• ホーム
  • ひと
  • 嫁姑問題はあるのに婿舅問題は聞かないのはなぜ

嫁姑問題はあるのに婿舅問題は聞かないのはなぜ

レス75
(トピ主0
お気に入り76

家族・友人・人間関係

たー

タイトル通りです。

世の中に嫁姑問題は数々あっても、婿舅問題というのはあまり聞いたことがありません。

不思議です。

どうしてでしょうか。

ユーザーID:5966661740

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数75

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ないことはないでしょう

    ないことはないでしょう、たまに小町に出てきます

    でも、一番には、婿、舅は、ほとんどの場合名字が違うので
    娘の配偶者は他人だと認識しやすい
    だから、近づきすぎないで済むから、トラブルが起こりにくいのでしょう

    ユーザーID:5964620217

  • レスします

    鈍感だからかも。

    嫁姑問題がなぜ起こるのかっていうと、あらを探したり、言い回しに敏感だったりってこともあると思います。

    舅は婿のだめな所に気づかず、舅が不適切な発言をしても、婿は過敏に反応せずそのまま受け取る。みたいな感じでしょうか。

    例えば舅が「娘を寂しがらせてないかね。」ッて聞いても婿は「大丈夫ですよ、毎日寄り道せず帰ってます。」って答えて終わると思います。

    嫁姑だと姑が「息子を寂しがらせてないでしょうね。」って言われたら嫁は「はぁ、大丈夫ですよ。(私だって仕事してるのにそんな暇あるかよ、ちょっとはこっちの事情考えろ)」ですね。

    ユーザーID:0389148883

  • あります

    義理父が婿養子同居です。舅が気難しくケチで、姑がかなりかばってくれたと聞きました。

    義父は口数が少なく、滅多に怒る事もなく、おとなしい性格、そういう人でないと婿は向かないでしょう。

    男はペラペラ喋らないし話さないだけで あると思います。

    ユーザーID:7295822328

  • あると思いますが、顔を合わす時間が少ないからかも

    家に嫁ぐとか言っていたからこそ、嫁と姑が、家事とか家の行事を、嫁がやるんですよね。
    家のこまごまとした風習を、嫁がおぼえなければならなかった時代から、嫁姑の勢力争いがあったんでしょうね。
    昔は、嫁の立場が、低くて、大人しくしていなければいけない時代もありました。

    ですけど、婿養子は、大切に扱うという、男性優位思想も関係していて、
    嫁の存在に比べて、婿養子は、少数派でした。


    今の時代は、嫁とか婿とかは、時代遅れで、息子さんの妻、娘さんの夫です。
    家庭では、男性どおし仲良くしているように見えますが、仕事関係のマナーが通用するのか、上下関係は、きちっとあるようにも見えます。
    本人に聞かないと、なぞもあります。

    ユーザーID:1963754775

  • 実の娘以上に大事にされる

    娘の夫。お婿さんは、

    奥さんの実家へ行くと、お酒は出るは、ご馳走はされるは、
    実の娘 (私)以上に大切にされます。

    大切にされて、ヤツ(夫)もいい気になって
    ますます、婿と舅は相思相愛の仲になっていきます。

    舅(厳しかった私の父)はおろか姑(厳しかった私の母)もです。

    私は、母に「お母さんが○×夫と結婚すれば良かったね」
    と、何度嫌みを言ったことか。

    ユーザーID:5054647162

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 簡単なことです

    夫が妻の両親と同居するケースは極めて少ないからです。

    それに加えて、夫と義父が揉めることがあっても夫は愚痴を言わないし、誰かに相談することもないからです。

    そして、義父も婿にはきついことを言わないという事情があるのでしょう。
    嫁は義母に面と向かって文句を言えないが、婿は義父であろうと言いたいことを言いますよ。

    ユーザーID:2283808733

  • まず男親は

    子供世帯にあまり執着しないからではないでしょうか。
    そして婿に対して、気を遣える。

    多分、子供のいる男性は必ず働いた経験があり、社会でもまれた経験があり、男同士で気を遣うことを普通に学んでいます。
    だから、お婿さんに対してきちんと一線引けるんじゃないでしょうか。

    それから、、、いい年した男親が、娘を恋人のように思うことってまずないです。
    でも、女親は息子のことを、恋人みたいに愛しています。
    だから、横取りしていく嫁にまず敵対心をもつことがあるのだと思います。

    そして子供の方も、父親にいつまでも世話を焼いてほしがる女子はいませんが、男子は母親の世話焼きが大好きです。
    だからです。

    ユーザーID:6891587622

  • 忙しいからです。

    嫁姑問題の解決や調整のため忙しく、それ以上の余計ないざこざを増やしたくないからでしょう。

    ユーザーID:2881824994

  • 接点が少ないから

    嫁、姑の間は連絡とりあうことが多いですけど
    婿、舅の間で連絡を取りあうことなんてほぼないからでは?
    子供夫婦にあれこれ口出すのはほぼ姑でしょう。
    ですから姑→嫁だけじゃなく、姑→婿問題というのもそれなりにあると思います。

    舅が婿に何か言う機会があるとすれば妻実家に行った場合がほとんどでしょうけど
    婿が義実家へ滞在するのは、逆の場合(嫁が義実家に滞在)より
    機会が少ないでしょうし、娘の家に遊びに行くのも
    姑一人で…というのが多い気がします。
    息子が実家に帰省する場合、嫁と子供も一緒じゃないと文句を言われることが多い
    と思いますが、娘が実家に帰省する場合、娘と子供だけで帰省することが
    多いんじゃないでしょうか。夫はお留守番。
    接する機会が少ないんだから問題もあまり起こらない。
    ということじゃないでしょうかね。
    舅が婿にわざわざ個人的に連絡して文句言うことなんてほぼないでしょう。
    何かあっても娘に伝えるんじゃ?
    でも姑って直接お嫁さんに文句言う場合が多いですよね。

    ユーザーID:5438358155

  • あるけど愚痴、悪口はペラペラ言わない

    家庭の内情をみっともないと浅慮に簡単に話さないのでは

    実父は義親に経済的にも精神的にも物凄い迷惑を掛けられましたが周りには言いませんでした
    ただ被害者ぶる様な真似はプライドが許さなかったのでしょう

    父が亡くなって初めて父が母の両親の借金数百万を返済した事を父の親族から聞きました
    その為に父は転職をしたり祖父の裁判の尻拭いをし、生活費の補填を数十年もし
    母のきょうだいの結婚費用まで出したそうです
    今なら総額数千万になると思います
    母に真偽を確かめたらへらへら笑って認めました

    父がここで相談トピを立ちあげたら良く言う
    「速攻逃げなさい」というレスが立ち並ぶでしょう

    母は義両親や義親族からいびられると四六時中文句を言っていましたが事情を知っていた父の親戚が
    腹を立てるのも当然です
    何故嫌われているか自分の都合の悪い事を母は一切言わないので私も父方の祖父母や親族を嫌っていました

    母は専業主婦で、父が気難しい専業主婦は肩身が狭いと言いながら趣味、旅行三昧でした

    なのでここでお嫁さんからの義親の愚痴、悪口は話し半分以下で聞いてます

    ユーザーID:2371195501

  • 別に不思議じゃない

    家庭の中の事を担っているのは妻だからです。
    家事育児、しているのは一般的には妻ですよね。
    それらの問題に夫はあまり関わっていません。
    だから男は第三者的な立場で見ているだけだから争いにはならないだけ。

    もし家庭内が職場のように舅と婿が中心となっている環境だったら
    問題は起こると思いますよ。

    まぁ男性の方が女性よりも他人の言動を気にしない傾向にある
    という事もあるでしょうね。

    ちなみに私の前夫の義両親との関係の場合
    私は姑よりも舅の方が問題ありで好きではなかったです。
    家庭の事に口を出すのは舅の方だったので。
    お姑さんは別に嫌いではなかったので
    私の場合は嫁舅問題でしたね。

    ユーザーID:5940850677

  • それはね

    一般的に。

    姑は嫁に
    「あなたはうちの家に入ってきた嫁で一番下っ端。
     だから私に従いなさい」

    舅は婿に
    「君は愛娘の大切な夫。だから大事に扱うよ」

    ね、全然違うでしょ?だからだと思うよ。

    嫁のことを「愛息の大切な妻だから、大事に扱おう」と
    思ってくれるお姑さんならいいけど…まあ…少ないよね。

    反対に婿養子が一般的だったら
    「君はうちの家に入ってきた婿で一番下っ端。」で
    婿舅問題ばかりになるかもしれない(笑)

    ユーザーID:1515641549

  • いないわけではないでしょうが

    問題が顕在化するほど深い付き合いを、お互いにしようとしないからでしょう。

    仕事では、分かり合えない、嫌いな人とも関わらないわけにいきませんから、
    関係が決定的に悪化することがないよう、ほどほどの距離感でドライに
    付き合うということに慣れてます。
    婿舅関係も同じだと思います。合わないなら合わないなりに距離を置けば良い
    ことだし、合うとしても、過剰に近づき過ぎると良いことがないということを
    経験的に知ってる男性が多いという事でしょう。

    勿論、そうでない男性も一定数はいます。
    ただ、自分が当事者の人間関係のトラブルを自ら喧伝するような男性は
    あまりみかけませんので、いても表に出てこないという面もあるでしょうね。

    結果、絶対数も女性同士に比べると少ない上、そのトラブルを他人に
    触れ回らないので、表に出ず、さらに少なく感じるということかと。

    男性目線からしたら、いわゆるママ友問題なんかも、男性同士だったら
    考えにくい。
    別に他所の家庭がどうだろうと気にしませんし、他人の家庭に干渉したり、
    嫉妬する男性はあまりみかけません。

    ユーザーID:3451383239

  • それは

    娘婿は、ばかでもかわいいらしい。

    嫁親は娘や孫のために我慢する。

    うちがそうです。夫はおばかですが、両親、親戚は大人の対応をしてくれます。

    嫁姑は、 大奥 です。

    ユーザーID:5649390544

  • 推測

    別のトピでもレスしましたが、

    男性は、彼女の父親に「私に娘さんをください」と言うのが(一応)の常套文句になっています。

    たとえ、この言葉を言わなくても、日本ではこの関係にあることが、ある程度常識となっているので、舅と婿の関係はうまくできるのではありませんか。

    また、どこかで聞いた話ですが、アメリカでは婿・義母関係で問題が多いとか。
    かつてのテレビドラマ「奥様は魔女」で婿のダーリンは義母にいじめられて、変な魔法をかけられてばかりでした。

    ユーザーID:7905224167

  • 少ないかもですね

    私の祖父は叔母の結婚に大反対していました。
    そのため、結婚後孫が出来ても叔母の旦那と殆ど会話しませんでしたね
    男性の場合は徹底して無視、シカトが可能なのかも

    女は年を取っても口が立つので厄介なんだと思う
    夫の祖母なんてタチが悪いです
    会話全て「孫を敬え、私たちを敬え、ありがたがれ!」
    更に「子供が出来ないのはお前のせい!」
    ウザすぎるので夫家族と疎遠です

    知人は婿養子でした
    最近、姑婿問題で離婚しました

    私の場合、夫の父親とも母親とも、全く合わないので嫁舅姑問題ですね (この表現、本当に使いたくないほど嫌悪感が強いです)
    支配欲がとてつもなく強い人達です
    「娘だと思ってやってる」「ウチの人間だと思ってやってる」……この常套句を使えば、人を支配出来ると本気で思ってる…恐怖です

    ユーザーID:1910659794

  • 感想

    嫁に比べて割合が少ない…昔の諺【米三合あれば婿いくな】嫁より難しいと言えそうですね

    ユーザーID:2800823937

  • あります

    ありますけど、聞かないですね。

    家を守る手段。女は家事、育児の主導権と取り合いになるからではないでしょうか?

    奥さんのご両親と同居の家庭は、「家の主」争いはあります。しかし、会社員の場合外にいる時間がながいのと家に帰れば家の管理は女性がするので意見のぶつかり合いは少ないのでしょうね。

    ユーザーID:4823118496

  • テリトリーの違い

    たとえ同居でも、生活のテリトリーが違う場合が殆んどだから。
    同性同士の方がライバルになり易いから。

    特に、不思議とも思いませんが。

    ユーザーID:3340050005

  • きっと

    女は不平不満を口に出す、男は言わない、人が多いから。

    そして、「嫁ぐ」という意識が根強いから。姑からすれば、「うちの」嫁。逆に「嫁に出した」以上、舅の立場であっても距離があるから。

    ユーザーID:4371349058

  • 今さらだけど・・・

    同居なら
    嫁姑は、家でいっしょの時間が長い。
    婿舅は、それぞれ外で仕事だから。

    ユーザーID:5779160234

  • 分からないんですか?

    トピ主さんは、学生さんでしょうか。
    婿舅問題もありますよ。
    うちの家庭はそれで頭を悩ませましたから。

    でも、世間では圧倒的に嫁姑問題が多いです。
    何故なら、「家の事をする人間が、女性である」と言う事に要約されます。
    また、「女性が男性の家に入る」事が、日本では現在でも多数だからです。
    つまり、接触が多くなる所に問題や摩擦が起きるものです。
    これは人間関係も科学の世界でも同じです。

    置き換えたら、男性は会社で派閥争いをしたり出世争いをしてるでしょう?
    それと同じですがな。
    社会に出れば、チョット考えをめぐらしたら分かる事です。

    ユーザーID:0333306524

  • ありますって!!

    婿取り結婚に失敗したものです。
    婿舅問題!!!ありすぎるくらいです。
    ただ、婿舅の場合は同居の場合でも通常両人とも昼間は家にいませんから、接点は少ない。
    また、なぜが妻側の両親は婿に対して遠慮がちになります。

    私の場合、子供ができて妻両親が孫フィーバーで婿に対して言いたいことを言いだしてからギクシャクしはじめ、結局離婚とあいなりました。

    たまたま近くに例がないだけで、嫁姑問題とおなじように婿舅問題は結構ころがってますよ。

    ユーザーID:7112015400

  • あるにしても

    多くは女性のように騒ぎ立てないからですかね。

    また、接点も女性に比べて少ないと思いますし。

    ユーザーID:6922456053

  • 私は聞いていましたよ

    独身時に勤めていた会社の上司、婿養子に入っていましたが、たまーに舅の愚痴言ってましたね。
    男は腹に溜めるのかな。
    うちの父は亡くなりましたが、生前、主人は私実家では上げ膳据え膳当たり前の上客状態でしたからねぇ。嫁はそういう訳にはいきません。なぜか?ご主人様を大切にもてなさないと、娘が婚家でイビられるからと母は真剣に言ってましたねぇ。
    ちなみに実家は男が上位という家でした。

    ユーザーID:4894826760

  • 姑の目は家の中に向き、舅の目は外を向いている

    嫁姑の不仲の理由の一つに、姑の思考は「息子の悪行も嫁のせい」と考えがちだと思います。

    でも舅は、娘の悪行を婿のせいなんて発想になりにくいのかな?

    そもそも、婿舅は外に仕事に出れば、接する時間は短いでしょう。
    嫁姑の時間とは比にならないかも。

    婿に無理難題を押し付ける舅は、自己中な姑よりも数は少ないでしょうし。。

    ユーザーID:9595326981

  • 接点が少ないってのは多く出そうなので

    それ以外のを。

    男性って序列にすごくこだわるかわりに、いったん決まった序列や
    考えるまでもなくわかりきってる序列には強く反発しない気がします。
    長いものに巻かれる。

    女性も同じように序列にはこだわるけど、
    序列がわかりきってるケースや、序列が決まった後でも
    納得いかなければ反発したり、序列の存在自体を否定するイメージ。
    あくまでイメージですけどね。

    多くの旦那が自分の親に強く出なくて嫁に怒られるのも
    結局そういう構図じゃないかなという気がします。
    当たり前ですが、親ってのは序列が上ですから。

    たぶんあらゆる組織で、両方が必要なんでしょうけどね。
    男ばかりだと理性を欠いて上を信じて判断力がなくなるし、
    女ばかりだと集団としての統制が取れにくくなる可能性があるし。
    たまたま婿舅問題では男性の特性がうまく作用している、というのはあるかも。

    ユーザーID:0063381770

  • 男だからです

    貴方はどちら?
    男なら、言わなくても分かるでしょうから女でしょうね。それとも若い男かな

    同じ会社勤めでも、男性社員と女性社員の仕事の仕方も違うでしょう?
    偏差があっても一般的には母集団として男性社員のほうが企業の目的を長期に目指して(短期を含めて)仕事をしています。
    一方、女性社員の多くは短期目標や日常活動が勤務目標になりますね。
    つまり多くの女性社員にとっては毎日が嫁姑の延長型なのです。

    家庭という単位では総人口が少ないために主権を取る女性(ボス)が誰なのかが嫁姑の問題点
    企業では男女にかかわらず、業績・指導力など論理的・企業的な理由で決められるのが企業トップ
    これが解っている家庭では嫁姑問題は起こりません。

    でも、結婚したばかりでも程度の差はあっても夫婦間で意見の違いはあったでしょう?
    どういうふうに折り合いをつけたのか忘れてしまったんだろうね。嫁姑相手は別に好きな相手ではなかったのだから。笑

    ユーザーID:3632291892

  • 婿に多くを望まないから

    娘の父親の多くは「婿には、まっとうな生活をして、娘と孫(いれば)を幸せにしてくれればそれで良い」と考えています。娘と孫が「夫(パパ)大好きで、生活に満足」であれば良いので、その婿が自分に対してああしろこうしろと言うまではあまり望みません。あえて言えば、冠婚葬祭など、世間並の親戚付合いさえしてくれればよいという程度でしょう。

    姑様もそんな方が増えてはきましたが、まだまだ、嫁に母の日のプレゼントを寄越せやら、息子抜きでもマメに顔見せろやら電話寄越せやら、趣味のお出かけに付き合えやら、「なぜ嫁にそこまで望む?」と言いたくなる方は根強くいるのが現実です。

    「婿が私を飲みに誘ってくれません。娘や孫と一緒に帰省はしてくれるのですが、私は男同士で2人で飲みに行きたいのに声をかけてくれません。嫌われてるのでしょうか」なんて舅さんの悩み、聞いた事がないでしょう?

    元々、多くを望まないから、不満も少ない。だから揉める可能性も低いでしょう。

    ユーザーID:9580664958

  • 一般的に

    女性のほうがあれこれ根に持つ
    話し合いで解決するのではなく、
    逃げる、避けるという方法で自己解決をする

    男性の場合、
    あまり人のことがきにならない
    気に入っているプロ野球チームが同じというだけで同志になれる
    (あくまでもたとえです)

    って感じですかね?

    職場でも女性は常に敵を探している気がしますが、
    (気に入らない人を探している?)
    男性は仕事だけ淡々としている

    ユーザーID:0406403422

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧