自宅が勝手に会社登記されている

レス20
(トピ主0
お気に入り394

生活・身近な話題

ひまわり

現在5年前に購入した中古マンションに住んでいるのですが、以前住まわれていた方がこの部屋で会社を経営していました。
会社は自己破産となり部屋も差押で夜逃げのように出て行ったと聞かされていました。
その後、その方の名義で市から書類がきたりしていましたが、ここにはもういないということを説明して書類等は届かなくなりました。

しかし5年たった最近、会社を調べてこの部屋を訪れてきたと言う業者がきました。
ネットで自宅の住所を検索したら、会社の名前が出てきて前の所有者の方がやっていた会社名とは違いましたが、法人番号まである会社で登録されていました。
代表者の名前はありませんが、所有者が違うのに勝手に会社の登記ができるのでしょうか。
ちなみに、私たちが住んでいる間に登記を更新していたみたいです。

怖くて不安です、何かあったら責任とか負わされてしまうのでしょうか。
前所有者の連絡先を知らないので、購入した際の仲介不動産屋に連絡してどうにかしてもらおうか迷っています。

ユーザーID:4496013325

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 登記問題は登記書類関係を提出する期間に問い合わせ

    不動産屋は動いてくれないと思う だって仕事の範囲外だからです
    まずはネットで登記場所を検索する 電話で問い合わせをする 電話では意図が伝わらないと困るから相談窓口あるか聞いてあれば持っていく資料を聞いて集める それを持って相談窓口に直接行く

    下手したら犯罪に巻き込まれる事も考えられます 他人任せにせず自分で動いて下さい 感情を伴う経験は手っ取り早く身に付く方法です これもいい経験だと思いますよ

    ユーザーID:0619731163

  • 更新したのは別の内容では?

    本社の住所は、移転については登記しますが、
    住所が変わらないなら更新のために登記する事はありません。
    「私たちが住んでいる間に登記を更新」は、
    おそらく役員の重任や清算人の就任に関するもので、
    本社の住所とは関係の無い内容でしょう。

    登記変更日付は、変更した項目に対して付記されますので、
    日付の記載されている場所によって、
    住んでいる間にどの項目を更新したかが分かります。

    もし、清算人が登記されたなら、会社を閉める処理の最中です。
    会社を閉めるにあたり、わざわざ本店移転はしないと思いますので、
    本店住所がトピ主の自宅のまま、閉鎖登記に至る事になるかと思います。

    更新箇所が分からないので何とも言えませんが、
    心配なら、仲介不動産屋に連絡する事をお勧めします。

    ユーザーID:3267566563

  • う〜ん、

    社長が自己破産しても登記が残る場合があります。
    そういう会社を売買する業者が有ります。
    恐らく自己破産する前に会社を売ったのでしょう。

    ただ、普通に会社を買った場合すぐに社名変更し、住所も変更するのですがね。

    気を付けないと、仮にその会社が税金を滞納していたら督促状などが届く可能性があります。

    法人番号が有るのなら、登記所へ行けば謄本が取れると思うのですが。
    当然、代表の名前の記載は有ります。

    まずは不動産屋さんに相談してみることですね。

    ユーザーID:1075386966

  • 詐欺疑い有り直ぐ弁護士に相談し仲介不動産屋に連絡して貰うべき

    通常不動産物件購入時には、仲介業者から主さんが購入した集合共同居住建物物件の内の個々の個室の新しい所有者として主さん名義で所有者名義が登記変更された正式な登記書類と交換に、最終的購入代金を支払う筈。この件素人の主さんが自分で解決しようとせず直ぐ弁護士に相談し弁護士から仲介不動産業者に連絡取って貰うのがベスト。

    弁護士通して個々のマンション所有者記載されている登記書を法務局に申請し手に入れて貰う事。ネット情報ではマンション建物全体が別会社の所有者名義かもなので、マンション建物の個別部屋の所有者として登記されてる登記書を法務局から取得して貰えば、そのマンションの部屋の所有者が主さん名義で登記されているかどうか確認できる筈。

    (1)仲介業者が単独で詐欺を働き主さんへの名義変更せずに件の個室物件の譲渡代金を主さんから受取ったのか、(2)旧所有者は仲介業者と共謀の上件の個室物件が主さんへ譲渡されるのを知りながら名義変更せず購入代金を主さんから共謀して受取ったのか、(3)旧所有者は件の物件が主さんへ譲渡済なのを知らずに、今第三者に譲渡しようとしてるのか、一体どのケースが真相かは現段階では不明。

    ユーザーID:4671872459

  • 不動産屋って5年たってもフォローしてくれるの?

    >購入した際の仲介不動産屋に連絡してどうにかしてもらおう〈後略〉

    素朴な疑問ですが、不動産屋さんって(1〜2か月ならともかく)売買から5年もたってフォロー(アフターサービス)してくれるのでしょうか。
    かりに形式上ありだとしても、担当者が退職などでいなくなってることもあるし、最悪、廃業・倒産などの可能性もありますよね。
    あまりあてにできない(すべきでない)と思います。

    ちなみに、その売買契約はトピ主自身がやりましたか?
    トピ主自身ではなく配偶者や家族が契約した場合、契約した人が各種情報を知っている(きいている)可能性が高いです。
    (きいたけど忘れた、ということもあるが)
    また、トピ主が契約者ではない場合、不動産屋が何か知っていても、教えてくれない可能性が高いです。とくに個人情報がからむ場合。

    ユーザーID:4687743629

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 弁護士にGO!

    》怖くて不安です

    たいへん失礼ながら、それはあなたの不勉強ゆえの不安です。
    質問への回答(結論だけ)ならすぐにレスできますが、それでは、あなたの不安は少しも解消されないでしょう。

    あなたの不安を解くには、時間と字数をかけることが必要です。が、ネットの掲示板ではむずかしい。
    というわけで、弁護士にGO!

    ユーザーID:9651007286

  • 問題ないのでは

    会社を登記する際、中小零細は本社登記は、ほとんど賃貸物件です。
    その際に、その都度オーナーの了解など取らないと思います。
    登記場所って、法人税の納付先などで明確にする必要ありますが、
    それ以外は特に問題を感じませんので、ほっといて良いかと思います。

    ユーザーID:8649325992

  • レスします

    ・実際問題として、登記上の会社の所在地はどこでもできると思います。しかし、真面目に経営するのであれば、登記上の所在地が異なれば不都合が生じるので、登記上の所在地は実際に営業する場所にします。

    ・敢えて関係ない場所に登記上の所在地を変更したのは、良くない理由しか思いつきません。犯罪に利用しようとしているのか、(誰でも調べれば直ぐ分かりますが)信用情報に問題があり、それをごまかそうとしているのか。

    ・しかし、会社の登記上の所在地を所有している、住んでいるだけでは、法律的には何の責任もありません。一方で第三者から会社の関係者だと思われて、面倒な事に巻き込まれる可能性はあります。その会社に問題が発生した場合、自分はその会社には関係が無い。会社の関係者がどこにいるかも知らない等の説明を何度も繰り返したり、悪質な相手から違法を要求や嫌がらせを受ける懸念があります。

    ・弁護士を使っても、まして不動産屋に頼んでも、何もできないでしよう。出来る対策は、引っ越しするか、法律的な知識を事前に取得しておき、トラブル発生時に正しい行動が取れるように準備しておくことです。

    ユーザーID:3112595650

  • 責任を負うことはありません

    所有者が違うのに勝手に本店を登記することはできてしまいます。
    何らかの責任を負わされるということはないと断言します。
    だれでも法務局で会社の登記事項証明書を取得することができます。
    (1通 600円)
    代表取締役の住所・氏名が記載されています。

    ユーザーID:9234788117

  • 本気で困っていないようですね

    なんとかしてもらおう〜と誰かに丸投げ?

    勝手に登記されてるんでしょ。犯罪の心配をしない主さんに驚愕。

    まずは不動産屋に電話。次は警察に相談。いざという時のために弁護士を探す。これくらい3時間でできますよね。

    トラブルに巻き込まれてからじゃ、解決に何年もかかりますよ。

    ユーザーID:5619499700

  • どこでも自由に登記できるんですよ

     法人の本店登記に所有者は関係ありません。東京タワーでも上野動物園でも、国会議事堂でも、自由に本店登記はできます。実際に銀行口座を開設するとか取引を開始するとなると、そういうナンチャッテ住所では門前払いでしょうが。  
     とりあえず謄本を取れば代表者の住所は記載されているので、連絡先はわかりますよね。ご自身で動くか、トラブルになりそうなら弁護士を頼むか、ご自由に。仲介業者は関係ないので煩わせないであげてください。
     

    ユーザーID:3506268343

  • 法務局に行く

    県の法務局に行く。自分で行く。自分で確かめに行く。

    850円くらいだったかな、そのくらいの金額で、法人の登記の確認が出来ます。

    自分で本物の法務局に行き、確かめてみてください。

    そいつがやってきて見せた書類は嘘かもしれないでしょう〜

    だから自分で本物の法務局に行って確認しましょう。

    ユーザーID:5652653568

  • 法人登記簿読めますか?

    読めるなら、手数料係りますが謄本をとって確かめるのが簡単です。
    他の方も書いてますが、恐らく清算人か破産管財人の選任の登記で閉鎖に向けた手続き中だと思います。
    登記簿見ても何も分からないと言うので有れば、法務局に行って、トピの通りに、相談するのが良いと思います。
    恐らくですが、不動産業者さんは、何も出来ないし、何もしてくれないと思います。

    ユーザーID:1556871424

  • 特に心配はありません

    その家が担保になってたりするなら大問題ですが、あなたのご自宅が他人の会社の本店として登記されて
    いても法律上の責任は何も生じません。

    法人番号自体は活動実態にかかわらずすべての法人に割り振られています。
    会社が倒産した場合、きちんと破産手続きをして法人を解散するまでやると100万単位の費用がかかります。
    破産といっても夜逃げのような状態だと最後の整理をしないまま法人が残っている可能性はあります。

    法人名がわかるのであればまずは近所の法務局に行って会社の謄本をとってみてはいかがでしょうか。
    住民票と違って謄本は誰でも取れます。
    「私達が住んでいる間に登記を更新」といいますが、本当にそうなのでしょうか?
    謄本には代表者の住所氏名や役員の選任日などが載っていますのでそれを見てから対応を考えればいいかと思います。実際にここ数年の間に変更登記がされているなら問題ですね。

    ユーザーID:6932496312

  • ご参考までに

    >所有者が違うのに勝手に会社の登記ができるのでしょうか。

    制度上はできます。実態のない登記を作出していますので、会社の代表者は法律に違反しているのですが、事実上野放しになっています。

    >何かあったら責任とか負わされてしまうのでしょうか。

    主さんが、法律的に何らかの責任を負うことはありません。
    郵便物が来たり、今回のように会社の関係者(?)が訪ねてきたりということはあるでしょう。

    >購入した際の仲介不動産屋に連絡してどうにかしてもらおうか迷っています。

    不動産屋には何もできません。弁護士か司法書士に相談するしかないでしょう。

    ユーザーID:2094734383

  • 精神的苦痛を被っている

    精神的苦痛を被っている旨の慰謝料を請求する裁判を起こされてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:3252339350

  • 法務局に

    お電話して聞いてみてはいかがでしょうか?
    10年以上登記をいじってない会社を職権で解散の登記しちゃう(まだ存続してても)くらいだから、トピ主さんが迷惑をかけられていた会社の登記も何とかしてくれないかしらね。

    ユーザーID:2454174122

  • 登記は、法務局ですよ。

    そこで一度、電話で相談してみたらどうですか?
    埒が開かないなら、直接行く。

    確認や外し方を教えてくれると思います。

    お金が多少かかるけど、今後のためにやれることはやっておいた方がいいと思います。
    別に弁護士や司法書士に頼まなくても、法務局で相談したら良いかと。

    もちろん、法務局に電話した時に、何を持っていけばいいのか聞く事。

    ユーザーID:2129792850

  • 実害は無い

    会社の謄本を見ないと断定できませんが、
    今、登記されている会社は
    倒産状態であった会社の社名を
    変更したものである可能性はあります。

    昔は、会社設立の手続が面倒だったので
    倒産会社が売買されるケースは
    それなりにありました。
    最近は少なくなったと思いますが、
    それでも、ありますね。

    商業登記にあたって、法務局は実態調査はしませんので
    本店所在地が、全く存在しない地名で無い限りは、
    そのまま登記されます。

    他の方も述べておりますが、
    トピ主様は会社代表者でも何でもありませんので
    自宅の住所に知らない会社の登記がされていても
    実害はありません。

    もちろん、感情的に不快であることは理解できます。
    謄本には、代表取締役の自宅住所が明記されてますので
    そちらに手紙を出して、
    本店所在地の移転を促してもいいでしょう。

    また、登記された場所に会社の実体が無い場合、
    電磁的公正証書等原本不実記載罪を
    構成する可能性はあります。
    法務局に相談するのも一つの方法です。

    ユーザーID:4494770403

  • おおよそは

    レスが付いている通りの内容です。

    ただし、最初から4つ目のレス以外は。

    不動産の所有権登記と、法人登記の区別すら
    つかない人が、詐欺の可能性がありますとか

    いい加減かつ不安をあおるようなことを
    書くべきではありませんね。

    5年前に売買を仲介した会社には
    相談はしてもいいとは思います。
    ただ、何の責任もない話だと思われますので
    それ以上は動いてくれないと思います。

    ユーザーID:3222373692

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧