• ホーム
  • 話題
  • この漫画のタイトルはおわかりでしょうか?(古い)

この漫画のタイトルはおわかりでしょうか?(古い)

レス8
(トピ主1
お気に入り61

生活・身近な話題

おばさんA

初めまして、こんにちは。
ずいぶん以前に読んだ漫画のタイトルが分かればと思い、投稿致します。

記憶による情報は以下のとおりです。
・80年〜85年くらいの漫画で、雑誌(当時あったWINGS?など)に掲載されていました。
・漫画としては小品で、全体で20ページあったかどうか。
・とても素朴な絵柄の作家さんでした。
・内容としてはSF的な内容で、ある惑星が終末を迎えている、民たちは惑星に残るか旅立っていくかを選ばなければならない。長老が星図のある場所を指し示し、旅たちを決意する。主人公は小さな男の子(10歳くらい?)で、同い年くらいの女の子の友達がいる。男の子は長老の指し示す先を見て、旅立っていくのだとその心情を描いている。

と、お話としてはそれだけなのですが、素朴な絵柄と男の子の心情がとても印象的で、雑誌から切り取って、とっておいたのを覚えています。(引っ越しなどでなくしてしまいましたが)

当時まだ中学生くらいで、萩尾望都さんや竹宮恵子さん、山田ミネコさん、坂田靖子さん、佐藤史生さん、花郁悠紀子さんや三原順さんなど大好きで読んでいました。

もし作品が分かれば懐かしくうれしいです。

ユーザーID:0384411333

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 懐かしいです

    佐藤史生さんの作品ではないでしょうか。タイトルが思い出せなくてすみません。家にあるような気がするのですが、今は夜中で本棚は子供の部屋なので朝になって見つかったらお知らせします。
    惑星に住む人たちは元々言葉にしなくても意思が通じる超能力を持っていたのに、持たない人が生まれるようになり彼らは他の星(地球)に移住することになる。惑星の王は生まれてきた我が子が能力を持っていたのに封印し…、ではなかったでしょうか。

    ユーザーID:1676653171

  • 見つかりました

    タイトルは「星の丘より」。金星樹という短編集に収録されていました。トピ主さんが挙げていた漫画家の方々は私もとても好きです。佐藤史生さんが数年前に亡くなられていたことを最近知りました。長く住んでいらしたのが私の現住所のの近隣の市だった事も知り驚いています。

    ユーザーID:1676653171

  • 北原文乃さんとか?

    私も、トピ主さんと似たような時期に似たような漫画を読んでいたと思われます。
    なつかしい…。

    残念ながらトピのようなお話は覚えていませんが、
    内容や雰囲気から「この人かも?」と思い出したのは
    北原文乃さんという漫画家さんでした。
    違うかな?

    ユーザーID:3005317998

  • ふくやまけいこさん?

    80年代で、素朴な絵柄で、SFといえば思い浮かぶのは
    ふくやまけいこさんです。

    トピに書かれている内容と合致する作品かあるかどうかは
    わからないのですが・・・すみません。

    私も漫画大好きで、SFだと「地球へ・・・」や「超人ロック」。
    80年代の雑誌が懐かしいです。
    「はみだしっ子」はバイブルでした!

    ユーザーID:5086829922

  • クルセイダー

    水縞とおるさんのクルセイダー、かな?年代が違いますがウイングスに載ってました。

    ユーザーID:1002723912

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 阿保美代さん?

    SF的なストーリーは読んだ覚えがないので、タイトルも分からないのですが、
    ◎80〜85年頃の月刊漫画雑誌(たぶん講談社のmimi)に掲載
    ◎おもに20ページ程度の小品を描く、素朴な絵柄の漫画家さん
    というヒントから、阿保美代さんの作品ではないのかな?と思います。
    ◎長老が星図のある場所を指し示し
    こういうシーン、阿保さんが描きそうなんですよね。それもとても抒情的に。

    当時の、いかにもな少女漫画的絵柄の多い雑誌にあって、阿保さんのメルヘンロマンな作風は異彩を放っており、小品にもかかわらず大層際立って印象的でした。
    阿保美代で検索するとファンサイトにヒットします。画像も沢山アップされているのでご覧になってみてくださいね。

    トピ主さんの挙げられた漫画家さん達は私も皆大好きで、当時高校生〜大学生の年代でしたが、夢中になって読んでいました。
    トピ主さんの「解決」……私もとても楽しみです。

    ユーザーID:1159045888

  • いっぱいレスがつきそう

    私もトピ主さんの文章読んで、佐藤史生さんの星の丘よりと思いました。
    夢見る惑星の前段階のエピソードですよね。一瞬作画グループの「銀河を継ぐもの」かなと思ったのですが、こちらは単行本一冊ですし。昔は少女漫画でもSF結構ありましたね。

    ユーザーID:5638114787

  • ありがとうございます!

    皆さまレスをありがとうございます。

    私が挙げた作家さんたちはもちろん皆「王道」な作家さんたちですが、皆さんも大好きで読んでいたとレス下さり、あぁあの時期同じ時期に同じように大好きで読んでいたのだと嬉しくなりました。

    北原文野さん、ふくやまけいこさん、水縞とおるさん、阿保美代さん、、、
    ありがとうございます、私は存じ上げなかった作家さんたちです。
    絵など見てみましたが、残念ながら思っている作家さんではないようでした。

    佐藤史生さんの星の丘!
    このトピを立てなければ、おそらくこの作品を思い出すことはなかったでしょう!
    今朝、キンドル買いして読み直してしまいました。本当に懐かしい!
    素晴らしいお話。改めて電車の中でちょっとうるっとしそうになりました。

    これを読み直して思ったのは、トピで書いた作品はもっともっと小品だったような気がします。10頁位だったのかも。
    絵柄について思い返してみると、線の雰囲気は「ボノロン」という絵本の線と似ていたように思います。

    もう少し皆さんのレスを待ってみたいと思いますが、そんな小さな作品であれば砂浜で針を探すようなものかなあとも思ったりしています。

    ユーザーID:0384411333

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧