現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

昆虫を素手で触れますか?

編集部
2016年8月4日 16:47

編集部です。いつもご愛読ありがとうございます。
夏休みまっただ中ですね。
子どものころ夏休みの宿題と言えば、
クラスで一人くらいは「昆虫採集」に取り組む男子がいた記憶があります。
最近は学習用ノートの表紙の写真に虫が採用されなくなるなど、
「虫が怖い」という子どもも増えているようですが…。

調査ニュースサイト「しらべぇ」では、
全国の20〜60代の男女1376人を対象に、昆虫に関する調査を実施しました。

「昆虫に触れる」と回答した人は全体で35.9%。
男性で45.9%、女性では25.8%だったそうです。

男性では年代によって大きな差があり、
60代は6割以上が「触れる」と回答したのに対し、20代は25%にも届きませんでした。
■しらべぇの記事はこちら⇒
虫を触れない20代男性は8割に迫る 若者の昆虫離れが深刻

ユーザーの皆さんは、虫を触れますか?
昆虫にまつわるエピソードなども、ぜひお聞かせください。

【企画協力】しらべぇ


「しらべぇ」ロゴ

ユーザーID:6901430783  


お気に入り登録数:39
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:95本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
昨日、台所でゴキブリを素手でつかまえた
みんなのなかへ
2016年8月27日 23:05

成仏しろよと願いながらティッシュペーパーにくるんだ、わっはっは。

ユーザーID:1786218022
「虫」と「昆虫」は違うんだけれど。
ぽち
2016年8月25日 11:57

昆虫はだいたい触れます。
ただ毛虫はダメかな。芋虫も青虫なら平気だけど、
色や模様が毒々しいのはダメ。

虫ではヤスデやムカデなどは全然だめ。
クモはハエトリグモやジグモのような種類はOKだけど、
ジョロウグモとかアシダカグモなどはダメです。
また虫となるとヒルやミミズも入ってくるかと思いますが、
これは子供の頃は平気だったけど今はダメかな。

ユーザーID:8584200106
今だって虫とりしたい
いもむし
2016年8月25日 11:40

夏がく〜れば思い出す。私は60代の女性ですがセミ取りが大好きです。我が家の庭なら誰に気兼ねも遠慮もないですが、公園で鳴いてるセミもとりたくなってしまうから困ります。甲虫類も好きです。バッタの仲間も好き。キリギリスを取るのは難しくて断念しました。秋になると、虫の鳴き声に癒されて、でも捕まえるのは容易ではありません。カブトムシにマッチ箱を引かせたり、オニヤンマに糸を付けて飛ばしたりして遊んだことを思い出します。とにかく子どもの頃は弟と朝早く雑木林に行ってカブトムシ、クワガタを取るのが楽しみでした。蛍をとって蚊帳の中に放したりもしました。名前はわからないけど、腹を上にすると体を曲げてパッとはねて元通りになる虫、色々な虫に楽しませてもらいました。
だから、虫は嫌いではありません。本当に子ども時代がなつかしい。タマムシもみられなくなってしまったし、身近に害虫が増えて虫嫌いがふえたのかしら。こんなに虫が好きな私ですが、毛虫や青虫は大嫌い。だからチョウチョもあんまり好きではありません。ゴキブリだって観察すれば面白いかもしれませんが、まぁイヤですね。あぁ、夢中で虫をとった子ども時代が懐かしい。

ユーザーID:0044721853
一部の虫だけ
kano
2016年8月20日 6:37

40代後半です。
トンボとバッタは大丈夫、あとはほぼほぼダメですね。

触るとは別ですが、ゴキブリ。
チャバネとは戦えますが、おっきい奴が出ると逃げます(笑)

ユーザーID:9641465803
「カブトムシ取って!」
にゃーご
2016年8月18日 22:53

私は保育士です。春はダンゴムシや蟻、夏はセミやカブトムシ、クワガタ、秋はバッタ、カマキリなど

子どもたちと虫取りを楽しんでます。

先日は園庭にセミの幼虫がもこもこ動いていたので子どもたちを集めて手のひらに乗せて見せ、木の幹に

逃がしてあげました。「これがセミになるんだ〜」と年長の男子が感心していましたね。

数年前の冬、「先生!カブトムシがいるから取って!」と3歳児に言われて外へ連れて行かれました。

<今冬なのにカブトムシ・・・?> と不審に思いついていくと3歳児が指差した壁にいたのは・・・

真っ黒で大きなゴキブリでした きゃ〜〜〜

「ごめんね、これはゴキブリだよ。さすがの先生もゴキブリは触れないよ」と言うと「違うよ、カブトムシだよ」と

言い張る3歳児に思わず笑ってしまい、夕方お迎えに来たお母さんに話すとお母さんも大笑いしてました。

ゴキブリや毛虫以外は大丈夫です。カマキリを捕まえて皆に見せたら「すげ〜」と言われました。

ユーザーID:4220845266
毒がなければ
ショーワ
2016年8月18日 12:42

ハチなんかは嫌です。

でもゴキブリや蝉ならば平気。
ゴキブリは飼ってます。ペットのえさとして。
だから平気。
でも飼っていないゴキブリは汚いから触りたくない(触れないではなく)

やっぱり毒があるのはいやだなー。
ゴキブリなんて毒もないし無害なのになぜそんなに嫌われるんでしょうね?

ユーザーID:3602124409
種類による
さき
2016年8月18日 12:16

害がなく、乾いたものなら触れます。
触ると腫れたり痒くなるのは近づきたくもないです。
でも、庭で毛虫に知らないうちに触れると長袖を着てても布ごしに赤く腫れあがるんですよね。
痛いし痒いし毛虫は無理。

あと、蛆などのしっとり系も苦手です。

ユーザーID:5500325195
好きだし、好かれるし
ねこむすめ
2016年8月18日 11:22

アラフィフ女性ですが、昆虫今でも大好き!
子どもの頃は男の子と虫取りばかりしてましたね。
クワガタ、カブトムシ、カマキリ、バッタ、カミキリムシ!
セミは今でも素手でつかんで捕まえることができます。

家に少し広めの庭があるのですが、昆虫がよく卵を産んでます。
外出先から帰ってきた母の頭の上で、小さい真っ白なカマキリが
「シャーッ!」と、いっちょまえにカマを振りかざしているのを
見つけた時は萌えましたよ〜。
あと、部屋に持ち込んだ植木鉢に植えつけられていた
ショウリョウバッタの卵が一斉に部屋で孵化。
カーペットの上で飛び回る40匹もの小さなバッタを捕まえまわったことも。

家にいる虫、クモはお友達ですが、ゴキブリは宿敵ですね。
ゴキブリが出たら、家族はみな私を呼びます。
「ゴ」で殺虫剤を用意、「キ」で新聞紙を丸め、「ブリ!」で一撃必殺!

ユーザーID:5633347361
私も
くらら
2016年8月18日 3:44

40代女性です。

子供の頃は平気で昆虫触ってましたねー。うちは弟よりも私の方が昆虫系好きでした。夏休みは朝早起きして近所の林の秘密のスポットにカブトムシやクワガタを捕りにいったりしましたし、セミの抜け殻のコレクションしてたりしました。あと毛虫も平気でつかまえて、腕にのせたり手すりの上で競争とかさせてたんですが、今から考えるとよくかぶれたりしなかったなーと思います。

今はあまり昆虫をみかけないので、あまり触る機会もないですね。ハエとかゴキブリとかは無理ですが、てんとう虫やカナブン、バッタ、カマキリ、トンボあたりなら平気で触れます。でもこちらの動きが鈍くて逃げられちゃうかな。

ユーザーID:5933486840
ついさっき携帯からの書き込み
BA
2016年8月17日 21:42

Gの割りと大きめのを、壁に発見!
うちにいるなんて、許されないので
素手でバチコンッ!とブッ叩き落としました。潔癖症なので、4回手洗いしました。ふう。

ユーザーID:6222745272
昆虫によります。
ルンバでサンバ
2016年8月17日 19:42

カブトムシ、クワガタ、セミ、カマキリ、バッタ、コオロギ等のいわゆる「飼育」するタイプのものでしたら触れます。
蝶やトンボも大丈夫。
子供の頃、そういうのがたくさんいる環境で育ったので。
けど、ゴキブリ、ハエ等「害虫」タイプはNGです。
それと、毛虫、ムカデ、ハチ等、触ると刺されたり咬まれたりするのもNGです。

ユーザーID:8465514258
昆虫は触れます
かっぱ
2016年8月17日 15:37

40代後半田舎生まれ田舎育ち田舎在住

アシが6本の昆虫は触れます。
幼虫はちょっと無理です

夫がダメです。セミが持てません、カブトムシもダメみたいです。
そう言えば、夫の妹達も苦手みたいですね。

ユーザーID:0750746203
昔は平気で触っていたのに・・・。
ウマズラハギ
2016年8月17日 13:47

50歳手前の男です。

情けなくも、気がついたら虫が触れなくなっていました。

昨日、子供を保育園に迎えに行き、ドアを開けた隙にアブラゼミが1匹室内に入ってしまいました。女性の保育士さんたちはさすがに苦手だろうと思い、私が捕まえることにしました。大した事ではないですし・・・。

そう、やる前は大した事じゃないと思っていたんです。

でも、いざセミに向かって手を伸ばそうとしたら、途中で固まってしまうんです。
何故だっ!? 子供のころは普通に掴んでいたではないか!!

結局、掴もうとしては廊下の反対側に飛び、また追いかけて捕まえようとしては飛び・・・。3回ぐらい繰り返して、ようやく掴まえるというよりは、逆に自分の指にセミを掴まらせてなんとか屋外に出しました。

まあ、ゴッキーのような害虫は子供のころから無理でしたが、それ以外は大丈夫なはずでした。ゴッキーに似たフナムシも、海岸で素手で捕まえては釣りの餌にしていました。
でももう今は無理です。
カブトムシやクワガタすらも触る自信がなくなりました。
それらの幼虫・・・あー、絶対無理!

ユーザーID:6860501208
種類によります
sesamin
2016年8月17日 12:46

40代女性、子供の時は田舎の祖母の家でクワガタ、カブトムシ、蝉、とんぼ、かまきり、バッタ、カナブン、コガネムシ、だんごむし、てんとうむし、蝶とりしました。今でも子供が男子なこともあり、上のような昆虫は素手で触れます。蜘蛛も素手で触れます。
しかし、ゴキブリ、ムカデ、蛾、毛虫はいまもむかしも触れません。
そういう意味では触れる種類は子供の時から変わらないかな。
しかし、博物館で特大ゴキブリに触るフェアがあり、触りました!
息子はつかんで自分の服の上を歩かせていましたが、私は触るのみ、、、。

ユーザーID:8367851417
勿論大丈夫です。
yoshi
2016年8月17日 9:34

編集部さんへ:
当方68の男です。殆どの虫は大丈夫。ただし、ムカデ以外。こいつは刺すから。ゴキブリは、手で叩てあの世行きです。
新宿・四谷の生まれですが、母が埼玉の出身で、小学生の夏休み期間は埼玉で過ごしました。多種の虫がいて、近所の子供達とよく捕まえました。セミを捕まえると、とても幸せでした。はじめゴキブリとクワガタのメスの区別が付かず、ゴキブリを捕まえて、近所の子供たちに笑われました。
四ツ谷は上智大学の土手の桜の木にセミがたくさんいます。東京の真ん中でも虫の採集には困りませんでした。
今はNYCに居住していますが、東京に比べ虫は少ないです。でも過日、テラスで、死んだトンボを見つけ、保管してあります。この年でも虫は大好き。ワクワクします。
では、よし。

ユーザーID:1930458821
向かうから寄ってきます
さくらんぼ
2016年8月16日 15:27


37歳女性。神奈川在住ですが、おとといもファミレスにはいろうとして足がゴワゴワする?と思ったら足の甲にアブラゼミがしがみついていました。
つかんでリリースしました。
気付くととんぼが服にとまっていたりもしますねー。
まぁ同じ生きものだし仲良くやりましょう。。

ユーザーID:9926168079
子供を差し置いて、率先して触る40後半女です
Popcorn
2016年8月10日 22:31

自営業の家で育ち、3歳頃から放置されていたので虫が友達でした。
蜘蛛、バッタ、あり、蝶、トンボ、カマキリ、セミ、何でもござれ!

上野動物園で、ツクツクボウシの鳴き声を
「あれは鳥の鳴き声だ」と言って譲らない外国人の夫。
捕まえて見せましたよ、ツクツクボウシ。
オーマイゴッドが出ました。
そこら辺の幼稚園の遠足で来てた子たちに
「(いい歳した)オバちゃんが蝉捕まえてる」と囲まれましたが。

昨日も見たことのない毛虫を捕まえて帰宅。
写真に撮って元に戻し、ネットで調べました。
仕事中の夫に写真を転送。
今年は見たことのなかった3種の虫を見られて
ラッキーです。

昆虫学者になれば良かったなぁ〜、と思うこの頃。

ユーザーID:1168537796
40代女性・触れます
ゆず
2016年8月9日 10:40

田舎育ちで、大人になった今でも危険な虫(ドクガ、ハチなど)以外は触れます。
育った環境の影響が大きいですよね。
ゴキブリはなんとなくイヤなので触れません(でも、いざとなったら触れると思う・・・)。
3歳の息子と虫採り楽しんでます。

ちなみに、トカゲもミミズも触れます。息子に生き物に触れる子になってほしいので、「怖くないよ、気持ち悪くないよ」と見せるために、捕まえられる時は捕まえて見せてます(ミミズはホントは気持ち悪いですが)。
ヘビはちょっとむりかな・・・。

ユーザーID:1021062480
男児とのコミュニケーションにはもってこい
ぴゃー
2016年8月8日 21:28

遠方に住んでいる幼い甥っ子に久しぶりに会いました。
こっちは覚えていても、幼児はこっちを覚えていません。

ほとんど初対面で、ちょっと微妙な雰囲気でしたが、
散歩しているときに樹の幹にセミが。
「おばちゃん、セミ取って!」
「よし!」

子供のころは田舎育ちでセミくらいなら平気なので、
手をカップにして一発でゲットして手渡したら、
「本当に取っちゃったよこの人」という顔をしつつも、
ニコニコしていました。
これで打ち解けることでできて、
「虫に触れるのもスキルのうちだなあ」と思いました。

ユーザーID:7169107355
「昆虫」でしょ?
ちゃちゃ
2016年8月8日 10:39

50代、女です。
昆虫、触れます。
子供の頃は、コオロギやセミを捕まえたり、
アリジゴクの巣に蟻を入れて捕まえたり、
蟻の巣を掘り返したり、
秋口に見つけて持ち帰ったカマキリの卵嚢に
春先大慌てしたり、
ツマグロヨコバイの羽をむしったり・・・
中学生の頃は、蝶の標本作ったり。
子供が小さい頃は、カブトムシやクワガタの世話を
なぜか私がしていたり。
ちゃんと卵から成虫に育てていましたよ。
蜘蛛やダンゴムシは昆虫じゃないですからね(触れますけど)。
今でも昆虫見つけると、テンション上がって観察しちゃいます。

ユーザーID:3129076796
 
現在位置は
です