• ホーム
  • 学ぶ
  • テレビが我が家にやって来た、の世代です。

テレビが我が家にやって来た、の世代です。

レス39
(トピ主4
お気に入り27

趣味・教育・教養

TONY(トニー)

テレビ草創期の話を語り合える方、ぜひ参加くださいまし。僕が子供の頃、テレビは手の届かない物でした。あれから約60年です。
VTRが出現、HDDが出現して、今やテレビは自分だけのものになりました。
だけど子供時代、テレビ番組は本当の一期一会だったですよね。その頃のことを話したいと思い、このトピを立ち上げることにしました。
まずは月光仮面!

ユーザーID:7250103480

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もうちょっと前の生放送時代の話も聞きたい

    1958〜59の『月光仮面』は生ではなくてフィルムなので、いまでも見ることが出来ます。
    作りかけの東京タワーなど映ってますね。
    近所の家で見ました。
    うちにTVが来たのは遅くて、その後番組の『豹の眼』の最後あたりからです。

    『ハリマオ』も実写版『鉄腕アトム』もフィルムなのでいまも見ることが出来るけど、生放送時代の話が聞きたいですね。
    電波と共に空に消え去ってしまった“生ドラマ”を見た方、いらっしゃいますか?

    TBSがKRだったときの、初の“生”時代劇『江戸の影法師』(1955〜56)を見た方なんているかしら?
    一度訊きに回ったことがあるんだけど、みなさん内容は覚えてなかった・・・。

    洋画も、1956年からの生放送版の大平透『スーパーマン』、これにも間に合わなかった。
    だから私のスーパーマンは再放送版の小林清志です。これもいまでも聴くことが出来ますね。

    話し出すときりがないので、もうやめておきますね。

    ユーザーID:7261713438

  • 嗚呼、懐かしや懐かしや

    当時、小学一年生の女の子でした。

    夢中になって観ていました。
    父にねだって買ってもらった主題歌のレコードがあり、
    未だに聴くことが可能です。

    少し前に、ファミ劇で、全話再放映したので録りましたが、
    祝十郎の大瀬康一さん、ほれぼれするような美しい男優さんで・・・

    でも、敵役との立ち回りって、あんなものだったのね。
    当時はワクワクして観ていたのよねえ。

    夜の場面は闇に溶け込んで、目を凝らしてみても見えない・・・

    それでも夢中で、食入いるように画面に見入っていたのよねえ。

    あの有名な主題歌は、最初からではなく、途中からオープニング曲として
    入ってきていましたね。

    どこぞの球団の前奏は、あれをつかっていますよね。

    それにしても懐かしい、嬉しいトピをありがとうございます。

    女の子だけど、月光仮面以外のものも殆ど観ています。
    レコードもね。

    皆さまのレスが愉しみです。

    ユーザーID:6416266126

  • 懐かしいです!

    昭和もちょうど中頃でしたね。

    わたしがよく覚えているのがやっぱり月光仮面です。それと名犬ラッシー。
    月光仮面は夕方、兄弟や近所の子たちと近くの理髪店さんのを外から見ていましたよ。

    うちではなかなかTVを買ってくれませんでした。

    あと、歩いて7,8分の従兄弟の家に行って見せてもらっていました。
    そこのおばさんがとても優しい人だった、いい思い出です。

    ユーザーID:6436991349

  • 懐かしいですね〜

    私が小学校3、4年生の頃までは、部落に三台ほどしかなく土曜日曜と時間を決めて見せてもらっていました。(縁側にテレビを持ってきてもらって)  たしかに月光仮面も見た記憶あります。他に思い出すと言えば、 怪傑ハリマオ 七色仮面 風小僧 隠密剣士 タイトルは忘れましたが、千葉真一が出ていたのも記憶にあります
      昔、昔の大昔の懐かしい思い出ですね、戻れるものなら一度だけ戻ってみたいですね〜。

    ユーザーID:9350031086

  • 白黒テレビあるある

    昔のテレビは真空管だった為、スイッチを入れてからけっこう時間がかかったので、見たい番組の5分間以上前にテレビを付けなくてはならなかった。 テレビには緞帳がかかっていた。 チャンネル争いを回避するために、チャンネルを取り外して隠すと、ペンチでチャンネルを回された。 番組では確かに、川内康範先生の作品が多かったですね。月光仮面、七色仮面、アラーの使者、カラーになってからのレインボーマン、コンドールマン等々。でも私が夢中になって見ていたのは、実写版の鉄腕アトムと鉄人28号でした。

    ユーザーID:0237230957

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 我が家は昭和36年でした

    中学1年生の時に待ちに待ったテレビが来ました。
    目が悪くなるから(?)と画面の前に、ガラスの様な物で画面全体を覆っていましたよね。
    テレビは子供心にも夢の様な瞬間だった記憶があります。
    世界が開けた様な・・・

    赤胴鈴之助、名犬ラッシー(犬を飼うのに憧れました)、月光仮面、ジェスチャー、事件記者、逃亡者、特に気に入っていたのが、ハリマオでした。
    (確か火曜日の7時から)ミイラも怖いけど見ていました。

    今は一人1台の時代ですが、その頃は茶の間(ちゃぶ台囲んで)で皆で集まって和やか雰囲気で見ていましたね。チャンネル争いもあった様な・・・今は55型テレビで観ていますが、その頃はかなり小さなものだったですよね。

    素朴で懐かしい時代です。

    ユーザーID:9067312017

  • テレビに緞帳

    ナショナルキッド、少年ジェット
    笛吹童子、隠密剣士…
    全部の主題歌を、今でも歌えます

    最初にやって来たテレビには
    ゴブラン織のカバーが付いてました
    端の所にピロピロした房が付いているアレ

    まるで緞帳みたいに、そのカバーを
    おもむろにを上げてからスイッチを入れるの

    懐かしくって、涙出そう

    ユーザーID:2361530610

  • 近所の家で見た

    はじめは、近所の家でテレビを持っていると、見せてもらいに行きました。
    次は、自分の家にテレビがあって、近所の人が見に来ました。
    そのあとは各家庭に普及し、テレビがモノクロからカラーになっていきました。

    風呂敷を被って月光仮面ごっこをやっていました。

    ユーザーID:3645061093

  • 月光仮面ではありませんが

    私が覚えています、「テレビ草創期の話」
    秀吉が出てくる時代ドラマ(利休割腹と言う題だったような)
    でしたが、秀吉役の男優の口ひげがポロリと取れてしまったのです。
    その男優、慌ててひげを拾って口の上に付けたのですが、逆さまだったのです。

    収拾が付かなくなったのか?淀君役(多分)の女優が
    「殿、付けひげなどお取り下さい」と言って、その場を収めたのでした。
    秀吉のひげが付けひげとは知りませんでした(笑)

    それにしても、当時のテレビ・ドラマは録画じゃなかったんですね!

    ユーザーID:1543767674

  • 鉄人28号かなー

    多分昭和30年代初期だと思います。鉄腕アトム、鉄人28号、突撃マッキーバー、宇宙家族ロビンソン。力道山、プロレス、デェズニーランドなどの番組取り合いしてました。キックボクシングも出てきて、父との取り合いでしたねー。王、長嶋が出てきたのもその時代?岸辺のアルバムとか、朝は、おはなはん、夜は力道山かな?スパイ大作戦とか、二人のスパイが出てきたのもあったけど、題名忘れた。オリンピックでアベベと一緒に甲州街道走ったっけー。懐かしいー!

    ユーザーID:8979674582

  • 思い出してみました。

    遊星王子、月光仮面、ジャガーの眼、白馬童子、風小僧、ナショナルキッド、
    海底人ハヤブサ、少年ケニヤ、まぼろし探偵、少年ジェット、少年発明王、
    七色仮面、アラーの使者、怪傑ハリマオ、もっとあるのに思い出せない(笑)

    順不同いや一応古い放映順・・・かな?

    あ、鉄腕アトムの実写版があった。
    これ全部日本ものですね。

    昭和30年代、外国から輸入した番組と言えば、
    スーパーマン(あの自殺したジョージ・リーブズ主演)、ローンレンジャー、
    ローハイド、ララミー牧場・・・あ、そうか、さすがの私も小さかったので
    大人向きの輸入作品は、放送時間から言って見られなかったかもしれません。

    >まずは月光仮面!

    偶然ですが、1回目の放送をなんかのチャンスで最近見ることができました。
    カメラのパンの具合や進行スピードが遅く、こんな調子の30分番組じゃ
    飽きちゃうよという印象でしたが、あの当時は、それでも新鮮で
    面白かったんですよね。

    私、幼稚園の同級生の家に毎週見に行ってました。

    私んちでTVを買ったのは、昭和34年、皇太子(今上天皇)ご成婚の年です。

    ユーザーID:9963598561

  • カラーテレビが我が家にやって来た、の世代です。

    通りすがりです。
    懐かしいですね。
    白黒TVはすでにありました。父の横で白黒のコンバット見てたような。
    そしてカラーTVがの到来です。これまた、父はカラーでコンバットを
    見てました。この他、NHKでサンダーバードやってましたね。
    家電では、窓につるすエアコン。電子レンジ、これは、なかなか壊れず
    30年は使っていたような。
    大学以降はTVゲームやらパソコンでしょうか、就職してからは携帯電話。
    時のながれとともに色々思い出がありますね。
    で、白黒TVに戻ると、私は白黒アニメの鉄腕アトムですね。幼稚園の
    遠足のリュックサックに、アトムの絵があるものをたくさんのデパート
    で探して両親を困らせていたのを覚えています。

    では。

    ユーザーID:6003677741

  • 幼稚園児でした

     テレビが来たのは昭和32年頃、幼稚園児でした。 親の転勤で住居が変わったのとほぼ同時にテレビが家に来ました。 外遊びからの帰宅後、楽しみががぜん増えた記憶があります。

     テレビをつけるとややあってからテストパターンが映ったり、しばらく白黒の点がブツブツとついていました。 最初は一日中やっていなかったような気がします。 子供で時間の観念もないなりに、生活の中にテレビが組み込まれていました。

     外国番組が多く、アニメのフィリップちゃん、ルーシーショウ、ミスターエドなど。 日本のバラエティー番組も歌手のレベルが高く(米軍キャンプで歌っていた?)いきなりプロでしたから、今考えても上手だったし面白かったです。

     テレビを見るときは家族全員で見ていました。 懐かしい昭和の時代です。

    ユーザーID:3279349213

  • 暴君

    ハハ…暴君呼ばわりは、亡くなった父親に怒られそうですが、父親が家に居るときの鉄板メニュー(笑)。

    ○プロ野球、当然巨人ファン。高田の背番号は8でしたっけ?。私のお気に入りは、代打の切り札、柳田選手。

    ○プロレス、ビール・ロビンソンやボボ・ブラジルってご存知ですか?。

    ○洋画、何故か?マカロニウエスタンと戦争映画が上位独占。チャールズ・ブロンソン、スティーブ・マックイーン、ソフィア・ローレン。

    自分的にお気に入り作品

    ○実写版劇画だと『仮面の忍者赤影』『ブースカ』、円谷プロ作品、手塚プロ作品、その他数え切れませんね。

    ユーザーID:9865001014

  • トピ主です

    皆さん、短い期間にかかわらず多数のレスポンスを頂き有難うございます。
    我らの時代を生きた人々の声を頂いたように思います。
    月光仮面だけでないですね。思いつくままに少年の心を動かしたテレビ番組を列挙いたしますよ!!!

    七色仮面、海底人ハヤブサ(8823) 少年ジェット、まぼろし探偵、風小僧、変幻三日月丸、矢車剣之助、天馬天平、実写版代表「鉄腕アトム」「鉄人28号」
    そしてアメリカ番組代表はスーパーマンですな

    まだまだありますよね

    ユーザーID:7250103480

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • いいないいな、再登場させてね。

    少年ならぬ、少女の心さえも掴んだ数々。

    怪傑ハリマオ(主題歌、三橋美智也)、アラーの使者
    七色仮面、ジャガーの眼、ナショナルキッド、まぼろし探偵

    小天狗小太郎(主題歌、三橋美智也)赤胴鈴之助、矢車剣之助、あんみつ姫、
    隠密剣士(主題歌、ボニージャックス)、白馬童子

    嗚呼、数え上げたらきりがない。

    それにしてもうちの父、たくさんの主題歌レコード、よく買ってくれたのねえ。
    ありがとう、お父さん。

    亡き父の想い出とともに、久しぶりに主題歌を歌ってみましょうか。

    ユーザーID:6416266126

  • まだまだあります。

    「白馬童子」 「0戦黒雲隊」 「アタック拳」「スパイキャッチャーJ3」 「暗闇五段」「名犬ロンドン」 「タイムトンネル」

    ユーザーID:0237230957

  • 白黒テレビでしたが感動した物です。

    私の父親が新し物好きで、まず洗濯機を買いました。
    洗濯機の横にローラーが付いていて洗濯後にそのローラーに洗濯物を挟んで回して絞りました。
    今から考えると原始的でしたが、手洗いの時代の洗濯機は光輝いて居ました。

    テレビもよそ様に先駆けて買いました。
    隣近所の知らない子供まで鉄人28号を見に来たものです。

    次に買ったのが炊飯器、結局使い方が解らず親戚の叔母さんが持って行きました。

    次から次へと家電製品が作られ、一度買うと電気屋さんが使ってくれと次々持ってきたのを買ったようです。

    今思うと懐かし時代でした。

    ユーザーID:0535845740

  • そうかそうか

    オレが物心ついたときには、すでに白黒テレビがあったぜ。一番古いテレビ番組の記憶は、
    実写版の「スーパーマン」、白黒アニメ版の「オバケのQ太郎」、歌番組で歌っている、
    スパイダースとタイガースの面々だぜ。

    ユーザーID:2845222489

  • 流石に物心ついた時にはTVありました

    が、白黒でした(爆)。
    小学校に入った年にカラーになり、「帰ってきたウルトラマン」に感動しました(笑)。
    でも、なんでウルトラマンは銀に赤って知ってたんだろう・・・雑誌の影響?

    ビデオなんて大学入学前の春休みに1か月バイトしてやっと買いましたが、中高の時にはわざわざ友達に録画してもらって観に行ってましたね〜。

    ユーザーID:1023738290

  • 余談ですが、、、

    今日リオ五輪男子水泳800メートルリレーで銅メダルを獲得,1964年東京大会以来とのこと。実は僕、あの東京大会水泳800リレーのテレビ生中継を見ていた一人なんです。
    じつは日本水泳陣は前回ローマ大会、前々回メルボルン大会でメダル獲得した選手達が振るわずメダルゼロの中で迎えた種目でした。この種目がなんと東京大会の水泳競技最後の種目だったのです。そして必死で獲得した銅メダル。
    NHKの実況アナは最終泳者の泳ぎの見ながらこう言いました。「1位アメリカ、2位xxx(覚えてません)これはほぼ決まりですが、、、1着2着はどうでもいい!!
    どうにか3位にはいって欲しい、日本頑張れ!!」と絶叫してました。結果3位となりました。見ていた人はみんな感激していたと思います(笑)
    余談でした。

    ユーザーID:7250103480

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 本題に戻りますです

    思い出したのは月光仮面って最初のドクロ仮面の巻、毎日夕方10分くらいの番組だったです。
    子供ですから昼飯食ったあとは近くの空き地とかで遊ぶ毎日でしたが、夕方になると駄菓子屋さんとか電気屋さんのテレビであのテーマ曲「チャーチャチャチャン、、、、」が聞こえてくるんです。そうすると子供はいてもたってもいられずテレビのあるところに駆け足でいきました。
    だから断片的にしか見たことないのです。我々は。
    だから映画の東映が映画版「月光仮面」を作ってくれたときは本当に嬉しかったものです。だって映画の大画面に月光仮面が現れたんですから。
    当時の子供の観客は映画館で映画と一緒に主題歌を合唱しました。

    ああ、なつかしいなあ(笑)

    ユーザーID:7250103480

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 太平洋の両岸で見ました

    自慢じゃーないが日米ほぼ同時にテレビの創世記に出くわしました。

    ジパングではNHK 第一・第二が未だに愛宕山からの放送でした。 巷でテレビ(と言う言葉は無かったと思ふ)の話を聞いた時、周りの女の子達が「御不浄も見られちゃうの、きゃーっ!」と騒いでいたのが最初でした。 我が家ではもっぱら

    This is Far Eastern Network, to-kyo-

    の番組だけ!

    ジパングで実際に見たのは試験放送だけ。 実放送にはお目にかかっておりません。 蕎麦屋の「ただ今受像中」の張り紙は覚えております。 意地悪なもので、道からは見えない位置に受像機が置かれていて、午後の相撲の音だけ外から聴いておりました。 

    一週間の船旅のはての米国では未だに半日の放送でした。 所謂「雪が降る」現象で、とても見られた代物ではなかったです。 そして、夜の十二時で星条旗が写され国歌演奏で終了。 勿論白黒。 

    実況放送は午後三時のデイック・クラークのフィラデルフィアからのダンスの時間。 寄り道せず、まっすぐ家に帰って見ていたものです。 

    ユーザーID:0808953770

  • 「あのアンテナのない家がそうです」

     私は幼稚園の頃まで県営住宅(略して県住)に住んでいましたが,我が家への来訪者に対して近所の住民は表題の如く案内していたとの事です.つまり拙宅は,県住の家庭の中で唯一テレビがなかったのです.そんな我が家にテレビがやってきたのは,恐らく私が3歳だった1964年頃の事だったと思われますが,その年の五輪を見たという記憶はなく,今にしてみれば無念というところでもあります.
     テレビの導入が遅かった拙宅は,カラーテレビへの買い替えが1973年,ビデオの購入が1988年と,世間から遅れ続けているところです.昨今はDVD録画装置を勧められていますが資金難から手を出せずにおります.世の中に追いつくのはいつなのか,否,いつまで経っても無理なのかも知れない,などと思える次第です.
     私が幼少のころ見た番組でとりわけ印象に残っていると言えば,何と言っても「8時だヨ,全員集合!」ですね.これは世間一般からは白い目で見られる事も多かったのですが,1971年3月で一旦終了したものの半年後に復活した経緯を見ても,現実には人気が高かった事が窺えると思われます.

    ユーザーID:7063095204

  • 懐かしくなって、いま見直してます

    何か懐かしくなったので、昨日は棚から取り出して、小林清志版『スーパーマン』を見ました。
    すべて白黒だと思っていたら、二三本カラーが入ってました。でも、放映の時は白黒だったと思う。
    ロイス・レーンがちっとも活躍しません。

    今日は『0011 ナポレオン・ソロ』を見てます。
    第一シリーズで、みなさん声が若いです。ちょっとカマっぽいしゃべりの野沢那智が好きでした。

    >トピ主さん、
    >映画の東映が映画版「月光仮面」を作ってくれたときは本当に嬉しかったものです。

    あれは大瀬康一じゃなかったので、ガッカリしませんでしたか?
    バイクの形も違いましたね?
    子供たちからの非難を浴びたので、『隠密剣士』の映画化のときはTVと同じキャスト、同じスタッフで作ったのですよ。

    私の生放送の思い出は、
    放送事故の度に「しばらくそのままでお待ちください」と絵の静止画面が出ていたことです。
    当時の子供は、じ〜〜っと待っていたものです。

    昔の生ドラマは舞台と同じで一発勝負だったので、キャストもスタッフも大変だったでしょうね。
    草創期の方々は、教えてくれる人が誰も居ない中でやり遂げるのですから、偉いです。

    ユーザーID:7261713438

  • カラーテレビが来たのを覚えている世代です。

    ちょっと年代がずれますが、わたしも昭和30年代から40年代のテレビ番組を見て育った者です。

    - 昔のテレビは画面の四隅が丸くて今のようなシャープなコーナーになっていない
    - 白黒TVの時代には、やはり画面に厚い透明の下敷きのような青い板がかかっていて、これを通してみていた
    - チャンネルを回す動作が、いつのまにかリモコンになって新鮮
    - 真夜中くらいになると静止画面で、日の丸に桜の花(だったような)?
    - 奥様相手の昼間の番組中コマーシャルが生で、女性が製品に関してトークでもって広告。歯磨き粉が、アルミからラミネートになったものをなぜか覚えています
    - 今ならティッカーなる、お天気・温度・時計・株価などが載る「帯」があるが、当時は時間がデジタル表示のみ
    -画像が荒れたりすると、テレビの横をたたいたりして「調整」した
    - 昼間の番組で、『慟哭の花』という番組があり、女子看護隊(ひめゆり部隊のこと?)を主題とした連続ドラマがあり、子供ながらかわいそうで、泣きながら見ていたのですが、どなたか覚えていらっしゃるかたいませんか?

    以上、かなりトピずれしてしまいました。お許しのほどを。

    ユーザーID:1681318971

  • 懐かしいですね。

    子供の頃はテレビに釘付けでした。今ではモノクロテレビなんて考えられませんが、懐かくていいいトピですね♪

    思い出すのは、実写ならウルトラマンやウルトラQ、月光仮面、魔人バンダー、キャプテン・ウルトラ、高速エスパー、笛吹き童子、赤銅鈴の助、白馬童子、仮面の忍者赤影、妖術武芸帳、悪魔くん等々。

    人形劇ではチロリン村とくるみ木と忘れてはならないのがひょっこりひょうたん島。ひょっこり〜は、今でもソノシートで1枚だけ持ってます。

    アニメは、鉄腕アトム、狼少年ケン、エイトマン、鉄人28号、オバケのQ太郎、トム&ジェリー、ゲゲゲの鬼太郎等々実写ともに主題歌も全部覚えています。

    海外ドラマは父が好きだったので一緒に見てました。ララミー牧場、コンバット、ナポレオン・ソロ、バットマン等。バットマンは映画とかでは素敵な紳士ですが、ドラマではちょっとお腹の出た中年のおじさんというイメージでした。(笑)
    ほかに思い出したのは、奥様は魔女、わんぱくフリッパーかな。

    ユーザーID:1042798156

  • テレビッ子さん、そうなんですよね、、、

    我が家も暴君だった父親がチャンネル権を握っており(当時そういう家庭が多かった)、彼の好きな番組放送中はチャンネル切り替えはご法度でした。

    プロレス、プロ野球(もちろん巨人戦)、寄席中継、お笑い一般、時代劇、、、。ただそれ以外に、級友たちが見るのは一応見られた覚えはあります。月光仮面、ハリマオ、少年ジェット、スーパーマンその他学校で話題になった番組です。

    プロレスは父の大好きだった(野球以上)番組です。私の育った時代は力道山です。その時代の外国人レスラーはルーテーズ、彼は結構紳士的だった気がします。悪役はボボブラジルいましたね。私の記憶に残っているのは、ザデストロイヤーとブラッシー。でもブラッシーはかみつき専門で大嫌いでした。ブラッシーは大の親日家で3番目の奥さんが日本人だったというのを知ったのは、もうずっと後年。ご夫婦でテレビに出ていました。

    ユーザーID:4442933730

  • リングは長方形?

    こんにちは。
    昔、自宅にテレビが無かったとき、隣の宗像さんちに子供たちで行ってプロレスを見てました。そのころの映像画面の影響で私はずっとあのリングが長方形だと誤解していました。今でもそれが正方形だとは100%信じられません。
    テレビが自宅に来た後の思い出としては、いくつかあります。米国の大統領が暗殺されたときは、夜の10時ごろでした。画面上部にテロップというニュースメッセージがはしりました。親が何が起こったのか説明してくれました。
    番組では、ダイヤル110番。ダイヤルを回す画面のところにタイトル文字が現われ、それが一線一線ごとに消えていくという始まり。そして母親が好きだった波島進が主演する特別機動捜査隊。”デカ長さん”なんていう言葉も覚えました。あと”僕は君のなんなんだ?”と穂積隆信が島倉千恵子の演ずる奥さん、不倫だけど真実の愛に生きたいと悶える奥さんを詰問する台詞も覚えています。これは数奇屋橋で会いましょうという連ドラでしたっけ。
    外国にずーっと住んでいると、日本での子供の頃の思い出が意外とはっきり思い出されるようです。

    ユーザーID:2886791189

  • まさおさん、あの橋のたもとでじゃないですかね

    ぼく見てました。夜九時か十時頃?島倉さんと園井圭介(?)さんとが愛し合うドラマで。母がこのドラマ大好きで毎週一緒に見せられました。最終回は見事結ばれてめでたし!!確かスポンサーは三越。ませたガキでした。

    ユーザーID:7250103480

  • トピ主のコメント(4件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧