には無情なんだな、と悲しくなりますよね。

    ユーザーID:4854735171

  • 年収と相談するのですよ

    自宅生か自宅外かはあまり関係ないと思います。
    田舎に住んでいれば、自宅外通学になることはわかっていますから。
    30年前は自宅外なら一人1000万〜1500万と言われてましたよ。
    産む前からわかっていることです。

    普通の夫婦は家庭を持ったときに、生涯年収から逆算して、家を買ったり、子どもを何人産んで育てるかを、夫婦で話し合って計画をたてるものなのです。学費は計画的に貯めましょう、その前に子どもは計画的につくりましょう、なのです。

    とはいえ、人生、何もかも計画通りにはいきません。人生の様々なアクシデントに見舞われ、学費を十分に用意できないということは珍しくないと思います。そんな時は大いに奨学金を利用すればよいと思いますが、貸与型奨学金の利用もこれまた計画的に、なのです。

    給付型の奨学金や学生寮を各大学に増やして欲しいと思います。特に、難関大学に。優秀な学生が経済的な理由で大学に行けなかったり、生活費を稼ぐためにバイトの掛け持ちで勉強がおろそかになったりするのは国の損失だと思います。

    ユーザーID:0444421596

  • 同意

    同意です。我が家も田舎から国立大に奨学金を借りて行かせました。
    国立だと学費は年間50万ですが、生活費は100万かかります。年間計150万。
    自宅通いの3倍です。

    よく「勉強して地元の国立大に行けば?」と書いている人がいますが、都会の人って本当に世間知らずだな・・と思います。

    稚内から、網走から、北大に通えますか?
    北海道だけでしょ、じゃないですよ。地元国立に家から通えない地域はいくらでもあります。

    国立大に進学しても下宿しか選択肢がない地域に住んでいるならば、かなりの出費です。
    その事を知ったうえで、それだけのお金がかかるのはわかってたでしょ、どうして貯められないの?と言ってるのなら、言い分はわかりますが。

    貯められない物は貯められません。

    田舎の子は進学を希望したら余計にお金がかかるんですよ。
    奨学金をひとくくりにして悪く言うのは止めて下さい。

    ユーザーID:6498553012

  • 追記

    私の周り、子供の同級生でも自宅通学は0%です。
    本当に通えないんです。

    有名国立大、国公立医学部に進んだ子も多くいます。

    田舎の利点は家から近いか遠いかで大学を選ばずに済み、能力に合ったところに行けることですかね。
    どこへ進学しても下宿代は同じだけかかりますから。(首都圏はちょっと高いかな)

    ユーザーID:6498553012

  • 地方から都会に出るコストがどれだけ高いか

    まず大学費用と生活費で1000万
    地方で1000万捻出するのは大変な事。
    卒業後は絶対しっかり就職しないとすぐに生活を維持してけなくなります。

    例えそこそこの企業に入っても、一人暮らしで生活費が要るので皆と同じようにお金も使えないので出会いの機会も少なくなり結婚も遅くなる。
    家を買ったら土地からなのでとても高い。
    でも、もしそれを乗り越えれば自分の子の世代は都会暮らしになる。
    最初に出た人は大変苦労します。
    同級生でも都会に出て家を持てた人は、良い大学を出たものと事業を成功させた者だけで、後はほとんどが50になっても賃貸住まいです。頭の良し悪しではなく、その大学ランクでないとずっと同じ会社で働ける企業や公務員になれない。逆にそうでない者は転職を繰り返すしかない会社しか選べないという事をこの年になって結果が出ました。

    ユーザーID:1770589558

  • 盛り過ぎ

    三人とも私立理系も盛ってると思いますが、
    院まで想定するって盛り過ぎでしょ?


    それと自宅外通学の事情はわかりますが、それでも奨学金は福音でなく必要悪。

    正当な理由であろうと借金は借金で返さなければなりません。お子さんはその借金を返しながら自分の子供の学費は用意するか、出来なくて自分の子供にも奨学金を背負わせるか。どちらにせよ借金の先送りでしかない行為です。

    ユーザーID:2136129343

  • 親は騙されてるし、子供は甘えてる

    自宅通学でした。

    お小遣い稼ぎに地元でアルバイトをしていたのですが、月7万、夏休みは10万円前後を稼いでいました。私は少ない方で、男の子たちは103万円を超えないよう調整しながら働いていました。皆、大学まで往復3〜4時間かけて通っていましたが、それでも稼げたし、バイトにおわれて疲弊するようなこともなく、よく遊び、よく勉強し、よいところへ就職していきました。研究者、公務員、銀行員…。私はそのどれでもありませんが、男性の平均年収を上回る収入を得ています。

    一方で、大学の同級生たち。親からの仕送りに甘えて、ほとんどバイトしていなかったように思います。せいぜい月2〜3万円。サークルで遊んで、夜な夜な誰かの下宿に集まって鍋パーティして。それで「お金がない」とグダグダ。通学に時間がかからないのだからもっとバイトできるでしょうと何度思ったことか。

    それを見ていたから、貸与型の奨学金で苦労している人に、まったく同情できないんです…。

    ユーザーID:4156587490

  • まさにそうですね。

    主さんが例にあげられている子供三人私立理系+自宅外通学はレアだとは思いますが、ほぼ文面に同意します。

    よく小町では「子供が18歳になるまで何をしてた!」と拝見しますが。
    我が子に借金背負わせたい親なんているわけないじゃないですか!

    うちも息子のために蓄えた学資保険+貯蓄=600万。体調もすぐれない時も子供のために必死で働き積立てきた逸金でしたが・・・。
    自宅通学なら私立文系(余る)、私立理系、もちろん国立なら院まで6年間奨学金利用せずにいました。しかしセンター試験後大きく変わり、遠方の旧帝大に出願し合格して下宿生となった息子は今大学4年生です。

    受験費用、入学金(私立抑え校含む)2校、共済保険、学用品、生活用品、賃貸契約金、引越しとあれよあれよと150万ほど吹っ飛びました。
    以降単純に下宿費と最低生活費月10万×6年(72ケ月)=720万。
    そこへ授業料が54万×6=324万。

    4年生から学生支援機構の奨学金利用しています

    自宅か自宅外かによって大きくお金事情は変わります。

    ユーザーID:6294395916

  • も、さんの言う通り

    高校に通うもの自転車で何キロも走らなければならないような田舎出身の父は、大学に行きたかったけど、学費以外のお金がかかりすぎるのもあって断念。
    奨学金も一般的じゃなかったし。

    その分私たち2人を大学まで行かせてくれました。
    でも、大学に行かせるのは2人の予定だったので、私が生まれる前に、定員になりました。不幸にして1人亡くなったので、私がこの世に送り出され、恩恵を受けました。

    学資保険で学費が全額賄えるような金額じゃないから、友達の母親たちもパートにでていましたよ。

    友達も兄弟全員が同じ進路じゃなく、上は大卒、下は高卒というのは結構ありました。

    地元で就職すればそれでも生活できますしね。

    奨学金を借りてでも行く価値がある大学を出れば、難なく返せるでしょう。
    そういう目的のためのものですから。

    ただ、安易に子供の言いなるのではなく、親として借金することの大変さを言い含めて、みんなが借りているから借りるというのだけはやめましょう。

    今わが子が通う公立進学校の今年の卒業生は3人に2人は借りていません。公立だから家庭の事情でやむを得ない人も確実にいるうえで、この数字です。

    ユーザーID:4837753447

  • わかります

    ずっと同じことを思ってました。

    奨学金トピで、貯められたはず!と豪語する方が、自宅生を話の前提にしていると、なんかガッカリしてしまいますね。地元国立大学進学を前提にしている人も…。

    私の住む県にも国立大学がありますが、国立大学とはいえ全国的にみれば三流大学の部類だと思います(医学部除く)。県内で就職するならともかく、そうでない子は、県外の大学に出るのが普通の選択だと思います。仮に県内から通学しようと思っても、広い県だし冬は雪も結構降って電車の遅延もあるので、近くに住んでいる子でないと自宅通学は難しいと思いますね。

    私も、もう20年前ですけど奨学金を借りて県外の大学を出ました。独身のうちに返済済みです。ただそれでももちろん、奨学金だけでは足りません。当時我が家は家族の入退院が続いたこともあり、親は大変だったみたいです。

    ユーザーID:9021529651

  • 計画性が無い

    学費出せないなら、子供作るなです。

    奨学金は湧いて出るのではありません、血税です。

    借金が返せず、奨学金の踏み倒しが横行。

    甘い事言ってないで廃止でいいと思います。

    ユーザーID:9498370345

  • 大学と就職人生

    他の方も言われていますが、
    そこまでして大学にいかせて人生どうなのでしょう。
    文系でも地方から出せば1000万です。奨学金ってのは借金なので同じです。

    日本には一生辞めず勤めれる会社ってのがあり、仕事は厳しくても社会的影響力があり会社が安定してるからこそ人を使い捨てない体制がある会社です。
    その為には上位大学に入るしかない。
    今50代の周りの人、同級生らを見れば分かるとおり、結局中堅クラス大卒は皆転職人生でしたよね。それも今から15年前程から転職は非正規しかなくなりました。

    中堅がいつまでも学歴引きずって学歴に拘っても一生自分より上の大学ランクを越す事は出来ません。それどころか、高卒で技術のあるものに簡単に抜かれているではないですか。最初から職人や手に職を持つほうが得策です。
    三流大卒の同級生らは起業しているのが意外と多かったです。
    コンピューター、ネット販売、不動産、建築、卸売り、産廃、教室、インフラ工事などです。何もしなかったやつはずっと非正規で転職し、聞いたら大企業の名を得意げに言います。実際は期間雇用で、老後の金などありません。

    ユーザーID:2981741440

  • 奨学金を非難する親がわからない

    嫉妬?

    それともほめてもらいたいのかなあ。

    とぴ主様はいたって普通のことをおっしゃってます。

    私は育英会の奨学金をもらいましたが、
    私立と国立
    自宅か下宿かでそれぞれもらえる額が違いましたよ。
    そりゃあそうですよね。かかる金額が違うわけですから。
    奨学金出す側だってわかってます当然。

    文句言っている人って奨学金のことよく知らないんじゃないでしょうかねえ。

    ユーザーID:1993129978

レス求!トピ一覧