• ホーム
  • 学ぶ
  • 駄:トロンボーン弾くには絶対音感必要?

駄:トロンボーン弾くには絶対音感必要?

レス25
(トピ主1
お気に入り26

趣味・教育・教養

タンゴール

巷をにぎわせている絶対音感ですが、先日オケの演奏を聴いてて思いました。トロンボーンという楽器、穴ふさぐタイプではなく棒で気柱の長さ(?)を調節していますよね。完全アナログと思いまして、ということはトロンボーン吹く人って絶対音感があるんでしょうか?
なぜにトロンボーンに目がいったかといえば、ブラームスの交響曲第1番の4楽章で【らーーーみーーーみふぁーーーーーふぁーーそーふぁーふぁーーーみーーふぁーーーー】のところが(これまでホルンと思ってたけど)トロンボーンだったんで初めてまじまじと見てしまったのです。

ユーザーID:9733154157

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 相対音感はひつよう

    絶対音感は必要ではないですけど、
    相対音感は必要です


    チューニングで音あわせで、おなじ音が識別できる
    基本のおとからの音階が識別できれば、問題ありません

    ユーザーID:8796181873

  • いいえ

    質問の意味がわかりにくいのですが、絶対音感が必要かどうかと問われれば、いいえ、です。

    トロンボーンはスライドを伸縮させて演奏しますが、どれくらい伸縮させるかは音によって決まっています。1ポジションから7ポジションまであり、それぞれにスライドを伸ばす位置の基準があります。例えば、ドは1ポジション(スライドを一番引っ込めた状態)など。

    ちなみに、トロンボーンは管楽器なので『弾く』ではなく『吹く』です。

    ユーザーID:6352118512

  • 相対音感があればいい

    別に相対音感があればいいよ。

    ユーザーID:3822944394

  • プロになる人はみんな持っている

    私は絶対音感ないですが、中学校の時にブラバンでトロンボーン吹いてました。

    主様がどのレベルを想定しているのかわかりませんが、
    プロになる人は全員持ってますよ。絶対音感。

    ユーザーID:2633176063

  • 相対音感で大丈夫じゃないの?

    オケなら所詮周りに合わせなくちゃならないし・・・
    って私も相対音感だけでアマオケでバイオリン弾いてますが。
    普通の状況で絶対音感があって便利なのは、まったく前奏無しのソロで始めて途中から他の楽器が入る時くらいじゃないですか。
    ブラ1のあの部分で音程がずれてしまうようなら、そもそも何の楽器をやっても同じですよ。
    単に穴を押さえて音を出しているように見える管楽器でも、実際は吹く時に微妙に音程を調整しているらしいので。
    (「穴押さえてるだけじゃん」とか言ったら、管楽器の人に本気で怒られますよ)

    ユーザーID:9291357632

  • そうかな?

    トロンボーンとトランペット持ってます。
    絶対音感は、、ないです!!
    トランペットみたいに押すピストンは無いけど、
    トロンボーンも位置で音階は決まってますよ。

    ユーザーID:5159747874

  • 絶対音感がなくても問題ない

    バイオリンやチェロ、クラシックギター、三味線・・・・等々、自分で音程を作らなければならない楽器は色々ありますが、必ずしも絶対音感は必要ではありません。目視と指や腕の感覚で正しい音程を作れるからです。

    それにフルートやホルン、尺八など運指が決まっている楽器でも、息の入れ方や楽器の持ち方など様々な要素で音程の調整は可能です。(メリハリという言葉がありますが語源を調べると面白いと思います)

    オーケストラの大抵の楽器は、周りの音程に合わせて微妙に音程を調整しながら演奏しています。トロンボーンも同様で、スライドのおおよその位置は腕や手の感覚で決めますが、微妙な音程はスライドの微調整や息の使い方で調整しているのです。

    ユーザーID:1005154520

  • 無くても吹ける

    小学校・中学校でのクラブ活動にトロンボーンはありますので絶対音感は要らないと思いますよ。

    私も、トランペット・コルネット・トロンボーン・バス等吹けます。フルート・サックス・クラリネット・ピッコロ等も吹けます。

    絶対音感ありません。音符読むのも苦手です。

    ユーザーID:3196313074

  • 難しいことはわかりませんが

    親戚に吹奏楽部でトロンボーンやってる人いましたけど、絶対音感無かったですよ。
    音楽やる人全員があるもんでもなさそうです。

    ユーザーID:3750926779

  • 弾く

    楽器を弾くとは 弦が張ってあり 弓で音を出す場合 弾くといいます。
    ヴァイオリン・チェロ・コントラバス・・・
    管楽器 トランペット・トロンボーン・ホルン・テューバ・クラリネット・・・は
    マウスピースで 吹くといいます。
    トロンボーンの音を出すには 細長い管をスライドしていろいろな音を出します
    その長さの位置や吹き方によって音の高低があります。
    絶対音感は関係ありません
    但し、正確な音を出すには、耳でよく聞いて合っているかどうかです

    ユーザーID:9774206722

  • どうかなあ

    絶対音感より相対音感ではないでしょうか。家族がオケでトロンボーン吹いていますが多分。

    スライドは第1ポジションから第7ポジションまで伸び縮みしますが、ポジションごとの印や目盛りがついているわけではなく、まあこんなもんでしょ的な感じでスライドさせているようです。気温によっても管の膨張が変わるので、演奏前の全体でのチューニング、自分自身の中の(多分相対)音感、演奏中の他楽器の音をたよりに微調整しているみたいです。

    余談ですが、トロンボーンは一つのポジションで幾つかの音を出すことができます。どうやって吹き分けるのか聞いたところ、「気合だよ」「ラの音出ろ〜って思ったらラの音が出るし、ミの音出ろ〜って思ったらミの音出るんだよ」だそうです。そんなアホな、と思いましたが、やらせてもらったら本当にそうでした。
    不思議な楽器ですよね。

    ユーザーID:3093318896

  • 絶対音感、必要ありません。

    夫が長い事トロンボーンやってました。
    高校の時に全国大会も出てます・・・が絶対音感とは無縁です。


    長くやってると、
    大体の距離感が分かるって言ってましたよ。

    つまり、慣れですね。

    ユーザーID:7720640141

  • ないないない

    絶対音感は必要ありません。
    音によってポジション(スライドの位置)が決まってますもん。慣れれば勝手に手がその位置で止まるようになります。ただしハーモニーをつくる楽器なので良い相対音感が必要です。

    アナログという意味ではバイオリンなどの弦楽器のほうが大変だと思いますが、それでも演奏する上で絶対音感は必須ではありません。

    さらに言えば指使いが決まっている他の管楽器でも、その指にすれば自動的にピアノと同じ音程の音が出るわけではありません。息のスピードや角度で音程はいくらでも変わります。正しい音程で吹けるのは、地道な音階練習などの結果なのです。絶対音感は必要ありませんが、相対音感のトレーニングなしにはどんな管楽器も弦楽器も、正しい音程では演奏できません。

    むしろトロンボーンは音程の微調整が簡単なので、慣れれば他の楽器よりも簡単にいい音程で演奏できる便利な楽器です。

    ユーザーID:9676553647

  • レス

    絶対音感の定義がどうも各自でアレなので
    トピ主さんもそこはっきり提示した方がいいのですが
    それ以前の話として、
    鍵盤を叩くのも、穴を塞ぐのも、気柱を動かすのも絶対音感は必要ありません。
    楽器というのはどれもドはここレはここ、と場所が決まっているからですよ。

    そして合奏時には周囲の音に合わせる必要があります。
    同じドでも高さには幅がある為、響きが変わるのです。
    これに必要なのは既出レスの通り相対音感。相当この音感は鍛えます。
    で、その際に具体的にどうやって音を合わせるかとと言うと、
    他の吹奏楽器と同じように口で調整もしますが
    トロンボーンの場合は「気柱」で微調整できますね。
    その点他楽器よりは楽でした。

    ユーザーID:5269225507

  • そうかそうか

    ジャズのトロンボニストに、J.J.ジョンソンという抜群の歌心と、テクニックを持った人がいるから、
    一度聴いてみることをお勧めするが、その人が絶対音感を持っていたという話は聞いたことがないぜ。

    ユーザーID:9377751579

  • いらんしょ

    そんなこと言ったらコントラバスだってバイオリンだってフレットは打ってないぞ。

    ・・・意味わかるかな?

    ユーザーID:5784456982

  • レスありがとうございます。

    へえーと思うことばっかりでした。ありがとうございます。いずれにしろ、トロンボーンって、金管の中でも、最も難しそうだなって思いました。まず、手が長くないとだめだし。だから大柄の男性が多いのでしょうかね?
    弦楽器の人は、当然ながら絶対音を持っていると思っていましたが、そうでもないのですね…

    ユーザーID:9733154157

  • 2回目ですが

    私の親戚は、165cm位の男性にしては小柄なほうでしたよ。
    あと、今は高校生の吹奏楽部でも女子8割男子2割位の人数なので男女での楽器差みたいなのもなさそうですよ。

    ユーザーID:3750926779

  • 絶対音感はいりません

    ただ、きれいなメロディーと美しいハーモニーを作るために、相対音感は必要。
    それは、トロンボーンに限ったことじゃないですが。

    どんな楽器でも、自分が出している音と他に鳴っている音の関係性を即座に把握して
    「合わせる」ことのできる相対音感は必要です。

    管楽器は決まった指を押さえて息を入れたからその音が出る、という構造ではないので
    絶対音感は必ずしも必要ではないですが、相対音感は必須です。
    (基準音に対して正しい音程の音が出せる、という意味で)

    まあ、きっちり調律されたピアノや電子オルガンでソロを弾くのなら、鍵盤の位置さえ
    間違えなければ音感なくても演奏にはなるでしょうがね。

    ユーザーID:9259236015

  • そんなことを言ってたら・・・

    絶対音感なければトロンボーンが吹けないなら、世の中でトロンボーンを演奏できる人はごく少数になってしまいますよ。
    なぜなら、絶対音感持ちって、世の中に少ないからです。
    絶対音感持ちの中で音楽の演奏ができる人はそう多くない。
    その少数の人が全員トロンボーン演奏を希望するわけじゃない。

    オーケストラなどでの音合わせは、「ほかの楽器に合わせる」のであって、「自分の内にある絶対音に合わせる」わけではないのです。

    ユーザーID:9120682159

  • 二度目ですが

    確かに小柄な人にとっては一番遠くのポジションは手が届きにくいです。中学生などではスライドにひもをつけておいて、伸ばす時は放り投げるように伸ばし縮める時はひもを引っ張って縮めてくるという荒技をやっている子もいますね。

    ギネスによるとオケの中で最も難しい楽器はホルンとオーボエだそうですよ。でも私はギターの左手が全く押さえられないので、(オケの楽器じゃないけど)ギターが世界で一番難しいと思っておりますです。

    ユーザーID:3093318896

  • 絶対音感なくても大丈夫

    スライドで音程を調整するトロンボーンですが、それだけで音程が決まるわけではありません。
    唇の形や息の吹込み方、気温・湿度、など様々な要素が影響します。

    もしもスライドだけで音程がきまるのであれば、
    バルブで管の長さが決まるトランペットやホルンなどは
    一発で決まった音程を出せて、チューニングが不要になりますよね。

    実際には、トランペットやホルンも上記のように
    様々な要素で音程が変わってしまうので、チューニングが必要なのです。

    ユーザーID:9555043943

  • どの楽器が一番難しいってこたぁないよ。
    どれもそれぞれ厄介さがある。
    金管で、音程が安定せず怒られてたのはホルンがダントツだったように思うけどね。
    ホルンは、特に高音は音を安定させるのが大変みたい。まあ元々角笛だからねー。
    ボーンは音程はしっかりしてるよ。
    「後打ちなのに音大きすぎ」とか、「低音がブリっつった」ちて怒られてるのはよくあったけど。

    音取りで一番責任重大なのはオーボエだね。
    チューニングの時、オーボエのAの音が基準になるからね。

    手長話だけど、
    ボーンは、中一の小さい子なんかは、7ポジション(一番スライドを長く伸ばすポジション)のときに紐を使ってたよ。
    7ポジの位置に合わせて指とスライドに紐を括っておいて、
    7ポジの時はパッと手をスライドから離すんだ。
    んでまた素早く紐引いてスライドを手に戻す。
    …まあF管ついてるボーンなら7ポジやらなくても、Fレバー押さえりゃいいんじゃないかな。

    学年男子の中で一番小さい先輩いたけど、1年の時は紐で対応してたそうな。
    2年からはF管付きのボーン使ってた。上手なパートリーダーだったよ。

    ユーザーID:3822944394

  • サックスをやってました。



    ちなみに穴をふさぐタイプ…の楽器でも
    絶対音「ド」を出そうと思ってもふさいだだけでは出ません。その日の温度によってもピッチはくるいますし、
    チューニング音はあってても楽器の癖もあります。
    他の音を聴いて、ちょっと低めかな…と思うことはあるけれど。

    私の友人のトロンボーン奏者も絶対音感はありません。

    ユーザーID:6321909031

  • トロンボーンやってましたけど

    あまりトロンボーンに敷居が高いようなイメージを持たないで欲しいです。
    腕の長さは関係ないし、絶対音感も必要ない。
    他の楽器よりは比較的音程が安定しているので、合わせる苦労はさほどないし
    低音パートで地道に楽曲を支えながらも、誰よりもバカになって目立つ事も可能。
    実直ながらも華も持てるいい楽器なんです。

    ユーザーID:5269225507

レス求!トピ一覧