• ホーム
  • 働く
  • 仕事か婚期か、お金か夢か、転職で悩んでいます

仕事か婚期か、お金か夢か、転職で悩んでいます

レス15
(トピ主1
お気に入り25

キャリア・職場

mob00

現在27歳の女性です。転職とキャリアについて悩んでいます。
学生時代より、途上国援助の仕事に就くのが夢でした。新卒では全く開発援助に関連のない企業に就職し、3年間働いたのち、開発援助を学ぶため1年間大学院へ留学しました。先月帰国し、現在就職活動をしています。
ありがたいことに三社から内定を頂いたのですが、どの企業にするかで今後の人生が左右されてしまうと思うと、怖くて選べなくなってしまっています。

1.海外駐在 最低3年。開発援助。給与13万円
2.国内勤務。開発援助に間接的に携わる。給与20万円
3.国内勤務。海外出張あり。開発援助関連ではない。給与27万円

業務内容でいえば、1.の会社が自分のずっとやりたかったこととドンピシャです。
しかし、昨年一年間の留学中に、友人等が結婚していき、27歳で3年間日本を離れるとなると、婚期を逃すのではと思っています。現在彼氏はおらず、日本で婚活したいと思っています。
また、給与が現地水準の為低く、やりたいことをやって帰国したときには30歳、独身で貯金ゼロになると思うと怖くて、決断ができません。
2.の会社では、かなり間接的に、バックオフィスの役割として開発援助に携われるのですが、仕事がルーチンワークなので、やりがいを感じられるか、また東京で一人暮らしをしていくには貯金が厳しい給与なのと、かなり小さな会社(50人以下)で平均年齢が40歳前後であることが引っかかっています。
3.の会社は新卒で入社した企業です。いわゆる出戻りになります。開発援助との関連はありませんが、給与、社風等とても合っており、仕事にやりがいも感じていました。しかし昔からの夢を追って、大学院まで行ったのに、ここで出戻りをしてもいいのかと悩んでいます。

一人でずっと考えており、将来のことを考えると不安です。アドバイスいただけると嬉しいです。

ユーザーID:2582565999

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 迷わず1

    あくまでも、私なら、ですが。
    (34歳、独身、貯金ゼロ)

    結婚したら、ますます開発援助なんて
    できなくなるし、貯金はあとからでも
    作れるから。

    30越えて、やりたいことのために
    ダブルワークしながら勉強し、貯金はたいて
    夢実現。

    でも、叶えたら叶えたで、もっとできたはず
    という気持ちが湧いて、また働きながら
    勉強。
    アラフォー独身も珍しくないし、私は
    子供もいらないので、悔いはなし。

    一番最悪なのは、中途半端な2を選ぶこと
    かなあ。
    どっちつかずなら、諦めて貯金&婚活の
    道を進む方がマシ。

    あくまで個人の意見ですが。
    ご自身もほんとは分かってるんじゃないかな、
    と。

    ユーザーID:6265529974

  • 今…悩むとこ?

    夢に向かって大学院で一年学び一歩進んだのに婚活の為に夢か現実で悩むのは所詮夢は夢と言う事?中途半端な覚悟なら夢はバッサリ切り捨てて現実を見たら如何?二兎追うもの一兎も得ずです。一度辞めた会社も選択の中に含まれているとは?…もう…夢とはかけ離れているし。
    既に答えは出ている様な…
    大学院では知識を広げる為の学びであって、それで良いじゃ有りませんか!
    皆が夢を叶えられるものではありません。結婚、収入の面で不安がある段階で、今はまだその時期ではないと言う事です。何歳になっても夢を追うことは出来ます。その覚悟が出来た時になったら再度夢を追う事も出来る筈です。私は夢すら持った事がないので、ある意味主さんが羨ましいです。何年か先にでも夢を叶えられるといいですね!最初は厳しい意見を言いましたが夢を見れない僻みです。
    影ながら応援します。

    ユーザーID:9345876793

  • 応援しています

    仕事・貯金・結婚。これらを同時に手に入れることはできませんよ。一つ持つなら、一つ諦める覚悟が必要です。

    詳細をみると2は開発援助も仕事も中途半端ですね。選択肢から外していいと思います。

    主さんは寿退職や専業主婦は望んでいないと感じます。結婚後も出産後も働きたいと考えていませんか?ここも頭の隅に入れておきましょう。

    1は夢が叶うのですから万々歳。充実した人生を送ることができるのではないでしょうか。30歳なら婚活も大丈夫です。ネックは13万円の給与。確実にボンビーですね。安いアパートで8万円、あとの5万円で水道光熱費と食費とスマホ代を賄えますか?お洒落もグルメも旅行も我慢することになりそうです。

    3が本命なのではありませんか?社風が合っていて仕事もやりがいがある、というのは重要ですよ。離婚して帰ってくるのを気にしているようですが、人の噂も七十五日ですから、言いたい奴には言わせておけばいいんです。いちど退職した人に内定を出すのは本当に稀なことです。会社が主さんを評価している証拠ですね。貯金ができる。婚活も有利。あとは開発援助の夢をボランティアで補うと割り切ることができるかどうか…ですね。

    ユーザーID:5011813084

  • これは

    どっちに行っても後で後悔しそうですね。

    ただひとつ言えるのはこういうタイプの人は

    狭い家庭にじっとしていられないというタイプです。

    結婚してもすぐ家庭を放り出して海外に行ってしまうかもね。

    ユーザーID:0719018598

  • 今の時代は男を頼ってもムリ。お金が無くては生きていけない。

    今の時代は男を頼ってもムリ。

    そして

    お金が無くては生きていけない。

    これを原則として、自分でどうやれば自分の生活を成り立たせていけるか考えましょう。

    夢よりまずは、食べていくお金です。

    それが当たり前のこと。

    ユーザーID:5164265683

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 1.海外駐在 最低3年。開発援助。給与13万円
    (2はやめましょう。1か3)

    1.がいいんじゃないですか?だって「夢」だから。
    帰国しても同じ会社で勤務するんでしょ?
    結婚を考えると少しだけ不安でしょうけど。
    なんとかなるでしょう。
    夢を追いかけて海外赴任する女性は魅力的です。

    ユーザーID:9807724113

  • やって後悔?やらないで後悔?

    国内では親と同居なのか、海外勤務はどこなのか、など詳細がわかりませんが、私なら1です。何しろまだ27ですよね。しかもやりたいことのために勉強して。
    海外で13万円の低給与とはいえ、住居手当などは支給されませんか?そもそも物価が低い国だったら、東京で27万の給与で一人暮らしするよりも貯金できるかもしれませんよ。
    婚活は30歳からでも全然遅くないし、やりたいことをやって輝いている人は人を惹きつけるのでは?まあ、結婚については国内・海外どこにいても縁があれば降ってくるでしょう。
    私は新卒入社した大企業を26歳の時に辞めて、1年間海外へ。特に何も考えていなかったけれど、こんなことできるのも20代のうちだろうなあと思って。で、その間に今の夫と出会い、結婚。
    今は夫の出身国とも違う国で幸せに暮らしています。
    人生やって後悔する人とやらないで後悔がする人がいるそうです。私はどうせなら前者がいいなあと思って行動してきましたが、今の所大きな後悔はありません。やってよかった〜と思うことが多いですよ。
    夢の実現、頑張って!応援しています。

    ユーザーID:2830387105

  • 3かな

    世の中お金かも。
    出戻りできるなんていい会社ですね。
    私は社内恋愛で結婚したので婚活事情にさほど詳しい
    わけではないですが、結婚したい気持ちがあるのであれば、
    3がいいのではないですか。やはり似た人たちがカップルになって結婚
    されることが多いでしょう。年収で計るのはどうかと思う部分もありますが、
    少しでも高いレベルにいた方が有利かと思います。婚期は大事ですが、
    夢をお金や婚期と天秤にかけるぐらいであれば、絶対に叶えたい夢ではないのでは?
    夢は夢でいいのでは?

    ユーザーID:8339154606

  • 1番しかないでしょう。

    自分の中で結論が出ているのではないですか?
    誰かに背中を押されるのを待っている状態です。

    あなたは、どんなに悩んでも、絶対に1にすると思います。

    「途上国援助の仕事が夢」
    これが、あなたの答えであり、すべてです。

    開発援助を学ぶために、大学院へ留学している。
    そして、その夢を実現できる内定ももらっている。

    何を悩んでいるのですか?
    お金のこと、結婚のこと、そんな小さなことであなたの夢をあきらめないでください。

    開発援助に行くとしたら、物価の安い地域ではありませんか?
    13万円でも充分に生活ができるのではないでしょうか。

    結婚については、心配いりませんよ。
    あなたは、結婚できない女性ではないからです。夢や目標があって、とても輝いている。容姿や性格などは文章だけでは分かりませんが、とても努力家で前を向いて進んでいる。結婚は、中身です。内面が素敵なあなたのことを、男性は必ず見てくれています。

    30歳から恋人を探しても、きっとあなたなら大丈夫。
    夢に向かって行動できるのは、年齢的にも最後のチャンスです。
    迷っている意味はないです。
    1に向かって突き進んでくださいね。

    ユーザーID:6589104559

  • 自分の足元を強固にしないと

    人間にとって、結婚も仕事以上に大切だと思います。
    途上国援助も夢として残し、国内勤務でいいと思います。

    自分の足元を強固にしないと、援助活動も中途になります。
    20代〜30代は、一生の伴侶を見つけたり、終の棲家を持てる財力を身に着ける時です。

    確かに「強い組織」「豊かな人間関係」「棲家」、揃えてから夢を叶えればいいと思います。
    結論は、「3」でいいと思います。

    ユーザーID:2826048227

  • 二兎を追う者は一兎をも得ず

    二兎を追う者は一兎をも得ず

    私自身は結婚が全てで仕事は二の次三の次だったので語れることは何もありません。

    でも、私の友人の話を。

    トピ主さんと同じく、一度は企業に就職しながら夢を諦められず勉強をし直し、資格も取りました。
    すでに30歳越えていて、でもバイタリティ溢れる彼女は仕事で輝いてました。
    30代半ばで彼氏が出来、30代後半で結婚して、何と40代前半の今は一男一女の母親です。

    純粋に本当にすごいなって思います。

    でもね、彼女は彼女で結婚が全てだった私をすごいって言うんです。

    私たち、お互い、自分が一番大切なことを最優先したので悔いはありません。
    だけど、叶えられなかった別の人生を友人が歩いていることを賞賛し尊敬出来る心も持っている。

    トピ主さんがどの道を進んでも不正解はないんですけれど、まずは自分の人生、何に一番重きを置くか真剣に考えてみてください。
    そして出た答えに向かってがむしゃらに突き進む。

    そしたらきっと後悔のない選択が出来るのではないかなと43歳の私は思います。

    ユーザーID:4737377716

  • 1で働いた後、3に転職かな?

    出戻り可なら、なおのこと実力・実績ひっさげて戻って即戦力になったほうが重宝されると思いますよ。

    …なので私なら

    夢だった仕事(1)をしながら、同じような夢を追いかけられる理解のあるパートナーを探しつつ、結婚(国際結婚もアリ)。
    子育てはやっぱり日本で…となったら、出戻り(3)で働きつつ、子育て・仕事を両立する方法を選びます。

    とりあえず、仲の良かった(3)の会社の人とは縁を切らずにコンタクトとっておきましょう。


    結婚も、仕事も、子どもも何にも諦めることはありませんよ。
    …ただ、その場で自分にあった働き方を選べばいいだけです。

    こういう相談を実際に詳しく話せる友人たちをもっと増やしましょう。
    人生、後悔しないコツは人に頼ることです。

    ユーザーID:7456911344

  • お金

    婚活にもお金がかかります。
    外国人との結婚も視野にいれているなら1、日本人男性じゃなきゃ嫌なら3ですね。
    2は婚活費用を捻出できません。

    ユーザーID:0078909721

  • 順番を変えたら?

     まず、給与のいいところに勤めて貯金をしながら婚活もして結婚してから、休職してJICA経由で開発援助の仕事をしてはどうですか?
     ただし、この案は、数年間、海外で途上国支援に携わることについて理解のある旦那と企業を見つけることが前提になります。
     はっきり言えば、現実にはかなり難しいと思います。
     トピ主は二兎を追おうとしているように見えますが、「一兎をも得ず」ということにならないよう、どこかで見極めをしないと一生を棒に振ることにもなりかねませんよ。

    ユーザーID:5372081619

  • レスありがとうございます。

    トピ主です。皆さまアドバイスありがとうございます。本当に励みになります。

    色々と考えた結果、まず2は除外しようと思っています。お金も仕事も中途半端になってしまうので…
    そして1番でしょう、と言ってくださった方々の回答を見て、「励まされた、頑張ろう」、と思うよりも先に、私はこれほどの情熱が無いのではと思ったのが正直な気持ちでした。
    そしてまずは自分の生活が大事だから3番、と回答くださったのを読んだ時には少しほっとしました。

    私はずっと夢を追ってきたのに、そしてその夢があと一歩で叶うところまで来たのに、その情熱が少しずつ薄れていっていることを認めたくなかったのかもしれません。
    今は3番に気持ちが傾いていますが、その選択できっぱりと悔いはないとは言い切れないので、ぎりぎりまで考えてみようと思います。
    皆さまからこんなにも親身なアドバイスを頂き、感謝しております。本当にありがとうございます。

    ユーザーID:2582565999

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧