日本の年金、アメリカの年金の協定について

レス4
(トピ主0
お気に入り49

旅行・国内外の地域情報

たいようの光

最近しりました。2005年から年金について、両方の国の支払いの2重払いをさけるために協定ができたこと。
さて、私は厚生年金を24年しはらいました。結婚して、アメリカに渡り、その後、国民年金を支払いつづけました。ときどき、アルバイト程度で働いたり、ここ4年は正社員を2年パートを2年とはたらきました。その間も国民年金を支払いつづけています。主人の給料はまあまあです。そうなると、本来でしたら、アメリカにきてから、日本の国民年金を支払う必要がなかったようにおもいます。毎年20万円近く支払ってきました。2000年からですから、16年として、360万円近く、無駄になるということでしょうか? よろしくお願いします。

ユーザーID:5399635093

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 任意加入していたということで

    無駄になりません。

    ユーザーID:5476599863

  • 補足

    夫が日本の厚生年金保険に加入していらしたら、奥様は第三号被保険者として保険料は支払わなくて良かったのですが、そこのところはいかがでしたか?

    ユーザーID:5476599863

  • 海外では任意加入期間となる

     アメリカで国民年金を支払ったのは、それはそれで将来の年金額が増えるのでメリットあったと思います。

     国民年金は40年支払った人には満額約76万円/年が支給されます。国民年金任意加入で支払ったということですから、24年+16年でほとんど満額ではないでしょうか。

     私が1つ気になったのは、正社員2年というところ。これはアメリカでの正社員でアメリカの年金制度に入られたのでしょうか?

     ここの2年がアメリカの年金制度があるのに、国民年金を支払ったのかな?と2重払いなのかなというところがひっかかりますが。

    ユーザーID:1648573127

  • 両国からもらえます

    私は日本で働いていた時は厚生年金に加入し、日本を離れた後は厚生年金から国民年金に変えました。在米中もアメリカの厚生年金を払っていました。

    もちろん日米で年金の協定が出来たことも知っていますが、協定が結ばれた後も両国に支払い続けていました。

    この協定は2国で支払いをしたくない人、または短期間のみアメリカで過ごす人にとっては良い制度だと思います。

    引退した後、日本からもアメリカからも年金はもらっています。
    全然無駄にはなりません。

    ユーザーID:8825495008

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧