両親の介護について

レス12
(トピ主0
お気に入り29

生活・身近な話題

さら

こんにちは。今はまだまだ元気な両親ですが、二人とも70歳を過ぎ、介護の可能性を考えはじめています。

私の実家は中部地方で、私は東京に住んでいます。が、主人が転勤で海外に行くことが決定しており帯同します(私の仕事は、赴任先でもできる仕事です)。私の兄弟は妹が一人、婿をもらい実家裏に家を建てて住んでいます。

これまで、親戚を含む知り合いの体験を通じ、介護は平等でないと不満が勃発すると思いました。妹には両親の近所に住んでいてくれることに感謝していますし、遺産についても妹夫妻に譲る予定ですが、遺産について話し合う手前の「介護」についての知識が乏しいため、教えていただけますでしょうか。介護の始まり方、デイサービスや施設利用のタイミング等知りたいです。

また、老老介護は厳しいとはいえ、自分たちも生活がありますので、2人健在のうちは老老介護で、お一人様になった時にこれまでの有休や介護休暇を活用していくようにしなければ、自分たちのお財布も厳しいと思っています。

また、同時に主人実家の介護についても頭がよぎります。主人は3人兄弟の長男で妹と弟がいますが、妹は派遣社員、弟はアルバイト、共に独身。生活力は無く貯金もなさそう。義実家こそ出費を抑えたいのですが、介護が始まったら家のリフォームは必要かと思っています(カニ歩きでゲートから玄関まで移動し、玄関と家にの間に80cmくらいのステップがあります)。要介護でリフォームが必要となった場合、自治体からリフォームの援助が出ると聞いたことがあるのですが、本当でしょうか。見つけることができなかったのですが、援助が出るなら介護が始まるまでリフォームを待とうかとも思いました。

ユーザーID:4460623140

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 甘い

    自宅介護は資金が豊富でないと難しい。
    リフォームより施設に預けるために貯金しましょう。

    ユーザーID:1700113600

  • 養子なんですよね

    養子までもらって家の裏に家まで建ててもらって(ですよね?)る「あととり娘」がいるのだから、そこは心配しなくていいと思うんだけど・・・。

    跡取りが遺産をもらい、介護をするというのは前時代的だけど、その前時代的に乗ろうと妹夫婦で覚悟して納得してそうしてるわけではないのですか?

    むしろ介護は平等なのに遺産に偏りがあるというほうがおかしいと思いますけど。

    息子である長男は亡くなってるのにその嫁がその義両親の介護をして、亡くなったら遺産相続の権利はなく、亡くなった夫の兄弟姉妹がすべて持って行ってしまい、家にもいられなくなるなんて話はまあ少なくない話でしたけど、介護と遺産ていうのはやっぱりセットですよ「跡取り」の意味がそこに込められてるわけですから。

    自治体からリフォームの援助があるかどうかなんて自治体によるので、調べてください。
    リフォームが必要な状態になったとこちらが思っても、介護度としては高くなく介護認定が低いので援助は出ない(もしくは微々たるもの)なんてことも充分考えられます。

    ユーザーID:1332683505

  • 介護保険は?

    介護保険の認定を受けてらっしゃいますか?

    認定を受けていれば決まった金額内でですが住宅改修の補助が受けられます。

    詳しいことはお住まいの役所の高齢福祉課にお問い合わせください。

    ユーザーID:3665501542

  • そんな絵に書いたようにいかないから

    介護は近くに住んでいるものしか出来ません。
    あなたがそれを知ったところで遠方では出来ない。たまの介護休暇とか無意味。
    理由は以下

    介護は必要になったときに常に発生する。それが認知や癌や骨折などの自足歩行困難、その他病気によりまた度合いにより皆違う。認知も軽度と重度がある、癌は通院や入院や手術、病院の選定や手続きと送迎、病院の要求する物や医師からの親族来院要請、各手続き申し込み、保証人、役所への介護認定度の申請、介護保険、医療保険による医療費減免申請、退院引き取り、通院送迎、手配、療養型病院や介護施設の選定申し込みと面接、通所同行、食事対策、介護用品の買出し、薬受け取り、医療費支払い、その他
    このように、ここからが介護、ってないのです。本人が自分で出来なくなったら代わりに誰かがするしかない。だから近くに居るものしかできません。
    自足歩行困難は下の世話があり、認知は誰かが監視する必要がある、自宅介護は地獄でしょう。早い目に療養に入れて介護施設を探す。
    リフォームは要介護の認定度合いで介護保険が適用できるので安く済む。市が出してくれるわけではありません。

    ユーザーID:3435094302

  • ふーん

    そんなに実親の介護を避けたいのですか?
    何処ででも出来るような仕事なら、夫についていかないと言うのはダメですか?
    老老介護すれば良いだろうなんて甘い考えですよね。

    貴女が日本に残り、妹と協力すれば宜しい。
    自分だけ楽しようと言う考えが見え見え。
    介護、したくないんでしょ?
    みんな一緒だよ。

    ユーザーID:1541217958

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • まだ、大丈夫


    80代父の介護を始めたばかりです。

    遠方で母がひとりで介護をやっていましたが
    母の身体が心配になり、近所に呼び寄せました。
    義父母は同居です。

    父の介護で感じるのは
    まず、介護をする人の健康
    次に知識と情報
    そして、お金です。
    これが揃っていればなんとかなると
    思います。
    介護用品も進化が著しく、施設もいろいろあります。

    70代ならしばらくは大丈夫ではないでしょうか。
    周囲を見ていると80代でがっくりいく方が多いです。

    妹さんの精神的な支えとなるためにも
    情報を集めたり、経済的に負担してあげたりと
    離れていてもできることはたくさんあると思いますよ。

    ユーザーID:7427791325

  • まずは介護認定を受ける

    手順としては、まず介護認定を受けることが一番最初です。
    これは地元の役所に連絡をして、病院へ行き・・・という流れです。
    認定されれば、担当のケアマネさん(ケアマネージャー)がつきます。
    そうなれば、あとはケアマネさんと相談しつつどういう対処をしていくか決めていきます。
    なので、いきなり自分で施設を探したり・・・ということにはなりません。

    介護認定を受けるかどうかの基準は、老夫婦だけで生活するのが厳しい状況。
    例えば、足腰が弱くなった、認知症がはじまったなど。
    簡単にいえば、誰かがお世話してあげないと危ないな、不安だなと思ったら、です。

    そういう状況になったら考えれば大丈夫ですよ。
    ただし、お金だけはしっかり貯金しておきましょう。
    病気やケガなどで入退院が必要になる場合もありますからね。

    もし健康なうちにシニア向けマンションに入居するなど、介護ではなく老後の生活を変えるというのなら、話は別です。
    でもその予定はないですよね?
    それなら妹さんに様子を聞いて、手伝えることをすればいいでしょう。
    出来ない場合は妹さんにお願いし、感謝の言葉とお礼のお金を払うなどで補助しましょう。

    ユーザーID:6341735632

  • 婿を迎えたのは

    >私の兄弟は妹が一人、婿をもらい実家裏に家を建てて住んでいます。

    婿を迎えるに当たって
    ご両親はお相手に高額な結納金を支払うとか
    家は親が建ててあげるとかしましたよね?

    とぴ主の結婚の時より妹さんの結婚時は
    親の負担は多かったと思いますけど、どうですか?


    少なくとも、妹婿を養子縁組していれば
    遺産は妹と婿ととぴ主と三等分で
    妹夫婦はとぴ主の倍の相続になります。
    もちろんとぴ主が遺産放棄しても構いませんよ。

    とぴ主も何らかの介護の手伝いはするとしても
    一応親は将来の面倒を妹さんにと考えているでしょうね。

    手伝いは出来る範囲で大丈夫な気がします。

    70代なら未だ元気な人が多いです。

    介護をする覚悟を持っていれば
    今はそんなに気にしないでも良いでしょう。
    大変になれば言ってきますよ。

    ユーザーID:9705128727

  • 一般論的に考えると、、、

    介護事情は、自治体によって違っている事がありますから、それぞれの地域で確認する必要があるように思います。

    それに将来の事として考えるなら、行政対応の変更も起こりますから、
    その都度、確認し直す注意も必要のように思えます。

    海外赴任の期間にもよりますが、ご両親、妹ご夫婦と話し合われてはいかがでしょうか?

    それぞれに考えている事が、微妙に違っていたりするものです。
    その時になって、状況や考えが変わるという事もありますが、
    大まかにでも、「どうするか決める」のではなく、それぞれが「どう考えているのか」をお互いに知って置く事で、
    「決める話し合い」が必要になった時に、多少なりともスムーズに進む可能性があるようには思えますが。

    一般論で言えば、問題があるのは、義実家さんの方だと思えます。
    ただ、「義」実家ですから、ご主人がどう考えてるのか、弟妹の将来の不安と介護が絡み合うわけですから、
    少々「かゆいところに手が届かない」という感じで、口を出しにくいだろうと思えます。
    「藪をつついて蛇を出す」(引き取り、同居)という危惧もありますから、先ずは、ご主人の考えがどうなのかでしょうか。

    ユーザーID:8760542435

  • 必ずじゃないし額もまちまち

    見つけられなかったとはどういう意味でしょう?ネットで?
    お母様がお住まいの役所に電話しましょう。それと、「介護が始まったら援助が出る」のではなく、介護のためのリフォームに対して出るので、始まるまでまってなくてもバリアフリーや手すりの取り付けなどの工事なら出る可能性はあります。
    先日テレビを見ていて思ったのですが、耐震補強とかもあわせて行うと補助も増えたりします。役所に電話して聞いてみましょう。予算のない町はないかもしれませんが。

    ユーザーID:1357969795

  • 入院で地域支援包括センターに介護認定を頼む

    たぶん70代ならまだ大丈夫でしょうが入院する事態がおきたら即座に動いてください。
    退院時に家族が面倒をみられない可能性が大だからです。
    父は足の骨折で入院、母は心臓が悪く風呂場でたおれて入院がきっかけでした。
    病院の福祉相談室で地域包括支援センターに連絡するよう教えていただきました。

    入院している間でいいので
    市町村に地域包括支援センターがあるのでそこに電話連絡します。
    わからなかったら市の福祉課等にきいてみましょう。
    入院や病気がきっかけなら介護認定に医師の診断書が必要なので都合がいいのです。
    父は入院先に市役所から介護認定調査の方がきてくださいました。
    この流れは様々だと思います。通院で苦しむ場合もあるでしょう。
    調査してから認定がおりるまで1か月はかかるので迅速に動くべきです。

    認定通知がきて要支援や要介護1〜5と結果が知らされたら
    支援センターに連絡してケアマネさんを紹介していただき
    受けられるサービスを検討します。
    要介護が重いほど点数がふえてたくさんサービスを受けられますが
    1割負担なのでこちらもそれだけお金がかかります。

    ユーザーID:0123477348

  • なんか…

    そんなに計画通りに行きませんよ。介護の始まりは介護が必要になった時だし
    デイサービスや施設利用のタイミングも必要になった時。人それぞれ違うんです。
    病状も家族構成や家族の生活も介護に対する向き合い方もみんな違うから。

    リフォーム援助ったって介護度によるでしょう。いつどのような病気になって、どの程度の介護が必要になるかわからなければ、どうにもなりません。
    そんなのわかる人はいませんけど。
    老老介護と言ってもどんな状態で老老介護になるかわかりません。最近は両方が認知症の認認介護も増えているそうです。

    なにか頭の中で考えて計画を立てたいようですが、具体的計画なんて立てようがないのが介護です。自分がいつどんな病気になるか先の事なんかわからないのと同じです。
    せいぜい勉強して知識を得ておくことです。

    ユーザーID:9524389034

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧