• ホーム
  • 健康
  • 喘息と診断された方、体調はいかがですか?

喘息と診断された方、体調はいかがですか?

レス15
(トピ主3
お気に入り29

心や体の悩み

喘息の疑い

成人喘息の疑いと診断され、これから確定診断のために検査が進められます。

現在ある疾患でパートを辞め、症状が落ち着いてきたので、そろそろパートを再開させようと求人チェックを始めた矢先の事でした。

成人になって発症した喘息は、100%完治しないが、薬と吸入を怠らなければ怖いことはないと言われました。

秋口から冬にかけては、風邪やインフルエンザなど注意を払い、無理をしないようにとの事。

喘息など持病があっても、仕事も普通にしている方たくさんいるかと思います。

今ここでパート探しをするべきか?これから喘息の検査が始まるので、秋〜冬の間は、この際なのでもう少し療養に専念して春先から動き出そうか?迷っています。

無理なく長く続けられる仕事、避けたほうが良い職種などありましたらお願いします。

また、発作の時は、重軽症問わずお休みさせていただいた方が良いのか?また面接時に正直に喘息の事を伝えたほうが良いのでしょうか?

せっかく仕事が決まっても休んで迷惑をかけないか?無理をしてこじらせてはいけないという心配と、過度に自分を甘やかしてはいけないという心配があります。

また、日常生活で注意することなどありましたらお願いします。
よろしくお願いします。

ユーザーID:8148783372

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ほこりの多い仕事(清掃業、農作業仕分け)

     ほこりの多い仕事は、仕事のせいで悪化することがあります。ホテルのベッドメイクなどの清掃業や、土埃のついた農産物を仕分けする仕事などは危険です。

     発作の時は、ということですが、治療をちゃんとしていれば、発作がまず起きなくなりますので、そんなに心配ないです。面接でも別に言う必要はないと思います。症状が無い時でも、指定された回数の吸入を忘れなければ、ふつうに日常生活が送れます。

    ユーザーID:5639999135

  • 父が喘息でした

    20年以上前に亡くなった父が喘息でした。軍医として戦争に行った南方で、近くで破裂した砲弾の破片を吸ってしまった事がきっかけでした。父の場合は埃をとても気にしたり、気圧の変化に敏感で、雨の降る前や梅雨時、季節の変わり目にヒューヒューという喘息特有の呼吸をしていましたが、吸入や薬でコントロール出来ていた様で、亡くなる73歳まで、元気に勤務していましたし、休みには趣味の美術鑑賞にも出かけていました。夜寝る時喉が詰まって咳が出るので、枕の下に座布団を敷いて息が通りやすい様にしていました。またベッドの横に小さな水筒を置き、(喉が渇くと喉がかさかさになって辛くなるそうです)いました。今はいい薬もありますので、主治医にご相談して合う薬が見つかるといいですね。普段の生活のアドバイスも受けられるとよろしいかと思います。

    ユーザーID:1168630983

  • 同じくです。

    私も30歳を過ぎてから喘息と診断されました。
    職種は、温度差の少ない食品工場です。
    埃が立ったり、温度差が激しかったり、特に冷蔵品など、気温が極端に低い所などは、咳を誘発するので避けた方がいいです。
    私は派遣で働いていますが、面接の時に伝えた所、出来る範囲で配慮して頂けました。
    ストレスの溜めすぎや睡眠不足にもなるべく気を付けて、風邪予防と薬に気を付ければ、後はなるべく普通に日常生活を明るく過ごすようにしています。
    大丈夫です。

    ユーザーID:3891825427

  • 続きです1

    続きます

    昨日関東地方に台風が接近し、気圧の変化なのか?胸が苦しくてあまり眠れませんでした。おまけに生理も重なりダブルパンチでした。

    シムビコートを処方され、朝夜1吸入ずつしていますが、一昨日あたりから吸入がうまく吸えませんでした。

    今日は、天候は回復し、猛暑でうだるような暑さです。呼吸もまだ少し苦しいが回復してきました。ペットは、飼育していません。

    まだ、大きな発作には至らずに済んでいますが、夜間など発作を起こしたら、直ちに救急外来へ駈け込まないと危険な状態になるとか・・・

    呼吸器内科のクリニックに月1通院し、検査などクリニックに設備のないものや入院などは、近くの総合病院と連携しています。

    呼吸機能検査が苦しくてうまくいかないことが多いが、カーブと聴診から喘息の症状だとの事。

    風邪をひいたりすると悪化しやすくなるために、外出時にはマスクを着用するように言われました。

    続きます

    ユーザーID:8148783372

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 続きます2

    先日、高校時代の同窓会があり、久しぶりに昔の級友と顔を合わせました。年齢的にも節目の年であり、持病を抱えたりしている方も数名いました。

    また、看護師として活躍されている方も数名おられ、たまたま私の隣に座った方が、呼吸器内科のクリニックで看護師をしているとの事で、いろいろ話を聞きました。そこで、彼女からピークフローと聴診器を購入を勧められました。

    聴診器は、高額の物でなくても、自分の呼吸音を把握しておいたほうが良いとの事。

    ピークフローは、喘息の自己管理には欠かせないようなものであるらしく、喘息と確定診断がついた時点で、喘息日誌とピークフローを医師からつけなさいと渡されるようで、医師の考えの違いもあるようで、すべての喘息患者さんに指導されるわけではないとの事。どちらもネットで購入できるとの事です。

    パートの件は、ストレスで悪化しやすくなると思うので、今は無理しない方がいいのではないか?と言われました。

    続きます

    ユーザーID:8148783372

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 続きます3

    彼女から、「自分の勝手な判断で薬をやめたり通院をやめたり絶対にしないこと。彼女の患者さんにもそういう人が多いらしく、症状を悪化させこじらせて治療が長引いたり、医師との信頼関係がうまくいかなくなったりする」との事をきつく言われました。

    また、「今のクリニックの医師が呼吸器専門の女性医師であるならば、その先生を信用し、二人三脚で治療に取り組むことが大切であり、医師も人間だから、合う合わないがあると思うが、合わないと感じてももう少し根気よく付き合ってほしい。あちこちはしご受診するのは、どの医師にとっても治療がやりにくくなる。」と

    確かに今のクリニックの女性医師さんと、あまり合わないかな?と思っていましたが、受診を続けるうちに、だんだんと医師やクリニックの様子も分かってきました。

    私としたら、かなりこじらせた、ある疾患の症状が落ち着きホットしていた矢先でしたが、まだまだクリニックとも長い付き合いになると思います。

    ユーザーID:8148783372

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 発作が落ち着いてから就活を

    妊娠中に風邪をこじらせ、出産後に喘息と診断された者です。
    妊娠中は薬を飲めず、また体を休ませられず咳がどんどん悪化、治療並びにレントゲンを撮る事も出来なかったため、出産後にようやく喘息であると判明して治療を始めました。

    喘息の発作、息が出来なくて本当に辛いですよね。
    他のご病気が治った頃での診断、さぞかし色んな想いが交錯されたでしょう。

    喘息と診断されて数年は事ある事に発作を起こしていました。
    育児などで休みはなく体力も落ち、ストレスもあったからでしょう。
    その後は、風邪を引いた時、季節の変わり目時と減り、子育てが一段落してからはインフルエンザに罹った時のみになりました。

    発症から18年、今は全く薬を飲んでいません。
    真冬の冷たい空気を吸い込んでも、疲れ切っていても、インフルエンザでも喉がヒュウと鳴る事はなくなりました。
    職場には、喘息の気はあるけれど今は治っていると伝えています。

    外仕事、体を酷使する仕事、ストレスが溜まりやすい仕事は避けた方がいいです。
    発作が激しい今は無理せず、治療・療養に専念した方がいいかと。
    面接で喘息と伝えて雇ってくれる会社があるのかは疑問です。

    ユーザーID:3389513450

  • 18歳で喘息になりました。

    10年以上、発作が出ていないので、自分でコントロール出来ていると思います。


    私が日常生活で注意している事

    (1)アレルゲンを取らない。

    食物アレルギーのあるものは、少量でも摂取しません。
    掃除をするときはマスクをしてハウスダストを吸わないようにする。 

    (2)激しい運動をしない。

    マラソン、サッカーなどのスポーツをしません。
    たまに、喘息だと言うと「体を鍛えろ」とか「走って抵抗力をつけろ」とか言う人がいますが、走ったあとに、強烈な発作が出てから控えています。

    (3)台風の季節になると体調が悪くなるので無理しない。

    自分がどんな状態だと喘息の発作が出やすい把握して、
    それを極力さけるのが大切だと思います。

    ユーザーID:4953233618

  • 今はいい薬がありますから、過度に心配しなくてもいいですよ。

    私は子供の頃からアレルギー体質で
    蕁麻疹、小児ぜんそくを経て大学生の頃寛解し
    その後30代後半で蕁麻疹と喘息を再発、40代半ばでアレルギー性鼻炎と
    アレルギーと共に人生を歩んできました。

    今は喘息ならステロイド吸入、ベータ刺激薬、抗アレルギー薬を適切に使い
    生活上の注意をしていれば、ほぼ快適に過ごせます。
    私が喘息を再発したころは、軽度なら経口ステロイドを使う事もあったりして
    副作用で顔がむくんだり、太りやすくなったりしましたが
    今は吸入が主流なので使用量も経口より一桁少ないし
    全身を巡らず局所で作用するので
    本当に楽になりました。

    私の場合は、ダニとハウスダストがアレルゲンである事が後日判明し
    (アレルギー性鼻炎を発症した際に検査して判明)
    自宅や職場の掃除を徹底し、空気清浄機を置き
    鼻炎の治療をきちんとやっていたら、喘息もほとんど発症しなくなりました。

    もし、花粉症などの鼻炎もあれば、その治療を徹底的にすることも
    喘息の予防には重要ですね。

    ユーザーID:6508829698

  • 自分でコントロールをすることをこころがけて

    私は出産後に喘息と診断されました。最初は症状がないときは普通に生活できるので薬も飲まずにいるのですが、喘息がでる兆候がつかめずお薬の開始時期を逃し重症化してたこともありました。重症化すると咳が止まらなくて息がすえなくなって本当に苦しいです。(救急車で運ばれた知人もいます)
    もう10年くらい付き合っていますが、結果的にいうと薬は最低限の量で継続し、ひどくなる兆候がでたら、早めに強めに対処する、というのが自分では一番コントロールできてるかな、と思っています。
    主治医の先生は自分が一番状態がわかるので、自分で調整をしてください、と言われています。(夜中に咳がでやすいので一番ひどい症状を先生が診ることもほぼないですしね)
    話してみると意外に喘息と診断された、という人がいるのですが、みなさん特に告知もしてないようですよ。私も聞かれればいってます。
    とにかく長くお付き合いするものだ、と思って振り回されず早期対処ができるようになるのがいいのかな、と思います。お大事に。

    ユーザーID:8802946959

  • 45歳から20年間喘息です。以前小児喘息でした。

    今後の治療方針は良くお調べになっておられ、ご友人のアドバイスも的確なのでその治療方針でOKです。それ以外の私がやって効果が持続できることを書きます。
    1 毎日「ゆる体操」をする30分位 また深呼吸を朝晩5分位
    *ゆる体操(高岡英夫さん)はネットで調べてください、私はテニス・ゴルフにも役立っています。
    2 アレルギー体質になっているので、化学薬品、埃、気圧、冷房個々に対応ではなく根本的に治すことが必要。
    まず食べ物はお菓子、特にチョコレート、アイスクリームは必ずヤメる。酒:タバコは当然。
    砂糖断ちをやって普通に栄養バランスの良い食事をとれば、朝夜のステロイド吸入と気管支拡張剤、抗ヒスタミンの2種類の服用で普通の生活が問題なく送れます。むしろ以前より健康になります。
    お菓子断ちが一番私には苦しかったですがどうしてもの時は高級な和菓子を少しだけにされると良いです。

    ユーザーID:2398633968

  • 小児ぜんそく、今も治らず。私の心がけは。

    普段は今のところは大丈夫です。
    私は、小児ぜんそくを放置されたので、治らずです。
    毎日部屋を喚起し、掃除もこまめにしています。ほこりは要注意ですから。
    煙も要注意。花火、たき火の煙(畑等)、焼き肉や焼き魚の煙、とても危険です。
    排気ガスにも注意。なので、家以外では、常にマスクです。
    寝る時もマスクが良いのですが、私は無意識に取ってしまうので、寝る時はしていません。
    私は、焼き肉屋等は行けません。若い頃に行きまして、命の危機を感じたから。
    スプレー全般も危険。殺虫剤、匂い予防スプレーとか、絶対にだめ。
    私は、昔、ゴキブリの殺虫剤を使用して、窒息するかと思いましたから。
    あと、シンナーの匂いとか強い匂いでは、必ず発作が起きます。
    会社で掃除するのにシンナー系のものを使われて、発作を起こして大変な目にあったことがあります。
    私は、一応会社の人には、喘息であることは伝えています。
    でも、私が発作を起こすと迷惑がられるのは、辛いですね。そっとしておいてほしいなとは思います。
    息がほとんど吸えないのを耐えていた子ども時代と違い、吸入器があるのは、幸せなことです。

    ユーザーID:3147452604

  • ネブライザー

    小児喘息から始まって、かれこれ40年のお付き合いです。
    私の場合、喘息は風邪を引かない事が最重要ポイントです。
    風邪は軽症でも、喘息の発作が後から出てきて、いつまでも苦しいからです。
    ゼコゼコしちゃいます。
    苦しいと薬も吸えない事があるので、私はネブライザーを数万円でしたが、買いました。
    ネブライザーを買ったので、病院に吸入をしにいかなくてもいいので、病院通いの回数は減りました。
    私の場合はベテランの域に入っているので、自分で乗り切ってますが、今後の経験で、いろいろ自分の体の事も分かって来ると思うので、先生とよく相談していってくださいね。
    お大事に。

    ユーザーID:4039515008

  • 成人喘息42歳から46歳で米国在住して改善しました。

    米国移住後、2週間で咳や喘息が治りました。
    1ヶ月すると喘息の薬は飲まなくて通常生活出来てます。

    現在は在米既婚アラフィフでジョギング5km、水泳、テニスを週5回してます。
    帰国すると喘息が出ます。

    蝙蝠安さんと同じ様な体質改善に取り組んでます。
    それは3年前に子宮内膜症で多発性筋腫で子宮全摘手術後に更年期障害(
    今でもホットフラッシュが偶に出ます。)
    蕁麻疹が出てから1年間体質改善したら現在は薬は何も飲んでません。
    それと蕁麻疹も出てません。

    1,毎朝歩く、気管を広げる、胸を張る、横隔膜を鍛えるストレッチ運動をする。
    2,オクラ、納豆や水溶性食物繊維を毎日食べる。
    3,ハンドジューサーで人参、りんごジュースを飲む。
    4,ブルーベリー、ストロベリー、バナナ他、フルーツ中心に摂取。
    5,プロテイン(肉、魚、) 大豆パウダーで食べる。
    6, Quercetin サプリメントを飲む。天然ヒスタミン。
    7,ココナッツジュースを飲む。浮腫みを改善する自然食を
    おやつに食べる。
    8,カフェインは緑茶、紅茶、コーヒーはブラックで飲む。
    9,グラニュー糖は止めて蜂蜜にする。
    以上です。

    ユーザーID:0071404791

  • 攻める時期ではない

     私もある疾患があり、喘息発作を起こした経歴がありますが…

     現在の疾患が落ち着いているとはいえ、喘息が出ているのですから、体の状況は良好とはいえないでしょう。
     おそらくは、今の状況に就労という新たなストレス(引越し・結婚・就業等は前向きな理由であっても心身ともに大きなストレスとなります)が加わったら、喘息どころか、現在小康状態を保っている疾患すらも悪化する危険はあると思います。ただし、トピ主さんがずっと仕事をしていて、仕事をしない状態が逆にストレスならばその限りではありませんが、多分違いますよね。


     今持っている疾患と喘息とうまくお付き合いできるようになったあとに考えるべきことだと思います。今はその時期ではないかと。

    ユーザーID:9518426160

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧