• ホーム
  • 話題
  • 駄)ボウリングのスコアを手書きカウントできますか?

駄)ボウリングのスコアを手書きカウントできますか?

レス45
(トピ主1
お気に入り37

生活・身近な話題

りらっくま

47歳主婦です。
今日、子供達と久しぶりにボウリングへ行ってきました。
私はもう十数年ぶりぐらいでしょうか。
ところで、今はボウリングのスコアというのは当たり前のように
コンピューターが勝手に計算してくれますよね。
私が職場のボウリング大会に参加していた25年前でもすでに
そうでした。
けど、良く考えたら自分が小学生ぐらいだった時、
家族でボウリングに行ったら、そのスコアは親が手書きで一生懸命
計算して書き込んでくれてたような気がします。
今日、そんなことを思い出しながらスコア表をながめていたのですが、
スペアが続いたとき、ストライクの時、ダブルストライクの後、ガーターを
出した時、そのスコアの足し算の法則がちっともわかりませんでした。
みなさんは知っていますか?
おそらくコンピューター計算のなかった時代、
その計算をしていた世代か、数学が得意でそういう法則を瞬時に
理解してしまう頭の良い方ぐらいしか知らないのでは?
と思っていますが・・。

ユーザーID:3905334387

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数45

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いやいや

    普通の小学生の子供だってすぐ覚えますよ。

    ガーターは、単に0だし、
    スペアーは、その後の一投分の点を スペアをとったときの点に加算する。
    ストライクは、その後の二投分の点を ストライクを取ったときの点に加算する。

    テンフレームは、投球した分は スペアだろうがストライクだろうが単純に合算するだけ。

    んだけのことです。

    ユーザーID:3782200608

  • いや、普通に

    計算できますけど。

    ユーザーID:4619758478

  • 法則は35字で書ける

    >数学が得意でそういう法則を瞬時に理解してしまう頭の良い方ぐらいしか
    >知らないのでは?

    数学どころか算数です。法則は、字数の数え方にもよりますが、35字ほどで書けます。
    説明ナシで法則を見抜くのはむずかしくても、1度軽く教われば、小学2〜3年生なら理解(&自分で計算)できるでしょう。
    トピ主は(親などから)教わったことがないのでは?

    それにしても、この話といい、「パソコン等(かな漢字変換機能)を使うと漢字が書けなくなる」ことといい、“機械がかしこくなると人間はバ○になる”の好例、いや悪例!?ですね。
    マージャンの得点計算でも似たことが起きているらしいし、居酒屋・回転寿司では料金計算(割り勘計算まで!)を機械がやってくれる。広い意味ではカーナビもそうですね。

    ユーザーID:2177504352

  • 得点計算

    私、70歳の男です。
    学生時代は手書きスコアでした。
    なので1〜2回投球を多く投げての、ごまかしスコアなんぞも書いてました。

    得点数え方はスポーツのルールですから、ルールを知っていれば別に困ることはありません。

    スポーツではありませんが、マージャンの得点数え方を知らなくともマージャンは楽しめます。誰かに数えてもらえばいいのですから。

    パチンコだって出玉の計算は全部機械がやってくれます。

    ボウリングだってまっすぐ投げさえすれば、機械が数えてくれますから楽でいいですよね。

    ユーザーID:6571319318

  • 簡単ですよ

    ボーリングブームの
    真っ只中に学生時代を過ごした
    おばちゃんです

    あちこちにボーリング場が
    ぽんぽん立ち、それでも2〜3時間待ちは
    当たり前の時代

    マイボールとかマイシュウズとか
    作ってのめり込んでいる人沢山いました
    テレビ番組も週に1〜2本レギュラー枠で
    あった位ボーリングの人気は
    大変なものでしたね

    スコアの計算はとても簡単です
    数学嫌いでも一度教わったら
    すぐできます

    懐かしい思い出をありがとうございました

    ユーザーID:2404146954

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • いや…大半の人は出来ると思います。

    スコア計算のルールは簡単ですよ。
    第1〜9フレームと最終第10フレームが計算の仕方が違うだけです。

    第9フレームまでは
    ストライクのフレームの得点はストライクの10本+その後2投のピン数
    スペアのフレームの得点はスペアの10本+次の1投のピン数
    第10フレームは単純に倒したピンの合計数で
    ストライクもしくはスペアを出せば3投目まで投げられる。

    単にこれだけです。
    これが理解できてないと「どうすれば逆転可能か」が判断できないからね。

    ユーザーID:1341142205

  • 昔は誰でもできましたよ

    私も、47年ぐらい前  まだまだ若くて20歳ぐらいの頃にボーリングが最盛期の頃は朝早く起きて(4時〜5時)  ボーリング場に予約に行っても実際プレイできるのは、昼前11時頃からでした。  中山律子さんや並木恵美子さん達が活躍している時期でしたね。  ちなみに、スペアの時は次の投球の1回目の本数まで足して記入、ストライクの時は次の次まで足して記入。  パンチアウトまで含めて12回連続ストライクだったら(パーフェクト)合計300点。次の次までってかんじで足してみてください、300点になるはずです。 中山律子さんが女子プロボウラーで最初に出した人ですね。

    ユーザーID:0573196204

  • もちろん

    できますよ。

    あの大ブームの時に高校生でしたから、家族や友達とよく行きました。
    父や兄は特にうまくて、200超えなんて当たり前。
    私は130位(笑)

    投げ終わった人が、テーブルに座ってスコアをつけるというのが、当時は当たり前みたいでしたね。だから誰でもつけられた。


    ま、娯楽の少なかった昔のレジャーだから、若い人がスコアに関して知らなくても当たり前だと思いますね。

    ユーザーID:8143960023

  • ルールを知ってるかどうかじゃないですか?

    私は子供のころからコンピュータの採点表示でしたが、
    採点は、多少時間がかかってもよければできます。
    細かいことは分かってないかもしれませんが。

    トピ主さんも
    >そのスコアの足し算の法則がちっともわかりませんでした
    と書いてらっしゃるように、法則?が分かりさえすればすぐできるのではないでしょうか。

    ユーザーID:9636165142

  • 普通にできます

    >おそらくコンピューター計算のなかった時代、
    >その計算をしていた世代か、数学が得意でそういう法則を瞬時に
    >理解してしまう頭の良い方ぐらいしか知らないのでは?

    恥ずかしいから リアルの世界では言わないほうがいいですよ。

    ルールを知っていれば小学生にも出来ます。
    ただの足し算です。
    我が家の子供たち、自分でスコアくらい書けます。

    スポーツでもゲームでもルールくらい覚えてからやりましょう。

    ユーザーID:8400173199

  • 手書きの時代で鍛えられたので・・・

    20代の昭和40年代ボウリング全盛時代を過ごしたおばさんです。
    さわやか律子さん〜時代です。当然紙のスコアカードに鉛筆で手書きの時代で、鍛えられましたね。

    朝練もするくらいはまっていた頃でしたが、結婚して息子が中学1年の時に親子でボウリング場へ行く様になり、またまたはまってしまいました。
    45歳で国体(名古屋国体)にも出られたのが我が人生で、一番印象深いでしょうか。ボウリングと共に歩んで来た人生ですが、数年前から休止して現在は別の屋外スポーツを頑張って楽しんでいます。

    息子とはボウリングで共通の会話が出来たことが、非常に良い関係が保てましたね。

    手書きの頃の方が懐かしいです。

    ユーザーID:5178180488

  • コンピューターサイエンス?!

    50代後半で、初めてボーリングをしたのは小学生のときですが、そのころからスコアのつけ方は知っていましたし、親に頼まなくても自分のスコアは自分でつけてました。
    単なる足し算ですから、別にコンピューターも電卓も要りませんし、暗算が無理なら、スコア用紙の隅で筆算すればいいだけです。
    ちょっとややこしく思えるかもしれませんが、たいして難しい「法則」ではありません。

    ユーザーID:3087954882

  • 知っています

    当方55歳。
    ボーリングブームの世代ではありませんが、大学生時分によくボーリングをしていました。
    スペアーだと、次の1投目の点数を加算します。
    例えば、1フレームにスペアーを取って、2フレームの1投目が8本の時、1フレームの
    点数は18点です。


    ストライクだと、次の2投目までの点数を加算します。
    例えば、1フレームにストライクを取って、2フレームの1投目が5本で、2投目が3本の時、
    1フレームの点数は18点です。


    また、ストライクが続いた時ですが、
    例えば、1フレームにストライクで、2フレームもストライクで、3フレームもストライクの
    時、1フレーム目の点数は30点です。1フレームの点数に2投分(2フレームと3フレーム)
    の点数が加算されます。

    4フレームもストライクの時は2フレームの点数は60点です。
    1フレームの点数(30点)+2フレームの点数に2投分(3フレームと4フレーム)の点数
    が加算されます。

    全フレームがストライクの時は300点です。

    ご理解いただけましたか?

    ユーザーID:1803243920

  • 答え

    ミスなし(ストライク、スペア)は3投の合計を加算します。ミスはそこで終了。以上

    ユーザーID:4914948709

  • できますよ

    60代女性です。

    昔は全部自分で計算していましたから、もちろんできます。
    懐かしいですね。

    ユーザーID:5039274583

  • 普通に。

    55才です。

    自動計算してくれなかったときは自分でしていましたから、普通にできます。

    足算ができればいいだけですよね。

    ユーザーID:6923700079

  • 懐かしいですね

    54歳です。

    リツコさんがブームで、毎週TV番組でボウリングの試合を観ていた世代です。
    女子プロボウラーは憧れでした(笑)

    ドラマ化された少女漫画もあったし、ボウリング場自体がたくさんありましたね。

    そんなこんなだったので、小学生の時が一番行きましたが、当然スコアは手書きでした。

    さて本題の計算方法ですが、まずストライクやスペア、ガーターのマークくらいはわかりますね。

    スペアの時には次の一投、ストライクの時には次の二投分で倒した合計を足すだけです。

    小学生でもできます(笑)

    ユーザーID:8077297355

  • 数学得意じゃないけど分かるよ

    ボーリングは数年に1回行くか行かないかなので
    ルールというか得点の計算方式は知りません。

    けど、ゲームをしながらスコアを見てたら、
    ストライクやスペアを出した次の投球は
    特殊な点のつけ方をしている、ということは理解できます。

    あとは数学ではなく算数くらいの知識で計算して
    ルールを理解できますよ。

    まあ、数年に1回だからすぐ忘れるのですが…

    ユーザーID:1412809515

  • あらあら…

    10フレーム以外はストライクなら直の2投、スペアなら直後の1投を加算するのですよ。

    ユーザーID:0716642485

  • 若い人は…

    若い人は  自分で計算して手書きしてた  という事実を知らないでしょうね(苦笑

    私はボウリング場でアルバイトしてたので今でも計算は出来ますが…

    ユーザーID:6691568118

  • 知っていますよ

    トピ主さんと同世代

    小学生の時、手書きでしたね〜懐かしい

    スコアの計算は、お父さんに教えてもらいましたよ

    トピ主さんは教えてもらわなかったのですか????

    ユーザーID:5062430754

  • 覚えてると思う

    アラフィフじじいですが、
    若いころそこそこ楽しみましたが、
    逆に自動計算になってからはあまりやってません。

    別に数学が得意とか、頭がよくないと計算できないとか、
    そんなことはありません。
    スコアの計算方法がわかってれば小学生でも簡単にできます。
    私ももう20年以上やってないけど、たぶん、まだできると思う。

    ストライクのときは、直後の2投分加算される、
    つまりターキー(3連続ストライク)の場合は、
    最初のストライクを出したところにはそのストライク分10点に
    直後のストライク2回分20点加算されるわけですね。
    スペアの場合は直後の1投分加算。
    スペアのあとガーターだったら、
    10点プラス0点、
    スペアのあとストライクだったら、
    10点プラス10点、
    てな具合ですね。

    ユーザーID:8939999675

  • はい。計算していました

    59才、男性です。
    まだ若かりし頃までは、紙をもらって、鉛筆で点数を記入していました。

    ガーターは単に0点(0と書かずに、−を書いてました)
    スペアをとったら、次の投球で倒したピン数もプラスする。
    ストライクは次とその次の(2回の)投球で倒したピン数もプラスする。

    計算して記入している間に、自分の番がきたりして、結構スリルがありました。
    次の投球とか、その次もとか数えて、ピンがいくつ倒れたのかわからなくなったり。

    1回の投球でも、ピンの影に隠れて、いくつピンが残っているのか数えている最中に、バーが下りてきて「ピンを掃除」してくれたりと。

    コンピュータ計算になってからは、楽ですが、あの楽しみ(スリル?)はなくなったんだなぁと多少残念に思います。

    ユーザーID:8937766581

  • え・・・簡単じゃん

    単純な計算ですよ?
    ここで文字で説明してもわかりにくいですが、
    ネットで調べてみました?

    スペアが続いたときは、スペア(10)+次の1投目が加算されます。
    10+1投目の本数、単純にこの繰り返しです。

    ストライクのときも基本的にはスペアと似ていて、ストライク(10)+次の2投目までの本数。

    ダブルストライクのときは、ストライク(10)+ストライク(10)+次の2投目までの本数。

    ターキーのときはさらに次の2投目まで関係あるので、
    ストライク(10)+ストライク(10)+ストライク(10)+2投目までの本数。

    10フレだけはちょっと特殊ですが・・・まあそれはネットで調べてみてください。

    スコア表を見ていたんですよね?
    投げたからといってすぐに点数が出ないことがあったはず。
    ってことは、投げるまで点数が決まらないって意味ですよ。

    例えばスペアを取ったら、次の1投目まで点数がでませんよね?
    そこまで計算に関係あるから点数が出ないんですよ。
    ストライクが続くときも同じです。
    次の次まで点数でないでしょ?
    いつ点数が加算されるか、それを見ていればすぐわかると思うんですけどね。

    ユーザーID:1830113747

  • 計算は簡単

    ストライクのフレームの得点:
    10ピン+(その次の投球のピン数)+(さらにその次の投球のピン数)

    スペアのフレームの得点:
    10ピン+(その次の投球のピン数)

    最終フレームのみ
    (1)ストライクを出すと追加の2投球が許可されて
     10ピン+(追加投球1のピン数)+(追加投球2のピン数)
     追加投球1がストライクでない時は残ったピンを追加投球2で狙う。
    (2)スペアを出すと追加の1投球が許可されて
     10ピン+(追加投球1のピン数)

    基本はこれだけなので知っていれば誰でも計算できます。

    例えばストライク・ストライク・1投目ガター・2投目9ならば
    最初のフレームの得点は10+10+0=20
    次のフレームの得点は10+0+9=19
    その次のフレームの得点は0+9=9

    例えば1投目9・スペア・1投目8・スペア・1投目7・スペアならば
    最初のフレームの得点は10+8+18
    次のフレームの得点は10+7+17
    その次のフレームの得点は10+(さらに次のフレーム1投目)

    12回連続ストライクで全フレーム30点、計300点になる事がおわかりでしょう。

    ユーザーID:8177613061

  • ガーターは0です

    カーターは0だから、別に難しい計算はないですよ。

    スペアの場合と、ストライクの場合が、ちょっと違う足し方になりますが、

    スペアは次の一投、ストライクなら、次とその次まで足せるわけで、その程度の違いですよ。

    私はあの中山律子さんたちの時代に学生だったから、ボウリングはよくやりました。
    だから、スコアももちろん計算できます。
    当時、友達同士で行くと、順番にスコアをつけたから(一人の人に任せないで、交代で)私の仲間たちは皆、つけられますよ。
    今も覚えているかどうかは分からないけどね。

    ユーザーID:7940861966

  • 手書きの経験あります(できます)

    スコアの法則さえ知っていれば、後は簡単な計算なので数学が得意かは関係ないと思います。

    >その計算をしていた世代

    トピ主さんと同じ年ですが、田舎だったせいか働いていた最初の頃は手書きでした。

    ちなみに私は数学は苦手です。

    ユーザーID:7778632798

  • できますよ

    今はどこもコンピュータで計算してくれますけど、いつも無意識に暗算しちゃってます。

    特に難しくもないですよ。

    っていうか、もう何年もボウリングやってないですね。
    久しぶりにやりたくなりました。

    ユーザーID:7281882957

  • できますよ。

    子どもの時、ボウリングブームでした。
    当時は自分たちでスコアをつけるのが当たり前でしたね。
    このスコアの計算は、スペアとストライクの計算の仕方を知っていると簡単ですよ。

    ユーザーID:7484204056

  • 懐かしい・・・

    ボウリング大好きです。つい数年前まで週2くらいでしゃかりきにやっていました。
    ちょっと病気になってから足が遠のいています、只諦めたくなくてロッカーを毎年更新している感じです。

    小さい頃娯楽も余り無く父親がやはりボウリング好きだったので、3人兄弟と父と時々母もでボウリングによく行ってました。一回だけ父親が小さいトロフィーを買ってくれて皆で競った事もあります。
    確かに昔は鉛筆と紙がおいてあって計算してましたね。

    私は一番チビだったので免除で、父親が姉や兄達に教えながら足し算してたのを覚えています。だから全く計算できません。

    二十代の頃、すっごく久しぶりに親友と2人でボウリングに行った事があり、その頃はまだ計算してた古い所?でした。2人ともスコア計算できなくて(泣)、ただ投げて何回め?とか言いながらやったのを思い出しました。

    ユーザーID:7957099012

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧