気になる日本語

レス119
(トピ主3
お気に入り125

趣味・教育・教養

コトノハ

つまらないことに目くじらを立てるのが好きな者です(目にクジラが立つとは、いかに)。

気になって仕方がない日本語の新用法がいくつかあります。

1)「店で豆腐が売っていた」。
豆腐が自分自身を売っていたのでしょうか。
売るという行為の主体は店ですから「店が豆腐を売っていた」「店では豆腐を売っていた」となるか、行為の主体を敢えて豆腐とするなら受け身しかありえない(豆腐には能動的な行為はできない)ので「店で豆腐が売られていた」となるはずですが。

2)「トピを開いていただきありがとうございます」。
間違ってはいないけど、なんだか自己中心な響き。いただく主体は自分だからです。「トピを開いてくださりありがとう」なら、行為者は相手、その相手に感謝していることになります。してもらって嬉しい自分の気持ちを述べるにとどまらず、してくれた相手に感謝するのが、社会的に成熟した反応ではないでしょうか。

言葉は時代とともに変わっていくものです。その変わる瞬間に、ギシギシと音を立てることもあるのでしょう。みなさんが「誤用」と感じる新日本語にはどんなものがありますか。

ユーザーID:5924415701

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数119

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピにあわないかもしれませんが。

    「なるほど」
    は客や目上の人に使う言葉ではないのに使う人が多い。
    「なるほどですね」
    は造語。
    「おっしゃる通りです」か「なるほど、そうですね」
    にしたらと思います

    後、「とか弁」
    「とか」を抜いても問題ないと思います。

    ユーザーID:3978683689

  • 誤用かどうかでなく、気になるのは

    ○○じゃないですか
    という言い方。
    思わず、うんとうなずいてしまうので注意してます。

    最近では、
    そうなんですぅ
    という相槌にびっくりしました。

    ユーザーID:8376357447

  • 僕はとんかつだ

    だいぶ前に、日本語の助詞について書いた本を読みました。印象に残っているのが表題の言い方です。レストランなどで、注文する時によく使われる言い方だと思います。

    僕は、の”は”を主語を指定する助詞だと解釈すると、早い話、英語に直訳すると I am a tonkatsu になってしまいます。”僕がとんかつだ” も同じです。同行の人の注文と混乱しないように、こういう言い方をする場合も多いと思います。昔から使われている言い方です。

    本の著者の意見では、本来、日本語の ”は”や”が”は、西洋文法の、主語、述語。目的語、という型にはまらない、ただ、話の中心になる対象を指定する言葉だそうです。明治時代に西洋言語の文法が輸入されて、日本語の文法というものが、西洋のそれに沿った形で作られた歪みがあるそうです。

    トピ文の例の”豆腐が”の”が”も、これと同じ使い方のように思います。英語に直訳すると、At a store, tofu was selling" とでもなりますか、おっしゃるように曖昧な表現です。この”が”も、主語を指定する助詞と捉えず、豆腐が話の主題だと解釈するのが妥当なように思います。

    ユーザーID:9636817154

  • スーパーのレジとかおかしいですよね

    いつも思います。

    『1000円からお預かりします』
    1000円からって、まだ預けなくちゃいけないの?
    あといくら預けるのよ、って(笑)
    なんで『1000円お預かりします』じゃだめ?

    『カード大丈夫ですか?』
    え?カード?
    財布にあります。大丈夫ですよ。
    これ、私の外国人の友人がほんとに
    言った言葉です。

    この前は大きな衣装ケースを買った時
    『テープで大丈夫ですか?』と言われた。
    なんで?『袋には入らないのでテープを
    はりますね』ですよね。
    『いいえ、大丈夫じゃありません』って言ったら
    どうするんだろう??

    後は、携帯のオペレータとか
    質問をした時、『では調べて参りますので
    少しお待ちください』
    え?調べるためにいちいちどこ行くの?(笑)
    『調べますので』でしょ。。
    それに、『少々お待ち頂いてよろしいですか?』も
    なんども言われてカチン。
    だから何度目かには『よろしくないです』と
    言いました。別に、正当なこたえですよね。
    もう待ちたくないし。『え、えっ?あっ、え、あの』
    としどろもどろ

    今の時代って 悪いけど賢くない人多すぎでは?
    決められた事以外の言葉使えないんですよ

    ユーザーID:0030591440

  • 日本語の新用法?

    >店で豆腐が売っていた。
    新用法も何も、そんな使い方見たことも聞いたこともありません。

    ユーザーID:0258279654

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 「申し訳ございません」に違和感

    トピ主さん、こんにちは。誤用ではないのかも知れませんが
    私は「申し訳ございません」の「ございません」に違和感を感じます。

    申し訳ありません。って言った方が謝罪の意志もストレートに
    響くのに、1回ひねりを加えてへりくだり過ぎているため、

    「申し訳」より「ございません」の方が強く残って
    本当に申し訳ないって思ってるの?って気分になるんです。
    丁寧過ぎるのは、かえって神経を逆なですると思いました。

    ユーザーID:9481265027

  • ないです

    今更「ら抜き」について言及は致しませんが,日本を離れた暮らしをして二十年以上、一般的に受け入れられているのか非常に気になる言い方が「ないです」。
    「ありません」が存在するのに,なぜに「ないです」?
    あと,恋人を称して「彼,彼女」とはこれ如何に。「私の彼はねえー」「オレの彼女は」「あの子の彼は」とは以前も言っていましたが,現代のいい例が,「彼女に彼が」ですね。今や、完璧に「恋人」の代名詞となり変っています。分かりにくいことこのうえない。

    そして,主様の指摘される一番ですが,助詞の誤用。これは言葉の変遷で済まされるものではありません。意味が全く変ってしまいます。
    ネットの普及と共に、皆様、自分の言葉を吟味するということを忘れてしまったようで。

    ユーザーID:2501474566

  • そんなのたくさんありますよ〜

    ・夫が自分の妻のことを「奥さん」
    ・妻が自分の夫のことを「旦那さん」
    家や家族の前ならいいかもしれないけど、こういったネットや、会社の中でこんな発言する人がたまにいます。
    注意したほうが良いのかな?

    ・全然平気、全然大丈夫
    誤用ではありますが、すっかり浸透してしまっているのでもうどうにでもなれって感じです

    ・浮足立つ
    本来は「不安」で落ち着かなくなる様のことを言いますが、最近はウキウキしてる様に使われてしまってますね。

    気になって「日本語 誤用」で検索したら面白いものが見れました。
    課金 本来:利用料金を徴収すること 現在:利用料金を支払うこと
    確かに結果は同じだけど流れが違うんですね
    他にも面白い誤用がたくさんありました。

    まぁ結局、自分の気づかぬ間に日本語の誤用はたくさんしてしまっていることだろうと思いますので、お互い様ってことで。

    ユーザーID:7371303393

  • 誤用とまでは言わないけれど

    トピ主さんの「トピを開いていただき〜」に通じるかもしれませんが、
    政治家などが多用している「〜させていただく」が気になっています。

    低姿勢に見せてへりくだりつつも、
    自分の考えは押し通すぞという我の強さが垣間見えて、
    ちょっとうんざりする表現です。

    ユーザーID:0032247962

  • 1)は誤用だが、2)は別におかしくない!

     確かに「いただく」主体は自分だが、そもそも「いただく」は謙譲語なので、何らおかしくはない。
     もしかして「いただく」を敬語だと思ってるんじゃないの?

    ユーザーID:4582695577

  • 趣旨から外れるかもしれませんが

    気にはなるけど、もう諦めた誤用。
    自分も誤用と知りながら使っているもの。

    「悪運が強い」
    正)悪いことをしても報いを受けない
    誤)運が悪いことに遭遇しても被害を受けない

    「雨模様」
    正)雨が降りそうな天気
    誤)降ったり止んだりだけど雨がちな天気

    「一姫二太郎」
    正)最初に女が生まれ次に男が生まれることが理想的だ
    誤)女一人、男二人の三兄弟

    「恣意的」
    正)自分勝手に
    誤)わざと

    「敷居が高い」
    正)相手に不義理あり、会わせる顔がないため行きにくい
    誤)格式が高すぎて行きにくい

    「セレブ」
    正)有名人、名士
    誤)金持ちの女性

    他にもあるのでしょうけど、これくらいはもう許容してしまっています。
    若い人が誤用していても指摘すらしません。
    もう正誤が逆転していると感じているからです。

    実際「潮時」を丁度良い頃合と解釈する人は殆どいなくなったのと同じなんだろうなぁ〜

    ユーザーID:1307158342

  • ちょっと横ですが

    目くじらの「くじら」は、「鯨」のことではありませんよ。

    ユーザーID:3762317024

  • [写メ]、[割引]

    私もトピ主さん同様、「○○していただきありがとうございます」が気になっていました。
    「していただいたのはあなたのほうだよね」と思ってしまいます。

    その他気になるのは

    「写メ」って元は「写真添付メール」のことでしたよね。
    「写メ送って」って言ったら、「メールに写真をのせて送って」って事でした。

    でも、最近「写メ撮っておく」とか「写メ撮らないと」と、「写真」そのものを「写メ」と言う人が増えているような気がします。
    「撮影」するのは「写真」であって、「写真付きメール」じゃないですよね。

    もう一つは「割引」

    元々の使い方としては「3割引」であれば、「3割の値引き」のことでした。
    でも、最近は「千円割引」なんていうのも見かけます。
    「千円」って割合じゃないじゃないですか。

    ひどいのになると「10%割引」なんていうのを見ることも。
    %と割合は桁が違い、別物です。

    なぜ「千円値引き」、「10%値引き」と書かないのか。

    ユーザーID:1312804480

  • 「二兎を追う」

    元々「二兎を追う者一兎も得ず」ということわざだったはずですが
    最近は強欲な人が増えたのか「二兎を追う」という部分だけが切り取られて
    使われるようになっているのが妙に気になります。

    あとは「有言実行」。本来は「不言実行」が正しいのでは?
    (北島選手か、それともシュシュトリアン三姉妹の影響なのか
    実はそれよりももっと古い「誤用」なのか...)

    ユーザーID:6656034852

  • 小町で気になるのは

    「夫から離婚を言われました」

    ですね。
    最近はあまり見なくなったかな?
    この文を読むとうんざりして
    トピ主がどんな状況であっても同情しづらかったんです。

    「離婚してほしいと言われました」
    「離婚の意志を告げられました」
    せめて「離婚と言われました」と書いてほしい。

    ユーザーID:3285356088

  • 同感です

    私も以前からトピ主さんと同じように感じていました。
    あと、お客様や目上の方に対して『おられる』と言う人もいますよね。。
    違和感でムズムズっとします。

    ユーザーID:1081639050

  • 貰って

    「◯◯してもらっていいですか?」
    「もらって」は不要だと思います。
    「◯◯していただけませんか?」ではダメですか?

    ユーザーID:7511803181

  • 同意します

    前々から、私も同じようなことを感じていました!
    私が気になるのは、トピ主さんの挙げられたものと同じですが「○○(番組名など)がテレビでやっていた」です。
    「テレビで○○をやっていた」「○○をテレビで見た」じゃないの?ともやもやしてしまいます。
    読者の多いブロガーさんなどの文章でも見かけるので、一般的には違和感がないのかなぁ、と思いつつも、人気が高い=文章力がある、とは必ずしも言えないものだなぁと心の中でつぶやきます。

    あとは・・・・以前話題になったトピの中にもありましたが、「刺激を頂く」「感動を頂く」でしょうか(笑)
    これは、問答無用で虫唾が走ります。

    ユーザーID:7615704984

  • どちらも新用法とは思えません

    1)「店で豆腐が売っていた」。
    「地震で花瓶が割れた」
    「雨で服が濡れた」
    「部屋が散らかっていた」
    「電波状態が悪くて電話が切れてしまった」
    花瓶も服も部屋も電話も能動的な行為はできないのですが、これらは誤用とも新用法とも思えません。
    トピ主はどうお感じになりますか?
    あるいは「店で豆腐が売っていた」と同様の例としては不適切なのでしょうか?

    2)「トピを開いていただきありがとうございます」。
    「いただく」は謙譲語、「くださる」は尊敬語です。
    どちらも結果として相手を立てており、昔から使われている適切な敬語です。
    食事前に「いただきます」と言うこと、また、貰ったお土産を「頂き物」と呼ぶのは自己中心的でしょうか?
    謙譲語より尊敬語の方が成熟した反応という考えには同意できません。

    ユーザーID:1539252887

  • そんなつもりじゃなかったのに…

    小町の投稿も、私の拙い日本語のせいで不愉快な思いをさせてしまって、遠回しにお叱りを頂くと、とても勉強になります。

    言葉は受け取る側の感じ方がまるで違います。

    私は変人ですから、特別です。

    1)店で豆腐が売っていた

    私の受け取り方は、本来、売っていなくても不思議ではない店に豆腐が売っていた場合に、そう言うでしょうね…

    2)トピを開いていただきありがとうございます

    偶然、トピを開いてくれた人に対して言うでしょうね…

    コトノハ様は、合点承知の助だと存じますが…

    ユーザーID:8906351856

  • 相殺

    トピ文だと、1)は明らかに間違い。
    最近は助詞の使い方がぐちゃぐちゃになっていますね。

    2)は間違いではない。
    頂く主体は自分だけど、自分が嬉しいことをしてくれた相手に感謝をしていると伝えていると聞くのが一般的だから。(例:ご来店頂き有難うございます)

    さて、真っ先に思い浮かべた私が普段から気になっていること

    「相殺」です。

    よくテレビなどで「そうさつ」と言っていますが、「そうさい」が正解のはずです。
    確かに「そうさつ」と読む場合も有りますが、意味が違ってしまいます。
    それとも「そうさい」の意味のものも「そうさつ」と読むようになってしまっているのでしょうか?

    また何か思い出したら書き込みます。

    ユーザーID:6241606729

  • 気にならないけど

    親日本語なんたらと言うより、標準文法と違うとか、既存の用法との違いがあるってことですね。ある範囲の人達には、意図したことがお互いに理解できている訳であり、その範囲が徐々に広がれば準標準として認知されるのでしょう。

    ユーザーID:0572940333

  • 海外在住です。

    1)については、以前、別のトピで「ニュース記事の見出し等で“犯人が逮捕”とか“○○賞が発表”とかは変な日本語」だとレスしたら、「“〜されました”が省略されているだけ」みたいな反応がいくつかありました。でも私なら“犯人 逮捕”や“○○賞 発表”にします。なるほど、今の日本では“店で豆腐が売っていた”がまかり通るようになったので、“が”ありの見出しにも違和感がないのですね。

    2)は全然気になりません。

    ユーザーID:2520589687

  • おやりになる

    それで丁寧に言ってるつもりかって思います。

    「やる」という言葉自体とても乱暴な言い方なのに、「お」と「になる」をつければ丁寧になると思っているのでしょうか。

    プロのアナウンサーの方もおっしゃっていたりするので、「『おやりになる』じゃなくて、『なさる』だろう」と言いたくなります。

    ユーザーID:8226514824

  • 「いただく」と「くださる」

    外国の方に日本語を教えている方の著書にこんな説明がありました。
    「A様にお越しいただいた」「Aさまがお越しくださった」
    この違いは、前者は話者側が依頼したのでAが来ているが、後者は話者側が依頼していないが、Aが自主的に来ている、だそうです。

    また、日本語には目的語を表す助詞「が」があります。
    「私は彼が好き」これなら、何も違和感ありませんよね。この「が」が「豆腐が売っていた」という文に使われている「が」に当たります。日本語文法的には間違いではないのですが、あまり使用される「が」ではないので、この文では違和感があるかもしれません。

    ユーザーID:9663345016

  • 「感動を・勇気を与えたい」

    最近アスリートがよく使います。
    もちろん、世界、もしくは日本を代表する方たちですから、TVの前の視聴者より上位に立っているのかもしれませんが、使ってほしくない表現です。
    「感動していただければ」「勇気を感じてくだされば」などの方がふさわしいのではないでしょうか。

    ユーザーID:0231562864

  • あります!

    言葉は変わっていくものだとわかっちゃいますが、それでも誤用だと主張したくなる言葉遣いはありますし、誤用とまでは言わずとも、違和感を覚える言葉遣いもあります。

    トピ主さんの挙げられた例1)は明らかに誤用。
    2)はトピ主さんとは異なる点で気になります。言葉としては誤用ではありませんが、トピ本文の中にその発言をみると「誰に対するお礼なの?」と思います。
    大手小町編集部に宛てたメッセージなら、「ご意見・ご感想」欄に書かれたら良いのでは…?

    私が気になっているのは「させていただく」です。
    何にでもつけるのはや〜め〜て〜。
    これにてレスを終わらせていただきます。(←こんな使い方が気になります。)

    ユーザーID:8057416359

  • 卒業式で

    言葉の始めを「なので」からはじめる事。
    子どもの卒業式で理由を述べた後に「なので私は〜になりたいです」と言っていた事に違和感を感じました。
    〜なので〜です。だったら気にならないのですが。
    アナウンサーの方もよく使っているので正しいのでしょうか。
    ですから、ですので、だから、などが正しい気がします。

    ユーザーID:9665681834

  • 主述一致

    「店で豆腐が売っていた」
    に違和感を覚えても

    「豆腐が店で売っていた」
    なら問題ないと考える人が多いですよね。
    どちらも主述一致してないんですけどね。

    でも、こういう言葉を扱ったトピで

    >目にクジラが立つとは、いかに

    こういうことは入れない方が良いですよ。
    トピ主さんは本来の意味をわかったうえで
    使っているとは思いますが。

    ユーザーID:1104638161

  • 一票

    レスの中でよく見かける「一票です」という言葉です。
    深刻な悩みであればあるほど、違和感を感じます。
    でも、すごくよく見かけるので、私の感覚がおかしいのかな?とも思います。

    いい機会なので、聞いてみたくなりました。

    ユーザーID:3297059031

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧