• ホーム
  • ひと
  • 祖父の仏事等について祖母の親戚から口出しされました

祖父の仏事等について祖母の親戚から口出しされました

レス15
(トピ主5
お気に入り75

家族・友人・人間関係

あやか

20代後半のあやかです。

私の祖父は数年前に他界し、その後は祖母が祖父の位牌などを管理していましたが、祖母は祖父の死後3年後、認知症となり、老人ホームに入所しています。そして最近母も他界し、私は実家から祖母の家に移り住むようになりました。(母方の祖父母です)

先日、祖母の親戚A(祖母のいとこ・80代・女性)が祖父に線香を上げたいので、祖父の仏壇がある私の家に行きたいと、父と私に連絡してきました。

私はAを家にあまり呼びたくなかったのですが、祖父の初盆をした記憶がないこと(祖母の体力が落ちたのか認知症の兆候があったのか、していなかったようです)、父に「1度くらい来させてあげたら」と頼まれたことで、仕方なくAを家に呼ぶことにしました。

Aが来る前の日に、父と私でお供えの準備をしましたが、2人でなぜ今年になって急に線香を上げに行くのだろうと話しました。今までは祖母や母がしてくれたのかもしれませんが、祖父のお盆のお供えについての話はあまり聞いたことがありませんでした。

なお、祖父の葬式や法事(四十九日・一周忌・三回忌)は既に終えており、Aは葬式と四十九日の法事には確実に参列しています。

ユーザーID:5561545741

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 続きです

    そして当日、私の家にまず父が来てお供えの最終準備をしました。
    それから親戚AとB(祖母の甥で母のいとこ・50代・男性)が訪ねてきました。
    Bについては家に来るという話を事前に伝えられていなかったので、「私はAおばさんが来るとしか聞いていないんですけど」と言って家に上げました。

    2人は祖父に線香を上げた後、世間話のついでに父や私に祖父および母の仏事について話を振ってきました。

    まず、祖父と母の仏壇は宗派が違うので宗旨替えした方がいいのではないかとAが言ってきました。母は嫁ぎ先の宗派で祀られたので母の宗派を祖父の宗派に変えるということだと思います。これには父が少し困惑し、私も「母については父に、祖父については私と弟に権限があります」と主張しました。
    母は生前、実家の墓に入りたいとか嫁いだ先の墓には入りたくないとは特に言っておらず(故人が生きている間にそう言っていれば、その意思を尊重するのはありだと思いますが)、既に母の葬儀も四十九日も済んでしまっている以上、今更言われても困ります。それに、親等でいけば遠いAが口を出すのは越権行為だと思います。

    ユーザーID:5561545741

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 口出し(干渉)ではないと思うのですが。

    お供えものが足らないとか、毎年やるべきだとか言われたなら「口出し」でしょうけど、今回の事例は単なる要望であって該当しないと思います。

    ユーザーID:1635685837

  • 続きます・その2

    次にBが私に祖父の月参りのためお寺さんに来てもらってはどうかと言ってきました。

    祖父の死後しばらくは祖母がしていたかもしれませんが(ある時祖母の家に行くとお坊さんが来てお経を読んでいた記憶があります。母もAも一緒でした)、祖母が老人ホームに入所した後、事実上母の代になってからは特に何もしていないです(なお母に兄弟姉妹はいません)。

    月参りについて私が「1か月に1度は多すぎます。仕事もしているし、自分の自由な時間も大切にしたいです。それに今はオリンピックだって見てますし」と言うと、Bに「月参りは世間の常識ですよ」と返されました。もう一度「父や母が月参りをしていたとは聞いてません」と反論すると、「一応世間の常識です。家に来るのではなく納骨しているお寺に直接行くという手もあるけれど」と持論を述べていました。

    寺に行ってお参りするのはいいですが、お坊さんに家に来てもらうつもりはありません。一人暮らしですし、自分の貴重な時間やお金を月参りに割くのは無駄に思います。

    それにBも祖父から見て義理の甥であり、祖父の仏事についてあまり意見できる立場でないのではと思います。

    ユーザーID:5561545741

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 続きます・その3

    私は小さな頃から祖父母にかわいがってもらいました。今でも祖父のことは尊敬していますし、もっと一緒に話したかったと思います。たまに祖父からの手紙を読み返すこともあります。また、親戚からの人望も厚かったので、AやBも祖父について良い人だった、お世話になったと言っていました。

    しかし、私にとっては仏事より今の生活が大切です。家にある祖父の仏壇や位牌は傷がつかないように大切にする気はありますが、日々供養して月参りに来てもらうという気にはなれません。

    そして、来年以降もAやBなどの親戚が線香を上げに家に来るのは遠慮してほしいです。気を遣うし、プライバシーを見られるようで何となく落ち着かないです。祖父を弔いたいなら納骨してある寺に行ってもらいたいです。

    AやBの考えとしては、母の宗派を祖父と同じものに変えて(父の実家の本家筋?らしき墓は他県にある)、私や弟、あるいは父に彼らをきちんと供養してほしいというものなんでしょうが、私たちはA・Bほど仏事を大切にする価値観ではないです。母も生前、彼らについて仏事にこだわりすぎと言っていました。

    今後A・Bとの関わりについてどうすればいいでしょうか。

    ユーザーID:5561545741

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • どう口出しされたのでしょうか?

    肝心なことが抜けていて、何とコメントしていいのやら…。
    遠縁とは言え、年輩の女性をさん付けせず、Aと呼び捨てるトピ主さんにビックリです。
    トピ読んで思ったのですが、普段、仏壇放ったらかしなんですね。
    誰も来なくても、仏壇にお供えや花があるのは当たり前だと思うのですが。
    Aさんの訪問に合わせて、お供えを用意するって…
    でも、トピ主さんはまだ20代だから、無知でもしょうがないのかな。
    あと気になったのが、お母様が最近亡くなられたとの事。
    お母様が亡くなられた事は、Aさんには知らせてなかったのでしょうか?
    もしそうならば、祖母様が亡くなられても、自分には連絡が入らないとお考えになられて、訪問を決意されたのではないでしょうか。

    ユーザーID:3858928959

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 差し支えなければですが…

    お祖父さんがお亡くなりになったのは、正確には何年前でしょうか?

    三回忌で終わりにするお家も多いですが、そもそも年回忌ってまだまだ先があります。
    おそらく七回忌を迎えられていませんか?ここまではまだ一般的だと思います。もっと前なら十三回忌でしょうか。
    そうであれば、ご法事はしないまでも、仏壇とお墓は拝むという方は少なくないと思います。

    ユーザーID:7817715004

  • 疎遠でよい

    老人は暇で時間が余っているからね。
    弔いたいなら、各々で納骨している寺に行ってもらえば済む話だよ。毎日でも行ってもらいなさい。

    ユーザーID:2088914239

  • レスを撤回したい。

    続きがあるとは予想外でした。
    続きを考慮した意見を、改めて投稿いたします。

    ユーザーID:1635685837

  • まずAとBの子どもや配偶者に連絡したら?

    家に住んで仏壇があるからと言って、生活のすべてが仏事優先なんて亡くなった方も望んでないはずです。
    お供えやお花だって腐りやすい時期なら、あえて飾らないこともありでしょう。
    ほこりまみれにならないように掃除をしたり、節目に花やお供えを飾れば十分だと思います。
    私なら、Aの子どもとBの配偶者や兄弟に直接連絡します。
    「私たちなりに心を込めて管理しているし、直接仏壇に関係のない方に仏事について指示されるのは困ります。このような非常識なことを言って来ているのをご存知ですか?」と。
    常識的な人なら、いとこ程度の人間が他所の家の仏事に指示を出すなんて恥ずかしいです。
    ついでに、「Aさん、急に言って来られましたが、他にも何か様子の変わった言動はありませんか?」と心配そうに認知症を示唆します。
    Bさんの家にも「何か神仏に頼りたいと困っていることでもあるのでしょうか」とやんわりと尋ねますね。
    AとBが変ですよ、って。
    多分、二人で暴走しているだけだと思いますよ。
    いずれにしても、押し切られないように、相手方の家族へ連絡した方がいいです。
    他にも非常識なことしていると心配だからって。

    ユーザーID:8315739264

  • 補足します

    >お母様が亡くなられた事は、Aさんには知らせてなかったのでしょうか?

    A・Bの両方に知らせています。2人とも葬儀に出席していました。

    >お祖父さんがお亡くなりになったのは、正確には何年前でしょうか?

    5年前です。7回忌はまだです。

    ユーザーID:5561545741

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • A・B家族への連絡

    >私なら、Aの子どもとBの配偶者や兄弟に直接連絡します。

    A・B双方とも配偶者や子どもはいません。Aの兄弟もおそらく亡くなっています。
    Bには弟がいますが、母の生前の話によればBはBの弟よりかなり権力がありそうな感じで、連絡しても埒があかないように思います。

    また、Aは認知症には見えません。前からこのような人であり、確かにお節介ではありますが、話の内容が支離滅裂といった感じはしませんでした。

    あとBは私の母とは兄弟姉妹同然に育ったと言っており、母の両親(つまり私から見て祖父母)との交流もかなりあったと思います。特にBの両親が離婚して母親に引き取られてからは祖父母、特に祖父に色々お世話になったと言っていました。

    ユーザーID:5561545741

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 主さんにできることだけで十分な供養です

    お寺に相談をして、月命日や命日の供養はお寺でしてもらったら良いです。

    Aさん、Bさんは、良かれと思ってのお節介なのでしょう。

    AさんBさんには、お父様と2人で
    「父と相談をして、お寺で月命日の供養をしていただくようにお願いしました。
    お墓は〇〇寺にありますので、いつでもお参りをしてください。
    今後の法事も父と相談をして私たちにできる限りの供養をさせていただきますので
    宜しくお願いします。」
    と言えば良いですよ。

    そういう方からのお節介に良い言葉があります。
    「生前、故人が自分で決めていた事ですので・・」
    これには、誰も逆らえません。

    仏壇のお供えは、故人が好きな物が手に入った時だけでも十分です。
    頂き物のお菓子でもいいですよ。

    1人暮らしの忙しい若い人に
    仏事に関して〇〇をしなくては駄目というような要求をしても
    無理なものは無理ですし、その結果で供養が面倒になるのは逆効果です。

    そういう無理が今の仏教離れに拍車をかけてしまったのを
    改めて考えなくてはいけませんよね。

    ユーザーID:9484934191

  • 仏事は他人が強要するものではない

    そもそも信仰に関する問題を他人が強要しても意味がないのに。
    年端もいかない子供を教え諭している積りででもいるのでしょうね。
    子供が居れば子供に言いたい事を貴女に言っているのかも。
    「月参りは世間の常識」って、どこの世間の事?

    「祖父と母の供養については我家のやり方で進めます」と
    はっきり言い切れば良いのです。疎遠になっても仕方ない。
    再来訪の申し出があればお礼を言い、
    「お線香を上げて頂くのは故人も喜ぶと思います。お迎えに当たっては
    失礼の無いように万全の準備をしたいのですが、色々と多忙でその時間が
    取れないので、どうぞお墓の方へ参ってやって下さい。」
    と言いましょう。

    >祖父のことは尊敬していますし、もっと一緒に話したかったと思います
    >たまに祖父からの手紙を読み返すこともあります
    >家にある祖父の仏壇や位牌は傷がつかないように大切にする気はあります

    これらはご祖父様への供養となる十分な想いであり、御霊への信仰心だと思います。
    自らの想いや信仰心を「月参り」として表したい人はそうすれば良いだけのこと。
    貴女もそう言う気持ちになればお参りすれば良いでしょうし、それで十分。

    ユーザーID:7275941642

  • 仏事は他人が強要するものではない(続き)

    ご存じと思いますが、月参りといった仏事作法はお釈迦様がお説きになった
    教えではありません。お寺さんとの付き合い方にしても、その多くが
    江戸時代に為政者の都合で作られた制度(寺請制度)及び、
    其々の寺の都合で決められたルールが今に至るまで続いているだけ
    に過ぎません。

    信仰の問題は純粋に各個人の自由意思によってのみ取り扱われるべきもの、
    と言うのが私の考えです。
    死者の魂を祀り故人を偲ぶやり方は、各個人のそれぞれのやり方で
    執り行えば良いのです。
    心を込めた振舞いはきっと亡くなられた方に届いていると思います。

    ユーザーID:7275941642

  • 墓じまい、家じまい

    はじめに、これはトピ主さんにどうこう言うものでないことをお断りします。

    亡くなったおかあさん(以下母)が一人娘、おばあさん(以下母方祖母)は存命、逆縁ですね。
    残された方たちはお気落ちされていることでしょう、お気の毒です。
    順番で言うと、次は母方祖母が亡くなると思いますが、その後はどうするのでしょうか?
    母方祖母は母方祖父と同じお寺(母方菩提寺)で葬るとして、母の死で新しいお寺(父方菩提寺)と新たなお付き合いが始まっています。

    Aさんの世間話を解説すると「母方祖母存命中に母方菩提寺とコンタクトを取り、今後の相談をした方がよい」ということです。
    一人娘であった母が考えることですが、亡くなった以上はその配偶者(父)の仕事でしょう。
    また父亡き後は、誰が、何を、どうする、のでしょうか?

    私のレスに何か失礼がありましたらお許しください。

    ユーザーID:8738484168

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧