• ホーム
  • 話題
  • 50代です。老後〜死後のプランを考えてます。

50代です。老後〜死後のプランを考えてます。

レス21
(トピ主8
お気に入り99

生活・身近な話題

お春

50代半ばの女性、フルタイムで働いています。夫は60代前半、すでにリタイア済。年金一部受給中。
もうすぐ80歳になる実母と敷地内同居中。父は鬼籍。
息子と娘(共に20代)がいますが、それぞれ都会で一人暮らし。おそらく地元には帰ってきません。

気が早いかもしれませんが、お盆中にお墓のことなどを考えてしまいました。今後どうなるかは全然わかりませんが、以下が現在の私の心中のプランです。一応年齢順にお空に行く設定です。

(1)65歳までできるだけ働く。好物は後に取っておくタイプ、すなわち今が辛くても後が楽な方がいいと考えています。
(2)私たち夫婦用に、都会の納骨堂を予約しておく。地元でお墓は買わない。
(3)母を看取る。仕事と両立できるかはわかりませんが、兄弟で協力して頑張って、それでも無理なら…施設かな? 
(4)夫を看取る。こちらも無理なら施設行きかもしれませんが、経済的には打撃ですね。
(5)夫の葬儀は、死亡時の年齢にもよりますが、それなりに。仏壇はいずれ都会のマンションにも置けるような、コンパクトタイプ。高いものでなくてよい。戒名は…納骨堂でつけてもらえるでしょうか? あるいは生前に自分たちで考えておく?
(6)私は一人暮らしになったら、今母が住んでいる方の小さい家に移る。おそらく多少のリフォームが必要。車が運転できなくなった時の生活にはやや不安。
(7)今自分たちが住んでいる家は賃貸に出す。家賃を低めにすれば借り手はいるかな? 私の年金に賃貸料を足せば、独り暮らしが無理になった時に施設に入れるかと。
(8)私が死んだら、葬儀は簡素でいい。家は壊して、土地は売りに出す。壊すにはお金がかかりますが、赤字にはならないかと。貯金もいくらかは残るでしょうが、息子と娘で折半。

さあ、どうなるかな? うまく人生を終われることを願います。

ユーザーID:1472705657

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お春さん、同じです

    同年齢、女性です。
    昨年、父を見送りました。


    私もこの頃、自分の行く末を考えるようになりました。
    誰でも年をとれば、自分の考えた通りには行かないということは重々、承知しております。

    でも、やはりできる限り自分の意思で自分の人生をコントロールできたらと思います。
    結果、このような文章を作りました。

    延命治療は、栄養補給、水分補給を含め一切望まない。
    意思が表明できなくなったら、治療よりもできる限り苦痛を取り除いてほしい、そのために命が短くなっても良い。
    75歳を過ぎて、自分の意思表示ができなくなったり、認知の混濁が生じた場合、ガンなどの治療はせず、家族で介護などはせず、施設へ送ってほしい。
    お墓は樹木葬を準備する、葬儀はできるだけ無宗教で簡素に。

    さて、どうなりますか。

    私にも高齢の母がおり、できるだけのことはしようとは思います。
    また夫も最後はちゃんとしてあげたい。

    現段階の政権の法整備や社会福祉体制などを見ても、あまり長生きはしたくないような気持になりました。

    ユーザーID:0602061735

  • 私は予定は未定に終わっている。

    全く思ったとおりに行ってないです。かなり遅れております。私も計画を立てたいのですが、まだ見込みがありません。というのもまだ生活が今ひとつ安定しておりません。

    ストレスでお金使いが荒くてそれを自制するだけでも時間がかかりそうです。

    トピ主さんの計画で賛成できない点が1点あります。
    それは好物は後に回すということです。好物って何かな?

    私自身は50代を過ぎたら、思ったことはもう出来るうちにしておかないとタイミングのがしたら無理が生じます。
    どういってもこれから先若返りません。体の保障はないし、年をいけば気力もそれに比例してきます。ですので、やっぱり気持ちが初々しい状態「旬」の状態に思う存分おいしさを味わいたいですね。旬(気持ちのマックス)の状態の方が正確に満足を味わえる。

    好物はやっぱり「先」がいいで、トピ主さん。

    例えば朝起きて部屋など掃除があるというのに、朝食を済まして10時ごろそのままお茶をするのは余り感心しない。やっぱりすることして、掃除をして部屋を綺麗にして心もさわやかな空気に触れてそれから「好物」というのならこれは「ちゃんとした、後」でのほうがいいとは思います。

    ユーザーID:3610087261

  • 同じく50代半ばの女性です。

    トピ主さんのプランは一般的で、どなたが考えてもほぼそんな感じかと思います。もちろん私もそうでした。ただ自宅は一軒しかないので、私が一人になり、施設へ行くとしたら売却してもらうしかないですが…。

    実は私も1年前まで働いていて、事情があって退職しましたが、また再就職するつもりでした。複数の専門職の資格がありますので、この年でもいつでも復職できます。でもこの間に体調面でどうしても働くことが出来なくなり、いつになったら働けるか、今の時点では分かりません。このまま終わるのも寂しいのですが、年も年ですし、そうなっても仕方ないか…とややあきらめ気味です。
    今さらですが、人生は自分の思うようにはいかないことを痛感しています。でも生きていることに感謝して、また新たなプランを考えないといけないですね。

    ユーザーID:2882992292

  • 貯金が多く残らないのなら

    施設に入居する時の保証人になったお子さんが
    遺産を相続するのでなければ、不公平ですね。

    最近賃貸人の滞納がかなり増えています。

    ユーザーID:6165289960

  • 準備万端ですね。

    ただ、他に遺産相続も考えおいた方がいいですよ。

    遺産があってもなくても揉めますからね。

    先輩より

    ユーザーID:9223146262

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 私も

    こんにちは!50代後半のフルタイム会社員です。夫もトピ主さんの夫さんと同じです。

    私も今後のことを考えています。

    ○ 60歳で定年する。延長はしない。61歳から年金暮らし。
    ○ 実母80代の住む実家に戻る(1年のうち半分以上)
    ○ 実家を老いた母のためにリフォーム。築40年の古い家ながら愛着もあるので。
    ○ 夫が先に死んだら家族葬(夫兄弟中心)で夫実家墓へ。わたしは籍を抜き、旧姓に戻る。
    ○ 今の家や土地はすべて夫兄弟に譲る、というかもともと夫一族のもの。なにもいらない。
    ○ 私が先に亡くなったら遺言で私実家墓へ納骨してもらう。

    卒婚なんですね、私の望みは。

    ユーザーID:8145869451

  • 計画

    それだけしっかり考えてるなら大丈夫ですよ!

    ユーザーID:3209436716

  • 私の場合は・・・

    ずっと正社員の57歳です
    都会に住んでいます。夫は64歳。一人娘は他県に嫁いでいます。

    (1)65歳まで希望するなら働けますが 60で退職予定です。もう十分に稼ぎました。一度きりの人生 次のことを楽しみたいです。
       体力的にこの年代の五年はすごい下り坂だと思っています。

    (2)地元にすでに義父母の墓があります。嫁ぎ先の墓にはいるのがいやという友人がいますが 死ねば同じだと思います。

    (3)義母は仕事と両立させて介護しましたが、それは若かったからできたこと。実父母は現在は元気ですが(電車で一時間のところ) 
       この年で介護と仕事の両立は無理だと思っています。施設かも。。。??

    (4)夫を看取る。こちらも無理なら施設行きかもしれません。主さんと同じ考えです。

    (5)夫の葬儀は、できるだけ質素に。仏壇は義父母のがあり。

    (6)私は一人暮らしになったら、ひとり娘の住む近所に引っ越す。

    (7)今の住居を売って 6を買う。

    (8)私は施設で亡くなる予定。葬儀は簡素でいい。家も貯金も娘の好きにしたらいいと思います。

    ユーザーID:5012731571

  • 人生は思う様にはならないけど、計画は必要

    65歳まで働くつもりでしたが、入院・手術が必要になり62歳で退職しました。病気というより生まれつきの欠陥がこの年になって見つかり、修理するために退職しました。
    年齢順にお空へ行ければいいのですが、思い通りに行かないのが人の寿命です。

    1.私は好物は先に食べるほうです。一寸先に何があるかわかりませんから。「今が辛くても後が楽な方がいい」これは同じ考えです。若いころはそう思っていました。トピ主さんにとって「後」って何歳からですか?
    2.私も都心の霊園に納骨堂を借りています。私の場合先に逝った娘がいるので、その時に借りました。
    3.お母さんの寿命によってトピ主さんの計画はかなり変わりますよね。私の叔父は今年104歳です。
    4.私の場合は夫は3年前に他界しました。
    5.長患いをしたので、故人の希望もあり家族葬でした。私も家族葬と遺言書に書いています。時々書き直しますけど、50歳位から書き始めました。
    6.ご主人が先に亡くなられた場合のことですね。
    7.私だったら賃貸ではなく売ります。子どもたちが2軒の家を処分するのは大変だと思うからです。

    私も「良き臨終を」といつも思っています。

    ユーザーID:5551262124

  • トピ主です。ありがとうございます。

    ホワイトさま、
     レスを拝見し、「病気になった時のことが抜けていた!」と気づきました。
    そうですね、私も延命治療は望みません。義母が最後の1週間ほど、たくさんの管につながれ、うめいていたのが忘れられません。80歳過ぎた人の寿命をほんの少し伸ばすために、あれほど苦しめる意味があるのかと思いました。
     
     樹木葬にも惹かれますよね。海への散骨も考えた時期もありますが、残された家族にとっては「お参りする場所がある」ことが心を安らげるそうなので、海の遠い私たちには向かないと思いました。


    ブタ子さま、
     「好物」については、確かに私の書き方では意味が分かりませんよね! 失礼しました。食事の時の「好物を先に食べるタイプ」と「好物は最後にするタイプ」にたとえて、「早く仕事をリタイアして後で経済的に困る」よりは、「先に苦労(労働)をして後で経済的に楽をする」方がいいと言いたかったんです(汗)
     
     「気持ちが初々しい状態「旬」の状態に思う存分おいしさを味わいたい」はすごくうなずけます。


     それから「これポチ」やお気に入り登録して下さった皆さま、ありがとうございます!

    ユーザーID:1472705657

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 色々な要素がありますからね

    今55歳。春に早期退職をしました。理由はいくつかあるのですが、心身疲労困憊が大きかったかな。又、貯金、公的・私的年金等を換算したところ慎ましく生活するならあと50年は大丈夫と思える資産があったことです。

    元々シンプルなライフスタイルだったので特に生活レベルを落としているとは感じません。

    同時に家系を見ていくと皆60代、70代で他界をしているのでどう見ても100歳を超えるという事はなさそうという事もあります。(寿命ばかりはそれこそ神のみぞ知るではありますが)

    理想的には死んだときに資産等がプラス・マイナス・ゼロですが、それはちょっと難しそうなので、多少のプラスをこの世に置いていくかなと思っています。

    ユーザーID:2687885682

  • 同世代です

    いろいろ考えてしまう年頃ですね。
    お母様の家をトピ主さんが相続するつもりですが、他の兄弟は了承済みですか?
    相続税対策は大丈夫ですか?

    大家業は思ったほど儲からないですよ。
    大前提として借り手がいなければ古屋は単なる不良資産。
    店子さんが入ったとしても固定資産税は当然支払わないといけない。
    不動産屋さんを間に入れれば管理料を支払う。地域差があるけど都会では賃料の10%くらい。
    その他、家に備え付けのエアコン、給湯器などが故障したら修理、あるいは買い換えなければならない。
    簡単に賃料一か月分くらいかかります。
    店子さんが変わるたびにクリーニング、修理しなくてはいけない。
    一つしか不動産を持っていなくて、それで食べていこうと思ったら、借り手が見つからない時期の心労は多大になるでしょうね。
    その管理が年取ってからもできるのか。今、不動産業なら大丈夫かも。

    それから施設と言ってもいろいろですが、わかっていますか?
    都会ではなかなか簡単には入れません。
    入っても看取りは行っていない施設も多いです。
    政府の方針は在宅です。
    私達が施設に入る年齢には施設に入るのが難しいかもしれないです。

    ユーザーID:0616743312

  • トピ主です 2

     くくり様、ライム様、佐和子様、勤務30年様、まさ様、のん様、63歳女様、レスをありがとうございました。
     この先はすべての方への個別返信はできないと思いますが、頂いたレスはすべてありがたく読ませていただきました。

     このトピを立てたのは、自分の乱れた心を整理し、いずれ一人になっても、できるだけ子どもたちに迷惑をかけないように生き、死んでいく覚悟を決めるためです。難しいでしょうが。

     実母と敷地内同居を始めたのは、今から5か月ほど前です。同居の計画を始めてから、暮らし始めて2〜3か月の間、とても色々なことがありました。母にも幻滅し、老いとは恐ろしいことだと思いました。母も私も心療内科にかかるほど調子を崩し、巻き込まれた夫も体調を悪くしました。
     今は三人とも落ち着き、元気を取り戻しつつありますが、私のトラウマはまだ少し残っています。でも大事な母であることには変わりありませんので、吹っ切ってできるだけのことはしようと思ってます。

     今夜はもう失礼しますが、これから少しずつ、最初に書いたことへの追記をしていくつもりです。お付き合い頂けると嬉しいです。

    ユーザーID:1472705657

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です 3

    朱鷺さま、たいふー様、読んでくださっている皆様、ありがとうございます。追記です。
    (1)65歳までできるだけ働く。好物は後に取っておくタイプ、すなわち今が辛くても後が楽な方がいいと考えています。
    …について。
     健康のことをおっしゃっていた方々、確かにそれが一番心配です。今まで、癌をはじめいろいろな病気をしてきました。幸い、わりあい激務ではありますが福利厚生はしっかりしている職場ですので、疾病休暇を頂いたりして乗り切ってきました。
     しかし、今後はどうだかわかりません。ふだん運動不足ですので、気を付けなければならないとは思っています。
     職場では、60歳になった年度末が定年ですが、希望すれば65歳まで再雇用してもらえます。もちろん収入は格段に下がりますが、このご時世ですので、できるかぎり粘りたいものです。
     夫は残念ながら60歳の時に体調を崩し、定年後は仕事をしていません。2〜3年は嘱託で働いてもらう計画だったので、正直言って家計には大打撃でしたが、仕方ありませんね。今はかなり元気になり、家事などはよくやってくれてます。

    ユーザーID:1472705657

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です 4

     続けます。
     
     >トピ主さんにとって「後」って何歳からですか?

     65歳で、年金を満額もらえるようになってからですかね…
     昔からの貧乏性・心配性で、特にお金の苦労をしているわけではないのですが、常にお金の心配をしています。「今無駄遣いをすると、老後に苦労する」という気持ちが強くて…

    (2)私たち夫婦用に、都会の納骨堂を予約しておく。地元でお墓は買わない。…について。
     
     東京の交通の便がいいところの方が、子どもたちには便利なのではないかと思っています。できたら子どもに継承できるようなのがいいのですが、そうするとけっこうお金はかかりそうですね。

     田舎の墓地を買って普通に墓石を建てた方が安く済むかもしれないのですが、お寺との付き合い(?)がたいへんそうな気がしています。父の墓があるお寺は、急に「寺の補修で10万円」とか「増築で30万」とか、お金を請求してきます。しかも銀行振り込みではなく、直接持参しろと…
     また、今買えるような墓地は田舎の中でも特に田舎で、交通の便が悪い所です。

     いずれにしても、元気なうちに決めておくつもりです。

     

    ユーザーID:1472705657

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 2度目です

    お墓について
    夫さんが先に亡くなられた場合、トピ主さんは夫さんのお墓参りに行かなくて寂しくないですか?
    夫さん亡き後、納骨まで家に、納骨後は夫さんだけ都会の納骨堂、トピ主さんはお一人で地方の自宅。
    なかなか気軽にお墓参り出来ない距離じゃないのですか?

    戒名は、あの世へのパスポートではありません。
    仏教徒としての名前ですので、仏教徒でなければ不要。
    また永代供養は永久ではないので、保存期間後をどうするかを決めておく必要があります。
    各納骨堂によって異なるので、要確認。

    老人施設居室はワンルーム程度の広さなので、施設に入居希望ならば、自分の荷物を全部そこに収納できる程度に整理する必要があります。
    年取ってからの整理は難しいから、今から心がけておくこと。

    私は、まだまだ働く予定です。
    70歳までは厚生年金に加入できるから、そこまで働く予定。
    あと10年ちょっと、頑張るぞ、10年なんてアッという間ですもの。

    ユーザーID:2258321062

  • 墓、いらない

    お墓とかお墓参り・・・・
    私は一度も墓がほしいと思ったこともないし親や先祖の墓参りがしたいと思ったこともありません・・・。ていうか、もともと代々、墓を持たない主義の仏教宗派だったので私の育ち方の中に墓参りという文化がなかったためもあると思います。

    もし子どもたちが私のことを思い出したいときは、そのときにそこにいる、と思ってくれればそれで充分です。
    それに、私自身、死後、地下の土の中、墓の中に閉じ込められるなんていやですよ。以前、「そこにわたしはいません」、とかいう歌が流行りましたが、あのときは、やっぱりそうでしょ、大空、飛び回りたいよねえ、って思いました。うれしかったですね。

    ユーザーID:4950145986

  • トピ主です 5

     たいふー様、二度目のレス、ありがとうございます!

     お墓詣りについて… そうなんですよね。私の言っている都会とは東京のことなのですが、自宅から東京都心まで2時間〜2時間半くらい。今は年に数回行っていますが、年を取ったらなかなか行けない距離でしょうね。そこは気にしています。

     ただ、お仏壇が自宅にある限り、毎日手を合わせられるので、それでいいと今のところは思っています。


     納骨堂、やはりいろいろあるのですね。ネットの広告でいくつか見てみたのですが、今一つよくわかりません。いずれ、いくつか実際に見学したいと思います。
    お墓だと、前回述べたお寺との関係や、お墓の掃除などがいずれおっくうになると思うので、現時点では納骨堂が第1候補です。

     私の周りの同世代の人たちで、墓地・墓石を新しく購入しようという人は少ないようです。散骨、樹木葬などの意見が多いですね。時代は変わったなあと思います。

     続きます。

    ユーザーID:1472705657

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です 6

     戒名については、そうですね、つけないという手もありますね。

     実父が亡くなった時には、母が無理をして大枚をはたき、たいそう立派な戒名をつけてもらいました。母が気が済むように、とその時は任せましたが、母が死んだらどうすればいいのでしょう? 夫婦なので、父と同じくらいの格の戒名をつけるべきなのか? 母はお金を持っていないのに? われわれ兄弟が出すのか? 
     その時になったら兄たちと相談しますが、少々頭の痛い問題です。

     義父が亡くなった時には、ごく一般的な戒名をつけてもらいましたが、義母は不満そうでした。とても優しく立派な義母で、不満をあらわにするのを見たのはその時だけで、少しショックでした。義母の家系ではもっと立派な戒名の方が多かったようです。義兄が、うちは庶民だからとなだめていました。

     おかしなこととは思いますが、いまだに田舎では格の高い戒名には大金がかかるんですよね。本来の仏教の教えとはかけ離れていると思うんですが。

     私は正直言って、そんなお金があったら息子と娘のために使いたいです。今後研究していきたいと思います。

    ユーザーID:1472705657

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です 7

     すみません、まだ続いています…

    >私は、まだまだ働く予定です。
    70歳までは厚生年金に加入できるから、そこまで働く予定。
    あと10年ちょっと、頑張るぞ、10年なんてアッという間ですもの。

     たいふー様、ありがとうございます、励まされました! 
     私は、はたして本当に65歳まで働けるのか…と心配なんですが、たいふー様は70歳までのおつもりですか! 姐御と呼んでお慕い申し上げてもいいですか?
     私もたいふー様にはかないませんが、頑張ります!

     夫が退職した後、健康保険や住民税の負担額にショックを受けたので、勤め人の立場のありがたさを今つくづく感じています。

     さて、明日も朝から働けるように、今夜はもう失礼しますね。
     

    ユーザーID:1472705657

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • トピ主です 8?

     すみません、何回目のレスだかわからなくなってきました…

     風さん様、レスありがとうございます。
    >墓を持たない主義の仏教宗派
    そういう宗派があるのですね。存じませんでした。

     お墓とか仏壇、戒名などについては、本当にいろいろな考え方があると思います。
     実は子どもたちに、「墓地はいらないと思う」という話をしたことはあるのです。娘はあっさりと「いいんじゃない?」と言っていましたが、息子は渋ってました。「墓参りは故郷に帰るいい機会だ。親がいなくなって墓もないと、故郷との縁が切れてしまう気がする」というのです。

     それも一理あるような気がするのですが… 実は息子には持病があり、いろいろ苦労しています。自分がそんな状態なのに、田舎にある親の墓のめんどうなどずっとみられるのか? こちらは息子に負担をかけたくないからいろいろ考えているのですが、息子はまた違う考えのようです。
     まあ最終的には私たちにまかせる、ということなので、いずれ夫といろいろ調べて、実際に見学したりして、考えていきます。

     

    ユーザーID:1472705657

  • トピ主のコメント(8件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧