• ホーム
  • 働く
  • 自己中な人、自分の意見を主張する人の違い(長文です)

自己中な人、自分の意見を主張する人の違い(長文です)

レス6
(トピ主2
お気に入り33

キャリア・職場

みかん

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 続きです

    自分のために必死にこなして定時で上がっても残業しない=余裕がある=仕事をしていないと見なされ、仕事分担の際には声がかかります。そしてゆったりと残業をしながら仕事をする人の仕事は減り、さらに余裕を持って仕事をし、残業もしています。
    頑張った分、自分の労働環境が悪くなること、残業はしていないという理由で、なぜ快く引き受けないのかとこちらが非難され、増えた分の仕事をするにもかかわらず、渋々仕事を引き受けた=非協力的と評価される状態です。
    就業時間は時間に追われ、心の余裕がありません。仕事中に雑談ばかりする人を見ては、同じ職場なのになぜ自分にばかり仕事が振られ、何のために頑張っているのかと思い、虚しくなります。
    自分の希望の働き方として残業をしない生活をしたいのに、結局はそれが自分の首を絞めている状態です。どうすれば自己中ではなく、本当に仕事が手に余っている事を理解してもらえるのでしょうか。やはり細かい業務状態など、他人には分からないのだから、自分に無理のないペースまで落とし、昼休みも仕事は放置して残業で大変さを訴えないと分からないのでしょうか。おそらく毎日残業になると思います。

    ユーザーID:0229894574

  • トピ主です

    レスありがとうございました。
    頑張る事で自分が損をしているような気がしてしまいましたが、今回の負担分も含めて、業務全般のやり方を今一度見直す事に決めました。

    仕事に追われて心の余裕を無くさないように、無駄を省いて効率よく仕事をまわして、次回声がかかった際には暇に時間は使ってない事をしっかり説明できるようにしたいと思います。

    しばらくは無理そうですが、目標は引き続き定時で頑張ります。

    ユーザーID:0229894574

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧