昆虫を素手で触れますか?

レス95
お気に入り39
トピ主のみ0

編集部

編集部

編集部です。いつもご愛読ありがとうございます。
夏休みまっただ中ですね。
子どものころ夏休みの宿題と言えば、
クラスで一人くらいは「昆虫採集」に取り組む男子がいた記憶があります。
最近は学習用ノートの表紙の写真に虫が採用されなくなるなど、
「虫が怖い」という子どもも増えているようですが…。

調査ニュースサイト「しらべぇ」では、
全国の20〜60代の男女1376人を対象に、昆虫に関する調査を実施しました。

「昆虫に触れる」と回答した人は全体で35.9%。
男性で45.9%、女性では25.8%だったそうです。

男性では年代によって大きな差があり、
60代は6割以上が「触れる」と回答したのに対し、20代は25%にも届きませんでした。
■しらべぇの記事はこちら⇒
虫を触れない20代男性は8割に迫る 若者の昆虫離れが深刻

ユーザーの皆さんは、虫を触れますか?
昆虫にまつわるエピソードなども、ぜひお聞かせください。

【企画協力】しらべぇ


「しらべぇ」ロゴ

ユーザーID:6901430783

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数95

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 50代男性

    タッチ可能なもの

     カマキリ、ダンゴムシ、バッタ類、カブトムシ、クワガタ、カナブン、
     蝶々、玉虫、トンボ、蟻、蝉


    タッチ不可(刺されたり、臭かったり、汚かったり)

     フンコロガシ、ゴキブリ、百足、カメムシ、蛾、蜂

    ユーザーID:9951038294

  • アラフォー女ですが

    生きていて刺さないもので成虫ならだいたい触れると思います。毛虫・青虫など幼虫は子どもの頃から苦手で、見るのも嫌。羽化直前のセミだけは大丈夫です。どうしても触れないのはゴキブリとハエ。蚊も大人になった今は素手で殺せなくなりました。それと、死んでる虫は絶対触れません。

    ユーザーID:3211763542

  • 8割方、触れます。

    30代、子持ち主婦です。

    Gと毒虫と毛虫は無理ですねー。

    それ以外はたいてい触れると思います。
    カブトムシやクワガタなどの定番は全然オッケー。
    幼虫系も大丈夫です。何種類か趣味で育ててみたし。
    蛾は素手で叩けます。

    ユーザーID:3150309071

  • 最近は限定的…

    50代男、東京都多摩地区の出身。
    子供の頃は、いわゆる昆虫類は最高の友達でした。
    蝉、飛蝗、甲虫の成虫はもちろんのこと、
    幼虫や蛹もつかまえて遊び、コレクションしていました。

    当時は近所の兄貴たちが年下の私たちに、
    安全な虫の掴み方や、毒虫の判別法を教えてくれました。

    虫の正体や習性が分かっていれば怖くありません。
    当時の子供は皆、平気で虫を掴んでいました。

    ところが、私が成長して知識が増えるにつれ、
    虫が持つ毒性、病原菌の媒介の問題や、
    掴むことによる虫へのダメージを考えるようになり、
    現在は、直接に触れないようにしています。

    蛙や家守、また、野鳥なども同様です。

    失敗談としては、幼稚園児の頃、
    鬼ヤンマを掴み損ね、指先を噛まれて大出血。
    ビービー泣いた記憶があります…
    そういえば蟷螂にもやられたことが…
    鬼蜘蛛にもやられたっけ…
    経験は宝物です。

    ユーザーID:6991931028

  • 足が多いのは

    苦手です。足は4本までが基本ですね。
    子供の頃、家の中に飛び込んでくるカナブンが怖かった!

    それを知った姉(10歳以上離れていました)が
    「男のくせに怖がってどうするの」と言って、
    捕まえたカナブンを私の服の胸の所に止まらせたのです。
    恐怖のあまり金縛り状態になりましたね。でもね、
    お陰でそれ以来、カナブンを捕まえて家の外へ出せるようになったのでした。

    それでも、足の多い生き物は苦手で、昆虫採集などやったことがありません。
    そして、還暦近くなった今でも苦手なのが、蜘蛛です。
    小さなハエ取り蜘蛛を見つけるたびに、「巨大な蜘蛛が居る」と騒いでは
    女房に馬鹿にされています。女房は蛇が苦手なのですが、私の持論。
    「蜘蛛が嫌いな人は蛇は平気。蛇が嫌いな人は蜘蛛は平気」

    ユーザーID:9897011548

  • 触れます

    カブトムシ、クワガタ、セミ、トンボ、このくらいは触れます。

    ゴキブリは触れませんが、一発撃退できます。

    わが子は保育園児だったので、散歩でよく自然と触れ合わせてもらったので、

    今、高校生ですが、

    カブトムシ、クワガタ、ダンゴムシ、昆虫じゃないけどヤモリ・・・触れます。
    が、なぜか、暴れるセミは苦手です。

    ユーザーID:4106227929

  • 30代女性 触れます

    害虫、毒虫は触りませんが、大抵の昆虫は触れます。

    昆虫、爬虫類、両生類、甲殻類、魚類…一般的なものは実際飼育しているのもあって、普段から触っています。唯一躊躇するのはヘビやクモかな。毒があると困るので。

    今年も沢山のアゲハ蝶を羽化させ、子供と見送りました。最初は嫌がっていた子どもも、今では幼虫に頬ずりするほどに(笑)今はカブトムシの世話と、最近生まれた幼虫の観察に子供以上に熱心です。

    地方の都市部で育ったため、自然とは縁遠い子供時代でしたが、却って自然に親しむ貴重さと楽しさを両親に教わりました(というかただの両親の趣味だった)。兄がいたのも大きいかも。また、甥っ子が昆虫好きだったのも、大人になって鍛えなおされいい経験になりました。

    ユーザーID:4947426618

  • 触れます

    夫婦とも50代。
    ゴキブリ、ムカデ、蜂以外は大丈夫です。

    長男も殆ど触れます。
    次男は幼いころから触りません。
    次男の部屋にハエが入っただけで大騒ぎです。
    ハエの追い出し方とか教えてます。

    ユーザーID:7182616246

  • 絶対無理な52歳女です

    生まれも育ちも神奈川県Y市
    幼いころから虫が苦手で触れません。

    家族では
    夫(58歳)・・田舎育ちのためか、ゴキブリ以外は素手でOK
    長男(23歳)・素手では触れない虫(G、蜘蛛、セミなど)と触れる虫(カイコ、甲、バッタ)がいるが触れないが大多数
    長女(21歳)・私と同じ全部ダメ
    次男(19歳)・私と同じ全部ダメ

    ユーザーID:1732427675

  • 無理

    40代女性。
    素手で触れる昆虫はいません。
    蚊は素手でたたきますけど。

    子供の頃はカブト虫、クワガタ、蜻蛉、蝶、バッタ、蝉
    おけらもいましたね。
    全て触れました。

    今は特にセミが苦手。
    近くで鳴いているだけで鳥肌が立ちっぱなしになります。
    蜘蛛は案外平気で出来るだけ殺さずにティッシュなどで取って
    外に出してやります。
    直接触るのは全部ダメだけど怖いと感じるのはセミとカマキリだけです。
    カマキリはめっちゃ攻撃態勢に入りますよね(笑

    ちなみに昆虫ではないけどヤモリは可愛いと思います。
    でも触れません。

    ユーザーID:3019657376

  • 種類による

    1センチを超える蜘蛛、ゴキ、毛虫、ゲジゲジ、ムカデはダメです。その他は大概大丈夫です。

    ユーザーID:5169354190

  • 自動販売機の裏にはいっぱいいるよ!

    「20代男性の8割以上は触れない」より、60代以上の6割「しか」触れないことに驚愕です。
    養老孟司氏、奥本大三郎氏、池田清彦氏の対談なんかも読んでああいう年代の方は昆虫にわくわくするものと思っていたので。
    (我が家も玄関に虫取り網を置いて、いつ昆虫に出会ってもいいようにスタンバイしています(笑))

    当方40代子持ち主婦です。
    今夏休みなので毎朝昆虫採集もしていますし、家で自分で標本作りもできます。

    害虫はさすがに気持ち悪いものも多いですが、触れといわれれば触れます。
    ゴキブリも大きいのだと逆に感動しますね。
    我が家でゴキブリは見かけたことないので、わざわざ飲食店の裏路地なんかへ探しに行って大きいゴキブリを発見して喜んでいます。

    毒のあるものでももう生きてなかったら躊躇なく触れます。

    小学生の息子達は昆虫標本を抱きかかえて寝ていますし、樹脂に1匹ずつ漬けた昆虫もこっそりポケットに入れて一緒に学校へ行っています。

    今家でも生きている昆虫を50匹くらい飼っていますし、昆虫図鑑も何冊も置いています。
    昆虫図鑑はダントツ日本のものが詳しくて最高です!

    ユーザーID:6641376838

  • アレ以外なら

    そろそろ50歳です。田舎育ちなせいか、Gのつくあの虫や毛虫以外のバッタやカマキリ、コオロギにカブトムシ、クワガタやちょうちょなら素手で捕獲可能です。

    最近アマガエルを飼い始めたので生き餌の虫を触ることも多いです

    ユーザーID:4393931129

  • 30代です。

    今の季節ならカブトムシ、クワガタ、カナブン触れますよ。
    昆虫ではありませんが、多くの人はダメであろうミミズも触れますし掴めます。

    ユーザーID:1256175673

  • ほとんど大丈夫です

    23区のはずれ、緑の多い所で育ちました。(50代)

    子どもの頃は夏休みには家族で、電車に乗って「昆虫採集」に出かけてましたよ。

    クワガタを飼ったりもしました。

    ゴキちゃんももちろん平気です。
    あれを見つけると、「退治しなきゃ」とメラメラ燃えてきます。
    今の住まいがマンションなので、見かけることがなくなりましたが。。。

    そういえばハエもあまり見なくなりました。
    子どもの頃は家の中にブンブン入ってきて、ハエたたきがありましたけど。

    でも唯一苦手なのが、クモです。
    あれだけは小さいのもダメです。
    カラフルな大グモは、映像でも見たくないですね。

    ユーザーID:3209146004

  • 好きだからーっ

    闘争心丸出し毒虫チャンピオンのムカデと、『生まれは牛のフ○です!』『生ゴミです!』の不衛生な虫以外は平気です。 むしろ好きなんです!
    素晴らしい芸術作品だと思っています。
    小学生の頃、『育ててみよう!』の課題で渡された‘蚕,が歩く時のピトピトと吸い付く足の感覚と、一心不乱に餌を食べる顔が大好きでした。
    田舎の親戚の家に泊まれば、カブトムシ、カマキリ、リアルモスラな蛾が網戸に飛来。網戸に止まる為、必然的に『裏』を見る事になるので『裏の恐怖』もありません。
    カブトムシは、おやつは○ールみたいなフォルムの幼虫の頃が可愛いくて好きです。手の平で転がせます。
    ウッカリ水に落ちた虫は指を差し出し救出。
    東京に住んでいた頃、都会では珍しいセミが室内に入ってパニックを起こし大暴れ。さらにパニックを起こす男性陣を尻目に素手で保護。男性陣ドン引き。『都会の男は…』と呆れた思い出があります。
    家の中の蜘蛛は放置。
    そばに来て逃げなければ向き合って‘沢山の目,を観察します。向こうも見てます。
    不思議で可愛い昆虫が大好きです。

    ユーザーID:1226113971

  • 蝶の幼虫を育てています。もちろん毎日触ります。

    ハワイの山にに住んでいる女性です。庭に蝶の幼虫が食べる草花を植えて蝶を育てています。

    メスの蝶が飛んできて産んだ卵から幼虫(芋虫)が出てきて、葉っぱを沢山食べて大きくなります。葉っぱを食べ尽くしてぼんやりしている芋虫は、指でつまんで葉っぱの付いた木に移動させます。大きな芋虫のひんやりした感触が好きです。

    やがてサナギになります。サナギは野鳥の大好物なので、鳥に食べられないうちに枝ごと切って家の中に入れて羽化させます。羽化した蝶は、羽がしっかりしてから、はちみつを薄めた液を飲ませて、一匹ずつ丁寧に放ちます。

    天気の良い日には、私が育てた蝶が家の周りを飛び回っています。オスの大きいのはボス蝶になって、お気に入りの花を一人占めにして、他の蝶を寄せ付けません。私の姿には慣れているので、そばに行っても逃げませんし、急に雨が降ってきたりした時に、私が手で羽をつまんで軒下に雨宿りのために移動させても、平気な顔をしています。

    虫って可愛いですよ。子供の頃から弟と2人、セミ、トンボ、クワガタ、カブトムシ、蜘蛛、カマキリ、コガネムシ、コオロギなど、なんでも捕まえて虫かごに入れて楽しみました。

    ユーザーID:1093386045

  • 素手で触れます。

     40代女性です。実家が田舎なので、チョウ・セミ・トンボ・バッタ・テントウムシあたりまでは触れます。
     ダンゴムシも平気ですが、似た形のゾウリムシはダメです。見るのもダメ…。 レンガの裏にいたりするけど…。
     ただ、セミの死骸とか、孵化途中で力つきたセミとかは、見るだけで背筋が凍ります。生きているのは平気なのにね…。
     いくら田舎といっても、ゴッキーはやはりダメです…。 あと、蛾も。
     あと、春先などにまとまって飛んでる小さな虫もダメです。

    ユーザーID:2151783075

  • 無理ですねぇ…

    小学生の頃は、蟻とダンゴ虫なら触れました。

    大人になった今では無理ですね。
    蚊みたいな小さな虫なら、触っても大丈夫ですが。

    というか、なぜ昆虫を触れないといけないのか、全く理解出来ません。
    昆虫だって、突然触られたり、捕獲されたら嫌だと思うのです。

    ユーザーID:4203720846

  • ゴキブリ以外だったらOK!

    蛇もOKです!

    ユーザーID:2637511902

  • 昆虫を触れますか?

    質問の受け止め方が人によって異なりそうですね。
    例えば、テントウムシなら触れる(手の上など這わせてもいい)けど他の昆虫は一切触れない、という人は「触れる」と回答するのが正解ですか?
    でも大体の昆虫には触れないので、「触れない」と答える人もいそうですね。
    これで回答比率を比較しても、あまり意味がないように思います。

    このアンケートは実際のところ何を調査したいのでしょう?
    このトピでのレスにあるように、種によって触れるものと触れないものがある(その比率はまちまちでしょうが)、という人が大部分で、どんな昆虫でも触れる人も昆虫には一切触れない人もあまりいないと思うのですが……。

    ユーザーID:8529427759

  • 今はムリ

    40代後半女性、多摩丘陵育ちです。
    子供のころはセミ捕りや、スイカの皮を街灯の下において小さいクワガタ狙いの虫取り(実際はカナブンばっかり)程度はしましたので、そこそこ触ってました。ダンゴムシ集めも大好きで。新興住宅街でしたがまだまだ自然が残っていたので、カミキリムシを近所のおじさんがくれたり、ベランダの下の砂地にアリジゴクがいたりと今思うと結構ムシとは親しんでいましたね。

    が、それも遠い昔となった今は、もうムリ。家の中に入ってきたガガンボやカナブンでも、触れないので虫取り網でとって外に出しています。都会育ちの息子はさらにひどくて、小さいハエトリグモ(昆虫ではないけど)でも大騒ぎです。

    でも国立科学博物館で世界中の昆虫の標本を見たら、あまりの種類の多さや姿かたちのバリエーションにちょっと感動してしまいました。昆虫好きさんの気持ちやコレクターさんになる気持ちもわかるなと。中でも、プラチナコガネ!ぜひ一度生きて動いてるのを見てみたいです。

    ユーザーID:0714317896

  • それは社会的なジェンダー教育の成果です。

    昆虫にさわれない女性というのは
    いわゆる世の中の女性のイメージに会わせた女性らしさを
    躾だの教育だの世間常識だのに育てられ一抹の疑問も持たず大きくなった人なんでしょうね。

    ゴキブリが出たと大声をあげて逃げ惑う女性がいますが
    私はか弱い女よと自己アピールしているようにしか見えません。
    ま、ゴキブリに限らずイチイチぶつかっただの物を落としただの大きな声を出す女性も
    私は女、をアピールしているだけのようにしか見えません。

    同様に、信じられなーい、あり得なーい、を多発する女性も同類に見えます。

    はっきり言って、ブスほど、賢くないほどその傾向は強いと思います。
    いい年をしてお姫様ごっこは卒業しましょうね。

    勿論、男も男はこうあるべきなんてものから卒業しましょうね。

    ユーザーID:3126005879

  • もちろん触れます

    40代女性、神奈川県

    毒など害があるもの以外、幼虫も成虫も触れます。
    虫じゃありませんがトカゲもカエルもOKです。

    同年代の夫は虫など全般苦手で、こども達と虫のふれあいは私が担当しています。

    ユーザーID:8783011899

  • 平気です。

    60代です。
    ゴキブリはちょっと無理ですが基本的には
    昆虫は好きです。
    特に甲虫類はテンション上がります。

    職場の20代の男子が虫を怖がるのが不思議でしたが今は多いんですね。
    我が家の20代の息子は子供の頃はクワガタムシの飼育をしていた位なので平気です。

    ユーザーID:0032342796

  • 触れます

     ただし昆虫であっても、潰したGや毛虫は無理です。
    (芋虫はOK)

    昆虫ではないクモはOKですが、ムカデなどは無理です。

    ユーザーID:1877595463

  • かたつむりならOK

    48才 女性です。

    触れません、食器洗いのスポンジを掴んだら変な手触りと凄くイヤな予感がして・・・
    間違ってムカデを触ってしまったことがあります(涙)

    トイレットペーパーの芯の中にゴキブリがいたらしく手の甲を通って行ったこともあります。
    そんなところに隠れているなんて想像出来ませんでした。
    みなさんも気をつけてください。
    あっ、感触はムカデのほうが数倍イヤでした。

    ユーザーID:8302903931

  • む、む、む、無理

    バッタ、コオロギ、クワガタ、カブトムシ...小学生の頃は普通に触っていました。

    中一の夏、ゴキブリで恐怖体験をしてから、虫はぜんぶ見るだけで無理になりました。

    触るなんて考えられない!

    ユーザーID:9233889388

  • 今は無理

    子供の時は何の躊躇もなく、どんな昆虫でもつかんでいたと思います。
    今でもスイッチョン(ウマオイ?)に咬まれた時のあの痛さを覚えています。

    60代。
    いつごろからなのか、蚊と蟻くらいしか触れなくなりました。
    今、夫が4才の孫のためにカブトムシを飼ってますが(臭いからと返されたので)興味はあるけど、私は見てるだけです。

    ユーザーID:3718200168

  • ゴキブリと毒虫以外は

    40代女性です。
    ゴキブリと毛虫以外は、平気です。
    いもむしを手のひらに乗せて、這わせても平気です。
    爬虫類も大丈夫です。

    へびも毒がないとわかってれば大丈夫ですが、毒のあるなしはわからないので、触らないようにはしてます。観光地とかでは首に巻いてもOK。


    昆虫を触れなくても、生活に支障はないと思いますが、何が怖いのかよくわかりません。人間のほうが強いでしょう。

    ちなみに、
    子供は
    昆虫・爬虫類・魚類、全部ダメです。
    やどかりが居ると騒いで、海にも入りません。

    子供を見てると、育った環境の差ではない気がします。

    ユーザーID:4332943943

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧