• ホーム
  • 男女
  • パートナーに自分の過去を否定される悲しさとは

パートナーに自分の過去を否定される悲しさとは

レス20
(トピ主3
お気に入り47

恋愛・結婚・離婚

はずこ

子供なしの30代半ば夫婦です。

主人のとある過去、それによる現在への影響がどうしても受け容れられず、毎日とても苦しいです。
本人の方が苦しいのは重々承知で、幸せにしたいと強く願っているのですが心がついていきません。

相談しておいて申し訳ないのですが、その過去は特殊すぎて身元が限定されてしまうため詳しく書けません。
ですが聞いただけでも、主人の苦しみ、トラウマ、屈辱、尊厳の危機としては、かなり大きなものです。
それを受け止めて傷を癒せれば話は簡単ですが、どうしても私の幼少期の苦しみと被っていることや生理的に受け付けられないことも混ざっているため、毎日のように苦しくて苦しくて、月に1度は泣けてきます。

もちろん夫にはそのような姿は見せていません。明るく振る舞っていますが、でも私は不器用な人間なので完璧には隠しきれてないと思います。
それで夫を傷つけているのではないかと自己嫌悪に陥ります。

価値観や考え方を変えてがんばってみましたが、上記のような理由からどうやっても受け容れるのは無理。そこで、あるときに思い至りました。
だったらもうなかったことにするしかない。過去の出来事も現在への影響も、妄想でもなんでもいいから別のことに塗り替えるしかない。
あれこれ試してみて、それが一番心穏やかに暮らせると感じています。

抽象的で申し訳ありませんが、ご相談したいことは、なかったことにして振る舞う私を見て、主人は自分の人生を否定されているようで悲しまないかどうか、ということです。
過去のつらい経験に対し、パートナーにそのような振る舞いをされたらどう思うのでしょうか。
ですが、その苦しみから逃れられないことには、心から笑えません。そうすると夫を幸せにすることもできません。結婚しておいて情けない限りです。

ユーザーID:1921350632

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なら「同病相憐れむ」ですよね。

    >どうしても私の幼少期の苦しみと被っていることや
    生理的に受け付けられないことも混ざっているため、
    毎日のように苦しくて苦しくて、月に1度は泣けてきます。

    ということですので、
    トピ主さんも夫と、
    ほぼ同じ被体験者ですから、

    「同病相憐れむ」、
    というふうにはなりませんか?

    >なかったことにして振る舞う私を見て、
    主人は自分の人生を否定されているようで悲しまないかどうか、
    ということです。

    それは、ご心配には及ばない気がします。

    似たような傷もつ夫婦が心から笑えなくても、
    一緒にいて労わりあい、かばい合う魂は、
    尊いものと思います。

    ユーザーID:7903130496

  • 苦しい過去をいつまでも引きずって、何か良いことありますか?

    >>本人の方が苦しい

    例えば「いじめられていたから、今日の自分がある」といった場合、「今日の自分があること」と「いじめられていた」ことは別にしていいと思います。

    「過去の経験を糧にできた」ことは、ご本人が強かったということを証明するだけです。
    「過去の経験」がすばらしいものになるわけではありません。

    「苦しい過去」が無かったことにされたからといって、ご主人が「自分の人生を否定された」と思うとは、とうてい思えません。



    普段は何事も無かったように振る舞ってくれたほうがありがたいです。

    人は誰でも「そのとき、その人が出来ることをした」だけに過ぎません。
    過去と他人は変えられません。
    でも、自分と未来は変えられます。

    トピ主さんは理解したからこそ苦しいのですから、ご主人に「なかったことにするのが一番いいと思う」と伝えるのが良いと思います。

    ユーザーID:9312131332

  • 幸せですか?

    とぴ主さんが、そこまで背負う必要がありますか?

    辛いんだったら、逃げること、自分を守ることも必要ですよ。

    長い人生、自分を守る事を主眼においてください。
    子供がいれば、子供第一で。

    ユーザーID:8697636789

  • 妙言

    あなたの苦しみを昇華する方法が、世の中にあるのです。何とかしてその方法を習得した人と出会っていただきたいと思います。

    その方法に出会うことができなければ、今のようなあなたの思潮になってしまいす。あなたの今の思潮は誤魔化しです。誤魔化しでは救われることがありません。

    あなたが信頼できる人と出会い、あなたの思いを洗いざらいさらけ出せる人に出会うことが出来れば、今とは違った世界が見えてくると思います。そして、例え今嫌だと思っていても、そのことをすんなりと受け入れることが出来るはずです。

    何とかして出会えると良いですね。

    ユーザーID:3264092897

  • よくあることですよ。

    私も過去に苦しみがあった者です。
    いまはありません。

    苦しみ抜いた結果、ほぼ咀嚼することができました。いまは、パートナーに過去のことは話していません。

    話さないのが優しさだと思います。
    誰かに辛さを共有してほしいと思っている間は、幸せにはなれません。

    あなたの振る舞い云々で、彼を幸せにすることは不可能です。
    自分を幸せにできるのは自分だけです。

    あなたがなかったことにしたほうが楽ならそれで良いではありませんか?
    あなたがどう振る舞おうと、不幸なのは本人の問題ですから。

    もし、あなたが楽になる方法を取ることで彼があなたを悪く言うようなら、彼はただの甘ったれですから、離れたほうが良いでしょう。

    ユーザーID:5688284616

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • わかりにくいけど

    縁あって夫婦となったのですから、トラウマ以外の素敵な部分も多いのだと推測します。

    旦那さまの辛い過去は過去として、今の生活に目を向けましょう。
    過去は変えられないけれど、今と未来は少しずつ選んでいけます。

    トピを読んだ印象ですが、旦那さまをもっと信頼してもよいのではと思いました。
    自分なら潰れてしまうかもしれない過去でも、立派に現実に向き合っているのですから。

    主さんが月一回泣いてしまうのはPMSなどではありませんか?
    誰でもバイオリズムで落ち込んだり不安になる時期はありますよ。

    一緒の家で笑顔で暮らしていけたら、よい方向に進む気がします。

    ユーザーID:6645772448

  • 深い心の傷の手当てをしましょう

    二人とも傷ついた過去をもち、その傷ついたままの血だらけの心を抱えたままなんですね。
    それに向き合うのも辛いあなたは、なかった事にしたいが、それは彼の過去を否定してしまうのと同じ。
    苦しんだ過去を人に否定されたり、なかった事のようにされると傷つくのは、
    あなたはわかっているから、悩んでいるんですね。

    まずあなた自身のトラウマにまでなっている深い心の傷を、カウンセリングで吐き出して、気持ちを癒しましょう。
    ご主人もまたカウンセリングが必要です。
    心の傷は、話すことでも文章でもいい外に出し表現されると癒されると言います。
    あったこと、その時感じた事をすべて話したり書いたりしましょう。

    自然に忘れられるなら良いのですが、これまでも抑えて来たのに無理やり自然の感情を封じ込めると、
    一時的には良くても、後々フラッシュバックなどで苦しみ精神を壊すことが多いので、勧めません。
    もう無理をしないで、
    楽になっていい、人の助けを受けていい、苦しみを一人で抱えなくていいんです。

    二人でどうか心の傷を手当てして、傷ついた時のあなた方が大事な存在であることを認めて下さい。

    ユーザーID:3793102319

  • いや。。

    ざっくりしすぎていてちっともわからないですよ。
    それで意見なんて言えませんよね〜
    状況が全くわからないので・・・・

    無かったことにして生きる、それは旦那にはばれてしまうんですか?
    「あ、俺の事無視してるな、俺の過去は私には関係ないんでって事ですか?」って旦那が思うような態度だったら、そりゃ不信感買うでしょうよ・・

    ちょっと隠してる事ばかりで意味不明すぎます

    ユーザーID:4056603001

  • ごめんなさい、よくわかりません。

    主さんとご主人の事情を明かせない事ではなくて。

    私がよくわからないのは、主さんのご心配が「〜かもしれない」という仮定である事の方です。
    >それで夫を傷つけているのではないか
    >自分の人生を否定されているようで悲しまないか
    どちらも「実際に起きているかどうかすら分からない」事ですよね?

    例えばご主人がそのご主人の過去について、切々と訴えてきているのに、それを無かった事のように振る舞うのは、それは傷つける行為でしょう。

    ですが恐らくご主人は、そのような訴えはしてこないのでは?

    それと、人それぞれ、生きていれば色々あります。
    大小の差で、主さんのご主人の方が大きいのかも知れませんが、
    問題は「そこ」でがなく、
    「今」もしくは「これから」
    どう生きるか?
    が最も大切なんじゃないかな?と思います。

    過去にどんな事があろうとも、今を大切に生きる事ができていれば、それで良いんじゃないかな?

    もし、ご主人が今、過去に苦しんでいるような態度が見られたら、
    そっとしておきましょう。
    吐き出す事で楽になるなら、話を聞きましょう。
    ご主人が普通にしているなら、主さんも普通に過ごしましょう。

    ユーザーID:5164418959

  • 忘れるのが一番でしょう?

    過去に何があったか?知りませんが
    嫌なことなら、本人だって忘れたいんじゃない?

    逆にいつまでもパートナーが覚えていて
    ことあるごとに「私はあなたの理解者だから」みたいなコメントが出たら
    うっとうしすぎるし、勘弁してくれ〜って逃げたくなると思う


    なので、「無かったことにして忘れる」のに一票です

    ユーザーID:6290209390

  • ナニソレー

    さっさと離婚してあげてください。
    受け入れられないのに何で一緒にいるの?

    ユーザーID:1798673024

  • 夫君と話し合ってください

    私も、特定できるレベルの犯罪被害者ですので詳細は控えます。
    夫は犯罪には全く無関係ですが、その遠因を作ったという点では関係者です。
    当然、夫はすべて知っていますが、気にしない性格で普段は「忘れて」います。
    本当に意識から消えていますので、時には私の心の傷をえぐるようなことを不用意に言います。
    あまりに無神経なときは私から指摘して直してもらいますが、またすぐに忘れます。
    なので、こちらの考え方を変えました。
    私にとっては死ぬよりもつらい体験でしたが、夫には忘れて気にならないほどどうでもいい些細なことなのだと。だから私も、気にしなくて良いのだと。

    主さま、今の主さまのお気持ちをすべて夫君に明かして、どうしたら夫君とわかり合えるか、一度夫君ととことん話し合ってください。主さまが夫君を大切に思っていることも伝えてくださいね。
    主さまひとりで気を使っていても、言わなければ夫君には伝わらないし、案外夫君は主さまが思うほど気にしていないかもしれないし。
    過去はどうあれ、おふたりで今、これからを大切になさってください。

    ユーザーID:1159839248

  • 分けて考えること

    トピ主さんは、旦那さんの事もご自身の事も同じように
    ご自身に起きた事のように受け止めていらっしゃるよう
    です。

    先ずは、トピ主さん自身に起きた事と、旦那さんに起き
    た事を分けて考える必要があります。

    旦那さんに起きたことをトピ主さんが共感されることが
    あっても良いと思います。しかし、それ以上への思いは、
    旦那さんに失礼に当たるのではないでしょうか。

    旦那さんは、旦那さん自身で考える事もできるし、旦那
    さん自身が対処すべき課題ではありませんか。トピ主さ
    んが口出しされ事ではないのではありませんか。

    お二方とも、過去にどんなにかお辛いことがあったので
    はと推察します。しかし、何時までも、その事に拘って
    いては先に進む事が出来ません。過去を整理して箪笥
    の奥に仕舞いこみませんか。

    過去の辛い気持ちは、確りと胸に刻みながらも、今日と
    明日を生きる事に精力を使いませんか。現時点に注力
    することで、必ず未来が開けて来るものと信じます。

    ユーザーID:3778447263

  • レスをありがとうございます

    過去のことが具体的にわからずアドバイスしにくいのに、あたたかいレスをありがとうございます。
    みなさまのレスを読み、こちらで相談してよかったと思いました。

    夫の過去と私のトラウマが被っている点は、
    「性的トラウマ」と「親子」ということが関係しています。
    この2つが絡み合うだけでかなり生理的につらく深刻な過去ということだけでも、お伝えさせていただければと思います。

    当たり前ですが、みなさまそれぞれに違うお考えがあっていろいろな視点があることに気づかされます。
    そしてみんながそれぞれに過去をもっていて、その都度がんばって乗り越えて、ときには笑ってときには泣いて…それが人生なんだろうなと感じさせられました。
    何が正解かということはないと思いますので、夫を幸せにすることを考えつつ、自分のことも癒していける方法を模索できればと思います。
    夫婦でのカウンセリングも視野に入れたいと思います。

    こちらに相談させていただき、会ったことも話したこともない人間に対してこうしてレスをくださるみなさまの温かさに触れたことが、何より癒されました。
    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:1921350632

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 過去のつらい経験だけがその人の人生じゃない

    とぴ主さんは、過去のつらい出来事ばかりを取り上げられ、ずっと「可哀想な人ですね」と周りから憐みの目で見てもらいたいですか?

    今は配偶者と主に、穏やかで幸せ(平凡)な生活なのに、ずっと「あなたは可哀想な人」と配偶者から言われたいですか?

    私は嫌です。周りから「可哀想な人」とずっと言われていることは耐えられません。だって、今幸せですもの。

    とぴ主たちのこれからの人生、平均寿命からすると約50年あります。
    過去にとらわれて泣き続けるのか、これからを見て笑って過ごすのかは
    あなたたち次第です。

    ユーザーID:9145158471

  • トピ主です

    みなさま、レスをありがとうございます。一つひとつレスができずに申し訳ありませんが、大切に拝読しております。

    これまで、楽になる考え方としてありとあらゆることを試してきました。過去は過去のこととか、今と未来が大事とか、頭ではわかっていても心がついていかない時もあればうまくいく時もありました。

    私は普段、自分の悩みや苦しみを人に打ち明けることはほとんどありません。
    悩みなどは自分の中でじっくりと長い時間をかけて論理的かつ合理的に考えて解決してきました。だから周囲からは私はあまり悩まないタイプだと思われています。

    ですが、この件に関しては一人で抱えているのが本当に苦しくなってしまい、新しい視点をいただけるのではと藁にもすがる気持ちでトピを立ててみました。

    そうしましたら、なぜか今日ふと
    「自分ではどうにもならない運命は素直に受け入れる」
    と考えられるようになってきました。誰かに聞いてもらうことで少し救われたのかもしれません。
    波があるかもですが、今日はいつもよりだいぶ心穏やかです。

    夫をもっと信じて、一人で抱えるのではなく二人で乗り越えていけるようになればいいなと思います。

    ユーザーID:1921350632

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • なかったことにしましょう

    私も生い立ちにいろいろあり、ある程度大きくなってから
    過去のいろいろな経験を反面教師のようにして
    強く生きていく術を身につけました。

    その後に、今の夫と出会いました。

    夫には過去のこと話していません。
    夫は私のような生い立ちがなく、普通の家庭ですくすくとまっすぐに育ったひとで、
    そういう部分に惹かれました。
    この人となら、私もまっとうな人生が送れる!と思い、結婚しました。

    だから、過去とはすっきり切り離し、今は第二の人生のつもりで生きています。
    そしてとっても幸せです。

    幼少期の話を、夫やこども達としている時に、
    普通の人がしてきていることを私が経験していなかったり、
    記憶があやふやだと言ってごまかしたりするときに、
    夫が「?」という顔をすることはあります。
    でも、そこは私の触れて欲しくない部分なのだと感じ取って
    話題を変えてくれます。
    そうしてくれることをありがたいと思います。

    なかったことにして振舞うことは、ご主人にとっても救いになると思います。
    何でもかんでも真正面から向き合う必要はありません。
    せっかく結婚できたのですから、第二の人生と思って幸せになってください!

    ユーザーID:0630893810

  • 離婚もありですよ

    トラウマの内容からすると、非常に根が深いと思います。

    仮にですが、レイプの経験がある二人が夫婦になったとして、それをお互いに知っているとする。これはなかなか健康な愛情が育ちにくいどころか、もしかしたら過去の経験がつねにフラッシュバックして、傷自体が癒えにくいかもしれない。


    自分が辛い状況なのに、相手を助けようなんて無理な話です。離婚してお互いにまず自分の傷を癒すことが大事かも知れませんよ。とりあえず即離婚せず、まずはしばらく距離をあけてみたら?


    辛い経験をされているかたは、毎日が辛いのが当たり前になりがちなので、日常から抜け出して別の経験をすることも大切かもしれません。

    ユーザーID:0898826089

  • トピ主です

    引き続きレスをありがとうございます。どのお言葉もとても心に染みてきます。
    もう少しだけ吐き出させてください。

    「過去に縛られても仕方がない、今と未来を向いて生きよう」

    これは、トラウマを抱えている人が誰よりも心のなかで繰り返し言い聞かせている言葉であり、本当にそのようにすべてを整理できたらどれほどいいかと、涙が出るほど渇望していることです。

    なぜお互いのトラウマを刺激し合うようなふたりが出会って結婚してしまったのだろう、と嘆いたこともありますが、こういうのを巡り合わせというのかもしれませんね。

    共依存という言葉もよく耳にしますが、何が共依存で、何が思いやりで、何が愛なのか、もうよくわからなくなってきました。

    ユーザーID:1921350632

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 専門医の元できちんと治療をしましょう

    典型的なPTSD(心的外傷後ストレス障害)のようですね。
    PTSDに関する経験豊富な専門医の元できちんと治療をしましょう。
    時間は掛かりますが、心の重荷、負担を少しでも軽くすることができます。

    一人で解決が困難なときは、他人(専門家)の力を借りることも大切です。

    ユーザーID:8200770533

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧