そろそろ屋根の補修かな・・・

レス11
(トピ主1
お気に入り37

趣味・教育・教養

あんこ

小町の皆さん、こんにちは。トピを開いてくださり、有難うございます。我が家は築33年です。、そろそろ屋根の補修をと考えています。10年位前に漆喰の手入れ。7年ほど前に外壁の塗装をしました。我が家は、本瓦です。屋根周りの補修をされた方、補修のきっかけ、方法、予算、業者選びなど情報をいただければと思います。

ユーザーID:0011662087

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お早目に!

    熊本からです

    地震があった4月。今だに周囲の古い家はビニールシートで覆われた屋根です。
    業者さんが、一見さんを避けて(複数見積もりをするから面倒)
    本来の顧客や、官公庁へ出払ってます
    ゆえに、一般住宅からの電話は「取らない」とまで言ってます

    屋根瓦の在庫も職人もそういないのも事実。

    雨が降れば雨漏りで、バケツを夜間にも何度も変えて
    家の中は湿気でボロボロ・・これが現実です

    何年先になれば、一般住宅の出番か、それすらわかってません

    トピ主様の話しから飛ぶかもしれませんが
    早めの対策!をお勧めします。合い見積もりできるうちがいいですよ!

    ユーザーID:9849750359

  • 矢張り、職人さんにお願いされるのが

    日本は、基本雨が多く、偶に台風も遣って来ます。
    これらの事を知っておられるのは、経験豊富な職人さんと
    その人達と一緒に作業を為さっている工務店さんではあり
    ませんか。

    様式か、和式か、屋根の素材に依っても、「屋根勾配」が
    ことなります。

    日本式家屋なら、日本瓦を葺き替えるのが順当ではあり
    ませんか。この機会に「太陽光発電」を採用されるなら、
    別の選択肢があるのかも知れませんね。

    拙宅も築後35年前後で全面葺き替えをしました。
    元の素材はカラーベストだったので、その上にステンレス
    金属板を張って貰いました。

    雨漏りの心配はないけれど、金属板が太鼓の役割をして、
    雨が降ると2階の居住部は結構騒がしいです。しかし、雨
    漏りの心配は全くありません。

    屋根は、完全に覆えば良いと言う事ではなく、換気を考え
    てゐなければ、屋根裏が腐ります。

    又、瓦は「雨の坂降り」の時は、多少の逆流は覚悟して
    置く物のようです。最近は、下地が確りしているから漏れ
    る様なことはないと思います。

    ユーザーID:1281511806

  • 本瓦の重さで家が倒壊してる

    本瓦の魅力を理解していますが、重すぎます。

    地震で倒壊した家庭の多くが本瓦を乗せた古い家でした。

    家の大きさにもよりますが、一般的な屋根の上の本瓦の重さは6トンにもなります。

    6トンですよ。これが地震で支えられなくなった家を押しつぶす。

    トピ主さんは、インターネットが使えるの「 」内を「検索」してください。
    沢山のホームページが瓦屋根のことを教えてくれます。
    「ルーガ屋根(ROOGA)雅瓦の特徴」 (優れています。重さは半分です)
    「屋根瓦 交換」
    「瓦屋根 軽さ」
    「地震災害 瓦屋根の家の写真」を見ると、トピ主さん家屋と似ていませんか。
    これらを検索してホームページで学んで下さい。

    ユーザーID:4076709637

  • 家もそろそろ考えている所です

    28年目の家です。15年目に修理しました。今でも新築かと言われるほどに綺麗です。
    私は家を建てた工務店に一括して頼みます。主様のように、ばらばらに頼むのでは費用が高くつきます。なぜなら足場を組む費用が馬鹿にならないからです。65坪の家ですが、きちんと足場を組み、周囲をテントで囲います。その代金が高いです。ですから、せっかく足場を組んだついでに屋根の点検修理、外壁の塗り直し、雨どいの修理、ハウスクリーニングなど、できる限りの修理を一括して行います。前の修理は母が出したため、予算は分かりませんが、当時のお金で350万から500万くらいだったと思います。
    家も洋瓦の屋根ですが、特殊な瓦なので、特別に取り置きしていただいています。家の事すべてをこの工務店に任せているので、夜中に蛇口から熱湯が出て困っても、すぐに対処してもらえ、どんな相談にも乗ってもらえます。
    さて、家の事ですが、老母が「私が死んでからにしてほしい」と言って500万円の保険に入ってくれました。塗装の臭いに耐えられないと言います。「臭くて死にそう」と言うのです。震災直後に工務店が点検に来てくれましたが、少しは気をもんでいます。早くやりたいです。

    ユーザーID:1179106384

  • スレート屋根の選択肢はありませんか?

    熊本地震を経験した者です。
    うちは、マンションでそれほど被害はなかったのですが、近所の一軒家は、ほとんどの家(瓦屋根の家)が被害を受けています。
    現在、屋根の修復が進んでいるようですが、瓦屋根だった家もほとんどがスレート屋根にされているようです。
    瓦屋根をスレート屋根に変えて、屋根の重さを軽くすることが耐震に有効だとのことです。また、熊本は台風の上陸もあるので、瓦屋根は心配なので、スレート屋根がいいのかなと個人的には思います。
    ただ、私も専門知識がないので何とも言えません。
    地震の時は、家に負担をかけないようにあえて瓦は落ちるようにしてあるのでそんなに影響はない、軽い瓦もある、屋根は家全体のバランスがあるため屋根だけ変更しても悪影響の場合もある・・・・等も聞きますので。
    もし、スレート屋根が選択肢に入るようなら、業者さんに相談されてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:8945227920

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 大変かも。

    建設業の仕事してます。

    33年前の瓦屋根だと、大量の土が載ってる可能性が高いですね。
    瓦を外してから土をクレーンで下ろしますが、それはもう大変な作業です。
    やりたがらない業者も多いようなので、覚悟した方がいいですよ。

    とりあえずネットで調べてみるしかないですよね。
    早めに調べて予算組みしましょう。

    ユーザーID:3018022088

  • 耐震補強のススメ

    築33年なら、56年の旧耐震基準の建物だね、
    経年を考えて、この耐震基準の建物は、震度6で確実に罹災するよ
    私もね、今、家のリフォームやっているの。。
    耐震診断に掛けたら、全然強度のない家でビックリ

    屋根だけでなく自治体からの助成金を貰い、耐震補強工事をした方が良いよ。
    最低でも500万
    キッチリ直すつもりで1000万思い切ろう(笑

    ユーザーID:2358261273

  • 壊れてないのに補修?

    >そろそろ屋根の補修をと考えています。

    屋根の葺き替えですよね?

    補修は、雨漏りとか、破損の場合はしますが、何もナシにはしません。屋根の上を歩くと、何にも問題なかったところから雨漏りが始まったりしますので、藪蛇ですよ。

    ユーザーID:5936349365

  • 9月にリフォーム予定

    我が家はハウスメーカーで建てた築24年目になります。

    屋根は西洋瓦(セメント瓦)で、雨漏りとかはしていませんが、
    漆喰のくずれや一部割れがあったりしたので、思いきって
    葺き替えをします。

    延床面積125平米弱程度の二階建て、費用的には総額税込で
    215万円位の見積りで、比較的安価な再塗装も考えましたが、
    耐震性の観点から屋根荷重を軽くする事も重要と考えて、
    ガルバニウム鋼板に耐熱処理の瓦への葺き替えにしました。

    業者選定は、リフォーム業者比較サイトを利用しました。

    ユーザーID:6810259981

  • 日本式家屋+日本瓦=最悪の組合せ

    建築ドシロウトです。
    日本瓦は、地震や大風の被害を受けやすく、復旧に何ヶ月も待たされるのは、他のレスにもあるとおりです。
    家屋倒壊の原因を、本体構造の弱さや地盤に転嫁する主張もあるが、倒壊した日本瓦の立派な母屋の隣に、トタン屋根の納屋が健在なのを見ると説得力はありません。
    地震の時には瓦を振り落して建物本体を守るよう考えられていると言われるが、間に合わなかった例が建物倒壊、間に合った例が数ヶ月間のブルーシートです。

    日本瓦業界が低評価を与えているスレート瓦も、その代表であるコロニアルは、瓦1枚1枚が3本の釘で打ち付けられているので、建物が倒れても、瓦が落ちることはありません。天然愚人さんのおっしゃるように35年以上もつし、重量は日本瓦の1/3です。

    日本瓦のような窯業製品は、焼くときに微妙にゆがみます。雨漏りしないように葺くには、長年の経験による熟練が必要です。
    日本瓦を他の軽い素材に取り換えると頭の重しが無くなり、木材を差し込むだけで繋ぐ旧在来工法では弱くなるので、接合部分に金具での(耐震・耐風)補強が必要です。

    柱や壁の少ない日本式家屋ほど、重い日本瓦は不向きです。

    ユーザーID:4301577854

  • ご意見有難うございます

     中古の家を買いましたので、細かいことは分かりませんが、柱は太くも壁も多いように思います。元々あった屋根のソーラーも撤去、それまでは水も屋根にある状態なので、今は大分軽いように思います。ご意見を聞いて、偉いことだが感想です。まずは屋根について調べてみることのようです。小町の皆さん有難うございました。

    ユーザーID:0011662087

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧