心や体の悩み

ドキドキして 見ていられません・・・。

レス10
お気に入り32

小心者

健康

何がといいますと・・・生中継での演奏、演技、朗読などです。
コンサート、舞台、ショーなども多分ダメです(行ったことはないですが)。
その演者が もし失敗してしまったら・・・!と思うと
心配で心配で、とても見ていられません。
夫曰く、「それも生の醍醐味だ」。 たしかにそうかも・・・でもダメなのです。
このたびのオリンピック中継でも、結果を聞いた後で
すばらしい成績だった場合のみ、落ち着いて録画を見ます。
このような方、おられますでしょうか。

ユーザーID:8541430186

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 実は私も・・

    プロの方の演奏や演技なら安心して聴き入ることはできます。
    主様のご主人様の言うとおり、「生で見る醍醐味」も楽しめますし、アクシデントが起きたとしても、そこでの演奏者の対処の仕方に感心したり、なかなか見れるものではない、いいものを観たと思えるものです。
    しかし、オリンピックやワールドカップなどのスポーツ観戦となれば話は別。
    心臓バクバクで、下を向いてばかりでまともに見ることはできません。
    特に、野球がダメ。相手の攻めの回はテレビを消します。
    子供が小学生の時から野球をしておりましたが、試合を見に行くたびに、口から泡が出そうになりました。
    もしも我が子がオリンピック選手になったならば、私は卒倒して担架で運ばれるでしょう。リオオリンピックで、我が子を応援している親御さん達の姿を見て、親のメンタルの強さに感心しました。

    ユーザーID:7015185518

  • なんとなくわかります

    トピ主さんほどではありませんが、私も人が失敗をする場面を直視できません。これって私だけだと思ってましたが、結構おられるんでしょうか・・!

    人が失敗するのがダメだとかじゃなく、たぶん感情移入しやすいんじゃないでしょうか。
    もし、それが自分の立場だったらと容易に想像できてしまうから見たくない、みたいな。

    私は舞台やライブが大好きで、よく行きます。自分も趣味で舞台に立つことがあるので、そのおかげで失敗は大したことないってわかってるので、見に行くのも大丈夫になりました。

    ユーザーID:5727633597

  • ハラハラしますね〜

    オリンピック、いつも緊張します。
    それでもいつも応援はします。
    私は紅白を見ていてもハラハラします。
    選考、発表、本番。ハラハラ。

    ユーザーID:3632187021

  • ドキドキしちゃいます

    好きなとか、ひいきにしてる気になる演者の時だけドキドキしちゃいます。顔を手で覆って、指の隙間から視ています。

    ユーザーID:4847727376

  • 妻が小心者です

    65歳の妻は,結果が分かっていないと,テレビを見ることができません。特に,スポーツ中継の山場。ライブ放送の途中で「怖くて見られない」と言い出し,観戦の邪魔をします。静かに別室に逃げればよいのに・・・・
    400メートルリレーの決勝は,妻が不在だったので,楽しく応援できました。

    勝負の場に臨む人たちは,恐怖心・ストレスを乗り越えるために,たくさん練習し,試合しています。結果にかかわらす,彼らの努力を素直に認め応援することが,観戦者の礼儀であり,楽しみです。勝っても,負けても良いでしょう。恥ずかしいのは,勝っておごり高ぶり,負けて卑屈になることです。普通に努力し続けることが,尊敬に値します。

    我々も日々,勝負の場にいます。仕事では,お客様へのプレゼンテーション。日常生活では,人間関係。十分練習できなくても,勝負(うまく収める)しなくてはなりません。我々の勝負の方が,複雑で,難しいと思います。

    偏屈な夫を楽しく・健康に生活させているので,妻は日々の勝負で,勝っています。ありがとうございます。

    ユーザーID:7511984306

  • 共感性羞恥

    十人に一人いる。

    ユーザーID:9512637284

  • わかります!!

    スポーツは大抵録画です。
    自分が見ると応援している方が負けてしまう、という勝手なジンクスも感じてしまっています。TVで見るだけの一般人に勝敗が左右されるわけないとわかってはいるんですが…。

    ミステリー小説も「犯人が誰だか最後までわからない」作品はダメで、「犯人がわかっていて、その手口を暴いていく」作品が好きです。ネタバレを見てから読むというレベルではないですが。

    勝敗がわかっていたらつまらないという人もいますが、結果をわかった上で経緯をじっくりと楽しむ方が性に合っているみたいです。

    コンサートや舞台、ショーは大丈夫です。ちょっとくらい失敗してもそれが味になったり、演者がうまくフォローできることがわかっていますから。

    ユーザーID:9895660182

  • ありがとうございます

    投稿下さった方々、ありがとうございます。
    スポーツでは、これから秋冬と フィギュアスケートもありますね。
    好きで、とても見たいのですが、ジャンプで転ぶと 即チャンネルを変えてしまう・・・。
    夫が「あっ! 何すんだ!!」と怒ります。 レスを下さった方の奥様と同じでしょうか。
    他にも ニュース番組でアナウンサーの喉の調子が悪くなると気の毒で見ていられず・・・。
    でも皆様のレスを見て、意外と同じような方もおられると知り、安心しました。

    ユーザーID:8541430186

  • タイムリーな

    昨日、テレビ『マツコ・有吉の怒り新党』(読売系のTV曲ではなくて申し訳ない)で『人が失敗するのを見るのが嫌な人』と言う話をやっていました。

    ドラマなどでも、登場人物が失敗や人に知られたくない事を白日のもとにさらされることが見ていられない。

    マツコさんもそうだそうです。

    火サスなどではラストの崖のシーンで、犯行のバックボーンを暴かれるのが嫌で、解決場面は見られないとか。

    『共感性羞恥』と言うそうです。
    概ね人口の10%程度の人がそうらしいです。

    詳しくは『共感性羞恥』で検索して下さい。

    ユーザーID:3181433890

  • 共感性羞恥

    そうなんですか。
    私も自分の好きなチームや選手の試合は、リアルタイムで観ることができません。
    スポーツニュース等で結果を知ってから観る、というのが常です。

    ミュージカルや演劇は、テレビやDVDで観るのは何とかいけますが、
    生はドキドキというより恥ずかしくてダメです。
    年と共に、特に応援しているわけではなくても高校野球など
    若者が長い努力の末に必死で戦っている競技は負けた側がかわいそうで、
    胸が痛くなって観ることができません。
    これらは「共感性羞恥」とは違うかもしれませんね。

    ユーザーID:0217566649

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧